カテゴリー「新潟県民放テレビ欄」の記事

2019年9月22日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移・昭和編の総括(アニメ編)

「新潟県民放子供向け番組放送の推移」の昭和編総括第二回はアニメの放送状況についてです。

まず未放映作品について。
新潟県民放四局で未放映に終わった主なアニメ作品は下記の如しです。

民放一局(BSN)時代(~昭和43年12月)
「ちびっこ怪獣ヤダモン」(フジテレビ系、昭和42年10月~43年3月)
アニメの本数がそれほど多くなかった時代なので、民放二局化されてから放送した作品もあるとはいえ、この時期のメジャーな作品は概ねフォローされていました。

民放二局(BSN、NST)時代(昭和44年1月~56年3月)
「どろろ」(フジテレビ系、昭和44年4月~9月)
「チャージマン研」(日本テレビ系、昭和49年4月~6月)
「妖怪伝 猫目小僧」(東京12チャンネル系、昭和51年4月~9月)

「どろろ」が未放映なのは意外でした。
手塚アニメなのに関わらずこの作品が未放映だったのは、やはり初期の暗い作風と百鬼丸の設定が問題だったのでしょうか?

民放三局(BSNNSTTNN)(昭和56年3月~58年9月)
この期間は主な作品で未放映の事例はありません。

民放四局(BSN、NST、TNN、NT21)時代(昭和58年10月~)
「マシンロボ クロノスの大逆襲」(テレビ東京系、昭和61年7月~62年5月)
「マシンロボ ぶっちぎりバトルハッカーズ」(テレビ東京系、昭和62年6月~12月)

民放四局時代になったのに関わらず未放映作品が存在するのは、昭和60年以降BSNとNSTの夕方子供向け枠が消滅または大削減されてしまったのが要因と言えるでしょう。
特に昭和59年までは夕方五時台の枠でテレビ東京系の作品をよく放送していたBSNが、昭和60年からその枠を一般向けドラマの再放送枠にしてしまった影響が非常に大きいのです。

続いて再放送について。
新潟県の民放のアニメ再放送は女の子向けやファミリー向け(世界名作劇場など)が多くて、男の子向けのSFやロボットアニメはかなり少ないという顕著な特徴があります。
他県もやはりそういう状況だったのか、それともこのような状況は新潟特有だったのか実に興味あるところです。

まず特撮作品と直接比較競合の対象になるSFやロボット、アクション、スポ根作品の再放送状況(外国作品は除く)はこのようになっています。

再放送7回
「ルパン3世(第2シリーズ)」(TNN昭和57年1月~10月、TNN昭和58年9月~59年5月、TNN昭和60年1月~7月、TNN昭和61年4月~8月、TNN昭和61年10月~62年3月、TNN昭和62年7月~8月、TNN昭和62年11月~63年3月)

「ルパン」の第二シリーズはかように再放送の機会が多いのですが、第2シリーズは全155話なので月曜~金曜の帯放送でも全話放送には31週つまり七ヶ月ほどかかります。
したがって再放送で全話放送したのはおそらく3回、昭和61年以降の再放送は途中で打ち切りもしくはセレクション放送になります。

再放送3回
「妖怪人間ベム」(BSN昭和45年9月~46年3月、BSN昭和48年11月~49年1月、TNN昭和59年6月~12月)
「巨人の星」(BSN昭和47年4月~48年1月、BSN昭和51年6月~52年4月、BSN昭和59年6月~60年4月)
「タイガーマスク」(BSN昭和48年1月~6月、BSN昭和54年2月~8月、BSN昭和56年3月~8月)
「機動戦士ガンダム」(BSN昭和57年7月~8月、NT21昭和59年11月~60年1月、NT21昭和61年11月~62年3月)

再放送2回
「ジャングル大帝」(NST昭和46年2月~5月、NT21昭和61年4月~7月)
「黄金バット」(BSN昭和45年5月~46年5月、BSN昭和48年8月~11月)
「マッハGOGOGO」(NST昭和45年5月~7月、BSN昭和50年9月~12月)
「サスケ」(BSN昭和48年4月~11月、昭和55年3月~5月)
「忍風カムイ外伝」(BSN昭和49年3月~5月、BSN昭和55年7月~9月)
「ルパン三世(第一シリーズ)」(TNN昭和57年10月~58年3月、昭和62年9月~11月)
「科学忍者隊ガッチャマン」(NST昭和51年8月~52年1月、NST昭和58年10月~59年3月)
「宇宙戦艦ヤマト」(NST昭和52年8月~53年2月、NST昭和53年7月~8月)
「タイムボカン」(NST昭和54年8月~11月、NST昭和59年12月~60年4月)
「がんばれ元気」(NT21昭和61年2月~4月、TNN昭和62年3月~5月)
「キャッツ・アイ(第一シリーズ)」(TNN昭和60年12月~61年8月、NT21昭和63年4月~6月)

再放送一回は多数に及ぶので詳細は割愛させていただきますが、マジンガーシリーズやタイムボカンシリーズの「ヤッターマン」から「逆転イッパツマン」、
新旧の「鉄腕アトム」「あしたのジョー」「超電磁ロボコン・バトラーV」「銀河鉄道999」「サイボーグ009(新作)」「宇宙戦艦ヤマトⅢ」「伝説巨神イデオン」「太陽の牙ダグラム」「装甲騎兵ボトムズ」「スペースコブラ」「超時空要塞マクロス」は再放送を一回行っています。
一方、メジャー作品でも「ゲゲゲの鬼太郎」「ゲッターロボ」「宇宙戦艦ヤマト2」は再放送の機会に恵まれませんでした。
(ただし、「ヤマト2」は平成に入ってから再放送が一回あります)

このような所謂「男子向け」アニメの再放送の機会が製作本数の割には明らかに少ないのに比べて、女の子向けやファミリー向け作品は再放送の機会が格段に多くなっています。

再放送7回
「トムとジェリー」(BSN昭和46年3月~47年4月、BSN昭和48年2月~5月、BSN昭和52年9月~53年1月、BSN昭和56年8月~57年2月、BSN昭和57年5月~7月、BSN昭和58年4月~7月、TNN昭和63年7月~8月・11月~12月)

「トムとジェリー」は戦前から1980年まで多数の作品が製作されていて、放送の実態を把握するのは不可能です。

再放送5回
「魔法使いサリー(旧作)」(BSN昭和44年10月~46年12月、BSN昭和48年5月~11月、NST昭和50年10月~51年3月、NST昭和53年5月~8月、BSN昭和58年8月~60年4月) ※これ以外に昭和61年10月下旬にNSTで数本放送
「ムーミン」(NST昭和47年11月~48年3月、NST昭和49年2月~5月、NST昭和52年12月~53年6月、BSN昭和57年9月~11月、BSN昭和59年5月~8月)
「ど根性ガエル」(BSN昭和50年12月~51年6月、BSN昭和53年10月~54年2月、BSN昭和56年8月~9月・11月~12月、BSN昭和57年3月~7月、NT21昭和60年8月~61年1月)

再放送4回
「ハクション大魔王」(NST昭和52年2月~9月、NST昭和53年7月~9月、TNN昭和56年9月~57年1月、NT21昭和59年6月~8月)
「魔女っ子メグちゃん」(NST昭和52年4月~7月、NT21昭和59年3月~6月、TNN昭和60年8月~61年3月、TNN昭和62年2月~平成2年1月)
「フランダースの犬」(NST昭和52年12月~53年4月、NST昭和58年1月~3月、NST昭和59年3月~6月、NT21昭和62年3月~5月)

再放送3回
「ポパイ」(BSN昭和45年9月~46年11月、BSN昭和48年12月~49年3月、BSN昭和56年8月・9月~11月)
「さるとびエッちゃん」(TNN昭和58年7月~9月、BSN昭和60年10月~61年1月、BSN昭和63年6月~8月)
「アンデルセン物語」(NST昭和50年1月~5月、BSN昭和58年10月~59年1月、NT21昭和61年9月~11月)
「山ねずみロッキーチャック」(NST昭和50年5月~11月、BSN昭和58年5月~8月、NST昭和61年1月~4月)
「アルプスの少女ハイジ」(NST昭和52年7月~9月、BSN昭和58年3月~5月、NST昭和60年8月~11月)
「カリメロ」(TNN昭和58年3月~7月、TNN昭和62年1月~3月、NT21昭和63年9月~10月)
「元祖天才バカボン」(NST昭和55年5月~7月、TNN昭和57年4月~58年6月、昭和58年10月~59年10月)
「一休さん」(昭和56年7月~9月、NT21昭和58年10月~昭和59年2月、NT21昭和61年6月~平成元年11月)
「母をたずねて三千里」(NST昭和52年2月~5月、NST昭和58年3月~6月、NST昭和59年10月~60年1月)
「キャンディキャンディ」(NST昭和53年5月~10月、NT21昭和58年10月~59年5月、NT21昭和62年9月~63年1月)
「ペリーヌ物語」(NST昭和57年11月~58年1月、NST昭和59年3月~6月、NT21昭和61年7月~9月)

「元祖天才バカボン」は30分枠で全103回なので、月曜~金曜の30分帯放送でも全話放送するのに五ヶ月弱かかります。
従ってNSTでの初回再放送はセレクションもしくは途中打ち切りだったと思われます。
TNNでの再放送ではまず週一回の30分枠放送を行い、30分枠放送終了から四ヶ月後に週一回の15分枠放送を行っています。
おそらくTNNの二回に分けての放送で、ようやく全話の再放送を行ったと推察されます。
「キャンディキャンディ」の三度の再放送は、今となっては極めて貴重でした。
今では円盤での視聴さえ出来ませんからねぇ。

再放送2回
「リボンの騎士」(NST昭和45年12月~46年2月、BSN昭和49年6月~7月・10月~12月)
「ひみつのアッコちゃん」(NST昭和48年5月~10月、NT21昭和59年5月~9月)
「アタックNo1」(NST昭和53年8月~54年2月、NST昭和59年6月~10月)
「もーれつア太郎」(TNN昭和58年5月~7月、TNN昭和60年4月~6月)
「花のピュンピュン丸」(TNN昭和58年9月~11月、TNN昭和62年6月~8月)
「新オバケのQ太郎」(NST昭和51年5月~12月、NST昭和54年10月~55年1月)
「みなしごハッチ」(NST昭和53年6月~10月、NST昭和58年6月~10月)
「魔法使いチャッピー」(NT21昭和59年2月~3月、BSN昭和61年1月~4月)
「ハゼドン」(NST昭和51年3月~5月、TNN昭和59年10月~昭和60年4月)
「小さなバイキング ビッケ」(BSN昭和58年8月~10月、NST昭和61年4月~7月)
「星の子チョビン」(BSN昭和50年4月~6月、BSN昭和58年1月~8月)
「はじめ人間ギャートルズ」(BSN昭和53年4月~7月、BSN昭和57年7月~12月)
「てんとう虫の歌」(NST昭和52年7月~12月、NST昭和58年11月~59年4月)
「ドンチャック物語」(BSN昭和52年4月~53年4月・7月~8月、TNN昭和58年11月~59年3月)
「ピコリーノの冒険」(NST昭和55年12月~56年4月、NT21昭和60年2月~10月)
「家なき子」(TNN昭和56年5月~8月、NT21昭和62年5月~7月)
「ろぼっ子ビートン」(BSN昭和57年11月~58年2月、TNN昭和60年4月~8月)
「赤毛のアン」(NST昭和59年4月~6月、NST昭和62年10月~12月)
「魔法少女ララベル」(NT21昭和60年3月~6月、BSN昭和63年2月~6月)
「ふしぎな島のフローネ」(NST昭和57年4月~6月、NST昭和60年11月~61年1月)
「南の虹のルーシー」(NST昭和59年6月~9月、NST昭和62年5月~8月)
「あさりちゃん」(NT21昭和59年12月~60年3月、NT21昭和62年12年~63年3月)
「わたしのアンネット」(NST昭和60年6月~8月、NST昭和62年12月~63年2月)
「さすがの猿飛」(NST昭和61年1月~3月、NST昭和62年4月~7月)

再放送一回については非常に多いので割愛・・・と言うよりも、女の子向け・ファミリー向けでは再放送をしていない作品が少ないぐらいなのです。
余程のマイナーな作品や曰く付きの作品でない限り、概ね再放送をしています。
また、ここでは再放送にカウントしていませんが、「Drスランプ アラレちゃん」と「キン肉マン」は一ヶ月~最長で半年間の再放送を計4回行っています。
いずれも月曜~金曜の帯放送ですが、「Drスランプ」は全243回ですから平日の帯放送で全部放送するには約49週(11カ月強)かかります。
なので新潟での昭和期4回の放送全て合わせても、全話は放送出来ていなかったと推察されます。
「キン肉マン」は全137本で、全話放送するには平日帯放送換算で約27週(半年強)ですからこちらは全話再放送していたかもしれません。

最後に同時ネットから放送大幅遅延の事例について。
特撮作品は前回で述べているように、大幅遅延は比較的少数でした。
しかしアニメは製作本数が多いのに比例して、遅延例も特撮に比べて圧倒的に多くなっています。
主なアニメ作品の大幅遅延例は下記の通りです(外国作品は除く)。

「カバトット」(フジテレビ系で昭和46年1月~47年9月放送)→新潟ではTNNで昭和59年12月~60年3月帯放送(約14年遅れ)
「ダメおやじ」(東京12チャンネルで昭和49年4月~9月放送)→新潟ではTNNで昭和62年11月~63年1月帯放送(約13年半遅れ)
「かいけつタマゴン」(フジテレビ系で昭和47年10月~48年9月放送)→新潟ではTNNで昭和59年10月~12月帯放送(約12年遅れ)
「男どアホウ甲子園」(日本テレビ系で昭和45年9月~46年3月放送)→新潟ではBSNで昭和50年8月~9月帯放送(約4年11カ月遅れ)
「のらくろ」(フジテレビ系で昭和45年10月~46年3月放送)→新潟ではBSNで昭和50年2月~4月帯放送(約4年4ヵ月遅れ)
「夕焼け番長」(日本テレビ系で昭和43年9月~44年3月放送)→新潟ではNSTで昭和46年7月~9月放送(約2年10ヵ月遅れ)
「ジャングル黒べえ」(毎日放送系で昭和48年3月~9月放送)→新潟ではBSNで昭和51年1月~8月放送(約2年10ヵ月遅れ)
「ヤッターマン」(フジテレビ系で昭和52年1月~54年1月放送)→新潟ではNSTで昭和54年11月~55年5月帯放送(約2年10ヵ月遅れ)
「男一匹ガキ大将」(日本テレビ系で昭和44年9月~45年3月放送)→新潟ではBSNで昭和47年6月~12月放送(約2年9カ月遅れ)
「花のピュンピュン丸」(NET系で昭和42年7月~9月放送)→新潟ではNSTで昭和45年2月~8月放送(約2年5カ月遅れ)
「野ばらのジュリー」(東京12チャンネルで昭和54年1月~4月放送)→新潟ではNSTで昭和56年4月~6月放送(約2年3カ月遅れ)
「巴里のイザベル」(東京12チャンネルで昭和54年4月~7月放送)→新潟ではNSTで昭和56年7月~9月放送(約2年3カ月遅れ)
「金髪のジェニー」(東京12チャンネル昭和54年7月~10月放送)→新潟ではNSTで昭和56年10月~12月放送(約2年3カ月遅れ)
「さすらいの少女ネル」(東京12チャンネルで昭和54年10月~55年4月放送)→新潟ではNSTで昭和57年1月~7月放送(約2年3カ月遅れ)
「スーキャット」(テレビ東京系で昭和55年4月~12月放送)→新潟ではTNNで昭和57年3月~4月放送(約1年11カ月遅れ)
「アンデルセン物語」(フジテレビ系で昭和46年1月~12月放送)→新潟ではNSTで昭和47年10月~48年10月放送(約1年9カ月遅れ)
「宇宙戦士バルディオス」(東京12チャンネルで昭和55年6月~56年1月放送)→新潟ではBSNで昭和57年3月~4月帯放送(約1年9カ月遅れ)
「超人戦隊バラタック」(テレビ朝日系で昭和52年7月~53年3月放送)→新潟ではNSTで昭和54年3月~5月帯放送(約1年8カ月遅れ)
「ゼンダマン」(フジテレビ系で昭和54年2月~55年1月放送)→新潟ではNSTで昭和55年10月~56年12月放送(約1年8カ月遅れ)
「ハゼドン」(フジテレビ系で昭和47年10月~48年3月放送)→新潟ではNSTで昭和49年5月~7月放送(約1年7ヵ月遅れ)
「サイボーグ009(旧作)」(NET系で昭和43年4月~9月放送)→新潟ではBSNで昭和44年10月~45年3月放送(約1年半遅れ)
「ドラえもん(旧作)」(日本テレビ系で昭和48年4月~9月放送)→新潟ではBSNで昭和49年9月~10月帯放送(約1年5ヶ月遅れ)
「無敵超人ザンボット3」(名古屋テレビで昭和52年10月~53年3月放送)→新潟ではNSTで昭和54年1月~3月帯放送(約1年3ヶ月遅れ)
「機動戦士ガンダム」(名古屋テレビで昭和54年4月~55年1月放送)→新潟ではNSTで昭和55年6月~56年6月放送(約1年2ヵ月遅れ)
「マッハGOGOGO」(フジテレビ系で昭和42年4月~43年3月放送)→新潟ではBSNで昭和43年4月~7月放送(約1年遅れ)

他に同時ネット放送から1年近く遅れて流した作品に「エースをねらえ!」と「無敵鋼人ダイターン3」(共に約11ヶ月遅れ)や「リボンの騎士」(約9ヶ月遅れ)があります。
13年半遅れの「ダメおやじ」放送は、もうTNNの担当の方に大喝采を送りたいですな、いやマジで。
昭和も終わりという時期に、どさくさに紛れるようにまさかアレをやるとは、目の付け所が違いますわ。
「ヤッターマン」や「ゼンダマン」は当時の人気番組で、一応フジテレビ系列局であるNSTがここまで遅れて放送するのはかなりいただけない話ですな。
「バルディオス」については同時ネット放送終了後に俄かに人気が出て、昭和56年12月には劇場版が公開されています。
そんな流れに慌てて帯放送した感が強いです。
「ガンダム」については局がこの作品の潜在的人気や反響について若干ナメていた気配が感じられます。
また在京キー局ではなく名古屋テレビ製作というのも、放送に関して先送りにする判断材料になったのかもしれません。
「ガンダム」の前々作の「ザンボット3」も前作の「ダイターン3」も大幅遅れでの放送なのですから。
まぁしかし、同時ネットから大幅遅れでもその後再放送された作品はまだ良いのです。
「ヤッターマン」「ゼンダマン」「ガンダム」「アンデルセン物語」「マッハGOGOGO」などです。
「バルディオス」なんて帯放送でササッと流してその後は再放送皆無ですからね。
映画化までされた作品なのにねー。
再放送絡みの話ですと、「ルパン3世」「エースをねらえ!」「宇宙戦艦ヤマト」は低視聴率番組だった為に放映権料が安く、その為地方でも頻繁に再放送されて人気を得て新作製作のきっかけや追い風になったという話をよく聞きます。
しかし我が新潟ではそんな事は文字通り一切無く、「ルパン」の第一シリーズの再放送は第二シリーズの放送終了後の昭和57年、「エース」再放送は昭和60年、「ヤマト」はブームになってから慌てたように昭和52年夏からの再放送です。
特撮の第二次怪獣ブームの時もそうでしたが、新潟では全国的なブームの予兆が無くて、ある日突然降って湧いたように「これが今のトレンド!」というノリで後追いするのが当時の常だったのです。

最後にモノクロ作品について。
今回の調査で最も知りたかった事の一つが「新潟の民放ではいつ頃までモノクロの特撮やアニメが放送されていたのだろうか」でした。
特撮については、昭和三十年代に放送されていた古典的作品の再放送は少なくとも昭和41年4月以降は一切無く、昭和40年代に入ってからのモノクロ作品の再放送は「ウルトラQ」のみです。
テレビ番組にカラーとモノクロが混在していた時代の「ウルトラQ」再放送は昭和45年春で、新潟でのモノクロ特撮再放送は事実上これで終了です(「ウルトラQ」の昭和59年の再放送は特異な例外)。
一方アニメについても昭和41年4月から45年までに再放送しているモノクロ作品は「エイトマン」「スーパージェッター」「宇宙エース」「オバケのQ太郎」で、新作がオールカラー化している昭和46年以降でも、下記のモノクロアニメが再放送されていました。

「鉄腕アトム」(NSTで昭和46年10月~47年6月)
「ワンダー・スリー」(NSTで昭和46年7月~9月)
「宇宙少年ソラン」(NSTで昭和46年10月~47年3月)
「パーマン」(BSNで昭和45年10月~46年12月)
「怪物くん」(BSNで昭和46年12月~48年1月)

NSTでは「宇宙少年ソラン」が、BSNでは「怪物くん」が新潟最後のモノクロアニメ放送になります。
この中で私の記憶にあるのは辛うじて「怪物くん」だけだなぁ。
 

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移・昭和編の総括(特撮編)

「新潟県民放子供向け番組放送の推移」の連載も、46回を費やしてようやく昭和の終わりまでたどり着きました。
そこで今回は昭和41年から昭和63年までの新潟県民放の子供向け番組について総括致したく存じます。
総括第一回は特撮関連番組の放送状況です。

まずこれまでの調査で判明している未放映特撮関連作品について。
新潟県民放四局で一切放送していない、同時ネット放送開始が昭和41年4月以降の主な特撮関連作品は下記の如しです。

民放一局(BSN)時代(~昭和43年12月)
「悪魔くん」(NET系、昭和41年10月~42年3月)
「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ」(NET系、昭和42年8月~43年1月)
「バンパイヤ」(フジテレビ系、昭和43年10月~44年3月)
「マイティジャック」(フジテレビ系、昭和43年4月~6月)、
「戦え!マイティジャック」(フジテレビ系、昭和43年7月~12月)

民放がTBS系の新潟放送(BSN)一局のみの時代としては、想像以上によく放送されていました。
予想ではこの時代の未放映作品はもっと多いと思っていたので、あの少ない枠を使ってよく放送していたものだと感心するぐらいです。
当時の人気番組「悪魔くん」、そして日本のテレビドラマ史上初の1本当たりの制作費一千万円ドラマ「マイティジャック」が未放映だったのは残念ですね。
今回の調査前に、昭和40年代半ばにフジテレビで「ウルトラマン」放送とのバーターで「マイティジャック」がTBSで放送されたという話を聞いたので、もしかしたらその時に新潟でも同時ネット放送されたのでは・・・と期待していたのです。
「ウルトラQ」と「「ウルトラマン」、「キャプテンウルトラ」の新潟での初回再放送はTBS同時ネットでしたし。
しかし結果はご覧の通り。
「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ」に関しては、前作「忍者ハットリくん」のBSNでの放送がそもそも同時ネットから大幅遅れで、放送状況も不安定でしたので局からはその程度の番組と見切られていたのかもしれません。

民放二局(BSN、NST)時代(昭和44年1月~56年3月)
「ウルトラファイト」(TBS系、昭和45年9月~47年3月)
「トリプルファイター」(TBS系、昭和47年7月~12月)
「突撃!ヒューマン!!」(日本テレビ系、昭和47年10月~12月)
「恐怖劇場アンバランス」(フジテレビ系、昭和48年1月~3月)
「恐竜探検隊ボーンフリー」(NET系、昭和51年10月~52年3月)
「日曜恐怖シリーズ」(フジテレビ系、昭和53年8月~9月、昭和54年7月~9月)
「メガロマン」(フジテレビ系、昭和54年5月~12月)

TBS系のBSNで「ウルトラファイト」と「トリプルファイター」が未放映だったのは意外なところです。
この両作品は同時ネットの放送時間帯が夕方なので、限られた枠で色んな番組を流さねばならない当時のBSNの夕方の放送状況では同時ネット放送は無理であったと思いますが、それならば早朝枠で流す手もあったはず。
それをしなかったという事はつまり、五分枠の帯番組をあえて流す価値を担当者が認めなかったということなのでしょうか。
第二次怪獣ブームの呼び水になったのが「ウルトラファイト」だと巷ではよく言われておりますけれど、新潟ではその放送が無かったので県内における第二次怪獣ブームの火付け役は昭和45年5月から翌年2月まで再放送された「ウルトラマン」なのでしょうね。
その「ウルトラファイト」の少し前に製作された「恐怖劇場アンバランス」が新潟で未放映に終わっているのは非常に残念。
「アンバランス」と同時期製作で同じく一度オクラ入りしたおそらく日本のテレビドラマ史上最もアナーキーな「ジキルとハイド」(フジテレビ系、新潟ではBSNで昭和52年放映)、またやはり同時期に製作されたホラー・カルト作品「怪奇ロマン劇場」(NET系、新潟ではNSTで昭和45年放映)と「江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎」(東京12チャンネル系、新潟ではNSTで昭和48年放映)はしっかり放送されているというのにです。
「恐怖劇場アンバランス」に関しては、地方によっては昭和の終わりに「アンバランス劇場」と称して放送した例もあったようなので、今回の調査でも新潟で同じような事があったのでは!?と期待していたのですが・・・。
「恐怖劇場アンバランス」と同系統の「日曜恐怖シリーズ」は平成に入ってから数本が土曜の午後に放送されているのを確認していますが、「日曜恐怖シリーズ」のタイトルは付いておらず、サブタイトルのみの表記になっていました。
私が最も見たい「危険な誘拐」は未放映でこれまた残念・・・
また、全編を放送しなかった例としては今回の調査で判明している作品に「河童の三平妖怪大作戦」(NSTで後半1クールのみ同時ネット放送)、「スペクトルマン」(NST時差ネットで宇宙猿人ゴリ編から宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン編にかけての16本を未放映)、「仮面ライダーアマゾン」(BSN時差ネット放送でガランダー編は未放映)、「透明ドリちゃん」(BSN時差ネットで途中打ち切り)、「科学戦隊ダイナマン」(BSN時差ネットで放送を開始し、一度終了してNT21に移籍し同時ネット放送、移籍の間に8~9本未放映)があります。
そして今回の調査で最大の謎として残ったのが「クレクレタコラ」の放送状況。
テレビ欄ではついに「クレクレタコラ」の七文字を見つける事がてきませんでした。
しかし私は確かにこの番組を見ていたのです、昭和49年か50年のNSTの平日夜七時前だったと思います。
主題歌も、タコラとチョンボが暗躍する際のBGMも、あのショボくてライティングがどんよりとして殺風景なセットも、太田淑子さんヴォイスの「クレクレ!クレクレ!!」もしっかり記憶にあるのですよ。
夕方遅くの五分枠の帯番組なので、テレビ欄にタイトルのフルネームが入れられず「マンガ」で済ませていたのかもしれません。
実際にそういう事例は間々あって、番組名の特定に苦労した事があるのです。
でもそれなら「タコラ」と三文字入れておけば済む話だしなぁ。
それすら面倒で「マンガ」と表記しちゃってたのかなぁ。
テレビ欄作成担当の人からすれば、こんな幼児向けの五分間番組のタイトルなんてどうでもいいんでしょうし。

民放三局(BSN、NST、TNN)時代(昭和56年4月~昭和58年9月)
「アンドロメロス」(TBS系、昭和58年2月~4月)

「アンドロメロス」は「ウルトラファイト」「トリプルファイター」同様の夕方の五分枠の帯番組で、これを流さなかったのも前二作と同じ理由でしょうか。

民放四局(BSN、NST、TNN、NT21)時代(昭和58年10月~)
未放映の主な特撮関連番組無し。
この時代になると特撮関連作品の場合、テレビ東京系以外の番組は概ね同時ネットになっています。
もっと早くこういう時代になっておれば・・・。

ちなみに外国作品では「アウターリミッツ」「事件記者コルチャック」などが新潟では未放映に終わっています。

次に再放送について
特撮関連作品の再放送状況(外国作品は除く)は下記の通りです。

再放送6回
「ウルトラマンA」(BSN昭和48年7月~49年8月、BSN昭和54年10月~12月、BSN昭和56年1月~5月、BSN昭和57年12月~58年3月、TNN昭和59年5月~7月、TNN昭和61年3月~5月)

再放送5回
「ウルトラマンタロウ」(BSN昭和49年8月~50年10月、BSN昭和54年9月~10月・昭和55年1月~2月、BSN昭和56年5月~8月、TNN昭和59年10月~60年1月、TNN昭和61年5月~9月)
「ウルトラマンレオ」(BSN昭和50年10月~51年12月、BSN昭和54年9月~55年3月、BSN昭和55年9月~56年1月、TNN昭和59年7月~10月、TNN昭和61年7月~9月)
「西遊記」(NST昭和55年6月~7月、TNN昭和56年8月~9月、TNN昭和59年5月~6月、TNN昭和60年11月~12月、TNN昭和62年10月~11月)

再放送4回
「ウルトラマン」(BSN昭和43年7月~44年3月、BSN昭和45年5月~46年2月、BSN昭和54年4月~6月、BSN昭和59年4月~6月)
「ウルトラセブン」(BSN昭和46年3月~47年1月、BSN昭和53年10月~54年8月、BSN昭和58年7月~9月、TNN昭和60年7月~9月)
「帰ってきたウルトラマン」(BSN昭和47年7月~48年7月、BSN昭和54年6月~9月、BSN昭和58年9月~59年1月、TNN昭和60年12月~61年3月)
「西遊記Ⅱ」(TNN昭和56年1月~3月、TNN昭和59年6月~7月、TNN昭和61年1月~3月、TNN昭和62年11月~12月)

再放送3回
「ウルトラQ」(BSN昭和42年7月~43年1月、BSN昭和45年4月~5月、BSN昭和59年3月~4月)
「キャプテンウルトラ」(BSN昭和43年1月~6月、BSN昭和47年1月~7月、BSN昭和54年2月~4月)
「サンダーバード」(BSN昭和47年6月~12月、BSN昭和55年3月~昭和56年6月、BSN昭和63年7月~8月)

「サンダーバード」はNHK総合で最初に放送していて、新潟での民放初放送はBSN昭和46年1月~10月です。
この連載は「民放」限定なので、ここでは「サンダーバード」の初回放送はBSNでの昭和46年としておきます。
なお、NHK総合で放送済みの外国特撮番組を新潟の民放で放送した例は他に「タイムトンネル」(NST昭和53年10月~昭和54年4月深夜放送)があります。

再放送2回
「ウルトラマン80」(BSN昭和59年1月~3月、BSN昭和60年4月~61年3月)

再放送1回
「マグマ大使」(BSN昭和59年8月~11月)
「仮面の忍者赤影」(BSN昭和63年6月~平成2年6月)
「光速エスパー」(BSN昭和46年6月~11月)
「仮面ライダー」(BSN昭和61年2月~63年5月)
「シルバー仮面(含むジャイアント)」(BSN昭和50年1月~2月)
「サンダーマスク」(BSN昭和55年7月~8月)
「仮面ライダーV3」(BSN昭和54年8月~10月)
「日本沈没」(BSN昭和62年8月~9月)
「秘密戦隊ゴレンジャー」(TNN昭和58年3月~6月)
「プロレスの星アステカイザー」(NST昭和52年7月~9月)
「スターウルフ」(TNN昭和57年8月)
「ロボット8ちゃん」(NST昭和59年6月~9月)
「バッテンロボ丸」(NST昭和59年9月~11月)
「アメリカン・ヒーロー」(TNN昭和58年3月~59年3月、NT21昭和60年10月~61年3月・5月~12月)

新潟ではウルトラシリーズ以外の巨大ヒーロー、変身ヒーローモノは一期一会を覚悟すべき状況で、超メジャーな仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズでさえ再放送は「仮面ライダー」と「V3」、「ゴレンジャー」のみです。
特撮作品最盛期は新潟では民放二局時代で、少ない子供向け枠は次々と押し寄せる特撮とアニメ新作消化が最優先。
早朝や夕方の再放送枠はアニメ、特に女の子向けやファミリー向けと競合する状態です。
そしてその結果がこうなのですから、我が県の民放では「ウルトラシリーズ」以外の特撮作品はそんなものと思われていたのでしょう。
NSTの民放二局時代の特撮作品再放送に至っては、一般向けの「西遊記」を除けば「アステカイザー」のみです。
こういう極端な事例は、枠の提供スポンサーの意向が働いていたりするのでしょうか?
はたまた特撮の放映権料が全般的にアニメより相当に高額だったりしたのでしょうか?

続いて特撮作品放送の大幅遅れに関して。
新潟では特撮・アニメ共に同時ネット放送の開始から随分経ってようやく放送という事例が間々あります。
まぁ未放映に終わるよりは放送されるだけずっとマシなのですけれど、雑誌で大々的に取り上げられている作品がこちらではいつまで経っても放送されず、ずっと後になってコソッと放送されているのを知った時見た時の寂しさは都会の人たちにはわからないでしょうなぁ。
新潟で同時ネットから大幅遅延で放送した主な特撮関連作品は下記の通りです。

「忍者ハットリくん」(NET系同時ネットで昭和41年4月~9月放送)→新潟ではBSNで昭和42年10月~43年6月放送。
「ジャイアントロボ」(NET系同時ネットで昭和42年10月~43年3月放送)→新潟ではNSTで昭和44年1月~6月放送。
「江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎」(東京12チャンネルで昭和45年4月~9月放送)→新潟ではNSTで昭和48年3月~7月放送。
「好き!すき!魔女先生」(朝日放送系同時ネットで昭和46年10月~47年3月放送)→新潟ではBSNで昭和49年5月~6月帯放送。
「ミラーマン」(フジテレビ系全国ネットで昭和46年12月~47年11月放送)→新潟ではNSTで昭和48年10月~12月帯放送。
「超人バロム・1」(よみうり系同時ネットで昭和47年4月~11月放送)→新潟ではNSTで昭和48年3月~5月帯放送。
「ジキルとハイド」(フジテレビで昭和48年1月~3月放送)→新潟ではBSNで昭和52年1月~4月の深夜放送。
「ミラーファィト」(東京12チャンネル昭和49年4月~6月)→新潟ではNSTで昭和52年10月~53年1月放送。
「冒険ロックバット」(フジテレビ系で昭和50年3月~9月放送)→新潟ではNSTで昭和53年5月~54年11月放送。
「Xボンバー」(フジテレビ系で昭和55年10月~56年3月放送)→新潟ではTNNで昭和57年8月帯放送。

他には同時ネットから九ヶ月遅れの「スペクトルマン」、半年遅れの「ジャンボーグA」「スーパーロボット マッハバロン」「がんばれ!ロボコン」があります。
「明智小五郎」と「ジキルとハイド」は大人向けなので除くとして、人気番組の「ミラーマン」や「超人バロム・1」が大幅に遅れてのしかも帯放送でチャチャッと済ませやがったのは、特撮オタ的には大変にけしからん話だと思うわけであります。
民放二局時代に入ってからの放送なのですから、男の子たちに対してもう少し配慮があっても。
「ミラーマン」の場合は小学館の学年誌でマンガなどを掲載している程の作品なので、当時の男の子たちは雑誌で大きく取り上げられながら新潟ではやっていない状況が理解できなかったでしょうね。

最後に外国産特撮関連作品の放送状況について。
新潟では予想外に外国の特撮関連作品が放送されていました。
前述した「サンダーバード」と「タイムトンネル」、「アメリカン・ヒーロー」以外の放送は下記の通りです。

「宇宙家族ロビンソン」(BSN昭和42年9月~43年3月)※NET系同時ネット
「キャプテンスカーレット」(BSN昭和43年1月~8月)※TBS系同時ネット
「ジョー90」(BSN昭和43年10月~44年4月)
「ブラボー火星人」(NST昭和44年11月~45年3月)
「フェニックス5」(BSN昭和47年12月~48年6月)
「巨人の惑星」(BSN昭和48年7月~49年7月)
「謎の円盤UFO」(BSN昭和49年7月~8月)※BSN「夏休み子供劇場」枠
「猿の惑星」(NST昭和50年5月~9月)※NET系同時ネット
「海底科学作戦」(BSN昭和50年7月~8月 BSN昭和52年7月~8月)※BSN「夏休み子供劇場」枠
「宇宙大作戦」((BSN昭和51年7月~9月 NST昭和53年7月~10月 TNN昭和60年3月~7月)※BSN放送分は「夏休み子供劇場」枠
「地上最強の美女バイオミック・ジェミー」(NST昭和53年6月~54年3月 NST昭和55年2月~5月)
「スペース1999」(BSN昭和55年7月~54年6月)
「グリーンホーネット」(NST昭和55年3月~12月)
「600万ドルの男」(NST昭和55年7月~11月)
「宇宙空母ギャラクチカ」(NST昭和56年2月~3月、TNN昭和56年4月)※日本テレビ系同時ネット
「超人ハルク」(TNN昭和56年4月~6月)
「ワンター・ウーマン」(NST昭和56年12月~58年2月)
「新・世にも不思議な物語」(TNN昭和59年8月~12月)
「ブルーサンダー」(BSN昭和59年9月~10月)
「プロジェクトUFO」(TNN昭和60年4月~6月・8月~10月、昭和61年?月~5月)
「バック・ロジャース」(NST昭和60年4月~12月)
「ナイトライダー」(NT21昭和62年1月~63年2月)※テレビ朝日系同時ネット
「エアーウルフ」(TNN昭和62年4月~11月)※日本テレビ系同時ネット
「キャプテンパワー」(NT21昭和62年10月~63年3月)※テレビ朝日系同時ネット
「新エアーウルフ復讐編」(TNN昭和62年11月~63年3月)※日本テレビ系同時ネット

「フェニックス5」は昭和47年後半の頁で書いていますが、改めて紹介するとオーストラリア製の極めてレアな宇宙SFモノです。
「海底科学基地」(原子力潜水艦シービュー号)は全110本で、BSNの二度に渡る放送でようやく全話を消化というところでしょう。
「宇宙大作戦」は全77本で、BSNの帯放送とNSTの週イチ深夜放送、TNNの夕方帯放送を合わせて全話消化+一部のエピソード再放送のペースです。
ちなみにNST放映時のタイトルは「新宇宙大作戦」になっていました。
「夏休み子供劇場」枠と同時ネット番組以外は平日深夜かまだ帰宅できない夕方四時台の放送だったので、ビデオデッキが一般家庭に普及していない時代の視聴は子供にとって極めて難しい事でした。
私が子供時分に見た記憶があるのは深夜の「スペース1999」と平日夕方の「超人ハルク」のみ。
「ブロジェクトUFO」は日曜の夜10時半からやっていて最初は見ていましたが、主役の男性二人が地味で話はさらに地味。
エイリアン登場とかそういう派手な演出もないので飽きてしまって視聴フェードアウトでした。

海外特撮作品に関連して、ぜひとも言及しておかねばならないのが「奥様は魔女」と「スパイ大作戦」です。
この二作品は新潟でも放送の機会が多く、その状況は下記の通りです。

「奥様は魔女」(新潟での初回放送はBSN昭和41年5月~43年9月)
以後の放送はBSN昭和44年4月~11月、BSN昭和45年6月~12月、BSN昭和47年4月~9月、NST昭和52年11月~53年7月、NST昭和58年8月~9月、TNN昭和59年4月~12月、BSN昭和59年4月~60年9月・11月~62年3月。
「スパイ大作戦」(新潟での初回放送はBSN昭和43年7月~44年4月)
以後の放送はNST昭和44年5月~45年5月、NST昭和45年10月~46年5月、NST昭和47年10月~48年11月、NST昭和50年7月~9月、NST昭和51年5月~52年5月、TNN昭和60年10月~61年6月。

両作品共に長期シリーズなので、どこからどこまで本放送なのかは判然としなかったのが残念なところです。

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第46回(昭和63年後半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第46回は、昭和63年後半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、テレビ新潟(TNN)、「新潟テレビ21」(NT21)の番組プログラムの紹介です。
いよいよこの連載の昭和編も最終回になりました。
この時期は昭和天皇のご病状がテロップで頻繁に流れて、何かと落ち着きのないテレビ視聴でありました。

それでは新潟日報製本版の調査に基づく、昭和63年7月の番組放送状況をご紹介。
まず帯放送ではBSNの早朝枠で「魔法少女ララベル」に代わって6/17から「さるとびエッちゃん」の新潟では通算四回目の放送を開始しています(月曜~金曜06:30-45)。
またBSNの毎夏恒例「夏休み子供劇場」では「サンダーバード」を放送しています(7/25~8/26、月曜~金曜10:00-54)
NSTでは「おじゃまんが山田くん」の再放送を続行中です(月曜~金曜16:45-17:00)。
TNNでは夏休み企画として一般ドラマ再放送枠の夕方四時台に「トムとジェリー」を放送しています(7/25~8/12、16:00-55)。
NT21では早朝枠で「とんがり帽子のメモル」再放送からNHKアニメの「名犬ジョリィ」にバトンタッチです(6/16スタート、毎日06:05-30)。
夕方五時台前半では「メイプルタウン物語」に引き続いて6/3から「新メイプルタウン物語」を放送中(月曜~金曜17:00-30)。
五時台後半では「キャッツアイ」に代わって6/14から「スペースコブラ」の新潟では二回目の放送を開始しています。
夕方18:35-50月曜~金曜放送の「オバケのQ太郎」は変わりなく続行中です。

日曜
BSN
10:30-11:00「仮面ライダーBLACK」(毎日放送同時ネット)

NST09:00-30「じゃあまん探偵団 魔隣組」(フジ同時ネット) 18:00-30「のらくろクン」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「キテレツ大百科」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「小公女セディ」(フジ同時ネット)

TNN
06:15-45「魔法のスター マジカルエミ」(再放送) 10:30-11:00「闘将!!拉麺男」(日本テレビ同時ネット)

月曜夕方に放送していた「魔法のスター マジカルエミ」は5/9に月曜放送を終了し、5/22から日曜早朝枠で放送再開しています。

NT21
08:30-09:00「ビックリマン」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「世界忍者戦ジライヤ」(テレビ朝日同時ネット)

月曜
BSN
帯放送以外のアニメ特撮の放送無し

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

TNN
19:30-20:00「燃える!お兄さん」(日本テレビ同時ネット)

夕方五時台に放送していた「魔法のスター マジカルエミ」は前述のように日曜早朝に移動し、この枠の後番組は特撮アニメではなく「冒険!!テレビ遊び塾」・・・

NT21
18:50-19:20「ビリ犬とウルトラB」(テレビ朝日同時ネット) 

従来は「藤子不二雄ワールド」とテレビ蘭に記載されていましたが、7/11からは構成アニメの変更に伴ってこのタイトルで記載されています。

火曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

TNN
17:00-30「トランスフォーマー 超神マスターフォース」(日本テレビ同時ネット?) 
「トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ」に代わって5/17から「超神マスターフォース」がスタート。
この番組はテレビ欄のタイトル記載が一定していない(新トランスフォーマーとか)なので、調べていて時々混乱してしまうのです。

NT21
18:50-19:20「エスパー魔美」(テレビ朝日同時ネット)。

水曜
BSN
帯放送以外のアニメ特撮の放送無し。

NST
19:00-30「ドラゴンボール」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「F」(フジ同時ネット)

TNN 
17:30-18:00「超音戦士ボーグマン」(日本テレビ同時ネット) 

NT21
18:50-19:20「トッポジージョ」(テレビ朝日同時ネット)

木曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

TNN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
18:50-19:20「つるピカハゲ丸くん」(テレビ朝日同時ネット)

金曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

TNN
17:00-30「魔神英雄伝ワタル」(日本テレビ同時ネット) 

NT21
18:50-19:20「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 

土曜
BSN
17:00-30「仮面の忍者赤影」(再放送) 17:30-18:00「新まんがなるほど物語」(5/21スタート、TBS約一ヶ月半遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

夕方五時から放送していた「仮面ライダー」が5/14に放送終了して約一ヶ月置いてから「仮面ライダーV3」・・・ではなくまさかの「仮面の忍者赤影」の再放送が6/18スタートです。
新潟では昭和42年の本放送以来、21年ぶりの放送になります。
夕方五時半枠の「まんがなるほど物語」に代わって「新まんがなるほど物語」が5/21放送開始です。
昭和61年春の前作放送開始時ではTBSから一週遅れでしたが、二年を経て遅れは一ヶ月半と大幅に拡大しています。
BSNの土曜夕方は五時台前半まで頻繁に特番が入るので、「仮面ライダー」の再放送は約二年三ヶ月をかけてようやく完投という状況(普通に流せば二年弱で完投)。
特番は五時半までで終了というケースが多いのですが、それでも五時半枠にも食い込む事が間々あるのです。

NST
17:00-30「北斗の拳2」(フジ七ヶ月遅れ) 18:30-19:00「おそ松くん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ついでにとんちんかん」(フジ同時ネット)

「北斗の拳2」の放送状況はもはや断末魔の様相で、7月放送は無し、8月は一回、そして9月は一回(9/17)に放送してこれで打ち切りです。
私がカウントした限りでは「北斗の拳2」のNSTでの放送回数は20回。
どうやらケンシロウvs羅将ハン戦で打ち切ったようです。
私は神奈川の田舎でしっかり全部見ていたのであーよかったw

TNN
「魔女っ子メグちゃん」(再放送、06:30-45)

NT21
15:00-55「特攻野郎Aチーム」(テレビ朝日) 17:30-18:00「鎧伝サムライトルーパー」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「超獣戦隊ライブマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「聖闘士聖矢」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「鉄拳チンミ」(7/2スタート、テレビ朝日同時ネット) 「史上最強の美女たちチャーリーズエンジェル」(25:15-26:10)

「鉄拳チンミ」はワンクールの放送に終わった「いきなりダコン」の後番組として7/2スタート。
しかし私はこの作品は全くの視程外でした・・・。

引き続いて昭和63年10月の番組放送状況は下記の如し。
まず帯放送ではBSNの早朝枠で「さるとびエッちゃん」に代わって8/24から「らんぽう」の新潟では通算2回目の放送を行っています。
NSTでは早朝枠(月曜~金曜06:00-30)が復活して、9/26から「陽あたり良好!」の再放送を開始しています。
夕方16:45-17:00の「おじゃまんが山田くん」(月曜~金曜)は継続中です。
TNNでは4月から放送していた「欽きらリン0530!!」の同時ネット放送を7月末で打ち切り、8/1からは「ミッキーマウスとドナルドダック」の再放送を開始(月曜~金曜17:30-18:00)、10/13から「ホワッツマイケル」にバトンタッチしています(テレビ東京、約半年遅れ)。
我が家でも当時、茶トラの横着な駄ぬこが居候を決め込んでいたので、マイケルにはやたら親近感を覚えたものです。
原作の単行本も持っていましたわ、駄犬の伸之助のおバカな忠誠心も見逃せません。
NT21では早朝枠で「名犬ジョリィ」を8/6まで放送して「若草の四姉妹」に代わり、9/2から「カリメロ」の新潟では通算四回目の放送を行っています。
「カリメロ」の後番組は10/18から「ベルフィーとリルビット」になっています(毎日06:05-30)。
夕方五時台前半は「新メイプルタウン物語」の再放送に代わって、8/8から9/13までまさかの「ふしぎなメルモ」の新潟では昭和46年の本放送以来17年ぶり二回目の放送を実施しています。
「ふしぎなメルモ」の後番組は、9/14から「一休さん」の再放送を始めています(月曜~金曜17:00-30)。
夕方五時台後半は「スペースコブラ」に代わって8/10から「怪物くん」の再放送を実施しています(月曜~木曜17:30-18:00)。
夕方18:35~50の「オバケのQ太郎」は引き続き続行中です(月曜~金曜)。

日曜
BSN
10:30-11:00「仮面ライダーBLACK」(毎日放送同時ネット、10/22終了)→「仮面ライダーBLACK RX」(10/23スタート、毎日放送同時ネット)
宿敵シャドームーンはついに秋月信彦の心を取り戻す事なく逝き、ゴルゴムは滅んだものの全てを失った形の南光太郎。
そんなやるせない終劇の「仮面ライダーBLACK」に代わって10/23から「仮面ライダーBLACK RX」がスタート(テレビ欄の表記は「仮面ライダーブラック」のまま)。
私は神奈川の田舎で見ていたので、BLACK最終回-11人ライダースペシャル-RX第一話の流れで見ていましたが、新潟では「BLACK」最終回は10/22(土曜)16:30-17:00の放送になっていました。
おそらくこの放送が11人ライダースペシャルだったと思われます。
10/16は「北京国際マラソン」中継の為に休止だった為の措置なのですが、ウィキペディアでは10/16の朝10時から11人ライダースペシャルを放送している旨の記載があるし、TBSでの放送で私もこのスペシャルは確かに見ています。
この辺がよくわからない点で、キー局と地方ではマラソンの中継時間が違っていたのかどうか、確認を取っていないのでわからないところです。
「RX」については作風が前作とガラリと変わっていて、次第に見なくなっていきました。
ロボライダー、バイオライダー登場の頃から終盤まではほぼ見ていません。
終盤は10人ライダーが登場ということで視聴を再開し、クライシス帝国幹部たちの散り方はキャラの性格をうまく生かしていてなかなか見応えがありましたなぁ。
肝心の10人ライダーは・・・ダスマダーさんが「人間狩りぢゃあ~!」と気合バリバリで大暴れして一般人が殺されているというのに、
「ここはじっくりと策を練ろうじゃないか」と正義のヒーローにあるまじき人でな・・・もといっ冷静沈着な態度の1号ライダーさん。
本郷猛なら絶対そんな事言いませんよw
仮面ライダーの格好をした誰かとしか言いようが無いですわ、あの10人は。

NST
06:00-30「ミスター味っ子」(9/11スタート、テレビ東京11カ月遅れ) 09:00-30「じゃあまん探偵団 魔隣組」(フジ同時ネット) 18:00-30「のらくろクン」(フジ同時ネット、10/2終了)→「ひみつのアッコちゃん」(10/9スタート、フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「キテレツ大百科」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「小公女セディ」(フジ同時ネット)

「ミスター味っ子」はテレビ東京のアニメですが、新潟ではテレビ東京のアニメといえばかつてはBSNでよく流していたものの、この当時はどの局でも放送は稀になっていました。
ですのでNSTがわざわざ早朝枠を空けてこの作品を流すのは英断と呼ぶべきかもしれませんな。
夕方6時台は「のらくろクン」に代わって「ひみつのアッコちゃん」のリメイク版を放送開始です。
当時は歯牙にもかけていなかったのが正直なところなのですけれど、今やっていたら見るだろうなー。
アッコちゃんが堀江美都子さんで、アッコちゃんのママが初代アッコちゃんの太田淑子さんですからね。
このキャスティングだけで見る価値がありますよ、全く未見だったのが残念無念な作品のひとつであります・・・。

TNN
06:15-45「魔法のスター マジカルエミ」(再放送) 10:30-11:00「電脳警察サイバーコップ」(10/2スタート、日本テレビ同時ネット)

早朝枠で放送していた「魔法のスター マジカルエミ」の再放送は8/14で終了しています。
「闘将!!拉麺男」に変わって放送開始した「電脳警察サイバーコップ」は特撮作品です。
しかし私はこの「サイバーコップ」、全く見ていません・・・
仮面ライダーはなんといってもブランド力があるので新作が始まればまずは見てみますけれど、完全に新規の特撮ヒーローモノだとなかなか触手が伸びなくなっていたのが当時の偽らざる心境。
ヒロインがピットスーツを装着するのなら、RXからこちらに移ったかもしれませんが。
もうそういう不純な動機が無いと見なくなっていたのですわ。
RXを見なくなってもこっちには移りませんでした・・・。

NT21
08:30-09:00「ビックリマン」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「世界忍者戦ジライヤ」(テレビ朝日同時ネット) 10:00-30「新グリム名作劇場」(10/2スタート)

この年の3月まで水曜夜に放送していた「グリム名作劇場」が半年を経て仕切り直しの再登場です。

月曜
BSN
帯放送以外のアニメ特撮の放送無し

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

TNN
17:00-30「シティハンター2」(10/3スタート、よみうり約半年遅れ) 19:30-20:00「美味しんぼ」(10/17スタート、日本テレビ同時ネット)

「シティハンター2」は日本テレビではこの年の4月の月曜夜に放送を開始していて、私も神奈川の田舎でちょいちょい見ていました。
冴場さんの「もっこり」連発に辟易としながら。
しかしローカルセールス番組だったのか、新潟では半年遅れの夕方放送開始です(「冒険!!テレビ遊び塾の後番組として)。
ちなみに日テレで「シティハンター2」を流している月曜夜七時、TNNでは「追跡」というドキュメンタリー番組を放送していました。
人気作品なのにローカルセールスというのは「北斗の拳」と同じ境遇ですが、打ち切りという無残な結末を迎えたNSTの「北斗の拳2」と異なり、TNNでの「シティハンター2」はきちんと完投しています。
夜七時半枠の「美味しんぼ」は「燃える!お兄さん」の後番組として10/17に放送開始。
しかし私は昔からこの手のグルメ系は嫌いなので、巷で人気のこの番組も全く見ていません。
そもそも食事というものにあまり楽しみや価値を見出していないのですよ。
栄養とエネルギーが補給できるのならそれでヨシという考えなのです。

NT21
18:50-19:20「ビリ犬とウルトラB」(テレビ朝日同時ネット) 

火曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

TNN
17:00-30「トランスフォーマー 超神マスターフォース」(日本テレビ同時ネット?) 

NT21
18:50-19:20「エスパー魔美」(テレビ朝日同時ネット)。

水曜
BSN
帯放送以外のアニメ特撮の放送無し。

NST
19:00-30「ドラゴンボール」(フジ同時ネット) 

夜七時半から放送していた「F」は新潟では9/28で終了です。
この作品はこの後、ローカルセールス枠になって年末まで放送を続けたそうですが、新潟では時間変更しての放送継続は無くこれでオシマイです。

TNN 
17:30-18:00「超音戦士ボーグマン」(日本テレビ同時ネット) 

NT21
18:50-19:20「ハーイあっこです」(10/12スタート、テレビ朝日同時ネット)

この時期のゴールデン枠にコレ?と放送に少々疑問を感じた「トッポジージョ」の後番組として、「ハーイあっこです」がスタート。
朝日新聞日曜版に載っていたマンガのアニメ化で、かつて我が家では朝日新聞を取っていたので、それでこの原作は読んでいました。
ああいう絵柄や作風、私は嫌いじゃないのですがアニメは一度も見た事が無いのです。
この作品も前述の「ひみつのアッコちゃん」同様、今放送していたら見るだろうなぁ。

木曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

TNN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
18:50-19:20「つるピカハゲ丸くん」(テレビ朝日同時ネット)

金曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

TNN
17:00-30「魔神英雄伝ワタル」(日本テレビ同時ネット) 

NT21
18:50-19:20「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 

土曜
BSN
17:00-30「仮面の忍者赤影」(再放送) 17:30-18:00「新まんがなるほど物語」(TBS、約一ヶ月半遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

特番がよく入る時間帯ゆえに「仮面の忍者赤影」の放送は不安定で、6/18の放送開始から9月までの放送回数は僅か7回。
8月は放送がありませんでした。
10月から12月にかけての放送回数は9回です。

NST
17:00-30「魁!!男塾」(10/8スタート、フジ約七ヶ月遅れ) 18:30-19:00「おそ松くん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「名門!第三野球部」(10/22スタート、フジ同時ネット)

20回で打ち切りになった「北斗の拳2」の後番組として「魁!!男塾」が放送開始しましたが、フジでの放送ではPTAから抗議殺到だったというこの作品、NSTでは10月から12月まで七回放送してこの枠での放送を終えます。
ただ「北斗の拳2」のように完全に打ち切りにしたわけではなく、翌年春から早朝枠でひっそりと放送再開しています。
夜七時半枠では「いきなりとんちんかん」に代わって「名門!第三野球部」が放送開始。
私はこの作品のタイトルさえ聞いたことがありません・・・。

TNN
「魔女っ子メグちゃん」(再放送、06:30-45)

NT21
15:00-55「特攻野郎Aチーム」(テレビ朝日) 17:30-18:00「鎧伝サムライトルーパー」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「超獣戦隊ライブマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「聖闘士聖矢」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「鉄拳チンミ」(テレビ朝日同時ネット) 「史上最強の美女たちチャーリーズエンジェル」(25:15-26:10)



| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第45回(昭和63年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第45回は、昭和63年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、テレビ新潟(TNN)、「新潟テレビ21」(NT21)の番組プログラムの紹介です。

この時期に私が見ていた作品は、
ほぼ必ず見ていた→「仮面ライダーBLACK」
概ね見ていた→「シティハンター」「光戦隊マスクマン」「超獣戦隊ライブマン」「めぞん一刻」「北斗の拳」「北斗の拳2」
毎回ではないが見ていた→「ナイトライダー」「特攻野郎Aチーム」
そんな頃の話です。

それでは新潟日報製本版の調査に基づく、昭和63年1月の番組放送状況をご紹介。
まず帯番組ではBSNの早朝枠で「まんがどうして物語」(前年12/10終了)に代わって「まんが日本絵巻」の再放送を行っています(月曜~土曜06:15-30)。
この枠はこれまで月曜~金曜の放送でしたが、1/9からは土曜も放送になっています。
NSTでは朝枠(七時台後半)で「赤毛のアン」(前年12/17終了)に代わって12/28から「わたしのアンネット」の新潟では通算三回目の放送を実施中です。
夕方四時台の枠では前半に「タッチ」(月曜~金曜)の再放送を前年秋から継続中、後半は「スケバン刑事Ⅱ」(月曜~木曜)が1/19に終了して、翌日から「スケバン刑事Ⅲ」の再放送がスタートしています。
TNNでは早朝枠で「あらいぐまラスカル」の新潟では通算三回目の放送を継続中(月曜~土曜六時台前半15分枠)。
夕方五時半枠では「ルパン三世」の第二シリーズを再放送しています(月曜~木曜17:30-18:00)。
前年9月末から始まったこの枠での「ルパン」再放送は第一シリーズでしたけれど、断片的に記載されているテレビ欄のサブタイトルを追っていくと、前年11月上旬から第二シリーズに代わっているようです。
またこの時期として最大の驚愕事だったのが、前年11/9から「ダメおやじ」が放送されていることです(月曜~木曜17:00-30)。
私はこの頃は進学して神奈川の田舎に棲んでいたので、まさかこの頃に「ダメおやじ」が放送されていようとは全く知りませんでしたわ・・・。
「ダメおやじ」は以前にNSTで穴埋め的に数回放送していたのみで、全話放送はこれが新潟では最初で最後だったのです。
そんな驚倒すべき「ダメおやじ」も1/13に終了してしまい、後番組は「魔法のスター マジカルエミ」の初回再放送です(1/18から、月火の放送)。
NT21では早朝枠で「キャンディキャンディ」の新潟では通算四回目の放送を継続中(毎日06:05-30、1/31まで)。
夕方五時台前半では「オズの魔法使い」に代わって前年12/22から「あさりちゃん」の新潟では通算三回目の放送を継続中(月曜~金曜17:00-30)、五時台後半は「それ行け!レッドビッキーズ」の新潟では通算三回目の放送が前年11/18に終了して、後番組は「銀牙・流れ星銀」の初回再放送を12/17まで行い、翌日から「パーマン」の再放送にバトンタッチしています(月曜~金曜17:30-18:00)。
夕方6時台後半は前年秋から「オバケのQ太郎」を継続中です(月曜~金曜18:35-50)。

日曜
BSN
10:30-11:00「仮面ライダーBLACK」(毎日放送同時ネット)

NST
06:15-45「アンデス少年ペペロの冒険」(1/10再放送再開) 08:15-08:45「北斗の拳2」(フジ七ヶ月遅れ) 09:00-30「じゃあまん探偵団 魔隣組」(1/10スタート、フジ同時ネット) 18:00-30「のらくろクン」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「陽あたり良好!」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「小公女セディ」(1/10スタート、フジ同時ネット)

前年9月末に放送を打ち切った「アンデス少年ペペロの冒険」が三ヶ月以上経ってから謎の放送再開です。
「北斗の拳2」は前作に引き続いて放送状況の不安定さは相変わらずで、前年10月~12月の放送回数は8回、この年1月~3月は僅か5回で2月は放送ナシという惨状・・・。
前年12/27に終了した「おもいっきり探偵団覇悪怒組」の後番組として、1/10から「じゃあまん探偵団 魔隣組」がスタート。
しかし私はこの種の番組は全く見ていなかったので何のコメントも出来ないのが遺憾なところです。
夜七時台後半の世界名作劇場枠では「愛の若草物語」に代わって1/10から「小公女セディ」がスタートです。

TNN
10:30-11:00「闘将!!拉麺男」(1/10スタート、日本テレビ同時ネット)
前年12/27に終了した「赤い光弾ジリオン」の後番組として「闘将!!拉麺男」がスタート。
しかし私はこの手のアニメはもう視程の外だったので存在さえ知りませんでした。
それにそもそも「キン肉マン」が生理的に受け付けないので、特に画が・・・。

NT21
08:30-09:00「ビックリマン」(1/10スタート、テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「超人機メタルダー」(テレビ朝日同時ネット、1/17終了)→「世界忍者戦ジライヤ」(1/24スタート、テレビ朝日同時ネット)
早朝六時台前半に放送していた「スターザンS」は前年11/8に終了していて、後番組は早朝帯枠の「キャンディキャンディ」の日曜放送です。
前年秋から「メイプルタウン物語」とセットで放送していた「ビックリマン」が1月から単独の30分枠で放送開始です。
当時の小学生たちには大人気だったのでしょうな。
私はこういうモノに夢中になる年代では無いので「放送している」以上の認識も知識もありませんでしたが。
「世界忍者戦ジライヤ」も前作「メタルダー」同様に全くの未見でしたなぁ。

月曜
BSN
帯放送以外のアニメ特撮の放送無し

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

TNN
17:00-30「魔法のスター マジカルエミ」(再放送) 19:00-30「シティハンター」(日本テレビ同時ネット) 19:30-20:00「きまぐれオレンジロード」(日本テレビ同時ネット)

NT21
18:50-19:20「藤子不二雄ワールド」(テレビ朝日同時ネット) 

火曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

TNN
17:00-30「魔法のスター マジカルエミ」(再放送) 19:00-30「仮面の忍者赤影」(日本テレビ同時ネット)

NT21
18:50-19:20「エスパー魔美」(テレビ朝日同時ネット)。

水曜
BSN
19:30-20:00「レディレディ!!」(TBS同時ネット)

NST
19:00-30「ドラゴンボール」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「めぞん一刻」(フジ同時ネット)

TNN 
17:30-18:00「赤い光弾ジリオン」(再放送) 21:00-54「新エアーウルフ復讐編」(日本テレビ同時ネット)

前年12月に終了したばかりの「赤い光弾ジリオン」が早くも1/20から再放送を開始しています。
「新エアーウルフ復讐編」は「超音速攻撃ヘリエアーウルフ」の後番組として前年11/18から放送しています。
第一話で前作のメカニック担当のドミニクのおっちゃんがあっさり殺されちゃったのがショックで、主人公が代わったこともあって見なくなりましたわ。

NT21
18:50-19:20「グリム名作劇場」(テレビ朝日同時ネット) 20:00-54「ナイトライダー」(テレビ朝日同時ネット)

木曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:30-20:00「少女コマンドーいずみ」(フジ同時ネット)

前年10月末に終了した「スケバン刑事Ⅲ」の後番組として11/5から放送開始した「少女コマンドーいずみ」ですが、私は「スケバン刑事Ⅲ」の前半で視聴脱落してしまったので(ああいうノリはもう麻宮サキじゃないだろw)、それに引き続く形でこの作品も全くの未見です。
一度視聴を打ち切ると、なかなかその枠に戻ってこないのが視聴者という生き物なのですよ。

TNN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
18:50-19:20「キャプテンパワー」(テレビ朝日同時ネット)

金曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

TNN
17:00-30「トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ」(日本テレビ同時ネット) 

NT21
18:50-19:20「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 25:00-55「史上最強の美女たちチャーリーズエンジェル」

「史上最強の美女チャーリーズエンジェル」は1/8スタートで、私が把握している限りでは新潟では4回目の放送になります。

土曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 17:30-18:00「まんがなるほど物語」(TBS、一週遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
18:30-19:00「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ついでにとんちんかん」(フジ同時ネット)

TNN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
15:00-55「特攻野郎Aチーム」(テレビ朝日) 17:30-18:00「機甲戦記ドラグナー」(テレビ朝日同時ネット、1/30終了) 18:00-25「光戦隊マスクマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「聖闘士聖矢」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「アニメ80日間世界一周」(テレビ朝日同時ネット)

「特攻野郎Aチーム」は休止が実に多くて、最早レギュラー番組というよりは穴埋め番組になってしまっています。

引き続いて昭和63年4月の放送状況は下記の如し
まず帯放送ではBSNの早朝枠で「まんが日本絵巻」に代わって「魔法少女ララベル」の新潟では通算三回目の放送が始まっています(2/8から月曜~土曜06:15-30)。
NSTは朝枠(月曜~金曜07:30-8:00)で「わたしのアンネット」に代わって「愛少女ポリアンナ物語」の新潟での初回再放送を2/29から開始しましたが、3/31に終了(おそらく打ち切り)しています。
これは4/1から「ひらけ!ポンキッキ」がこの枠で放送される為です。
夕方四時台は「タッチ」と「スケバン刑事Ⅲ」が4/1で放送終了しており、これは4/4からこの枠で「レディス4」を放送する為の措置です。
その「レディス4」は新潟では45分枠なので、四時台残り15分の穴埋めとして「おじゃまんが山田くん」の再放送を4/4から開始しています(月曜~金曜16:45-17:00)。
そしてこの枠は新潟県民放最後のアニメ帯放送枠になるのですが、当時はまさかアニメの帯放送が地方ニュースパラエティなどに駆逐されて姿を消すとは夢想だにしなかったのです。
TNNの早朝枠(月曜~土曜六時台)では「あらいぐまラスカル」に代わって2/8から「魔女っ子メグちゃん」の新潟では通算五回目の放送を開始しましたが、平日放送は4/2で終了しています(後番組は「アメリカンキッズ」)。
土曜だけは生き残って放送を続行しています。
夕方五時半枠の「ルパン三世」は3/28で終了し、4/4からは「欽きらリン530」という萩本欽一さんメインのバラエティ番組が放送されています。
NT21では早朝枠(毎日06:05-30)で「キャンディキャンディ」の後番組として「はーいステップジュン」の新潟では初回再放送を2/1から3/16まで、翌日から「ベルサイユのばら」の新潟では通算二回目の放送を4/26まで行って「とんがり帽子のメモル」の新潟での初回再放送にバトンタッチしています。
毎日放送だと流石に番組の流れが速いのですわ。
夕方五時台前半では「あさりちゃん」に代わって「メイプルタウン物語」の新潟では初回再放送を3/17から実施(月曜~金曜17:00-30)。
五時台後半では「パーマン」に代わって2/29から「コンポラキッド」の新潟では初回再放送を4/7まで行い、4/11から「キャッツアイ」の視聴者目線では再放送を開始しています(月曜~木曜17:30-18:00)
「キャッツアイ」は新潟では第一シリーズは二回、第二シリーズは一回放送していますが、NT21での放送はテレビ欄にサブタイトルが一切載っていないので第一なのか第二なのか全く判断がつきません。
夕方6時台の「オバケのQ太郎」はこれまでに引き続き放送継続中です(月曜~金曜18:35-50)。

日曜
BSN
10:30-11:00「仮面ライダーBLACK」(毎日放送同時ネット)

NST
09:00-30「じゃあまん探偵団 魔隣組」(フジ同時ネット) 18:00-30「のらくろクン」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「キテレツ大百科」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「小公女セディ」(フジ同時ネット)

1月に謎の放送再開を果たした早朝枠の「アンデス少年ペペロの冒険」は2/21に放送終了しています。
また朝八時台の「北斗の拳2」は4月から土曜17時台に移動しています。
夜七時台前半の「キテレツ大百科」は「陽あたり良好!」の後番組として3/27に放送開始です。
この作品は小山茉美さん、杉山佳寿子さん、藤田淑子さんと私の好きな声優さんが出演しておられる事もあってちょいちょい見ていました。
「ドラえもん」はあの方の声質が昔から嫌いで見なかったのに比べてなんたる違いかw
声優さんに対する好悪も視聴に極めて重要ですな。

TNN
10:30-11:00「闘将!!拉麺男」(日本テレビ同時ネット)

NT21
08:30-09:00「ビックリマン」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「世界忍者戦ジライヤ」(テレビ朝日同時ネット)

月曜
BSN
帯放送以外のアニメ特撮の放送無し

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

TNN
17:00-30「魔法のスター マジカルエミ」(再放送) 19:30-20:00「燃える!お兄さん」(日本テレビ同時ネット)

夜七時台前半の「シティハンター」は3/28に終了しています。
七時台後半は「きまぐれオレンジロード」に代わって3/14から「燃える!お兄さん」が放送を開始しています。
当時私は週刊少年ジャンプを愛読していたので、「燃える!お兄さん」も読んでいました。
ケンイチの父ちゃんの繰り出す「愛のトゲトゲバット」(野球のバットに釘が大量に打ち込んである)に、息子への大いなる愛を感じたものですわw
アニメではケンイチが矢尾さん=ジュドー・アーシタ、火堂害が池田さん=シャアという驚愕のキャスティング。
池田さんのコミカルな演技はなかなか興味深かったとですよ。
シャアならあんなセリフは絶対言わないやらないw

NT21
18:50-19:20「藤子不二雄ワールド」(テレビ朝日同時ネット) 

火曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

TNN
17:00-30「トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ」(日本テレビ同時ネット?) 
「トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ」は4月から放送日を金曜→火曜に移動しています。
これに伴い「魔法のスター マジカルエミ」は月曜のみの放送に変わりました。
また夜七時台の「仮面の忍者赤影」は3/21に放送終了しています。

NT21
18:50-19:20「エスパー魔美」(テレビ朝日同時ネット)。

水曜
BSN
帯放送以外のアニメ特撮の放送無し。

夜七時台に放送していた「レディレディ!!」は3/23に放送終了しています。

NST
19:00-30「ドラゴンボール」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「F」(フジ同時ネット)

「F」は「めぞん一刻」の後番組として3/9スタートですが、私は全くの未見で当時はこの番組の存在自体視程外でした。
「めぞん一刻」は最後まで見ていたんですけどねぇ。

TNN 
17:30-18:00「超音戦士ボーグマン」(4/13スタート、日本テレビ同時ネット) 

「赤い光弾ジリオン」再放送の後番組として「超音戦士ボーグマン」が放送開始。
しかし私はこの番組の事をこの調査まで知りませんでした・・・
なお夜九時台の「新エアーウルフ復讐編」は3/23に放送終了しています。

NT21
18:50-19:20「トッポジージョ」(4/27スタート、テレビ朝日同時ネット)

「トッポジージョ」は3/30に終了した「グリム名作劇場」の後番組として、年度初めの特番やナイター中継(西武戦)を挟んで4/27放送開始。
しかしトッポジージョってこの頃には夜七時台にやるアニメじゃないと思うのですが・・・。
なお夜八時台の「ナイトライダー」は2/10に放送終了しています。

木曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

夜七時半枠で放送していた「少女コマンドーいずみ」は2/18に放送終了しています。

TNN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
18:50-19:20「つるピカハゲ丸くん」(テレビ朝日同時ネット)

「キャプテンパワー」の後番組として3/3に放送開始したのが「つるピカハゲ丸くん」。
私は幸いな事にまだハゲてはいないのですが、不幸にもハゲてしまった方は脊髄反社してしまいそうなヒドいネーミングではあります。

金曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

TNN
17:00-30「魔神英雄伝ワタル」(4/15スタート、日本テレビ同時ネット) 

火曜に移動した「トランスフォーマー ヘッドマスターズ」の後番組として「魔神英雄伝ワタル」が放送開始。
私はこの作品の存在自体は当時認識していましたが、結局未見のままでした。

NT21
18:50-19:20「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 

土曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 17:30-18:00「まんがなるほど物語」(TBS、一週遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
17:00-30「北斗の拳2」(フジ七ヶ月遅れ) 18:30-19:00「おそ松くん」(2/13スタート、フジ同時ネット) 19:30-20:00「ついでにとんちんかん」(フジ同時ネット)

「北斗の拳2」は前述のように4月から日曜朝→土曜夕方に移動して来ましたけれど、放送状況は更に悪化しています・・・
土曜夕方といったらこちらでは特番が入りまくりで正常な放送は完全に無理な、墓場のような時間帯なのですよ。
4月から6月の放送回数は僅か4回で、5月は放送がありません。
4/9の放送の後は、6/18まで二ヶ月以上放送休止なのです。
夕方六時半枠で放送していた「ゲゲゲの鬼太郎」は2月から月曜夜七時に移動して、3/21に放送終了しています。
「鬼太郎」が去った六時半枠に登場したのがリメイク版の「おそ松くん」。
おそ松くんを演じるのはセイラ・マスの井上遥さん、現在の声優界を牽引する実力者の松本梨香さんと林原めぐみさんがまだ若手駆け出しの時代にレギュラー出演と、今にして見ればなかなか見どころのある作品なのですが、当時の私は完全に視程外でした、実に遺憾であります。

TNN
「魔女っ子メグちゃん」(再放送、06:30-45)

NT21
15:00-55「特攻野郎Aチーム」(テレビ朝日) 17:30-18:00「ユリシーズ31」(テレビ朝日同時ネット、4/23終了)→「鎧伝サムライトルーパー」(4/30スタート、テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「超獣戦隊ライブマン」(2/27スタート、テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「聖闘士聖矢」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「いきなりダコン」(4/9スタート、テレビ朝日同時ネット) 「史上最強の美女たちチャーリーズエンジェル」(25:15-26:10)

夕方五時半枠は「機甲戦記ドラグナー」が1/30に終了して、2/6から4/23まで「ユリシーズ31」を放送し、4/30からは「鎧伝サムライトルーパー」が放送開始しています。
「サムライトルーパー」は腐女子の人気が高かったように記憶しているのですが、私はこの枠については「機動戦士ガンダムZZ」終了と同時に卒業したので、「サムライトルーパー」は全くの未見で眼中にナシでした。
夕方6時枠のスーパー戦隊シリーズは「光戦隊マスクマン」から「超獣戦隊ライブマン」にバトンタッチ。
ヒロインが前作までの二人から一人に減ってしまってかなりガッカリしたのですが、紅一点のブルードルフィンは蜂須賀祐一さん演じる変身後に加えて変身前の森恵さんも私のかなり好みのタイプでしたので、ブルードルフィン変身前後目当て、ついで女性型サポートロボのコロン目当てで見ていました。
ホント、視聴の動機がはなはだフェチ的で不純だよなーと反省は少しだけしています、ハイ。
夜七時半枠では「80日間世界一周の後番組として「いきなりダコン」が放送開始。
「ダコン」と言うと私が真先に連想するのは「クトゥルフ神話」に出てくるアレですな。
私はこの時間帯は全く視程外で、土曜の夜とゆーたら「ライブマン」を見た後は悪友と夕飯を食べつつ遊び惚けておりましたわ。
なお、1月から金曜深夜に放送開始した「史上最強の美女たちチャーリーズエンジェル」は4月から土曜深夜に移動しています。

 

| | コメント (0)

2019年8月25日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第44回(昭和62年後半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第44回は、昭和62年後半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、テレビ新潟(TNN)、「新潟テレビ21」(NT21)の番組プログラムの紹介です。

この時期に私が見ていた作品は、
ほぼ必ず見ていた→「仮面ライダーBLACK」
概ね見ていた→「シティハンター」「光戦隊マスクマン」「めぞん一刻」「北斗の拳」「北斗の拳2」
毎回ではないが見ていた→「エアーウルフ」「ナイトライダー」「特攻野郎Aチーム」
そんな頃の話です。

それでは新潟日報製本版の調査に基づく、昭和62年7月の番組放送状況をご紹介。
まず帯番組ではBSNの早朝枠で「まんがどうして物語」の再放送を継続中です(月曜~金曜06:15-30)。
またこの年のBSN夏休み子供劇場では「まんが日本昔ばなし・まんが日本絵巻」を7/27~8/28の月曜~金曜10:00-54で放送しています。
無難なチョイスと言えましょうが、当時の私のような「大きなお友達」には退屈なのは確かです。
なお夏休み子供劇場が完全に子供向けであるその代わりにとでも言うように、BSNでは8/19~9/29の月曜~金曜14:05-15:00に「日本沈没」を放送しています。
NSTでは朝枠で「フランダースの犬」に代わって5/26から「南の虹のルーシー」の新潟では通算三回目の放送を実施中です。
TNNでは早朝枠で「バビル二世」に代わって「花のピュンピュン丸」の新潟では通算三回目の放送を行っています(月曜~土曜六時台前半15分枠)。
午前中では7/27から8/21まで「ルパン三世」を再放送(月曜~金曜10:30-11:00)、夕方四時台では7/27から8/7まで「キン肉マン」を再放送(月曜~金曜16:00-55)。
夕方五時半枠では「がんばれ元気」に代わって5/27から「トムとジェリー」を放送しています(月曜~木曜17:30-18:00)。
「トムとジェリー」は昭和41年以来、BSNで七回放送していて、TNNのこの放送で新潟では通算八回目になります。
NT21では朝枠で「まんが世界昔ばなし」に代わって5/20から7/18まで「家なき子」の新潟では通算三回目の放送を行い、7/20からはアメリカ産のアニメ「シルベスターとツイーティー」にバトンタッチです(月曜~土曜07:20-50)。
夕方五時台前半では「一休さん」を引き続き放送中(月曜~金曜17:00-30)、五時台後半は4/27から7/2まで「がんばれ!レッドビッキーズ」の新潟では通算二回目の放送(月曜~金曜17:30-18:00)を実施し、7/3からは引き続き「それ行け!レッドビッキーズ」の新潟では通算三回目の放送を開始しましたが、7/29~8/14は「夏休み藤子劇場」放送の為に放送休止しています。
「忍者ハットリくん」(月曜~土曜18:50~19:00)は引き続き放送中です。

日曜
BSN
特撮アニメの放送無し

NST
06:15-45「アンデス少年ペペロの冒険」(再放送) 08:30-09:00「北斗の拳」(フジ) 09:00-30「おもいっきり探偵団覇悪怒組」(フジ同時ネット) 18:00-30「あんみつ姫」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「陽あたり良好!」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「愛の若草物語」(フジ同時ネット)

NSTの日曜では5月からアニメの早朝枠が設けられていて、5/3から「アンデス少年ペペロの冒険」の新潟では通算三回目の放送を行っています。
「北斗の拳」の5月~7月の放送は7回で、7月は一度しか放送しておらず、同時ネットとの遅れはさらに拡大しています・・・。

TNN
10:30-11:00「赤い光弾ジリオン」(日本テレビ同時ネット)

NT21
06:30-55「スターザンS」(フジ、視聴者目線では再放送) 08:30-09:00「新メイプルタウン物語」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「ウルトラB」(テレビ朝日同時ネット)

月曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

TNN
17:00-30「魔法の妖精ペルシャ」(再放送) 19:00-30「シティハンター」(日本テレビ同時ネット) 19:30-20:00「きまぐれオレンジロード」(日本テレビ同時ネット)

NT21
19:00-30「超人機メタルダー」(テレビ朝日同時ネット) 20:00-54「ナイトライダー」(テレビ朝日同時ネット)

火曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

NST
19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

TNN
17:00-30「魔法の妖精ペルシャ」(再放送)

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

水曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:00-30「ドラゴンボール」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「めぞん一刻」(フジ同時ネット) 

TNN
21:00-54「超音速攻撃ヘリエアーウルフ」(日本テレビ同時ネット)

NT21
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:30-20:00「スケバン刑事Ⅲ」(フジ同時ネット

TNN
17:00-30「ドリモグだァ!!」(日本テレビ、一週遅れ)

NT21
19:30-20:00「ガミー・ベアの冒険」(テレビ朝日同時ネット)

金曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

TNN
17:00-30「トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ」(日本テレビ同時ネット) 
「トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ」は「トランスフォーマー2010」の後番組として7/3スタートです。

NT21
19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「宇宙船サジタリウス」(テレビ朝日同時ネット)

土曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 17:30-18:00「まんがなるほど物語」(TBS、一週遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
06:00-30「さすがの猿飛」(再放送※7/4まで) 18:30-19:00「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ハイスクール!奇面組」(フジ同時ネット)

NST早朝の「さすがの猿飛」再放送は7/4で終了し、後番組は「ワンダフル動物くん」・・・。

TNN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

NT21
15:00-55「特攻野郎Aチーム」(テレビ朝日) 17:30-18:00「機甲戦記ドラグナー」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「光戦隊マスクマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「聖闘士聖矢」(テレビ朝日同時ネット)

引き続いて昭和62年10月の放送状況は下記の通りです。
まず帯放送はBSNの早朝枠で「まんがどうして物語」を引き続き放送中(月曜~金曜06:15-30)。
NSTの朝枠では「南の虹のルーシー」に代わって8/5から10/8まで「小公女セーラ」の新潟での初回再放送を行い、10/9からは「赤毛のアン」の新潟では通算三回目の放送を開始しています。
また夕方では久々にアニメ等の再放送枠が設けられていて、10/13から「タッチ」の再放送(月曜~金曜16:00-30)と「スケバン刑事Ⅱ」の再放送(月曜~木曜16:30-17:00)を行っています。
TNNでは早朝枠で「花のピュンピュン丸」に代わって8/8から10/8まで「ミクロイドS」の新潟では通算二回目の放送を行った後、10/9から「あらいぐまラスカル」の新潟では通算三回目の放送を開始しています(月曜~土曜六時台の15分枠)。
夕方四時台の一般ドラマ再放送枠では「西遊記」の新潟では通算六回目の放送を10/2から実施しています(月曜~金曜16:00-55)。
夕方五時台後半では「トムとジェリー」に代わって9/28から「ルパン三世」第一シリーズの新潟では通算三回目の放送を行っています(月曜~木曜17:30-18:00)。
NT21では9月末にアニメの早朝枠が設けられて、9/29から「キャンディキャンディ」の新潟では通算四回目の放送を開始しています(月曜~土曜06:05-30)。
朝七時枠では「シルベスターとツイーティー」に代わって8/31から9/28まで「新エースをねらえ!」の新潟では通算二回目の放送を行っていますが、10月からは朝七時から「やじうまワイド」の放送開始に伴って、アニメ朝枠は廃止されてしまいました。
夕方五時台前半では「一休さん」に代わって10/1から「オズの魔法使い」を放送開始(月曜~金曜17:00-30)、五時台後半では「それゆけ!レッドビッキーズ」の放送を継続中です(月曜~金曜17:30-18:00)。
夕方6時台では「忍者ハットリくん」(月曜~土曜18:50-19:00)が10/16に終了し、後番組の「オバケのQ太郎」はニュース枠拡大に伴って放送時間帯を18:35~50に繰り上げています(10/19スタート、月曜~金曜)。

日曜
BSN
10:30-11:00「仮面ライダーBLACK」(10/4スタート、毎日放送同時ネット)

「仮面ライダースーパー1」終了以来六年ぶりに復活した仮面ライダー、それが仮面ライダーBLACKです。
初期は極めてダークな作風で、大きなお友達の私は欠かさず視聴しながらも「こんなので子供は見るのかなぁ」と思っていましたな。
この反動でいずれ凄まじく路線変更して子供ゲスト出まくりの「ウルトラマン80」後半や「仮面ライダースーパー1」後半のような展開になってしまうのではないかと心配していたのです。
幸い、やや子供向きに路線修正しながらもダークな作風を貫徹したのはお見事でした。

NST
08:15-08:45「北斗の拳」(10/11スタート、フジ七ヶ月遅れ) 09:00-30「おもいっきり探偵団覇悪怒組」(フジ同時ネット) 18:00-30「のらくろクン」(10/4スタート、フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「陽あたり良好!」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「愛の若草物語」(フジ同時ネット)

朝六時台に放送していた「アンデス少年ペペロの冒険」は9/27に終了しています。
放送状況が極めて不安定だった「北斗の拳」は昭和59年12月の放送開始から二年八ヶ月を費やして8/30に終了、約一ヶ月の空白の後「北斗の拳2」が10/11スタートです。
しかしこの番組では新潟では相変わらず粗雑な扱われ方に終始し、打ち切りの憂き目を見てしまうのです・・・。
流すのがそんなにイヤなら一切放送しなければいいのに。
夕方6時の「のらくろクン」は「あんみつ姫」の後番組として10/4スタートですが、昭和も終わろうかという時期に「のらくろ」というのは今更感が凄かったですな。

TNN
10:30-11:00「赤い光弾ジリオン」(日本テレビ同時ネット)

これまで10時からの放送だった「赤い光弾ジリオン」は9月から30分繰り下げて10時半からの放送に変わっています。

NT21
06:30-55「スターザンS」(フジ、視聴者目線では再放送) 08:30-09:00「新メイプルタウン物語とビックリマン」(10/11スタート、テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「超人機メタルダー」(テレビ朝日同時ネット)

朝八時半から放送の「新メイプルタウン物語」は10/11から15分枠に短縮されて、残り15分は「ビックリマン」が新番組として入っています。
「超人機メタルダー」はこれまで月曜夜の放送でしたが、10/4から日曜九時半枠に移動しています。

月曜
BSN
帯放送以外のアニメ特撮の放送無し

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

TNN
17:00-30「魔法の妖精ペルシャ」(再放送) 19:00-30「シティハンター」(日本テレビ同時ネット) 19:30-20:00「きまぐれオレンジロード」(日本テレビ同時ネット)

NT21
18:50-19:20「藤子不二雄ワールド」(10/19スタート、テレビ朝日同時ネット) 20:00-54「ナイトライダー」(テレビ朝日同時ネット)

「藤子不二雄ワールド」はこれまで火曜に放送していた「藤子不二雄ワイド」を曜日変更して放送時間を短縮しタイトルを改めたもので、「ワイド」から引き続いて「プロゴルファー猿」、そしてこれまで日曜朝に放送していた「ウルトラB」のカップリング放送になっています

火曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

TNN
17:00-30「魔法の妖精ペルシャ」(再放送) 19:00-30「仮面の忍者赤影」(10/13スタート、日本テレビ同時ネット)

「仮面の忍者赤影」は昭和42年放送開始の特撮時代劇のリメイクアニメ作品ですが、私は全く見ていませんでした、と言うよりも番組の存在自体認識していなかったのが正直なところです。
そもそもオリジナルの「赤影」自体見た事ないもんなぁ。

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(10/13まで、テレビ朝日同時ネット) 18:50-19:20「エスパー魔美」(10/20から、テレビ朝日同時ネット)。

「藤子不二雄ワイド」から「ワールド」に変わって放送時間が短縮されましたが、その分新たな藤子作品の「エスパー魔美」の放送が始まって「ワールド」放送時間短縮分の穴を埋めた形です。

水曜
BSN
19:30-20:00「レディレディ!!」(10/21スタート、TBS同時ネット)

「ワンダービートS」終了以来約一年ぶりに、BSNの平日夜のアニメが復活。
それが「レディレディ!!」ですが、「ワンダービートS」同様に短命に終わっています。

NST
19:00-30「ドラゴンボール」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「めぞん一刻」(フジ同時ネット)

TNN 
21:00-54「超音速攻撃ヘリエアーウルフ」(日本テレビ同時ネット)

NT21
18:50-19:20「グリム名作劇場」(10/21スタート、テレビ朝日同時ネット) 20:00-54「ナイトライダー」(テレビ朝日同時ネット)

「グリム名作劇場」については、私は今回の調査まで存在自体知りませんでしたスイマセン親方・・・。
この当時のこの時間帯は悪友たちとつるんで夜遊びしていたので、夜七時台の番組ってあんまり見てないんだよなぁ。
また「ナイトライダー」はこれまで月曜夜に放送していましたが、10/21から水曜夜に移動しています。

木曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:30-20:00「スケバン刑事Ⅲ」(フジ同時ネット、10/29終了)

TNN
17:00-30「ドリモグだァ!!」(日本テレビ、一週遅れ、10/15終了)

NT21
18:50-19:20「キャプテンパワー」(10/22スタート、テレビ朝日同時ネット)

夜七時半から放送していた「ガミー・ベアの冒険」は9/17に終了しています。
「キャプテンパワー」はアメリカ産の特撮ヒーロードラマですが、私は遺憾ながらこの番組も見た事がありません・・・。
もうアニメも特撮も卒業というお年頃だったのです。

金曜
BSN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

NST
帯放送以外の特撮アニメの放送無し

TNN
17:00-30「トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ」(日本テレビ同時ネット) 

NT21
18:50-19:20「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「宇宙船サジタリウス」(テレビ朝日同時ネット、10/3終了)

「ドラえもん」は10/23から放送時間を10分繰り上げて18:50開始になっています。
「宇宙船サジタリウス」は10/2に通常放送を行い、翌3日(土曜)の夜七時半から最終回を放送しています。
調べてみたら、石原裕次郎逝去特番で放送が一回飛んだ為の苦肉の措置だったようです。
「サジタリウス」は途中から見なくなっていたので、この辺の事は全く覚えが無かったなぁ

土曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 17:30-18:00「まんがなるほど物語」(TBS、一週遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
18:30-19:00「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ついでにとんちんかん」(10/17スタート、フジ同時ネット)

「ついでにとんちんかん」は「ハイスクール!奇面組」の後番組ですが私はこの手の作品がキライなので、番組の存在は認識していましたが全く見ていません。

TNN
帯放送以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
15:00-55「特攻野郎Aチーム」(テレビ朝日) 17:30-18:00「機甲戦記ドラグナー」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「光戦隊マスクマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「聖闘士聖矢」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「アニメ80日間世界一周」(10/10スタート、テレビ朝日同時ネット)

「アニメ80日間世界一周」は日本とスペインの合作アニメで、登場人物は全て動物だそうです。
私はこの番組は存在そのものを認識していませんでした・・・。

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第43回(昭和62年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第43回は、昭和62年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、テレビ新潟(TNN)、「新潟テレビ21」(NT21)の番組プログラムの紹介です。

この時期に私が見ていた作品は、
ほぼ必ず見ていた→「機動戦士ガンダムZZ」「超新星フラッシュマン」
概ね見ていた→「北斗の拳」「めぞん一刻」「ナイトライダー」
毎回ではないが見ていた→「宇宙船サジタリウス」「時空戦士スピルバン」「エアーウルフ」「特攻野郎Aチーム」
そんな頃の話です。

 それでは新潟日報製本版の調査に基づく、昭和62年1月の番組放送状況をご紹介。
まず帯番組ではBSNの早朝枠で「まんがはじめて物語」を継続中(月曜~金曜06:05-30)。
NSTでは朝枠で「レディジョージィ」に代わって「とんでも戦士ムテキング」の新潟では通算二回目の放送を行っています(月曜~金曜07:30--8:00)。
TNNでは早朝枠で「いなかっぺ大将」に代わって「カリメロ」の帯放送を開始しました(月曜~土曜06:15-30)。
「カリメロ」の土曜と日曜午前の放送は継続されているので、新潟ではこの時期毎日「カリメロ」を見れたのですけれど、この事を有難がるファンってどれだけいたのだろうか?
夕方五時台では「ダーティペア」に代わって前年11/3から「魔法の天使クリィミーマミ」の月曜~水曜再放送を1/14まで行い、翌週からは月曜火曜の放送に短縮されています。
これは夕方の番組編成が一部変更になり、前年12月まで水曜夜に放送していた「ドリモグだァ!!」が約一ヶ月の休止を経て1/22から木曜17:00-30の放送になり、従来その時間に放送していた「お笑いマンガ道場」が水曜17:00-30に移動してきた為です。
夕方五時半台は前年から引き続き「キン肉マン」の再放送を継続中です(月曜~木曜17:30-18:00)。
NT21では朝枠で「アンデルセン物語」に代わって前年11/28から「まんが世界昔ばなし」を放送しています(月曜~金曜07:20-50)。
夕方五時台では前年から引き続いて「一休さん」を継続中(月曜~金曜17:00-30)、五時半台では「ヤッターマン」に代わって前年11/21から1/30まで「機動戦士ガンダム」の新潟では通算四回目の放送を行っています(月曜~金曜17:30-18:00)。
夕方6時台はこれまで通り、「オバケのQ太郎」(月曜~土曜18:45-19:00)です。

日曜
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
08:30-09:00「北斗の拳」(フジ) 09:00-30「おもいっきり探偵団覇悪怒組」(フジ同時ネット) 18:00-30「あんみつ姫」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「タッチ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「愛の若草物語」(フジ同時ネット)

「北斗の拳」の1月~3月の放送状況は三ヶ月で10回。
冬は祭りやゴルフが無いので夏に比べればずっとマシなのです。
「おもいっきり探偵団覇悪怒組」は「もりもりぼっくん」の後番組として1/11スタート。
少年探偵団モノだともう見る気が完全に失せる、そんな年頃の私でした。
魔天朗が仮面の全身タイツ女子だったら欠かさず見ていたものを。
「愛の若草物語」は「愛少女ポリアンナ物語」の後番組として1/11スタート。
前作「ポリアンナ」はちょいちょい見ていた私でしたが、この番組は完全スルーでした。

TNN
08:30-45「カリメロ」(再放送) 10:00-30「電光石火バットマン」(日本テレビ同時ネット) 12:00-55「ルパン三世(第二シリーズ)」(再放送)

「電光石火バットマン」は「剛Q超児イッキマン」の後番組として1/11スタート。
アメリカ製のアニメでこの枠の次回作「赤い光弾ジリオン」までの中継ぎという感じです。

NT21
06:30-07:00「ゼンダマン」(フジ、視聴者目線では再放送) 08:30-09:00「メイプルタウン物語」(テレビ朝日同時ネット※1/11まで)→「新メイプルタウン物語」(テレビ朝日同時ネット※1/18から) 09:30-10:00「オバケのQ太郎」(テレビ朝日同時ネット) 

「新メイプルタウン物語」は主人公の引越し先での話だそうで、私は全く見ていませんが続編が製作されるぐらい小さな女の子たちには人気があったんでしょうね。

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

ちなみにBSNの月曜では「月曜ロードショー」で3/9に「日本沈没」を放送。
東京が大地震に襲われて下町が津波でやられる場面はもう正視できない恐ろしさ、禍々しさでした・・・。

NST
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

TNN
19:00-30「ボスコアドベンチャー」(日本テレビ同時ネット)

NT21
19:00-30「時空戦士スピルバン」(テレビ朝日同時ネット)

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

NST
19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

TNN
19:00-30「ドテラマン」(日本テレビ同時ネット)

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

水曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

夜七時半から放送していた「ワンダービートS」は前年11/19で終了しています。

NST
19:00-30「ドラゴンボール」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「めぞん一刻」(フジ同時ネット)

TNN
19:30-20:00「がんばれ!!キッカーズ」(日本テレビ同時ネット)

夜七時から放送していた「ドリモグだァ!!」は前年12/17でゴールデン帯から撤退し、木曜夕方に移動しています。

NT21
21:00-54「ナイトライダー」(テレビ朝日同時ネット)

「ナイトライダー」はアメリカ製のアクションドラマで1/7スタート。
番組開始前には主人公マイケル・ナイトがサイボーグという話だったので、私はそれに見事に釣り上げられてレギュラー放送以前にやっていた日曜洋画劇場枠での放送も第一回から見ていたのです。
・・・顔を撃たれて瀕死の重傷を負った元刑事が整形手術を受けて新たな人生を歩む話じゃないですか!まったくコンロリと騙されましたわ。
まぁしかしそれでも話は面白いので視聴継続していました。

木曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し

NST
19:30-20:00「スケバン刑事Ⅲ」(フジ同時ネット)

TNN
17:00-30「ドリモグだァ!!」(日本テレビ、一週遅れ)

12月まで水曜夜に放送していた「ドリモグだァ」は1/22からこの枠で放送再開です。

NT21
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

金曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。
早朝に放送していた「魔法のプリンセス ミンキーモモ」は12/12に終了しています。

NST
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

TNN
17:00-30「戦え超ロボ!トランスフォーマー2010」(日本テレビ同時ネット) 

「戦え超ロボ!トランスフォーマー2010」は「トランスフォーマー」の後番組として11/14スタートです。
「トランスフォーマー」シリーズは新潟では従来から金曜のこの枠で放送してきましたが、日本テレビ同時ネットの放送時間帯も前年10月から新潟と同一になっています。
もしかしらその時点で新潟も同時ネット化されていたのかもしれませんが確証は持てません。
しかし「トランスフォーマー2010」は同時ネットと放送開始日、時間帯共に一致するので、この作品は同時ネットと断定してもいいでしょう。
なお、夜七時に放送していた「青春アニメ全集」は12/26に終了しています。

ちなみにTNN金曜では「金曜ロードショー」で3/6に「蝿男の恐怖」を放送。
まさかのクラシカルなSFホラー作品放送であります。
この年の1月にリメイク版の「ザ・フライ」が公開されているのでその関連だったのでしょう。

NT21
19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「宇宙船サジタリウス」(テレビ朝日同時ネット)

土曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 17:30-18:00「まんがなるほど物語」(TBS、一週遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
06:00-30「めちゃっこドタコン」(フジ) 18:30-19:00「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ハイスクール!奇面組」(フジ同時ネット)

早朝ではまさかの「めちゃっこドタコン」が1/17から再登場。
どうやら前年3月で打ち切りになって未放映だった回を流していたようです。
ヘンなところでは律儀なNSTなのであります。

TNN
10:35-50「カリメロ」(再放送)

NT21
07:15-45「地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー」(テレビ朝日、2日遅れ) 17:30-18:00「機動戦士ガンダムZZ」 18:00-25「超新星フラッシュマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「聖闘士聖矢」(テレビ朝日同時ネット)

「機動戦士ガンタムZZ」は1/31で終了です。
カミーユは辛うじて出てくれたけど、アムロとシャアは姿を見せないままの終了。
アムロは地球編でハヤトと一緒に、シャアはネオジオン内部の抗争で登場と思っていた私はガッカリ。
当時はアニメ雑誌は既に卒業していたので、「逆襲のシャア」の企画なんて全く知らんかったとですよ。

引き続いて昭和62年4月の放送状況をご紹介。
まず帯番組ではBSNの早朝枠で「まんがはじめて物語」から「まんがどうして物語」にバトンタッチして土曜夕方枠の再放送を継続中です(月曜~金曜06:15-30)。
NSTでは朝枠で「とんでも戦士ムテキング」に代わって3/13から「フランダースの犬」の新潟では通算五回目の放送を行っています。
TNNでは早朝枠で「カリメロ」に代わって3/13から「バビル二世」の新潟では通算二回目の放送を実施中です(月曜~土曜06:10-25。
夕方五時半台では「キン肉マン」に代わって3/25から「がんばれ元気」の新潟では通算三回目の放送を行っています(月曜~木曜17:30-18:00)。
NT21では朝枠で「まんが世界昔ばなし」を継続中(月曜~土曜07:20-50)。
夕方五時台では「一休さん」を前年6月末からロングラン放送中(月曜~金曜17:00-30)、五時半台では「機動戦士ガンダム」に代わって2/1から4/24まで「逆転イッパツマン」の新潟では通算二回目の放送を行った後、4/27から「がんばれ!レッドビッキーズ」の再放送を開始しました(月曜~金曜17:30-18:00)。
夕方6時台では「オバケのQ太郎」に代わって「忍者ハットリくん」が3/30から再スタートしましたが、放送時間はこれまでよりも五分短縮されています(月曜~土曜18:50-19:00)。

日曜
BSN
特撮アニメの放送無し

NST
08:30-09:00「北斗の拳」(フジ) 09:00-30「おもいっきり探偵団覇悪怒組」(フジ同時ネット) 18:00-30「あんみつ姫」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「陽あたり良好!」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「愛の若草物語」(フジ同時ネット)

「北斗の拳」の4月から6月にかけての放送は8回。
毎週欠かさず放送していれば13回放送できるというのに。
前年8月からこの年の6月までの十一ヶ月間では29回放送です。
毎週普通に放送していれば48回も流せるので、19回分もの遅れが新たに生じているのです。
「陽あたり良好!」は「タッチ」の後番組として3/29スタート。
この番組は私は最初から視程外でしたので全く見ていません。

TNN
10:00-30「電光石火バットマン」(日本テレビ同時ネット※4/5まで)→「赤い光弾ジリオン」(日本テレビ同時ネット※4/12から)

「赤い光弾ジリオン」は「電光石火バットマン」の後番組として4/12スタートです。
朝八時台に15分枠で流していた「カリメロ」と昼に一時間枠で放送していた「ルパン三世」は3月で終了しています。

NT21
06:30-55「スターザンS」(フジ、視聴者目線では再放送) 08:30-09:00「新メイプルタウン物語」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「ウルトラB」(テレビ朝日同時ネット)

「スターザンS」はかつてフジで土曜夕方に放送していた作品で、「ゼンダマン」に代わって3/22スタートです。
「ウルトラB」は「オバケのQ太郎」の後番組として4/5スタート。
知識の無い私は「ウルトラ」の四文字に釣り上げられて見てガッカリという苦い思い出があります。

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

NST
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

TNN
17:00-30「魔法の天使クリィミーマミ」(再放送※4/20まで)→「魔法の妖精ペルシャ」(再放送※4/27から) 19:00-30「シティハンター」(日本テレビ同時ネット) 19:30-20:00「きまぐれオレンジロード」(日本テレビ同時ネット)

2月から月曜・火曜の放送になっていた「魔法の天使クリィミーマミ」は4/21(火曜)で終了し、後番組は4/27(月曜)から「魔法の妖精ペルシャ」の再放送です。
「シティハンター」は「ボスコアドベンチャー」の後番組として4/6スタート。
私が現在でもファンの小比類巻かほるさんが主題歌を歌っていることもあって見ていましたけれど、「もっこり」連発にはちょっと・・・。
ルパンのおちゃらけどころじゃないですからね、それもたまにやる程度ならいいけど毎回です。
時々ハードボイルドに徹している回があって、その時の冴場さんは凄くカッコいいのに。
「きまぐれオレンジロード」は「シティハンター」と同日の4/6スタート。
こちらは私にとって全くの視程外でした。

NT21
19:00-30「超人機メタルダー」(テレビ朝日同時ネット) 20:00-54「ナイトライダー」(テレビ朝日同時ネット)

「超人機メタルダー」は「時空戦士スピルバン」の後番組として3/16スタート。
この作品には変身ヒロインが登場しないので私は見ていませんでした。
特撮を見る動機って物凄く不純だったのですわ。
またこれまで水曜夜九時から放送していた「ナイトライダー」は4/13からこの枠に移動しています。
放送時間帯が一時間早まった事で、小学生も余裕で見られるようになったことでしょう。

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

NST
19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

TNN
17:00-30「魔法の天使クリィミーマミ」(再放送※4/21まで)→「魔法の妖精ペルシャ」(再放送※4/28から)

夜七時から放送していた「ドテラマン」は2/24で終了しています。

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

水曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

NST
19:00-30「ドラゴンボール」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「めぞん一刻」(フジ同時ネット) 

TNN
21:00-54「超音速攻撃ヘリエアーウルフ」(日本テレビ同時ネット)

「超音速攻撃ヘリエアーウルフ」は日本テレビでは前年10月から日曜夜10時半に放送していましたが、生憎その枠は新潟ではローカル枠なので未放映でした。
「エアーウルフ」が水曜夜九時に移動した4/8から新潟でもようやく視聴できるようになったのです。
私もちょいちょい見ていましたが、今から考えると「超音速ヘリ」って無理があるし意味もないよなぁ。
あの頃はなんとなく納得して見ていましたけどね。
ターボジェットとかターボシャフトとかよく理解していなかったし。

NT21
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

木曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

NST
19:30-20:00「スケバン刑事Ⅲ」(フジ同時ネット)

TNN
17:00-30「ドリモグだァ!!」(日本テレビ、一週遅れ)

NT21
19:30-20:00「ガミー・ベアの冒険」(テレビ朝日同時ネット)

「ガミー・ベアの冒険」はアメリカ製のディズニーアニメで4/9スタートです。
私は今回の調査までこの番組の存在を知りませんでしたスイマセン親方・・・。

金曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

NST
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

TNN
17:00-30「戦え超ロボ!トランスフォーマー2010」(日本テレビ同時ネット) 

NT21
19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「宇宙船サジタリウス」(テレビ朝日同時ネット)

土曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 17:30-18:00「まんがなるほど物語」(TBS、一週遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
06:00-30「めちゃっこドタコン」(フジ※4/4まで)→「さすがの猿飛」(再放送※4/11から) 18:30-19:00「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ハイスクール!奇面組」(フジ同時ネット)

前年3月限りで放送を打ち切って十ヵ月後のこの年1月に突如放送を再開した「めちゃっこドタコン」に代わって「さすがの猿飛」の再放送が始まりました。
「猿飛」は前年の1月から3月まで帯放送されていましたが、同時ネットでは一年半の放送期間だったこの番組を約二ヶ月半の帯放送では全話を流せなかったと思われるので、この放送で再放送未放映分を消化する意図があったのでは?と推論してみるところです。

TNN
帯番組以外の特撮アニメ等の放送無し。

NT21
15:00-55「特攻野郎Aチーム」(テレビ朝日) 17:30-18:00「機甲戦記ドラグナー」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「光戦隊マスクマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「聖闘士聖矢」(テレビ朝日同時ネット)

朝七時台で放送していた「地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー」は3月末で終了しています。
「特攻野郎Aチーム」はテレビ朝日では昭和60年10月から土曜午後三時台で放送しいていましたが、新潟ではそれに遅れること一年半のこの年の4/4にスタートです。
精神を患っているモンキーをどうやってビョーインから連れ出すか、病的な飛行機恐怖症のコングをどうやってヒコーキに載せるかがお約束のテッパンネタでしたね。

「機甲戦記ドラグナー」は「機動戦士ガンダムZZ」の後番組として2/7スタート。
この時期になると私は「ガンダム」のブランド名を冠していないロボットモノの新作に興味は無くなっていたので、この作品も全く見ていません。
「光戦隊マスクマン」は「超新星フラッシュマン」の後番組として2/21スタート。
Wヒロイン体制継続のこの作品も私は当然注視。
ヒロイン変身後のスーツデザインがそれまで三作続いていたハイレグ状からスカートに代わっちゃったのは非常に残念!
この変更で萌え濃度は半減してしまいました・・・。
しかしマスクマンのマスクは非常に小さいので、そこを注目して見ていました。
ピンクマスクのマスクデザインは中々秀逸だと評価しておるところです。
後は敵の幹部のイガム王子が男装の麗人というのもなかなか興味をそそるところでしたっけ。

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第42回(昭和61年後半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第42回は、昭和61年後半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、テレビ新潟(TNN)、「新潟テレビ21」(NT21)の番組プログラムの紹介です。

BSN平日のアニメ特撮最後の砦と言える金曜夕方五時台とNSTの夕方四時半アニメ枠がついに消滅して、子供たちの希望は新興のTNNとNT21に託されます。
そんな頃の話です。

それでは新潟日報製本版の調査に基づく、昭和61年7月の番組放送状況をご紹介。
まず帯放送ではBSNの早朝枠で5/1から「まんがはじめて物語」の再放送を継続中です(月曜~木曜06:05-30)。
BSN夏恒例規格の「夏休み子供劇場」は昭和59年、60年と二年続けてありませんでしたがこの年は久々の復活(7/28から月曜~金曜10:00-54)。
しかし内容は「まんが日本昔ばなしとまんがどうして物語」というモノで、昔「海底科学作戦」や「謎の円盤UFO」、「宇宙大作戦」という洋モノ特撮を放送して子供たちの度肝を抜いた面影はありません・・・。
NSTでは朝枠で7/24まで「小さなバイキングビッケ」、翌日から「牧場の少女カトリ」の再放送を開始しています(月曜~金曜07:30-08:00)。
夕方では「Drスランプ」に代わって5/12から6/2まで「ななこSOS」を放送した後、ふたたび「Drスランプ」に戻って継続中です(月曜~木曜16:30-17:00)。
TNNでは早朝枠で「ベティちゃん」に代わって5/28から「いなかっぺ大将」の新潟では通算二回目の放送を行っています(月曜~土曜06:30-45)。
夕方五時台では「ウルトラマンA」に代わって5/24から7/26まで「ウルトラマンタロウ」の新潟では通算実質六回目(TNNでは二回目)の放送を行った後、7/28から「ウルトラマンレオ」の新潟では通算六回目の放送を始めています(月曜~金曜17:30-18:00)。
なおTNNの平日深夜に帯放送していた「スパイ大作戦」は6/6に終了しています。
NT21では朝枠で「ジャングル大帝」から引き続き「新ジャングル大帝」を流して7/5に終了し、7/8から「ペリーヌ物語」の新潟では通算四回目の放送を始めています(月曜~金曜07:20-50)。
夕方五時台では「一休さん」(月曜~金曜17:00-30)が放送継続中で、五時半台では「タイムボカン」に代わって6/12から「ヤッターマン」の新潟では通算二回目の放送を行っています。
夕方6時台はこれまでと変化無く、「忍者ハットリくん」(月曜~金曜18:00-10)と「オバケのQ太郎」(月曜~土曜18:45-19:00)です。

日曜
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
06:20-45「あいあむ!スマーフ」(テレビ東京、約二ヶ月遅れ) 08:30-09:00「北斗の拳」(フジ) 09:00-30「もりもりぼっくん」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「タッチ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「愛少女ポリアンナ物語」(フジ同時ネット)

早朝枠の「あいあむ!スマーフは7/13で終了しています。
3/18をもって放送休止になっていた「北斗の拳」は「キャプテン翼・小学編」の後番組として6/1からこの枠で放送再開です。
しかし放送状況は最悪で、8月と9月の二ヶ月間で放送したのはたった2回。
ここぞとばかりに「お祭り」他ローカル特番を情け容赦なくブチこんできますからな。

TNN
08:30-09:00「ルパン三世(第二シリーズ)」(再放送) 10:00-30「剛Q超児イッキマン」(日本テレビ同時ネット) 10:30-11:00「忍者戦士飛影」(日本テレビ同時ネット)

「忍者戦士飛影」は7/27で終了、後番組はローカル番組枠になります・・・。

NT21
06:30-07:00「ゼンダマン」(フジ、視聴者目線では再放送) 08:30-09:00「メイプルタウン物語」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「オバケのQ太郎」(テレビ朝日同時ネット) 

ちなみにNT21日曜では「日曜洋画劇場」で7/13に「ファイヤーフォックス」を放送。
あのメインテーマ曲がカッコ良くてCDもしくはDLで欲しいんですけど、両方共に商品化されていないそうで残念。

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

TNN
17:00-30「キャッツ・アイ」(再放送) 19:30-20:00「ロボタン」(日本テレビ同時ネット)

NT21
19:00-30「時空戦士スピルバン」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「銀牙-流れ星銀」(テレビ朝日同時ネット)

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

TNN
17:00-30「蒼き彗星SPTレイズナー」(日本テレビ、12日遅れ※7/8まで)→「キャッツ・アイ」(再放送※7/15から) 19:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット)

「蒼き彗星SPTレイズナー」は7/8に終了、周囲では評判の作品でしたが私は後半は全く見ないままでした。
後番組は「キャッツ・アイ」の火曜放送です。

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

水曜
BSN
19:30-20:00「ワンダービートS」(TBS同時ネット)

NST
19:00-30「ドラゴンボール」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「めぞん一刻」(フジ同時ネット)

TNN
17:00-30「魔法のアイドルパステルユーミ」(日本テレビ、12日遅れ)

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:30-20:00「スケバン刑事Ⅱ」(フジ同時ネット)

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 

夕方五時半から放送していた「魔法のプリンセス ミンキーモモ」再放送は5/30で休止、放送再開は8/8からです。

NST
16:30-1700「六三四の剣」(テレビ東京、6日遅れ)

TNN
17:30-18:00「戦え超ロボ!トランスフォーマー」(日本テレビ、6日遅れ) 19:00-30「青春アニメ全集」(日本テレビ同時ネット)

ちなみにTNN金曜では、「金曜ロードショー」で7/25に「風の谷のナウシカ」を放送しています。

NT21
19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「宇宙船サジタリウス」(テレビ朝日同時ネット) 24:00-「アメリカン・ヒーロー」

日曜午後での放送を3月で打ち切った「アメリカン・ヒーロー」が5/9から金曜深夜で放送再開です。

土曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 17:30-18:00「まんがなるほど物語」(TBS、七週遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

「まんがなるほど物語」は「まんがどうして物語」の後番組として5/24スタートです。
「どうして物語」放送開始時点ではTBSに遅れる事二週間でしたが、約二年を経て遅れが拡大しているのは土曜夕方という時間帯の宿命と言えます。

NST
17:30-18:00「キャプテン翼」(テレビ東京、約三ヶ月半遅れ) 18:30-19:00「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ハイスクール!奇面組」(フジ同時ネット)

ちなみにNST土曜では「ゴールデン洋画劇場」で8/9に「コブラ」を放送しています。
シルベスター・スタローン主演ではなくアニメの方です。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
07:15-45「地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー」(テレビ朝日、2日遅れ) 17:30-18:00「機動戦士ガンダムZZ」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「超新星フラッシュマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「光の伝説」(テレビ朝日同時ネット)

「地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー」はアメリカ製のアニメで7/26スタートです。
「光の伝説」は「夢の星のボタンノーズ」の後番組として5/3スタートです。
本格的に女子新体操を題材にしたアニメはこの作品が初めてではないでしょうか。

ちなみにNT21土曜では、8/2深夜に「バーニング」を放送。
去年、スターチャンネルの無料放送でこの映画をやっていて超久々に見ました。
バカタレ青年たちが裁ちばさみを殺しの得物にした殺人鬼のエジキになっていく映画。
「13日の金曜日」よりも殺しの手口がリアルで、いい歳をしたオッサンになって見てもやはり痛々しいことこの上ないですなこれは。

引き続いて昭和61年10月の放送状況をご紹介。
まず帯番組ではBSNの早朝枠で「まんがはじめて物語」の再放送を続行中(月曜~木曜06:05-30)。
NSTでは朝枠の「牧場の少女カトリ」に代わって10/6から「レディジョージィ」の新潟では通算二回目の放送を始めましたが何故か10/20から「魔法使いサリー」に取って代わられます。
その「サリー」は10/31に終わって11/3からまた「レディジョージィ」放送で、こういう番組編成の意図がさっぱり理解できません・・・。
なおNSTの夕方帯放送は「Drスランプ」再放送終了の9/30をもって消滅してしまいました(10月から一般ドラマ枠化)。
TNNでは早朝枠で「いなかっぺ大将」を継続中です(月曜~土曜06:10-25)。
夕方五時台では「ダーティペア」が月曜・火曜放送の「キャッツ・アイ」に代わって8/25から10/29まで月曜~水曜17:00-30で再放送しています。
五時半台では「ウルトラマンレオ」に代わって10/1から「キン肉マン」の再放送を始めました(月曜~金曜17:30-18:00)。
NT21では朝枠で「ペリーヌ物語」に代わって9/17から「アンデルセン物語」の新潟では通算四回目の放送を行っています(月曜~金曜07:20-50)。
夕方五時台は「一休さん」(月曜~金曜17:00-30)と「ヤッターマン」(月曜~金曜17:30-18:00)を継続中です。
夕方6時台では「忍者ハットリくん」がニュース枠拡大に伴って9/26に終了し、「オバケのQ太郎」(月曜~土曜18:45-19:00)のみになりました。

日曜
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
08:30-09:00「北斗の拳」(フジ) 09:00-30「もりもりぼっくん」(フジ同時ネット) 18:00-30「あんみつ姫」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「タッチ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「愛少女ポリアンナ物語」(フジ同時ネット)

「北斗の拳」の10月~12月放送状況は、最悪だった夏に比べれば好転しているものの三ヶ月間で9回に留まっています。
「あんみつ姫」は10/5スタートです。

TNN
08:30-45「カリメロ」(再放送) 10:00-30「剛Q超児イッキマン」(日本テレビ同時ネット) 12:00-55「ルパン三世(第二シリーズ)」(再放送)

「ルパン三世(第二シリーズ)」は朝八時半の放送を8/31で終了(後番組は08:30-45「カリメロ」)しましたが、10/12からお昼での放送を始めています。
ただ放送は朝八時台の続きではなく、第一話からわざわざ放送し直しています。
別に以前からの続きで放送してもいいのにねぇ。

NT21
06:30-07:00「ゼンダマン」(フジ、視聴者目線では再放送) 08:30-09:00「メイプルタウン物語」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「オバケのQ太郎」(テレビ朝日同時ネット) 

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

ちなみにBSN月曜では「月曜ロードショー」で11/24に「トワイライトゾーン・超次元の世界」、12/22に「戦国自衛隊」を放送しています。

NST
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

TNN
19:00-30「ボスコアドベンチャー」(日本テレビ同時ネット)

「ボスコアドベンチャー」は「ロボタン」の後番組として10/6スタートです。

NT21
19:00-30「時空戦士スピルバン」(テレビ朝日同時ネット)

夜七時半から放送していた「銀牙-流れ星銀」は9/22に終了しています。

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

TNN
19:00-30「ドテラマン」(日本テレビ同時ネット)

「ドテラマン」は「キン肉マン」の後番組として10/14終了。
当時の小学生は「キン肉マン」の後がこの番組なのをどのように評価していたのか興味あるところです。

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

水曜
BSN
19:30-20:00「ワンダービートS」(TBS同時ネット)

NST
19:00-30「ドラゴンボール」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「めぞん一刻」(フジ同時ネット)

TNN
17:00-30「魔法のアイドルパステルユーミ」(日本テレビ、12日遅れ) 19:00-30「ドリモグだぁ!!」(日本テレビ同時ネット) 19:30-20:00「がんばれ!!キッカーズ」(日本テレビ同時ネット)

夕方五時から放送していた「魔法のアイドルパステルユーミ」は9/10で終了して、後番組は「ダーティペア」の水曜再放送です。
「ドリモグだぁ!!」と「がんばれ!!キッカーズ」は共に10/15スタートです。
うーむ、この辺になると最早私の興味の範囲外ですな・・・

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:30-20:00「スケバン刑事Ⅱ」(フジ同時ネット※10/23まで)→「スケバン刑事Ⅲ」(フジ同時ネット※10/30まで)

「スケバン刑事Ⅲ」は10/30スタートで、私は「スケバン刑事Ⅱ」に引き続き最初は見ていましたけれど、「Ⅲ」だと孤高のコードネーム「麻宮サキ」ってどうでもいい話になっちゃうんですよね・・・。
なんかもうね、前作以上に集団ヒロイン活劇になっちゃって、これは「スケバン刑事」じゃないなぁと思って視聴脱落しました・・・。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜
BSN
06:05-30「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(再放送)

5月末で休止していた「ミンキーモモ」の再放送は8/8に早朝枠で再開しています。
夕方五時から放送していた「仮面ライダー」の金曜再放送は9月で終了しています。
これによって、BSNの平日夕方五時台は一般ドラマの再放送枠として統一されてしまいました・・・。

ちなみにBSNの金曜深夜では11/28に「人食いアミーバの恐怖」(原文ママ)を放送しています。
所謂「マックイーンの絶対の危機」ですが、この映画は幼少の頃に見て物凄く怖かった・・・。
生存本能しか持たない不定形の生物って底の知れない不気味さです。
続編の「人食いアメーバの恐怖No2」はコメディとして見る人が多々いらっしゃいますが、私はあの映画も物凄い恐怖でしたわ・・・
理髪店のシャンプー台の底からピンク色のアメーバちやんがコンニチワして、オッサンが頭からそこに突っ込んじゃう場面なんて気分が悪くなって戻しそうになりましたw

NST
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

夕方四時半から放送していた「六三四の剣」は最終回まであと僅かだというのに、10月からの夕方四時台の一般ドラマ枠化の煽りを受けて9月一杯で休止になっていて、放送再開は12/6(土曜)の17:30-18:00枠になります。

TNN
17:30-18:00「戦え超ロボ!トランスフォーマー」(日本テレビ、6日遅れ) 19:00-30「青春アニメ全集」(日本テレビ同時ネット)

ちなみにTNN金曜では「金曜ロードショー」で「ルパン三世 バビロンの黄金伝説」を放送しています。
「VS複製人間」や「カリオストロの城」は今でもこの枠で度々放送していますけれど「黄金伝説」はことごとくスルーされてるよなぁ。

NT21
19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「宇宙船サジタリウス」(テレビ朝日同時ネット) 24:00-「アメリカン・ヒーロー」

土曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 17:30-18:00「まんがなるほど物語」(TBS、七週遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
17:30-18:00「キャプテン翼」(テレビ東京、約三ヶ月半遅れ) 18:30-19:00「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ハイスクール!奇面組」(フジ同時ネット)

TNN
10:30-45「カリメロ」(再放送)

「カリメロ」は日曜放送開始に引き続いて土曜午前でも放送開始しました。

NT21
07:15-45「地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー」(テレビ朝日、2日遅れ) 17:30-18:00「機動戦士ガンダムZZ」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「超新星フラッシュマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「聖闘士聖矢」(テレビ朝日同時ネット)

「聖闘士聖矢」は「光の伝説」の後番組として10/11スタート。
巷では大人気の番組でしたが、私はこの番組が何故か生理的にキライで早々に視聴脱落してその後全く見ませんでした。
 

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第41回(昭和61年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第41回は、昭和61年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、テレビ新潟(TNN)、「新潟テレビ21」(NT21)の番組プログラムの紹介です。

衝撃の「Zガンダム」最終回から一転、無理やりな明るさの「ガンダムZZ」に当惑し、
「チェンジマン」に引き続き「フラッシュマン」のWヒロイン(変身後)に萌えまくり、
まさかの「仮面ライダー」再放送開始。
そんな頃の話です。

それでは新潟日報製本版の調査に基づく、昭和61年1月の番組放送状況をご紹介。
まず帯番組ではBSNの早朝枠で「さるとびエッちゃん」に代わって1/9から「魔法使いチャッピー」の新潟では通算三回目の放送を始めました(月曜~金曜06:15-30)。
NSTでは早朝枠で「銀河鉄道999」に代わって1/8から「さすがの猿飛」の再放送がスタートです(月曜~金曜06:05-06:30)。
朝枠では「ふしぎな島のフローネ」に代わって1/24から「山ねずみロッキーチャック」の新潟では通算四回目の放送を開始しています(月曜~金曜07:30-08:00)。
TNNでは早朝枠で「魔女っ子メグちゃん」を放送継続中です(月曜~金曜06:30-45)。
夕方四時台の一般ドラマ再放送枠では前年11/5から「西遊記」の新潟では通算五回目の放送を行っていて、1/16から引き続き「西遊記Ⅱ」の新潟では通算四回目の放送を開始しました(月曜~金曜16:00-55))。
夕方五時台では「キン肉マン」に代わって前年12/25から「帰ってきたウルトラマン」の新潟では通算五回目の放送を続行中です(月曜~金曜17:30-18:00)。
深夜枠では「スパイ大作戦」の放送を継続中です(月曜~金曜24:35~)
NT21では朝枠で「花の子ルンルン」に代わって前年11/13から12/27まで「けろっこデメタン」の新潟では通算二回目の放送を行った後、年が明けて1/6からは「とんでモン・ペ」の新潟では通算二回目の放送を始めています(月曜~金曜07:20-50、土曜07:15-45)。
夕方五時台では「Theかぼちゃワイン」に代わって前年12/23から「はいからさんが通る」の新潟では通算二回目の放送がスタート(月曜~金曜17:00-30)。
五時半台では新潟で大人気の「ど根性ガエル」が前年8/2からのロングランを終えて1/7に終了しています、後番組はまたしても私がキライな「アーノルド坊やは人気者」・・・。
夕方6時台は従来通りに「忍者ハットリくん」(月曜~金曜18:00-10)と「オバケのQ太郎」(月曜~土曜18:35-19:00)です。

日曜
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
0635-07:00「キャプテン翼・小学編(再放送)」 09:00-30「勝手に!カミタマン」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「タッチ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「愛少女ポリアンナ物語」(フジ同時ネット)

「愛少女ポリアンナ物語」は「小公子セディ」の後番組として1/5スタート。
私はこの枠は「ふしぎな島のフローネ」以来全く見ていませんでしたが、この「ポリアンナ」は時々見ていました。
彼女の言うところの「よかった探し」の概念が気に入ったのです。
実にポジティブじゃないですか。
どんなイヤなヤツでも番組でも、ひとつぐらいはいいところがあるのです。
それを探し出してホメ称えて好きになる、そういう人間になりたいとですよ。
しかし現実は相変わらず好き嫌いをハッキリさせないと気が済まない狭量な器量のままおっさんになってしまいましたが。

TNN
10:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット) 10:30-11:00「忍者戦士飛影」(日本テレビ同時ネット)

NT21
06:10-40「未来警察ウラシマン」(フジ、視聴者目線では再放送) 08:30-09:00「はーいステップジュン」(テレビ朝日同時ネット※1/12まで)→「メイプルタウン物語」(テレビ朝日同時ネット※1/19から) 09:30-10:00「オバケのQ太郎」(テレビ朝日同時ネット) 15:00-55「アメリカン・ヒーロー」(視聴者目線では再放送)

「未来警察ウラシマン」は土曜に加えて前年11/3から日曜放送も始めています。
「メイプルタウン物語」は「はーいステップジュン」の後番組として1/19スタートです。
年明けすぐに新番組に切り替えればいいのに、こういう中途半端な切り替え方は何を意図してなんでしょうか?

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
16:30-17:00「ななこSOS」(フジ、約二年三ヶ月遅れ)

TNN
17:00-30「キャッツ・アイ」(再放送) 19:30-20:00「ロボタン」(日本テレビ同時ネット)

「キャッツ・アイ」の再放送は「ガンバの冒険」の後番組として前年12/23にスタートしました。
「ロボタン」は昭和42年から43年にかけてTBS(新潟ではBSN)で放送されたアニメのリメイクで、「ダーティペア」の後番組として1/6スタートです。
当時私はこの番組の存在を全く認識していませんでした。

NT21
19:00-30「巨獣特捜ジャスピオン」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「昭和アホ草子あかぬけ一番!」(テレビ朝日同時ネット)

これまで金曜夜に放送していた「巨獣特捜ジャスピオン」は1/13から月曜夜に移動しています。

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
16:30-17:00「北斗の拳」(フジ) 19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

金曜夜に放送していた「北斗の拳」は「キャプテン翼」とスワップして前年11/5から火曜夕方の放送になっています。
まぁ「北斗の拳」を夜に流して多くの人目を惹くのは宜しくないという判断があったのでしょうな。
この後、この作品が受ける更なる過酷な仕打ちを見るに、そう邪推したくもなるのです。
なお、深夜に放送していた「25世紀のヒーロー バックロジャース」は前年12/24で終了しています。

TNN
17:00-30「蒼き彗星SPTレイズナー」(日本テレビ、12日遅れ)

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

水曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
16:30-17:00「六三四の剣」(テレビ東京、6日遅れ) 19:00-30「Drスランプ アラレちゃん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「うる星やつら」(フジ同時ネット)

TNN
17:30-18:00「魔法のスター マジカルエミ」(日本テレビ、12日遅れ)

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
16:30-17:00「めちゃっこドタコン」(フジ、視聴者目線では再放送) 19:30-20:00「スケバン刑事Ⅱ」(フジ同時ネット)

NSTの木曜夕方四時半枠は年明けからずっと「テレビショッピング」を流していたので、私は「ドタコン」は穴埋め番組で打ち切りになったんだなこれは・・・と思いながら調査を続けていたのです。
そうしたら1/30から「ドタコン」が放送を再開しているじゃありませんか。
一ヶ月以上休止していたのですよ、この番組。
それならテレビショッピング枠にしてしまった方がいいのにねぇ。
何故こういう中途半端な事をするのか謎です。
閑話休題、「スケバン刑事Ⅱ」は前年11/7に放送開始です。
「スケバン刑事」の後半から見ていた私は引き続きこの番組も見ていました。
鉄仮面をかぶせられて生活していたとは思えないつやつやでキレイな髪が印象的ですw
鉄仮面と言ったら「笑い仮面」や「鉄面クロス」のような過酷な状況を想像していた私は正直拍子抜けでしたなぁ。
でも南野陽子さんのスケバンは、明らかに無理があった斉藤由貴さんに比べてずっと堂に入ってました。
最終回は初代麻宮サキが登場してWスケバンという展開を期待しておったのですが、それは叶わず残念無念。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜
BSN
17:00-30「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(再放送) 17:30-18:00「超獣機神ダンクーガ」(テレビ東京、約一ヶ月半遅れ)

NST
19:00-30「キャプテン翼」(テレビ東京、約三ヶ月半遅れ) 

火曜夕方で放送していた「キャプテン翼」は「北斗の拳」とのスワップで、前年11/8から金曜夜の放送になっています。

TNN
17:30-18:00「戦え超ロボ!トランスフォーマー」(日本テレビ、6日遅れ)

NT21
19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「宇宙船サジタリウス」(テレビ朝日同時ネット)

「宇宙船サジタリウス」は月曜夜に移動した「巨獣特捜ジャスピオン」の後番組として1/10スタート。
この番組はそこそこ見ていました。
派手なドンパチのない、生活感溢れるSFモノは異色の存在で中々面白かったのです。
SF小説「航空宇宙軍史」に登場するモグリの運び屋を子供向けに見せるとあんな感じになるんだろうなぁ。

土曜
BSN
07:00-30「奥様は魔女」 17:00-27「ウルトラマン80」(再放送) 17:30-18:00「まんがどうして物語」(TBS、二週間遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

前年まで日曜午後の穴埋め番組としてポツリポツリと思い出したように放送した末に9月で打ち切られた「奥様は魔女」が新年1/11から朝枠に再登場であります。

ちなみにこの時期のBSN土曜では、2/1に映画「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」(14:00-15:54)を放送しています。

NST
08:00-30「あいあむ!スマーフ」(テレビ東京、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ハイスクール!奇面組」(フジ同時ネット)

「あいあむ!スマーフ」はアメリカ製のファンタジー系アニメで1/11スタートです。
調べていくと、実に意外な作品を流しているなぁと感心したりするのです。

TNN
06:15-45「装甲騎兵ボトムズ」(再放送)

NT21
06:00-30「未来警察ウラシマン」(フジ、視聴者目線では再放送) 17:30-18:00「機動戦士Zガンダム」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「電撃戦隊チェンジマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「夢の星のボタンノーズ」(テレビ朝日同時ネット)

引き続いて昭和61年4月の放送状況をご紹介。
まず帯番組ではBSNの早朝枠で4/30まで「魔法使いチャッピー」を放送しています(月曜~金曜06:15-30)
後番組は5/1から「まんがはじめて物語」になります。
早起きして岡まゆみおねいさんにまた会って朝っぱらからデレデレしよう!・・・とは残念ながら思いませんでしたが。
NSTではアニメの早朝枠が「さすがの猿飛」の3/27終了で打ち切られ、後番組は「朝のプロ野球ニュース」になりました・・・
今の若い人は想像できないでしょうけれど、当時はプロやきうがスポーツ報道のダントツトップで、夜の「プロ野球ニュース」だけでは飽き足らずこうして早朝もやるようになるぐらい世間はプロやきう一色だったのです。
まぁ私も当時は狂信的なジャイアンツファンで、「週刊ベースボール」も毎週欠かさず購読していましたから、世間の熱に浮かされたまぎれもない一人であったことは否定しようのない過去なのであります。
閑話休題、朝枠では「山ねずみロッキーチャック」に代わって4/9から「小さなバイキングビッケ」の新潟では通算三回目の放送を始めました(月曜~金曜07:30-08:00)。
またNSTでは3/31から夕方のアニメ帯枠が復活していて、「Drスランプ」の再放送が始まりました(月曜~木曜16:30-17:00)。
TNNでは早朝枠の「魔女っ子メグちゃん」に代わって3/26から「ベティちゃん」の新潟では二回目の放送がスタート(月曜~金曜06:30-45)。
夕方五時台では「帰ってきたウルトラマン」に代わって「ウルトラマンA」の新潟では通算七回目の放送を3/24から実施しています(TNNでは二回目の放送)。
なお夕方四時台に放送していた「西遊記Ⅱ」は3/3で終了しています。
平日深夜枠の「スパイ大作戦」は引き続き放送中です。
NT21では朝枠で「とんでモン・ペ」に代わって2/22から「がんばれ元気」の新潟では通算二回目の放送を4/5まで行った後、4/7から「ジャングル大帝」の新潟では通算三回目、実に15年ぶりの放送を始めています(月曜~土曜07:20-50)。
夕方五時台では「はいからさんが通る」に代わって「愛してナイト」の新潟では通算二回目の放送を3/3から放送しています。
夕方6時台はこれまでと変わりなく、「忍者ハットリくん」(月曜~金曜18:00-10)と「オバケのQ太郎」(月曜~土曜18:45-19:00)です。

日曜
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
06:20-45「あいあむ!スマーフ」(テレビ東京、約二ヶ月遅れ) 08:30-09:00「キャプテン翼・小学編(再放送)」 09:00-30「もりもりぼっくん」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「タッチ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「愛少女ポリアンナ物語」(フジ同時ネット)

1月から土曜朝に放送していた「あいあむ!スマーフ」は4月から日曜早朝に移動しています。
これまで早朝に放送していた「キャプテン翼・小学編(再放送)」は4月から放送時間を再放送開始当初の朝八時台に戻しています。
「もりもりぼっくん」は「勝手に!カミタマン」の後番組として4/6スタート。
私はこの番組は全くの未見です。
着ぐるみ女性キャラは出てきますけど、所謂「毛ぐるみ」のうさぎじゃなぁ・・・。
 
TNN
08:30-09:00「ルパン三世(第二シリーズ)」(再放送) 10:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット※4/6まで)→「剛Q超児イッキマン(日本テレビ同時ネット※4/13から) 10:30-11:00「忍者戦士飛影」(日本テレビ同時ネット)

朝八時半の「ルパン三世」再放送は4/6スタートです。
「キン肉マン」は4/6限りでこの枠から去り、火曜夜に移動します。
その後番組として「剛Q超児イッキマン」が4/13放送開始です。

NT21
06:30-07:00「ゼンダマン」(フジ、視聴者目線では再放送) 08:30-09:00「メイプルタウン物語」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「オバケのQ太郎」(テレビ朝日同時ネット) 

早朝枠の「未来警察ウラシマン」の後番組として、4/6から「ゼンダマン」が新潟では通算二回目の放送を開始しました(初回放送はNST)。
午後三時台の「アメリカン・ヒーロー」は3/23に終了しています。

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

ちなみにBSN月曜では4/5に月曜ロードショーで「ゴジラ」(1984年版)を放送しています。

NST
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

夕方四時半に放送していた「ななこSOS」は3/10でこの枠を去り、5/12から「Drスランプ」再放送の後番組として帯放送で再開します。

TNN
17:00-30「キャッツ・アイ」(再放送) 19:30-20:00「ロボタン」(日本テレビ同時ネット)

NT21
19:00-30「時空戦士スピルバン」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「銀牙-流れ星銀」(テレビ朝日同時ネット)

「時空戦士スピルバン」は「巨獣特捜ジャスピオン」の後番組として、「銀牙-流れ星銀」は「昭和アホ草子あかぬけ一番!」の後番組として共に4/7スタートです。
「スピルバン」はヒロインが変身するという事でちょいちょい見ていました。
また前半は少女仮面ヘルバイラが強敵として登場するのもポイント。
しかしヒロインのダイアナレディはあまり女性らしくないデザインで萌えないし、ヘルバイラは背後関係が極めてウエットなので萌えられませんでしたわ。
ヘルバイラことヘレンは敵の呪縛から逃れた後はヘレンレディに変身して弟のスピルバンと共に戦うようになりますが、変身後の姿はダイアナレディと見分けがつかず私はガッカリ。
男一人に女二人という、「非公認戦隊アキバレンジャー」と同じ美味しすぎる男女比率になったのになぁ・・・。

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

夕方四時半に放送していた「北斗の拳」は3/18でこの枠を去り、6/1(日曜)朝枠で放送を開始します。
都会では高視聴率番組のこの作品も約二ヶ月半の休止で同時ネットからの遅れはどんどん拡大しています。
無敵の暗殺拳北斗神拳の力も新潟では全く通用していないのですわ。

TNN
17:00-30「蒼き彗星SPTレイズナー」(日本テレビ、12日遅れ) 19:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット)

これまで日曜午前中に放送していた「キン肉マン」は4/15から堂々のゴールデン帯進出であります。

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

水曜
BSN
19:30-20:00「ワンダービートS」(TBS同時ネット)

「宇宙漂流バイファム」以来、約二年ぶりにTBSのゴールデン帯にアニメが復活。
それが4/16スタートの「ワンダービートS」です。

NST
19:00-30「ドラゴンボール」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「めぞん一刻」(フジ同時ネット)

「ドラゴンボール」は「Drスランプ アラレちゃん」の後番組として2/26スタート。
私はやんちゃな少年が主人公のアニメが好きではないので、悟空の子供の頃の活躍を描いたこの番組は熱心に見てはいませんでした。
原作マンガもアニメも、しっかり読み見始めたのは悟空が大人になったからの話です。
「めぞん一刻」は「うる星やつら」の後番組として3/26スタート。
私は「タッチ」に代表される青春恋愛モノはキライなのですが、この番組だけは見ていました。
響子さんの過去現在はかなりウエットなんですけど、周りのレギュラーメンバーが「うる星やつら」に出てきそうな面々でそれによって湿っぽさが中和されていた感じでした。
なお夕方四時半に放送していた「六三四の剣」は4月から金曜夕方に移動しています。

TNN
17:00-30「魔法のアイドルパステルユーミ」(日本テレビ、12日遅れ)

「魔法のアイドルパステルユーミ」は「魔法のスター マジカルエミ」の後番組として3/19スタートです。

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:30-20:00「スケバン刑事Ⅱ」(フジ同時ネット)

夕方四時半に放送していた「めちゃっこドタコン」は3/27で終了しています。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 17:30-18:00「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(再放送)

「超獣機神ダンクーガ」の後番組として2/21から始まったのは、まさかの「仮面ライダー」です。
新潟では二度目の放送で、BSNの子供向け番組が退潮の一途を辿るこの時期に「仮面ライダー」を持ってくるとは、編成の人の良心を感じるのであります。

NST
16:30-1700「六三四の剣」(テレビ東京、6日遅れ)

これまで水曜夕方に放送していた「六三四の剣」は4月から金曜に移動しています。
夜七時に放送していた「キャプテン翼」は3/14でゴールデン帯での放送から撤退し、4月から土曜夕方に移動しています。

TNN
17:30-18:00「戦え超ロボ!トランスフォーマー」(日本テレビ、6日遅れ) 19:00-30「青春アニメ全集」(日本テレビ同時ネット)

「青春アニメ全集」は近代日本文学の名作のアニメ番組で、4/25スタートです。
あぁ、なんかこの番組見たことあるなぁ。
今回の調査でこの番組に行き当たって、当時の記憶が甦りましたよ。

NT21
19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「宇宙船サジタリウス」(テレビ朝日同時ネット)

土曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 17:30-18:00「まんがどうして物語」(TBS、二週遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

1月から朝七時台で放送再開したばかりの「奥様は魔女」は3/29で終了しています。
夕方五時から放送していた「ウルトラマン80」は3/15に終了し、以後はローカル番組を流していてこの枠も最早これまでか・・・と思いきや、4/26から「仮面ライダー」の放送を始めました。
これで当面、「仮面ライダー」は金曜土曜の放送になって、この時期のBSNとしてはまさにスマッシュヒットといえましょう。

NST
17:30-18:00「キャプテン翼」(テレビ東京、約三ヶ月半遅れ) 18:30-19:00「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ハイスクール!奇面組」(フジ同時ネット)

朝八時に放送していた「あいあむ!スマーフ」は4月から日曜早朝に移動しています。
これまで金曜夜に放送していた「キャプテン翼」は4月から土曜夕方に移動しています。

TNN
特撮アニメ等の放送無し。

早朝に放送していた「装甲騎兵ボトムズ」再放送は3/29で終了しています。

NT21
06:00-30「未来警察ウラシマン」(再放送、4/5終了) 17:30-18:00「機動戦士ガンダムZZ」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「超新星フラッシュマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「夢の星のボタンノーズ」(テレビ朝日同時ネット)

「機動戦士ガンダムZZ」は「機動戦士Zガンダム」の後番組として、「超新星フラッシュマン」は「電撃戦隊チェンジマン」の後番組として共に3/1スタートです。
主人公の精神崩壊という悲劇的結末で終わった「Zガンダム」、その直後の状況下を舞台に始まった「ZZ」は精神崩壊したカミーユの衝撃的な姿を見せつつ、話の本筋は今までに無いコミカルさというひどくチグハグとした感じ。
「明るいガンダム」に徹したいのならあの時間軸で全く別の場所で話を始めればいいのにと当時思ったものです。
無理やり明るく作っている感じが強くて、話が落ち着いて次第に「Z」的になる前は視聴脱落しかけましたなぁ。
まぁしかし、なんとか堪えて最後まで見続けましたけど。
カミーユの思念がジュドーを援護するあたりは感涙モノでしたわ。
「超新星フラッシュマン」はダブルヒロイン体制継続なのでしっかり視聴。
話も前作よりも相当に重いのですがそこが気に入っていました。
前半はイエローフラッシュ&ピンクフラッシュ目当て(共に変身後なのは言うまでもないことです)、後半はストーリー目当てで見ていましたわ。
反フラッシュ現象で母星である地球に拒絶されながらも、それでも地球の為に死力を尽くして限界ギリギリまで戦い抜き、五人中四人までが親と再会することも無く地球を離れざるを得なくなる。
今の戦隊じゃこんな悲劇的な結末は作れないだろうなぁ。
また「夢の星のボタンノーズ」は4/26で終了です。

| | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第40回(昭和60年後半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第40回は、昭和60年後半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、テレビ新潟(TNN)、「新潟テレビ21」(NT21)の番組プログラムの紹介です。

NSTの「夕焼けニャンニャン」放送開始でNSTのアニメ枠が縮小して、年々アニメの放送状況が厳しくなっていく新潟であります。
嗜好の多様化ゆえの話なので仕方の無い話なのですが、アニメ特撮大好きっ子だった私にとっては寂しさつのっていく、そんな頃の話です。

それでは新潟日報製本版の調査に基づく、昭和60年7月の番組放送状況をご紹介。
まず帯放送ではBSNは早朝枠で「魔法のマコちゃん」を放送中です(月曜~木曜06:15-30)。
なお毎夏恒例だったBSNの「夏休み子供劇場」は、前年に引き続きこの夏も放送せず、午前中の放送編成は普段のままです・・・。
NSTでは早朝枠で6/27に終了した「釣りキチ三平」に代わって翌日から「おじゃまんが山田くん」を放送中です(月曜~金曜06:05-30)。
朝枠では6/18に終了した「グレートマジンガー」に代わって翌日から「わたしのアンネット」の初回再放送を行っています(月曜~金曜07:30-08:00)。
夕方四時半枠では「ヤットデタマン」に代わって6/28から「オタスケマン」の初回再放送がスタートしています(月曜~金曜16:30-17:00)。
夕方五時枠では「おじゃまんが山田くん」に代わって5/20から6/14まで「Drスランプ」を放送した後に、6/17から「銀河鉄道999」の初回再放送を実施中です。
私は「999」はあまり好きではないので基本的に見ていませんが、この再放送を喜ぶ人は多かったんでしょうなきっと。
TNNでは早朝枠で「ろぼっ子ビートン」を放送継続中(月曜~土曜06:30-45)。
夕方四時台で放送していた「宇宙大作戦」は7/5で終了し、この枠は一般ドラマの再放送に戻っています。
夕方五時台では「ルパン三世(第二シリーズ)に代わって7/22から「ウルトラセブン」を放送開始(月曜~金曜17:00-30)。
「ウルトラセブン」は新潟で通算五回目の放送で、またBSN以外の民放での放送は新潟で初めてになります。
NT21では朝枠で「まんが世界昔ばなし」に代わって6/6から「ダッシュ勝平」の新潟では通算二回目の放送を続行中(月曜~金曜07:20~50、土曜07:15-45)。
夕方五時台では「魔法少女ララベル」に代わって6/12から「ラ・セーヌの星」の新潟では通算二回目の放送を行っています(月曜~金曜17:00-30)。
夕方6時台は従来からの不動のオーダーで、「忍者ハットリくん」(月曜~金曜18:00-10)と「オバケのQ太郎」(月曜~土曜18:45-19:00)です。

日曜
BSN
11:00-30「ミームいろいろ夢の旅」(TBS同時ネット) 14:30-15:00「奥様は魔女」

NST
06:20-45「UFOロボグレンダイザー」(再放送) 08:30-09:00「キャプテン翼・小学編(再放送)」 09:00-30「勝手に!カミタマン」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「タッチ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「小公女セーラ」(フジ同時ネット)

TNN
10:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット) 10:30-11:00「星銃士ビスマルク」(日本テレビ同時ネット) 

朝八時半から放送していた「もーれつア太郎」と夜十時半から放送していた「プロジェクトUFO」は共に6/30で終了しています。

NT21
08:30-09:00「はーいステップジュン」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「オバケのQ太郎」(テレビ朝日同時ネット)

ちなみにNT21の日曜では「日曜洋画劇場」で7/29に「八ツ墓村」を放送しています。
近年はBSで二年に一回ぐらいのペースで放送しているこの映画、私が気を入れて見たのはほんの10年程前なのです。
映画公開当時はCMで「祟りぢゃあ~!」ってやってましたけどね。
でも映画館に見に行かなくちゃならない大人向けの映画でああいう宣伝をされても、あまりピンときませんでした。
あの当時もし「多治見要蔵」を見ていたら、トラウマ確定だったでしょうけど。
いい歳をしたおっさんの今は、要蔵無双のあの場面を見るたびに爆笑しちゃいますからね。
あの映画は要蔵とミスター結果論の金田一寅さんと、最後に魔物と化す怖い小川真由美さんを鑑賞するためのものです。

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
17:30-18:00「アタッカーYOU!」(テレビ東京、約一ヶ月遅れ ※7/15まで)→「ななこSOS」(フジ、約二年三ヶ月遅れ)

「ななこSOS」はフジ同時ネット放送から遅れに遅れて二年三ヶ月遅れでのスタートです。
しかし私は当時この番組を全く認識していませんでした遺憾です親方・・・。

TNN
17:30-18:00「ガンバの冒険」(日本テレビ、視聴者目線では再放送) 19:00-30「キャッツ・アイ」(日本テレビ同時ネット ※7/8まで)→「ダーティペア」(日本テレビ同時ネット ※7/15から)

「ガンバの冒険」は「プラレス3四郎」の後番組として6/17スタート。
この作品はBSNで放送済みなので、視聴者目線では再放送になります。
「ダーティペア」は「キャッツ・アイ」の後番組として7/15スタート。
以前ならこの手の番組には速攻食いつくはずなのに、私は当時ながら見程度。
いかにアニメに対する関心が薄れてきているかの証であります。

NT21
19:00-30「コンポラキッド」(テレビ朝日、同時ネット)

「コンポラキッド」は「名探偵ホームズ」の後番組として6/3スタートです。

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
17:30-18:00「キャプテン翼」(テレビ東京、約三ヶ月半遅れ) 19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット) 24:10-25:50「25世紀のヒーロー バックロジャース」

TNN
17:30-18:00「兄弟拳バイクロッサー」(日本テレビ、12日遅れ)

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

水曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
17:30-18:00「六三四の剣」(テレビ東京、6日遅れ) 19:00-30「Drスランプ アラレちゃん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「うる星やつら」(フジ同時ネット)

TNN
17:30-18:00「魔法のスター マジカルエミ」(日本テレビ、12日遅れ)

「魔法のスター マジカルエミ」は「魔法の妖精ペルシャ」の後番組として6/19スタートです。
ちなみにTNNの水曜では、「水曜ロードショー」で7/3に「ルパン三世カリオストロの城」、7/30に「ヤマトよ永遠に」を放送しています。

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
17:30-18:00「あした天気になぁれ」(フジ、19日遅れ) 19:30-20:00「スケバン刑事」(フジ同時ネット)

TNN
19:00-30「ミッキーマウスとドナルドダック」(日本テレビ同時ネット)

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜
BSN
17:00-30「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(再放送) 17:30-18:00「超獣機神ダンクーガ」(テレビ東京、約一ヶ月半遅れ)

「超獣機神ダンクーガ」は「ビデオ戦士レザリオン」の後番組として5/24スタートです。
私はこの種のロボットアニメからは卒業しているので、この作品も未見です。

NST
19:00-30「北斗の拳」(フジ)

夕方五時半から放送していた「ふたり鷹」は6/28に終了しています。
後番組は実写版の「それゆけ!ズッコケ三人組」・・・。

TNN
17:30-18:00「戦え超ロボ!トランスフォーマー」(日本テレビ、6日遅れ)

「戦え超ロボ!トランスフォーマー」は7月から土曜早朝に移籍した「装甲騎兵ボトムズ」の後番組として7/12スタート。
玩具メーカーが後ろ盾になっている幼児向け販促番組は強いのです。
「ボトムズ」のような出がらしのマニア向け作品よりもです。

ちなみにTNNの金曜では、7/26に映画「マジンガーZ対デビルマン」(16:05-17:00)を放送しています。
この映画、デビルマンがかませっぽいのが残念ですが。
海から上陸した機械獣軍団を迎え撃つマジンガーZに代わって、光子力研究所防衛のために空飛ぶ機械獣と戦うも数体倒したところで刃物で切り刻まれて捕まっちゃうという。
テ゜ビルマンはテレビ放送を終えていたので、現役のマジンガーを引き立たせる為にああいう扱いだったんでしょうけど、でもあれはちょっと酷いよなぁ。
一方でデビルマンこと不動明の人間界防衛の固い意志が本人の口から語られたのはカッコ良かったのです。
デーモンの世界にはない人間界の美徳を守るためにかつての同胞と戦い続ける漢。
我々人間は自分たちの持つ美しい価値感や道徳をどこまで理解し、またそれらを守るためにどれだけ戦えるだろうか?

NT21
19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「巨獣特捜ジャスピオン」(テレビ朝日同時ネット)

土曜
BSN
17:00-27「ウルトラマン80」(再放送) 17:30-18:00「まんがどうして物語」(TBS、二週間遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
18:30-19:00「炎のアルペンローゼ」(フジ、同時ネット)

朝八時から放送していた「コアラボーイコッキィ」は5/25に終了しています。

TNN
 06:15-45「装甲騎兵ボトムズ」(再放送) 07:00-45「まんが日本史」(再放送) 19:00-30「ルパン三世PARTⅢ」(よみうり同時ネット)

これまで金曜夕方に放送していた「装甲騎兵ボトムズ」は7/6から土曜早朝枠に移動しています。

NT21
06:00-30「ピコリーノの冒険」 17:30-18:00「機動戦士Zガンダム」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「電撃戦隊チェンジマン」(テレビ朝日同時ネット) 

引き続いて昭和60年10月の放送状況をご紹介。
まず帯番組はBSNの早朝枠で「魔法のマコちゃん」を10/21まで放送し、翌日から「さるとびエッちゃん」の新潟では通算三回目の放送を始めています。
NSTでは夕方五時台で放送していた「銀河鉄道999」が8/30をもって放送休止。
これは9/2から夕方五時台を独占して始まった「夕焼けニャンニャン」の影響です。
私は子供の頃から親の方針でアイドルに関心が行かないように厳しく躾けられていたので(例えば「ザ・ベストテン」は見させてもらえませんでした)、「夕焼けニャンニャン」もこれのどこが面白いのか萌えるのか全く理解できませんでした。
それはいい歳をしたオッサンになっても変わらず、地元の某NGTの一件も全然理解できないんですよね。
閑話休題、夕方から追い出された形の「999」は9/23から早朝枠で放送を再開しています(月曜~木曜06:05-30)。
夕方四時半から平日の帯放送を行ってきた「オタスケマン」は、9/2から「おじゃまんが山田くん」に代わって早朝枠での放送に移動し、9/20で終了して「銀河鉄道999」にバトンタッチしています。
朝枠では「わたしのアンネット」に代わって8/29から「アルプスの少女ハイジ」の新潟では通算四回目の放送を行っています(月曜~金曜07:30-18:00)。
TNNでは早朝枠で「ろぼっ子ビートン」に代わって「魔女っ子メグちゃん」の新潟では通算四回目の放送を9/2から行っています。
夕方五時台では「ウルトラセブン」に代わって9/30から「キン肉マン」の再放送を実施中です。
せっかく「セブン」をやったのだから、続けて「怪奇大作戦」を流してくれればこちらは狂喜乱舞の大快挙だったのにぃ。
この頃、私は「怪奇大作戦」の内容については朝日ソノラマの「ファンタスティックコレクション」を熟読して知っていましたが、本編は見た事が無かったのです。
新潟では「怪奇大作戦」は昭和43年の本放送のみですからね、他県でもそんな感じだったのかなぁ?
閑話休題、TNNの夕方五時台では10/14(月曜)から前半の帯番組(キン肉マン)と後半の週一回放送の番組のスワップを行っており、「キン肉マン」は17:30-18:00の放送に変わっています。
また深夜枠では「スパイ大作戦」を10/3から放送しています(月曜~金曜)
NT21では朝枠で「ダッシュ勝平」の後番組として「わが青春のアルカディア 無限軌道SSX」の新潟では通算二回目の放送を8/21から9/14まで行った後、9/16から「花の子ルンルン」の新潟では通算二回目の放送を行っています(月曜~金曜07:20~50、土曜07:15-45)。
夕方五時台では「ラ・セーヌの星」に代わって「Theかぼちゃワイン」の初回再放送を8/5から続行中です。
これまで「アーノルド坊やは人気者」を流していた夕方五時半台では8/2から「ど根性ガエル」の新潟では通算七回目の放送を行っています。
「ど根性ガエル」はこの放送で「魔法使いサリー」「ムーミン」「トムとジェリー」を抜いて、昭和41年4月以来の新潟アニメ放送回数で単独トップに躍り出たのです。
新潟はホンマ、ど根性ガエルすっきやのう。
夕方6時台はこれまで通りの面々で、「忍者ハットリくん」(月曜~金曜18:00-10)と「オバケのQ太郎」(月曜~土曜18:45-19:00)です。

日曜
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

午前11時から放送していた「ミームいろいろ夢の旅」は9/29に、午後二時半から穴埋め番組的な扱いで細々と放送していた「奥様は魔女」は9/15で終了しています。

NST
0635-07:00「キャプテン翼・小学編(再放送)」 09:00-30「勝手に!カミタマン」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「タッチ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「小公女セーラ」(フジ同時ネット)

早朝枠で放送していた「UFOロボグレンダイザー」は9/15で終了しています。
後番組は「シンガポールへの旅」その他・・・。
「キャプテン翼・小学編(再放送)」は8/25で一旦終了(後番組は「1・2の3ちゃん」)しましたが、10/6から早朝枠で放送を再開しています。

TNN
10:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット) 10:30-11:00「忍者戦士飛影」(日本テレビ同時ネット)

「忍者戦士飛影」は「星銃士ビスマルク」の後番組として10/6スタートです。

NT21
08:30-09:00「はーいステップジュン」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「オバケのQ太郎」(テレビ朝日同時ネット) 15:00-55「アメリカン・ヒーロー」(視聴者目線では再放送)

TNNで昭和59年3月まで放送していた「アメリカン・ヒーロー」がNT21に移籍して10/20から再スタートしました。
しかし局を問わず日曜のこの時間帯は鬼門で、この番組も休止が実に多いのです。

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
16:30-17:00「ななこSOS」(フジ、約二年三ヶ月遅れ)
これまで夕方五時半から放送していた「ななこSOS」は9月からの「夕焼けニャンニャン」放送開始により放送時間を一時間早めています。

TNN
17:30-18:00「ガンバの冒険」(日本テレビ、視聴者目線では再放送) 19:00-30「ダーティペア」(日本テレビ同時ネット)

「ガンバの冒険」は10/14から放送時間を30分繰り上げて17:00-30放送に変わっています。

NT21
19:00-30「コンポラキッド」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「昭和アホ草子あかぬけ一番!」(テレビ朝日同時ネット)

「昭和アホ草子あかぬけ一番!」は10/7スタートです。
私は当時存在すらスルーしていたアニメです。

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
16:30-17:00「キャプテン翼」(テレビ東京、約三ヶ月半遅れ) 19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット) 24:10-25:50「25世紀のヒーロー バックロジャース」

「キャプテン翼」は前述の「ななこSOS」と同じ経緯で9月から放送時間を一時間早めています。

TNN
17:30-18:00「兄弟拳バイクロッサー」(日本テレビ、12日遅れ※10/8まで)→「蒼き彗星SPTレイズナー」(日本テレビ、12日遅れ※10/15から17:00-30)

「蒼き彗星SPTレイズナー」は「兄弟拳バイクロッサー」の後番組として10/15スタート。
幼児向けだった「バイクロッサー」から一転してマニア向けの「レイズナー」登場であります。
私は「孤立した少年少女の受難」というシチュエーションがいたたまれず、あまり熱心に見てはいませんでした。
特に地球が敵に占領された後半は全く見ていません。
何故か亡き母がこの作品を気に入って、私よりもずっとよく見ていましたなぁ。

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

水曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
16:30-17:00「六三四の剣」(テレビ東京、6日遅れ) 19:00-30「Drスランプ アラレちゃん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「うる星やつら」(フジ同時ネット)

「六三四の剣」も「ななこSOS」と同様の経緯で放送時間を9月から一時間早めています。

TNN
17:30-18:00「魔法のスター マジカルエミ」(日本テレビ、12日遅れ)

「魔法のスター マジカルエミ」は10/16から放送時間を30分繰り上げて17:00-30放送に変わっています。

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
16:30-17:00「あした天気になぁれ」(フジ、19日遅れ※10/17まで)→「めちゃっこドタコン」(フジ、視聴者目線では再放送※10/24から) 19:30-20:00「スケバン刑事」(フジ同時ネット)

「あした天気になぁれ」の後番組は「よりによって何故これを!?」な「めちゃっこドタコン」です。
この作品、新潟の民放が三局になってからフジの番組なのに関わらずNSTではなくBSNで放送した曰くつきで、さらに今更感が拭えないNSTでの放送であります。
フジの番組でNSTで未放映で放映権料が安いという諸条件に合致したのがこの番組だったということなのか、疑問だらけの番組選択なのであります。
「スケバン刑事」は10月一杯で終了、主演の斉藤由貴さん歌唱のエンディング曲「白い炎」も聞き収めですな。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

夜七時から放送していた「ミッキーマウスとドナルドダック」は巨人戦中継で休止が多いまま、9月で終了しています。
あれだけ休止が多いと常連で見てる人は少なかったんだろうなぁ。

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜
BSN
17:00-30「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(再放送) 17:30-18:00「超獣機神ダンクーガ」(テレビ東京、約一ヶ月半遅れ)

NST
19:00-30「北斗の拳」(フジ)

新潟では嫌われモノの「北斗の拳」の夜七時放送は10月限りで、11月からは「キャプテン翼」とスワップで火曜夕方四時半の放送になってしまいます。

TNN
17:30-18:00「戦え超ロボ!トランスフォーマー」(日本テレビ、6日遅れ)

「戦え超ロボ!トランスフォーマー」は10/18から放送時間を30分繰り上げて17:00-30放送に変わっています。

NT21
19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「巨獣特捜ジャスピオン」(テレビ朝日同時ネット)

土曜
BSN
17:00-27「ウルトラマン80」(再放送) 17:30-18:00「まんがどうして物語」(TBS、二週間遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
18:30-19:00「炎のアルペンローゼ」(フジ同時ネット※10/5まで)→「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ同時ネット※10/12から) 19:30-20:00「ハイスクール!奇面組」(フジ同時ネット)

「ゲゲゲの鬼太郎」の第三作目は10/12スタートです。
私はねずみ男の声が富山敬さんなのが物凄い衝撃で・・・w
「ヤマト、発進!」の凛凛しい熱血漢古代進が、汚らしい徹底した機会主義者のねずみ男に変わってしまったとですよ・・・
でもねずみ男目当てでちょいちょい見ていたなぁ。
大人になるとああいう立ち回りもしないといけないと思い知らされるんですよね。
大人として生きていく知恵として。
まぁしかしあれほどズル賢くなるには、あとひとつふたつ壁を越えないといけないんですけど。
大人に片足突っ込んでるハンパなガキの私はそんな目で見ていた「ゲゲゲ」ですが、小さな子供にとって妖怪たちは恐怖の的だったようです。
「鬼太郎」の放送中に寝台特急「あけぼの」に乗った時、テンションが上がって夜遅くになってもはしゃぐ隣席の未就学とおぼしき女の子。
あまりに煩いのに怒った彼女のママが「そんなに騒いでいるとゲゲゲが来るんだよ!」と呪いの呪文を唱えるような口調で咎めると、その子はたちまち恐慌状態に陥って「ゲゲゲ怖いよぉーーーー!」と大音響で泣き喚き始めましたわ。
それまでは「うるせーガキだなぁ」とかなりムカついていた私でしたが、夜の寝台車内に響き渡る女の子の泣きじゃくる絶叫「ゲッゲゲ!」には一転爆笑してしまいましたわ。
30分ぐらいそうやって女泣きしておりましたな。
私が幼少時を振り返っても、名前を聞いただけであれだけ取り乱す怖い存在って無かったけどなぁ。
閑話休題、「ハイスクール!奇面組」は10/12スタートです。
巷では人気だった作品ですが、私は全く見ていません。

ちなみにNSTの土曜日では、「ゴールデン洋画劇場」で11/30に「遊星からの物体X」を放送しています。
アレは怖い。
今でも怖い。
サスペリアやエクソシストより怖い。
ゲゲゲどころじゃないですよ。
私は小学校の時に図書館に置いてあった原作「影が行く」を読んで恐怖に震え上がったクチなので、その時の強烈な印象で怖さ三倍増しなのです。
子供の頃に読んだ小説であそこまで怖かった小説は「ジーキル博士とハイド氏」とこの「影が行く」でした。
自我が自分の意思とは関係なく乗っ取られて上書きされてしまう事に物凄い恐怖を覚えるのです。

TNN
06:15-45「装甲騎兵ボトムズ」(再放送)

朝七時台に放送していた「まんが日本史」と夜七時に放送していた「ルパン三世PARTⅢ」は共に9/28に終了しています。

NT21
06:00-30「未来警察ウラシマン」(フジ、視聴者目線では再放送) 17:30-18:00「機動戦士Zガンダム」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「電撃戦隊チェンジマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「夢の星のボタンノーズ」(テレビ朝日同時ネット)

早朝枠で放送していた「ピコリーノの冒険」は10/12で終了して、翌週から「未来警察ウラシマン」の新潟では通算二回目の放送を開始しました。
「夢の星のボタンノーズ」は10/19スタートですが、私はメルヘン物からはとうの昔に卒業しているので全く見ていません。 

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第39回(昭和60年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第39回は、昭和60年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、テレビ新潟(TNN)、「新潟テレビ21」(NT21)の番組プログラムの紹介です。

BSNでは年明け早々夕方五時台枠に大ナタが振るわれて、アニメ特撮枠は大打撃。
他の局でも美味しい番組は中々無くて、楽しみなのは「Zガンダム」と「チェンジマン」。
そろそろアニメや特撮からは卒業という気配漂ってきた、そんな頃の話です。

それでは新潟日報製本版の調査に基づく、昭和60年1月の番組放送状況をご紹介。
まず帯番組では、BSNの早朝枠で前年11/6に終了した「マグマ大使」に代わる「ジャングル黒べえ」の新潟では通算二回目の放送が1/4に終了し、1/7から「巨人の星」がそれまでの夕方からこの枠に移動してきています(月曜~木曜06:02-30)。
BSNの夕方五時台は番組編成がガラリと変わって、月曜~木曜の五時台は「金八先生」他一般ドラマの枠に変わってしまったためで、夕方のアニメ枠は大幅に縮小されてしまいます・・・。
NSTでは早朝枠で「ドカベン」に代わって1/28から「釣りキチ三平」の新潟では通算二回目の放送がスタート(月曜~金曜06:00-30)。
朝枠では「トム・ソーヤーの冒険」に代わって前年11/16からまさかの「マジンガーZ」の新潟では二度目の放送を開始!(月曜~金曜07:30-08:00)。
・・・しかしこの時間では、小学生だって見るのは難しいかも。
私もこの放送はガッコへ行っている日は手が出ません。
当時はまだビデオデッキが家に無かったし。
夕方四時台後半では前年11/19に終了した「バッテンロボ丸」に代わって「Drスランプ」の再放送が12/14まで行われた後、「タイムボカン」の新潟では通算三回目の放送を行っています(月曜~金曜16:30-17:00)。
夕方五時台前半では前年10/22から放送していた「母をたずねて三千里」に代わって、1/18から「Drスランプ」がまたもや登場です(月曜~金曜17:00-30)。
TNNでは早朝枠で「かいけつタマゴン」に代わって「カバトット」を前年12/26から放送中(月曜~金曜06:30-45)。
「カバトット」は新潟初放送で、フジ同時ネットから約19年遅れの放送であります。
夕方五時台では「ウルトラマンタロウ」に代わって1/21から「ルパン三世(第二シリーズ)」の再放送が始まりました。
NT21では早朝枠で「まんが日本絵巻」に代わって「一発貫太くん」の新潟では通算二回目の放送を行っています(月曜~土曜06:00-30)。
朝枠では「おはよう!スパンク」に代わって前年11/2から1/8まで「樫の木モック」の新潟では通算二回目の放送を行った後に、翌日から「まんが世界昔ばなし」がスタートしています(月曜~土曜07:20-50)。
夕方五時台前半では「アンデス少年ペペロの冒険」に代わって前年11/13から1/31まで「機動戦士ガンダム」の新潟では通算三回目の放送を実施(月曜~木曜17:00-30)。
「ガンダム」の再放送を終えて間もなく「機動戦士Zガンダム」の放送が始まるので、この番組選択はNT21の編成の人に拍手を送りたいところです。
夕方五時台後半は前年12月に新たなアニメ帯枠が設定されていて、12/13から「あさりちゃん」の新潟では通算二回目の放送を行っています。
対象年齢的に、五時台前半は「あさりちゃん」、後半は「ガンダム」にしておけば良かったと思うのですが。
夕方6時台は不動テッパンの編成で、「忍者ハットリくん」(月曜~金曜18:00-10)と「パーマン」(月曜~土曜18:45-19:00)を続行中です。

日曜
BSN
11:00-30「ミームいろいろ夢の旅」(TBS同時ネット) 14:30-15:00「奥様は魔女」

午後の「奥様は魔女」は休止が実に多いのが残念です。
例えば3月の放送は僅か一回という惨状。

NST
06:30-07:00「UFOロボグレンダイザー」(再放送) 08:30-09:00「ふしぎの国のアリス」(テレビ東京、九ヶ月遅れ) 09:00-30「どきんちょ!ネムリン」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「GU-GUガンモ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「小公女セーラ」(フジ同時ネット)

朝七時前から放送していた「ヘッケルとジャッケル」は前年11/25に終了しています。
「小公女セーラ」は「牧場の少女カトリ」の後番組として1/6スタート。
イジメが壮絶という噂の番組ですが、私は全く見ていません。

TNN
08:30-45「ハゼドン」(フジ、視聴者目線では再放送) 10:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット) 10:30-11:00「星銃士ビスマルク」(日本テレビ同時ネット)

NT21
08:30-09:00「とんがり帽子のメモル」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「パーマン」(テレビ朝日)

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。
前述したようにこの1月からBSNは夕方五時台の特撮アニメ枠を大幅に縮小して、月曜~木曜は一般ドラマの再放送枠にしてしまいました・・・。
これまで五時台後半で放送していた「超電磁ロボ コン・バトラーV」の再放送は前年12/17に終了しています。

NST
17:30-18:00「アタッカーYOU!」(テレビ東京、約一ヶ月遅れ)

TNN
17:30-18:00「プラレス三四郎」(TBS、視聴者目線では再放送) 19:00-30「キャッツ・アイ(第二シーズン)」

NT21
19:00-30「忍者ハットリくん」(テレビ朝日、同時ネット) 

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。
夕方五時台後半に放送していた「魔法使いサリー」の火曜再放送は12/25に終了しています。

NST
17:30-18:00「キャプテン翼」(テレビ東京、約三ヶ月半遅れ) 19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

TNN
17:30-18:00「兄弟拳バイクロッサー」(日本テレビ、12日遅れ)

「兄弟拳バイクロッサー」は「妖怪人間ベム」が前年12/18に終了してから約一ヶ月の空白期を挟んで1/22スタートです。
この作品は主役二人、特にお兄ちゃんの演技力が「・・・」だったので、それに耐え切れずに早々に視聴脱落しました・・・。

NT21
19:00-30「名探偵ホームズ」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「夢戦士ウイングマン」(テレビ朝日同時ネット)

「名探偵ホームズ」は「オヨネコぶーにゃん」の後番組として11/6スタート。
巷では評価の高い作品ですが、私はこの手の「どうぶつのマジメな擬人化」は幼少の頃から違和感があって視聴の対象になりません。

水曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。
夕方五時半から放送していた「ビデオ戦士レザリオン」は1月から金曜五時半枠に移動しています。

NST
17:30-18:00「北斗の拳」(フジ、約二ヶ月遅れ) 19:00-30「Drスランプ アラレちゃん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「うる星やつら」(フジ同時ネット)

「まいっちんぐマチコ先生」の後番組として前年12/12にスタートしたのが「北斗の拳」。
今更私ごときが語るまでもない不朽の名作で、私も漫画、アニメ両方共読んで見ていました。
しかし後日、新潟では「北斗の拳」の扱いがひどく悪くなってしまうのです。
「放送打ち切りしないだけ有難く思え」と言わんばかりの状況にです・・・。

TNN
17:30-18:00「魔法の妖精ペルシャ」(日本テレビ、12日遅れ)

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
特撮アニメ等の放送無し。
夕方五時半から放送していた「あしたへアタック」は前年12/27に終了しています。

NST
17:30-18:00「あした天気になぁれ」(フジ、19日遅れ) 19:30-20:00「TVオバケてれもんじゃ」(フジ同時ネット)

「TVオバケてれもんじゃ」は前年12/20をもってこの枠から撤退した「ふたり鷹」の後番組として1/10スタート。
私は全く未見の番組です・・・。

TNN
19:00-30「ミッキーマウスとドナルドダック」(日本テレビ同時ネット)

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜
BSN
17:00-30「魔法使いサリー」(再放送) 17:30-18:00「ビデオ戦士レザリオン」(TBS、約三ヶ月遅れ)

これまで水曜夕方に放送していた「ビデオ戦士レザリオン」は1月から金曜に移動しています。

NST
17:30-18:00「ふたり鷹」(フジ)

12月まで木曜夜に放送していた「ふたり鷹」は1/25からこの枠で放送再開しています。
また夕方五時半から放送していた「怪人二十面相と少年探偵団Ⅱ」は前年12/30に終了しています。
NSTの金曜で特筆すべきなのは、「ふたり鷹」放送再開までのつなぎとして、1/11と1/18に「ダメおやじ」が放送されている事です。
アニメ版「ダメおやじ」は当時の東京12チャンネルで昭和49年に放送されましたけれど、新潟では未放映の番組だったのです。
私は今回の調査でこの件を初めて知って残念無念。
自分がいかに新聞のテレビ欄に気合を入れて見ていなかったのを思い知らされましたわ。
せっかく放映権を買ったのだから早朝でもいいから流せばいいのに・・・。
この2回の放送で打ち止めだもんなぁ。
まぁ後日TNNで放送することになるのですけれど。
私はマンガの「ダメおやじ」は単行本を祖母に数冊買ってもらったことがあるのですが、どういう訳か母がカンカンに怒って以後購入禁止にされてしまいました・・・。
親をバカにしているタイトルがひどく気に障ったようです。
内容もなー、私が買ってもらった本の中にはおやじが人違いで精神病院に強制入院させられて、精神に異常をきたしたモノホンの人たちに思い切り粘着されて絡み憑かれるとという酷い話があったもんなぁw

TNN
17:30-18:00「機甲界ガリアン」(日本テレビ同時ネット)

NT21
17:00-30「超力ロボガラット」(名古屋テレビ、1日先行放送) 19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「宇宙刑事シャイダー」(テレビ朝日同時ネット)

土曜
BSN
17:30-18:00「まんがどうして物語」(TBS、二週間遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
06:30-07:00「コアラボーイコッキィ」(テレビ東京、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「よろしくメカドック」(フジ、同時ネット)

「コアラボーイコッキィ」は12/1スタート。
私は今回の調査までこの作品の存在を知らなかったので、テレビ欄でこのタイトルを発見してもどういうジャンルなのかわかりませんでしたスイマセン親方・・・。
しかし「何か臭う」と思ったので念のためメモしておいたら、アニメだそうです。

TNN
19:00-30「ルパン三世PARTⅢ」(よみうり同時ネット)

NT21
17:30-18:00「重戦機エルガイム」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「超電子バイオマン」(テレビ朝日同時ネット)
19:00-30「レンズマン」(テレビ朝日同時ネット)

「超電子バイオマン」はこの日で終了。
ピンクファイブ(変身後)タンともこの日でお別れでとても悲しいです。
何か生きる糧をひとつ失ったよーな喪失感を覚えたものですわ。

引き続いて昭和60年4月の放送状況をご紹介。
まず帯放送ではBSN唯一のアニメ帯枠である朝六時台で「巨人の星」が4/25に終了して4/29から「魔法のマコちゃん」の新潟では通算二回目の放送が始まります(月曜~木曜06:15-30)。
ついに15分枠にまで縮小されてしまったBSNのアニメ帯枠、末期的状況になってしまいました。
NSTでは早朝枠で「釣りキチ三平」の再放送を続行中(月曜~金曜06:05-30)。
朝枠では「マジンガーZ」に引き続いて「グレートマジンガー」の新潟では通算二回目の放送が4/2から始まっています(月曜~金曜07:30-08:00)。
夕方四時台後半では「タイムボカン」に代わって「ヤッターマン」・・・とは残念ながら行かずに4/8から「ヤットデタマン」の放送がスタート(月曜~金曜06:30-17:00)。
夕方五時台前半は「Drスランプ」に代わって4/22から「おじゃまんが山田くん」の再放送が始まっています(月曜~金曜17:00-30)。
TNNでは早朝枠で「カバトット」が3/23に終了して、3/25から4/25まで「ハゼドン」が放送され、4/26から「ろぼっ子ビートン」の新潟では通算三回目の放送が始まっています(月曜~土曜06:30-45)。
夕方四時台の一般ドラマ枠では驚くべきことに「スタートレック」の放送を3/27から開始!(月曜~金曜16:00-55)。
「めだま」と「吸血獣」とパイク艦長の成れの果てはいつ見ても怖いとです。
夕方五時台は「ルパン三世(第二シリーズ)」の放送を続行中です(月曜~金曜17:00-30)。
NT21では早朝平日のアニメ枠が3/30をもって終了し、ニュース枠に変わりました。
「一発貫太くん」に代わって2/27から放送していた「ピコリーノの冒険」はこれにより、4月から土曜早朝のみの放送に変更されています。
朝枠では「まんが世界昔ばなし」を続行中です(月曜~土曜07:20-50)。
夕方五時台では「機動戦士ガンダム」に代わって2/4から3/25まで「エースをねらえ!」の新潟では二回目の放送を行い、翌日から「魔法少女ララベル」の新潟では通算二回目の放送を行っています(月曜~金曜17:00-30)。
夕方五時半枠では「あさりちゃん」が3/6に終了して、後番組は「アーノルド坊やは人気者」・・・
私が一番嫌いなタイプのコメディであります。
夕方6時台では平日18:00-10に放送の「忍者ハットリくん」は放送続行していますが、月曜~土曜18:45-19:00の「パーマン」は4/1から「オバケのQ太郎」にバトンタッチしています。
「オバQ」はこれで三回目のアニメ化ですが、私は最初のモノクロ版は見た事が無く、このテレ朝版も見ていないので、「Q太郎」といえば第二作が認識の全てなのです。

日曜
BSN
11:00-30「ミームいろいろ夢の旅」(TBS同時ネット) 14:30-15:00「奥様は魔女」

「奥様は魔女」は4月5月でたったの二回しか放送していません。
ゴルフ中継や競馬中継などが無い日の穴埋め番組化しています。

NST
06:30-07:00「UFOロボグレンダイザー」(再放送) 08:30-09:00「キャプテン翼・小学編(再放送)」 09:00-30「勝手に!カミタマン」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「タッチ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「小公女セーラ」(フジ同時ネット)

朝八時半から放送していた「ふしぎの国のアリス」は3/17に終了して、翌週から「キャプテン翼・小学編」がスタート。
朝九時の「どきんちょ!ネムリン」の後番組として4/7から「勝手に!カミタマン」がスタートです。
私はこの番組は見ていません、子役が主人公だとちょっとなぁ。
夜七時台では「GU-GUガンモ」の後番組として3/24から「タッチ」がスタート。
いわずと知れた人気作品ですが、私はこの手の番組はもう生理的にダメなので全く見ていません。
なんか後頭部がザワザワしてくるんですよ。

TNN
08:30-09:00「もーれつア太郎」 10:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット) 10:30-11:00「星銃士ビスマルク」(日本テレビ同時ネット) 22:30-23:25「プロジェクトUFO」

「もーれつア太郎」は「ハゼドン」日曜放送の後番組として4/7から新潟では三回目の放送を開始しましたが、TNNでは昭和58年の5月から7月の間に僅かに10回放送しています。
今回の放送も短期間で、6/30に終了しているので非常に中途半端な印象を抱いてしまうのです。
「プロジェクトUFO」はアメリカ製のドラマで4/14スタート。
米空軍の二人の調査官が全米各地のUFO事件を調べるというドラマですが、謎は謎のままで終わり、全くスッキリしない退屈な内容で私は早々に視聴脱落しました。
「Xファイル」の原型と評価する人もいますが、こちらの主役は二人ともおっさんで華がないし、事件も派手さがなくありきたりだし。
リアルと言われればそうなのかもしれませんが、あんな淡々としたドラマ運びでアメリカではアレで視聴率取れたのだろーか?

NT21
08:30-09:00「はーいステップジュン」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「オバケのQ太郎」(テレビ朝日同時ネット)

「はーいステップジュン」は「とんがり帽子のメモル」の後番組として3/10スタート。
私はこの種の番組視聴からは撤退済みなのでこの作品も未見です。
「オバケのQ太郎」は平日夕方の帯放送と連動する形で4/7から放送開始しています。

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
17:30-18:00「アタッカーYOU!」(テレビ東京、約一ヶ月遅れ)

TNN
17:30-18:00「プラレス三四郎」(TBS、視聴者目線では再放送) 19:00-30「キャッツ・アイ(第二シーズン)」


NT21
19:00-30「名探偵ホームズ」(テレビ朝日、同時ネット) 

これまで火曜夜に放送していた「名探偵ホームズ」は「忍者ハットリくん」の後番組として4/15からこの枠に移動しています。

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
17:30-18:00「キャプテン翼」(テレビ東京、約三ヶ月半遅れ) 19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット) 24:10-25:50「25世紀のヒーロー バックロジャース」

「25世紀のヒーロー バックロジャース」はアメリカ製のSFヒーローモノで4/30スタートです。
私は今回の調査までこの作品の事を全く知りませんでした迂闊です親方・・・。

TNN
17:30-18:00「兄弟拳バイクロッサー」(日本テレビ、12日遅れ)

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

「藤子不二雄ワイド」は既存の「忍者ハットリくん」「パーマン」に「プロゴルファー猿」を加えて一時間枠にした番組で4/2スタートです。

水曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
17:30-18:00「北斗の拳」(フジ、二ヶ月遅れ ※4/10まで)→「六三四の剣」(テレビ東京、6日遅れ ※4/24から)  19:00-30「Drスランプ アラレちゃん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「うる星やつら」(フジ同時ネット)

「北斗の拳」の水曜夕方放送は4/10までで、後番組は4/24から剣道モノの「六三四の剣」です。
アニメはこの頃から私の知らない作品がほとんどになってきていまして、論評の仕様がない状態です・・・。

TNN
17:30-18:00「魔法の妖精ペルシャ」(日本テレビ、12日遅れ)

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
17:30-18:00「あした天気になぁれ」(フジ、19日遅れ) 19:30-20:00「スケバン刑事」(フジ同時ネット、4/11スタート)

私は「スケバン刑事」を終盤から見始めて、おおっこれは!と思ったのもつかの間、終わってしまいました・・・。

TNN
19:00-30「ミッキーマウスとドナルドダック」(日本テレビ同時ネット)

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜
BSN
17:00-30「魔法使いサリー」(再放送 ※4/12まで)→「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(再放送、※4/19から) 17:30-18:00「ビデオ戦士レザリオン」(TBS、約三ヶ月遅れ)

NST
17:30-18:00「ふたり鷹」(フジ) 19:00-30「北斗の拳」(フジ、※4/19から)

それまで水曜夕方に放送されていた「北斗の拳」は4/19から見やすい時間帯の金曜夜に移動してきました。
しかしこの番組、新潟では嫌われまくりなので後日、穴埋め枠にトバされてしまう運命なのです・・・。

TNN
17:30-18:00「装甲騎兵ボトムズ」(再放送)

「装甲騎兵ボトムズ」は「機甲界ガリアン」の後番組として4/5から再放送スタートです。
「ボトムズ」ファンの私はこれは実に嬉しかったものです。

NT21
17:00-30「超力ロボガラット」(名古屋テレビ、約半年遅れ ※4/5まで) 19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「巨獣特捜ジャスピオン」(テレビ朝日同時ネット)

4/5に終了した「超力ロボガラット」の後番組は、月曜~木曜放送の「魔法少女ララベル」の金曜放送延長です。
「巨獣特捜ジャスピオン」は「宇宙刑事シャイダー」の後番組として3/15スタート。
この作品も「宇宙刑事」シリーズ同様にヒロインが変身しないので、私は全く見ていませんでした。

土曜
BSN
17:00-27「ウルトラマン80」(再放送) 17:30-18:00「まんがどうして物語」(TBS、二週間遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

「ウルトラマン80」の再放送は4/6スタートで、新潟では通算三回目の放送になります。

NST
08:00-30「コアラボーイコッキィ」(テレビ東京、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「炎のアルペンローゼ」(フジ、同時ネット)

「コアラボーイコッキィ」は4月から放送時間を一時間半繰り下げています。
「炎のアルペンローゼ」は「よろしくメカドック」の後番組として4/6スタート。
この作品は当時存在すら関知していませんでしたスイマセン親方・・・。

TNN
07:00-45「まんが日本史」(再放送) 19:00-30「ルパン三世PARTⅢ」(よみうり同時ネット)

「まんが日本史」の再放送は4/6スタートです。

NT21
06:00-30「ピコリーノの冒険」 17:30-18:00「機動戦士Zガンダム」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「電撃戦隊チェンジマン」(テレビ朝日同時ネット) 

3月末まで月曜~土曜の早朝枠で放送していた「ピコリーノの冒険」は、平日の早朝枠がニュースになってしまった為、4月から土曜のみの放送に変わっています。
「機動戦士Zガンダム」は「重戦機エルガイム」の後番組として3/2スタート。
この作品は文字通りガッツリ見ていました。
予備知識ゼロで見ていたので、敵味方の関係や構図がイマイチ理解できていなかったのですが、それでも見ていたのはすっかり大人になったクワトロさんや新主人公カミーユの魅力ゆえでした。
私にとって「ガンダム」とは初代でもその後の作品群でもなくただひとつ「ゼータ」だけです。
後のガンダムってホント興味ないもんなぁ。
「電撃戦隊チェンジマン」は私の目を釘付けにしていた「超電子バイオマン」の後番組として2/2スタート。
この作品も前作同様にヒロインが二人ということで、それ目当てで見ていました。
まぁドラマ、゛設定的には「バイオマン」ほどの新機軸は無く類型的で少々退屈だったのですが。
それでも前作はピンクファイブ(変身後)のみだったのが、「チェンジマン」ではチェンジマーメイドとチェンジフェニックス(いずれも変身後なのは言うまでもないことです)とターゲットが二つになって実に眼福なのでしたわ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧