« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月の記事

2019年11月30日 (土)

約十年ぶりにミスアメリカのコスプレをしてみたわ、その二

今年の元旦早々に「約十年ぶりにミスアメリカのコスプレをしてみたわ」という記事を書いておりまして、その後の今年2月に以前何度か撮影で行った事のある新潟市内の某大人のホテルへ行って、ミスアメリカの自作新マスクでのコスプレ画像撮影をしてみたのです。
私がやっているもう一つのブログ(よい子は見ちゃダメなブログです)では撮影後に早速記事にしているのですが、あちらはテキストも画像も検索対象に一切なっていません・・・
大人向けのブログやサイトに対するグーグルの態度は年々キツくなっておりまして、今月初めにも検索アルゴリズムの改変があったようです。
大人向けに関しては、もう余程の大手でないと検索結果には容易に反映されないのが現在の状況なのです。
しかしミスアメリカのコスプレ画像については大人向けではなくごく普通の?コスプレ画像でありますし、それならこちらで再度記事にして検索対象化された方が良いのではと思い、改めて公開するところであります。

基本的な立ちポーズのミスアメリカ
まずは普通の立ち姿。
本物の女性、着ぐるみの女形共に基本的な立ちポーズと言えましょう。
ちなみにこのホテルは全ての部屋がリニューアルされていて、以前に行った時とはかなり様子が異なっていました。
(以前行った時のミスアメリカのコスプレ画像は「祝・ミスアメリカ座談会実現」に張ってあります)
ただでさえ「大人向け」なので照明が暗かったのに、今回はさらに暗くなっていてデジカメのISO800でも画像修正が必要なレベルになってしまいました・・・
もう少し照明の光度がありそうで鏡を多用した部屋もあったのですが、この日は生憎利用中。

胸の前で両手を合わせて、乙女ちっくなポーズのミスアメリカ
胸の前で両手を合わせて、乙女ちっくなポーズのミスアメリカのコスプレイヤーさん。
ピンクのレオタードの切れ込みの左側に見えているのは、下に穿いているレオタード用ガードルショーツです。
本物のミスアメリカも衣装の下に穿いているベージュのサポーターがよく見えていましたから、図らずもそれを再現した形になりましたw

ミスアメリカのコスプレイヤーさんの全身画像
前二枚の位置とは反対側で撮影した、ミスアメリカのコスプレイヤーさんの全身画像。
全身画像の撮影に関しては、この部屋ではこの位置が最適なのです。
しかしこの位置はとにかく照明が暗い・・・。
照明機材を持ち込まないとまともな画は撮れませんなこれは。
まぁしかし、大人の男女がイイ事をする部屋でコスプレ画像を撮影する方がおかしいので、照明の暗さ云々を言うのは筋違いな話なのですが。

自然な立ち姿のミスアメリカ
女形を意識せず、自然に立ってみました。
監督から演技指導を受けているミスアメリカ(女形)な感じです。
膝を見ると男なのがまるわかりなのが遺憾なところです。

胸に両手を当てて佇むミスアメリカ
レオタードに覆われたBカップ?の胸に両手を当てて佇むミスアメリカのコスプレイヤーさん。
本物のミスアメリカはこんなポーズは取りません。

両手を頭の後ろに組んで伸びやかに悩ましい?ポーズのミスアメリカ
両手を頭の後ろに組んで伸びやかに悩ましい?ポーズ。
ミスアメリカのコスチュームに全身をぴっちり包まれた中の人が、得意そうに己の体形をアピールしているようです。

左手をレオタードの細いお腰に当てつつ、右手でVサインをしているミスアメリカ
左手をレオタードの細いお腰に当てつつ、右手でVサインをしているミスアメリカのコスプレイヤーさん。
中の人はこういうポーズが得意です。

Missamericacosplay11302019009
両手をお腰に当てて、なにやら物欲しげな感じ。
青いブーツに覆われた両脚の開き具合が女形の妖艶さを醸し出しておるようです。

戦隊ヒロインの女形の立ちポーズとしては典型的な感じ
戦隊ヒロインの女形の立ちポーズとしては典型的な感じです。
「バトルフィーバーJ」本編のミスアメリカは基本的に本物の女性が演じていて、男性が入るのはスタント場面のみでしたけれど、その後のシリーズのように芝居もアクションも全て男性の女形が演じていたら、こんな感じのミスアメリカがよく見られたかもしれませんね。

Missamericacosplay11302019012
中の人が男のミスアメリカのコスプレイヤーさんの後ろ姿。
これまでの画像は半光沢のストッキング「ヌードパーキー」を穿いていますが、この画像では白いタイツを穿いています。
「バトルフィーバーJ」本編のスタント場面のミスアメリカや、当時のアトラクショーのミスアメリカはこの白タイツ着用が定番でした。
ちなみにこのレオタードのファスナーは体が固いと一人では上げきれません。
このコスチュームを着こなすには体の柔軟さが必須です。

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »