« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第32回(昭和56年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第34回(昭和57年後半) »

2019年6月 9日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第33回(昭和57年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第33回は、昭和57年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、そしてテレビ新潟(TNN)の番組プログラムの紹介です。

今回のトピックは私を夢中にさせた「太陽の牙ダグラム」の放送開始と「宇宙戦士バルディオス」ようやくの新潟見参です。
一方特撮はウルトラシリーズの再放送も無くなってちょっと寂しい。
そんな頃の話です。

新潟日報製本版テレビ欄の調査に基づく、昭和57年1月最終週の放送状況は下記の通りです。
まず帯放送はBSNの早朝枠で「ポパイ」放送で中断していた「ど根性ガエル」が前年11/24から再開しています(12/31まで放送)。
新年1/4からは「まんが世界昔ばなし」の再放送がスタートしました(月曜~木曜06:15-45)。
夕方五時台は「トムとジェリー」が放送続行中です(月曜~金曜17:00-30)。
NSTはアニメの帯放送皆無の状態が続いています。
TNNは早朝枠で「夕焼け番長」に代わって「男一匹ガキ大将」が前年11/30から放送されています(月曜~土曜06:00-15)。
「男一匹ガキ大将」は昭和47年にBSNで放送されているので、視聴者目線では再放送になります。
しかし私はこの番組がこの時期早朝に放送されていたことなど全く知りませんでした。
当時は新聞をそこそこ読んでテレビ欄も見ていたはずなのですが、早朝枠で注視していたのは「ウルトラシリーズ」をよくやるBSNだけだったもんなぁ。
夕方五時半枠では「ハクション大魔王」に代わって「ルパン三世(第二シリーズ)」が1/8から放送を開始しています(月曜~木曜17:30-18:00)
「ルパン」はNSTで放送されていたので、視聴者目線ではこれまた再放送になります。

日曜(1/31)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
06:10-35「さすらいの少女ネル」(テレビ東京、約二年四ヶ月遅れ) 06:35-07:00「まんが水戸黄門」(テレビ東京、約七ヶ月遅れ) 07:30-45「がんばれゴンベ」(東京12チャンネル、約一年遅れ) 18:00-30「ダッシュ勝平」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「おじゃまんが山田くん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「南の虹のルーシー」(フジ同時ネット)

前年10月に朝八時台から早朝枠へ放送時間を移動した「がんばれゴンベ」は、1月からまた朝八時台に戻っています。
「ゴンベ」の代わりに早朝枠に入ったのは、「さすらいの少女ネル」です。
そして「金髪のジェニー」の後番組として朝六時半枠には「まんが水戸黄門」が入るという按配。
放送枠のやりくりが色々と大変ですな。
朝八時枠はローカル番組が入っていたりするので、こういう枠移動があるとそうした番組の処遇も考えねばならないのです。
閑話休題、「さすらいの少女ネル」と「まんが水戸黄門」「南の虹のルーシー」は共に1/10スタートです。
「さすらいの少女ネル」はタイトルを見ただけでもういたたまれない気分になります。
「ようじょがひとりでさすらう」って過酷すぎるだろいくら何でもと。
まぁ実際は気球で見知らぬ街に飛ばされた少女が仲間と共に故郷への帰還を目指すポジティブな話のようですが。
「まんが水戸黄門」はチラッと見た記憶があります。
助さん格さんがサイヤ人みたいな強さでした。
「南の虹のルーシー」は主題歌さえ記憶にないので、多分一度も見ていないと思います。

TNN
特撮アニメ等の放送無し。

月曜(1/25)
BSN
17:30-18:00「最強ロボ ダイオージャ」(名古屋テレビ、約五ヶ月遅れ)

NST
16:55-17:25「忍者ハットリくん」(テレビ朝日、約三ヶ月遅れ) 17:25-55「がんばれ!レッドビッキーズ」(テレビ朝日、約七ヶ月遅れ) 19:00-19:30「ドラえもん」(テレビ朝日、半年遅れ) 19:30-20:00「一休さん」(テレビ朝日同時ネット)

「忍者ハットリくん」は「ゼンダマン」の後番組として前年12/21スタートです。
この番組は「ヒマなら見る」程度で、自発的に見ることはなかったなぁ。
私はそもそも藤子アニメはあまり好きではないのです。

TNN
18:00-30「アニメ親子劇場」(テレビ東京、約三ヶ月遅れ) 19:00-30「新・ど根性ガエル」(日本テレビ同時ネット)

「アニメ親子劇場」は「戦国魔神ゴーショーグン」の後番組として1/11スタートです。
タイトルを見ると、一体どんな番組なのか見当も付かず私も今回の調査まで全く知りませんでした。
キリスト教について学ぶ内容のアニメとの事で、当時それを知っていたら見ていたかどうか微妙なところです。

火曜(1/26)
BSN
17:30-18:00「ハニーハニーのすてきな冒険」(フジ、10日遅れ)

NST
16:55-17:25「ハロー!サンディベル」(テレビ朝日) 17:25-55「ほえろブンブン」(東京12チャンネル、約六ヵ月半遅れ) 19:00-30「怪物くん」(テレビ朝日) 19:30-20:00「サザエさん(再放送)」(フジ、30分遅れ)

TNN
18:00-30「まんが日本絵巻」(TBS、視聴者目線では再放送)

水曜(1/27)
BSN
17:30-50「百獣王ゴライオン」(東京12チャンネル、約一ヶ月半遅れ)


NST
16:55-17:25「タイガーマスク二世」(テレビ朝日、約一ヶ月半遅れ) 17:25-55「Drスランプ アラレちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 

TNN
18:00-30「ウッディ・ウッドペッカー」(視聴者目線では再放送)

ちなみにTNNの水曜では、「水曜ロードショー」で1/6に「ルパン三世」を放送しています。
確認した範囲ではこれが二度目のテレビ放送になります。

夜七時から放送していた「鉄腕アトム」は前年12/23に放送終了しています。

木曜(1/28)
BSN
17:30-18:00「黄金戦士ゴールドライタン」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ)

NST
16:55-17:25「釣りキチ三平」」(フジ、約四ヶ月遅れ) 17:25-55「おはよう!スパンク」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 19:30-20:00「新竹取物語 千年女王」(フジ、30分遅れ)


TNN
18:00-30「太陽の牙ダグラム」(テレビ東京、約二週間遅れ)

「太陽の牙ダグラム」は「まんがふるさと昔ばなし」の後番組として前年11/5スタート。
この頃、私が最もハマって見ていたのが「ダグラム」です。
当時のアニメ雑誌では否定的な論調が多かったように記憶しており、また調べてみるとこの作品に対しては相当に辛らつな意見が数多くあったようです。
でも私は何でこの作品がそこまで批判されたのかわからなかったなぁ。
正直なところ、「ガンダム」や「イデオン」よりも面白かったもの。
勧善懲悪の要素が無くなり、現実世界の紛争に酷似した果てしのない戦いの日々。
しかしその戦いはあくまで局所的な勝利のみで、戦況全般に大きな影響を及ぼすことはないのです。
夢と理想に燃えて戦い続ける若者たちは大人の論理と事情に振り回されて、ついには挫折を余儀なくされます。
挫折したのは若者たちだけでなく、私のお気に入りのキャラのラコックさん。
一介の補佐官から植民星デロイアの高等弁務官にまで登り詰めて、残る野望は地球連邦の首相の椅子というところで殺されてしまいます。
散々利用した挙句に使い捨てにしたデロイア解放戦線のデスタンさんにです。
「私はオマエのような男が一番嫌いなんだ!」
この暴言の直後に激昂したデスタンさんに射殺されてしまいます。
人を呪わば穴二つとはよく言ったものです。
ちょっと気の毒だけど、やはり因果は廻るものなのですよ安らかにラコックさん。

金曜(1/29)
BSN
06:15-45「ずっこけナイトドンデラマンチャ」(東京12チャンネル、約一年四ヶ月遅れ)
 17:25-55「太陽戦隊サンバルカン」(テレビ朝日、約一ヶ月半遅れ) 19:00-30「ワンワン三銃士」(TBS同時ネット)

NST
16:55-17:25「銀河旋風ブライガー」(テレビ東京、三日遅れ) 17:25-55「ヤットデタマン」(フジ、約二ヶ月遅れ) 24:20-「地上最強の美女ワンダーウーマン」

「ワンダーウーマン」は12/4スタートです。

TNN
18:00-30「六神合体ゴッドマーズ」(日本テレビ同時ネット)

土曜(1/30)
BSN
16:30-17:00「じゃりん子チエ」(毎日放送、約二ヶ月遅れ) 17:30-18:00「まんがはじめて物語」(TBS) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

「じゃりん子チエ」は前年12/5スタートで、当時はまだ全国同時ネット番組ではなく、放送している地域は少なかったそうです。
私がこの作品を見たのはこの年の4月からゴールデン帯に移動してからで、放送開始当初は全く気に留めていませんでした。
ゴールデン帯移動後も、積極的に見る番組では無かったなぁ。
ああいう関西のノリは当時好きでなかったのもかなり影響しています。

NST
16:30-17:00「ロボット8ちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 24:25-「地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル」

「ロボット8ちゃん」は前年11/21スタートの実写ロボットファタジーコメディ。
私はロボット紅一点のマイロディタン目当てでこの番組を見始めましたが、肝心のマイロディタンはハッキリ言って可愛くない・・・
マスクのデザインに問題が大有り。
それでなんとなく見なくなりました。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

引き続いて昭和57年4月最終週の放送状況です。
まず帯放送はBSNの早朝枠で「まんが世界昔ばなし」に代わって3/29からまたまた「ど根性ガエル」が始まりました。
BSNはホント、「ど根性ガエル」が好きなのです。
夕方五時枠では「トムとジェリー」に代わって3/1から「宇宙戦士バルディオス」がスタートしました(月曜~金曜17:00-30)。
テレビ東京の同時ネット放送から約一年八ヶ月遅れでのようやくの放送になりました。
当時は「バルディオス」が「アニメージュ」でよく取り上げられていたので、新潟ではいつ放送されるのかとひどく気を揉んでいたものです。
放送を始めたのはいいものの、平日毎日放送とあっては見逃す回も出てくるので、重要な回の日はできるだけ早く帰宅しよう、家にいようと自分の行動パターンをよく検討しましたっけ。
「バルディオス」は作画のレベルが相当に低いのが難点で、それでかなり損をしているなぁと思いました。
あの画だと見る気が失せてきますもんね、今では考えられないですよ。
話自体も思っていたほどのものではなく、「ガンダム」「イデオン」「ダグラム」並みを期待していた私はちょっとガッカリ。
それでも終盤の、地球が破滅に向かって転げ落ちていくビジョンは凄いですな。
映画版を見ると慄然とします。
地球の各地で無数の核が炸裂して、宇宙から見た地球がたちまち真っ赤になってそれをガットラーが呆然として見つめる場面。
アレには凄い恐怖心を抱きました。
まさに破滅そのものです。
そうそう「バルディオス」と言えば、その魅力を支えているのは羽田健太郎さんの手による楽曲の数々。
バルディオスチーム出撃やチャージアップ、破滅のテーマなどなど素晴らしいものです。
でもCDにはなっていないんですよねー。
正確に言うとレコードの音をそのままCDにしたヤツはインディーズレーベルから出たんですけど。
私もアレを買おうと思っていたのですが、そんな時にキングレコードから「バルディオス総音楽集発売決定」というアナウンスが雑誌に載ったのです。
あぁそれならレコードの音そのままのヤツよりも、リマスター済みのクリアな音盤の方がいいやと思ってインディーズ版の購入を止めてしまったのです。
結局キングレコードから「バルディオス総音楽集」が出ることはなく、私はデマ?に振り回された形で泣きの涙でございました。
マザーテープを保管している倉庫が水害で浸水して、テープがダメになってしまったという噂話を聞いたことがありますが、実際のところはどうなんでしょう。
以前「宇宙空母ブルーノア」のサントラCDを予約限定で出した事がありましたが、アレと同じ方法でいいから出してくれないかなぁ。
そしたら速攻で予約しますから。
閑話休題、その「バルディオス」は4/15に終了して、後番組は「まんが宇宙船」。
タイトルを見てもどんな内容か見当も付きませんが、昔のアメリカの短編アニメの3本立てで組んだ番組だそうです。
私は今回の調査までこの番組の事を知りませんでしたスイマセン親方・・・。
一方NSTでは、アニメの30分帯放送枠が一年半ぶりに復活しました。
朝七時半枠で「ふしぎな島のフローネ」の再放送が4/5から始まりました(月曜~金曜07:30-08:00)。
TNNでは早朝枠で「男一匹ガキ大将」の後番組として「スーキャット」が3/3スタート(月曜~土曜06:00-15)。
テレビ東京同時ネット放送から一年11ヶ月遅れでの放送ですが、私はこの番組は全く未見です。
「スーキャット」は4/17に終了して、後番組は「カラー影絵劇場むかしむかし」です。
TNNの夕方帯放送枠は4月から45分に拡大されて、五時台前半はそれまでよりも30分繰り上げて「ルパン三世」(月曜~木曜17:00-30)、五時台後半は4/5から「元祖天才バカボン」(月曜~木曜17:30-45)になっています。
ちよっと脱線しますが、この年の5月の新潟日報夕刊のテレビ欄に面白い投書が載っていて、「ルパン」の放送時間が繰り上がった事に対する、「ルパン」ファンの女子中学生からの猛烈な抗議のお便りでした。
なんでも3月まではBSNの五時からの番組を見ている姉と棲み分けが出来ていたのに、「ルパン」の放送時間が4月から繰り上がったせいでそれが出来なくなったというお話。
おそらく彼女のお姉さんが夢中で見ていたBSNの番組とは、前述した「バルディオス」の事だと思われます。
それが4月から「バルディオス」と「ルパン」が全く同じ時間帯の放送になってしまって、姉妹の間で色々と揉めたのでしょうな。
当時はまだまだ「テレビは一家に一台」が多くて(私の家でもテレビが二台になったのは昭和60年頃です)、ビデオデッキはまだまだ高価な時代です。
今の若い人たちはなかなか想像し辛いかもしれませんが、私が子供の頃はこういう話が巷にゴロゴロ転がっていたのですよ。

日曜(4/25)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
06:10-35「さすらいの少女ネル」(テレビ東京、約二年四ヶ月遅れ) 06:35-07:00「まんが水戸黄門」(テレビ東京、約七ヶ月遅れ) 07:30-45「がんばれゴンベ」(東京12チャンネル、約一年遅れ) 18:00-30「ダッシュ勝平」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「おじゃまんが山田くん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「南の虹のルーシー」(フジ同時ネット)

TNN
08:30-09:00「鉄腕アトム」(再放送) 09:00-30「宇宙戦艦ヤマトⅢ」(よみうり、視聴者目線では再放送)

「アトム」と「ヤマトⅢ」は共に4/4スタートです。
前年12月で終了した「鉄腕アトム」が早くも再放送を開始、「宇宙戦艦ヤマトⅢ」はNSTで放送済みなので、視聴者目線では再放送になります。
でもこの時の「ヤマトⅢ」は記憶にないなぁ。
オヤジ殿がNHKの「日曜討論」をよく見ていたので、それで見られなかったのかもしれない。

月曜(4/26)
BSN
17:30-18:00「戦闘メカザブングル」(名古屋テレビ、約二ヶ月遅れ)

3月までこの枠で放送していた「最強ロボダイオージャ」は4月から金曜早朝に移動して、その後番組として「戦闘メカザブングル」が4/5スタートです。
しかしこの作品、私はキャラデザインが好きになれなくて見ていませんでした。
なんだかんだいって見た目の第一印象は重要なのです。
主題歌はパワーがあって好きなんですけど。

NST
16:55-17:25「忍者ハットリくん」(テレビ朝日、約三ヶ月遅れ) 17:25-55「がんばれ!レッドビッキーズ」(テレビ朝日、約七ヶ月遅れ) 19:00-19:30「ドラえもん」(テレビ朝日、半年遅れ) 19:30-20:00「一休さん」(テレビ朝日同時ネット)

TNN
17:45-18:15「アニメ親子劇場」(テレビ東京、約三ヶ月遅れ) 19:00-30「ゲームセンターあらし」(日本テレビ同時ネット)

「ゲームセンターあらし」は「新・ど根性ガエル」の後番組として4/5スタートです。
私は母親からゲームを一切禁止されていたこともあって、ゲーセンには全く興味も関心もなく、あんなものでヒマを潰すのは愚かな事だと当時から思っていました。
そこへもってきて主人公のあのげっ歯類のようなルックス。
タイトルとキャラを一目見ただけで生理的に受け付けませんでしたわ。

火曜(4/27)
BSN
17:30-18:00「ハニーハニーのすてきな冒険」(フジ、10日遅れ)

NST
16:55-17:25「宇宙刑事ギャバン」(テレビ朝日、四日遅れ) 17:25-55「うる星やつら」(フジ、約四ヵ月半遅れ) 19:00-30「怪物くん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「サザエさん(再放送)」(フジ、30分遅れ)

「宇宙刑事ギャバン」は「ハロー!サンディベル」の後番組として3/9スタートです。
しかし私は「ギャバン」から始まる一連の「宇宙刑事シリーズ」はほぼ見ていません。
この時点では帰宅時間の問題もありますけれど、最大の理由は「ヒロインが変身しないから」、この一点に尽きます。
実写特撮モノからはもう距離を置いていて、「ウルトラ」や「ライダー」の新作ならいざ知らず、新しいヒーロー実写モノなんてどうせ内容は・・・という悪質な偏見を抱いておったのです。
「ヤマト」「ガンダム」「イデオン」「ダグラム」と見てきて、今更「蒸着!」でもあるまいと。
戦隊シリーズではピンクの変身後目当てでとりあえずは見ますけれど、それがない宇宙刑事モノはもう視聴の考慮外だったのが正直なところでした。
勿論、こんな事は悪友たちにとても言えたものではありません。
まだまだおぼこな紅顔の美男子(笑うなよオイ!)の私は、若くして「ヘンタイ」のレッテルを貼られたくはなかったのです。
間接的とはいえ、自分の性癖を不特定多数の方々にぶっちゃけられる、その意味で今はとてもいい時代なのですよ。
閑話休題、「うる星やつら」は「ほえろブンブン」の後番組として2/2スタートです。
この時間帯で放送している間はほぼ見ていませんでした。
後日、フジ同時ネット放送になってからはちょいちょい見ていて、単行本も何冊か買いましたけれど。
この作品はナニが凄いかって言ったら、あたるとテンちゃんのドツキ漫才ですな。
あたる役の古川さんは北条猛、テン役の杉山さんは花月舞タンですよ。
かつては「スイートクロス」していたのですよ。
それがこの作品では毒づき愛ドツキ愛ですよ。
声優さんって凄いなぁと改めて思ったとですよ。

TNN
17:45-18:15「まんが日本絵巻」(TBS、視聴者目線では再放送)

水曜(4/28)
BSN
17:30-18:00「機甲艦隊ダイラガーⅩⅤ」(テレビ東京、約一ヶ月遅れ)

「機甲艦隊ダイラガーⅩⅤ」は「百獣王ゴライオン」の後番組として3/31スタート。
私は「宇宙大帝ゴッドシグマ」を最後にこの枠のロボットアニメは卒業したので、この作品は全く見ていません。

NST
16:55-17:25「あさりちゃん」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 17:25-55「Drスランプ アラレちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 

「あさりちゃん」は「タイガーマスク二世」の後番組として3/3スタート。
私はこの手のコメディが苦手なので、この作品は全く見ていません。

TNN
17:45-18:15「ウッディ・ウッドペッカー」(視聴者目線では再放送)

木曜(4/29)
BSN
17:30-18:00「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(テレビ東京、三週間遅れ)

「魔法のプリンセス  ミンキーモモ」は「黄金戦士ゴールドライタン」の後番組として4/8スタートです。
私の悪友のひとりがこの番組に夢中になっていて、周りでは「ロリコン」のレッテルを貼って生温かい目で見守っていましたが、本人はそんな事は眼中になくモモタンがどれだけ可愛いかツバを飛ばしながら力説していました。
私は「あぁ、そう・・・」と生返事でしたけれど、今から考えると自分の性癖に関して若くしてあれだけ熱弁を振るえる彼は偉大でしたな。
私なぞは「戦隊のピンクの変身後(中の人は大抵男)に萌えまくって・・・」などとは口が裂けても言えませんでしたもの。
閑話休題、既に魔法少女モノから卒業していた私がこの番組を見ることはありませんでしたけれど、この作品は当時私がファンだった小山さんが主演で少女と大人の声を使い分けて主題歌も歌っているんですよね。
今放送していたら多分見ると思います、小山さんのお声と演技目当てで。

NST
16:55-17:25「釣りキチ三平」」(フジ、約四ヶ月遅れ) 17:25-55「おはよう!スパンク」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 19:30-20:00「パタリロ!」(フジ、30分遅れ)

「パタリロ!」は「新竹取物語千年女王」の後番組として4/8スタート。
当時私はこの番組を完全に見過ごしていたのですが、後にあの驚愕すべき内容を知ってさらに驚愕。
私の大好きなヘンタイ要素がテンコモリじゃないですか!
男色家を堂々と見せて当時は抗議が来なかったのだろうかw

TNN
17:45-18:15「太陽の牙ダグラム」(テレビ東京、約二週間遅れ)

金曜(4/30)
BSN
06:05-35「最強ロボ ダイオージャ」(名古屋テレビ、約五ヶ月遅れ) 17:30-18:00「大戦隊ゴーグルV」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「じゃりん子チエ」(毎日放送同時ネット)

金曜早朝枠で放送していた「ずっこけナイトドンデラマンチャ」は3/26で終了して、その後番組として「ダイオージャ」が月曜夕方から移動してきています。
私は「ダイオージャ」を見ていませんでしたが、見ていた子供たちは時間移動した事で見なくなったんだろうなぁ、きっと。
「大戦隊ゴーグルV」は「太陽戦隊サンバルカン」の後番組として3/5スタート。
「ピンク変身後」萌え一直線の私はナニを差し置いても見ていました、初期はね・・・。
ゴーグルピンクは変身前も変身後も可愛くて良いのですけれど、お話はもうちょっとね・・・。
マジメに見るにはかなりの忍耐を必要としていて、とうとうそれに耐え切れなくなって視聴離脱してしまいました。
ピンク萌えよりもお話に対する忍耐力の限界が上回ってしまったのです。
今考えるとゼンタイ女のベスベラや志村忍さんが入った後期ゴーグルピンクは見ておくべきだったなぁ。
「じゃりん子チエ」はこれまで土曜夕方に放送していましたが、「ワンワン三銃士」の後番組として4月から夜七時の放送になっています。

NST
16:55-17:25「銀河旋風ブライガー」(テレビ東京、三日遅れ) 17:25-55「逆転イッパツマン」(フジ、約二ヶ月遅れ) 24:20-「地上最強の美女ワンダーウーマン」

「逆転イッパツマン」は「ヤットデタマン」の後番組として4/16スタートです。
私は「ヤットデタマン」は全く見ておらず、この作品も最初は見ていませんでした。
どうせあのマンネリでふざけた内容なんだろうと。
しかしある日偶然見て考えを全面的に改めました。
ギャグは控えめで三悪はサラリーマンでイッパツマンはとてつもなく強い!
それまでのタイムボカンシリーズよりは破裏拳ポリマーに近い感じです。
中盤でイッパツマンが倒され消滅してしまう展開には驚きました。
パターン破り続出で、なかなかに面白かったですな。
あの主題歌もノリが良くて好きです。

TNN
17:45-18:15「六神合体ゴッドマーズ」(日本テレビ同時ネット)

土曜(4/24)
BSN
17:30-18:00「まんがはじめて物語」(TBS) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

夕方に放送していた「じゃりん子チエ」は前述のように4月から金曜夜に移動しています。

NST
16:30-17:00「ロボット8ちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 17:00-30「ドン・ドラキュラ」(テレビ東京、五日遅れ) 23:35-「地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル」

「ドン・ドラキュラ」は4/10スタートです。
私はこの番組の存在は知っていましたが、一度も見ないうちに終了してしまいました。
色々と大人の事情があって打ち切られてしまったのです。
新潟では6/5に終了しているので、4話で打ち切られた同時ネット放送と異なりおそらく完成していた8本全てが放送されたと推測されます。
深夜枠の「チャーリーズエンジェル」は2月に一旦終了したのですが、4/17から再スタートしています。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第32回(昭和56年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第34回(昭和57年後半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第32回(昭和56年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第34回(昭和57年後半) »