最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北条駅(信越本線) | トップページ | 安田駅(信越本線) »

2010年12月24日 (金)

冥王星の海は完全自家発電!?

備忘録的に久々の宇宙についての話題を。

太陽系でも指折りの極寒の星である冥王星、その表面を覆う氷の下に海が存在する可能性があるという最新の研究が発表されました。

冥王星については、四年以上前のエントリーの最後で触れましたが、その時は冥王星が準惑星に格下げされるかも!という寂しい話題でした。
冥王星が準惑星になって以降は、宇宙戦艦ヤマトを見ても、冥王星にガミラス太陽系方面軍の根拠地が置かれているとか、地球連邦宇宙軍第一外周艦隊
が根拠地にしているとか、そういうファンタジーもそのまま受取れなくなってしまっていました。
所詮人間の決めた事で冥王星に勿論変化など無いのはわかっていても、やっぱり寂しいのです。
しかし!今回の研究発表はヤマト的宇宙浪漫に想いをめぐらすモノにとっても大変エキサイティングな内容なのであります。
冥王星の厚さ200km!の氷の層の下に深さ100~170kmに及ぶ海!
が存在する可能性と、海を維持する熱源はその深奥部に存在する岩石に含まれる放射能核種カリウム40の崩壊によって生じている!

地球の大気圏が80~120kmとされており、また冥王星の赤道面での直径が2,3~2,400kmほどで地球のそれの約18%に過ぎない事を考え合わせると、冥王星の厚さ200kmの氷の層のスケールの大きさの理解の一助になるでしょう。
また地球の海の最深部が11km弱に過ぎない事を考えると、冥王星のそれの途轍もない深さも理解できます。

太陽系において地球以外で「海」の存在が議論推測されている天体にはこれまで木星の衛星エウロパやカリスト、土星の衛星エンケラドゥスがありますけれど、それらの衛星の地表の氷の下にもし「海」が広がっているとすれば、その熱源供給源は木星や土星の強大な潮汐力が有力な仮説とされています。
しかし太陽系の辺境にある冥王星には、周囲に強大な潮汐力を生じさせる天体も無く、「海」が存在するとすればそれは完全なる「自家発電」であろう
という点で、その歪な公転軌道同様大変ユニークなものです。
また冥王星最深部の岩石にカリウム40が存在するとすれば、他の太陽系外縁天体に同様の天体があるかもしれません。
これまで単なる大小の無数の氷の塊と捉えられがちなそれら諸天体も、深宇宙探査の対象とされる日がもしかしてやって来るのかも!
もしそれらの「海」にまで「生命」の有無が真剣に議論されるようになるならば、これほど知的好奇心を掻き立てられる事もございますまい。
2015年7月に冥王星に再接近する予定の探査機「ニューホライズンズ」によって、今回の仮説についてもある程度の答えが出る事を大いに期待するところです。
こんな世知辛い世の中だからこそ、人間のくだらない争いなどとは全く隔絶した大宇宙の星々の神秘に想いを馳せたいクリスマスイブなのでありました。

蛇足的にヤマト的宇宙浪漫を一唸りさせていただくと・・・
放射能(ガミラシウム)が代謝に不可欠とされるガミラス人にとって、冥王星のカリウム40の存在は好都合なのかもしれません。
また遊星爆弾の発射基地として、その歪な軌道は地球への爆弾投射にかえって好都合だったとも言われておりますから、カリウム40の存在と併せて海王星の衛星トリトンよりはガミラス軍の根拠地として適していたのでしょう。
またガミラス太陽系方面司令長官シュルツ閣下は、基地の最強兵器・反射衛星砲について、「波動砲より威力は勝るが射程距離は短い」とおっしゃっておいででした。
これまではシュルツ司令もまさか偉大なるデスラー総統閣下のご配慮によって下賜されたと思われる反射衛星砲が、最辺境の反乱蛮族ごときの作り上げた波動砲なるピストルに完全に劣るとは口が裂けても言えないので、あのような事を内心苦渋に満ちながら半ば虚勢でおっしゃられたのだろうと心中お察し申しあげておったところでしたが、冥王星の「海」の事を考えるとそれもあながち悲痛な大言壮語と片付けられないなぁと、今回の研究発表を知って感じました。
反射衛星砲の発射施設が海中極浅深度にあるならば、発射されたエネルギーは厚さ200kmの氷層をぶち割らなければならず、それに要するパワーは凄まじいものでしょう。
もしギガトン級融合爆弾を高指向性一転集中にして炸裂させても、貫通出来る氷層は表面を少しかじったぐらいなのではないでしょうか?
まして衛星砲のエネルギーは海中で著しく減耗してしまうのです。
厚さ200kmの氷層をぶち割りエネルギーが海中で減耗してしまった上で、ヤマトにあれだけのダメージを与えるのですから、発射時のエネルギーは
波動砲を遥かに凌ぐのではないでしょーか?
「冥王星の月」に反射衛星砲を設置しておけば、ヤマトの運命は硫酸の壺に落ちたゴキブリ以下だったでしょうに、シュルツ司令もつくづく惜しい事をしたものです。

« 北条駅(信越本線) | トップページ | 安田駅(信越本線) »

宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北条駅(信越本線) | トップページ | 安田駅(信越本線) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー