最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年6月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の記事

2005年10月30日 (日)

さよなら南夕子

私の初恋の人は「ウルトラマンA」で北斗星司隊員とAに合体変身する南夕子隊員。
その南隊員を演じた星光子さんの公式サイトが、明日31日をもって閉鎖されます。
最初から一年間の予定だったようですが、何とも残念です・・・。
私のプロフィールその他を見た方の中には

アンタの初恋の人ってミスアメリカじゃないの?

と思われる向きもあろうかと存じますが、ミスアメリカは「性的に女性を見る」最初の存在。
それに対し南夕子隊員は純粋に「憧れのお姉さん」。ヒーローと共に悪と戦う強さと健気さ、和風な佇まい、北斗隊員に対して見せる信頼、時にはそれ以上とも思える感情・・・。
第14話ラスト、星空を見上げながら牽牛と織姫の事を話す北斗に、
「じゃあ、私たち(の関係)は何なのかしら?」
と何気に言う姿(以外な?言葉に思わず夕子を見る北斗)、第23話で精神錯乱を疑われる北斗をただひとり信じ続ける姿(北斗をメディカルセンターに送る車中でのふたりの会話がいいですな~)、第25話で異星人の女に肩入れする北斗に、嫉妬のよーな視線。
そして第28話、唐突に月星人という正体を明かし、仲間の待つ冥王星へ帰っていく姿・・・
「北斗隊員、これからはあなたひとりでウルトラマンAになるのよ」・・・。
幼心に胸をかきむしられるような気持ちでした(バックに流れる音楽「さよなら南夕子」がこれまたいいんです)。第28話は今見てもそういう感情が溢れ出てしまって目頭が熱くなりますからねぇ。
人間には好む好まざるに関わらず、必ずかけがえのない人との別れがやって来る、人生一期一会。そういう事に思いを馳せます。
「南夕子」という女性を演じた事による、様々な想い・葛藤を抱えつつ歳月を重ねてこられた星光子さんの等身大の人間像にも触れる事のできたあのサイト、過去ログは当分見れるとの事ですが、星さん御本人の新たなお話に触れる事はできない
ようです。これで「南夕子」とは今度こそ本当にさようならなんでしょうか・・・。
例え更新のペースが遅くとも、ファンはずっと待っていますから、さようならとは言わないで欲しく、強く願う次第です。

 

2005年10月28日 (金)

キティホークの後継空母はやはり原子力艦か

米海軍はかねてより懸案であった横須賀を事実上の母港とする空母「キティホーク」(CV-63)2008年退役後の後継艦として原子力空母配備を決定したそうです。

「キティホーク」は1961年の就役で今年44年目の大ベテラン。
80年代末にはSLEP(艦齢延長計画)を実施しておりますが、これ以上の延命は費用対効果が悪すぎて選択の余地なし。
一方、2008年以降も現役に留まる予定だった米海軍最後の通常動力型空母「J.F.ケネディ」(CV67)は1968年の就役。昨年までは2018年に退役という
スケジュールで、「キティホーク」の後継はこのフネかと思われたのですが、例のやらずもがなのイラク戦争の戦費増大も影響したのか、来年に退役させるとの観測も当の米海軍筋からチラホラといった状態。

原子力空母配備の話も数年前からチラホラ目にしてましたが、日本国民の核に対する感情を考慮し、横須賀への空母配備は取り止め、ハワイかグアムに再配備、地元も経済効果を期待してウェルカムなんて話がもっともらしく聞こえ、あるいは・・・と思っておりましたが、結局泰山鳴動して鼠一匹も出ずってのは大げさ?

台湾有事や北朝鮮問題の先鋭化の可能性を考えると、ハワイでは即応性にやや不安、グアムではインフラ整備に巨額のカネが必要でしょうし(今まで空母配備していなかったんだから、ゼロから始めなきゃ)、そのカネの捻出が一大事、ならば原子炉は停泊中止めるからと適当な事言って日本人を丸め込んで・・・なんでしょうな。
配備してしばらく運用した後で、やっぱり原子炉関係も横須賀でメンテしたいからその設備にかかるお金、君たちお願いね♪なんて、なし崩し的にタカられそうな悪寒・・・。
日米安保は日本の生命線だと強く思うし、米海軍の日本への空母常駐も多少軍事を聞きかじればやむを得ないと思うけれど、日本人の手の及ばぬ原子炉が日本の(それも首都圏の)港に半永久的に存在し続ける(配備されるニミッツ級原子力空母の後継艦も原子力推進と決まっていますので、将来、横須賀配備艦が退役すれば、米海軍が前方展開戦略を続ける限り、後継艦は当然原子力推進)事に対して、日本政府は米政府に声を大にして、一言物申して欲しい。

それにしても・・・米海軍当局者は「日本国民の微妙な感情を考慮云々」なんて言ってたけど、その微妙な感情の原因が自分たちにあるって事をわかっているのかねぇ? 
どーも他人事のように聞こえてならないんだけど・・・。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年11月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー