最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 平岩駅(大糸線) | トップページ | 北小谷駅(大糸線) »

2010年2月14日 (日)

天装戦隊ゴセイジャー・蜂須賀ゴセイピンクを一年間見られる幸せ

本日より、スーパー戦隊シリーズ第34弾「天装戦隊ゴセイジャー」がスタートしました。
私はこのところ戦隊にはとんとご無沙汰で、2006-07年放送の「轟轟戦隊ボウケンジャー」以降は視聴皆無だったのですが、今度の「ゴセイジャー」はぜひとも第一話は見なければと昨晩は録画に抜かりが無いか入念にチェックしておった次第。

では何故そんなに「ゴセイジャー」を見たかったのか?
その理由はただ一つ!
それは日本アクション界の名女形・蜂須賀祐一さんが”ゴセイピンク”を演じるからなのであります!
蜂須賀さんこそは戦隊女形キャリア25年の大ベテランにしてその「おんな」の表現力や演技力は抜群な、「着ぐるみでおんなを演じる」スペシャリストなのであります。
恐らく世界を見渡しても彼に比肩する力量を持つ同業者はいないでしょうね。
特に若い層にとっては、ここ十年の傾向から「変身後も女性が演じる」のが当然に思えて、今回のゴセイピンクの配役に直情的に失望された方が多数見受けられますけれど、私の世代では逆に「変身後は女形」なのが当然なのでありまして・・・。

2001~2010年度作品のレギュラーヒロイン変身後の演者
女性=11体
人見早苗さん 3  (ゲキイエロー、ゴーオンイエロー、シンケンピンク)
小野友紀さん 2.5(ハリケンブルー芝居、アバレイエロー、マジピンク)
野川瑞穂さん 3  (マジブルー、ゴーオンシルバー、ゴセイイエロー)
橋本恵子さん 1  (デカイエロー)
小島美穂さん 0.5(デカピンク芝居)
橋口未和さん 1  (シンケンイエロー)

男性=5体
蜂須賀祐一さん 3.5(ガオホワイト、ハリケンブルーアクション、ボウケン
            イエロー、ゴセイピンク)
中川素州さん  1.5(デカピンクアクション、ボウケンピンク)

1980~89年度作品のレギュラーヒロイン変身後の演者
女性=1.5体
志村忍さん  1.5(後期ゴーグルピンク、ダイナピンク)

男性=11.5体
蜂須賀祐一さん 5  (チェンジフェニックス、ピンクフラッシュ、ピンクマスク、
            ブルードルフィン、ピンクターボ)
竹田道弘さん  2.5(デンジピンク、前期ゴーグルピンク、ピンクファイブ)
赤田昌人さん  3  (チェンジマーメイド、イエローフラッシュ、イエローマスク
辻井啓嗣さん  1  (イエローフォー)

このようにティーンや20代前半の若者と私のようなおっさんとでは、「女戦士の中の人」に対する刷り込み具合がまるで違うわけです。
思春期を迎え、且つ戦隊光沢スーツフェチなどと若くして病膏肓に入る少年の「をかず」も、今時のコは「中の人がリアルお姉さん」なヒロインの画像なのでしょう。
片や私のようなおっさん世代は、「中の人がお姉さ・・・お兄さん!?」という疑惑疑念を抱いたまま、それでも本能的なフェチとエロスの支配拘束に抗えず、結論として、
「中の人が男でも女でも見た目がエロおねいさんならどっちでもいいっー!」
と、腰をせわしなくがくがくと震わせてしまったのですよw

どっちが良いかは一概に言える事ではないし総論としての結論が出せる話でもないのですが、フェチ的に述べさせていただくならば、現代の環境はリアルそのもので妄想力はあまり育まれないのかなぁと・・・。
なにせ、「中のおねいさん」がブログで軽妙洒脱な文章を書く時代ですからね。
私の世代は「中の人」の情報などなく、OPの「ジャパンアクションクラブ」の名前の順番を見て、この人がピンクの中の人!?と当たりをつけるような状態でしたから。
従って、萌える対象になるかどうかは演者の演技力次第。
その「女にしかみえない」仕草などで妄想を滾らせ、同じ写真でもその萌え度数をグッと上げていったものです。
中の人の「リアルな性別」は判断基準としては、勿論皆無ではありませんが優先順位としては下位でしたなぁ・・・。

若いうちに「妄想力」を磨くのも、それが健全?であるならば創造性の発育にもプラスになると思いますので、「ゴセイピンク=男=orz」と安直に考え諦めるのではなく、「彼女」のおんなの演技を見てぜひ妄想を滾らせていただきたく存じます。
それがまた、特ヲタという狭いジャンルを越えた、新たなるめくるめく快楽の世界への道標となるのです。

おっと、おっさんの繰言はこれぐらいにして閑話休題、
「天装戦隊ゴセイジャー」第一話「護星天使、降臨」。
本日の「ゴセイピンク」嬢、のっけからなかなかぐっとくるシーンがいくつか・・・。
正直、蜂須賀さんのヒロイン役は「ボウケンイエロー」が最後かなぁと寂しくも覚悟を決めていた私のような者にとっては嬉しい限りでございました!

OPのゴセイピンク
蜂須賀さん演じるゴセイピンクの艶姿。

OPのゴセイイエロー
野川瑞穂さん演じるゴセイイエローの麗姿。

ゴセイピンクの肩に手を置くゴセイイエローゴセイピンクにキスをしたように見えるゴセイイエロー
マスクに唇があるせいもあって、ゴセイイエローがゴセイピンクに突然キスを
したような、倒錯的衝撃!

ゴセイピンクのマスクアップ画
ゴセイピンクのマスクアップ。
首筋フェチな私としては、こういうのがもう辛抱タマランのですよ。

アラタを叱責するゴセイピンク
アラタを叱責するゴセイイエロー
変身に必要なカードを落としたうっかり者の美少年レッドに激しく突っ込む
ゴセイイエローとゴセイピンク。
年上のお姉さんとお姐さんに叱られて、まさに両手に花w
私も着ぐるみのお姉さんとお姐さんに優しく叱責してもらいたいです。

アラタに呆れるゴセイピンク
うっかり者のレッド美少年に「呆れた」ポーズのゴセイピンク。
こういう何気ないポージングも蜂須賀さん鑑賞のポイントです。
まぁボウケンジャー第一話のボウケンイエローは、こんなモンじゃ無かったですけどね。
アレはまさに「神憑き」の状態でした・・・。

ぶっちゃけた話、ドラマには大きな関心はないので追いかけるのはただただ一に蜂須賀ゴセイピンク、二に野川ゴセイイエロー、それ以外は無し!
いずれピンクとイエローの主役回もあるでしょうから、それに大期待ですな!
その時は単独変身(マスクオフ)も見られるでしょうし。
ドラマ内で蜂須賀ピンクの「投げキッス」がいつ炸裂するかも大期待!
どうせなら投げキッスのピンクの吐息ハートで敵が悩殺されるなんておバカをやってもいいのにねぇ~、変身前はヘキサゴンファミリーなんだし。

« 平岩駅(大糸線) | トップページ | 北小谷駅(大糸線) »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平岩駅(大糸線) | トップページ | 北小谷駅(大糸線) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

にほんブログ村 その他趣味ブログ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ