« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第38回(昭和59年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第40回(昭和60年後半) »

2019年7月15日 (月)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第39回(昭和60年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第39回は、昭和60年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、テレビ新潟(TNN)、「新潟テレビ21」(NT21)の番組プログラムの紹介です。

BSNでは年明け早々夕方五時台枠に大ナタが振るわれて、アニメ特撮枠は大打撃。
他の局でも美味しい番組は中々無くて、楽しみなのは「Zガンダム」と「チェンジマン」。
そろそろアニメや特撮からは卒業という気配漂ってきた、そんな頃の話です。

それでは新潟日報製本版の調査に基づく、昭和60年1月の番組放送状況をご紹介。
まず帯番組では、BSNの早朝枠で前年11/6に終了した「マグマ大使」に代わる「ジャングル黒べえ」の新潟では通算二回目の放送が1/4に終了し、1/7から「巨人の星」がそれまでの夕方からこの枠に移動してきています(月曜~木曜06:02-30)。
BSNの夕方五時台は番組編成がガラリと変わって、月曜~木曜の五時台は「金八先生」他一般ドラマの枠に変わってしまったためで、夕方のアニメ枠は大幅に縮小されてしまいます・・・。
NSTでは早朝枠で「ドカベン」に代わって1/28から「釣りキチ三平」の新潟では通算二回目の放送がスタート(月曜~金曜06:00-30)。
朝枠では「トム・ソーヤーの冒険」に代わって前年11/16からまさかの「マジンガーZ」の新潟では二度目の放送を開始!(月曜~金曜07:30-08:00)。
・・・しかしこの時間では、小学生だって見るのは難しいかも。
私もこの放送はガッコへ行っている日は手が出ません。
当時はまだビデオデッキが家に無かったし。
夕方四時台後半では前年11/19に終了した「バッテンロボ丸」に代わって「Drスランプ」の再放送が12/14まで行われた後、「タイムボカン」の新潟では通算三回目の放送を行っています(月曜~金曜16:30-17:00)。
夕方五時台前半では前年10/22から放送していた「母をたずねて三千里」に代わって、1/18から「Drスランプ」がまたもや登場です(月曜~金曜17:00-30)。
TNNでは早朝枠で「かいけつタマゴン」に代わって「カバトット」を前年12/26から放送中(月曜~金曜06:30-45)。
「カバトット」は新潟初放送で、フジ同時ネットから約19年遅れの放送であります。
夕方五時台では「ウルトラマンタロウ」に代わって1/21から「ルパン三世(第二シリーズ)」の再放送が始まりました。
NT21では早朝枠で「まんが日本絵巻」に代わって「一発貫太くん」の新潟では通算二回目の放送を行っています(月曜~土曜06:00-30)。
朝枠では「おはよう!スパンク」に代わって前年11/2から1/8まで「樫の木モック」の新潟では通算二回目の放送を行った後に、翌日から「まんが世界昔ばなし」がスタートしています(月曜~土曜07:20-50)。
夕方五時台前半では「アンデス少年ペペロの冒険」に代わって前年11/13から1/31まで「機動戦士ガンダム」の新潟では通算三回目の放送を実施(月曜~木曜17:00-30)。
「ガンダム」の再放送を終えて間もなく「機動戦士Zガンダム」の放送が始まるので、この番組選択はNT21の編成の人に拍手を送りたいところです。
夕方五時台後半は前年12月に新たなアニメ帯枠が設定されていて、12/13から「あさりちゃん」の新潟では通算二回目の放送を行っています。
対象年齢的に、五時台前半は「あさりちゃん」、後半は「ガンダム」にしておけば良かったと思うのですが。
夕方6時台は不動テッパンの編成で、「忍者ハットリくん」(月曜~金曜18:00-10)と「パーマン」(月曜~土曜18:45-19:00)を続行中です。

日曜
BSN
11:00-30「ミームいろいろ夢の旅」(TBS同時ネット) 14:30-15:00「奥様は魔女」

午後の「奥様は魔女」は休止が実に多いのが残念です。
例えば3月の放送は僅か一回という惨状。

NST
06:30-07:00「UFOロボグレンダイザー」(再放送) 08:30-09:00「ふしぎの国のアリス」(テレビ東京、九ヶ月遅れ) 09:00-30「どきんちょ!ネムリン」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「GU-GUガンモ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「小公女セーラ」(フジ同時ネット)

朝七時前から放送していた「ヘッケルとジャッケル」は前年11/25に終了しています。
「小公女セーラ」は「牧場の少女カトリ」の後番組として1/6スタート。
イジメが壮絶という噂の番組ですが、私は全く見ていません。

TNN
08:30-45「ハゼドン」(フジ、視聴者目線では再放送) 10:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット) 10:30-11:00「星銃士ビスマルク」(日本テレビ同時ネット)

NT21
08:30-09:00「とんがり帽子のメモル」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「パーマン」(テレビ朝日)

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。
前述したようにこの1月からBSNは夕方五時台の特撮アニメ枠を大幅に縮小して、月曜~木曜は一般ドラマの再放送枠にしてしまいました・・・。
これまで五時台後半で放送していた「超電磁ロボ コン・バトラーV」の再放送は前年12/17に終了しています。

NST
17:30-18:00「アタッカーYOU!」(テレビ東京、約一ヶ月遅れ)

TNN
17:30-18:00「プラレス三四郎」(TBS、視聴者目線では再放送) 19:00-30「キャッツ・アイ(第二シーズン)」

NT21
19:00-30「忍者ハットリくん」(テレビ朝日、同時ネット) 

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。
夕方五時台後半に放送していた「魔法使いサリー」の火曜再放送は12/25に終了しています。

NST
17:30-18:00「キャプテン翼」(テレビ東京、約三ヶ月半遅れ) 19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

TNN
17:30-18:00「兄弟拳バイクロッサー」(日本テレビ、12日遅れ)

「兄弟拳バイクロッサー」は「妖怪人間ベム」が前年12/18に終了してから約一ヶ月の空白期を挟んで1/22スタートです。
この作品は主役二人、特にお兄ちゃんの演技力が「・・・」だったので、それに耐え切れずに早々に視聴脱落しました・・・。

NT21
19:00-30「名探偵ホームズ」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「夢戦士ウイングマン」(テレビ朝日同時ネット)

「名探偵ホームズ」は「オヨネコぶーにゃん」の後番組として11/6スタート。
巷では評価の高い作品ですが、私はこの手の「どうぶつのマジメな擬人化」は幼少の頃から違和感があって視聴の対象になりません。

水曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。
夕方五時半から放送していた「ビデオ戦士レザリオン」は1月から金曜五時半枠に移動しています。

NST
17:30-18:00「北斗の拳」(フジ、約二ヶ月遅れ) 19:00-30「Drスランプ アラレちゃん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「うる星やつら」(フジ同時ネット)

「まいっちんぐマチコ先生」の後番組として前年12/12にスタートしたのが「北斗の拳」。
今更私ごときが語るまでもない不朽の名作で、私も漫画、アニメ両方共読んで見ていました。
しかし後日、新潟では「北斗の拳」の扱いがひどく悪くなってしまうのです。
「放送打ち切りしないだけ有難く思え」と言わんばかりの状況にです・・・。

TNN
17:30-18:00「魔法の妖精ペルシャ」(日本テレビ、12日遅れ)

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
特撮アニメ等の放送無し。
夕方五時半から放送していた「あしたへアタック」は前年12/27に終了しています。

NST
17:30-18:00「あした天気になぁれ」(フジ、19日遅れ) 19:30-20:00「TVオバケてれもんじゃ」(フジ同時ネット)

「TVオバケてれもんじゃ」は前年12/20をもってこの枠から撤退した「ふたり鷹」の後番組として1/10スタート。
私は全く未見の番組です・・・。

TNN
19:00-30「ミッキーマウスとドナルドダック」(日本テレビ同時ネット)

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜
BSN
17:00-30「魔法使いサリー」(再放送) 17:30-18:00「ビデオ戦士レザリオン」(TBS、約三ヶ月遅れ)

これまで水曜夕方に放送していた「ビデオ戦士レザリオン」は1月から金曜に移動しています。

NST
17:30-18:00「ふたり鷹」(フジ)

12月まで木曜夜に放送していた「ふたり鷹」は1/25からこの枠で放送再開しています。
また夕方五時半から放送していた「怪人二十面相と少年探偵団Ⅱ」は前年12/30に終了しています。
NSTの金曜で特筆すべきなのは、「ふたり鷹」放送再開までのつなぎとして、1/11と1/18に「ダメおやじ」が放送されている事です。
アニメ版「ダメおやじ」は当時の東京12チャンネルで昭和49年に放送されましたけれど、新潟では未放映の番組だったのです。
私は今回の調査でこの件を初めて知って残念無念。
自分がいかに新聞のテレビ欄に気合を入れて見ていなかったのを思い知らされましたわ。
せっかく放映権を買ったのだから早朝でもいいから流せばいいのに・・・。
この2回の放送で打ち止めだもんなぁ。
まぁ後日TNNで放送することになるのですけれど。
私はマンガの「ダメおやじ」は単行本を祖母に数冊買ってもらったことがあるのですが、どういう訳か母がカンカンに怒って以後購入禁止にされてしまいました・・・。
親をバカにしているタイトルがひどく気に障ったようです。
内容もなー、私が買ってもらった本の中にはおやじが人違いで精神病院に強制入院させられて、精神に異常をきたしたモノホンの人たちに思い切り粘着されて絡み憑かれるとという酷い話があったもんなぁw

TNN
17:30-18:00「機甲界ガリアン」(日本テレビ同時ネット)

NT21
17:00-30「超力ロボガラット」(名古屋テレビ、1日先行放送) 19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「宇宙刑事シャイダー」(テレビ朝日同時ネット)

土曜
BSN
17:30-18:00「まんがどうして物語」(TBS、二週間遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
06:30-07:00「コアラボーイコッキィ」(テレビ東京、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「よろしくメカドック」(フジ、同時ネット)

「コアラボーイコッキィ」は12/1スタート。
私は今回の調査までこの作品の存在を知らなかったので、テレビ欄でこのタイトルを発見してもどういうジャンルなのかわかりませんでしたスイマセン親方・・・。
しかし「何か臭う」と思ったので念のためメモしておいたら、アニメだそうです。

TNN
19:00-30「ルパン三世PARTⅢ」(よみうり同時ネット)

NT21
17:30-18:00「重戦機エルガイム」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「超電子バイオマン」(テレビ朝日同時ネット)
19:00-30「レンズマン」(テレビ朝日同時ネット)

「超電子バイオマン」はこの日で終了。
ピンクファイブ(変身後)タンともこの日でお別れでとても悲しいです。
何か生きる糧をひとつ失ったよーな喪失感を覚えたものですわ。

引き続いて昭和60年4月の放送状況をご紹介。
まず帯放送ではBSN唯一のアニメ帯枠である朝六時台で「巨人の星」が4/25に終了して4/29から「魔法のマコちゃん」の新潟では通算二回目の放送が始まります(月曜~木曜06:15-30)。
ついに15分枠にまで縮小されてしまったBSNのアニメ帯枠、末期的状況になってしまいました。
NSTでは早朝枠で「釣りキチ三平」の再放送を続行中(月曜~金曜06:05-30)。
朝枠では「マジンガーZ」に引き続いて「グレートマジンガー」の新潟では通算二回目の放送が4/2から始まっています(月曜~金曜07:30-08:00)。
夕方四時台後半では「タイムボカン」に代わって「ヤッターマン」・・・とは残念ながら行かずに4/8から「ヤットデタマン」の放送がスタート(月曜~金曜06:30-17:00)。
夕方五時台前半は「Drスランプ」に代わって4/22から「おじゃまんが山田くん」の再放送が始まっています(月曜~金曜17:00-30)。
TNNでは早朝枠で「カバトット」が3/23に終了して、3/25から4/25まで「ハゼドン」が放送され、4/26から「ろぼっ子ビートン」の新潟では通算三回目の放送が始まっています(月曜~土曜06:30-45)。
夕方四時台の一般ドラマ枠では驚くべきことに「スタートレック」の放送を3/27から開始!(月曜~金曜16:00-55)。
「めだま」と「吸血獣」とパイク艦長の成れの果てはいつ見ても怖いとです。
夕方五時台は「ルパン三世(第二シリーズ)」の放送を続行中です(月曜~金曜17:00-30)。
NT21では早朝平日のアニメ枠が3/30をもって終了し、ニュース枠に変わりました。
「一発貫太くん」に代わって2/27から放送していた「ピコリーノの冒険」はこれにより、4月から土曜早朝のみの放送に変更されています。
朝枠では「まんが世界昔ばなし」を続行中です(月曜~土曜07:20-50)。
夕方五時台では「機動戦士ガンダム」に代わって2/4から3/25まで「エースをねらえ!」の新潟では二回目の放送を行い、翌日から「魔法少女ララベル」の新潟では通算二回目の放送を行っています(月曜~金曜17:00-30)。
夕方五時半枠では「あさりちゃん」が3/6に終了して、後番組は「アーノルド坊やは人気者」・・・
私が一番嫌いなタイプのコメディであります。
夕方6時台では平日18:00-10に放送の「忍者ハットリくん」は放送続行していますが、月曜~土曜18:45-19:00の「パーマン」は4/1から「オバケのQ太郎」にバトンタッチしています。
「オバQ」はこれで三回目のアニメ化ですが、私は最初のモノクロ版は見た事が無く、このテレ朝版も見ていないので、「Q太郎」といえば第二作が認識の全てなのです。

日曜
BSN
11:00-30「ミームいろいろ夢の旅」(TBS同時ネット) 14:30-15:00「奥様は魔女」

「奥様は魔女」は4月5月でたったの二回しか放送していません。
ゴルフ中継や競馬中継などが無い日の穴埋め番組化しています。

NST
06:30-07:00「UFOロボグレンダイザー」(再放送) 08:30-09:00「キャプテン翼・小学編(再放送)」 09:00-30「勝手に!カミタマン」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「タッチ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「小公女セーラ」(フジ同時ネット)

朝八時半から放送していた「ふしぎの国のアリス」は3/17に終了して、翌週から「キャプテン翼・小学編」がスタート。
朝九時の「どきんちょ!ネムリン」の後番組として4/7から「勝手に!カミタマン」がスタートです。
私はこの番組は見ていません、子役が主人公だとちょっとなぁ。
夜七時台では「GU-GUガンモ」の後番組として3/24から「タッチ」がスタート。
いわずと知れた人気作品ですが、私はこの手の番組はもう生理的にダメなので全く見ていません。
なんか後頭部がザワザワしてくるんですよ。

TNN
08:30-09:00「もーれつア太郎」 10:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット) 10:30-11:00「星銃士ビスマルク」(日本テレビ同時ネット) 22:30-23:25「プロジェクトUFO」

「もーれつア太郎」は「ハゼドン」日曜放送の後番組として4/7から新潟では三回目の放送を開始しましたが、TNNでは昭和58年の5月から7月の間に僅かに10回放送しています。
今回の放送も短期間で、6/30に終了しているので非常に中途半端な印象を抱いてしまうのです。
「プロジェクトUFO」はアメリカ製のドラマで4/14スタート。
米空軍の二人の調査官が全米各地のUFO事件を調べるというドラマですが、謎は謎のままで終わり、全くスッキリしない退屈な内容で私は早々に視聴脱落しました。
「Xファイル」の原型と評価する人もいますが、こちらの主役は二人ともおっさんで華がないし、事件も派手さがなくありきたりだし。
リアルと言われればそうなのかもしれませんが、あんな淡々としたドラマ運びでアメリカではアレで視聴率取れたのだろーか?

NT21
08:30-09:00「はーいステップジュン」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「オバケのQ太郎」(テレビ朝日同時ネット)

「はーいステップジュン」は「とんがり帽子のメモル」の後番組として3/10スタート。
私はこの種の番組視聴からは撤退済みなのでこの作品も未見です。
「オバケのQ太郎」は平日夕方の帯放送と連動する形で4/7から放送開始しています。

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
17:30-18:00「アタッカーYOU!」(テレビ東京、約一ヶ月遅れ)

TNN
17:30-18:00「プラレス三四郎」(TBS、視聴者目線では再放送) 19:00-30「キャッツ・アイ(第二シーズン)」


NT21
19:00-30「名探偵ホームズ」(テレビ朝日、同時ネット) 

これまで火曜夜に放送していた「名探偵ホームズ」は「忍者ハットリくん」の後番組として4/15からこの枠に移動しています。

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
17:30-18:00「キャプテン翼」(テレビ東京、約三ヶ月半遅れ) 19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット) 24:10-25:50「25世紀のヒーロー バックロジャース」

「25世紀のヒーロー バックロジャース」はアメリカ製のSFヒーローモノで4/30スタートです。
私は今回の調査までこの作品の事を全く知りませんでした迂闊です親方・・・。

TNN
17:30-18:00「兄弟拳バイクロッサー」(日本テレビ、12日遅れ)

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

「藤子不二雄ワイド」は既存の「忍者ハットリくん」「パーマン」に「プロゴルファー猿」を加えて一時間枠にした番組で4/2スタートです。

水曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
17:30-18:00「北斗の拳」(フジ、二ヶ月遅れ ※4/10まで)→「六三四の剣」(テレビ東京、6日遅れ ※4/24から)  19:00-30「Drスランプ アラレちゃん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「うる星やつら」(フジ同時ネット)

「北斗の拳」の水曜夕方放送は4/10までで、後番組は4/24から剣道モノの「六三四の剣」です。
アニメはこの頃から私の知らない作品がほとんどになってきていまして、論評の仕様がない状態です・・・。

TNN
17:30-18:00「魔法の妖精ペルシャ」(日本テレビ、12日遅れ)

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
17:30-18:00「あした天気になぁれ」(フジ、19日遅れ) 19:30-20:00「スケバン刑事」(フジ同時ネット、4/11スタート)

私は「スケバン刑事」を終盤から見始めて、おおっこれは!と思ったのもつかの間、終わってしまいました・・・。

TNN
19:00-30「ミッキーマウスとドナルドダック」(日本テレビ同時ネット)

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜
BSN
17:00-30「魔法使いサリー」(再放送 ※4/12まで)→「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(再放送、※4/19から) 17:30-18:00「ビデオ戦士レザリオン」(TBS、約三ヶ月遅れ)

NST
17:30-18:00「ふたり鷹」(フジ) 19:00-30「北斗の拳」(フジ、※4/19から)

それまで水曜夕方に放送されていた「北斗の拳」は4/19から見やすい時間帯の金曜夜に移動してきました。
しかしこの番組、新潟では嫌われまくりなので後日、穴埋め枠にトバされてしまう運命なのです・・・。

TNN
17:30-18:00「装甲騎兵ボトムズ」(再放送)

「装甲騎兵ボトムズ」は「機甲界ガリアン」の後番組として4/5から再放送スタートです。
「ボトムズ」ファンの私はこれは実に嬉しかったものです。

NT21
17:00-30「超力ロボガラット」(名古屋テレビ、約半年遅れ ※4/5まで) 19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「巨獣特捜ジャスピオン」(テレビ朝日同時ネット)

4/5に終了した「超力ロボガラット」の後番組は、月曜~木曜放送の「魔法少女ララベル」の金曜放送延長です。
「巨獣特捜ジャスピオン」は「宇宙刑事シャイダー」の後番組として3/15スタート。
この作品も「宇宙刑事」シリーズ同様にヒロインが変身しないので、私は全く見ていませんでした。

土曜
BSN
17:00-27「ウルトラマン80」(再放送) 17:30-18:00「まんがどうして物語」(TBS、二週間遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

「ウルトラマン80」の再放送は4/6スタートで、新潟では通算三回目の放送になります。

NST
08:00-30「コアラボーイコッキィ」(テレビ東京、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「炎のアルペンローゼ」(フジ、同時ネット)

「コアラボーイコッキィ」は4月から放送時間を一時間半繰り下げています。
「炎のアルペンローゼ」は「よろしくメカドック」の後番組として4/6スタート。
この作品は当時存在すら関知していませんでしたスイマセン親方・・・。

TNN
07:00-45「まんが日本史」(再放送) 19:00-30「ルパン三世PARTⅢ」(よみうり同時ネット)

「まんが日本史」の再放送は4/6スタートです。

NT21
06:00-30「ピコリーノの冒険」 17:30-18:00「機動戦士Zガンダム」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「電撃戦隊チェンジマン」(テレビ朝日同時ネット) 

3月末まで月曜~土曜の早朝枠で放送していた「ピコリーノの冒険」は、平日の早朝枠がニュースになってしまった為、4月から土曜のみの放送に変わっています。
「機動戦士Zガンダム」は「重戦機エルガイム」の後番組として3/2スタート。
この作品は文字通りガッツリ見ていました。
予備知識ゼロで見ていたので、敵味方の関係や構図がイマイチ理解できていなかったのですが、それでも見ていたのはすっかり大人になったクワトロさんや新主人公カミーユの魅力ゆえでした。
私にとって「ガンダム」とは初代でもその後の作品群でもなくただひとつ「ゼータ」だけです。
後のガンダムってホント興味ないもんなぁ。
「電撃戦隊チェンジマン」は私の目を釘付けにしていた「超電子バイオマン」の後番組として2/2スタート。
この作品も前作同様にヒロインが二人ということで、それ目当てで見ていました。
まぁドラマ、゛設定的には「バイオマン」ほどの新機軸は無く類型的で少々退屈だったのですが。
それでも前作はピンクファイブ(変身後)のみだったのが、「チェンジマン」ではチェンジマーメイドとチェンジフェニックス(いずれも変身後なのは言うまでもないことです)とターゲットが二つになって実に眼福なのでしたわ。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第38回(昭和59年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第40回(昭和60年後半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第38回(昭和59年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第40回(昭和60年後半) »