カテゴリー「特定アジア」の記事

2008年12月 6日 (土)

人質で民族教育でつまりおまいら金よこせ!

ちょいと気になる在日の方々に関する話題。

>ヨンデネット大阪(旧日朝日韓民衆連帯会議)の呼びかけで府内の労働・平和・
人権・市民団体と、総連、朝青、留学同、韓統連、韓青など民族団体40余団体が
賛同した「2008日朝日韓民衆連帯行動」が11月26日に行われた。
→http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2008/05/0805j1205-00004.htm

彼らが言うには、
>「日本政府は在日朝鮮人を人質にしている。反朝鮮、反総連の流れを『チェンジ』
するため連帯しよう」

・・・なんだそうです。
例え帰国奨励したって差別だなんだと騒ぎ立て、様々な特典を得ながら日本に
居座り続けるのが目に見えてる連中が「自分たちは人質」なんて言ったって説得力
ないですよね。
大体、ほとんど大半が食い詰め経済難民で、色々と手厚く養ってやっても帰化も
せず、それでもまだ足りぬ謝罪と賠償を要求する!と騒ぎ立てられて・・・。
日本は感謝されこそすれ非難される言われはないと思うんですがね。
欧米ならこんな連中、とうの昔に国外追放処分でしょうよ。

しかしまぁ、こんなアホな事を言わせる指示をしなきゃならないなんて、彼らの祖国は
相当窮しているようですね。
米国からテロ国家指定を解除されて、一時はいくらでも経済支援を受けられると勘違
いしてホルホルしていたようですけど、肝心の金融制裁は絶賛実行中で解除の気配
はありませんし(笑)。
ニセドル刷ってバラ撒くなんて、米国の超大国たる主柱・万能のヤンキードルの信用
を揺るがしかねない事をしでかしたら、なんちゃって核保有したぐらいで米国、特に
あの財務省が不問に付すなんてあり得ないのに(笑)
日本も媚朝のセンセイ方がいくら騒いでも、国民世論が制裁延長賛成とあっては手
の打ちようがないですものね。人権擁護法さえ成立すれば・・・と切歯扼腕されて
いる御仁も多い事でしょう。
もっとも国籍法は改正され外堀は埋まりつつあります。
次期総選挙はどう贔屓目に見ても自民勝利はあり得ないですから、人権擁護法も
政府提出法案として可決成立し、対北制裁も差別だなんだと滅茶苦茶な屁理屈を
こねられた挙句解除なんて事になりはしないかと、心配なんですよね・・・。

北朝鮮がらみではこんな話題も。
>山口朝鮮初中級学校の保護者を中心とする8人が11月25日、下関市議会の
関谷博議長を訪問し、教育助成金に関する陳情書を手渡した。
→http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2008/02/0802j1205-00002.htm

「子供達を民族教育で立派な朝鮮人に育てたいのでおまいら金を出せ!」
という話なんですが、何故そんなモンに市民の税金を投じなければならないのか?
しかもこの大変な御時世に。

自分たちの子供を日本の学校に行かせずに朝鮮学校に行かせるのは自由です
よ、彼らは日本人じゃないんだから。
そして自由には対価が付き物なのですから、自分たちのケツは自分たちで拭いて
もらわないとね、彼らには祖国があるのですから。
花咲く先軍政治で主体勝利の輝かしい隊列を歩み続ける誇らしい祖国に助けて
もらいなさいよ、日本国民はもとより助ける義理などありませんからね。
民族教育と言えば聞こえはいいですが、実際は日本人拉致の最高責任者将軍様
マンセー!共和国マンセー!なんですから。

北と日本、どちらも朝鮮学校を助ける気もなくまたそんな義理はないのですから、
残された道はふたつ。
大人しく日本の学校に子弟を通わせるか、地上の楽園に帰って向こうの学校で正真
正銘の民族教育を受けさせるか。
祖国に帰国した在日同胞の相当数が身ぐるみ剥がされた挙句スパイだなんだと
インネンをつけられて山送りにされ、惨たらしい最後を遂げたなんて言う話はよく
読聞しますけれど、そういうのは間違いなく

「日帝軍国主義者どもの悪辣極まりない反共和国圧殺策動」

に違いないのですからw、子供たちに民族教育を受けさせて立派な朝鮮人になっ
てもらう為にも、彼らは一日も早く祖国に帰国したほうがいいですね。
これこそまさに、あの手の方々が大好きな(子供達にとっての)「人権問題」ですよ。
愛する子供達の将来の為なのですから、在日特権とかなんとかくだらないモノは
かなぐり捨てるべきです。
それが親としての子を思う正道というものです。

| | コメント (0)

2008年8月24日 (日)

将軍サマに聞き取り調査でもしますか?

昨日の北京五輪野球日本代表が無為無策で惨敗エンドという頭にくるニュースに
追い討ちをかけるような、非常に腹立たしい報道が本日も!

>拉致被害者に関する再調査の実施方法などで合意した先の日朝実務者協議で、
過去にも北朝鮮が行ったとしている再調査内容を白紙に戻すよう日本が求めたの
に対し、北朝鮮が拒否していたことが23日、分かった。→http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008082301000827.html

まぁ、こんな事になるのは予想の範囲内でしたけどね。
再調査といったって、拉致が将軍サマの直接の指示で行われたのであるならば、
これ以上どこをどう調査するのだと(苦笑)。将軍サマに聞き取り調査でもしま
すかw
日朝実務者協議も、向こうは将軍サマの意思をこちらに伝えるメッセンジャーで
しかなく、合意に関する権限も無いのですからやるだけ無駄です。

拉致問題を本気で解決させようと思ったら将軍サマを心底困らせて決断させる以
外に方法はなく、それには向こうの仕掛けには一切乗らずに粛々と冷徹さをもっ
て経済制裁の強度を上げていく以外にありません。
現状レベルでまだ音を上げないのであれば将軍サマの金づるであり不法行為のベ
ースキャンプである朝鮮総連やその取り巻きまで手を突っ込むべきですし、少な
くとも向こうの代議員も兼ねている総連幹部は日本への再入国禁止、さらには
向こうで生活基盤を持っている(なにしろ向こうでは国会議員サマなのですから)
事を理由に特別在留資格の剥奪も実施すべきです。

拉致問題と連動して、六カ国協議もあんな茶番に付き合う必要はありません。

「北朝鮮非核化の検証を確実に実施出来ない場合、また北朝鮮の核保有を追認す
るような事態になった場合、我が国は国家の安全と国民の主権生命財産を守る
為、非核三原則を全面的に見直す」

これだけ言って、あとは黙って会議の成り行きを眺めていればいいのです。
必要なら六カ国協議から一方的に離脱してもいいでしょう。
戦前、国際連盟脱退を宣言して会場を後にした松岡代表(のちの外相)のように
、日本代表部は胸を張って堂々と帰国すればいいのです。
北は(おそらく韓国も)日帝が軍国主義の本性を露にしたとか朝鮮再侵略策動
だとか口汚く罵ってブラフをかけてくるでしょうが、そんなのは全部無視して
おけばよろしい。
また米国や中国は慌てて特使を派遣し説得を試みるでしょう、その時こそチャン
ス。
拉致問題をパッケージングして断固として譲らぬ姿勢を示し、米国や中国を利用
して北の外堀を埋めていくのです。とにかく搦め手も使って将軍サマにこれは
ヤバいと実感させなければ、拉致問題は(核問題も)解決しないのは自明なの
です。

・・・しかしまぁ、向こうが再調査を「約束」しただけで制裁緩和を公にする我
が国政府にそんな事が出来るわけもなく。
北との国交正常化に伴う償い金やら経済支援のキックバックをアテにしている
利権政治屋の方々が政府与党の中枢にどっかり陣どっている現状では・・・。
拉致家族会の信頼が厚い中山恭子女史も内閣に取り込まれてしまって自由な発言
が出来ません。安倍前首相もかつての発言力はなく・・・。

うるさ方の口を封じ、頃合を見計らって

「日朝間の将来、ひいては東アジアの緊張緩和を見据えた、総理の高度な政治
判断」

とやらで、拉致被害者を数人新たに帰国させるのと引き換えに拉致問題は幕引き。
(例え政権交代しても筋書きは同じ)
拉致問題がずっと見過ごされていた事についての総括もなく、当時の政府与野党
要人の責任追求も成されないまま(誰も責任をとらないし責任の所在さえ明確に
されない・・・つまり今後国民個々の安全が外国によって脅かされても、日本国家
の体質はこれまでと何ら変わりませんので、恥知らずな棄民政策を繰り返すと
いう事です)、国交正常化そして莫大な額の償い金と経済支援。
そしてそれは、韓国を朝鮮半島唯一の合法政権とした日韓基本条約に抵触します
から、韓国がこの点を全面に押し出して条約の全面改訂を迫ってくれば、我が国
がこれを拒む事は恐らく出来ないでしょう。
この行き着く先は、日本の朝鮮に対する永遠の謝罪と賠償・・・。

本日のこちらの天気のように暗澹として、気温のように寒々とした近未来予測
です。

| | コメント (0)

2008年7月26日 (土)

九州島根もウリナラ領土(呆)

昨日特定アジアカテゴリで書いたばかりだというのに・・・。
本日もかの国の火病熱風が止まらないのです。

>島根県の昔の名前が出雲だ。神話で飾られているが、その場所にあった出雲
という国は、大和政権を 立てた今の天皇家に滅亡させられたことになっている。
この出雲大社に祭られている神さまがまさにその滅亡したイズモ国の支配者だ。
それでは出雲に国を建てた民族は誰だろう?
(中略)
もちろんずいぶん前に定着した先住民もいたが、大部分は紀元1世紀以後に韓半
島の慶尚道地方から潮流を利用して命をかけて日本列島に渡った韓半島の
人々だ。
(中略)
はがゆいのは韓国政府だ。韓国政府も気付くだけではなく、李承晩ラインのよ
うな力強い対応策を行使して、歴史的な事実を突き付け、九州も島根県も私た
ちの土地と言って対馬島も私たちの地だと主張してはいけないのか?

韓国の中央日報に「外部寄稿」の形でこの文を書いたのは小説家のピョ・マヌ
ン氏。
この人の名前をぐぐっても出てくるのはこの件だけのようで、いかなる文筆活動
をしているのかはわかりませんが、韓国の大手新聞に寄稿できるからには、あち
らでは相応に有名な小説家なのでしょう。
・・・しかし朝鮮からのゴミが海流によって我が国の日本海沿岸各地に漂着す
る事実からどのような思考を経て

「慶尚道から朝鮮民族が島根に渡りイズモ国を作った」

という結論に帰結するのか全くもって不可解千万です。
確かに物理的には海流に乗ってやって来る事は可能でしょうし、実際そうして漂
着した朝鮮人はいたかもしれません。
しかしそうした可能性をもって「朝鮮民族の手によるイズモ国」の存在に結びつ
け事実であると強弁し、その事実は日本人に神話の形で隠蔽されていて!
そうしてかつて支配していた土地は我々のものだと主張するのは???
九州も我々のものと主張されておられますから、きっと「邪馬台国は海流に
乗って九州島に渡った我が民族が建国したもので、女王卑弥呼は朝鮮の由緒正
しい巫女の出だ!」とかなんとかおっしゃりたいのでしょうね、そしてそれを天皇家
と結びつけて、「日王一族はウリナラ起源ニダ!(だから日本は朝鮮民族が支配
しなければならない!)」というところまでいずれ突っ走りそうな気がします
(鬱・・・)。

本来はまたバカを言っていると一笑にふせばよろしいところなのですが、あの国
の場合、民族の自尊心に響き渡る耳障りの良い妄想はやがて独り歩きを始めて、
やがてあの国限定の「史実」となりかねませんのでねぇ・・・。
自分達の間だけで「史実」(妄想)に恍惚としてホルホルしているのなら別に
それで結構ですが、それを日本人も共有する「史実」として認めろと喚き散ら
しかねないのが誠に困った傾向なんでして・・・。
日韓歴史共有研究会で、連中のトンデモ史実に日本側が反論すると

「韓国に対する愛情はないのかー!」

と向こうの学者先生が火病気味に怒鳴るそうですしね、こういうバカ話も数十年
先には大マジメにその俎上に載せられそうでイヤだなぁ・・・。

さて次は

>宋永武(サン・ヨンム)前海軍軍令部長は、「我が国の海軍力が日本の70~
80%の水準になれば、日本は独島挑発ができない。昨年夏に海軍が合同参謀
本部に建議したイージス艦3隻、5000トン級駆逐艦(KDX-II) 6隻の追加
建造計画が実行に移されなければならない」と語った。

こちらも韓国の大手新聞・朝鮮日報の記事です。
竹島をめぐって日韓で戦闘になった場合、韓国海空軍の戦力では日本海空軍に
太刀打ち出来ないので、戦力を大幅に増強すべきとの主張であります。
先週も韓国海軍の退役提督が、「独島防衛の為に4万トン級原子力空母と原子力
潜水艦を保有しなければならない!」と派手にぶちかましていましたっけ。
これまた「歪んだ同胞愛」に溺れた成れの果てと言えましょう。
韓国にとっての主敵は最早北ではなく日本なのです。
一部のバカ丸出しイケイケ議員が喚いているのではなく、れっきとした軍元高官
がいずれもおっしゃっているのですからね。
冷静かつ合理的な思考が求められる軍人がこれでは最早ナントカにつけるクス
リ無し。
まぁやれるものならやってみなさいというのが実際のところです。
それだけあの国の破産の日が近づくというものです。

・・・と嘲笑いたいところなのですが、残念ながら、対日戦備に狂奔した挙句の
破産の危機となっても迷わず助けるのが我が国政府。自民でも民主でもそれ
は変わらず。
韓国側もそれを完全に見透かしているので舐め放題甘え放題。
助け舟を出すのみならず、

「日韓間の軍事的緊張を和らげる為、ひいては東アジアの緊張緩和を図
るため率先して」

一方的に自衛隊の削減縮減までやりかねないのも我が国政府(民主党政権な
らまず間違いなくやるでしょうね)。
韓国もいい金づるをしっかりゲットして幸せですね、ある意味羨ましいですな。

・・・と、本日はこれで締めようと思いましたが、獅子身中の虫を発見しまし
たのでもう一つだけ。

>日本の代表的な進歩政治である福島瑞穂・社民党党首が、最近の独島波紋
は愛国心を強要する日本社会の右傾化と無関係ではないという立場を表明
しました。

社民党も現在は体面上、表向きは「竹島は日本領土」の立場ですが、薄皮一枚
剥げばほらこの通り。
外国人地方参政権が通ってしまって、地方における党勢拡大に在日の力が
有用だとわかれば、彼らに迎合して「独島は韓国領土」にあっさり宗旨替えする
かもしれませんね。日本人一般の風当たりは強くなるでしょうが、こんな事で
怒るまともな人は最初から社民党などに投票しませんから無問題。
「独島は韓国領土」で在日の支持を確固たるものに出来ればこれまでの一部の
狂信的チキュウシミンとゴケンハンセンヘイワ派のみから支持者純増で党は
安泰ですもんね。
ピエロを演じていると見せかけ案外その辺を見据えての発言だったりして。
そうであるならば福島党首、なかなかどうしてあなどれませんな。

| | コメント (0)

2008年7月25日 (金)

陛下の御写真焼き捨てて対馬クレクレ(怒)

前回の特定アジアカテゴリエントリーで、独島独島と国を挙げて総ファビョンな
韓国について書きましたが、あれから一週間強、その火病ぶりはますますはずみ
がついております・・・。

7/16
「枯葉剤戦友会」なる退役軍人団体(ベトナム戦争に出征した軍人の団体のよう
です)主催の糾弾団体が天皇陛下の御写真を焼く→http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pfree&nid=368782&tab=five

日本国の象徴である天皇陛下の御写真を焼くという事は、陛下、そして皇室が
体現している日本古来よりの伝統や文化を全否定するに等しい侮辱行為です。
「国を辱められた」
この一言です!

日本統治時代に青年期を送った韓国人は反日のポーズをとるにも、越えては
ならない一線はきちんと理解していて、その行動も抑制がとれていたという話
をよく聞きますが、そうした人たちが第一線を離れまたその行動様式も継承され
る事なく、抑制も歯止めも利かなくなってきています。
これからの反日の担い手は、ポーズとしての反日世代(反日を通じての自己主張
、実利追求)から純粋培養の反日世代(視野狭窄で感情が全てに勝る)に移って
いきますから、こうした一線を越えた行動は激増していくことでしょう。

この件、日本側がおそらく故意にこうした報道を控えている為、ネット以外では
全く騒ぎになっていないのは全くもっておかしな話です。
普通の国であればマスコミが大々的に報道し、駐日韓国大使を呼びつけて、少な
くとも外相が厳重抗議モノだと思うのですがね。
(もっとも、その駐日大使サマが日本の独島妄言とやらに抗議して帰国しちゃっ
てるんですけどね)。
やったのは退役軍人団体、有象無象の親北団体がやったのとは訳が違いますよ。
でもこの件での日本政府としての抗議は行わないんだろうなぁ、総理はあんなだし
、外相も元々親韓で頼りない人だしなぁ(嘆息)。

7/21
韓国CNBニュースの記事。
>ここに金剛山襲撃事件で急冷している南北関係を回復するための案で北韓の
テポドンミサイルを独島に設置するのはどうか提案して見るべき程である。それ
ならば日本が独島強奪を主張しないだろう。→http://www.cnbnews.com/category/read.html?bcode=45352

軍事的に見れば、北朝鮮領内から日本のほぼ全域を射程内に収めるテポドンを
わざわざ竹島に配備しても攻撃に対する脆弱性が増すばかり。また米国を刺激し
日本が本当に危機感を持ち「右傾化」する切欠に成りかねません。北にとっては
軍事的にも国際政治上も無意味どころか著しく有害でさえあるのですが、
「歪んだ同胞愛に溺れる」韓国左派文化人にとっては些細な事に過ぎないよう
です。
将軍サマもこんなバカ話をもちかけられたら持て余して辟易するだろうなぁw。

7/23
中学社会科の新学習指導要領の解説書に竹島(韓国名・独島)の領有問題が初め
て記述されることを受け、韓国の退役軍人ら21人が23日、対馬市役所前で、
日本側に謝罪と撤回を求める抗議行動を展開した。
→http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji2/2008072301.shtml

この元軍人連中、前述の団体とは違いますが、百歩譲って竹島の件を抗議した
だけならまだしも、

「対馬も韓国領土だ!」

ですって・・・。
連中の本音はこれですもんね。普段は
「独島は韓国領土♪ 対馬島は日本領土♪」
なんて子供たちに歌わせたりしていますが、酔えば本音が出るのと同様、火病を
起こして理性が薄れればほらこの通り。
本来軍人という人種は案外時局を冷静に見ているものなのですが(いざ有事とな
れば実際に生命のやりとりをするのは自分たちですからね)、退役して生命を張
る必要がなくなるとボケて先祖帰りしてほらこの通り。
所詮はあの国のあのミンジョク。
そしていくらボケさらしても「退役軍人」という肩書は死ぬまでついております
から、韓国内で軍の持つステータスを考えれば同じ事をするにしても、
そこいらのバカ民間団体とは韓国社会に対するメッセージ性が全然違うと思い
ますしね・・・。
去年、向こうの狂信的反日民間団体が8月15日に対馬に来襲して、対馬市役
所だかどこだかに大極旗をおっ立てて、
「対馬島領有宣言」
をするというバカ話がありましたが(結局実行されず)、今年は本当にそういう
バカが大勢来襲するかもしれません。
賢明な日本マスコミ諸氏は、いい時に五輪があってあらうれしや。北京に隠れて
ベタ記事にもならず華麗にスルーなんでしょうけれど。

話は前後しますが7/22
韓総理と智冠僧侶は独島(竹島)問題など懸案につても会話を交わした。智冠
僧侶は「沖繩という島 も私たちのもので、対馬島も太宗以前に私たちが占有
した。独島は言うまでもないが、沖繩と対馬島 も早く取り返えさなければなら
ない」と語り、韓総理はこれに対して「対馬島がひとときうちの領土だった事が
あるが、その話を今することはむしろ…。」と言葉を濁した。
→http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2008/07/22/2008072201447.html

智冠僧侶という人は韓国仏教界のエラい方のようですが、徳の高いお坊様にして
これですか・・・。
韓国はキリスト教系カルトで有名ですが(統一教会や摂理など)、トンデモさに
おいて仏教もその例外ではないんですかね? 
やっぱり民族性なのかなァ・・・。
対馬だけではなく沖縄も韓国のものなんだそうです。そしてこんなバカ話に言葉
を濁す総理も総理。
各方面からファビョった圧力がかかってきて、政府ナンバー2でさえまともな事を
口に出来る雰囲気ではなくなってきているのかもしれません。
煽りや嘲笑抜きで来年辺り、日本に竹島を諦めさせる為の大風呂敷(対馬は諦め
てやるから独島は韓国領だと制式に認めろ!という交渉材料)としてではなく、
本当に日本から対馬を奪い取るつもりで、韓国政府として日本政府に対して公式
に、
「対馬島返還要求」
が突きつけられてもおかしくないように思いますね(伝えられる深刻な経済危機
が現実のものになれば政権に対する不満のガス抜きの為にも。それをやらざる
を得なくなる知日派の現大統領は少々気の毒ですが、国民がああでは致し方
無し)。

| | コメント (0)

2008年7月16日 (水)

竹島とシンポセンセイと情念のファビョーン!

文部科学省は14日、2012年度から実施される中学校の新学習指導要領に
ついて、各教科ごとの解説書を公表した。社会科では、日本の領土である
竹島の領有権問題を新たに明記することを決めた。→http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080714-OYT1T00394.htm?from=navr

これまで全く関知せずの状態からとりあえず一歩踏み出したという事で、まずは
目出度いと言うべきなのですが、韓国に配慮して竹島が日本固有の領土である
事を明記せず、日韓間での「主張の相違」と記述して先方の言い分にも理が
ありそうな誤解を生じさせかねない、センセイ方や霞ヶ関のお役人サマ方が大好
きな「玉虫色」の表現に留まった事は非常に残念でもありますね。
まぁ、この件で韓国が恫喝まがいの事をいろいろ言ってきた時には、「全方位土
下座外交」と2ちゃんで揶揄されている、「他人の嫌がる事はしません!」
がモットーの我らが宰相の事ゆえ、総理の判断で教科書には竹島のたの字も
入れさせないだろうなと私などは思っておりましたから、それを考えれば御の字
と言えるのかもしれませんが・・・。

また不勉強で恐縮なのですが、「学習指導要領解説書」というものは「学習指導
要領」のいわば下位に属するもので、学習指導要領は法的拘束力があるので
すが解説書は建前上そうではないのだそうです。しかし実際の授業や教科書
編集は解説書に沿ったものになっているそうです。→sankei.jp.msn.com/life/education/080714/edc0807141901003-n1.htm

そうなると今後注目なのが、今回の文科省の決定に不満のある、「シンポセン
セイ」や「ハンセンヘイワゴケンセンセイ」「ジンケンセンセイ」の方々の授業
の進め方。
学習指導要領に明記されていれば従わないわけにはいかないでしょうが、解説書
止まりであれば拘束力は建前上無いのですから、教科書に載っていても華麗に
スルーする事も可能でしょう。高校受験に竹島に関する問題が出題された場合、
困るのはスルーされて教えられなかった生徒ですが、特定のイデオロギーや
特定の民族に対するシンパシー(センセイ御本人の出自がその民族という事も
大いにあり得ますし)を最優先で考えるセンセイ方にとっては、己の信念を貫く
事が教え子の将来を左右するかもしれないスルーの害悪よりも優先されるで
しょうから、4年後の中学校社会科授業現場では、2ちゃんのニュー速を賑わす
話が続々登場しそうな気がします。

さて今回の件で、左右保守革新問わず、国を挙げて燃え上がっているのが韓国。
ぱっと目に付いたのをザッピングしてもこんな感じです。

友好国の立場を考慮しようとしない典型的な自国利己主義だ(朝鮮日報)
日本、「独島紛争化→返還要求」が狙い(中央日報)
今日の分では
歴史的に、国際法的にも厳然たる韓国領土で、韓国が実効的に 支配している
独島を、ロシアが管轄している北方列島のように領有権紛争がある島で、
将来、 日本が返還されるべき所だと青少年たちに教えるというのだ(中央日報)
独島(トクト、日本名竹島)は我々の領土であるだけに対日外交に強硬策を講じよ
(中央日報)

などなど・・・。

竹島の領有権に関しては、、米国の見解は竹島について、日本が朝鮮併合に
よって新たに獲得した島ではなく、それ以前から日本領であった事をはっきり
と述べており、領有権そのものに関しては韓国が避け続けている国際司法
裁判所での審判でも疑いなく日本のものであると判定されるでしょう
ただし韓国による実効支配-侵略ともいう-をずっと見過ごしてきた点が、
日本に不利に働くかもしれませんが・・・。
これは戦後日本という国、また日本国民の抱えてきた、

ハンセンヘイワ>>>>>>>>>>>>領土(最も基本的な国家主権)

という何ともお目出度く救い難い九条信仰のゆえなのですがね。責任はセンセ
イ方やお役人サマだけではなく、我々ひとりひとりにもあります。

日本としては、本来竹島は「日本固有の領土」である事を明記して当然のところ
、韓国の国内事情その他も考慮してあのような「玉虫色」の表現で勘弁してやっ
たので、本来は韓国政府から感謝されてもいいぐらいの話なのですが、それで
もあんな調子ですもんねぇ・・・ホントに呆れてしまいます。

こちらが譲った分、あちらはその譲った分を自分のものだとでかい声で喚き
散らす。
そしてもっとよこせと恫喝する。駄々をこねる。
韓国には、
「泣く子は餅をひとつもらえる」
ということわざがあるそうですが、彼らの行動はまさにそのまま。
日本人は、彼らがあのように大声で喚き正気を失ったように騒ぐからには、きっ
と我々の知らない真実も幾ばくかあるのだろう、我々にも至らない点があるの
かもしれないと思い、妥協できる点はそうしてあげようとお人よしにも考えるの
ですが、相手の立場に立って物事を考えるというのは日本人同士で成立する
美徳なのであって、彼らに対してそんな甘い考えは通用しません。
譲り合いの精神や平等互恵など彼らの頭の中にはハナから存在しないのです。
自己主張が激しいのは欧米も同様ですが、彼らにはその一方でキリスト教の
道徳観や倫理観が深く根付いてもおりますので、それにも一定の歯止めはあり
ギブアンドテイクの話し合いも出来ますが、韓国(及び中国と北朝鮮)には儒教
と中華思想に基づく勝手で押しつけがましい序列関係が基本で、宗教的な道徳
観や倫理観は存在しません。
ゆえに、特に彼らの世界観では一番格下の日本に対する歯止めは一切存在しま
せん。
その結果が国内における「在日朝鮮人の存在」であり、「在日朝鮮人の地方参政
権要求(選挙権だけのはずが、将来は被選挙権も手中にするつもりのようです。
人権擁護法が通ってしまったら、シャベツだなんだと喚きたおして国政選挙・
被選挙権もゲットの算段でしょうね)」であり、外交問題における竹島の件なので
す(向こうの地方レベル、民間レベルでは対馬も我が領土と言い出してますから
ね、竹島の件で火病が極まれば、韓国政府として公式に領有権を主張しかねま
せん。またそうでもしないと火病る国民の怒りの矛先が自分たちに向かってきか
ねませんしねぇ・・・)。

再度の経済危機の兆候が見えてきているのに、米国には牛肉の件で噛み付き
「ローソクデモ」、日本に対しても「宣戦布告も辞せず!」と国を挙げて火病まるで
人間松明のごとし。
燃えろよ燃えろーよ♪ 火病よ燃えろー♪

経済破綻の深淵を前に、理性的に接すれば必ず助けてくれる日米にこれだけの
過激な行動を見せる一方で、金剛山では同胞が射殺されたというのに北に凄ま
れればもうダンマリ。
実利よりも情念を優先し同胞愛に溺れる自称世界最優秀民族の誉れここに極
まれりですな。
もう断交でも宣戦布告でも対日経済制裁wでも、その自尊心が満たされるまで
一度とことんまでやってみてください。好きにしてください。その代わり、その結果
今後何か起こっても絶対に同情しないし助けませんよ。
それが今の私の偽らざる気持ちなのであります。

それにしても・・・
「宣戦布告」というのはかつては北朝鮮の専売特許でしたけれど、ノムヒョン
閣下の就任からというもの、韓国でもよく使われるナイスなフレーズになりました
ね。
左傾化して国民のメンタリティが北のそれに近づいてきた何よりの証左と思われ
ます。

よかったね、もうじきいっしょになれるよ。

| | コメント (0)

2008年7月 9日 (水)

弱者は見殺しカトちゃんペッ!

自民党の加藤紘一元幹事長は7日夜、日本BS放送の番組に出演し、2002
年に北朝鮮から一時帰国した曽我ひとみさんら拉致被害者5人に関し、同国
に戻さないとした当時の政府決定について

「国家と国家の約束だから、(戻した方が)よかった。安倍(晋三前首相)さん
を中心に返すべきでないとなったが、その辺が今、日朝の間で打開できない
理由だと思う」

と述べ、官房副長官として永住帰国への方針転換を主導した安倍氏の対応に
問題があったとの認識を示した。
→http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008070700894

ここのところ、内外共に呆れ果てるニュースが続いている昨今ではございますが
、加藤議員のこの発言はちょっと見過ごせない事なのであります。

拉致された方々の原状回復を図る事、すなわち外国の脅威から自国民の生命
を保護する事は相手が何者であろうと国家の国民に対して成されるべき最初の
誓約であり義務です。
それが国民主権の民主国家として当然の姿です。
民主国家の尖兵たるべき国会議員のあり方もそれと全く同様です。外国からの
脅威から国民の生命を守るべく活動する、それが国会議員が議員たるべき基本
なのであり、自らを選出してくれた有権者(日本国民)に対して果すべき第一の
義務であり誓約であるべきなのです。
しかし加藤議員は「国家と国家の約束」をそれら義務や誓約よりも重いと考えて
おられるようです。しかも相手は最高指導者の指示によりかかる所業を行った、
また拉致以外にも世界を舞台におよそ思いつく限りの国家犯罪に手を染めデフ
ォルトも核開発の横紙破りも平気の平左、非難の石つぶてにも蛙のツラに何と
やらの厚顔無恥な犯罪国家。
そんな連中との約束を拉致被害者の人権よりも優先されるとは、加藤議員は人間
性善説に立脚した現人神のような心性の持ち主なのか、そもそもの人権や犯罪
に対する価値感が倒錯しておられるのか、はたまた御自分が連中と色々あって
(精神的に拉致されて身動きとれない状態ですか?)重度の「ストックホルム症候
群」に罹患されておられるのでしょうか?

ともかくこの方、所詮は拉致被害者の方々を北との国交正常化で美味しい思い
をする為の、もしくはスキャンダラスな恥部に蓋をして墓場まで持っていく為の
道具ぐらいにしか考えていない事がこの発言ではっきりしましたね。
拉致被害者=弱者を無情に見殺し・切り捨て、おそらく日本国内の我々庶民も
弱者と捉え、己の欲望の為には道具として使いあっさりポイ捨てでも構わないと
お考えなのではと、その破廉恥極まる御心中をお察し致しますです。
まぁ、同じ事を考えているセンセイ方は与野党共に大勢おられるようですし、
そういう筋のお歴々の拉致問題に対する世論観察のアドバルーンに体よく利用
された形なのかもしれませんが・・・。
そうであるならば自民党元幹事長にして一時は総理総裁の最有力候補と目され
た政治家の末路としては哀れ極まりですね。

ここまで国民の人権を無視し馬鹿にした発言をオフィシャルな場でおっしゃった
加藤議員、当然それなりの覚悟はされておられるものと思いますが、果たして?
社民党・辻本議員の「私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の“国壊
議員”や」発言や民主党・岡崎議員の「満面の笑みでジュウグンイアンフデモ
に参加」(→www.tamanegiya.com/okazaki.html)でもほとんど
華麗にスルーのマスコミ各社
ゆえ、今回の加藤議員の発言もサミット報道にかこつけてスル~、当の御本人
も知らぬ顔の半兵衛を決め込むおつもりなのでしょうが、心ある有権者はあなた
の今回の御発言をよく覚えておきますよ。

・・・しかし、仮に議員辞職に追い込んだところで、次回総選挙ではみそぎは済
んだと立候補し、圧倒的な票数で当選をされるのでしょうね。
加藤議員の選挙区は何故か民主党が対立候補を立てないんだそうで。
困ったモンだまったく・・・。
まぁ、私の住まいの選挙区も大きな事は言えないんですけどね。
私のところの選挙区は民主党の若手のおなごセンセイが連続当選されており
ますが、そのセンセイが師と仰ぐ大学のセンセイというのが「主体思想研究家」
でして・・・。
(「主体思想研究家」といえばいかなる思想信条の持ち主なのか察してくださ
いませ)
前回の新潟県知事選では現知事(新人)を苦戦させた程の知名度を誇って
おります。
彼の愛弟子のおなごセンセイ御本人も「外国人参政権賛成」「人権擁護法
賛成」。
前回衆院選時の大手新聞(確か産経だと思いますが)のインタビューでは

「拉致問題は選挙の争点ではないから云々」

とおっしゃったとかおっしゃらなかったとか。
拉致問題の象徴である横田めぐみさん拉致が行われた街の国会議員がこんな
調子ですからね・・・。
では自民党の候補はというと、

「私は中央とパイプがあります!」(利権誘導があまりに露骨過ぎてワロスw)

と前々回の総選挙で御本人自らマイクを取ってまくしたてられた(私は直接拝聴
しました、結果は落選)、二昔前、三昔前によくいらっしゃった土建政治家の
系譜に繋がる方で、前回総選挙の郵政民営化に対する「踏み絵」では、一蓮托生
のはずの親分亀井センセイを見捨てて「郵政民営化賛成!!」とでっかい声で
吼えまくった少々アレな方なので、選択肢が無いんです・・・。
私などはもうアタマにきて、ぶっちゃけ共産党の候補に入れましたけどね。自民
・民主両党の候補のトンデモさ加減に対する批判票のつもりで。

こういう現象は今や日本中至るところで見られるようです。
与党も野党もマトモな候補がいない、どちらにしても国内問題に対してはあー
ゴニョゴニョ、売国度も中国人と朝鮮人移民受け入れ・日本国籍付与が一千万人
か三千万人かの違い。拉致問題、領土問題、歴史認識に関しても以下同文。
・・・溜息出ますね。

| | コメント (0)

2008年6月14日 (土)

引っ掛かったふりをしてご相伴に(糞)

ども、二ヶ月弱ぶりのご無沙汰です。

このエントリーを廻るやり取りですっかり頭に血が昇り、「拉致問題は解決済み
&無問題&日本人こそ植民地支配を謝罪賠償汁!」の連中が「ふぇち」っている
のがヒジョーにキモく感じられて(あんな無情&夜郎自大な連中と一緒にされ
たくない!)、一時はここを閉めて(ふぇちは廃業して)、改めて別ブログを立て
て日本版ゴーリズムを全面に押し出してブサヨとの徹底的な議論の場にして
やろうとか色々考えましたけど、これだけ長期間更新していないのに(昨年の夏
から初冬にかけてもそうでした)、なおアクセスしてくださる方が多いのですし、
そうした方々をないがしろにしてここを放り出すのもひどく無責任な事だと思い
ますし・・・。

生硬な書生論からスケベふぇちココロ丸出しのおヘンタイな事までオールイン
ワンで血肉を得て出来上がっているのがこのブログでありますので、その辺
の折り合いをうまくつけながら続けてまいりたい・・・

と思っておりましたら、またもや頭に血が昇るニュースが!

>町村信孝官房長官は13日午後の記者会見で、北京で行われた日本と北朝鮮の
公式実務者協議で、北朝鮮が日本人拉致問題に関する再調査の実施や、日航機
「よど号」乗っ取り犯関係者の身柄引き渡しへの協力などを約束したことを
明らかにした。
→http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/economic_sanctions_on_north_korea/

「再調査の実施」「引渡しへの協力」・・・。
具体的な行動に移る確証もなしに、連中の口先三寸に乗っかって制裁を一部解除
の方針のようですが・・・呆れ果てて言うべき言葉もありません。
連中の「やるやる詐欺」に何度引っ掛かったら気が済むのかと・・・。
引っ掛かったふりをしてご相伴に預かりたいエラい人たちが政府与党内には大勢
いらっしゃるのでしょうが。
そしてそのご相伴のツケは拉致被害者の方々を筆頭に、日本の一般国民に回って
くるという寸法です。

以前、NHKで放送された海外ドキュメンタリー「ヒトラー」(全六回)の中で、
ナチ宣伝大臣ゲッペルス氏がユダヤ人に向けて

「覚えておくがいい! 我々(ドイツ人)の忍耐にもやがて限界がきて~」

などと過激なアジ演説をしていたり、
ヒトラー氏が

「昨日まで笑っていた敵(ユダヤ人)も、今日は最早笑えまい!」

などと言っておりましたが・・・。

甚だ不穏当な考えなのは承知の上なのですが、色々と考えてしまいました・・・。

また本日は岩手・宮城で大きな地震がありました。
中越、中越沖と立て続けに大きな地震に見舞われ、その被害の記憶も未だ生々し
い新潟県人として、とても他人事ではありません。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
今回の地震は内陸で起こったもので、中越の時同様、山間地域での孤立が最も
懸念されるところです。
もうじき日が暮れてしまいますが、関係各位におかれてはその前に少しでも多く
の被害状況把握と救援に力を尽くして頂きたいですね。

| | コメント (2)

2007年5月27日 (日)

謙遜の美風はチョパーリのパクリ?

萬物相】「アイム・ソーリー」

 米国のある大学教授が「韓国人は演説する際に、なぜ謝るのか」と尋ねた。
彼は「わたしのような学識の足りない人間が、このような場所に立つことになり、
申し訳ないかぎりですが」といった前置きを耳にするたびに、「そんなに自信が
ないのなら、なぜここに出てくるのか」という疑問を抱くという。また、食べきれ
ないほどの料理を準備しておきながら、来客に「召し上がるほどのものもなくて、
申し訳ないかぎりですが」と「謝罪」するのも奇妙だという。彼にとって、韓国式の
「謙遜(けんそん)」とは、なかなか理解し難いもののようだ。
→www.chosunonline.com/article/20070526000034

そして
>韓国には「謝罪している者に最後までつらく当たる者はいない」
という意味のことわざもある・・・んだそうです。

スゴいですね・・・「川に落ちた犬は棒で叩け」・・・こういうことわざが
あるミンジョクがよく言いますなぁ・・・。

日本には

「韓日基本条約では謝罪と賠償が足りないから一度ご破算に
してもう一回最初から謝罪と賠償やり直しニダ!」

なんて向こうの与党議員が徒党を組んで喚いているではないですか。
こちらが何度謝ってもその都度「謝罪と賠償が足りない! 謝罪と賠償
おかわり!!」でしょう。
また向こうの儒教的道徳観では、「謝った方は相手の言う事を全て聞き
入れなくてはならない」という、「謝罪しているものに最後までつらく当たる
者はいない」とは逆の「謝ったオマエはもう一生オレ様のどれい、オレの
モノはオレのモノ、オマエのモノはオレのモノ」というジャイアニズムが
真骨頂ではないですか。
そういう考えが念頭にあるので、何度も謝っている日本が技術移転や竹島
の問題で手前勝手な要求を聞き入れないので「日本は不実だ」とか
何とか言って騒ぐんでしょう。謝ったチョパーリは我がミンジョクの言う
事を全て聞けと。

日本人の謙譲の美風を国技のパクリでウリナラ起源化してホルホルして
いるとしか思えませんね、まったく・・・(呆怒)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

ウリナラ最強イージス艦の舞台裏

>我が国が25日「夢の艦艇」と呼ばれるイージス駆逐艦を保有するようになった
が、これからこの艦を運用する上での障害が 少なくないと言う指摘が出ている。
この日、蔚山の現代重工業で進水式が行われて威容を現わしたイージス駆逐艦
世宗大王艦(KDX-Ⅲ.7千600t級)は 完装費が1兆ウォンに達する高価な
先端武器であるがゆえの膨大な運用費のみならず、高度な熟練度を要求する整備
力も必要だからだ

2ちゃん東亜板に立っていた韓国海軍最新鋭艦「世宗大王」についてのスレです
が、ようするに「ウリナラ最強イージス戦艦」を進水させた今になって、
就役後のメンテナンスについて心配しているようで。

・・・普通イージス艦みたいな高い買い物をする場合、就役後最低30年のラン
ニングコストを考慮して、費用対効果や予算の出所についてある程度目算を得て
からゴーサインをかけるのが常識だと思うんですが。

大体、メンテナンスコスト以前に

>イージス駆逐艦の構成要素のうち、イージス戦闘体系を運営する要員を養成し、
訓練する体系を急いで用意しなければ ならないということだ。
先端技術がすべて網羅されたイージス戦闘体系は、アメリカのロッキードマーティン
が製作したため、装備運用要員などは 一定期間アメリカの製作会社で教育を受け
なければならない。

・・・なんてふざけた事を言ってる時点でダメダメでしょう。
要員訓練の目途も立たないのにオーダーしたんでしょうかね?
マンホールに落っこちて片翼ぶっ壊した(前代未聞の椿事)自称「ウリナラ最強イー
グル」(F-15K)や、しょっちゅう墜落事故を起こして、この間ついに空軍の
お偉いさんがキレた自称「ウリナラ国産戦闘機」(F-16のライセンス生産版)
もこんな調子で調達にゴーサインかけたんだろうなぁ・・・。
これが噂の「ケンチャナヨ精神」ってヤツ!?

・・・なんかもう、発展途上国並みの思考回路でございます、アフリカ諸国によく
ありますな。
国力・民度不相応の戦闘機や軍艦を買ったはいいが、要員訓練も保守整備も
なーんも考えていないので事故頻発のあげく格納庫や港に繋がれっぱなし。
独裁者や執権党の周辺諸国に対する見栄にしかなっていないってパターンが・・・。

イージス艦一隻でこんな調子なのに、かの国はあと五隻建造する(機動艦隊3個
編成に6隻必要と理屈はつけていますが、まぁ我らが海自への対抗と見栄で
しょうな、海自は来年春にイージス艦6隻体制の予定)そうで、プラス潜水艦も
海自に匹敵する数を保有するなんて言ってますけど、凄いですね。
韓国ってとってもお金持ちなんですねw。
先月国営放送が「経済成長著しい韓国の銀行に大手邦銀が提携・・・」なんて
ニュースを流していたので、きっとウリナラ経済も税収も薔薇色の右肩上がり
なんでしょう。
ノム大統領の経済失政で、前代未聞のIMFおかわりにまっしぐらという観測
もありますが、そんなのはウリナラの優秀さにシットした奸悪な日帝の悪質な
デマ宣伝ですよねw。
ほら、ウリナラの賢明なる人民の皆さん、こざかしい日帝野郎が朝鮮再侵略を
目論んで軍備増強に血道を上げてまつよ、みなさんの心の祖国も「MDは
朝鮮侵略兵器だ!」とかなんとかおっしゃっておられるではないですか!
自称世界最優秀ミンジョクの偉大なる力を愚劣愚昧な日帝野郎に思い知らせて
やるのです、ウリナラ無敵ぢゃ、じゃんじゃんやれ!

・・・メンテも要員教育もまるで考えていない国がいくら新鋭装備を多数揃えた
ところで、そんなのは鴉避けのカカシ程度の効力しかありません。
我が国はかの国を荒らす鴉ではございませんので全然怖くありませんがな。
ここはせいぜい連中の虚栄心をくすぐって、役立たずの高額兵器を山ほど
買わせて経済破綻手前まで追い込んでやればいい。
連中の小中華な序列意識(朝鮮は兄、日本は弟。弟は兄の言う事を全て聞か
なくてはならない)をぶっ飛ばしてリアルな国際経済・国際政治上の我々と
彼らの立ち位置の違いをここら辺で骨の髄まで知らしめねばなりません。
彼らにとって己の身の程を知る(中堅経済国家として堅実に生きていく)最後
のチャンスです。
一度マジに痛い目をみないとわからないでしょうから、IMFおかわりなん
て事になっても我が国は人道支援以外無しの方向でお願いいたします。

そうなると「経済支援させてやるからありがたく思え」とか「謝罪と賠償汁
!」と居丈高に言ってくるんでしょうけれど、その時はジャパニーズスマ
イルで生温かく名物の火病っぷりを見守ってあげましょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

そこのおまいら!飯を食え!!

それはいまから十年程前の出来事。
中国人民解放軍の地方軍区に所属するひとりの下士官のおぢさんが、所属軍区
の司令部がある大都市に出張する事になり、長距離バスで出発しました。
確か一昼夜にもおよぶ長く辛く退屈なバスの旅です。
下士官のおぢさんの乗ったバスが昼間とある片田舎の町にさしかかったところ、
道路上に認めたのは行く手に立ち塞がる数人の人影。
バスの接近にも微動だにしないその人影は、手に手に青竜刀のような物騒な得物
を持つ屈強でむさ苦しい風体の粗野な男たち・・・。
体を張ってバスを止め、車内にドカドカと上がりこんできたその男たちの言うこと
には、

とにかく「飯を食え!」

男たちの強制誘導でバスは道外れにポツンと立つ、いまにも倒壊しそうな一軒の
あばら家に。
男たちの言う事にはその家は食堂で、腹をすかせたおまいら旅人にうまい飯を
食わせてやる、ありがたく思え!・・・なんだそうです。
バスを強制下車させられてあばら家のような食堂に連れ込まれた乗客たちに出さ
れた「うまい飯」とは・・・・!?。
それは、どう見ても生ゴミとしか思えない残飯の類が粗末な容器に盛り付けられた
なんとも香ばしいシロモノだったそうです。
男たちは言います。

さぁ、遠慮せずこの飯を食え! 代金は円換算で
¥1,000ナリ!


この飯を食べる食べないはおまいらの勝手だが、飯代は全員きっちり払ってもらう!
これが男たちの言い分です。
・・・生ゴミ同然の残飯に千円!。日本と中国の物価の違い、しかも十年も前の話です。
安価なしかし辛い長距離バスで移動する、さほど裕福とも思えない乗客たちにとっ
て、あぁそうですかと右から左に出せる金額ではありません。
乗客たちの中には「こんなゴミ飯にそんな大金出せるかっ!」と飯を食う事もお金を
払う事も断固拒否する勇気ある人も出てきますが、そういう
「旅人へのささやかな心配り」
を理解しない人は、刃物で武装した屈強な男たちに引きずり出され、いずこかへ
連れ去られていったそうです。

くだんの下士官のおぢさんも泣く泣くお金を払い(飯は食べずに)、なんとか五体
満足で旅を続ける事が出来ましたが、その後その地域の警察にこの一件を通報
したところ、見事に握りつぶされてしまいました。
後で判明したところでは、屈強な男たち(日本で言うところの暴力団)と地域の警察
公安はグルになっていて、ワイロをたんまり受け取って時には殺人にも及ぶ屈強な
男たちの犯罪はすべて「華麗にスルー」だったそうです・・・。
腹に据えかねたおぢさんは新聞に投書。
中国共産党中央、その体制に対する批判は絶対に許しませんが、中央政界の
お歴々とは無関係な地方の不正撲滅には一定の役割を果たしていた(今は
そういうのもダメっぽいですが)新聞マスコミはおぢさんの投書を掲載しました。
その後例の男たちと、彼らとつるんでいた警察がどうなったかはわかりませんが・・・。

この話は昔、「軍事研究」という雑誌で中国の新聞投書などを翻訳紹介していた
コーナーで取り上げられていたもので、当時すでに周囲より「ウヨク」(いたいけな
高校生の時分より言われ続けていたことでございますが)と呼ばれていた私に
とっても、ひとしきり爆笑したあと(ドリフのコントを連想してしまって・・・スゴみ
まくる無法男が志村さん&カトちゃん、泣く泣くカネを払う一般人が仲本さん、
黙々としかしうまそうに生ゴミ飯を食うブーさん(呆れる周囲の面々)、食うのも
払うのも断固拒否したあげく、志村さん&カトちゃんの凶悪コンビに残飯を無理
矢理口に入れられて、あまりのまずさに悶絶するいかりやさんw)、
「そんな奴おらんやろ~」
改革開放路線の中国に、天安門事件以後も無知からくる素朴な幻想を抱いていた
身としては、いくら地方の出来事とはいえ、日本の江戸時代の雲助もかくやと
思われるかかる無法がまかり通るはずがない、これはきっとブラックコメディな
類の作り話!と思っていた時期もありました・・・。
しかしその後、特にネット環境入りしてから見聞する中国の官民腐敗のトンデモ
さ加減に、この話も実話に違いないんだろうなぁと感じる今日この頃でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)