最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月の記事

2020年12月26日 (土)

2000年代後半のイギリス空軍(RAF)とイギリス海軍航空隊(FAA)

今回は前回「2000年代前半のイギリス空軍(RAF)とイギリス海軍航空隊(FAA)」に引き続いて、2000年代後半のイギリス空軍(RAF)とイギリス海軍航空隊(FAA)についてです。
これまで同様に、英語版ウィキペディアや英語のサイト「ウイングアビエーション」、雑誌「世界の傑作機」などを参考に纏めてみました。

第二次大戦後のイギリス空軍(RAF)及びイギリス海軍航空隊(FAA)の連載記事の一覧表はこちらへ

ではまず、2006年末時点におけるRAFの戦力概要について。

戦闘機飛行隊:推定4個:
ユーロファイター・タイフーンF.2飛行隊 x 1個(No3飛行隊)
パナピア・トーネードADV(F.3)飛行隊 x 3個(No25. 43. 111.の各飛行隊)

トーネードADVに代わる待望の新型戦闘機タイフーンは、2002年9月に同機の運用評価及び予備飛行隊のNo17が再編、翌2003年には作戦転換兼予備飛行隊のNo29が再編されています。
タイフーン最初の実戦飛行隊No3は2006年4月に再編されていますが、当時の装備機は空対空戦闘能力のみのF.2でした。
タイフーンF.2装備のNo3飛行隊は2007年6月からイギリス本土において緊急発進任務に就いていて、同機の戦力化が軌道に乗り始めています。
2007年3月にはタイフーン装備の二個目の部隊であるNo11飛行隊が再編されていて、この部隊は2008年7月にマルチロール飛行隊として宣言されています。
タイフーンのマルチロールタイプはFGA.4なので、この時点でFGA.4の一応の戦力化ということになるのかどうか。
2009年後半にはフォークランド防衛任務に就くNo1435小隊が装備機をトーネードF.3からタイフーンFGA.4に改編しています。

タイフーンへの置き換えが始まったトーネードF.3は2006年末時点で実戦三個飛行隊と作戦転換兼予備部隊のNo56飛行隊、そしてフォークランド防衛用のNo1435小隊ですが、この小隊は前述のように2009年後半にタイフーン装備に変わっています。
この後、作戦転換用のNo56飛行隊が2008年4月に解散したことでトーネードADVはいよいよ本格的な減勢体制に移行し、No25飛行隊は2008年5月、No43飛行隊は2009年6月にそれぞれ解散。
2000年代末には唯一No111飛行隊が残るのみとなりました。

攻撃機飛行隊:推定10個:
パナピア・トーネードIDS(GR.4)飛行隊 x 7個(No2. 9. 12. 13. 14. 31. 617.の各飛行隊)、SEPECAT ジャガーGR.3飛行隊 x 1個(No6飛行隊)、BAE・ハリアーGR.7/9飛行隊 x 2個(No1. 4. の各飛行隊)

RAFストライクコマンドの航空打撃力の主柱であるトーネード攻撃機は、夜間攻撃能力向上を初めとした大規模アップグレード型のGR.4への改装が終了しています。
しかしタイフーンのマルチロールタイプFGA.4の配備開始に伴って、トーネードIDSの部隊もいよいよ減勢が始まって2011年5月にNo13飛行隊、6月にNo14飛行隊が解散して同機の実戦飛行隊もいよいよ片手で数えられる数になってしまいました。
なおトーネードIDS装備の部隊としては、他に作戦転換及び予備飛行隊のNo15があります。

1970年代半ばから実戦配備されていた英仏共同開発のジャガー攻撃機はついに最後の時を迎えていて、同機装備の最後の飛行隊No6が2007年5月に解散し、RAFにおけるジャガーの運用にピリオドが打たれました。

2000年からRAFのNo3グループの指揮下でFAAのシーハリアー飛行隊との統合運用が行われていたRAFのハリアーⅡ飛行隊は、No3飛行隊が2006年にタイフーン戦闘機への機種改編を実施したことで実戦二個飛行隊と作戦転換兼予備飛行隊一個(No20)の体制に変わっています。
これらハリアーⅡ部隊は2018年まで運用する計画だったようですが、イギリスの国防戦略の大幅見直しの嵐に巻き込まれる形で早期退役が決定。
作戦転換部隊のNo20飛行隊と実戦部隊のNo4飛行隊が2010年3月に解散して、No4飛行隊はすぐにハリアーの作戦転換及び予備飛行隊として再編されます。
これでRAFのハリアー実戦飛行隊はNo1飛行隊のみとなり、2011年1月にNo4飛行隊と共に解散。
これでRAFにおけるハリアー運用にピリオドが打たれたのでした。

偵察飛行隊:推定0個:
長期に渡って高高度偵察/電子偵察任務に就いていた古強者のイングリッシュ・エレクトリック・キャンベラPR.9を運用するNo39飛行隊は2006年7月に解散。
1950年代前半から続いていたキャンベラ・ファミリーのRAFにおける運用にもついにピリオドが打たれたのでした。

早期警戒管制飛行隊:推定1個:
ボーイング・セントリーAEW.1飛行隊 x 1個(No8飛行隊)

戦術輸送飛行隊: 推定5個:
C-17A グローブマスターIII飛行隊 x 1個(No99飛行隊)
ロッキード・ハーキュリーズ飛行隊 x 4個(No24. 30. 47. 70.の各飛行隊)

縮小していく一方のRAFにおいて唯一増強されているのが戦術輸送機の分野で、2002年に就役した最新鋭輸送機のC-17と新型のC.4及びC.5への改編が進むハーキュリーズ飛行隊の計五個飛行隊が任務に就いています。
しかしそれもつかの間、2010年9月にはハーキュリーズ装備のNo70飛行隊が解散して、戦術輸送飛行隊は四個になっています。

戦術輸送ヘリコプター飛行隊:3個:
ボーイング・チヌークHC.2飛行隊 x 3個(No7. 18. 27.の各飛行隊)
No7飛行隊が2001年4月に編成されたイギリス陸軍との合同部隊「合同特殊作戦航空団」(JSFAW)の指揮下に入っているのはこれまでと同様です。
戦術輸送任務を帯びるヘリコプター部隊としては他に、フォークランド駐留でチヌークと捜索救難型シーキングの混成編成のNo78飛行隊とマーリンHC.3装備のNo28飛行隊が存在しましたが、No78飛行隊は2007年にフォークランド駐留の任を解かれてイギリス本国に帰還して装備機材をマーリンHC.3に更新しています。

海上哨戒飛行隊:推定2個:
BAE・ニムロッドMR.2飛行隊 x 2個(No120. 201. の各飛行隊)
ニムロッド飛行隊は他に作戦転換部隊のNo42飛行隊が存在します。
ニムロッドのMR.2からMRA.4への大規模アップグレード計画は、中古機の改造に付き物の機齢の余命と改造経費を再検討した結果、2010年10月に計画中止になってしまいました。
電子機器にもエンジンにも主翼にも大胆に手を入れて今なお現役の米空軍のB-52爆撃機のようにはいかなかったのですな。

空中給油飛行隊:2個:
ロッキード・トライスターKC.1/K.1装備のNo216飛行隊、ヴィッカース・VC10K装備のNo101飛行隊

一方、2006年末時点におけるイギリス海軍航空隊(FAA)の800番台実戦飛行隊の概要です。

戦闘攻撃飛行隊 x 1個:
BAE・ハリアーGR.9飛行隊 x 1個(No800飛行隊)

シーハリアーFA.2装備の最後の飛行隊No801が2006年3月に解散して、ついにシーハリアーのFAAにおける運用にピリオドが打たれた一方で、2004年春に解散したNo800飛行隊はこの年の3月にハリアーGR.9装備の飛行隊として再編されています。
ハリアーからタイフーンに改編したRAFのNo3飛行隊から機材を譲られた形の再編です。
解散したNo801飛行隊も当初の予定ではNo800と同様にハリアーⅡ飛行隊として再編の予定でしたけれど、主に人員不足が原因で実施できず要員はNo800に移籍しています。
この措置でNo800飛行隊はその規模を拡大し、RAFのハリアー飛行隊二個と共に「海軍攻撃航空団」(NSW)を編成しています。
このNSWがイギリス海軍の空母に展開するのですが、国防戦略の大幅見直しでRAFとFAAのハリアー部隊は予定よりも8年も早い2010年中の解散が決まってしまいます。
結局、FAAのハリアー部隊No800は2010年後半に解散、RAFのハリアー部隊も2011年1月に解散してイギリス海軍のインヴィンシブル級空母の艦上から固定翼機が姿を消してしまったのです。

多用途ヘリコプター飛行隊 x 5個:
アグスタウェストランド・マーリンHM.1飛行隊 x 4個(No814. 820. 824. 829.の各飛行隊)
ウェストランド・リンクスHAS飛行隊 x 1個(No815飛行隊)

マーリン多用途ヘリコプターの実戦飛行隊3個(No814と820、829)及び作戦転換飛行隊1個(No824)とリンクス装備のNo815飛行隊の体制には変化無しです。

早期警戒ヘリコプター飛行隊 x 3個:
ウェストランド・シーキングAEW飛行隊 x 1個(No849、854、857の各飛行隊)

シーキングAEW飛行隊は2006年12月にNo854とNo857飛行隊が新編されていますが、これはNo849飛行隊を構成する三個の飛行小隊の内二個小隊が独立して飛行隊に格上げになったものです。
部隊管理上の問題なのか空母展開に関する戦術的問題なのか、この措置はよくわからないところなのです。

輸送ヘリコプター飛行隊 x 2個:
ウェストランド・シーキングHC飛行隊 x 2個(No845とNo846飛行隊)

武装偵察・軽輸送飛行隊 x 1個:
ウェストランド・リンクスAHとガゼルの混成部隊No847飛行隊

コマンドー部隊を支援するこれら三個飛行隊は従来通りの編成です。

次回は最終回「2010年代のイギリス空軍(RAF)とイギリス海軍航空隊(FAA)」です、ではまた。

2020年12月13日 (日)

2000年代前半のイギリス空軍(RAF)とイギリス海軍航空隊(FAA)

今回は前回「1990年代のイギリス海軍航空隊(FAA)」に引き続いて、2000年代前半のイギリス空軍(RAF)とイギリス海軍航空隊(FAA)についてです。
これまで同様に、英語版ウィキペディアや英語のサイト「ウイングアビエーション」、雑誌「世界の傑作機」などを参考に纏めてみました。

第二次大戦後のイギリス空軍(RAF)及びイギリス海軍航空隊(FAA)の連載記事の一覧表はこちらへ

ではまず、2001年末時点におけるRAFの戦力概要について。

戦闘機飛行隊:推定5個:
パナピア・トーネードADV(F.3)飛行隊 x 5個(No5. 11. 25. 43. 111.の各飛行隊)

イギリス空軍の戦闘機戦力を一手に担う可変翼機のパナピア・トーネードF.3飛行隊は1998年秋にNo29飛行隊が解散したことで5個飛行隊に減勢して21世紀を迎えています。
これらトーネードADV飛行隊は1999年まではかつてのファイター・コマンド(戦闘機軍団)の後身であるNo11/18グループの指揮下にありましたけれど、2000年に実施されたRAFの機構改革でNo1グループ(かつての爆撃機軍団の後身)に移籍しています。
後述のトーネードIDSとジャガーの諸部隊もこのグループの所属になっています。
なお、トーネードF.3装備部隊としては他に作戦転換及び予備飛行隊としてNo56、フォークランド防衛用としてNo1435フライトがあります。
実戦五個飛行隊のうちNo5飛行隊は2003年初頭、No11飛行隊は2005年秋にそれぞれ解散していて、迎撃戦闘飛行隊はとうとう片手で余る数にまで減ってしまいました・・・。
イラク南部の飛行禁止空域の監視任務に就いていた時、共に任務に就いている米空軍のF-15やF-16との機動性の差を痛感させられたというトーネードF.3の機材更新が急がれるところですけれど、イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン共同開発の次世代主力戦闘機のタイフーンは、2001年末時点では実戦部隊や作戦転換部隊はおろか、運用評価部隊さえまだ立ち上がっていない状態でした。

攻撃機飛行隊:推定13個:
パナピア・トーネードIDS(GR.1もしくはGR.4)飛行隊 x 7個(No2. 9. 12. 13. 14. 31. 617.の各飛行隊)
SEPECAT ジャガーGR.3飛行隊 x 3個(No6. 41. 54. の各飛行隊)
BAEハリアーGR.7飛行隊 x 3個(No1. 3. 4. の各飛行隊)

RAFストライクコマンドの航空打撃力の中核であるトーネード攻撃機は大幅なアップグレードを施したGR.4への改装が1996年から2003年まで実施されていて、2001年末時点では多くの飛行隊がGR.4を装備しているものと思われます。
またこの年の9月にドイツ駐留のトーネード飛行隊がイギリス本国への撤収を完了していて、戦後ずっと続いていたRAF実戦飛行隊のドイツ駐留任務はこれで終幕となりました。
なおトーネード攻撃機運用部隊としては、同機の作戦転換及び予備飛行隊のNo15が存在します。

1974年秋から実戦配備されているジャガー攻撃機は湾岸戦争後にアップグレード改修を受けたGR.3実戦飛行隊が三個、作戦転換及び予備のNo16飛行隊が健在です。
しかしジャガー飛行隊はこの後、国防費削減で真先に削減対象とされてしまってNo16とNo54飛行隊が2005年3月に解散しています。

アメリカが独自に発展させた新世代のハリアーⅡをイギリスが逆輸入する形で導入したハリアーGR.7は、実戦三個飛行隊と作戦転換及び予備のNo20飛行隊に配備中です。
この時期のRAFハリアー部隊はFAAのシーハリアー部隊をRAFストライクコマンド隷下のNo3グループ(2000年に復活再編)の指揮下で運用する「ハリアー統合部隊」(JFH)に所属していて、イギリス海軍の空母に展開するようになっていました。

偵察飛行隊:推定1個:
イングリッシュ・エレクトリック・キャンベラPR.9飛行隊 x 1個(No39飛行隊)

早期警戒管制飛行隊:推定1個:
ボーイング・セントリーAEW.1飛行隊 x 1個(No8飛行隊)

戦術輸送飛行隊: 推定4個:
ロッキード・ハーキュリーズ飛行隊 x 4個(No24. 30. 47. 70.の各飛行隊)

これまでRAFに配備されていたハーキュリーズ輸送機はC.1及びC.3でしたが、2000年から新世代のC.4(C-130J-50)とC.5(C-130J)の配備が始まっています。
RAFの戦術輸送フリートはさらに2002年にC-17A グローブマスターIII 装備のNo99飛行隊が再編されていて、グローバルな輸送能力の強化が図られています。
なお、RAFの輸送機、空中給油機、早期警戒管制機の諸部隊は2000年に復活再編されたNo2グループの所属になっています。
これでRAF実戦部隊は、
No1グループ(戦闘機及び攻撃機、海上哨戒機)、No2グループ(輸送機、空中給油機、空中早期警戒機)、No3グループ(海軍と合同のハリアー統合部隊)
この三個グループに纏められています。

戦術輸送ヘリコプター飛行隊:3個:
ボーイング・チヌークHC.2飛行隊 x 3個(No7. 18. 27.の各飛行隊)
No7飛行隊は2001年4月に編成されたイギリス陸軍との合同部隊「合同特殊作戦航空団」(JSFAW)の指揮下に入っています。
この航空団はイギリス陸軍のNo657飛行隊(リンクスヘリコプター装備)と共に特殊部隊の作戦支援に当るものです。
なお、戦術輸送任務を帯びるヘリコプター部隊としては他に、1986年以来フォークランドに駐留するNo78飛行隊(チヌークと捜索救難用シーキングの混成部隊)と2001年7月にアグスタウェストランド・マーリンHC.3装備で再編されたNo28飛行隊が存在します。

海上哨戒飛行隊:推定3個:
BAE・ニムロッドMR.2飛行隊 x 3個(No120. 201. 206.の各飛行隊)
ニムロッド飛行隊は他に作戦転換部隊のNo42飛行隊が存在します。
この後、2005年にNo206飛行隊が解散しています。
この当時、ニムロッドはMR.2からMRA.4への大規模アップグレード計画が進行中でしたけれど、国防費削減の逆風でこの計画にも暗雲が立ち込めていたのでした。

空中給油飛行隊:2個:
ロッキード・トライスターKC.1/K.1装備のNo216飛行隊、ヴィッカース・VC10K装備のNo101飛行隊

一方、2001年末時点におけるイギリス海軍航空隊(FAA)の800番台実戦飛行隊の概要です。

戦闘攻撃飛行隊 x 3個:
BAE・シーハリアーFA.2飛行隊 x 3個(No800. 801. 899.の各飛行隊)

実戦飛行隊2個(No800と801)と作戦転換飛行隊1個(No899)の体制は従来通りです。
先述したように、FAAのシーハリアー実戦飛行隊2個とRAFのハリアーⅡ実戦飛行隊はRAFのNo3グループ「ハリアー統合部隊」の所属になっていて、イギリス海軍のインヴィンシブル級空母に随時展開しています。
防空と制空はパルスドップラーレーダーFCSを装備して視程外空対空戦闘能力を持つシーハリアー、対地攻撃は兵装搭載力と戦闘行動半径でシーハリアーよりも優れたハリアーⅡによって実施される小規模ながら充実した戦力構成になっていたのですが、シーハリアーは気温の高い中東海域での作戦に最適化させる為のエンジン換装計画がコスト高により中止されてしまい、国防費削減の逆風もあって当初の退役予定を6年も前倒しした2006年3月をもって退役する事が決定されてしまいました。
この決定に伴って、No800飛行隊は2004年3月に解散しています。
作戦転換部隊のNo899飛行隊も2005年3月に解散していて、シーハリアーの余命もあと僅かとなりました。
またこれらシーハリアー部隊が展開するイギリス海軍のインヴィンシブル級空母も、一番艦「インヴィンシブル」が2005年に予備艦となりました。

多用途ヘリコプター飛行隊 x 4個:
アグスタウェストランド・マーリンHM.1飛行隊 x 3個(No814. 820. 824.の各飛行隊)
ウェストランド・リンクスHAS飛行隊 x 1個(No815飛行隊)

長年に渡ってFAAで軍務に勤しんできたシーキングヘリコプターもいよいよ更新が開始されて、対潜任務用のシーキングHASを装備するNo810とNo819飛行隊が2001年末までに解散。
シーキングの後継機であるアグスタウェストランド・マーリンヘリコプターの多用途型HM.1の作戦転換飛行隊No824が2000年6月に再編され、実戦用のNo814とNo820飛行隊が2001年秋に相次いで再編されています。
これら施策によって、対潜型シーキングは2001年秋にFAAから退きました。
なお、マーリン装備飛行隊はこの後、No829が2004年10月に再編されてマーリン実戦飛行隊は三個になっています。
駆逐艦やフリゲートに展開する小型のリンクスヘリコプターについては今までと同じ体制です。

早期警戒ヘリコプター飛行隊 x 1個:
ウェストランド・シーキングAEW飛行隊 x 1個(No849飛行隊)

輸送ヘリコプター飛行隊 x 2個:
ウェストランド・シーキングHC飛行隊 x 2個(No845とNo846飛行隊)

前述のように対潜任務からは退いたシーキングですが、早期警戒任務と輸送任務ではまだまだ健在です。

武装偵察・軽輸送飛行隊 x 1個:
ウェストランド・リンクスAHとガゼルの混成部隊No847飛行隊

この部隊はコマンドー部隊の直接支援用で、元々はコマンドー飛行隊であったものを1995年にFAAに移籍したものです。

次回は「2000年代後半のイギリス空軍(RAF)とイギリス海軍航空隊(FAA)」です、ではまた。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー