最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 越後線・青山駅 | トップページ | 湘南電車から113系電車引退・青春も遠くになりにけり »

2006年3月 5日 (日)

轟轟戦隊ボウケンジャー・転がり続けるガジャ様の生き様

本日の「轟轟戦隊ボウケンジャー」、2ちゃんのスーツアクタースレによると、ボウケンピンク役の中川素州さんが骨折の為、3月の放送分については大事を取って休養とのレスがあったので、ボウケンピンクの動きに注目して見てみました。
JAEのサイトで出演情報を見て見ると、今月のボウケンジャー出演者に中川さんの名前がないので、怪我をされたという話も全く根拠のない話ではないと思われますが・・・。
でもOPのクレジットには中川さんの名前があるんですよねぇ。
本日のボウケンピンクは戦闘シーンだけ、芝居の部分はなし。
止め画も名乗りシーンのみでしたので、なんとも判断がつきませんでした・・・。

身長は普段と変わらないっぽいし、OPクレジットに名前のあった大林勝さん(「カーレンジャー」のイエローレーサーでレギュラー女形経験有り)が代役だと、
中川さんよりも肩幅があるように思えるのですが、本日見る限り、言われてみればなんとなく上半身ががっちりしているよーな?と感じる程度。
「中川さん怪我で代役」の予備知識がなければ、恐らく気が付かない程度の事です。
私も「戦隊ヒロイン女形」の目利きがまだまだ足りませんなぁ、反省です・・・。
もし中川さんの怪我が事実であれば、どうぞご自愛くださいませ。
ファンは慌てず急いで正確な復帰を待っておりますから。

さて、ストーリーの方では・・・。
ゴードムの神官ガジャのおぢさんは、この先ずーっとああなんでしょうかね(笑)。
他の組織に話を持ちかけても、「ひょーろく玉はすっこんでろぃ!」みたいなトホホな扱われ方されて・・・。
演じる大高洋夫さんの、負け組なのにやたらエラそーな態度と、現実の八方塞りな立場のギャップが愉快。
虚勢の張り方と実のない脅迫の見本のような方です。
私的には、往年のベルクカッツエやゲルサドラ(こいつらほど凶悪でもなさそうですが)を彷彿とさせるキャラであるガジャおぢさん。蜂須賀さん&中川さんの
女形と共に、この番組の欠かせない見所となったおぢさまの、転がり続けるワシの生き様をしばらく生暖かい目で見守っていきたく存じます。

« 越後線・青山駅 | トップページ | 湘南電車から113系電車引退・青春も遠くになりにけり »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 越後線・青山駅 | トップページ | 湘南電車から113系電車引退・青春も遠くになりにけり »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー