最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の記事

2007年1月27日 (土)

飯山線・下条駅

本日の駅紹介は、飯山線・下条駅

魚沼中条駅はこちらへ← →越後岩沢駅はこちらへ

2016年6月26日、リニューアルを実施しました。

下条駅の駅名標

新潟県十日町市に所在する無人駅で、開業は昭和2年(1927年)11月25日。
開業当時の所在は中魚沼郡下条村で、同村の玄関駅でした。
下条村は昭和30年に十日町市に編入されて今日に至ります。

鉄道省の路線として建設された飯山線・越後川口十日町間の中間4駅中、駅周辺が最も賑やかなのがここ下条駅です。
かつての急行「野沢」が停車していた隣の越後岩沢駅周辺よりもずっと活気があって、列車交換設備の関係で当駅は停車駅から漏れたのだろうかと想像を逞しくするところであります。
ローカル線の急行列車にはそういう事例が間々あるのです。
十日町市史によると、下条駅の昭和40年度の一日平均乗車人員は422人。
当時の準急「野沢」が停車する越後田沢駅津南駅と同水準の利用がありました。
十日町市史に記述がある最後の年の平成4年度では一日平均105人の乗車実績があり、市史に載っている当駅-森宮野原駅間で三桁の乗車があるのは断トツに数字の大きい十日町駅を除けば、森宮野原駅と当駅だけだったのです。
その一方で貨物や荷物の数字は越後田沢駅や津南駅に及ばず、土市駅越後鹿渡駅と同水準で、おそらく農産物の出荷もさほどではない地方都市近郊の人口集積地域における旅客輸送に偏重した立ち位置だったのです。
土曜の朝に何度か飯山線に乗っていますけれど、越後川口-十日町間では当駅からの乗車が最も多く、現在は学生利用が大半なのでしょうけれど当駅が飯山線新潟県内無人駅の中では恐らく最大の乗車実績であろうと判断して差し支えなさそうです。

下条駅駅舎
下条駅駅舎の様子、2011年5月撮影。
建築財産票によると平成9年1月の完成。
飯山線新潟県内無人駅改築駅舎の定番型であります。

下条駅待合室内部
駅待合室内の様子、2011年5月撮影。
内部はベンチが三脚と、「善意の傘」の傘立て。
ただしこの時は傘は一本もありませんでしたっけ。
なおトイレはなく自動券売機も未設置です。

ホームから見た駅舎
ホームから見た駅舎、2011年5月撮影。

下条駅のホームその1
十日町方から見た下条駅構内の様子、2011年5月撮影。
当駅はかつて列車交換設備を有していて、駅前後の不自然な線形と共に、自然に帰りつつある対面式の廃ホームが残存しています。

下条駅のホームその2
ホーム端から十日町方を見る、2011年5月撮影。

下条駅のホームその3
越後川口方から見た構内、2004年9月撮影。

下条駅のホームその4
ホーム端から越後川口方を見る、2011年5月撮影。
画像右側に、越後川口側に向かって大きく張り出した廃ホームが見えます。
盛緑期には草に完全に埋もれてしまうので、見られるのは晩秋と春先のみかと思います。

踏切から見た下条駅構内その1
十日町方の踏切から見た下条駅構内、2011年5月撮影。

踏切から見た下条駅構内その2
越後川口方の踏切から見た構内、2011年5月撮影。
駅前後の不自然な線形が、当駅に列車交換設備がかつて存在したことの証です。

下条駅を出発するキハ110系気動車
下条駅を出発するキハ110系気動車単行の十日町行、2011年5月撮影。

下条駅至近の国道117号線
飯山線と並行する国道117号線の下条駅周辺の様子、2011年5月撮影。
道沿いには、十日町方面寄りに小さなスーパーと本&文具店、小千谷方面にA-COOP(下条バス停脇)、信用金庫支店、薬屋。
車の往来が多いのは越後岩沢、魚沼中条両駅と同じですがが、歩行者も前二者が皆無に
近いのに比べて少なからず見受けられます。
ここに十日町市役所の出張所があるのも、人気のある要因かもしれません。

2007年1月24日 (水)

S.M.J! マイティジャックサントラCD発売!

来る3月21日、円谷プロ製作の特撮アクションドラマ「マイティジャック」のサウンドトラックCDが発売になります。
以前のエントリーでも触れましたが、冨田勲先生によるメロディアスかつ雄渾な「マイティジャック」は色々と面倒な大人の事情でCD2枚が発売後数年で廃盤・・・。
その復刻をコアなファンは一日千秋の思いで待ち続けておりまして、かく言う私もCDを買いそびれている間にいつのまにやら廃盤の憂き目に会い、コアなファンの末席に連なって辛抱の日々でございました(ヤフオクに時々出品されるけど、プレミアが付いて高いっ!ヤマトのプラモどころの話じゃないYO!)。
昨年夏、同じく冨田先生の手による恐怖と魔性の禍々しい「恐怖劇場アンバランス」のサントラCDが復刻されまして(私は以前出たCDを持っておりましたので、収録楽曲が同じという事もありスルーしましたが)、コレは「大人の事情」の風向きが変わった何よりの証左!と続けて「マイティジャック」が復刻されるのをエキサイティングに期待しておったわけですが・・・。

さて、今回発売になるサントラCDは1984年にコロムビアからリリースされたレコードのCD復刻盤で、レコードプレーヤーが壊れて聞けなくなったにも関わらず今なおこのレコードを所有している私にとっては何とも感慨深いコトであります。
手元のレコード解説書によれば、収録楽曲は以下の通り。

SIDE-1(冨田勲先生作曲)
1.マイティジャックの歌 
  ①オープニングタイトル(M-45) ②テーマソング(M-T-2)
2.Q-謎の組織
  ①地球の危機(M-1) ②Qの暗躍(M-62) ③MJの追跡(M-2)
  ④不安(M-51)
3.救世主誕生
  ①Qの超科学(M-6) ②悪の超兵器(M-7) ③Qの襲撃(M-68)
  ④MJ出撃せよ(テーマその2カラオケ) ⑤MJ号発進(M-T-5)
  ⑥アイキャッチ(M-40)
4.MJの危機
  ①巨大メカ出現(M-10) ②絶体絶命(M-49) ③総攻撃(M-69)
  ④海底基地発見(M-80 T3) ⑤潜航(M-12)
5.勇者の力
  ①新兵器(M-57) ②深海戦(M-48) ③追撃(M-70)
  ④MJの勝利(M-T-6)
6.戦いのあと
  ①別れ(M-101) ②安らぎ(M-47) ③次回予告(M-T-11)

SIDE-2(宮内国朗先生作曲)
1.新たなるMJ
  ①オープニング ②MJのマーチ(A-1B) ③新たなる敵(H-1)
  ④秘密工作(C-2) ⑤事件発生(ブリッジ-1) ⑥前哨戦(A-3)
2.Qの復活
  ①悪の組織再び(C-5) ②敵地探索(D-2) ③追跡(D-3)
  ④銃撃戦(B-2) ⑤アイキャッチA(ショック-9B)
3.MJ緊急出動
  ①アイキャッチB(ショック-9) ②出動準備(D-1) ③勇躍発進(A-2)
  ④戦闘開始(B-1) ⑤疑惑(ブリッジ-5) ⑥危機(ブリッジ-6&エンド-4)
4.最後の決戦
  ①MJ号の勇姿(B-3) ②激戦(B-4 T2) ③焦燥(C-1)
  ④潜入(D-4) ⑤紅蓮の空(B-5)
5.不滅の戦士たち
  ①戦い終わって(エキストラ-1) ②悲しみ(F-3) ③希望の空へ(エンド-8)

A面が1クール一時間枠の「マイティジャック」、B面が2クール30分枠の「戦え! マイティジャック」用追加楽曲になっております。
主題歌が1コーラス版だったり挿入歌の「進めマイティジャック」「MJの歌」が収録されていなかったりと不満な面もありますが(「進め!」とのカップリング上、
仕方無い事なんですが)、私的に最高にカッコいい楽曲「MJ出撃せよ」が収録されておりますので、これだけでCD復刻盤を買う価値アリです。
そのうちそのうち・・・と思い続けているうちに廃盤にされたイタい経験もありますので、「ミュージックファイル」版の復刻が全く見えてこない現状では予約して
速攻ゲットせねば・・・と思い詰める次第。

特撮のサントラCDというと、他には2/21には「ウルトラマンティガ・コンプリートミュージックコレクション」がリリースされます。
「ティガ」放映10周年記念の3枚組だそうですが、以前出ていたTVシリーズ版X2枚と劇場版X1枚の再販まとめ売りなんでしょーか?
私はTVシリーズ初版と劇場版は持っておりますので(主要楽曲はTVシリーズ初版に入っていたので2枚目は購入せず)、買うのは特典次第かなぁ・・・。
TVシリーズ最終回クライマックスに流れたV6の「TAKE ME HIGHER」アレンジバージョンが入っていれば買いですけど・・・。
既にいい歳ぶっこいた当時(10年前)の私が、アノ曲の収録されているV6のアルバムを借りるのはすげー恥かしくって今日までそのままなんですが、
あのシーンであの曲にTVの前で感動の涙を流した身としましては、「ウルトラマンティガ」の世界観を体現するあの曲のボーナストラック化をぜひぜひお願い
したいところです。

2007年1月22日 (月)

飯山線・越後岩沢駅

本日の駅紹介は、飯山線・越後岩沢駅

下条駅はこちらへ← →内ヶ巻駅はこちらへ

2016年6月26日、リニューアルを実施しました。

越後岩沢駅の駅名標

新潟県小千谷市に所在する無人駅で、開業は昭和2年(1927年)6月15日。
開業当時の所在は中魚沼郡岩沢村で、同村の玄関駅でした。
岩沢村は昭和30年(1955年)に小千谷市に編入されて今日に至ります。

越後岩沢駅は飯山線の鉄道省建設区間(越後川口-十日町間)の中間4駅の中では最も規模が大きく、かつては二面三線、更に貨物用ホームも備えていました。
現在は単線上の棒駅になってしまっていますけれど、廃ホームは草生しながら現在も残存しており、現ホーム上からよく観察できます。
廃ホームマニアの方はぜひとも訪れて頂きたい駅なのであります。
かつては飯山線唯一の優等列車である気動車急行「野沢」の停車駅でもあった当駅ですが、現在は十日町盆地の入り口にひっそりと佇む小駅になっています。
駅周辺の賑やかさは隣の下条駅周辺が格段に上で、当駅に急行が停車していたのは列車交換設備が維持されていたゆえなのかもしれません。

越後岩沢駅駅舎その1
越後岩沢駅駅舎その2
越後岩沢駅駅舎の様子、2011年5月撮影。
建築財産票によると昭和2年12月の完成。
飯山線の新潟県内区間無人諸駅が改築されていく中で、当駅のみは国鉄時代そのままの駅舎です。

越後岩沢駅前広場
駅舎横手と駅前広場の様子、2011年5月撮影。

越後岩沢駅駅舎内部その1
越後岩沢駅駅舎内部その2
駅舎内部の様子、2011年5月撮影。
2006年9月の訪問時には広々とした待合室でしたけれど、この時点では室内が改装されて待合空間は以前の半分ほどになってしまいました。
相当な経年のこの駅舎ですが、ここまで手を入れたということは、まだまだ使い続けるという事なのでしょう。
当駅は保線や冬季除雪の待機/休憩の拠点でもあるようなので(真新しいプロパンガスのボンベが設置されていました)、駅舎改築となるとその辺の機能をどうするかで色々と問題があるのかも。
なお当駅にはトイレ及び自動券売機はありません。

ホームから見た駅舎
ホームから見た駅舎、2011年5月撮影。

駅舎に残る古い駅名標
かつてはこのようにシブい駅名標だったのです、2006年9月撮影。

越後岩沢駅のホームその1
越後川口方から見た越後岩沢駅構内、2011年5月撮影。
当駅では昭和55年10月改正ダイヤでは一日四回(列車本数上下計24本)、同60年3月改正ダイヤでは一日三回(列車本数上下22本)の列車交換が行われていました。
現在は上下20本で本数は微減程度なのですけれど、ダイヤの調整で交換不要にしています。

越後岩沢駅のホームその2
ホーム端から越後川口方を見る、2011年5月撮影。

横取り線と貨物ホームと思われる遺構
現ホーム横の横取り線と貨物ホームと思われる遺構、2011年5月撮影。
横取り線はハイモの車庫に繋がっています。

越後岩沢駅のホームその3
十日町方から見た構内、2011年5月撮影。
画像右手の旧副本線のレールは辛うじて残存していました。

越後岩沢駅のホームその4
ホーム端から十日町方を見る、2011年5月撮影。

旧2番ホームへの構内通路
旧2番ホームへの構内通路の階段らしきもの、2011年5月撮影。
ホーム上に跨線橋の撤去跡が見当たらないので、ホーム間の連絡は構内通路で行っていたのでしょうか?

現ホームから見た廃ホーム
現ホーム上から廃ホームを観察、2011年5月撮影。
よく見ると旧2番ホームの向こうにもう一本ホームがあります。
形状から見て旅客用ではなく貨物用?と思われるのですが・・・。
これを見ると最盛期の当駅は中々の規模を持っていたようです。

ホーム上の名所案内板
ホーム上の名所案内板、2004年9月撮影。

踏切から見た越後岩沢駅構内その1
十日町方の踏切から見た越後岩沢駅構内、2011年5月撮影。

踏切から見た越後岩沢駅構内その2
越後川口方の踏切から見た構内、2004年9月撮影。
元急行停車駅であったことが信じがたい周辺の長閑さであります。

越後岩沢駅を出発するキハ110系気動車
越後岩沢駅を出発するキハ110系気動車三連の越後川口行、2011年5月撮影。
少なくとも飯山線の越後川口-戸狩野沢温泉間では三連が最長でしょう。
三連といえばかつての気動車急行「野沢」もそうだったのです。

越後岩沢駅に到着するキハ110系気動車
越後岩沢駅に到着するキハ110系気動車単行の十日町行、2004年9月撮影。
長岡-十日町直通便は2016年3月改正時点で朝の二往復のみ。
残りは全て越後川口駅で乗り換えです。
上越線長岡方面との接続は比較的良好ですが、越後川口駅構内の連絡地下道はバリアフリーもへったくれもないような状態で、お年寄りには少々キツそうです。
上越線に乗っていると、長岡-小千谷間の需要はかなりあるように見えますから、その取り込みも兼ねて十日町-長岡間の直通列車をもっと増やしてみたら・・・などと、リニューアル前の記事で書いていたところです。
そしてもし全列車を長岡に延長するのであれば、当駅の交換設備復活が必要になるかもしれないとも書いたところです。
しかし実際は、後述するように長岡直通の越後交通運行の路線バスも減便される一方。
人口28万人強の新潟県内第二の都市で中越地方の行政・経済の中心である長岡市と人口6万人弱の十日町市の間の往来に、公共交通機関を使う人はそれだけ少なく需要そのものが無いんでしょうなぁ。

越後岩沢駅前通り
駅前広場から見た駅前通りの様子、2011年5月撮影。
ここから300m程直進すると国道117号線に行き着きます。
駅前通りは美容店と昔ながらの食料品店が一軒ずつあるきりの、ごくごく普通の集落の佇まい。

越後岩沢駅付近の国道117号線その1
駅前通りを直進して国道117号線に出ます、2011年5月撮影。
信号右側が駅前通りになります。
周辺には旅館の看板が一軒、小千谷寄りに食堂が一軒といったところで閑散としておりました。
前述したように、駅周辺の賑やかさは十日町寄り次駅の下条が遥かに上で、当駅周辺にかつての急行停車駅の貫禄のようなものはありません。
この国道には越後交通運行の路線バス長岡-十日町線が運行されています。
私がこの駅を最初に訪問した2003年11月時点ではほぼ毎時一本の高い運行頻度で、長岡-小千谷-越後岩沢~十日町間の駅巡りに非常に重宝な存在でした。
使用するバスも一般的な路線バス用ではなく観光バスの型落ちでなかなか快適。
しかし年を追うごとに本数は漸減していき、2016年現在では11往復(土休日は9往復)にまで減便されてしまいました。

越後岩沢駅付近の国道117号線その2
国道117号線から信濃川はごく至近、2011年5月撮影。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

にほんブログ村 その他趣味ブログ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ