最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「軍事」の記事

2018年4月23日 (月)

航空母艦サン・パウロ退役を遅まきながら知りました

備忘録的に・・・
去る2月14日、ブラジル海軍の保有する唯一の航空母艦「サン・パウロ」が退役していたそうです。
私はこのところ、軍事関連は日露戦争以前の軍艦や装甲、兵器、戦術に興味の焦点が移ってしまっていて、現代の軍事事情にはホントに疎くなってしまっているのです。
なのでこの「サン・パウロ」退役の話も、先日5ちゃんの某スレで知って「えー!?」と思わずモニターの前で声を出してしまいました。

さてこの空母「サン・パウロ」、元々はフランス海軍が最初から空母として計画建造完成した初めてのクラス「クレマンソー」級の2番艦「フォッシュ」として1963年7月に完成。
フランス海軍の空母はそれまでイギリスから購入した軽空母「アロマンシュ」唯一隻。
小型の「アロマンシュ」(満載排水量約1万8千トン)が運用できる艦載機は、近代化改装を経てもなお亜音速のアキロン戦闘機(イギリス製シー・ヴェノム夜間戦闘機)をようやくというレベルでしたので、射出重量最大約23トンを誇るイギリス製BS5型蒸気カタパルトを装備する、超音速戦闘機の運用が可能な満載排水量三万トンの本物の中型ジェット母艦である「クレマンソー」と「フォッシュ」の二隻を手にしたことによってフランス海軍の洋上航空戦力は飛躍的に能力を向上し、実効的な洋上航空戦力の主柱としてまた戦艦「リシリュー」「ジャン・バール」に代わる大国フランスの威信の象徴として君臨してきたのです。
フランスは空母二隻体制を維持し続ける予定で、一番艦「クレマンソー」の後継艦として中型原子力空母「シャルル・ド・ゴール」(2001年就役、満載排水量約四万トン)を完成。
「フォッシュ」も当初は「シャルル・ド・ゴール」級二番艦で置き換えられる予定になっていました。
しかし中型とはいえカタパルト装備の原子力空母建造はフランスの国力にとってかなりの負担で、冷戦終結、ソ連崩壊後はいつしか二番艦建造も立ち消え。
建前として空母二隻体制は未だ謳っているようですが、現実にはその可能性はほぼ無いでしょう。
かくて後継艦を得る目処が全く立たないまま、「フォッシュ」はブラジルへ売却されることになります。
時に2000年11月、「フォッシュ」はブラジル共和国の威信の象徴たる空母「サン・パウロ」に転身して、第二の人生を歩むことになったのです。

さてブラジルという国は19世紀から周辺の地域大国であるアルゼンチン、チリと南米最強国としての威信を競い合っておりまして、かつては戦艦をそれぞれ保有していました。
第一次世界大戦直前の時期にはブラジルがド級戦艦をイギリスに発注すると、それに脊髄反射したアルゼンチンがアメリカにド級戦艦を発注、ならば我もとチリがイギリスに超ド級戦艦を発注という具合。
第二次世界大戦後は旧式化した戦艦の代わりに、アメリカが第二次大戦勃発直前に完成させた一万トン級軽巡洋艦「ブルックリン」級をこの南米三カ国に供与。
ブラジルとアルゼンチンはそれではまだ足りないとばかりに、イギリス製の軽空母を購入しています。
すなわちブラジル海軍の「ミナス・ジェライス」(1960年就役、満載排水量約二万トン)とアルゼンチン海軍の「インデペンデンシア」(1959年就役、満載排水量約一万八千トン)がそれで、双方共にジェット機の運用能力は持たず、「ミナス・ジェライス」はS-2トラッカー対潜哨戒機を搭載した対潜母艦として、「インデペンデンシア」はS-2に加えてレシプロの戦闘爆撃機F4Uを搭載する軽攻撃/対潜母艦として運用されていました。
アルゼンチン海軍はその後、オランダの国防費削減と国防政策変更、さらに機関室の火災によるダメージもあって早期退役の運命にあった軽空母「カレル・ドールマン」を購入し、「ベインティシンコ・デ・マヨ」(満載排水量約二万トン)と命名して「インデペンデンシア」に代わるアルゼンチンの威信の象徴に据えます。
「カレル・ドールマン」改め「ベインティシンコ・デ・マヨ」も元々はイギリス製の軽空母ですが、こちらは蒸気カタパルトとアングルドデッキ化の本格的な近代化改装をオランダ艦時代に実施済みで、アメリカ製A-4スカイホーク攻撃機を搭載する軽攻撃空母としてブラジル海軍の「ミナス・ジェライス」を完全に凌駕する南米諸海軍中最強の存在になったのです。
1982年に生起したフォークランド紛争でも、フォークランド奪還のために遠征してきたイギリス艦隊を迎撃しようとA-4攻撃機を爆装待機させていますが、機関不調の上に当日は風速が足りずに発艦不可能で出撃が叶わず、巡洋艦「ヘネラル・ベルグラノ」がイギリス海軍の攻撃原潜「コンカラー」に撃沈されたこともあり、危険を避けるためにアルゼンチン本土に退却して以後作戦の機会を得ませんでした。
その後「ベインティシンコ・デ・マヨ」はアルゼンチンの経済破綻もあって後継を得ることが出来ず、1997年に退役を余儀なくされています。
その結果、かつて南米で覇を競った所謂「ABC三カ国」で国家の威信としての大型艦艇を保有するのはブラジルのみになりました。
ちなみにチリは空母を保有することはなく、民主化後は切り札である銅の輸出で国富を上げて、陸ではドイツから余剰のレオパルド1、レオパルド2主力戦車を相次いで導入、海では大物を欲張らずに堅実に英蘭両国の余剰フリゲート艦を導入、空はアメリカから中古ではなく新品のF-16戦闘機を導入という具合に、極めて地に足が着いた堅実かつ強力な軍備の充実を行っています。

アルゼンチンが空母保有を事実上断念したために、この地域最大の水上艦の座に躍り出たブラジル海軍の「ミナス・ジェライス」ですが、元々は第二次大戦後半にイギリス海軍が建造を開始した老朽軽空母。
対地攻撃力も洋上防空能力も持たず、対潜用とは言ってもとても原潜に対抗できるような装備ではありません。
そんなところに降って湧いたフランス海軍の「フォッシュ」早期退役話です。
新型空母は欲しいが国内建造は困難だし適当な出物もないし・・・と悩んでいたであろうブラジルとしては速攻飛びつくのも当然の話だったでしょう。
グズグズしていると中国にかすめ取られませんしね。
かくて「フォッシュ」は「サン・パウロ」となり、「ミナス・ジェライス」に代わる南米の大国ブラジルの新たな威信の象徴になったのです。

こうしてブラジル海軍はその歴史上初めて本格的な洋上航空戦闘能力を獲得するに至ったのですけれど、肝心の艦載機は湾岸戦争時にクウェート空軍がフランス製のミラージュF.1戦闘機と共に主力と頼んでいたアメリカ製のA-4KU攻撃機。
アメリカ海兵隊用の最終量産型であるM型の準同型機なので、レーザー誘導爆弾の運用能力は持っていたかもしれませんが、近接航空支援用の軽攻撃機ゆえに空対空レーダーは持たず対艦ミサイルの運用能力もありません。
戦力としてはアルゼンチンの空母が運用していたA-4と大きな差は無く、今日の海空戦を戦うには非常に不安なレベルだったのです。
出来れば「フォッシュ」購入と同時に、同艦で運用していたシュペル・エタンダール攻撃機を一緒に買うべきでしたけれど、予算の問題からかそれは出来ず仕舞。
シュペル・エタンダールもA-4同様に亜音速の軽攻撃機ですが、こちらはエグゾセ対艦ミサイルを運用可能ですから実質的な戦力はA-4KUより上なのですが・・・。
またこの空母が搭載するイギリス製のBS5カタパルトは、前述したように就役時点で最大約23トンの航空機を射出運用する能力を持っています。
イギリス海軍では空母「イーグル」と「アーク・ロイヤル」にこのカタバルトを搭載して、高性能の艦上攻撃機バッカニア、さらに「アーク・ロイヤル」ではファントムFG.1も運用していました。
つまり「サン・パウロ」は必要な改装を実施すれば、重量級の戦闘攻撃機も運用可能な潜在性を秘めていたのです。
実際、「フォッシュ」は早期退役していなければ最大離陸重量約22トンのラファールM戦闘機を運用する計画でした。
アメリカから中古のF/A-18戦闘攻撃機か若しくはフランスからラファールMを購入し、それに合わせて近代化改装を実施すれば、空母「サン・パウロ」は世界のどこに出しても恥ずかしくない、強力なジェット母艦になれたはずなのですが、その結末は実にあっさりとした退役です。

2013年暮れにブラジル空軍が次期主力戦闘機としてスウェーデン製の「グリペンNG」戦闘機を導入すると決したニュースを聞いた時、私はてっきりブラジル海軍も空母用として所謂「シーグリペン」を採用するつもりなのではと思ったものです。
「シー・グリペン」なら最大離陸重量はおそらく18トン弱程度になるはずで、空母のカタバルト射出重量は余裕でクリア、またF/A-18やラファールMよりも小柄なのも狭い飛行甲板上での取り回しにも好都合です。
しかしそんな夢想もこれで終わり。
ブラジル海軍としては、空母の優先順位は三の次のようです。
優先順位その一はフランスの支援で建造するという噂の攻撃原潜、その二はイギリスから購入した22型フリゲイト以外は旧態化した水上戦闘艦の近代化、特にエリアディフェンス能力を備えたミサイル防空艦はぜひ欲しいところでしょう。
大きなハコモノを海に浮かべて「オレは凄いんだぞう」と威張る時代は、かの南米の地においても終焉を迎えたということですな。

2018年2月 6日 (火)

イギリス海兵隊大幅削減という話

備忘録的に・・・
昨日、公共放送BSで流しているイギリスBBCニュースの中で、
「イギリス海兵隊の大幅削減と揚陸艦二隻の退役」をイギリス政府が計画していて、議会から反対の声が上がっているとの事。
国防費の更なる削減策の一環のようですが、海兵隊の大幅削減と揚陸艦の退役という話は戦闘機部隊の削減などとは次元の違う、イギリスの国防政策上非常にマズい話なのではないかと思うところ。

イギリス海兵隊は現在一個旅団規模の戦闘部隊を有していて、その錬度の高さ、作戦遂行能力の高さはつとに知られているところです。
アメリカ海兵隊のような正規の水陸両用部隊というよりは、半ば特殊部隊に近い性格でイギリスの紛争緊急対応において欠くべからざる戦力です。
報道では単に「大幅削減」と言っていたので、現在七千人規模の海兵隊をどれほど削るつもりなのかはまだ明らかではないのですけれど、海兵隊の海上機動を担保するドック型揚陸艦「アルビオン」(2003年6月就役)と「フィアレス」(2004年12月就役)を退役させるとなれば、この二隻で運べる最大1,420名の戦闘部隊は削減することになるのでしょう。
後方支援を含めれば3,000人以上の削減、つまり海兵隊の人的規模を現在の半分にまで減らすつもりなのかもしれません。
「アルビオン」と「ブルワーク」を葬ってしまうと、イギリス海軍に残る揚陸艦は現在建造中の新型空母「プリンス・オブ・ウェールズ」のみになります。
(補助艦隊に在籍するベイ級揚陸艦は戦闘艦艇とは呼べないので除外)
「プリンス・オブ・ウェールズ」は2017年末に就役した新型空母「クイーン・エリザベス」の同型艦で、現在就役中のヘリコプター強襲艦「オーシャン」(1998年9月就役、2018年退役予定)の後継となるフネ。
F-35B戦闘飛行隊と海兵隊を乗艦させる所謂「ハイブリット・キャリアー」になる予定です。
ここで視点をイギリス海軍側に移して見ると、「プリンス・オブ・ウェールズ」の乗組員定数は679名(航空要員と海兵隊は除く)です。
ここで考えておかねばならないのは、この乗組員をどうやって捻出するか?
「クイーン・エリサベス」の場合は2014年に退役した軽空母「イラストリアス」(乗組員定数685名)分の人的プールから汲み上げて充当したのかもしれません。
しかし「プリンス・オブ・ウェールズ」の場合、この艦の就役に伴って退役する「オーシャン」の乗組員定数は285名に過ぎないのです。
つまり400名近い乗組員の不足です。
駆逐艦やフリゲートはもうギリギリまで削り込んでしまっていて、これ以上の削減は無理となれば人的プールの財源を他に探さねばなりません。
するとどうでしょう、「アルビオン」と「フィアレス」の両艦乗組員総数は650名で、この二隻を削れば「プリンス・オブ・ウェールズ」の乗組員を充当してさらにお釣りが来るのです。

勿論これは単なる架空の数合わせで、艦艇乗組員の人的プールには2011年に退役した軽空母「アークロイヤル」の分もまだ残っているのかもしれません。
「クイーン・エリザベス」級空母は本来「イラストリアス」と「アーク・ロイヤル」の後継として就役するはずだった艦ですから、七年前に退役した「アーク・ロイヤル」の乗組員枠は何らかの形で残している可能性はあります。
しかしイギリス海軍としては今後、カネのかかる新空母二隻の運用に加えて、軍事面においてイギリスが大国である数少ない証になっている戦略原潜の更新も実施しなれければなりません。
現在就役中の「ヴァンガード」級の後継としては2028年に一番艦就役のスケジュールで「ドレッドノート」級計画が進捗していて、今後もし労働党が政権を奪取しても隻数の削減はあり得るにせよ計画自体は粛々と進めていくものと思われます(やはり雇用面での影響力は大きいのです、BBCニュースを見ていると実感しますわ)。
今後十数年間にこのような大金を投じるプロジェクトが控えていて、国防費は削減傾向が止まらず。
その中で予算減らしの特効薬で人減らしとなれば、海軍としては所詮二義的な存在に過ぎない海兵隊用の揚陸艦の切捨てに目が行くのはやむを得ないところかと。
フォークランド紛争の直前にも、国防費削減策の一環で当時在籍していた強襲揚陸艦「フィアレス」と「イントレピッド」を退役させる予定だったという過去もあります。

イギリス議会は賢明にも海兵隊の大幅削減と二隻の揚陸艦退役に反対しているので、政府の思惑通りに事が運ぶかは不透明。
削減はやむを得ないところなのでしょうけれど、結論は「アルビオン」と「ブルワーク」のどちらかを現役で残してその乗艦相当分の海兵隊削減に落ち着くのではと思うところです。
でもイギリスはこうだと決めたら即実行しますからね・・・。
「アーク・ロイヤル」なんて話が出てからアッという間に退役させられちゃいましたし。
日本の役所仕事では考えられない電光石火の早業でしたわ。
そして日本にとって気になるのは、退役するドック揚陸艦の売却先です。
艦齢はまだまだ若いので、購入に名乗りを上げる国が出てくるのは確実でしょう。
インドやブラジルあたりならよいのですけれど、中国だった場合はかなり危険な話になります。
もし退役が決まっている「オーシャン」も一緒に購入されると、近い将来の中国海軍の両用戦能力は大幅に向上し、南シナ海は勿論我が国の尖閣はもとより先島諸島も相当な圧力を受けることになるやもしれません。
イギリスのメイ首相は先日中国を訪問して、大型商談が成立してチャイナマネーの引込みに大喜びしているようです。
EU離脱後に向けて中国との関係を更に強化する方針だそうで、それが軍事面にも影響しないかと非常に気になるところなのです。
世の中所詮はカネですからな。
私はイギリスという国は好きですが、有色人種に対するイギリス人のやり口は全く信用していません。

2017年12月10日 (日)

真冬の新潟でシーハリケーンMk.ⅠAの勇者たちに想いを巡らす

11月末発売の「世界の傑作機」Noは「ホーカー・ハリケーン」のリニューアル版。
イギリス空軍の制式採用戦闘機として初の単葉引き込み脚を採用し、最大速度が500km/hを超えた最初の機体であります。
かのバトル・オブ・ブリテンでは、同僚のスーパーマリン・スピットファイアと共に英本土防衛に獅子奮迅の働きを見せ、その後は主役の座をスピットファイアに譲りつつも、戦闘攻撃機、対戦車攻撃機に転身して戦争終結まで第一線に残った長寿機でもあります。

昔の飛行機というものは人間と同じで、旬な花の盛りはごく僅か。
特に大戦下のそれは特に。
ひとたび旬を過ぎてしまえば、後はもう落ちていくのみ消え行くのみ。
しかしそのような残酷な世の定めに抗い、たとい一線級の命脈は尽きても身の程にあった第二の人生に活路を見出し、そこでいぶし銀の働きを見せる。
私ももういい歳のオッサンなので、最近はそのような事が頭をよぎり、そしてそのような飛行機にこれまで以上に愛着を感じるようになってまいったところです。
アメリカのカーチスP-40やグラマンF4F、PBYカタリナ、SOCシーガル、イギリスのソードフイッシュ、そして今回のホーカー・ハリケーンといった面々がまさしくその愛着を感じるヒコーキたちなのです。
なので今号は実に興味深く読み耽った次第。
以前の号は立ち読みして、内容が薄いな~と思い買わなかったのですよ。
まぁあの当時の「世界の傑作機」って大体あんな感じでしたけれど。

以前の号は所有しておらず、またこの戦闘機に関してはごくごく基本的な事しか知らなかったので、今回読んで初めて知ったこともいくつかありました。

>鋼管羽布構造といっても接続は溶接ではなくジョイントを使用
今までずっと溶接だとばかり思っていました、勉強不足ですいません親方!
溶接のための要員、設備を抑える為にハリケーン以前から試みられていたことで、当時の技術で造り慣れた構造を生かしつつ、より低コストで量産できるように考慮。
当時、セミモノコック構造全金属製の「ノースロップ・ガンマ」に魅了されて、官民上げてそちらの方向へ一気に突っ走っちゃったわが国とは違いますなぁ。

>バトルオブブリテンの従来の定説は違っている
従来の説では、Bf109には高性能のスピットファイアを充て、爆撃機には低性能のハリケーンを充てていたという話でしたが、当時のレーダーや指揮通信能力でそんなにうまい事いくのかいなとは、以前から感じていた疑問だったのです。
大型機なら早期に捉えられたにしても、小型の戦闘機はかなり近づかないと探知できなかったでしょうし、爆撃機には必ず戦闘機の護衛が付いていてそれらは爆撃機の上空にいるとは推定できても、高角レーダーが無かった当時は相手の侵入高度まではわかりませんし、そんな状態ではスピットファイアを差し向けるにしても推測以上の情報は与えられないでしょう。

>バトルオブブリテン後のハリケーン
パトルオブブリテン終了後はスピットファイアの充足に伴い、ハリケーンは本国の戦闘機軍団から中東や東南アジアに急速に転出・・・というのが、無知な私の勝手な思い込みだったのですけれど、実際は戦闘機軍団に所属してドイツ占領下の低地諸国に侵入攻撃作戦を繰り広げていたのです。
この手の任務だと戦闘機軍団ではなく陸軍直協軍団の領分じゃないのかなぁと思うところなのですが、基地に帰投寸前の敵爆撃機を狙うミッションは敵機撃墜を目的にしているので戦闘機軍団の仕事という考え方だったのでしょうか。

>最後のハリケーン
今回、最も驚いたのが英国空軍において戦後も僅かな期間ながらハリケーンが実戦配備されていたということです。
英国空軍ハリケーン最後の実戦飛行隊No6sq(中東パレスチナに展開)が、同じホーカー社製の後輩であるホーカー・テンペストに席を譲って退役したのが1947年1月。
ハリケーンの次にホーカー社が開発した戦闘機のタイフーンは、欧州戦終結後アッという間に消え去ってしまったのに、何とも長寿なハリケーンなのであります。
これも先述した「身の程にあった第二の人生に活路を見出し」の結果なのです。
旧式構造で飛行性能もそれなりのものになってしまっても、高性能な敵戦闘機に遭遇する心配のない戦後間もない中東では、過酷な自然条件に耐え得るその旧式構造ゆえのアドバンテージが多かったということなのでしょうね。

さて、今回私が最も期待しておったのが、英国海軍が急遽導入した「シーハリケーン」の実態についてでした。
空軍のハリケーンを艦上機に仕立て直した「シーハリケーン」は、まだ護衛空母が大挙投入されていなかった時期に船団の防空直衛用として配備されたCAMシップからカタパルト射出される使い捨てのMK.ⅠAと、着艦フックを取り付けるなどして空母での運用を可能にしたMk.ⅠB、Mk.ⅠC及びMk.Ⅱ2Cが存在します。
しかしそれらに関する記事が、ぶっちゃけ薄い・・・。
岡部いさく先生が書かれるからには、もっと濃い内容を期待していたのですよ。
シーハリケーンを運用した海軍戦闘飛行隊一覧とかね。
そういうネタはいずれ「フェアリー フルマー」を扱う時の為に温存しているに違いない、きっとそうなんだよウン!と、自慰に耽っている今時分なのであります。

しかしハリケーン萌えとは別に、冷静に考えてみるとはたしてMk.ⅠA以外の「シーハリケーン」が海軍航空隊にホントに必要だったのか?
性能はフルマーよりは良いとはいえ、イタリア空軍はともかく、帝国海軍やドイツ空軍の戦闘機相手には劣勢を免れない月並みな性能。
さらに致命的なことには主翼を折りたためないから母艦の格納庫に収容することも出来ない。
帝国空軍やドイツ空軍の戦闘機と正面きって戦う戦域では使わないからそれでもいいのだという話なのであれば、フルマーでも一応の役割は果たせるわけです。
また米国製のグラマン・マートレット(F4Fワイルドキャット)は、1941年春から主翼折りたたみ仕様のマートレットⅡが、1942年に入るとレンドリースでマートレットⅢが引き渡しを開始しています。
生粋の艦上戦闘機で主翼の折りたたみが可能、飛行性能は一長一短あるものの総じてシーハリリーンと互角で航続力はより長いマートレット、この機とシーハリケーンのどちらを選ぶかとなればやはりマートレットに軍配を上げざるを得ないでしょう。
それでもなおシーハリケーンを、応急処置的なMk.ⅠBに続いてエンジン換装、武装強化型のMk.ⅡCまで配備したのは、とにかく適当な性能の艦上戦闘機を一機でも多く欲しかっただけなのか、マートレットの主脚間隔の狭さ(シーハリケーンの2.31mに対してマートレットは1.96m)に懸念があって低錬度の搭乗員では危ないと判断したのか、はたまた万が一レンドリースを止められて米国に梯子を外される最悪の事態も頭に入れてのことだったのか。
識者の方々の見解をぜひ聞いてみたいと、常々念願しておるところなのです。

空母搭載型の「シーハリケーン」については、このようにその存在意義についてうーむといささか首を捻らざるを得ないのですが、最初のタイプであるMk.ⅠAについては、朝日ソノラマ刊「北欧空戦史」を読み耽って、往時のパイロットたちの勇気ある戦いに思いを巡らせておったところです。
時に1942年5月25日、ソ連のムルマンクスを出航してイギリスに帰投する船団QP-12がノルウェー北方海域でドイツ空軍爆撃機の襲撃を受け、船団唯一のCAMシップからケンダル中尉搭乗のシーハリケーンが勇躍射出出撃。
ケンダル機は見事ドイツ機を撃墜した後、空戦よりも過酷な機体からの脱出を敢行。
着艦設備の一切無いCAMシップからひとたび射出されたら、後は陸上の味方基地に向かうか機を捨てて脱出し味方のフネに拾われるかのどちらかしかないのです。
ケンダル中尉のパラシュートは海面上わずか15mで開き、5月とはいえまだまだ冷たい北洋の海面に叩きつけられるように着水、駆逐艦に救助されたものの死亡したという話。
今回、CAMシップ運用で戦死者は一名と書かれていましたが、もしかしたらこのケンダル中尉の話がその唯一の戦死例なのかもしれません。
日本の特攻と違って「必死」の作戦ではありませんが、まさしく「決死」の任務に違いなく、CAMシップ勤務は志願者で行われていたのも頷けます。
今号のカラーページに、怒涛逆巻く洋上を進むCAMシップとカタパルト上で待機するシーハリケーンの画が載っていますが、あんな海象条件であっても敵機来襲となれば射出発進していったのでしょう。
あんな海に落ちて救助を待つなど、生半可な戦意では無理ですな。
危急の際にはあのような任務をも進んで断行する。
それこそが海洋国家大英帝国の真髄発揮だと深く感じるところなのであります。

2016年7月23日 (土)

英国海軍戦略原潜更新決定、しかしその前途は?

備忘録的に・・・

英議会下院(定数650)は18日夜、同国唯一の核戦力である潜水艦発射型弾道ミサイル「トライデント」を搭載する原子力潜水艦4隻の更新について採決し、賛成472、反対117で承認したそうです。
→ソースはttp://www.yomiuri.co.jp/world/20160719-OYT1T50074.html?from=ytop_main1

2011年1月に当ブログで「破断界を越えつつあるか英国海軍?」という記事を書いた段階では、2016年までバンガード級戦略原潜の更新判断を先送りということになっていましたが、今回、正式に更新に対してGOサインが出たわけです。
イギリスの与党保守党は勿論、野党第一党の労働党も6割が賛成に回ったそうですが、あちらでは党議拘束は無いんですね。
我が国ですと、こういう安保マターに関しては野党はこぞって絶対反対!
民進党の保守系議員が実に言いにくそうに、「実は我々は賛成にやぶさかではないがムニャムニャ」と苦しい言い訳をするのがよくあるパターンですからね。
国家の生存に関わる最重要案件に対しては、野党も真剣に考えて議員ひとりひとりの判断に委ねる、この辺は流石イギリス、近代議会制民主主義の始祖に相応しいやり方ですな。

GDPは世界上位5位から外れ、かつて隆盛を誇った製造業は沈み、代わって国の新たなメシの種に据えた金融も、地に足が着いていない所詮は浮き草。
そんなイギリスにとって、世界の大国である象徴的な証が国連安保理常任理事国の椅子と戦略核戦力を保有していること。
このどちらも、イギリスという国家が存続する限り、自発的にはけして手放すことはないのは極東の島国の田舎の小市民でさえよく理解認識できるところです。

現在、イギリス唯一の戦略核攻撃力として保有するヴァンガード級戦略原潜は、前任のレゾリューション戦略原潜の後継として1993年から99年の間に4隻が就役しました。
アメリカ海軍のオハイオ級戦略原潜が搭載しているのと同じ、推定射程1万km以上のトライデントD5ミサイルを一隻当たり16発搭載しています。
1980年代の前半から就役を開始して今も現役のアメリカ海軍のオハイオ級に比べると、まだまだ艦齢に余裕がありそうに見えますけれど、イギリス海軍原潜の核燃料はアメリカ海軍のそれに比べて濃縮率がかなり低いそうです。
まぁこれはアメリカ海軍が異常に高い濃縮率の核燃料を使用していて、イギリスが技術的に特に劣っているわけではないのですけれど。
低濃縮の核燃料を使用しているが故に、燃料交換時期が比較的早期になってしまい、燃料交換と大抵は同時に行われる艦のオーバーホールと近代化改装、そして燃料交換の為に耐圧船穀に手を加えた後の艦の余命。
これらを勘案すると、新型艦を調達した方が長い目でみれば安上がりという判断もあるでしょう。
また原潜の建造技術を維持し続けていくには、低能率であっても造船所の仕事を確保しなければなりません。
日本でも海自の潜水艦建造に切れ目が無いのはそういう観点もありますし、冷戦終結後のアメリカにおいても、原潜の新規建造が激減してこのままでは建造技術やノウハウを維持できなくなるのではないかと問題提起されたこともありました。
イギリス海軍のように、潜水艦の所帯が小さいところはその辺が実に心配になるところです。
潜水艦のような民需要素の無い特殊な船は、予算削減で単純に造船所の仕事を無くすと、必要な技術やノウハウが人員と共に消滅散逸してしまって、後で必要になったからと言っても再起は容易ではないのです。
また軍事的側面だけではなく、建造による雇用その他の経済的側面も見逃せないところであります。

ただ、戦略原潜4隻体制を維持というのは私的にはちょっと意外だったのですよ。
財布が厳しいイギリス政府としては、もっと大胆な案を切り出してくるのではないかと思っていたのです。
4隻を3隻、いやもっと大胆に2隻に切り詰めるとか。
戦略パトロールの常時実施を諦めて、危機切迫時のみ1隻を攻撃発起海域まで進出させることにすれば、保有3隻でもやっていけるでしょう。
また外洋からの攻撃を諦めて、イギリス本土近海から攻撃することにすれば2隻でも大丈夫かもしれません。
その場合は全地球的攻撃能力を事実上失うことになりますけれど、中国を核攻撃しようなどと考えなければ、それでも構わないのではないかと思うのです。
エキセントリックなイギリス人のことですから、そこまでいくのではないかと密かに期待wしておったのてすけれど、やはり常時全地球的攻撃能力を持ち続けるのは大国イギリスの矜持なのですな。
ただ一隻当たりのミサイル搭載数は現在のヴァンガード級の16基から12基、いや8基に削減するかもしれませんな。
新型艦は就役から暫くの間は寿命延長と近代化を施したトライデントD5ミサイルを搭載することになりましょうが、それら改修にも相当のカネがかかるので、かかった分だけミサイルの配備数を減らすのは必然の流れではなかろうかと。
削減されたミサイルの数に合わせてフネの搭載能力も決めるのです。
あとはミサイル一基当たりの核弾頭数を切り詰めることになるのかどうか。
ヴァンガード級の搭載するトライデントD5ミサイルには、準戦略型と呼ばれる単弾頭型があります。
これはいわゆる「ならず者国家」に対する核攻撃オプションとして実施されているのですけれど、昨今のロシアとの対立が深刻化すると、ミサイル一基当たりの搭載核弾頭数を減らすのには抑止上問題が生じるかもしれません。
一方イランとの関係改善が進み、かの国のこれ以上の核兵器開発を抑えることが出来るならば、ならず者国家対策で高価なミサイルに弾頭を一発のみ搭載するというやり方も再検討されるでしょう。
そうなれば戦略原潜はその原点に立ち返って、核弾頭数は削減せずに近代化と寿命延長を施したトライデントミサイルにしっかりと複数弾頭を搭載して、本来の戦略核抑止専従に回帰することになるのでしょうね。

しかしながら今回の決定が実行されるかどうか危ぶまれる件が一つ。
それはイギリスのEU離脱です。
現在、イギリス海軍は戦略原潜唯一の基地としてスコットランドのファスレーンに居を構えておりますけれど、EU離脱の賛否を問う先の国民投票では、スコットランドはEU残留が多数派だったのです。
一昨年のスコットランド独立の是非を問う住民投票の結果、スコットランドはイギリスに残留することになりました。
当時の触れ込みでは、今後この件はそうとう長期に渡って再提起しないことになっていましたが、ここにきてスコットランドでは独立の是非を問う住民投票を再度やるべきという声が上がってきているそうです。
二年前に出したイギリス残留という結論は、イギリスがEUに加盟しているという前提での話だったというのです。
イギリス政府は再度の住民投票なぞ容易には認めないでしょうけれど、もし実施されてスコットランドが独立してしまったら、イギリス海軍は唯一の戦略核基地を失うことになりかねないのです。
もし独立スコットランド政府が領土内からのイギリス軍撤退を要求したら?
残るイングランド、ウェールズ、北アイルランドの海軍基地に莫大な費用をかけて移転するのか?
地元住民はそれを受け入れるのか?
なかなか難儀な話になりそうなのですよ。

2016年5月21日 (土)

「第二次大戦のイギリス軍艦」で元戦艦アイアン・デューク女史に妄想を廻らす

ども。
先日、世界の艦船増刊の「第二次大戦のイギリス軍艦」が発売されたので早速入手。
私はかつて当ブログで、戦後のイギリス海軍勢力の消長について連載したほど、イギリス海軍が好きなのです。
海軍の本分は海上交通を保護して国民生活を維持すること。
それを列強海軍の中で最も貫いているのがイギリス海軍だからです。
対米艦隊決戦を前提にして全てをそこに向けて組織を構築している、帝国海軍とは根本からして違うのです。
帝国海軍は対米戦を迫られた時、今まで営々と大金をかけて築いた連合艦隊がアメリカを相手に戦えないと今更言えずに無謀な戦いに突入してしまいました。
しかしイギリス海軍にはそのような尖がった戦略などありません。
地中海でイタリア海軍と戦うのも、北海でドイツ海軍と戦うのもそれは帝国海軍が考えているような艦隊決戦ではなく、味方の海上輸送路をいかにして保護して戦争遂行能力を、国力を維持するかという基本路線の単なる派生でしかないのです。
従って全てにおいて融通無碍、帝国海軍ではおそらく発想の外であっただろう、戦艦を重要船団の護衛に付ける事も開戦直後からやっているぐらいです。
その辺が個人的に非常に好ましく思えるのですよ。

私は昭和55年に出版された旧版も持っていますが、これは現在の目で見ると本文の構成がキッチリ纏まっておらず、ちょっと見難いのです。
また艦艇の要目や艦名は巻末に纏めてあるので、本文と巻末をいちいち見返さなくてはならず、ハンディな参考文献としては、はなはだ使い勝手が悪いのですよ。
世界の艦船別冊では他に「アメリカ」「フランス」「イタリア」「ドイツ」の第二次大戦の軍艦シリーズがありますが、昭和57年発行の「ドイツ」は「イギリス」と同じ構成でこれもまた見難い。
昭和59年発行の「アメリカ」では、本文の艦船各級の艦名と要目が同一ページに纏められて俄然見やすくなったものの、翌年発行の「フランス」では要目が巻末になってまた見難くなっていました。
構成が現代風に落ち着くのは昭和61年発行の「イタリア」になります。
「アメリカ」については既に新装版が出ていて、今回の「イギリス」は第二次世界大戦の軍艦シリーズのリニューアル第二弾になります。
マニアとしては、「ドイツ」「フランス」「イタリア」の早期のリニューアル、そして「ソ連」を加えて欲しいものです。
個人的には特に「フランス」の新装版が欲しいなぁ。

さて新装版の「第二次大戦のイギリス軍艦」ですが、本文は見やすくて文句無し。
写真もこれまでの「軍艦史」シリーズで見たことが無いモノがあって、例えば重巡洋艦のページには目が釘付けでしたがな。
戦時中に電探と対空砲を装備拡充して、すっかりイカツイ艦容になった「ロンドン」「サセックス」「ノーフォーク」辺りは萌え~の一言w
残念だったのは護衛艦艇が一括りにされていたことで、私は今回新装版が出るという話を聞いて最も期待していたのが、少なくともフリゲイトを単独のコーナーで扱い、艦名と要目、写真を纏める事だったのです。
フリゲイト(及びコルベットとスループ)こそは、海上交通保護を本分とするイギリス海軍の象徴だと認識していたからです。
「アメリカ」ではフリゲイトに相当する護衛駆逐艦を、駆逐艦以上の艦種と同じ扱いで載せていますから、イギリス海軍のフリゲイトもそうしても罰は当たるまいに。
こうなれば「イギリス護衛艦史」の発行に望みをかけたいところであります。
戦前のスループから始まって戦時中のフリゲイト、コルベット、そして戦後のフリゲイトを網羅した一冊をぜひ出していただきたいところであります。

旧版に無かったフネとして、おおっと惹きつけられたのは砲術練習艦「アイアン・デューク」。
第一次世界大戦勃発時にはグランド・フリートの旗艦であった栄光の元超ド級戦艦です。
それがロンドン海軍軍縮条約締結で、主砲と装甲を減じた砲術練習艦に転じて第二次大戦を迎えました。
同じ境遇のフネとしては帝国海軍の「比叡」とアメリカ海軍の「ワイオミング」がいますけれど、前者は大改装を加えられて、高速戦艦として再生し帝国海軍得意の夜戦で敵巡洋艦部隊に大損害を与えながらも、航空攻撃で退路を封じられた形になり沈んでいます。
しかし敵艦隊と壮絶に撃ち合って相手に大損害を与えた末の最期ですから、武人のフネとしては納得のいく生涯だったと言えましょう。
「ワイオミング」は最終的には対空射撃練習艦としてアメリカ海軍の戦勝に貢献した後、1947年に除籍されていますからハッピー・リタイアと申せましょう。
しかし我らが「アイアン・デューク」は開戦翌月の空襲で損傷擱座してしまうのです。
ウィキペディア英語版によると、1941年5月のドイツ海軍戦艦「ビスマルク」の出撃に際して、ドイツ側はイギリス本国艦隊の根拠地スカパ・フロー泊地への偵察で「アイアン・デューク」と他に二隻の戦艦に偽装したダミーシップを現役の戦艦と誤認したようで、それが「ビスマルク」の出撃に影響を与えたんだとか。
イギリス本国艦隊の主力艦三隻はスカパ・フローにいるから、今が出撃のチャンスと考えたのでしょう。
その判断が巡り巡って「ビスマルク」撃沈による大西洋の海上交通死守に繋がったと思えば、死せる孔明生ける仲達を走らすと言えなくも無い「アイアン・デューク」なのでございます。

ここで妄想を廻らせてみたいのは、もし「アイアン・デューク」が健在であったなら、実戦に投入する機会は果たしてあったのか?という事。
健在な34.3サンチ連装砲三基をもって、上陸作戦時の火力支援や重要船団の護衛任務に就かせるのは果たして現実的な話であろうか?と。
30.5サンチ連装砲三基が健在なアメリカ海軍の練習戦艦「ワイオミング」も、戦争前半に火力支援艦としても使えるように考慮の上で改装が行われています。
アメリカ海軍よりもその種の艦艇に逼迫を生じていて、新規にモニターを建造する程であったイギリス海軍ですから、戦局如何では「手持ちのブツは使えるだけ使う」とばかりに実戦に引っ張り出していたのではないかと考えるところなのです。
一度は一線から退きながらも、祖国の危機に老骨に鞭打っていくさ場に馳せ参じる。
こういう画は実に日本人好みで燃えるシチュエーションではないかね諸君!

2016年5月13日 (金)

さらばシーハリアーそして第一世代ハリアー

備忘録的に。
5月11日、世界最後の運用可能なシーハリアーV/STOL戦闘攻撃機が、インド海軍から退役したそうです
→ソースはhttp://dailynewsonline.jp/article/1125654/
何分、物持ちのよいインド海軍ですので、私はてっきりシーハリアーはまだまだ使い続けるのだろうと漠然と考えていましたので、このニュースは意外で驚きました。

イギリス空軍向けに開発されて1970年に実戦配備を開始したハリアー攻撃機を、イギリス海軍が艦隊空母の退役と搭載するファントムFG.1戦闘機空軍移管後のささやかな代替として、全通甲板型巡洋艦インヴィンシブル級搭載用として艦載機化、レーダーを搭載して制限付き全天候迎撃能力を持たせたのがシーハリアーFRS.1戦闘攻撃機です。
実戦配備は1980年でした。
1982年に生起したフォークランド紛争では、この新鋭V/STOL戦闘攻撃機を搭載した軽空母ハーミーズとインヴィンシブルを主力とする艦隊が出撃し、シーハリアーが前評判(アルゼンチン空軍の主力戦闘機ミラージュⅢに対して著しく劣速)を覆す活躍で、世界にその名を轟かせました。
日本でも一時期、シーハリアー萌えの空気が広がり、80年代半ばの海上自衛隊の洋上防空能力向上計画では、イージス艦の導入と本機搭載の軽空母導入のいずれかが検討されていたりするのです。

この機にいち早く目を付けたのが他ならぬインド海軍で、最初の発注はフォークランド紛争以前の1979年。
イギリス製軍用機の常として大きな数字を与えられ、シーハリアーMk.51と呼称されたV/STOL戦闘攻撃機はフォークランド紛争終結直後の1982年8月に初飛行し、当時インド海軍唯一のイギリス製軽空母「ヴィクラント」に、これまたイギリス製の艦上戦闘機シーホークの後継として配備されたのです。

インド海軍がこの戦闘機の採用をいち早く決定したのは、彼らが本機の能力を評価したというよりは、つらつら考えるに
「これしか他に買える機体が無かった」
からかもしれません。
当時、インドはソ連の事実上の同盟国であり、アメリカからの兵器輸入などとても望めない状況にありました。
「ヴィクラント」はフォークランド紛争時のアルゼンチン海軍空母「ベインティシンコ・デ・マヨ」と同型艦です。
従って発着艦設備の改良を行えば、「ベインティシンコ・デ・マヨ」同様にアメリカ製A-4スカイホーク攻撃機の運用が、運用制限付きながら可能であったはずです。
しかしアメリカとの当時の関係では、A-4の購入などとても無理な話。
インドの事実上の同盟国たるソ連はキエフ級航空巡洋艦搭載用として、YaK-38フォージャーV/STOL戦闘攻撃機を1970年代半ばから実戦配備を開始していました。
しかし当のソ連海軍自身がこの機の運用にまだ試行錯誤をしている状況で、且つ性能的にもかなり物足りなく本機よりも明らかに劣っています。
フランス海軍は、これまたフォークランド紛争でイギリス海軍のミサイル駆逐艦を、搭載するエグゾセ対艦ミサイルで撃沈して勇名をはせたシュペル・エタンダール戦闘攻撃機を1978年から実戦配備を開始していました。
しかし前述の「ベインティシンコ・デ・マヨ」の航空機運用能力では同機の運用が困難で、フォークランドで活躍したアルゼンチン海軍所属のシュペル・エタンダールも空母からではなくアルゼンチン本土の陸上基地から作戦を実施したのです。
「ベインティシンコ・デ・マヨ」で運用困難なのであれば、その同型艦である「ヴィクラント」もシュペル・エタンダールの運用は困難なはずです。
アメリカ製の蒸気カタパルトを導入して「ヴィクラント」に装備できれば、運用もあるいは可能であったかもしれません。
しかしアメリカとの関係はそれを許しません。
A-4スカイホーク攻撃機は対米関係が悪過ぎて買えない。
Yak-38戦闘攻撃機は艦載用としてまだ不安があり性能的にも不満。
シュペル・エタンダール戦闘攻撃機は空母の能力上、運用は極めて困難。
消去法で残るのは唯一、シーハリアーだけだったのです。

本家本元のイギリス海軍では、フォークランド紛争の戦訓を取り入れた改良型のシーハリアーFA.2を開発し、既存のFRS.1の改造と新造機というダブルトラックで、1990年代初めから実戦配備を開始します。
FA.2はレーダーFCSの換装によって完全な全天候迎撃能力を備え、最新鋭のアクティブレーダー誘導式空対空ミサイルAMRAAMの運用が可能です。
しかし当時は所謂第二世代のハリアーであるアメリカ製AV-8Bが幅を利かせていて、フォークランド紛争後にハリアーを新たに導入したイタリア、スペイン両海軍はシーハリアーではなくAV-8Bを選択しています。
AV-8Bは航続性能、搭載能力においてシーハリアーを凌駕しており、加えてF/A-18ホーネット戦闘攻撃機と同じレーダーFCSを搭載したAV-8Bプラスならば、FA.2を凌ぐ迎撃及び対地攻撃能力を獲得できるのですから、後発のハリアー採用国がAV-8Bを選んだのも当然の話なのです。
イギリス海軍のシーハリアーも、冷戦後はその高い迎撃能力も宝の持ち腐れ、重要度が増した対地攻撃ではAV-8Bやそれを逆輸入した形のイギリス空軍第二世代ハリアーよりも明らかに見劣りがして、21世紀に入ってからのイギリス軍の戦力見直し構想でリストラの対象になってしまい、2006年に退役してしまったのです。
新造のFA.2は18機で、その機齢はこの時点でまだ十数年。
まだまだ使える状態ですから、当時私はインド海軍が買うのだろうと思っていました。
しかしそれは果たされる事がなく、また聞いた話ではMk.51にインドとフランスが共同で近代化改修を実施して、フランス製アクティブレーダー誘導式空対空ミサイルMICAを運用可能とする計画も予算不足を理由にボツ。
抜本的な改修を行わないまま、最後のシーハリアー、そしておそらくは最後の第一世代ハリアーであるこのMk.51がついに退役の日を迎えたのです。
第一世代ハリアーを導入したのはイギリス空軍及び海軍、アメリカ海兵隊、インド海軍、スペイン海軍、タイ海軍ですが、米英西各軍からはとうの昔に退役、タイのそれはスペイン海軍を退役した中古機で機齢は40年近く、近年は活動していないようで事実上退役しているようですから。

本機の退役と共に、かつてのイギリス海軍空母「ハーミーズ」の後身であるインド海軍空母「ヴィラード」も来月に退役との事です。
「ハーミーズ」は第二次大戦末期の1944年6月に起工されましたが、戦争終結で暫く放置。
後に設計を大幅に変更して、最初からジェット艦上機運用能力を持つ中型艦隊空母として1959年11月に就役。
その後、イギリスの国防政策の抜本的変更で艦隊空母全廃の方針を受けて、70年代初めにイギリス海兵隊輸送用のコマンド母艦に改造されて再就役。
さらに対潜能力を追加された後、スキージャンプ甲板を設置してシーハリアーの効率的な運用能力を獲得し、フォークランド紛争ではイギリス派遣艦隊の旗艦として出征。
1985年に退役後、インドに売却されてインド海軍空母「ヴィラード」として1987年に再就役して、今日までインド海軍の力の象徴として君臨していたのです。
実にもって波乱万丈の生涯であります。
武勲を挙げ軍歴を全うしたハッピー・リタイヤメントと申せましょう。
この艦の退役で、第二次大戦に起源を持つ現役の水上戦闘艦は、フィリピン海軍のフリゲート艦「ラジャ・フマボン」(元アメリカ海軍カノン級護衛駆逐艦で、海上自衛隊在籍時代の艦名は「あさひ」)だけとなりました。

・・・そう言えばフィリピンはまた、大変な話になりそうですな。
私設警察みたいな処刑団を率いて、犯罪者を殺して回ったという人物が次期大統領ですよ。
いくら治安が悪いとはいえ、法治主義なにそれおいしいの!?ですがな。
そんな御仁ですから、特亜ばりの人治主義で酷いことになるんじゃないかと心配です。
南沙諸島の領有権は棚上げにして中国と経済協力する方針で、日米とも距離を置くそうですから、南沙は中国のモノになっていくのでしょうな。
その中国は南沙の埋め立て地に浮動式の原発を置くのだとか。
いざとなったら不幸な事故アルとでっかい声でわめいて、メルトダウンとかさせちゃいそうですな。
この話も怖い怖すぎます。
そんな中国を牽制するためにも、インド海軍の質的向上は日本としても歓迎すべきことなのでしょう。

2011年2月23日 (水)

英国海軍・SDSRに至る21世紀最初の十年

1960年から十年毎に区切って英国海軍主要勢力の消長を概観して参りましたが、今回はその最終回です。
破断界を越えつつあるか英国海軍?」で述べた昨秋発表のSDSRに至る、今世紀に入ってからの道程です。

2001~2010年の英国海軍主要トピックスは下記の通り。
2001年
新型SSN一番艦「アスチュート」起工。
元々はスイフトシュア級の後継であったはずが、計画遅延で結果的にトラファルガー級の代替になってしまいました。
2002年
シーハリアーF/A.2の退役を発表。
前回エントリーに書き忘れてしまったのですが、英海空軍は2000年に「ハリアー統合部隊」を発足させています。
これは海軍のシーハリアーと空軍のハリアーGR.7/9を統合運用化して、空軍所属ハリアーを軽空母への随時展開を制度的に担保するものでした。
レーダー誘導AAMを運用可能で防空/制空能力に長けたシーハリアーと、搭載量大で対地精密誘導兵器を運用可能なハリアーGR.7/9の組み合わせによって、軽空母は従来よりもより自己完結的な航空打撃力を付与されたはずでしたが・・・。
しかし英国海軍軽空母が運用される実戦環境は、米国と組んでの湾岸・イラク戦争型とアフリカの旧植民地の内戦等に対する人道的介入の二つ。
双方共に必要なのは空軍のハリアー運用能力(対地攻撃能力)であって、艦隊防空能力も制空能力も必要とされないのです。
前者は米軍の圧倒的な航空優勢の元で戦いますから、シーハリアーの出る幕は無し。
後者は相手にまともな航空戦力など存在しませんから、こちらでもシーハリアーの出番は無し。
一方対地攻撃能力においては、第一世代のシーハリアーよりも第二世代のハリアーGR.7/9が確実に勝っています。
国防予算が依然として削減されている現状ではせっかくのハリアー統合部隊も企画倒れで両手に花は無理、ならばより実効性、必要性の高い空軍ハリアーを残すという内幕ではなかったかと推測しますが実際は果たして?
計画中の新空母搭載機に米国と共同開発のF-35Bを選定。
超音速ステルスV/STOL戦闘攻撃機F-35B計画は絶賛大炎上で、昨秋発表のSDSRで英国海軍がF-35Bから米海軍型F-35Cに鞍替えを明記したのは皆様ご存知の通り。
本年限りで22型フリゲイトバッチ2が全艦退役、6隻中3隻を海外売却(ルーマニア2隻、チリ1隻)。
フォークランド戦勝の立役者であるドック型揚陸艦「フィアレス」退役。
2003年
新型DDG一番艦「デアリング」起工。
仏伊との防空艦共同開発計画から脱退した英国独自の新世代艦隊防空艦がようやく起工です。
しかしその調達数は当初の12隻から8隻へ、最終的に6隻にまで切り下げられてしまいます。
独自設計とはいえ艦隊防空システム自体は共同開発計画のものを引き継いでいて、VLSも米国のMk41ではなくシルヴァー。
従ってトマホークやSM-3は現状では物理的に運用不能であり(シルヴァーA70型はトマホークを運用可能と言われておりますが、米国が他国開発の武器システムでトマホークが運用されるのを黙って見ているのかちょっと疑問)、この辺を今後どうしていくのか要注目。
新空母の去就如何では、英国海軍水上戦闘艦へのトマホーク装備もあり得ると思うのですが、その際は米国製VLSを追加装備するのか(艦の発達余裕はどの程度を見込んでいるのか)、それともシルヴァーを撤去してVLSを米国製に全面換装するのか?
新型ドック型揚陸艦一番艦「アルビオン」就役。
1998年に就役したヘリコプター揚陸艦「オーシャン」とコンビを組む新世代の揚陸艦です。
2004年
特記事項無し
2005年
軽空母「インヴィンシブル」退役、2010年まで予備艦として保持。
有事の際には現役復帰可能なようにモスボール保存されておりましたが、その期限は延長される事なくオークションで売却という、これまたフォークランド戦勝の立役者にとって寂しい末路でした。
2006年
シー・ハリアーF/A.2退役。
これで英海軍航空隊から艦載用固定翼機は一旦全廃です。
F-35C導入で復活の予定ですけれど、これは新空母の去就如何。
英国の今後の財政状況と次期総選挙の結果次第でどう転ぶか知れたものではありません。
何しろ我が国と異なり、冷徹にあっさり切り捨てるのが英国流ですので。
またこれで軽空母搭載ハリアーは空軍機のみとなりましたが、その空軍ハリアーも昨年末に退役してしまって、現在ただ一隻残る軽空母「イラストリアス」はその存在価値を事実上失った形に。
2014年までに退役とされておりますが、存在意義の無くなった艦をあのドライな英国政府があと3年も就役させておくとは思えず、実際には相当に前倒しされて今年の年末にはイラストリアス退役という外電に接する事になるやもしれませんね。
前年及び本年に23型フリゲート計3隻が退役、チリに売却。
古い艦で艦齢16年、新しい艦で艦齢9年での退役売却です。
この3隻の早期退役は御多聞にもれず国防予算削減によるもののようですが、本級よりも22型バッチ3を退役売却したほうが・・・なんですけれど。
チリに売却するにしても、かの海軍は既にバッチ2を1隻購入して運用していますから要員訓練や補給面で都合が良いと素人は思うところです。
艦齢だってこの時点でまだ20年未満ですし。
この3隻の艦の状態が特別悪くて修理が高く付き、費用対効果が宜しくなかったなどの裏事情の故なのでしょうか?
2007年
特記事項無し。
2008年
特記事項無し。
2009年
新空母一番艦「クイーンエリザベス」起工。
新型DDG一番艦「デアリング」就役。
2010年
新型SSN一番艦「アスチュート」就役。
軽空母「インヴィンシブル」除籍、同「アークロイヤル」退役。
スイフトシュア級SSN最後の現役艦「セプター」退役。
そして本年(2011年)には、4月末までに22型バッチ3全艦(4隻)が退役。
トラファルガー級SSNは2009年末に退役した「トラファルガー」に続き「タービュレント」が退役予定。
このエントリーの翌日(2月24日)に42型DDGバッチ3の「マンチェスター」が退役予定。
バッチ2最後の現役艦「リバプール」は来年まで現役に留まるようで、マンチェスターが去りリバプールが残るのは艦のオーバーホール時期の差異によるものなのかもしれません。
一方就役艦(予定)は45型DDG2隻のみ。

これからの10年間、果たして英国海軍はどのような消長の途を辿っていくのか。
前述のように財政状況の更なる悪化と次期総選挙の結果次第では、空母計画の完全中止(2隻共海外売却)と次期新型ミサイル原潜の建造数切り下げ(例えば常時戦略パトロール実施を放棄して、場合によっては母港内からSLBMを発射する態勢をとるとか・・・それなら2~3隻建造でもなんとかなるかも!?)すら絵空事では無いように思えます。
その前段としては空母の英仏共同運用の可能性もあり(噂レベルでは色々囁かれておりますけれど)、また任務部隊に空母不在時の対地攻撃火力維持の為に上述した水上戦闘艦へのトマホーク搭載が考えられるところでしょう。
英国海軍の動静には興味が尽きないところであり、今後も個人的に目を惹くトピックスがあれば、随時書いてまいりたく存じます。

2011年2月16日 (水)

2000年の英国海軍

前回エントリー「1990年のロイヤル・ネイビー」の続きで、今回はミレニアム2000年時点の英国海軍勢力を振り返ってみます。
まず1991~2000年の英国海軍関係主要トピックスは下記の如し。

1991年
湾岸戦争(1月17日~3月3日)。
イラク沿岸の敵陣地砲撃に当たる米海軍戦艦「ウィスコンシン」の対空直衛任務中のミサイル駆逐艦「グロスター」が、飛来したイラク軍シルクワームSSMをシーダートSAMで撃墜。
これは実戦で艦載SAMがSSMを撃墜した最初の事例。
ミサイル駆逐艦「ブリストル」退役(以後停泊練習艦として使用)。
1992年
特記事項無し。
1993年
本年限りでリアンダー級フリゲイトとオベロン級通常型潜水艦が英海軍から退役。
新型SSBN一番艦「ヴァンガード」就役。
1994年
本年限りでアマゾン級フリゲイトが英海軍から退役(パキスタン海軍に売却)。
トマホーク巡航ミサイル調達計画スタート。
1995年
本年限りでアップホルダー級通常型潜水艦退役(カナダ海軍に売却)。
これにより英海軍から通常型潜水艦が姿を消す。
シーハリアーF/A.2がNATOによるボスニア紛争飛行禁止空域監視作戦で実戦初参加。
1996年
本年限りでレゾリューション級SSBN&ポラリスSLBMが退役。
「準戦略型」トライデントⅡSLBMをSSBN「ヴィクトリアス」に配備。
これは英空軍運用の戦術核爆弾退役に伴う措置で、比較的低威力の核弾頭1発だけをトライデントⅡSLBMに搭載して戦術/戦域核兵器としての役割を
持たせる事。
これによって英軍の核兵器は全てトライデントⅡに集約されました。
1997年
本年限りで22型バッチ1フリゲイトが英海軍から退役(ブラジル海軍に売却)。
1998年
新型ヘリコプター揚陸艦「オーシャン」就役。
原潜「スプレンディド」がトマホーク発射試験を実施。
1999年
ドック型揚陸艦「イントレピッド」退役。
ユーゴ空爆作戦において原潜「スプレンディド」が英海軍最初のトマホーク攻撃を実施。
仏伊と共同開発していた次期防空艦開発「ホライズン」計画から離脱。
2000年
特記事項無し。

冷戦終結、そして湾岸戦争と旧ユーゴスラビアでの一連の紛争介入によって、英国海軍は冷戦型の対潜最重視から地域紛争介入(一度放棄したはずのNATO域外への戦力投射)重視へ急激に変身を遂げます。
軽空母インヴィンシブル級は1990年代後半から順次改装を受けて航空機運用能力を拡大(代わりにシーダートSAMを撤去)して、より対地攻撃力の高い
空軍のハリアーを本格的に受け入れ可能となって潜在的航空打撃力を増大させ、またハリアー/シーハリアーよりも攻撃レンジの大きいトマホーク巡航ミサ
イルを米国から導入して攻撃型原潜に順次搭載し、陸上への火力投射を軽空母とのダブルトラックで実施可能になりました。
さらに海外への戦力投射に欠かせないコマンド部隊の新たなる移動基地としてヘリコプター揚陸艦「オーシャン」が就役して、かつてのコマンド空母退役に伴い永らく失っていた本格的な立体揚陸作戦能力を再獲得し、これで米海軍に比べれば遥かに小規模であるとはいえ、自己完結的な地域紛争介入能力確保に成功したのは流石ロイヤルネイビー、腐っても鯛(ちょっと失礼か)と言えるでしょう。
勿論、冷戦後の国防予算の削減が続く中でこのような施策を実行するからには、この原資を生み出す為に冷徹に切り捨てられる要素もあるわけで・・・。
それが対潜任務です。
浅海域での対潜戦の主役となる筈であった最新鋭通常型潜水艦アップホルダー級は、元々12隻建造予定だったのが4隻にまで切り下げられ、その4隻も
就役後数年で全艦退役という、我が国ではとても考えられない(国会で金の無駄使いと追及されて防衛相は辞任に追い込まれるでしょうね)思い切った措置をとられてカナダ海軍に売却。
従来の主力オベロン級は艦齢に達して退役し、これで水中での対潜戦全般はSSNが全てを引き受ける事に。しかしそのSSNもトマホークキャリアーとして
の新たな役割を与えられていますから、冷戦中のように対潜専従とはいきません。
対潜水上艦についても退役売却の大盤振る舞いで、艦齢に達しつつあったリアンダー級の退役は、何分主機が手間のかかる蒸気タービンでありますから仕方無い話なのではありますが、より新しい21型、さらに22型バッチ1まで海外売却という、こちらも我が国では考えられない割り切り方です・・・。

そうして迎えたミレニアム2000年の英国海軍主要戦力は以下の通り。

戦略ミサイル原潜:4隻:ヴァンガード級。戦略/準戦略核任務兼務。

攻撃型原潜:12隻:トラファルガー級7隻、スイフトシュア級5隻。トマホーク運用能力を順次付加中。

軽空母:3隻:インヴィンシブル級。航空機運用能力拡大改装を順次実施中。

ミサイル駆逐艦:11隻:42型。

フリゲイト:20隻:23型14隻、22型6隻(バッチ3x4隻、バッチ2x2隻)。

ヘリコプター揚陸艦:1隻:オーシャン。

ドック型揚陸艦:1隻:フィアレス。

1990年と比較して量的に現状維持なのは戦略ミサイル原潜と軽空母、揚陸艦。
攻撃/哨戒潜水艦は総数で約45%、攻撃型原潜に限ってみても2割減。
通常型潜水艦全廃は浅海域での水中対潜能力を切り捨てたのですから止む無しです。
攻撃型原潜は隻数を減らした代わりに、トマホーク運用能力を付与して対陸上火力投射能力を獲得させ質的に向上を見せましたからイーブンといったところ。
水上戦闘艦は約35%減で、1998年に発表された”SDR”(StrategicDefence Review)で水上戦闘艦に対する評価基準が従来とは変化して優先順位が低下した(恐らく対潜能力の重要度大幅低下と対陸上火力投射力不足)事を裏付けていると言えましょう。
何しろまだまだ若く使い出のある22型が8隻も退役しているのです。これら主要戦力合計は52隻、満載ベースの排水量合計は約36万トン。
トンベースでは1990年比10%強減。

一方海自はバブル崩壊とデフレで経済が疲弊しながら着々と質的向上が続きました。
その勢力は、
DDH: 4隻:しらね型2隻、はるな型2隻。
DDG: 9隻:こんごう型4隻、はたかぜ型2隻、たちかぜ型3隻。
 DD:28隻:むらさめ型6隻、あさぎり型8隻、はつゆき型11隻、FRAMたかつき型2隻、やまぐも型1隻。
 DE:12隻:あぶくま型6隻、ゆうばり型2隻、いしかり、ちくご型3隻。
 SS:15隻:おやしお(Ⅱ)型3隻、はるしお型6隻、ゆうしお型6隻。
LPD: 1隻:おおすみ型1隻。

護衛艦総数は53隻で、対潜ヘリ搭載(搭載可能)率約55%、アスロック搭載率約94%、SAM搭載率約75%、SSM搭載率約81%。
何より目を惹くのはイージスDDGの就役。
潜水艦は全艦ハープーンSSMを搭載し、海自史上初のドック型揚陸艦が就役。
主要勢力の隻数自体は微減しましたが満載ベースの排水量合計は約32万トンで、1990年比で約25%増。
それだけ個艦の規模(すなわち能力)が大きくなった事を如実に表しております。
英海軍との比較でも隻数では上回り排水量合計は9割近くまで接近。
対陸上投射火力では比較にならないほど劣弱(そもそもそういう能力付与は考慮外なので比較の対象にする事自体ナンセンスなのですが)ではある
ものの、洋上対潜/対空能力では互角もしくは上回るレベルに到達しています。

さて次回は英国海軍の趨勢一応の最終回、21世紀の最初の10年間の英海軍の動静について

2011年2月 9日 (水)

1990年の英国海軍

回エントリー「1980年の英国海軍」の続きで、今回は1990年時点の英国海軍勢力を振りかえってみます。
まず1981~90年の英国海軍関係主要トピックスは下記の如し。

1981年
1979年に再就役していたコマンド空母「ブルワーク」退役。
サッチャー保守党政権の財政再建政策に伴う海軍削減計画が公表される。
その主な内容は下記の通り。
1.軽空母は2隻体制に削減、完成間もない「インヴィンシブル」はオーストラリア売却。
2.ドック型揚陸艦「フィアレス」「イントレピッド」廃棄。これにより英海兵隊は事実上揚陸作戦能力を喪失。
3.駆逐艦/フリゲイトの総数を50隻に削減(1980年時点で62隻)。

1982年
フォークランド紛争(3月~6月)
英海軍主要艦艇喪失は下記の通り。
ミサイル駆逐艦「シェフィールド」:エグゾセ空対艦ミサイルによる。
同      「コヴェントリー」:アルゼンチン軍機の爆撃による。
フリゲイト  「アーデント」  :同上。
同      「アンテロープ」 :同上。

一方、攻撃型原潜「コンカラー」がアルゼンチン海軍巡洋艦「ヘネラル・ベルグラーノ」を撃沈し、史上初の原潜による実戦での艦船撃沈を記録。

また、ウィキペディア英語版によると、予備艦として保管されていたコマンド空母「ブルワーク」と対潜ヘリ巡洋艦「タイガー」「ブレイク」について、紛争勃発後に再就役の可否について調査が実施されたとの事です。
巡洋艦は主に陸上への6インチ主砲による艦砲射撃の為、ブルワークは明記されておりませんでしたが、艦の性格から見て当然ヘリによる着上陸支援の為
でしょう。
ブルワークは退役間もない事から早期の再就役が期待されたようですが、艦の状態が予想外に悪く見送り、タイガーとブレイクも紛争が比較的短期間で
終結した事で再就役はキャンセルに。
その後ブルワークは1984年に解体、ブレイクは紛争終結直後の8月に解体されましたが、タイガーはその後も保管され1986年に解体。
タイガーはフォークランドをアルゼンチン軍が再占領した場合の奪還作戦にその主砲が有用であると考えられた故の1986年までの保持と推測しますが
実際のところは如何に?

フォークランド紛争終結直後に軽空母二番艦「イラストリアス」就役。
次期SSBN(ヴァンガード級)計画開始、米国からトライデントⅡSLBM導入決定。

1983年
オーストラリアに対して売却撤回したインヴィンシブルの代替としてハーミーズをシーハリアーとセットで売却提案するも拒否される(そりゃそうだよなぁ・・・w)。
トラファルガー級攻撃型原潜一番艦「トラファルガー」就役。

1984年
英国海軍初のガスタービン推進戦闘艦であるトライバル級フリゲイト最後の現役艦「タルタル」「ズールー」退役。
なおこの両艦共に1980年に退役後保管中にフォークランド紛争勃発の為再就役という経緯がありました。
両艦の退役(インドネシアに売却)後に英国海軍に残るトライバル級は81年以来停泊訓練艦として使用されている「アシャンティ」のみに(1988年標的処分)。

1985年
インヴィンシブル級軽空母三番艦「アークロイヤル」就役。
英国海軍最後の中型空母「ハーミーズ」退役。
英国海軍戦後計画のフリゲイト第一号・ホイットビィ級最後の現役艦「トーキー」退役。

1986年
「ハーミーズ」インドに売却。インド海軍空母「ヴィラード」として就役。
次期SSBN一番艦「ヴァンガード」起工。
英国海軍最後の巡洋艦「タイガー」解体。

1987年
英国海軍最初のミサイル駆逐艦・カウンティ級最後の現役艦「ファイフ」「グラモーガン」退役(両艦共チリに売却)。

1988年
シーハリアーF/A.2の1号機(FRS.1の改修)初飛行。

1989年
マルタ島での米ソ首脳会談で「冷戦終結」宣言(12月)。

1990年
23型フリゲイト一番艦「ノーフォーク」就役。
アップホルダー級通常型潜水艦一番艦「アップホルダー」就役。
イラク軍がクウェートに侵攻、湾岸危機勃発(8月~)。

70年代半ば以降、主に北大西洋での対潜能力充実に専心していた英海軍でしたが、実際に直面した二度の危機はいずれも冷戦構造とは無関係の領土奪回と地域紛争への介入だったのは皮肉な話です。
広大な大洋での原潜相手の高度な対潜能力は出る幕も無し。
財政難から切り捨てられた能力が実際には必要なものだった・・・勿論対ソ抑止力の一環としての対潜能力はそれなりに有用だったとは思いますが・・・。
私如きが今更述べるまでもなく、フォークランド紛争については艦隊空母とコマンド空母、巡洋艦を有する10年前の艦隊が健在であれば生起しなかった
のでは?と思わずにはおれません。
無い袖は振れないのはわかりますが、遠隔の地に海外領土を有し、且つその領土返還を主張する国が近代的軍事力を備えているとなれば最小限の備えは必要でしょうに。貧すれば鈍す・・・全てコレに尽きますかな。

フォークランドでの勝利とそれを踏まえての海軍力削減計画見直し、冷戦緩和から終結へ、そしてポスト冷戦時代の新しい危機。
危機勃発当時1990年時点での英国海軍主要戦力は以下の通り。

戦略ミサイル原潜:4隻:レゾリューション級。後継の次期SSBN計画
進行中。

攻撃型原潜:15隻:トラファルガー級6隻、スイフトシュア級6隻、
チャーチル級2隻、ヴァリアント級1隻。

通常型潜:7隻:アップホルダー級1隻、オベロン級6隻。

軽空母:3隻:インヴィンシブル級3隻。

ミサイル駆逐艦:13隻:42型12隻、ブリストル。

フリゲイト:35隻:23型1隻、22型14隻、21型6隻、
リアンダー級14隻。

ドック型揚陸艦:2隻:フィアレス級。

ミサイル駆逐艦とフリゲイトは合計48隻で、81年に公表された削減計画の数値目標50隻を割り込んでしまっています。
勿論質的には、戦後第一世代が完全に姿を消し、第二世代も漸減して第三世代が戦力の中核となり、エリアディフェンスはシーダートSAMで統一され、フリゲイトは全艦対潜ヘリを搭載し、対艦ミサイル防御力の高いシー・ウルフ短SAMも35隻中20隻に搭載されるなど強化充実は間断なく進められてはおりますけれど・・・。
一方攻撃型原潜の増強は、対潜能力を海上哨戒機と潜水艦(特に原潜)で強化するという81年の方針に即したものになっていますが、大陸棚など浅
海域での対潜戦の主役となるべき新型通常潜アップホルダー級は当初12隻整備の予定が4隻に値切られてしまっています。
結局削減計画で見直されたのは軽空母とドック型揚陸艦の削減廃棄の撤回のみです。
主要戦闘艦総数は79隻で満載排水量ベースで41万トン弱。
トンベースでは1980年比10%弱減になります。

英国海軍はこのように80年代も長期低落傾向が続きましたが、それと対照的なのが海自戦力の充実ぶり。
1990年時点の勢力は下記の如し。

DDH: 4隻:しらね型2隻、はるな型2隻(FRAM済み)。
DDG: 6隻:はたかぜ型2隻、たちかぜ型3隻、あまつかぜ。
DD :32隻:あさぎり型7隻、はつゆき型12隻、みねぐも型3隻、たかつき型4隻(2隻FRAM済み)、やまぐも型6隻。
DE :16隻:あぶくま型2隻、ゆうばり型2隻、いしかり、ちくご型11隻。
SS :14隻:はるしお型1隻、ゆうしお型10隻、うずしお型3隻。

護衛艦総数は58隻で、対潜ヘリ搭載率約40%、アスロック搭載率約95%、SAM搭載率約53%、SSM搭載率50%。
旧式艦の更新が順調に進んで量的に漸増、質的には大幅な向上が見られます。
無論当時は兎に角対潜能力の強化、それに付随する形で(西側スタンダード仕様に忠実に従っただけですが)対空、対艦能力の向上であって、英海軍に
未だ健在な海外への戦力投射能力などは影も形も存在しませんしそもそも思考の埒外なわけですが。
単純に満載排水量ベースで言えば、海自の前述72隻は26万トン弱で、10年前比で約50%強の増。対英国海軍比は約6割。
10年前の対英国海軍比は4割でしたから、英国海軍の勢力低下以上にこの10年間の海自の増強ぶりが相当のペースだった事がよく理解できます。
もっとも、この時期にご主人様(米国)に誉められようと全力で頑張っちゃったお陰で、財政難が深刻化する一方の今日その更新が間々ならないというツケが
回ってきてしまっているのは諸兄よくご存じの通り。

さて次回はミレニアム2000年の英国海軍の回顧です。

2011年2月 2日 (水)

1980年の英国海軍

前回エントリー「1970年の英国海軍」の続きで、今回は1980年時点の英国海軍勢力を振り返ってみます。
まず1971~80年の英国海軍関係主要トピックスは下記の如し。

1971年
最後の中型空母「ハーミーズ」のコマンド空母化改装開始。
シンガポールを根拠地とした英国海軍唯一の海外派遣艦隊である極東艦隊解散。
1972年
空母「イーグル」、コマンド空母「アルビオン」、対空巡洋艦「ライオン」退役。
対空巡洋艦「タイガー」、対潜ヘリ巡洋艦への改装を終え再就役。
イーグル退役に伴い、遷音速全天候艦戦シーヴィクセン退役。
1973年
空母「ハーミーズ」、コマンド空母への改装を終え再就役。
新型SAM・シーダートを装備した大型ミサイル駆逐艦「ブリストル」就役。
英国海軍第二世代の攻撃型原潜「スイフトシュア」級一番艦「スイフトシュア」就役。
1974年
英国海軍初のオールガスタービン推進フリゲイト21型一番艦「アマゾン」就役。
最後の戦時計画型潜水艦「アンドリュー」(A級)退役。
1975年
シーダートSAMを装備する42型ミサイル駆逐艦一番艦「シェフィールド」就役。
1976年
コマンド空母「ブルワーク」退役。
1978
英国海軍唯一の艦隊空母「アークロイヤル」、地中海ラストクルーズを終える
(11月)。
英国海軍最後のファントム飛行隊No.892sqnとバッカニア飛行隊No.892sqn閉隊(12月)。
対潜ヘリ巡洋艦「タイガー」退役。
V/STOL戦闘攻撃機シーハリアー量産型1号機初飛行。
1979年
「アークロイヤル」退役(2月)。
22型フリゲイト一番艦「ブロードソード」就役。
コマンド空母「ブルワーク」再就役。
英国海軍最後の対潜ヘリ巡洋艦「ブレイク」退役。
1980年
軽空母「インヴィンシブル」就役。
初のシーハリアー実戦飛行隊No.800sqn編成される。

2隻の艦隊空母イーグルとアークロイヤルの退役、スエズ以東からの軍事力撤退実行によって大英帝国時代の最後の残光も消え、ソビエト原潜を仮想敵
として対潜戦にその役割を完全にシフトした時代の英国海軍。
この10年間の変遷はまさにドラスティックの一言。
オールドネイビーの殻を脱ぎ捨て脱皮したニューネイビーはシーハリアーやシーダートSAM、シーウルフ短SAM、スキージャンプ甲板を備えた軽空母や
強力な対潜フリゲイトや新型攻撃原潜と、より軽快なフットワークが身上でしょうか。
この辺りの割り切り方は我々日本人にはなかなか真似の出来ない英国人気質の真骨頂であります、両国民共に基本は保守的で伝統墨守だと思うのですがね。

そんな英国海軍1980年時点での主要戦力は下記の通り。

戦略ミサイル原潜4隻:レゾソリューション級。

攻撃型原潜:12隻:スイフトシュア級6隻、チャーチル級3隻、
ヴァリアント級2隻、ドレッドノート。

ディーゼル潜:17隻:オベロン級13隻、ポーパス級4隻。

軽空母:2隻:インヴィンシブル、ハーミーズ。

コマンド空母:1隻:ブルワーク。

ウィキペディア英語版によると、1976年に退役し予備艦になっていたブルワークはペルーとの売却商談が進められたものの結局破談。
その後インヴィンシブルの就役遅延に伴いピンチヒッターとして1979年初頭に再就役。インヴィンシブルが戦力化した1981年春に再び退役し予備
艦になったそうです。
南米といえばABC三大国と言われるブラジルとアルゼンチンは当時各1隻ずつ英国製マジェスティック級軽空母を保有し、アルゼンチンとチリは米国製
ブルックリン級大型軽巡を保有。
それら三国に次ぐ南米第四の国・ペルーも、オランダ海軍から購入した一万トン級巡洋艦アルミランテ・グラウとアギレを保有しておりましたが、更なる国威
発揚に役立つ大型軍艦が欲しかったのでしょうか?
しかし、ブルワークの売却商談が行なわれていたと思われる1976~78年当時のペルーは軍政下そして経済不振で、中古とはいえあのような大型軍艦を購入する余裕は無かったと推察されますが・・・やはり国威発揚の先走りなんですかねぇ。
ただ純粋に想像してみれば、売却されペルー軍艦となったブルワークがどのような使われ方をされたのか実に興味深いのです。
素直にヘリコプタ強襲艦として周辺諸国への戦力投射の睨みを効かせたのか、はたまたカタパルトとアレスティングギアの再装備を行い、米国から中古の
A-4を購入して空母として運用するつもりだったのか?
元々ブラジルやアルゼンチンの空母に比べてより艦隊空母に近い性能・大きさの艦ですから、実際に空母として運用を始めたら特に同じ太平洋岸のアルゼンチンは焦ったかもしれませんね。

ミサイル駆逐艦:13隻:42型(バッチ1)7隻、ブリストル、カウンティ級5隻。

英国海軍初の本格的艦隊防空ミサイル艦として鳴り物入りでデビューしたカウンティ級も、主兵装シースラグSAMの性能不足と乗組員の多さやCOSAGの
維持コストの高さなどから費用対効果に乏しく、国防予算削減に伴ってバッチ1に属する艦が早くも3隻退役を余儀なくされています。

フリゲイト:49隻:22型(バッチ1)2隻、アマゾン級8隻、リアンダー級26隻、ロスシー級8隻、トライバル級3隻、ホイットビィ級2隻。

1950年代にはいくつかのタイプが同時に建造されて任務の相互補完に当たっていた英国海軍フリゲイト群も、汎用艦的な性格のリアンダー級において一応の収斂が成されて以後はこの路線で整備が進められております。
アマゾン級は抗堪性の低さや発達余裕の無さからリアンダー級ほどの評価は得られませんでしたが、当時最新の22型はアマゾン級で不評だった点を克服
した高性能の対潜フリゲイトに仕上がっていました。

ドック型揚陸艦:2隻:フィアレス級。

この他に予備艦として対潜ヘリ巡洋艦タイガーとブレイクを維持。

この時点での英国海軍主要戦闘艦艇(空母、潜水艦、水上戦闘艦、ドック型揚陸艦)は合計100隻で満載排水量は約45万トン。10年前と比較して16
~19隻、約7万トン減で、以外と削減幅が小さいのです。
艦隊空母や巡洋艦は姿を消してしまったものの、潜水艦は大して数を減らしておらずまた原潜増により排水量ベースではむしろ増加、駆逐艦/フリゲイトに関しては数こそ10隻以上減らしているものの新造艦は退役艦に比べて排水量がかなり大きく、こちらも排水量ベースでは大きな減少になっていないのが大きな要因でしょう。

さてこの時期の我が海自の勢力は下記の如し。

DDH:3隻:しらね型1隻、はるな型2隻。
DDG:3隻:たちかぜ型2隻、あまつかぜ。
アスロック搭載DD/DE:24隻:やまぐも型6隻、みねぐも型3隻、
たかつき型4隻、DEちくご型11隻。
アスロック非搭載DD/DE:16隻:あきづき型2隻、むらさめ型3隻、あやなみ型7隻、DEいすず型4隻。
SS:13隻:涙滴型8隻(ゆうしお型1隻、うずしお型7隻)、在来船型5隻(あさしお型4隻、おおしお)。

護衛艦はアスロック搭載率が6割を越え、大型対潜ヘリHSS-2ヘリを3機搭載するDDHと涙滴型潜水艦は10年前には全く無かった新装備。
DDGはSAMシステムをターターDシステムにアップグレードして経空脅威に対する対処能力が大幅に向上。
対空、対潜に限れば10年前と比べれて大きな進歩です。
英国海軍との比較でも、主要戦闘艦艇に限定すれば隻数で100対59、満載トン数で約45万トン対約17万トン。
英国海軍は10年前には海自の概ね4倍以上の勢力でしたが、この時点では2.5倍程度でその差は確実に縮まっているのが実感出来ます。
勿論これは単なる隻数と排水量ベースの話であって、攻撃型原潜とシーハリアー搭載軽空母及びコマンド空母/ドック型揚陸艦による戦力投射能力、
艦隊の長期の洋上展開を支える補給艦など後方支援艦艇はなお隔絶した差があって、トータルでの彼我の戦闘実力に大差があるのは皆様ご存じの
通りです。

そして80年代に入ってすぐに打ち出された更なる海軍力削減方針、その只中で生起したフォークランド紛争を経て冷戦終結を見た1990年は次回にて。

より以前の記事一覧

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

にほんブログ村 その他趣味ブログ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ