最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011年12月31日 (土)

さよなら日本海ときたぐに

今年最後の備忘録的に・・・
JR東日本新潟支社は、平成24年3月のダイヤ改正で寝台特急「日本海」(大阪~青森)と夜行急行「きたぐに」(大阪~新潟)を廃止することを決めた。これに伴い、大阪-新潟間を毎日運行する夜行列車はなくなる。
→http://sankei.jp.msn.com/region/news/111226/ngt11122602070001-n1.htm

遅くとも2015年春の北陸新幹線金沢延伸時までの廃止は確実視されていて、数年前からは今年かいや来年かとその動向が注目されていた寝台特急
「日本海」と急行「きたぐに」ですが、とうとうその日が来ました。
客車でもう少しは保せそうな「日本海」はともかく、経年著しい583系が今後は臨時化されるという「きたぐに」に使われ続けるとも思えず、伝統ある座席寝台混結編成の「きたぐに」はもうこれで見納めになるのでしょう。
「日本海」の開放式A寝台や「きたぐに」のB寝台に全区間乗り通してみたいという私の夢はこれで夢のまま終わりです、残念無念・・・。
もう夜汽車に乗って物言わぬ深夜の街並みを眺める機会も無いでしょうな・・・。
そう言えば夜汽車に最後に乗ったのはもう18年も前、今は無き急行「ちくま」の大阪-長野間ハネです、二昔近く前の話だよ(泣)。
「きたぐに」は12系客車時代に新潟-村上間でよく乗りました。
他のDC急行は「しらゆき」がいつも混んでいてまず座れなかったのと、「羽越」の車内が煤けて汚いのを母が嫌った為で、鉄道にさして興味の無い母も「きたぐに」の乗り心地の良さと大阪から夜を徹して走ってきたとは思えない綺麗な車内にご満悦でしたっけ。

深夜に県内を通過する「日本海」は仕方無いと諦めて、「きたぐに」は駅での佇まいを記録しておこうと、私は数年前から駅巡りの行程に来迎寺以北の停車
駅での撮影を組み込んでいるのですが、亀田駅と新潟駅での撮影は未だ手付かず。
日常の行動範囲なので、行きたい時に行ってちょろっと撮ってくればいいやと思っているうちにチャンスは後三ヶ月でしかも冬。
年明け後、18きっぱーが姿を消した後の土日は多少寒くても行かなきゃなぁ。

来迎寺駅に停車中の急行きたぐに
来迎寺駅にて、2008年5月撮影。
「きたぐに」廃止で来迎寺駅に停車する定期優等列車は消滅です。

長岡駅に停車中の急行きたぐに
長岡駅にて、2008年5月撮影。

見附駅に停車中の急行きたぐにその1
見附駅に停車中の急行きたぐにその2
見附駅に停車中の急行きたぐにその3
Kitagunimi04 
見附駅にて、2011年6月撮影。
来迎寺駅同様に、ホームを一杯に使って停車するこの光景ももうじき過去帳入りです。

東三条駅に停車中の急行きたぐに
東三条駅にて、2009年5月撮影。


新津駅に停車中の急行きたぐにその1
新津駅に停車中の急行きたぐにその2
新津駅に停車中の急行きたぐにその3 
新津駅にて、2011年6月撮影。
一枚目の左手に見えるのは国鉄色485系の特急「北越」です。

2011年12月25日 (日)

海賊戦隊ゴーカイジャー・「素敵な聖夜」はミスアメリカ祭り

ども。
今回の海賊戦隊ゴーカイジャー第44話「素敵な聖夜」、ミスアメリカ萌えにはもう辛抱たまらん極上のクリスマスプレゼントがついにっ!

バトルフィーバーJにゴーカイチェンジ
TV本編二回目のバトルフィーバーJへのゴーカイチェンジであります。
注目すべきは下二つのカット。
バトルケニアがミスアメリカの体に手を回していますが、これは恐らくバトルフィーバーJ本編でのバトルジャパンorバトルフランスとミスアメリカの連携攻撃の再現だったのではないかと思います。
尺の関係でカットされちゃったんでしょうなぁorz。
ゴーカイジャーはそういうのが多いようです、以前にルカとハカセの体が入れ替わった回で、ゴーカイイエローの蜂須賀祐一さんとゴーカイグリーンの竹内康博さんがかなり気合入れて入れ替わりアクションした大半が尺の都合でボツになっちゃったなんて非常に残念な事もありました。

バトルフランスと連携攻撃する白タイツのミスアメリカ
「バトルフィーバーJ」第6話でのそのシーン。
バトルフランスに担がれているミスアメリカは白タイツを穿いていることから恐らく喜多川務さんでしょうけれど、それ以前の回にバトルジャパンとミスアメリカの同様の連携攻撃で、彼女の明らかにストッキングを穿いた女性の太腿をジャパンが・・・というカットが一瞬入るんですよねぇ・・・。
なんであんな編集にしたのか謎。
一瞬でキャプもまともに出来ないぐらいなので、サービスカットにもなっていないし。

それはさておき、今回のミスアメリカは前回とは比較にならない程の露出の多さ!
ピンクのレオタードが画面に実に映えるのですわ。

ゴーカイピンクが変身したミスアメリカの戦い
某メーカーの某エロ作品などでは全く萌えないのに、このミスアメリカの一連の挙動にはもう心が鷲掴みであります。
戦う仮面ヒロインに対しては矢張り、エロ抜きで懸命に戦うその姿の中にこそ「みだら」を感じ取り昇華させていくのが、フェチ者としての奥義真髄でありましょう。

野川瑞穂さん演じるミスアメリカ
本日いやこれまでのゴーカイチェンジ中、最高のバストショット!
野川瑞穂さん演じるミスアメリカの麗姿であります。
こうして見ると、マスクは小野寺えい子さんバージョンに近い印象ですね。
しかし原型は新規造型なのかそれとも当時のブツを型取りしたものなのか?
また野川さんの被っている内面は、ゴーカイピンクと同じ白のままなのがよくわかります。
ただ一言だけ苦言を申し上げると、マフラーはもっときちんと着けてほしかったですな。
まぁこのマフラーを巻くのも少々メンドい話なのはわかるのですが。
(経験者は語る)

小牧りささん演じるミスアメリカのマスク
「バトルフィーバーJ」第4話より。
小牧りささん演じるミスアメリカの、マスクの下のピンクの内面が見えます。

本日の他のトピックスとしてはこの二点。
その一

神尾直子さん演じるゴーカイイエロー
敵のおねぇマンな魔法使いの魔法によって人形にされた人達を助けるべく、ルカとゲストの一般人のおねいさんが連携プレイ。
ルカが人形にされ敵が油断した隙を突いて、ゴーカイイエローにチェンジしたおねいさんが魔法の杖を奪取!
せっかくそういう展開になったのですから、元に戻ったルカとおねいさん変身のゴーカイイエローのツーショットが見たかったっす・・・。
ルカが戻ってくる寸前に変身解除しちゃうんだもんなぁ。
ちなみにこのシーンは神尾直子さんが演じておられるとの事。
どうりで蜂須賀祐一さんにしては身長が低いわけですな。

その二
オールイエロー揃い踏み。
蜂須賀さんのボウケンイエローは度々登場していますが、野川さんのゴセイイエロー再演は今回初。
今まではゴセイジャーにゴーカイチェンジしても、イエローは蜂須賀さんが演じていてカラースワッピングとでも言える状況でしたから。

来年一発目の放送はカクレンジャーの大いなる力をめぐっての話のようですが、カクレンジャーといったらヒロイン以上に萌えなのがご存知花のくの一組。
彼女たちを出してくれたら、これまた素晴らしいお年玉になるのですけれど・・・
流石にそこまではやらんだろうなぁ。

海賊戦隊ゴーカイジャー・ついに登場ミスアメリカでしたが

ども。
海賊戦隊ゴーカイジャー放送開始以来、お目当てのヒロインへのゴーカイチェンジを待ち焦がれて毎回チェックをして早十ヶ月になろうとしておりますが、この五ヶ月間を振り返って見ますと・・・

イエローフラッシュとピンクフラッシュにゴーカイチェンジ
8月28日放送の第27話「いつもより豪快なチェンジ」では、イエローフラッシュとピンクフラッシュにゴーカイチェンジして、

イエローフォーとピンクファイブにゴーカイチェンジ
9月4日放送の第28話「翼は永遠に」ではイエローフォー&ピンクファイブやピンクマスクを拝顔。
ピンクマスクのマスクはやはり小顔でピッタリフィット。
しかし!お目当ての一つピンクファイブのアップは無し!orz

デンジピンクにゴーカイチェンジ
9月18日放送の第30話「友の魂だけでも」では、確か第8話「スパイ小作戦」以来のデンジピンク。

チェンジマンにゴーカイチェンジ
10月2日放送の第32話「力を一つに」と、と23日放送の第35話「次元ノムコウ」ではチェンジマンにゴーカイチェンジして、お目当てのチェンジマーメイドがついに登場!
ゴーカイイエローが変身しているので、カメラが彼女の手前のポジションに!
これは眼福でしたw
今までで一番良かったかもしれない。
そして「次元ノムコウ」ではさらに、一日千秋の思いで待ち続けてきた!

ミスアメリカに初めてゴーカイチェンジ
ミスアメリカにゴーカイチェンジ!だったのですが・・・

ゴーカイピンクが変身したミスアメリカ
・・・彼女のアップシーンは全く無し、これにはホント、ガッカリしましたですorz。
収穫は虚構と現実の分水嶺たるレオタードの背中の萌えファスナーがはっきり見えた事ぐらい。
ミスアメリカ萌え諸兄におかれては、脚がストッキングではなく厚手のタイツだった事に憤っている向きも多々あるようですが、私はタイツにはタイツの良い点も見出しているので、これはこれでアリ。

しかしせっかく戦隊ヒロイン史上エロさでNo.1のミスアメリカTV本編初登場なのですから、カメポジをいつもと逆にしてピンクが手前に映るように配慮するとかできねーのかYO!と口を突いて出るのは文句ばかり。
いい大人が全く大人げ無いw。
いっそ、ゴーカイイエローがミスアメリカにゴーカイチェンジすれば良かったのに
・・・と心底思いましたなぁ、蜂須賀祐一さん演じる「彼女」もぜひ見てみたいし。

さて明日の放送では、予告を見る限りミスアメリカが再登場
明日こそは何としてもアップが見れますよーにと、サンタさんに今からお祈りしておる次第です。

« 2011年7月 | トップページ | 2012年1月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー