最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の記事

2006年2月21日 (火)

戦後初の国産ジェット機初鷹T-1を称えよ!

私の贔屓の一書である「世界の傑作機」(隔月刊)、その最新号は、゛富士 T-1゛。
愛称は゛初鷹゛。
航空自衛隊初の国産ジェット練習機、否、日本史上初の国産実用ジェット機なのであります。

我が国戦後の実用航空機といいますと、一般には旅客機のYS-11が知られており、某国営放送のエックスな番組でも前後編で取り扱われておりましたので、御記憶の方も多数おられるかと存じます。
YS-11は昭和31年に計画発表、37年8月に一号機初飛行。
戦後、否日本史上初の、最初から旅客機として設計開発され実用化した機であり、日本の航空史上、航空機の平和利用の象徴として燦然と輝く存在であります。

一方、T-1はというと・・・昭和30年に計画(機体設計命令)がスタート、33年1月に1号機初飛行(機体の設計開発は国産、エンジンのみ外国製。後のT-1A)、35年5月にはエンジンも国産開発のタイプ(後のT-1B)が初飛行。
YS-11の初飛行を遡る事4年半前、完全国産開発型のそれは2年強前の話になります。
その後T-1は試作機と量産機合わせて66機が製作され、38年7月に完納式を迎えています。
性能もジェット機操縦の初歩を学ぶにはうってつけのものだったそうで(性能を欲張らなかったからなのでしょうが)、昭和40年にはオーストラリア空軍が注目して調査団が来日、各種テストを実施しています。
相当の好感触だったとの事ですが、残念ながら採用には至らず・・・。
武器輸出三原則が生まれる2年前の話ですが、性能上の問題(着陸速度の要求値が空自より低いので改修が必要)以外にもまぁ、色々あったんでしょうね。
軍用機を輸出となれば、反戦平和民主人権なマスゴミさんや所謂<進歩的文化人>な方々が大騒ぎするでしょうしね・・・。
例え武器輸出三原則が生まれた後の話であっても、民主主義国家で大きな紛争に関わっていない(厳密に言えば、インドネシアとの小競り合いやベトナム派兵があったりしますが)オーストラリアへの輸出には支障ないはずなんですけどね。
後にそれが三木政権下で拡大解釈され、冷戦後の今に至るまであーだこーだとおエライさんたちの言葉遊びが・・・。
私的には、スウェーデン並みの規制(共産国・全体主義国、紛争当事国及び前科があって今後もその恐れのある国への武器輸出を禁ずる)で、後は国益と充分照らし合わせた上での輸出ならOKですが・・・。
そうなれば先進国間の兵器共同開発計画にも大手を振って参加できますし。
武器を実際に輸出するよりも、こちらの効用の方が高いでしょう。
我が国も限られたリソースで国の防衛を全うする為には、高度技術兵器及び諸システムについて早晩多国間兵器開発計画に首を突っ込まざるを得ないかと・・・。
こういう事書くと、゛純情正義真っ直ぐ゛な方からのご批判を受けるかと思いますがね・・・。

閑話休題
パイロットとしてのイロハを学ぶ初等練習過程と、戦闘機パイロットへの入り口である基本操縦過程の間で、パイロットの卵たちにジェット機の何たるかを教える第2初等練習過程に用いられて、長年に渡り航空自衛隊、ひいては日本の防衛に地味ながら大きく貢献してきたこのT-1も、既に平成13年3月を持って第2初等練習機としての役目を終え、この3月を持って、終の棲家となった小牧基地の第五術科学校からも退役。
初飛行以来半世紀近いその歴史に幕を閉じます。
恐らく退役の日を迎えても、例によって反戦平和な民主人権マスゴミさんたちが報じる事はないのでしょうけれど(産経あたりはベタ記事で載りそうな気がしますが)、戦後の技術大国日本の礎の一つを確実に成した存在として、軍需民需の垣根を越えて、YS-11と並び立つ、注目され賞賛されてしかるべき名機であると私は想うわけであります。

2006年2月19日 (日)

日本一の仮面ヒロイン女形蜂須賀さんは神っ!

本日よりスタートした戦隊新シリーズ「轟轟戦隊ボウケンジャー」、第一話をさっそく視聴。
私はいい歳ぶっこいて子供番組(それも対象年齢3歳の)に対して、ドラマ性がどーのこーのとか、大人気ないヲタ批評などする気はさらさらございません。
戦隊モノの場合、ヒロイン(特に変身後)がいかに魅力的か、頭からっぽでお気楽に見れる内容か(辛気臭いのはライダーだけでいいでしょう)、その2点が視聴を続けるか否かの判断材料です。
前々シリーズの「デカレンジャー」はデカイエロー変身前後(変身後の橋本恵子さんは、「ビーロボカブタック」のテントリーナ役で私のおふぇちハートを萌え狂いそうにヒートさせた方ですし)を目当てに見始めたら、ストーリー自体にもそこそこハマって全話録画したものですけど、前シリーズの「マジレンジャー」は第2話でマジマザーが降板した時点で視聴中止。
元々「魔法」のようなファンタジックな話はイライラするタチなので(だからハリーポッターとか大嫌い)、話にも馴染めませんでしたし。
マジマザー復活と聞いて、最終話は録画しましたけど(まだ見てないが)。

前置きが長くなりましたが、「ボウケンジャー」第1話Aパートはほとんど仮面劇。それもブラックとイエロー、特にボウケンイエロー=蜂須賀祐一さんの一人舞台で、蜂須賀さんの女形ファンの私は感涙にむせんだ次第! 
「蜂須賀節健在ナリ!」
ガオホワイトを見ると、お若い頃に比べると体の線がやっぱりなぁ・・・(スーツの白色が余計にそう見せるんですけど)、演技も変身前のキャラとなんとなく合ってない気がしていて、流石の蜂須賀さんも女形はそろそろ・・・と残念に思っていたのですけれど(マジマザーは出番が少ないのと静的なキャラなので、゛らしさ゛の点ではどーかなぁ)、ボウケンイエローは天然不思議系のキャラで身振り手振りで
とにかく動く喋る! 
第1話の時点でしっかりキャラ立ってます。
番組スタート冒頭から変身後の演技でキャラ立ちって、戦隊の歴史上類例を見ないように感じられますが・・・。
変身前の中村知世嬢、蜂須賀さんのテンションに合わせてのアフレコ大変だったんじゃね?

一方、もうひとりの女形、「カーレンジャー」のピンクレーサー役で私のおふぇちハートを萌え狂いそうにヒートさせた中川素州さん演ずるボウケンピンクは、
今回は見せ場なし・・・。
キャラもクールでサブリーダー格。
タイムピンク型の静かな演技になるのでしょうね。

蜂須賀さん&中川さんのレギュラー女形揃い踏みと、仮面ヒロイン女形ファンにとっては盆と正月がいっぺんに来たかのような狂騒の一年になりそうな予感です。
お二人の演技に大いなる期待を抱きつつ、今後も逐一「ばけのかわ」でレビュー
していきたい所存です。

 

2006年2月 7日 (火)

オーストラリア海軍のミサイルフリゲート近代化計画

豪 ADI 社が近代化改修を施していたオーストラリア海軍のミサイルフリゲート・HMAS Sydney が、改修作業を終えて洋上公試を開始しました。
新たに導入したシステムを 2 ヶ月がかりでテストした後、艦を海軍に引き渡すとの事。
ttp://www.kojii.net/news/news060203.html

Sydney(シドニー)はアデレード級ミサイルフリゲートの3番艦で1983年に就役しています。
70年代末~80年代末、米海軍に51隻が就役したO.H.ペリー級ミサイルフリゲイトの同型艦です。
このクラス、外見はよく言えば機能重視、悪く言えば軍艦としての様式美や威容に欠けるなど、軍艦ヲタの中でも好悪が分かれる艦型でありますが、私はこのクラスの艦型も性能も非常に素晴らしく感じるところで・・・。
艦隊防空用SM1ミサイル(対空システムの関係で機能は限定されてしまいますが)を装備し、上級艦の指揮下においてなら強烈度紛争への投入も可、中周波ソナーと曳航ソナーにより沿岸・大洋両方での対潜戦に従事でき、運用コストが安価なのとヘリコプター2機の運用能力により、排他的経済水域(EEZ)哨戒も沿岸での対テロ戦もOK。
欲張らなければ一粒で二度も三度も美味しい類の艦であります。
米海軍を早期退役した艦が少なからず同盟・友好国海軍に引き渡されて主力艦の地位を占めるのも当然でしょう。

さて、オーストラリア海軍の保有する水上戦闘艦艇は大別して3つのカテゴリーに分けられます。
A:低~強烈度紛争に対処可能な艦(艦隊防空能力を有する)
→ミサイル駆逐艦(現在保有せず)。
B:低烈度紛争対処及びEEZ哨戒を主たる任務(我が国海上保安庁のヘリコプター搭載型巡視船と同様)とする艦(対空防御は個艦レベル)
→アデレード級ミサイル・フリゲイト6隻、アンザック級フリゲイト8隻。
C:沿岸哨戒を主たる任務とする艦→フリーマントル級哨戒艇15隻。

上記の記事のシドニーの改修は、カテゴリーAの艦不在の穴を埋める為のものであります。
その内容は、艦隊防空用ミサイルをSM1MR(射程40km、既に生産も終了し、賞味期限もギリギリ)を本来イージス艦用のSM2MR(射程70km)に換装、さらに新規に短射程(30km)の最新型対空ミサイルESSM用VLSを8セル(ESSMを最大32発収容可能)搭載。
対空ミサイルの更新に伴い、既設の二次元対空レーダーをアップグレードといった具合。
これらの改修はアデレード級6隻全てに実施される訳ではなく、1・2番艦は改修を行わず退役となります。
ただ、いくら対空ミサイルの射程を延長し、二次元対空レーダーの能力を図ったところで、三次元レーダーを搭載せず(艦隊防空用ミサイルの全能力発揮には三次元レーダーが必要不可欠)、個艦防御に毛の生えた程度の従来型戦闘システムしか持たないのでは、せっかくのSM2ミサイルも宝の持ち腐れと成りかねません。
艦隊防空を考えないのなら、SM1とそれに関連する装備を全て撤去して、代わりにVLSの数を倍の16セルにするのも一考と思いますが・・・。

艦の余命(艦齢35年としてあと10年強)とコスト、課せられる任務の様態を考え合わせた場合、今回の改修以外に良策が思い浮かばないのも事実で、オーストラリア海軍としても窮余の一策なのでしょう。
SM2MRに加えてESSMを新たに搭載するのは、前者の全能力発揮が期待できないのを見越しての保険の意味?。

ちなみに本家本元の米海軍にはペリー級が30隻が在籍しておりますが、イージス艦が水上戦闘艦の標準型(水上戦闘艦91隻中イージス艦は61隻)とあっては、旧式で整備に手間のかかるSM1用のMk13ランチャーとその関連装備は全て撤去しています。
おかげでミサイルランチャーを撤去された前甲板はスカスカで、元々薄いと酷評する向きの多かった軍艦としての威容もさらに薄く、見かけの武装はコーストガードの大型カッター(巡視船)並みです。
米海軍の場合はペリー級に所期の艦齢を全うさせる事なく、近い将来全艦退役の運命にあります。
そして現任務の沿岸での対テロ戦や麻薬密輸対処に今の装備で間に合っている以上、先の見えているフネにカネをかける必要はないからですが、写真を見るたび激しく違和感を覚えてしまいます。
主砲のない戦艦を見ているようで。

オーストラリア海軍はかつてパース級というミサイル駆逐艦を3隻保有(1965~67に就役、前述のSM1MRを装備)して海軍の主力としていましたが、寄る年波には勝てず今世紀初頭に退役。
これによりオーストラリア海軍は三次元レーダーを搭載する艦が不在になり、艦隊防空能力を喪失してしまいました。
一時は米海軍を早期退役したミサイル駆逐艦キッド級4隻(イージス巡洋艦と同船体ながら、防空システムがイージス以前のもので能力が劣り、加えてトマホークの搭載が艦のキャパシティ不足で不可能な為リタイア)を購入する案も検討されましたが、このタイミングで中古艦を導入すると、次世代新型艦の導入時期が先送りになると造船業界を中心に反対意見が起こり結局見送り(その後台湾への引渡しが決まり、最初の2隻が昨秋に就役)になり、今日に至っております。
その結果、相応の経空脅威が存在する海域への艦艇派遣は極めて限定的(米軍の絶対的航空優勢下が絶対条件)となりました。
一方、独立主権国家たるもの、同盟国の米国が介入しないEEZ等の問題(オーストラリアの場合、対東南アジア、特に昔から色々摩擦対立のある対インドネシア)でも軍事力の行使に踏み切らざるを得ない事態を想定しなければなりませんので(我が国の場合なら竹島で対韓国、尖閣で対中国)、渡洋作戦が大前提のオーストラリア海軍にとって、艦隊防空体制が甚だ不安な現在の状態はそうそう放置できる問題ではありません。
海軍はイージス艦3隻の取得を決定し、その1番艦は2013年に就役予定。
これら3隻が完全に戦力化し、カテゴリーAの艦隊防空任務を遂行可能になるまでのストップギャップを勤めるのが今回のシドニー、そしてこれに続く残り3隻の改修なのであります。

2006年2月 4日 (土)

He came to us from a star

先日、本屋で「君はウルトラマン80を愛しているか」という本を手に取りました。
手に取った動機は不純で・・・(汗)。
第49話と50話(最終回)に登場した、ウルトラ史上2人目の実写女性ウルトラマン・ユリアンを演じた清田真妃さんのインタビューを期待してしまったからで。

清田さんは「仮面ライダーストロンガー」の電波人間タックルや「ザ・カゲスター」のベルスターのアクション吹き替えと「ゴレンジャー」のモモレンジャーを一時期担当した、いわゆる「スーツアクトレス」の草分け的存在。
ウルトラの母(ウルトラマンタロウ当時)は男性が演じていたので、清田さんは史上初の「映像作品内でウルトラマンを演じた初の女性」。
その意味からも取材の対象としてふさわしい方と常々思い、期待していたのですが残念です・・・。

この「ウルトラマン80」という作品、私が初めて「ストーリー性」を意識して見た最初の新作実写ウルトラマン。
前番組のアニメ「ザ・ウルトラマン」もそういう部分を意識して見てましたが、”ウルトリア”のあたりから見なくなりました。
ヤマトの二番煎じみたいで・・・。
主役の2人が古代進(ヒカリ超一郎)とデスラー総統(ウルトラマンジョーニアス)だったからなおの事。

初期の「ウルトラマン先生」路線はそれなりに面白く見ておりましたが、2クール目からの所謂「SF編」からは、見逃してもあまり後悔しないようになり、SF編の最終回(第30話)「砂漠に消えた友人」の次回「怪獣の種飛んだ」の、前回とのストーリーとのギャップに愕然として呆れ果て(この回から「ゲストの子供中心話」に再度の路線変更)、以降ユリアン変身編まで全く見ませんでした。
ちなみにリアルタイム放送中のウルトラマンを「見放した」のは、この80とコスモス(第一話の時点で視聴終了、以後全く見ず)、そして現在放送中のマックス
(前番組のネクサスにハマっていたので、第一話のあまりに無理めな内容に即視聴中止、ゼットンの回は見たけどやっぱりトホホな(ry)。

パラパラ見るに、スタッフの方々からはあまり肯定的でない発言がチラホラ。
「ウルトラマン先生」→「SF」→「ゲスト子供中心」と、ウルトラマンでは他に類例のない路線変更(エースやレオもかなりキツかったけれど、作品の空気や雰囲気自体は連続性があった。しかし80は特に「SF」→「ゲスト子供中心」でそれらもガラリと変わっちゃった感が強かったもんなぁ)。
かつてのウルトラシリーズの栄光再現を要求され、それがままならずに、しかし途中で逃げ出すわけにはいかずに最後まで悪戦苦闘したスタッフの慙愧の声なのでしょう。

そんな冴えない印象の80ですが、最終回の決着のつけ方(人間側が、ウルトラマンの助力を断り、自らの知恵と勇気で最強とも思われる大怪獣を倒す)は、初代ウルトラマン以来の「地球人の自決権とウルトラマンの存在」の問題に明確な答えを提示した点で素晴らしいと思いますし、ラストシーンに流れる歌「心を燃やすあいつ」を背に地球を去る80とユリアンの姿は清々しく穏やか。
悲愴感や寂しさを湛えつつクロージングを迎えた他のウルトラマン達とは違った「親しい友との、いつの日にかの再会を約した別れ」の印象を鮮明に覚えています。
ラストカットの長谷川初範氏の最期の「エイティ!」の余韻も忘れられませんね。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー