« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第40回(昭和60年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第42回(昭和61年後半) »

2019年7月28日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第41回(昭和61年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第41回は、昭和61年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、テレビ新潟(TNN)、「新潟テレビ21」(NT21)の番組プログラムの紹介です。

衝撃の「Zガンダム」最終回から一転、無理やりな明るさの「ガンダムZZ」に当惑し、
「チェンジマン」に引き続き「フラッシュマン」のWヒロイン(変身後)に萌えまくり、
まさかの「仮面ライダー」再放送開始。
そんな頃の話です。

それでは新潟日報製本版の調査に基づく、昭和61年1月の番組放送状況をご紹介。
まず帯番組ではBSNの早朝枠で「さるとびエッちゃん」に代わって1/9から「魔法使いチャッピー」の新潟では通算三回目の放送を始めました(月曜~金曜06:15-30)。
NSTでは早朝枠で「銀河鉄道999」に代わって1/8から「さすがの猿飛」の再放送がスタートです(月曜~金曜06:05-06:30)。
朝枠では「ふしぎな島のフローネ」に代わって1/24から「山ねずみロッキーチャック」の新潟では通算四回目の放送を開始しています(月曜~金曜07:30-08:00)。
TNNでは早朝枠で「魔女っ子メグちゃん」を放送継続中です(月曜~金曜06:30-45)。
夕方四時台の一般ドラマ再放送枠では前年11/5から「西遊記」の新潟では通算五回目の放送を行っていて、1/16から引き続き「西遊記Ⅱ」の新潟では通算四回目の放送を開始しました(月曜~金曜16:00-55))。
夕方五時台では「キン肉マン」に代わって前年12/25から「帰ってきたウルトラマン」の新潟では通算五回目の放送を続行中です(月曜~金曜17:30-18:00)。
深夜枠では「スパイ大作戦」の放送を継続中です(月曜~金曜24:35~)
NT21では朝枠で「花の子ルンルン」に代わって前年11/13から12/27まで「けろっこデメタン」の新潟では通算二回目の放送を行った後、年が明けて1/6からは「とんでモン・ペ」の新潟では通算二回目の放送を始めています(月曜~金曜07:20-50、土曜07:15-45)。
夕方五時台では「Theかぼちゃワイン」に代わって前年12/23から「はいからさんが通る」の新潟では通算二回目の放送がスタート(月曜~金曜17:00-30)。
五時半台では新潟で大人気の「ど根性ガエル」が前年8/2からのロングランを終えて1/7に終了しています、後番組はまたしても私がキライな「アーノルド坊やは人気者」・・・。
夕方6時台は従来通りに「忍者ハットリくん」(月曜~金曜18:00-10)と「オバケのQ太郎」(月曜~土曜18:35-19:00)です。

日曜
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
0635-07:00「キャプテン翼・小学編(再放送)」 09:00-30「勝手に!カミタマン」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「タッチ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「愛少女ポリアンナ物語」(フジ同時ネット)

「愛少女ポリアンナ物語」は「小公子セディ」の後番組として1/5スタート。
私はこの枠は「ふしぎな島のフローネ」以来全く見ていませんでしたが、この「ポリアンナ」は時々見ていました。
彼女の言うところの「よかった探し」の概念が気に入ったのです。
実にポジティブじゃないですか。
どんなイヤなヤツでも番組でも、ひとつぐらいはいいところがあるのです。
それを探し出してホメ称えて好きになる、そういう人間になりたいとですよ。
しかし現実は相変わらず好き嫌いをハッキリさせないと気が済まない狭量な器量のままおっさんになってしまいましたが。

TNN
10:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット) 10:30-11:00「忍者戦士飛影」(日本テレビ同時ネット)

NT21
06:10-40「未来警察ウラシマン」(フジ、視聴者目線では再放送) 08:30-09:00「はーいステップジュン」(テレビ朝日同時ネット※1/12まで)→「メイプルタウン物語」(テレビ朝日同時ネット※1/19から) 09:30-10:00「オバケのQ太郎」(テレビ朝日同時ネット) 15:00-55「アメリカン・ヒーロー」(視聴者目線では再放送)

「未来警察ウラシマン」は土曜に加えて前年11/3から日曜放送も始めています。
「メイプルタウン物語」は「はーいステップジュン」の後番組として1/19スタートです。
年明けすぐに新番組に切り替えればいいのに、こういう中途半端な切り替え方は何を意図してなんでしょうか?

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
16:30-17:00「ななこSOS」(フジ、約二年三ヶ月遅れ)

TNN
17:00-30「キャッツ・アイ」(再放送) 19:30-20:00「ロボタン」(日本テレビ同時ネット)

「キャッツ・アイ」の再放送は「ガンバの冒険」の後番組として前年12/23にスタートしました。
「ロボタン」は昭和42年から43年にかけてTBS(新潟ではBSN)で放送されたアニメのリメイクで、「ダーティペア」の後番組として1/6スタートです。
当時私はこの番組の存在を全く認識していませんでした。

NT21
19:00-30「巨獣特捜ジャスピオン」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「昭和アホ草子あかぬけ一番!」(テレビ朝日同時ネット)

これまで金曜夜に放送していた「巨獣特捜ジャスピオン」は1/13から月曜夜に移動しています。

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
16:30-17:00「北斗の拳」(フジ) 19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

金曜夜に放送していた「北斗の拳」は「キャプテン翼」とスワップして前年11/5から火曜夕方の放送になっています。
まぁ「北斗の拳」を夜に流して多くの人目を惹くのは宜しくないという判断があったのでしょうな。
この後、この作品が受ける更なる過酷な仕打ちを見るに、そう邪推したくもなるのです。
なお、深夜に放送していた「25世紀のヒーロー バックロジャース」は前年12/24で終了しています。

TNN
17:00-30「蒼き彗星SPTレイズナー」(日本テレビ、12日遅れ)

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

水曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
16:30-17:00「六三四の剣」(テレビ東京、6日遅れ) 19:00-30「Drスランプ アラレちゃん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「うる星やつら」(フジ同時ネット)

TNN
17:30-18:00「魔法のスター マジカルエミ」(日本テレビ、12日遅れ)

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
16:30-17:00「めちゃっこドタコン」(フジ、視聴者目線では再放送) 19:30-20:00「スケバン刑事Ⅱ」(フジ同時ネット)

NSTの木曜夕方四時半枠は年明けからずっと「テレビショッピング」を流していたので、私は「ドタコン」は穴埋め番組で打ち切りになったんだなこれは・・・と思いながら調査を続けていたのです。
そうしたら1/30から「ドタコン」が放送を再開しているじゃありませんか。
一ヶ月以上休止していたのですよ、この番組。
それならテレビショッピング枠にしてしまった方がいいのにねぇ。
何故こういう中途半端な事をするのか謎です。
閑話休題、「スケバン刑事Ⅱ」は前年11/7に放送開始です。
「スケバン刑事」の後半から見ていた私は引き続きこの番組も見ていました。
鉄仮面をかぶせられて生活していたとは思えないつやつやでキレイな髪が印象的ですw
鉄仮面と言ったら「笑い仮面」や「鉄面クロス」のような過酷な状況を想像していた私は正直拍子抜けでしたなぁ。
でも南野陽子さんのスケバンは、明らかに無理があった斉藤由貴さんに比べてずっと堂に入ってました。
最終回は初代麻宮サキが登場してWスケバンという展開を期待しておったのですが、それは叶わず残念無念。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜
BSN
17:00-30「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(再放送) 17:30-18:00「超獣機神ダンクーガ」(テレビ東京、約一ヶ月半遅れ)

NST
19:00-30「キャプテン翼」(テレビ東京、約三ヶ月半遅れ) 

火曜夕方で放送していた「キャプテン翼」は「北斗の拳」とのスワップで、前年11/8から金曜夜の放送になっています。

TNN
17:30-18:00「戦え超ロボ!トランスフォーマー」(日本テレビ、6日遅れ)

NT21
19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「宇宙船サジタリウス」(テレビ朝日同時ネット)

「宇宙船サジタリウス」は月曜夜に移動した「巨獣特捜ジャスピオン」の後番組として1/10スタート。
この番組はそこそこ見ていました。
派手なドンパチのない、生活感溢れるSFモノは異色の存在で中々面白かったのです。
SF小説「航空宇宙軍史」に登場するモグリの運び屋を子供向けに見せるとあんな感じになるんだろうなぁ。

土曜
BSN
07:00-30「奥様は魔女」 17:00-27「ウルトラマン80」(再放送) 17:30-18:00「まんがどうして物語」(TBS、二週間遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

前年まで日曜午後の穴埋め番組としてポツリポツリと思い出したように放送した末に9月で打ち切られた「奥様は魔女」が新年1/11から朝枠に再登場であります。

ちなみにこの時期のBSN土曜では、2/1に映画「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」(14:00-15:54)を放送しています。

NST
08:00-30「あいあむ!スマーフ」(テレビ東京、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ハイスクール!奇面組」(フジ同時ネット)

「あいあむ!スマーフ」はアメリカ製のファンタジー系アニメで1/11スタートです。
調べていくと、実に意外な作品を流しているなぁと感心したりするのです。

TNN
06:15-45「装甲騎兵ボトムズ」(再放送)

NT21
06:00-30「未来警察ウラシマン」(フジ、視聴者目線では再放送) 17:30-18:00「機動戦士Zガンダム」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「電撃戦隊チェンジマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「夢の星のボタンノーズ」(テレビ朝日同時ネット)

引き続いて昭和61年4月の放送状況をご紹介。
まず帯番組ではBSNの早朝枠で4/30まで「魔法使いチャッピー」を放送しています(月曜~金曜06:15-30)
後番組は5/1から「まんがはじめて物語」になります。
早起きして岡まゆみおねいさんにまた会って朝っぱらからデレデレしよう!・・・とは残念ながら思いませんでしたが。
NSTではアニメの早朝枠が「さすがの猿飛」の3/27終了で打ち切られ、後番組は「朝のプロ野球ニュース」になりました・・・
今の若い人は想像できないでしょうけれど、当時はプロやきうがスポーツ報道のダントツトップで、夜の「プロ野球ニュース」だけでは飽き足らずこうして早朝もやるようになるぐらい世間はプロやきう一色だったのです。
まぁ私も当時は狂信的なジャイアンツファンで、「週刊ベースボール」も毎週欠かさず購読していましたから、世間の熱に浮かされたまぎれもない一人であったことは否定しようのない過去なのであります。
閑話休題、朝枠では「山ねずみロッキーチャック」に代わって4/9から「小さなバイキングビッケ」の新潟では通算三回目の放送を始めました(月曜~金曜07:30-08:00)。
またNSTでは3/31から夕方のアニメ帯枠が復活していて、「Drスランプ」の再放送が始まりました(月曜~木曜16:30-17:00)。
TNNでは早朝枠の「魔女っ子メグちゃん」に代わって3/26から「ベティちゃん」の新潟では二回目の放送がスタート(月曜~金曜06:30-45)。
夕方五時台では「帰ってきたウルトラマン」に代わって「ウルトラマンA」の新潟では通算七回目の放送を3/24から実施しています(TNNでは二回目の放送)。
なお夕方四時台に放送していた「西遊記Ⅱ」は3/3で終了しています。
平日深夜枠の「スパイ大作戦」は引き続き放送中です。
NT21では朝枠で「とんでモン・ペ」に代わって2/22から「がんばれ元気」の新潟では通算二回目の放送を4/5まで行った後、4/7から「ジャングル大帝」の新潟では通算三回目、実に15年ぶりの放送を始めています(月曜~土曜07:20-50)。
夕方五時台では「はいからさんが通る」に代わって「愛してナイト」の新潟では通算二回目の放送を3/3から放送しています。
夕方6時台はこれまでと変わりなく、「忍者ハットリくん」(月曜~金曜18:00-10)と「オバケのQ太郎」(月曜~土曜18:45-19:00)です。

日曜
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
06:20-45「あいあむ!スマーフ」(テレビ東京、約二ヶ月遅れ) 08:30-09:00「キャプテン翼・小学編(再放送)」 09:00-30「もりもりぼっくん」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「タッチ」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「愛少女ポリアンナ物語」(フジ同時ネット)

1月から土曜朝に放送していた「あいあむ!スマーフ」は4月から日曜早朝に移動しています。
これまで早朝に放送していた「キャプテン翼・小学編(再放送)」は4月から放送時間を再放送開始当初の朝八時台に戻しています。
「もりもりぼっくん」は「勝手に!カミタマン」の後番組として4/6スタート。
私はこの番組は全くの未見です。
着ぐるみ女性キャラは出てきますけど、所謂「毛ぐるみ」のうさぎじゃなぁ・・・。
 
TNN
08:30-09:00「ルパン三世(第二シリーズ)」(再放送) 10:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット※4/6まで)→「剛Q超児イッキマン(日本テレビ同時ネット※4/13から) 10:30-11:00「忍者戦士飛影」(日本テレビ同時ネット)

朝八時半の「ルパン三世」再放送は4/6スタートです。
「キン肉マン」は4/6限りでこの枠から去り、火曜夜に移動します。
その後番組として「剛Q超児イッキマン」が4/13放送開始です。

NT21
06:30-07:00「ゼンダマン」(フジ、視聴者目線では再放送) 08:30-09:00「メイプルタウン物語」(テレビ朝日同時ネット) 09:30-10:00「オバケのQ太郎」(テレビ朝日同時ネット) 

早朝枠の「未来警察ウラシマン」の後番組として、4/6から「ゼンダマン」が新潟では通算二回目の放送を開始しました(初回放送はNST)。
午後三時台の「アメリカン・ヒーロー」は3/23に終了しています。

月曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

ちなみにBSN月曜では4/5に月曜ロードショーで「ゴジラ」(1984年版)を放送しています。

NST
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

夕方四時半に放送していた「ななこSOS」は3/10でこの枠を去り、5/12から「Drスランプ」再放送の後番組として帯放送で再開します。

TNN
17:00-30「キャッツ・アイ」(再放送) 19:30-20:00「ロボタン」(日本テレビ同時ネット)

NT21
19:00-30「時空戦士スピルバン」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「銀牙-流れ星銀」(テレビ朝日同時ネット)

「時空戦士スピルバン」は「巨獣特捜ジャスピオン」の後番組として、「銀牙-流れ星銀」は「昭和アホ草子あかぬけ一番!」の後番組として共に4/7スタートです。
「スピルバン」はヒロインが変身するという事でちょいちょい見ていました。
また前半は少女仮面ヘルバイラが強敵として登場するのもポイント。
しかしヒロインのダイアナレディはあまり女性らしくないデザインで萌えないし、ヘルバイラは背後関係が極めてウエットなので萌えられませんでしたわ。
ヘルバイラことヘレンは敵の呪縛から逃れた後はヘレンレディに変身して弟のスピルバンと共に戦うようになりますが、変身後の姿はダイアナレディと見分けがつかず私はガッカリ。
男一人に女二人という、「非公認戦隊アキバレンジャー」と同じ美味しすぎる男女比率になったのになぁ・・・。

火曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:00-30「サザエさん(再放送)」(フジ同時ネット)

夕方四時半に放送していた「北斗の拳」は3/18でこの枠を去り、6/1(日曜)朝枠で放送を開始します。
都会では高視聴率番組のこの作品も約二ヶ月半の休止で同時ネットからの遅れはどんどん拡大しています。
無敵の暗殺拳北斗神拳の力も新潟では全く通用していないのですわ。

TNN
17:00-30「蒼き彗星SPTレイズナー」(日本テレビ、12日遅れ) 19:00-30「キン肉マン」(日本テレビ同時ネット)

これまで日曜午前中に放送していた「キン肉マン」は4/15から堂々のゴールデン帯進出であります。

NT21
19:00-57「藤子不二雄ワイド」(テレビ朝日同時ネット)

水曜
BSN
19:30-20:00「ワンダービートS」(TBS同時ネット)

「宇宙漂流バイファム」以来、約二年ぶりにTBSのゴールデン帯にアニメが復活。
それが4/16スタートの「ワンダービートS」です。

NST
19:00-30「ドラゴンボール」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「めぞん一刻」(フジ同時ネット)

「ドラゴンボール」は「Drスランプ アラレちゃん」の後番組として2/26スタート。
私はやんちゃな少年が主人公のアニメが好きではないので、悟空の子供の頃の活躍を描いたこの番組は熱心に見てはいませんでした。
原作マンガもアニメも、しっかり読み見始めたのは悟空が大人になったからの話です。
「めぞん一刻」は「うる星やつら」の後番組として3/26スタート。
私は「タッチ」に代表される青春恋愛モノはキライなのですが、この番組だけは見ていました。
響子さんの過去現在はかなりウエットなんですけど、周りのレギュラーメンバーが「うる星やつら」に出てきそうな面々でそれによって湿っぽさが中和されていた感じでした。
なお夕方四時半に放送していた「六三四の剣」は4月から金曜夕方に移動しています。

TNN
17:00-30「魔法のアイドルパステルユーミ」(日本テレビ、12日遅れ)

「魔法のアイドルパステルユーミ」は「魔法のスター マジカルエミ」の後番組として3/19スタートです。

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

木曜
BSN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NST
19:30-20:00「スケバン刑事Ⅱ」(フジ同時ネット)

夕方四時半に放送していた「めちゃっこドタコン」は3/27で終了しています。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

NT21
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 17:30-18:00「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(再放送)

「超獣機神ダンクーガ」の後番組として2/21から始まったのは、まさかの「仮面ライダー」です。
新潟では二度目の放送で、BSNの子供向け番組が退潮の一途を辿るこの時期に「仮面ライダー」を持ってくるとは、編成の人の良心を感じるのであります。

NST
16:30-1700「六三四の剣」(テレビ東京、6日遅れ)

これまで水曜夕方に放送していた「六三四の剣」は4月から金曜に移動しています。
夜七時に放送していた「キャプテン翼」は3/14でゴールデン帯での放送から撤退し、4月から土曜夕方に移動しています。

TNN
17:30-18:00「戦え超ロボ!トランスフォーマー」(日本テレビ、6日遅れ) 19:00-30「青春アニメ全集」(日本テレビ同時ネット)

「青春アニメ全集」は近代日本文学の名作のアニメ番組で、4/25スタートです。
あぁ、なんかこの番組見たことあるなぁ。
今回の調査でこの番組に行き当たって、当時の記憶が甦りましたよ。

NT21
19:00-30「ドラえもん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「宇宙船サジタリウス」(テレビ朝日同時ネット)

土曜
BSN
17:00-30「仮面ライダー」(再放送) 17:30-18:00「まんがどうして物語」(TBS、二週遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

1月から朝七時台で放送再開したばかりの「奥様は魔女」は3/29で終了しています。
夕方五時から放送していた「ウルトラマン80」は3/15に終了し、以後はローカル番組を流していてこの枠も最早これまでか・・・と思いきや、4/26から「仮面ライダー」の放送を始めました。
これで当面、「仮面ライダー」は金曜土曜の放送になって、この時期のBSNとしてはまさにスマッシュヒットといえましょう。

NST
17:30-18:00「キャプテン翼」(テレビ東京、約三ヶ月半遅れ) 18:30-19:00「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ハイスクール!奇面組」(フジ同時ネット)

朝八時に放送していた「あいあむ!スマーフ」は4月から日曜早朝に移動しています。
これまで金曜夜に放送していた「キャプテン翼」は4月から土曜夕方に移動しています。

TNN
特撮アニメ等の放送無し。

早朝に放送していた「装甲騎兵ボトムズ」再放送は3/29で終了しています。

NT21
06:00-30「未来警察ウラシマン」(再放送、4/5終了) 17:30-18:00「機動戦士ガンダムZZ」(テレビ朝日同時ネット) 18:00-25「超新星フラッシュマン」(テレビ朝日同時ネット) 19:00-30「夢の星のボタンノーズ」(テレビ朝日同時ネット)

「機動戦士ガンダムZZ」は「機動戦士Zガンダム」の後番組として、「超新星フラッシュマン」は「電撃戦隊チェンジマン」の後番組として共に3/1スタートです。
主人公の精神崩壊という悲劇的結末で終わった「Zガンダム」、その直後の状況下を舞台に始まった「ZZ」は精神崩壊したカミーユの衝撃的な姿を見せつつ、話の本筋は今までに無いコミカルさというひどくチグハグとした感じ。
「明るいガンダム」に徹したいのならあの時間軸で全く別の場所で話を始めればいいのにと当時思ったものです。
無理やり明るく作っている感じが強くて、話が落ち着いて次第に「Z」的になる前は視聴脱落しかけましたなぁ。
まぁしかし、なんとか堪えて最後まで見続けましたけど。
カミーユの思念がジュドーを援護するあたりは感涙モノでしたわ。
「超新星フラッシュマン」はダブルヒロイン体制継続なのでしっかり視聴。
話も前作よりも相当に重いのですがそこが気に入っていました。
前半はイエローフラッシュ&ピンクフラッシュ目当て(共に変身後なのは言うまでもないことです)、後半はストーリー目当てで見ていましたわ。
反フラッシュ現象で母星である地球に拒絶されながらも、それでも地球の為に死力を尽くして限界ギリギリまで戦い抜き、五人中四人までが親と再会することも無く地球を離れざるを得なくなる。
今の戦隊じゃこんな悲劇的な結末は作れないだろうなぁ。
また「夢の星のボタンノーズ」は4/26で終了です。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第40回(昭和60年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第42回(昭和61年後半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第40回(昭和60年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第42回(昭和61年後半) »