最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« タイフーンJはいかが? | トップページ | He came to us from a star »

2006年1月31日 (火)

道遥かか日沿道

1/28付の朝日新聞地方版によると、新潟県は未開通の日本海沿岸東北自動車道(通称・日沿道)中条-朝日間(30km)について、高速道路会社が
建設する「有料道路方式」だけでなく、国と県による建設方式「新直轄方式」の採用も検討しているそうです。
要望書を近く国に提出、来月7日の国交省の会議で、どちらの方式により建設を進めるか決定される模様。

当該区間は現在「有料道路方式」で建設が進められておりますが、公共事業に逆風吹き荒れる昨今、ともすれば「不要不急」の烙印を押されかねない厳しい状況下であり、県負担(建設費の1/4、残りは国の負担)をしてでも早急の開通を求めたいのでしょう。
山陰自動車道の建設是非でも論議されておりましたが、広域救急医療の問題で、これからの高齢化時代を鑑みて医療過疎地域と地域中核都市を結ぶ高速道路は絶対に必要という観点からの建設推進論があり、こちらも同様の観点から・・・のようですが、「有料道路方式」でのそのような主張は少々無理があるとも感じられ、地域福祉の向上を高速道建設の目的の重要な要素として掲げるのであれば、地域の福祉=自治体の責務として応分の地元負担を伴う「新直轄方式」のほうが、理屈には合っております。

この方式だと、建設費回収「有料道路方式」は高速道路会社が建設費を全額負担する為、通行料による回収が必要)の必要がないので、基本的に通行料は無料になります。
まぁ実際のところ、建前はそうでも、県財政の逼迫度から考えると建設費負担分相応の料金設定は必要かもなぁとは思いますが・・・。
ちなみに当該区間の総事業費は1300億円(MD能力無しのイージス艦と同額程度、ラプターFMSで7機程度・・・距離を考えると高いんだか安いんだかビミョーな感じ・・・)で、県負担は320億円程、コスト削減と交付税措置で、実質負担は20億円程と我が県のお役人様はおっしゃっておいでですがね・・・。

日沿道沿線の他県も、「新直轄方式」での建設に切り替えておりますが、いずれも「自県内区間」のみ。県境区間はいずれも未着手のまま。
福祉云々は別にして、高速道本来の目的は広域高速ネットワークの確立。
それなのにこれじゃあなぁ・・・。地元負担でバイパス整備やってるようなもの。整備新幹線や空港整備もそうだけど、もう少し「マクロ的な視野」を各自治体に
は持っていただきたいところ。
特に我が県は従来より「対東京一辺倒」。県の地勢的位置の特異さ(東北とも北陸とも断言できかねる曖昧さ)から、周辺各県との連携はなんだかなぁ~な印象だし。
このような懸案を奇貨として、周辺各県との一層の対話、連携の強化に繋げていただきたく思う次第です。
県境区間の建設が、「新直轄方式」方式で自治体間の負担割合を巡る攻防がいつしか泥試合に、または自己負担のない「有料道路方式」に固執した
あげく、事業計画見直しで計画自体お蔵入りなんて事態はご勘弁願いたい。
県境区間の朝日-温海間、山形県側の温海-鶴岡間とオールインワンの1セットとして、山形県と徒党を組んで国と談判するぐらいの度量があっても
いいんじゃないかなぁ。
日沿道沿線各県相互交流の交通ツールは実に乏しく、鉄道は新潟-酒田(山形県)間の在来線高速化が基本方針として定められた程度で実質放置
プレイ状態、航空は相互間の路線なし・・・。
これまでいかに交流がなかったかを雄弁に物語っておりますが、今まではソレ、これからはコレ。
日沿道の早期全通という共通の目標達成の過程を通じて互いの紐帯を確かなものとし、きたるべき環日本海時代を体現する不動の礎と成れ!・・・なんて、
青臭い書生論をちょっと吼えてみますたw。

 

« タイフーンJはいかが? | トップページ | He came to us from a star »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

備忘録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイフーンJはいかが? | トップページ | He came to us from a star »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

にほんブログ村 その他趣味ブログ

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ