最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の記事

2008年8月26日 (火)

小島谷駅(越後線)

本日の駅紹介は越後線・小島谷駅

妙法寺駅はこちらへ← →桐原駅はこちらへ

2016年3月6日記、大幅リニューアルを実施しました。

小島谷駅の駅名標

新潟県長岡市に所在する列車交換設備を持つ無人駅で、2005年12月末日までは三島郡和島村の玄関駅でした。(和島村は2006年元日に長岡市と合併)

さて小島谷駅は大正2年(1913年)4月20日に越後鉄道の駅「与板」として開業しました。
(開業当時は三島郡島田村の所在、島田村は昭和30年3月末日をもって和島村と合併して消滅しました)
与板は島田村からほど近い与板藩二万石の城下で、明治維新後も郡役所が置かれた三島郡一帯の中心地であり、その玄関口とすべく、島田村の所在にも関わらずその地名を駅名としたそうです。(当駅から与板の中心街まで直線距離で約5km)
しかしそんな「捕らぬ狸のなんとやら」も、大正4年に長岡鉄道の「与板」駅(こちらは与板の中心に設置)が開業した事で水泡に帰し、越後鉄道「与板」駅は当地区が島田村と合併する前の村名である「小島谷」駅に改名されました。
なお、越後鉄道は昭和2年(1927年)10月に国有化され、越後線となり現在に至っております。

小島谷駅の駅舎その1
小島谷駅の駅舎その2
小島谷駅駅舎は建築財産票によれば昭和46年10月の竣工で、内部はローカル駅定番の長ベンチが2脚と自動券売機が1台あるきりの素っ気無い様子。
なおトイレは駅舎の外側(建物の向って右側)にあり、水洗です。
上は2013年10月、下は2006年10月撮影で、2006年当時は早朝だというのにタクシーが一台待機中。
この時に国道116号線へ向う、旧和島村のメインストリートを歩いた際にはタクシー会社の小さな営業所があったのでそこから来ていたのでしょう。
上の撮影時にはタクシーの影は無く、現在の待機体制がどうなっているのか気になるところ。

小島谷駅駅舎内部その1
小島谷駅駅舎内部その2
駅舎内部の様子、2013年10月撮影。
私がこの駅を最初に訪問した2004年6月はまだ有人駅で、事務室の奥では初老の職員が暇そうにしておりましたが、
その窓口も今では完全に塞がれ、時刻表とお知らせが貼ってあるだけ・・・。
無人化されたのは2004年11月末との事です。
駅有人の時間帯は朝7~8時頃から夕方の16~17時頃までだったと思いますが、その間当駅に発着する列車は上下合わせて10本ほど。
越後線南部区間(吉田柏崎間)の旅客形態は通学客の利用がメイン、平日の日中の利用は推して知るべし。
また周辺は完全なクルマ社会で、当駅前後の越後線と並行して競合する路線バスは存在しない状況です。

公共交通が見放されているような地域での有人駅小島谷。
恐らく良寛の里・和島村の玄関駅としての意地と面子としての有人だったのでしょうね。
それも長岡市との合併を目前についに息切れしてしまったという事なのでしょうか・・・。

小島谷駅前広場
駅前広場の様子、2013年10月撮影。
画像右側のバスは折り返し待機中の長岡駅前行。
当駅と長岡駅間には越後交通のバス路線が設定されています。
2015年度ダイヤでは上下合わせて七本で、全区間の所要時間は一時間強。
私は2005年3月に長岡-小島谷間で、この撮影時には小島谷-長岡間でこの路線を利用しましたが、前者は長岡駅前出発時で両手の指で数えられるほどの乗客の少なさで、途中での乗降も片手で数えられる程。
その数少ない乗客も私以外は与板で全員降りてしまい、与板~小島谷駅間の二十分は私の貸切状態・・・。
その当時と比べても四本も減便されてしまっているのがこの路線の現状です。この撮影時に乗車した際は、出発時の乗客は私一人、与板で乗ってくることも無くガラガラで長岡駅前に到着という状態でした。
いずれも日曜の午後なので、平日はもっと利用があるのだろうと思います。
しかし土休日は全便運休でも文句は言えないのではないかと。
その辺の割り切り方が凄い頸城バスなら問答無用でそうするでしょうなぁ。

小島谷駅の1番ホームその1
1番ホームの柏崎方から見た小島谷駅構内、2013年10月撮影。
当駅は列車交換駅ですが、交換の無い場合の列車発着はこのホームになります。

小島谷駅の1番ホームその2
1番ホーム端から柏崎方を見通す、2013年10月撮影。

旧貨物ホーム跡
旧貨物ホーム跡の様子、2013年10月撮影。
当駅の貨物取り扱い廃止は昭和46年との事です。

ホームから見た駅舎
ホームから見た駅舎の様子、2013年10月撮影。
当駅のホームに上屋は架かっていません。

小島谷駅の1番ホームその3
吉田方から見た構内、2013年10月撮影。
当駅は退屈になりがちな直線上にありますが、ホームの千鳥配置が良いアクセントになって、なかなか面白い画になります。

小島谷駅の跨線橋
跨線橋内部の様子、2013年10月撮影。
国鉄後期の小駅標準型ですが、窓は大きくなっていて採光は上々。
また無人駅の跨線橋内としては綺麗な部類です。
まぁここを客が通るのは、列車交換で2番ホームに列車が入る時だけという事もあるのでしょうけれど。

跨線橋上から見た構内その1
跨線橋上から構内の柏崎方を望む、2013年10月撮影。

跨線橋上から見た構内その2
同じく構内の吉田方を望む、2013年10月撮影。

小島谷駅の2番ホームその1
2番ホーム端から吉田方を見通す、2013年10月撮影。
元々の出自がローカル私鉄なので、構内は狭いのです。

小島谷駅の2番ホームその2
2番ホームの柏崎方から見た構内、2013年10月撮影。
無人化されて久しい当駅ですけれど、越後線南部区間の運転上の要衝として存在感を放っており、2015年春改正ダイヤ時点では一日四回の列車交換が当駅で行われています。
他には西山駅で四回、出雲崎駅寺泊駅で各一回という状況です。
最初にこのホームを見た時には、狸がちょこちょこ動き回っていたりして、またうす暗い曇天だったこともあってすっかり廃ホームの風情でした。
背後の林ももっと鬱蒼としていたような気がします。
しかしこうして秋晴れの明るい陽の中で改めて見物すると、そんなうらぶれた雰囲気を感じさせないのですから、人間の感覚って周辺の色彩その他に大きく左右されるのだなぁと改めて感じた次第です。

小島谷駅に到着した115系電車
小島谷駅で115系電車同士の列車交換
小島谷駅における列車交換の様子、2013年10月撮影。
上の画像左側の吉田行が先着して待機し、右側の柏崎行の到着を待って出発です。

踏切から見た構内その1
吉田方の踏切から見た構内、2013年10月撮影。

踏切から見た構内その2
柏崎方の踏切から見た構内、2013年10月撮影。
こちら側から駅へは少々距離がありますが、手前の小さな鉄橋と後背の小山がアクティブな距離感をを出していて良い感じ。

旧和島村のメインストリート
さて駅前の越後線と平行する道を新潟方面に少し進むと、旧和島村のメインストリートに出ます、2013年10月撮影。
手前の右手に少し入ったあたりにスーパーが一軒ある以外は、
個人商店が点在する程度で、この撮影の七年前に訪れた時とさしたる変化はありませんでした。
旧和島村役場が図抜けて立派な建物なのには、再訪してもやはり違和感がバリバリでしたけど。
この道を直進して国道116号線に出て、なおに柏崎方面に数百m進むとこの地域の生んだ偉人「良寛さま」に関する観光施設があります。
くだんのタクシー待機もそれを当て込んでなのかもしれませんが、過疎ダイヤの越後線を使って訪れる酔狂な暇人はなかなかいないのではとも思うのですね。

小島谷駅と言えば忘れられないのが、駅前にいた兄弟とおぼしきくろよもぎぬこさんたち。

駅前にいた二匹の猫
ご機嫌でごろんごろんする猫
2006年10月朝、秋晴れの朝陽を一杯に浴びながらご機嫌でごろんごろん中のぬこさんと、その脇でぼーっと佇むぬこさん。
ごろんごろんのぬこさんは私が近づいても頭を撫でても構わずごろんごろん。
見ているこちらまで自然に笑顔になるご機嫌ぶりでした。
一方彼氏の相棒はというと、こちらを胡散臭そうな目で見やりながら、しゃがんでいる私のすぐ横を通って少し距離を置き、こちらを見るとも見ないでもなくまたぼーっと・・・(笑)。
彼らは体つきもふっくらとして栄養状態はよさそうでした。
首輪はしていませんが人馴れしている事からして近所で飼われているのでしょう。
あれから十年近く経ちますが、おそらくは彼らも天に召されているのでしょう。
小動物のいのちは実に短くはかない。
昔、十年ほど居候の猫と暮らしていた私には、そうした彼らがひたすら愛しい。

2008年8月 9日 (土)

新崎駅(白新線)

本日の駅紹介は白新線・新崎駅

早通駅はこちらへ← →大形駅はこちらへ

2017年2月12日追記、大幅リニューアルを実施しました。

新崎駅の駅名標

新潟県新潟市に所在する有人駅で、白新線葛塚(現豊栄駅)-沼垂駅(1958年に貨物駅化)が開通した昭和31年(1956)4月15日の開業です。
当駅周辺地域はかつて北蒲原郡濁川村でしたが、同村は当駅開業の二年前に新潟市に編入されています。
平成の大合併(2005年3月21日)以前は旧新潟市の東端に位置していて(新潟駅からの距離10km弱)、駅西方至近に流れる阿賀野川によって市域が分断されている為、大合併前から阿賀野川西側の市域とは街の雰囲気や空気が微妙に異なっていました。

JR東日本によると、新崎駅の2015年度一日平均乗車人員は1,385人で、同社新潟支社県内有人67駅中30位です。
白新線内の駅としては豊栄、東新潟両駅に次ぐ第三位で、前述したように当駅は阿賀野川東岸に位置していて、周辺地域から新潟市中心部へ行くには県道やバイパスを橋で渡河せざるを得ず、少ない橋への車の集中で引き起こされる渋滞が道路交通上のネックにもなっています。
それゆえに周辺の人口規模に比べて当駅の利用実績は大きいように見えます。

新崎駅の橋上駅舎
新崎駅の橋上駅舎、2016年8月撮影。
こちら側は北口で、旧駅舎もここに建てられていました。
現在の橋上駅舎の供用が始まったのは1995年10月です。
それ以前の駅舎は、改築前の信越線・脇野田駅などに似た感じだったとうっすらと記憶しておりますが・・・。
木造で内部は昼だというのに薄暗く、快速停車駅だというのにパッとしない印象が残っています(1980年代後半)。
駅前広場は小さなロータリーになっていて、新潟市北区の区バス「おらってのバス」が乗り入れています。
タクシー常駐はしていないようでした。

ホームから北口広場
ホームから見た北口広場の様子、2015年12月撮影。
画像右下のバス停が区バスのそれ。
豊栄駅と当駅の移動に利用できますが、2017年2月現在平日のみの運行です。

新崎駅北口駅前通り
駅から北側の県道に至る駅前通りの様子、2007年2月撮影。
駅前通りと言っても周りは宅地と農地の混在した長閑な風景。

「新崎駅前」バス停
駅北口から500m弱で、路線バスの走る県道に出ます、2016年8月撮影。
画像左手の建物は米菓大手の三幸製菓の本社です。
周りにはコンビニが一軒。
画像右下のバス停は新潟交通大形線の「新崎駅前」バス停。
新潟市中心部と新発田を結ぶ路線で、新発田駅佐々木駅-新崎駅-新潟駅相互の移動に使えます。
白新線内の他の駅は、県道と駅間の距離がかなりある為に相互補完の関係にはありませんので、利用の際はご注意ください。

新崎駅南口の様子
新崎駅南口の様子、2016年8月撮影。
こちら側は橋上駅舎化に伴って新しく作られました。
最近の整備だけあって、ロータリーもきっちり完備。
なおこちら側には区バスの発着はありません。

構内から見た駅南駅前通り
構内から見た駅南駅前通りの様子、2015年3月撮影。
こちら側は近年造成された新興住宅地で、整然とした家並みが続いています。

駅南口付近の県道
駅南口から約500mの県道の様子、2016年8月撮影。
古くからの集落は駅北ですが、今日ではこちらの方が人気があります。
コンビニも二店あり、他にスーパーやドラッグストアもあって利便性は上々。
この県道には、新潟交通の路線バス大形線の新潟豊栄線が運行されていますけれど、本数は北側の新潟新発田線に比べると本数はかなり少ないので、利用の際はご注意を。

新崎駅橋上駅舎内部その一
新崎駅橋上駅舎内部その二
橋上駅舎内部の様子、上は2016年8月、下は2013年3月撮影。
自動券売機は二台設置。
待合室もありますけれど駅の利用状況に比べると明らかに手狭。
まぁ、駅利用客の大半は通勤通学買物客であり、且つ日中は新潟駅へ毎時三本の列車本数が確保されておりますので、待合室など使わず真っ直ぐホームへ向かう人が多くこれで充分なのでしょう。
なおトイレは改札内にあるのでご注意ください。

橋上駅舎の自由通路から見た構内
橋上駅舎の自由通路から見た構内の新発田方、2016年8月撮影。

橋上駅舎改札内の通路から見た駅構内
橋上駅舎改札内の通路から見た構内の新潟方の様子、2016年8月撮影。

新崎駅の1番ホームその1
1番ホーム(新発田方面乗り場)の新潟方から見た新崎駅構内、2013年3月撮影。
まだ色彩に乏しい3月の曇天、橋上駅舎も白色なので色彩の乏しさがさらに際立ってしまっています。
こちらも隣の島式ホームも上屋は短くベンチも僅か。

ホームから阿賀野川鉄橋を見る
1番ホーム端から新潟方の阿賀野川鉄橋を遠望、2007年9月撮影。
列車の運行頻度は高いにも関わらず、過疎ローカル線なみに雑草の跋扈する線路に注目。

新崎駅の1番ホームその2
1番ホームの新発田方から見た構内、2007年9月撮影。

新崎駅の島式ホームその1
島式ホームの新発田方から見た構内、2013年3月撮影。
ホームの左側(3番ホーム)が新潟方面乗り場です。
2番ホームは近年まで普通列車の特急退避に使用されていましたが、ダイヤの整理で2016年3月ダイヤ改正では定期旅客列車の発着はありません。
かつては、列車によっては交換と特急退避のダブルパンチで長時間の停車を強いられるケースがあり、運悪く乗り合わせるとイライラする事この上なしでしたっけ。

新崎駅の島式ホームその2
島式ホームの端から新発田方を見通す、2013年3月撮影。
新潟駅から当駅まで複線の白新線も、この先は単線。
列車の運行頻度から言っても、少なくとも豊栄駅までの複線化は妥当な話だと思うのですけれど、何分地方への投資は極力避ける会社だけに、沿線自治体が第三セクターを作って整備費の全額負担と赤字補填でもやらない限り、実現は無理でしょうね。

新崎駅の島式ホームその3
島式ホームの新潟方から見た構内、2013年3月撮影。
本線の右隣には草生した側線が残存。
車窓から確認した限りでは、新潟側の分岐器は切られていました。

新崎駅に停車中の115系電車
1番線に停車中の115系電車村上行、2013年3月撮影。

E127系電車が新崎駅に停車中
白新線と羽越本線では過去帳入りのE127系電車豊栄行が1番線に停車中、2013年3月撮影。

E129系電車同士が新崎駅で行き違い
新鋭E129系電車同士が新崎駅で行き違い、2015年12月撮影。
普通列車の大半がE129系に置き換えられた今日では、すっかり日常の光景になっています。

新崎駅を通過する485系電車特急「いなほ」その1
1番線を通過する485系電車T編成の特急「いなほ」酒田行、2013年3月撮影。
当駅には優等列車は停車しませんが、JR九州のようなノリであれば「いなほ」の朝晩の停車駅に加えられているのかも。
勿論改札を厳重にして、「いなほもタダで乗れるてがんにね」は許さないという但し書き付きで。

新崎駅を通過する485系電車特急「いなほ」その2
3番線を通過する485系電車R編成の特急「いなほ」新潟行と、同時進入で一番線に到着の115系電車村上行、2013年3月撮影。

新崎駅を通過する快速「きらきらうえつ」
1番線を通過する快速「きらきらうえつ」酒田行、2015年12月撮影。
2017年3月ダイヤ改正で485系R編成の運行が終了するので、今後485系電車のサウンドを定期的に聞けるのは改造車のこの電車のみになります。
この電車も先はもう長くないように思えますけれどね。

新崎駅に進入するEF81形電気機関車牽引の貨物列車
1番線に進入するEF81形電気機関車牽引の貨物列車、2013年3月撮影。
昔は白新線と羽越本線の電気機関車といったらコレが当たり前だったのに、今ではすっかり姿を見かけなくなりました。
私がこの機関車牽引の列車に最後に乗ったのは、上越新幹線開業前の12系客車急行「きたぐに」だと思います。
もう35年も昔の話、歳を取るわけだよなそりゃ・・・。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

にほんブログ村 その他趣味ブログ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ