最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 保内駅(信越本線) | トップページ | 越後水沢駅(飯山線) »

2012年1月15日 (日)

海賊戦隊ゴーカイジャー第46話「ヒーロー合格」をヒロイン目当てで見る

さて、今回の海賊戦隊ゴーカイジャー第46話「ヒーロー合格」、前回の「慌てん防忍者」同様に一縷の望みを持って本日を迎えましたが、やっぱり花のくノ一組は出ませんでしたなぁ・・・。
バスコが、「カクレンジャーの大いなる力はゲットしてないけど、こういうのならあるんだよねぇ~♪」
と、ラッパをぷーぷーと吹くと、バトルスーツ姿のくノ一組の五人が!
・・・なんて画を妄想してました。
配役は橋本恵子さん、神尾直子さん、五味涼子さん、大林勝さん、藤田慧さんあたりで。
女性あり女形ありで二度美味しいでんがな!!!
しかしそんな妄想も今回でオシマイ、まぁ敵役まで再現なんてしたら、お金が幾らあっても足りないでしょうしねぇ。
歴代戦隊のスーツ修理&新造で二億円もかかったなんて話も聞きますし。

ゴーカイピンク対ゴーカイグリーンとゴーカイシルバー
今回はヒロインピンチ、略してヒロピンファンの方お待ちかねの一作でした。
敵の力でワルい子になったドンさんと鎧が大喧嘩。
間に入って喧嘩をやめさせようとするアイムに、
「ピンクテメェ放せ!」(ドンさん談)
「カマトトぶってんちゃうぞゴラァ!」(鎧談)
そして二人にボコボコにされるゴーカイピンク。
ヒロインがヒーローにボコられるって前代未聞じゃないの?
そしてこの二人、素の普段はこういう喋り方なんじゃないかと思ってしまう程、セリフ以上のナニかを感じる剣呑さでございました。
しかし仮にも子供番組で「カマトト」なんてセリフが聞けるとはw。
それも日曜の朝もはよから。
「パパァ、ママァ、カマトトってなーに?」とお子さんに尋ねられて、どう説明しようか困り果てる親御さん多数かと存じますな。
明日の幼稚園では先生に向かって「カマトト!」と暴言を吐くいたいけな園児多数の予感。

サンバルカンにゴーカイチェンジ
本日のゴーカイチェンジその一、マベちゃん、ジョー、ルカはサンバルカンに
チェンジ。
・・・本日のイエローはなんかゴツく感じましたなぁ。
動きもいつもの蜂須賀祐一さんの動きとはちょっと違うよーな?
気のせいかなぁ。

カクレンジャーにゴーカイチェンジ
本日のゴーカイチェンジその二・カクレンジャーにチェンジ。
・・・やっぱりイエローがゴツいよーな?
ピンクとの体格差ってこんなにあったっけか?

誰が演じているのか定かでないゴーカイピンク
ゴーカイピンクも、いつもより巨乳なよーな気もしますが!?
野川瑞穂さんだったり神尾直子さんだったり他の方だったりとか、場面によって演者が違っているのかな?
下面もいつもよりユルいような気がしますけど、細い喉がよく動いていて、現場ではマスクの下からくぐもったお声がよく聞こえるのだろうと
妄想の一助となり実に有難いのです。

本日の隠れた目玉はインサーン役の大林勝さんが顔出しで出演。
ワルい子になって家電店から万引きするリーマン役です。
普段あんな妖艶な演技してる方が、万引き逆ギレしてるよ・・・。
大林さんはイケメンで声も声優向きなので、妖艶なヒロイン女形良し男の敵役良し、ふざけたバカ怪人も良し(ご自分で声も当てるのですよ、ボウケンジャー
での詐欺師な怪人役怪演は必見)顔出し良しと、何でもこなせるマルチプレーヤーなのです。
また戦隊ヒロイン役やってくれませんかねぇ。
去年、中川素州さんが抜けてしまわれたので、蜂須賀さん以外で近年に戦隊ヒロイン女形レギュラーの経験があるのは実質的にこの方だけなんですよねぇ。

« 保内駅(信越本線) | トップページ | 越後水沢駅(飯山線) »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 保内駅(信越本線) | トップページ | 越後水沢駅(飯山線) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー