« 2019年5月 | トップページ

2019年6月の記事

2019年6月16日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第34回(昭和57年後半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第34回は、昭和57年後半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、そしてテレビ新潟(TNN)の番組プログラムの紹介です。

この回はそれまでの「ダグラム」に加えて「ルパン第一シリーズ」「マクロス」「無限軌道SSX」そして「スペースコブラ」と見たいアニメ目白押しで私のアニメライフがかなり充実していた頃の話です。

新潟日報製本版テレビ欄の調査に基づく、昭和57年7月最終週の放送状況は下記の通りです。
まず帯放送はBSNの早朝枠で3/29から放送してきた「ど根性ガエル」の後番組として、7/6から「無敵鋼人ザンボット3」の放送を始めています(月曜~金曜06:15-45、8/5まで)。
「ザンボット3」はNSTで放送済みなので、視聴者目線では再放送になります。
夕方五時台では4/16から放送していた「まんが宇宙船」に代わって5/24~7/26に「トムとジェリー」を放送(月曜~金曜17:00-30)、その後番組として7/27から「はじめ人間ギャートルズ」の再放送(新潟では通算三度目の放送)を開始しています。
BSN夏恒例の「夏休み子供劇場」では、7/29から8/27まで「機動戦士ガンダム」を放送しています(月曜~金曜10:00-55)。
「ガンダム」はNSTで放送済みなので、視聴者目線では再放送になります。
この時の放送は欠かさず見ていたなぁ、ガンプラを作りながら。
NSTでは復活した朝の帯枠で4/5から放送していた「ふしぎな島のフローネ」に代わって6/14から「トム・ソーヤーの冒険」を放送中(月曜~金曜07:30-08:00)。
夏休みに入ってからはこの番組も朝ご飯を食べながら見て、初回放送同様に「インジャンジョーと彼に恐怖するトムとハック」に朝から大爆笑していた覚えが。
TNNでは早朝枠で「カラー影絵劇場むかしむかし」に代わって、7/3から「スーパーバード 星から来たワトゥー」を放送しています(月曜~土曜06:00-15)。
私はこのアニメは今回の調査までタイトルを聞いたことさえなく、調査でテレビ欄の端っこにこの番組を見つけてもこれがどんな番組なのかわからずに、しかし何となく「臭う」のでノートに書き記しておいたのです。
後日ぐぐってフランス製の道徳アニメと知って、あーメモしていてよかったと自分の本能的嗅覚に自信を深めた一幕だったのです。
夕方では四時台前半で「奥様は魔女」を6/1から放送開始(月曜~金曜16:00-30)。
TNNの夕方アニメ枠は6/1から拡大されて一時間15分になっており、「伝説巨神イデオン」が早速その日から放送開始しています(月曜~金曜16:34-17:00)。
「イデオン」はNSTで放送されているので視聴者目線では再放送になりますが、私は既にこの時間に帰宅するのは難しいお年頃でしたので、この放送は残念ながらほとんど見られませんでした。
「イデオン」の後番組として「鉄人28号」の再放送が始まりますが、新聞のテレビ欄が欠落してしまっていて、放送開始日が7/26なのか/27なのか特定できず残念。
五時台前半では「ルパン三世(第二シリーズ)を放送続行中(月曜~木曜17:00-30)。
五時台後半は「元祖天才バカボン」を放送続行中です(月曜~木曜17:30-45)。
またTNNではこの年、夏休み企画として8/3から「Xボンバー」と「スターウルフ」を月曜~金曜10:30-11:25で放送しています。
こちらも8月末日の新聞テレビ欄が欠落していた為、放送最終日を特定できなかったのは遺憾なところです。
「Xボンバー」はSF人形劇で新潟では初放送になり、フジテレビ同時ネットからは実に一年と十ヶ月遅れになりました。
こういう機会が無ければ、「悪魔くん」「バンパイヤ」「マイティジャック」「メガロマン」と共に新潟未放映特撮番組リストに名前を連ねていたことでしょう。
「スターウルフ」はBSNで放送しているので視聴者目線では再放送になります。
BSNでは裏で「ガンダム」をやっていたのでそれとダブる「Xボンバー」は確実に見ていませんが、「スターウルフ」の前半は初回放送時に欠かさず見ていたのでこの時も見ていそうなものですが、まるっきり記憶に無いんだよなぁ。

日曜(7/25)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
06:10-35「まんがことわざ辞典」(テレビ東京、約一年九ヶ月遅れ) 06:35-07:00「まんが水戸黄門」(テレビ東京、約七ヶ月遅れ) 07:30-45「がんばれゴンベ」(東京12チャンネル、約一年遅れ) 18:00-30「ダッシュ勝平」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「おじゃまんが山田くん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「南の虹のルーシー」(フジ同時ネット)

「まんがことわざ辞典」は「さすらいの少女ネル」の後番組として7/11スタートです。

TNN
08:30-09:00「鉄腕アトム」(再放送) 09:00-30「宇宙戦艦ヤマトⅢ」(よみうり、視聴者目線では再放送)

月曜(7/26)
BSN
17:30-18:00「戦闘メカザブングル」(名古屋テレビ、約二ヶ月遅れ)

NST
16:55-17:25「忍者ハットリくん」(テレビ朝日、約三ヶ月遅れ) 17:25-55「がんばれ!レッドビッキーズ」(テレビ朝日、約七ヶ月遅れ) 19:00-19:30「ドラえもん」(テレビ朝日、半年遅れ) 19:30-20:00「Theかぼちゃワイン」(テレビ朝日同時ネット)

「Theかぼちゃワイン」は「一休さん」の後番組として7/5スタート。
私はこの手の番組には一切興味が無いので全く見ていません。

TNN
17:45-18:15「トンデラハウスの大冒険」(テレビ東京、約三ヶ月遅れ) 19:00-30「ゲームセンターあらし」(日本テレビ同時ネット)

「トンデラハウスの大冒険」は「アニメ親子劇場」の後番組として7/12スタートです。
前作同様に私は当時のこの番組を全く認識していなかったのですが、この作品も前作同様にキリスト教について学ぶ内容のようです。

火曜(7/27)
BSN
17:30-18:00「めちゃっこドタコン」(フジ、約一年一ヶ月遅れ)

「めちゃっこドタコン」は「ハニーハニーのすてきな冒険」の後番組として5/18スタートです。
前作同様、この作品もフジのアニメです。
私は今回の調査までこのアニメの存在を全く知らず、テレビ欄でこのタイトルを見ても堀ちえみさん主演の「メチャン子・ミッキー」と混同して困惑してしまったのです。

NST
16:55-17:25「宇宙刑事ギャバン」(テレビ朝日、四日遅れ) 17:25-55「うる星やつら」(フジ、約四ヵ月半遅れ) 19:00-30「怪物くん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「サザエさん(再放送)」(フジ、30分遅れ)

TNN
17:45-18:15「まんが日本絵巻」(TBS、視聴者目線では再放送)

水曜(7/28)
BSN
17:30-18:00「機甲艦隊ダイラガーⅩⅤ」(テレビ東京、約一ヶ月遅れ)

NST
16:55-17:25「あさりちゃん」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ)  「Drスランプ アラレちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 

TNN
17:45-18:15「ウッディ・ウッドペッカー」(視聴者目線では再放送) 19:00-30「魔境伝説アクロバンチ」(日本テレビ同時ネット)

「魔境伝説アクロバンチ」は5/5スタートのSF探検アドベンチャーモノです。
主役がチョイワル風のおっちゃんで、演じる柴田秀勝さんがいい味出していました。
柴田さんといったらそれまでの私の認識では「ミスターX」「兜剣造」「ジェネラル・シャドウ」そして「一文字断鉄」でしたから、彼らとはまるでタイプが違って少々コミカルな味のある頼れるオヤジの役柄はまさにイメージ一新の感がありました。
でも毎回見ていたわけでもないんですよね。
何でだろうと調べてみたら、夜七時の放送はナイター中継でかなり潰れちゃってるんですよね。
そしてこの秋からは夕方に移動してしまうので、帰宅が早くないと見れなくなってしまったのです。

ちなみにTNNの水曜では「水曜ロードショー」で9/22に「ルパン三世 カリオストロの城」を放送しています。
この頃は一年半から二年おきに「カリオストロの城」をテレビ放送していました。

木曜(7/29)
BSN
17:30-18:00「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(テレビ東京、三週間遅れ)

NST
16:55-17:25「釣りキチ三平」」(フジ、約四ヶ月遅れ) 17:25-55「とんでモンペ」(テレビ朝日、12日遅れ) 19:30-20:00「パタリロ!」(フジ、30分遅れ)

「とんでモンペ」は「おはよう!スパンク」の後番組として6/17スタートです。
私は今回の調査までこの作品について全く認識していませんでしたスイマセン親方・・・。

TNN
17:45-18:15「太陽の牙ダグラム」(テレビ東京、約二週間遅れ)

金曜(7/30)
BSN
17:30-18:00「大戦隊ゴーグルV」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「じゃりん子チエ」(毎日放送同時ネット)

早朝枠で放送していた「最強ロボ ダイオージャ」は6/11に終了しています。

NST
16:55-17:25「銀河烈風バクシンガー」(テレビ東京、10日遅れ) 17:25-55「逆転イッパツマン」(フジ、約二ヶ月遅れ) 24:20-「地上最強の美女ワンダーウーマン」

「銀河烈風バクシンガー」は「銀河旋風ブライガー」の後番組として7/16スタート。
私は前作「ブライガー」同様にこの作品も見ていないのですが、設定等を見ると前作同様に何故見なかったのだろうと後悔しておるところです。
まぁ放送時間が早すぎて、たとい当時見ようと決意しても学校が休みでなければなかなか見られなかったとは思いますけれど。

TNN
17:45-18:15「六神合体ゴッドマーズ」(日本テレビ同時ネット)

土曜(7/31)
BSN
17:30-18:00「まんがはじめて物語」(TBS) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
16:30-17:00「ロボット8ちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 17:55-18:25「科学救助隊テクノボイジャー」(フジ、24日遅れ) 23:35-「地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル」

「科学救助隊テクノボイジャー」は5/1スタートです。
私は全く未見の作品です。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

引き続いて昭和57年10月最終週の放送状況をご紹介。
まず帯番組ではBSNの早朝枠で「無敵鋼人ザンボット3」の後番組として8/6から9/13まで「若草の四姉妹」を放送しています(テレビ東京同時ネットから約一年四ヶ月遅れ)。
「若草の四姉妹」の後番組として9/14から「ムーミン」の新潟では通算五回目の放送を行っています(月曜~金曜06:15-45)。
「ムーミン」のこれまでの放送は全てNSTで行われていて、BSNではこれが初めての放送になります。
夕方五時枠では7/27スタートの「はじめ人間ギャートルズ」の再放送を続行中です(月曜~金曜17:00-30)。

帯放送ではありませんが、この時期BSNではレイ・ブラッドベリ原作のSFミニシリーズ「火星年代記」を放送しています。
10/2(土曜)に第一回「探検隊応答ナシ」(15:00-16:50)、10/8(金曜)に第二回「宇宙都市への脱出」(23:35-25:35)、10/16(土曜)に第三回(最終回)「火星復活の日」(15:00-16:55)
私は残念ながら見ていませんでした。

NSTの朝枠では「トム・ソーヤーの冒険」に代わって8/23から「シンドバットの冒険」の新潟では通算三回目の放送を行っています。
TNNの早朝枠では「スーパーバード星から来たワトゥー」に代わって8/3から「ヨーロッパおとぎ話」、9/18からは「マンガ大作戦」を放送しています(月曜~土曜06:00-15)。
夕方四時台前半は「奥様は魔女」(月曜~金曜16:00-30)。
四時台後半は「鉄人28号」の再放送に代わって「黄金戦士ゴールドライタン」が10/18スタート(月曜~金曜16:34-17:00)。
この作品はBSNで放送済みなので、視聴者目線では再放送になります。
夕方五時台前半は「ルパン三世(第二シリーズ)」に代わって10/11から「宇宙海賊キャプテンハーロック」を放送しています(月曜~木曜17:00-30)。
こちらもNSTで放送済みなので、視聴者目線では再放送になります。
五時台後半は「元祖天才バカボン」(月曜~木曜17:30-45)です。

日曜(10/31)
BSN
13:30-14:00「愛の戦士レインボーマン」(毎日放送同時ネット) 14:00-30「超時空要塞マクロス」(TBS同時ネット)

「愛の戦士レインボーマン」は10/3スタートでかつての実写作品のアニメ版ですが、私は全く見ていません。
ロボットが出てくるという時点で、昔のあの暑苦しい雰囲気の作品じゃないなと思ったので。
「超時空要塞マクロス」は10/10スタートで初回は一時間枠という豪華版でした。
私もガッツリハマりこんで見ていました。
周りの悪友どももこの作品には大騒ぎして、「ミンメイタン萌え萌え~」と海棲哺乳類のハーレムのオスのような声を立てておりましたなぁ。
私はミンメイなぞという小娘には何の興味もなく、ただただ早瀬美沙おねいさん一筋だったわけですが。
前半ラストの地球壊滅と決戦、そして歌を武器にして敵陣深く突撃して必殺のマクロスアタックを敢行するくだりには燃えました。
でもねぇ、後半はハッキリ言って蛇足でしたね。
焦土と化した地球に降り立った輝と美沙タンの前に、ボロボロになったマクロスが現れる、あれで終わりにしておけばねぇ。
「マクロス」シリーズはその後も続いていますけれど、私は続編での「オレの歌を聞けぇ!」でもう見るのをやめました。
戦場の真っ只中でアレですよ、なんかバカバカしくなっちゃった。

NST
06:10-35「まんがことわざ辞典」(テレビ東京、約一年九ヶ月遅れ) 06:35-07:00「まんが水戸黄門」(テレビ東京、約七ヶ月遅れ) 07:30-45「がんばれゴンベ」(東京12チャンネル、約一年遅れ) 18:00-30「ダッシュ勝平」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「さすがの猿飛」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「南の虹のルーシー」(フジ同時ネット)

「さすがの猿飛」は「おじゃまんが山田くん」の後番組として10/17スタート。
私はこの作品は一度も見ていません。
この頃は日曜ともなるとオヤジ殿に「いつまでもマンガなんてクダラナイモノを見るな」と言われていた事がかなり影響しています。

TNN
10:00-30「ルパン三世(第一シリーズ)」(よみうり、視聴者目線では再放送)

「ルパン三世」第一シリーズは「宇宙戦艦ヤマトⅢ」の後番組として10/3スタート。
新潟では昭和47年にNSTで放送して以来、十年ぶりのオンエアになりました。
私が所謂「緑ルパン」を最初に見たのはこの時で、第一話放送の翌日は学校で悪友たちと「アレは凄かった」と大きな話題にしていましたわ。
アレとはつまり、「大の字拘束されてくすぐり拷問を受ける峰クン」の図ですよ。
アレを見て何か新しい境地に目覚めた気がしました。
女性の笑い声があんなにエロいものだとは知らなんだとw
なお、朝九時半から放送していた「鉄腕アトム」は9/26で終了しています。

月曜(10/25)
BSN
17:30-18:00「戦闘メカザブングル」(名古屋テレビ、約二ヶ月遅れ)

ちなみにBSNの「月曜ロードショー」では10/4に「エレファントマン」を放送。
これはもうね、最後は号泣しましたよ。
人間を外見で判断することの愚かさ、彼の精神の高潔さ、そして最後に健常者と同じくベッドに横たわって眠りに就く、彼にとってはそれは呼吸困難を起し死に至ることなのに。
ラストは彼のお母さんらしき美しい女性が彼を天に迎えに来たようでした。
もうあそこで涙が止まりませんでした。
映画であそこまで泣いたことって後にも先にもあの時だけです。

NST
16:55-17:25「忍者ハットリくん」(テレビ朝日、約三ヶ月遅れ) 17:25-55「がんばれ!レッドビッキーズ」(テレビ朝日、約七ヶ月遅れ) 19:00-19:30「ドラえもん」(テレビ朝日、半年遅れ) 19:30-20:00「Theかぼちゃワイン」(テレビ朝日同時ネット)

TNN
17:45-18:15「トンデラハウスの大冒険」(テレビ東京、約三ヶ月遅れ) 19:00-30「忍者マン一平」(日本テレビ同時ネット)

「忍者マン一平」は「ゲームセンターあらし」の後番組として10/4スタート。
私はこの手のアニメは当時既に視程外でしたので見ていません。

火曜(10/26)
BSN
17:30-18:00「めちゃっこドタコン」(フジ、約一年一ヶ月遅れ)

NST
16:55-17:25「宇宙刑事ギャバン」(テレビ朝日、四日遅れ) 17:25-55「うる星やつら」(フジ、約四ヵ月半遅れ) 19:00-30「怪物くん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「サザエさん(再放送)」(フジ、30分遅れ)

「怪物くん」はこの日が最終回です。

TNN
17:45-18:15「新・ど根性ガエル」(再放送)

「新・ど根性ガエル」は「まんが日本絵巻」の後番組として8/24から初回再放送しています。

水曜(10/27)
BSN
17:30-18:00「機甲艦隊ダイラガーⅩⅤ」(テレビ東京、約一ヶ月遅れ) 19:30-20:00「わが青春のアルカディア 無限軌道SSX」(TBS同時ネット)

「わが青春のアルカディア 無限軌道SSX」は10/13スタートです。
当時のテレビ欄番組紹介によると、局としてもかなり力を入れていた番組でしたが、松本アニメは既に時流に合わずに2クールを完遂できずに終了でした。
私は見ていたしそれなりに面白かったけどなぁ。
まぁハーロックや「宇宙戦艦」が好きなので見ていたのですが。
アルカディア号とデスシャドゥ号のプラモも買ったし。
主題歌も大好きだし。
どうも私は世間の感覚とズレているのですわ。

NST
16:55-17:25「あさりちゃん」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ)  「Drスランプ アラレちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ)

TNN
17:45-18:15「ウッディ・ウッドペッカー」(視聴者目線では再放送) 

夜七時から放送していた「魔境伝説アクロバンチ」は10月から金曜夕方に移動しています。

ちなみにTNNの水曜日は「水曜ロードショー」で11/3に「エイリアン」を放送。
人間の顔面に食いついて離れないフェイスハガーに、仮面フェチの私は凄まじい恐怖と妖美な魅惑の両方を覚えましたっけ。
また12/29には劇場版「エースをねらえ!」を放送。
以前にも書きましたが、私は近年まで「エースをねらえ!」について「どーせ女の子向けスポ根なんてお涙チョーダイで・・・」と実にけしからん偏見を抱いておったので、この時の放送は歯牙にもかけていませんでした。
この時偶然にでも見ていれば、それで認識を大きく改めたのは確実なのに実に惜しいことでした。

木曜(10/28)
BSN
17:30-18:00「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(テレビ東京、三週間遅れ)

NST
16:55-17:25「釣りキチ三平」」(フジ、約四ヶ月遅れ) 17:25-55「とんでモンペ」(テレビ朝日、12日遅れ) 19:30-20:00「スペースコブラ」(フジ、30分遅れ)

「スペースコブラ」は「パタリロ!」の後番組として10/7スタート。
この作品は大好きで欠かさず見ていました。
超正統派の一匹狼の海賊コブラ!
好きなアニメキャラ、好きなアニメソングいずれも個人的に首位争いです。
野沢那智さんの演技がまた素晴らしい。
ちょっと江戸弁が入った感じでマジなのかフザけているのかわからないトボけた口調。
ホント、あの方は余人をもって代え難いの一言ですな。
この頃は日曜にルパンとマクロスを見て、水曜にSSXを見て木曜にコブラを見て金曜にダグラムを見て土曜に岡まゆみおねいさんを取るかプロレスを取るかで悩んで一週間が終わるという具合でした。

TNN
17:45-18:15「太陽の牙ダグラム」(テレビ東京、約二週間遅れ) 19:00-30「ときめきトゥナイト」(日本テレビ同時ネット)

「ときめきトゥナイト」は10/7スタートですが、私はこの種の作品は既に視程外だったので全く見ていません。

金曜(10/29)
BSN
17:30-18:00「大戦隊ゴーグルV」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「じゃりん子チエ」(毎日放送同時ネット)

NST
16:55-17:25「銀河烈風バクシンガー」(テレビ東京、10日遅れ) 17:25-55「逆転イッパツマン」(フジ、約二ヶ月遅れ) 24:20-「地上最強の美女ワンダーウーマン」

TNN
17:00-30「魔境伝説アクロバンチ」(日本テレビ同時ネット) 17:30-18:00「六神合体ゴッドマーズ」(日本テレビ同時ネット)

「魔境伝説アクロバンチ」は10月からこの枠に移動しています。

土曜(10/30)
BSN
17:30-18:00「まんがはじめて物語」(TBS) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
16:30-17:00「ロボット8ちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 

「ロボット8ちゃん」はこの日が最終回です。
なお夕方6時台前半に放送していた「科学救助隊テクノボイジャー」は9/11で終了しています。
また深夜枠で放送していた「チャーリーズエンジェル」は10/23で終了しています。

ちなみにNSTの土曜日では10/2に「さよなら銀河鉄道999」(14:00-16:35)を放送しています。
私は全く記憶に無いのですが。
「さよなら」って一度も見た事無いしなぁ。

TNN
19:00-30「一ツ星家のウルトラ婆さん」(日本テレビ同時ネット)

「一ツ星家のウルトラ婆さん」は10/16スタートですが、私は今回の調査までこの作品の存在を知りませんでした迂闊です親方・・・。

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第33回(昭和57年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第33回は、昭和57年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、そしてテレビ新潟(TNN)の番組プログラムの紹介です。

今回のトピックは私を夢中にさせた「太陽の牙ダグラム」の放送開始と「宇宙戦士バルディオス」ようやくの新潟見参です。
一方特撮はウルトラシリーズの再放送も無くなってちょっと寂しい。
そんな頃の話です。

新潟日報製本版テレビ欄の調査に基づく、昭和57年1月最終週の放送状況は下記の通りです。
まず帯放送はBSNの早朝枠で「ポパイ」放送で中断していた「ど根性ガエル」が前年11/24から再開しています(12/31まで放送)。
新年1/4からは「まんが世界昔ばなし」の再放送がスタートしました(月曜~木曜06:15-45)。
夕方五時台は「トムとジェリー」が放送続行中です(月曜~金曜17:00-30)。
NSTはアニメの帯放送皆無の状態が続いています。
TNNは早朝枠で「夕焼け番長」に代わって「男一匹ガキ大将」が前年11/30から放送されています(月曜~土曜06:00-15)。
「男一匹ガキ大将」は昭和47年にBSNで放送されているので、視聴者目線では再放送になります。
しかし私はこの番組がこの時期早朝に放送されていたことなど全く知りませんでした。
当時は新聞をそこそこ読んでテレビ欄も見ていたはずなのですが、早朝枠で注視していたのは「ウルトラシリーズ」をよくやるBSNだけだったもんなぁ。
夕方五時半枠では「ハクション大魔王」に代わって「ルパン三世(第二シリーズ)」が1/8から放送を開始しています(月曜~木曜17:30-18:00)
「ルパン」はNSTで放送されていたので、視聴者目線ではこれまた再放送になります。

日曜(1/31)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
06:10-35「さすらいの少女ネル」(テレビ東京、約二年四ヶ月遅れ) 06:35-07:00「まんが水戸黄門」(テレビ東京、約七ヶ月遅れ) 07:30-45「がんばれゴンベ」(東京12チャンネル、約一年遅れ) 18:00-30「ダッシュ勝平」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「おじゃまんが山田くん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「南の虹のルーシー」(フジ同時ネット)

前年10月に朝八時台から早朝枠へ放送時間を移動した「がんばれゴンベ」は、1月からまた朝八時台に戻っています。
「ゴンベ」の代わりに早朝枠に入ったのは、「さすらいの少女ネル」です。
そして「金髪のジェニー」の後番組として朝六時半枠には「まんが水戸黄門」が入るという按配。
放送枠のやりくりが色々と大変ですな。
朝八時枠はローカル番組が入っていたりするので、こういう枠移動があるとそうした番組の処遇も考えねばならないのです。
閑話休題、「さすらいの少女ネル」と「まんが水戸黄門」「南の虹のルーシー」は共に1/10スタートです。
「さすらいの少女ネル」はタイトルを見ただけでもういたたまれない気分になります。
「ようじょがひとりでさすらう」って過酷すぎるだろいくら何でもと。
まぁ実際は気球で見知らぬ街に飛ばされた少女が仲間と共に故郷への帰還を目指すポジティブな話のようですが。
「まんが水戸黄門」はチラッと見た記憶があります。
助さん格さんがサイヤ人みたいな強さでした。
「南の虹のルーシー」は主題歌さえ記憶にないので、多分一度も見ていないと思います。

TNN
特撮アニメ等の放送無し。

月曜(1/25)
BSN
17:30-18:00「最強ロボ ダイオージャ」(名古屋テレビ、約五ヶ月遅れ)

NST
16:55-17:25「忍者ハットリくん」(テレビ朝日、約三ヶ月遅れ) 17:25-55「がんばれ!レッドビッキーズ」(テレビ朝日、約七ヶ月遅れ) 19:00-19:30「ドラえもん」(テレビ朝日、半年遅れ) 19:30-20:00「一休さん」(テレビ朝日同時ネット)

「忍者ハットリくん」は「ゼンダマン」の後番組として前年12/21スタートです。
この番組は「ヒマなら見る」程度で、自発的に見ることはなかったなぁ。
私はそもそも藤子アニメはあまり好きではないのです。

TNN
18:00-30「アニメ親子劇場」(テレビ東京、約三ヶ月遅れ) 19:00-30「新・ど根性ガエル」(日本テレビ同時ネット)

「アニメ親子劇場」は「戦国魔神ゴーショーグン」の後番組として1/11スタートです。
タイトルを見ると、一体どんな番組なのか見当も付かず私も今回の調査まで全く知りませんでした。
キリスト教について学ぶ内容のアニメとの事で、当時それを知っていたら見ていたかどうか微妙なところです。

火曜(1/26)
BSN
17:30-18:00「ハニーハニーのすてきな冒険」(フジ、10日遅れ)

NST
16:55-17:25「ハロー!サンディベル」(テレビ朝日) 17:25-55「ほえろブンブン」(東京12チャンネル、約六ヵ月半遅れ) 19:00-30「怪物くん」(テレビ朝日) 19:30-20:00「サザエさん(再放送)」(フジ、30分遅れ)

TNN
18:00-30「まんが日本絵巻」(TBS、視聴者目線では再放送)

水曜(1/27)
BSN
17:30-50「百獣王ゴライオン」(東京12チャンネル、約一ヶ月半遅れ)


NST
16:55-17:25「タイガーマスク二世」(テレビ朝日、約一ヶ月半遅れ) 17:25-55「Drスランプ アラレちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 

TNN
18:00-30「ウッディ・ウッドペッカー」(視聴者目線では再放送)

ちなみにTNNの水曜では、「水曜ロードショー」で1/6に「ルパン三世」を放送しています。
確認した範囲ではこれが二度目のテレビ放送になります。

夜七時から放送していた「鉄腕アトム」は前年12/23に放送終了しています。

木曜(1/28)
BSN
17:30-18:00「黄金戦士ゴールドライタン」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ)

NST
16:55-17:25「釣りキチ三平」」(フジ、約四ヶ月遅れ) 17:25-55「おはよう!スパンク」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 19:30-20:00「新竹取物語 千年女王」(フジ、30分遅れ)


TNN
18:00-30「太陽の牙ダグラム」(テレビ東京、約二週間遅れ)

「太陽の牙ダグラム」は「まんがふるさと昔ばなし」の後番組として前年11/5スタート。
この頃、私が最もハマって見ていたのが「ダグラム」です。
当時のアニメ雑誌では否定的な論調が多かったように記憶しており、また調べてみるとこの作品に対しては相当に辛らつな意見が数多くあったようです。
でも私は何でこの作品がそこまで批判されたのかわからなかったなぁ。
正直なところ、「ガンダム」や「イデオン」よりも面白かったもの。
勧善懲悪の要素が無くなり、現実世界の紛争に酷似した果てしのない戦いの日々。
しかしその戦いはあくまで局所的な勝利のみで、戦況全般に大きな影響を及ぼすことはないのです。
夢と理想に燃えて戦い続ける若者たちは大人の論理と事情に振り回されて、ついには挫折を余儀なくされます。
挫折したのは若者たちだけでなく、私のお気に入りのキャラのラコックさん。
一介の補佐官から植民星デロイアの高等弁務官にまで登り詰めて、残る野望は地球連邦の首相の椅子というところで殺されてしまいます。
散々利用した挙句に使い捨てにしたデロイア解放戦線のデスタンさんにです。
「私はオマエのような男が一番嫌いなんだ!」
この暴言の直後に激昂したデスタンさんに射殺されてしまいます。
人を呪わば穴二つとはよく言ったものです。
ちょっと気の毒だけど、やはり因果は廻るものなのですよ安らかにラコックさん。

金曜(1/29)
BSN
06:15-45「ずっこけナイトドンデラマンチャ」(東京12チャンネル、約一年四ヶ月遅れ)
 17:25-55「太陽戦隊サンバルカン」(テレビ朝日、約一ヶ月半遅れ) 19:00-30「ワンワン三銃士」(TBS同時ネット)

NST
16:55-17:25「銀河旋風ブライガー」(テレビ東京、三日遅れ) 17:25-55「ヤットデタマン」(フジ、約二ヶ月遅れ) 24:20-「地上最強の美女ワンダーウーマン」

「ワンダーウーマン」は12/4スタートです。

TNN
18:00-30「六神合体ゴッドマーズ」(日本テレビ同時ネット)

土曜(1/30)
BSN
16:30-17:00「じゃりん子チエ」(毎日放送、約二ヶ月遅れ) 17:30-18:00「まんがはじめて物語」(TBS) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

「じゃりん子チエ」は前年12/5スタートで、当時はまだ全国同時ネット番組ではなく、放送している地域は少なかったそうです。
私がこの作品を見たのはこの年の4月からゴールデン帯に移動してからで、放送開始当初は全く気に留めていませんでした。
ゴールデン帯移動後も、積極的に見る番組では無かったなぁ。
ああいう関西のノリは当時好きでなかったのもかなり影響しています。

NST
16:30-17:00「ロボット8ちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 24:25-「地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル」

「ロボット8ちゃん」は前年11/21スタートの実写ロボットファタジーコメディ。
私はロボット紅一点のマイロディタン目当てでこの番組を見始めましたが、肝心のマイロディタンはハッキリ言って可愛くない・・・
マスクのデザインに問題が大有り。
それでなんとなく見なくなりました。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

引き続いて昭和57年4月最終週の放送状況です。
まず帯放送はBSNの早朝枠で「まんが世界昔ばなし」に代わって3/29からまたまた「ど根性ガエル」が始まりました。
BSNはホント、「ど根性ガエル」が好きなのです。
夕方五時枠では「トムとジェリー」に代わって3/1から「宇宙戦士バルディオス」がスタートしました(月曜~金曜17:00-30)。
テレビ東京の同時ネット放送から約一年八ヶ月遅れでのようやくの放送になりました。
当時は「バルディオス」が「アニメージュ」でよく取り上げられていたので、新潟ではいつ放送されるのかとひどく気を揉んでいたものです。
放送を始めたのはいいものの、平日毎日放送とあっては見逃す回も出てくるので、重要な回の日はできるだけ早く帰宅しよう、家にいようと自分の行動パターンをよく検討しましたっけ。
「バルディオス」は作画のレベルが相当に低いのが難点で、それでかなり損をしているなぁと思いました。
あの画だと見る気が失せてきますもんね、今では考えられないですよ。
話自体も思っていたほどのものではなく、「ガンダム」「イデオン」「ダグラム」並みを期待していた私はちょっとガッカリ。
それでも終盤の、地球が破滅に向かって転げ落ちていくビジョンは凄いですな。
映画版を見ると慄然とします。
地球の各地で無数の核が炸裂して、宇宙から見た地球がたちまち真っ赤になってそれをガットラーが呆然として見つめる場面。
アレには凄い恐怖心を抱きました。
まさに破滅そのものです。
そうそう「バルディオス」と言えば、その魅力を支えているのは羽田健太郎さんの手による楽曲の数々。
バルディオスチーム出撃やチャージアップ、破滅のテーマなどなど素晴らしいものです。
でもCDにはなっていないんですよねー。
正確に言うとレコードの音をそのままCDにしたヤツはインディーズレーベルから出たんですけど。
私もアレを買おうと思っていたのですが、そんな時にキングレコードから「バルディオス総音楽集発売決定」というアナウンスが雑誌に載ったのです。
あぁそれならレコードの音そのままのヤツよりも、リマスター済みのクリアな音盤の方がいいやと思ってインディーズ版の購入を止めてしまったのです。
結局キングレコードから「バルディオス総音楽集」が出ることはなく、私はデマ?に振り回された形で泣きの涙でございました。
マザーテープを保管している倉庫が水害で浸水して、テープがダメになってしまったという噂話を聞いたことがありますが、実際のところはどうなんでしょう。
以前「宇宙空母ブルーノア」のサントラCDを予約限定で出した事がありましたが、アレと同じ方法でいいから出してくれないかなぁ。
そしたら速攻で予約しますから。
閑話休題、その「バルディオス」は4/15に終了して、後番組は「まんが宇宙船」。
タイトルを見てもどんな内容か見当も付きませんが、昔のアメリカの短編アニメの3本立てで組んだ番組だそうです。
私は今回の調査までこの番組の事を知りませんでしたスイマセン親方・・・。
一方NSTでは、アニメの30分帯放送枠が一年半ぶりに復活しました。
朝七時半枠で「ふしぎな島のフローネ」の再放送が4/5から始まりました(月曜~金曜07:30-08:00)。
TNNでは早朝枠で「男一匹ガキ大将」の後番組として「スーキャット」が3/3スタート(月曜~土曜06:00-15)。
テレビ東京同時ネット放送から一年11ヶ月遅れでの放送ですが、私はこの番組は全く未見です。
「スーキャット」は4/17に終了して、後番組は「カラー影絵劇場むかしむかし」です。
TNNの夕方帯放送枠は4月から45分に拡大されて、五時台前半はそれまでよりも30分繰り上げて「ルパン三世」(月曜~木曜17:00-30)、五時台後半は4/5から「元祖天才バカボン」(月曜~木曜17:30-45)になっています。
ちよっと脱線しますが、この年の5月の新潟日報夕刊のテレビ欄に面白い投書が載っていて、「ルパン」の放送時間が繰り上がった事に対する、「ルパン」ファンの女子中学生からの猛烈な抗議のお便りでした。
なんでも3月まではBSNの五時からの番組を見ている姉と棲み分けが出来ていたのに、「ルパン」の放送時間が4月から繰り上がったせいでそれが出来なくなったというお話。
おそらく彼女のお姉さんが夢中で見ていたBSNの番組とは、前述した「バルディオス」の事だと思われます。
それが4月から「バルディオス」と「ルパン」が全く同じ時間帯の放送になってしまって、姉妹の間で色々と揉めたのでしょうな。
当時はまだまだ「テレビは一家に一台」が多くて(私の家でもテレビが二台になったのは昭和60年頃です)、ビデオデッキはまだまだ高価な時代です。
今の若い人たちはなかなか想像し辛いかもしれませんが、私が子供の頃はこういう話が巷にゴロゴロ転がっていたのですよ。

日曜(4/25)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
06:10-35「さすらいの少女ネル」(テレビ東京、約二年四ヶ月遅れ) 06:35-07:00「まんが水戸黄門」(テレビ東京、約七ヶ月遅れ) 07:30-45「がんばれゴンベ」(東京12チャンネル、約一年遅れ) 18:00-30「ダッシュ勝平」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「おじゃまんが山田くん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「南の虹のルーシー」(フジ同時ネット)

TNN
08:30-09:00「鉄腕アトム」(再放送) 09:00-30「宇宙戦艦ヤマトⅢ」(よみうり、視聴者目線では再放送)

「アトム」と「ヤマトⅢ」は共に4/4スタートです。
前年12月で終了した「鉄腕アトム」が早くも再放送を開始、「宇宙戦艦ヤマトⅢ」はNSTで放送済みなので、視聴者目線では再放送になります。
でもこの時の「ヤマトⅢ」は記憶にないなぁ。
オヤジ殿がNHKの「日曜討論」をよく見ていたので、それで見られなかったのかもしれない。

月曜(4/26)
BSN
17:30-18:00「戦闘メカザブングル」(名古屋テレビ、約二ヶ月遅れ)

3月までこの枠で放送していた「最強ロボダイオージャ」は4月から金曜早朝に移動して、その後番組として「戦闘メカザブングル」が4/5スタートです。
しかしこの作品、私はキャラデザインが好きになれなくて見ていませんでした。
なんだかんだいって見た目の第一印象は重要なのです。
主題歌はパワーがあって好きなんですけど。

NST
16:55-17:25「忍者ハットリくん」(テレビ朝日、約三ヶ月遅れ) 17:25-55「がんばれ!レッドビッキーズ」(テレビ朝日、約七ヶ月遅れ) 19:00-19:30「ドラえもん」(テレビ朝日、半年遅れ) 19:30-20:00「一休さん」(テレビ朝日同時ネット)

TNN
17:45-18:15「アニメ親子劇場」(テレビ東京、約三ヶ月遅れ) 19:00-30「ゲームセンターあらし」(日本テレビ同時ネット)

「ゲームセンターあらし」は「新・ど根性ガエル」の後番組として4/5スタートです。
私は母親からゲームを一切禁止されていたこともあって、ゲーセンには全く興味も関心もなく、あんなものでヒマを潰すのは愚かな事だと当時から思っていました。
そこへもってきて主人公のあのげっ歯類のようなルックス。
タイトルとキャラを一目見ただけで生理的に受け付けませんでしたわ。

火曜(4/27)
BSN
17:30-18:00「ハニーハニーのすてきな冒険」(フジ、10日遅れ)

NST
16:55-17:25「宇宙刑事ギャバン」(テレビ朝日、四日遅れ) 17:25-55「うる星やつら」(フジ、約四ヵ月半遅れ) 19:00-30「怪物くん」(テレビ朝日同時ネット) 19:30-20:00「サザエさん(再放送)」(フジ、30分遅れ)

「宇宙刑事ギャバン」は「ハロー!サンディベル」の後番組として3/9スタートです。
しかし私は「ギャバン」から始まる一連の「宇宙刑事シリーズ」はほぼ見ていません。
この時点では帰宅時間の問題もありますけれど、最大の理由は「ヒロインが変身しないから」、この一点に尽きます。
実写特撮モノからはもう距離を置いていて、「ウルトラ」や「ライダー」の新作ならいざ知らず、新しいヒーロー実写モノなんてどうせ内容は・・・という悪質な偏見を抱いておったのです。
「ヤマト」「ガンダム」「イデオン」「ダグラム」と見てきて、今更「蒸着!」でもあるまいと。
戦隊シリーズではピンクの変身後目当てでとりあえずは見ますけれど、それがない宇宙刑事モノはもう視聴の考慮外だったのが正直なところでした。
勿論、こんな事は悪友たちにとても言えたものではありません。
まだまだおぼこな紅顔の美男子(笑うなよオイ!)の私は、若くして「ヘンタイ」のレッテルを貼られたくはなかったのです。
間接的とはいえ、自分の性癖を不特定多数の方々にぶっちゃけられる、その意味で今はとてもいい時代なのですよ。
閑話休題、「うる星やつら」は「ほえろブンブン」の後番組として2/2スタートです。
この時間帯で放送している間はほぼ見ていませんでした。
後日、フジ同時ネット放送になってからはちょいちょい見ていて、単行本も何冊か買いましたけれど。
この作品はナニが凄いかって言ったら、あたるとテンちゃんのドツキ漫才ですな。
あたる役の古川さんは北条猛、テン役の杉山さんは花月舞タンですよ。
かつては「スイートクロス」していたのですよ。
それがこの作品では毒づき愛ドツキ愛ですよ。
声優さんって凄いなぁと改めて思ったとですよ。

TNN
17:45-18:15「まんが日本絵巻」(TBS、視聴者目線では再放送)

水曜(4/28)
BSN
17:30-18:00「機甲艦隊ダイラガーⅩⅤ」(テレビ東京、約一ヶ月遅れ)

「機甲艦隊ダイラガーⅩⅤ」は「百獣王ゴライオン」の後番組として3/31スタート。
私は「宇宙大帝ゴッドシグマ」を最後にこの枠のロボットアニメは卒業したので、この作品は全く見ていません。

NST
16:55-17:25「あさりちゃん」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 17:25-55「Drスランプ アラレちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 

「あさりちゃん」は「タイガーマスク二世」の後番組として3/3スタート。
私はこの手のコメディが苦手なので、この作品は全く見ていません。

TNN
17:45-18:15「ウッディ・ウッドペッカー」(視聴者目線では再放送)

木曜(4/29)
BSN
17:30-18:00「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(テレビ東京、三週間遅れ)

「魔法のプリンセス  ミンキーモモ」は「黄金戦士ゴールドライタン」の後番組として4/8スタートです。
私の悪友のひとりがこの番組に夢中になっていて、周りでは「ロリコン」のレッテルを貼って生温かい目で見守っていましたが、本人はそんな事は眼中になくモモタンがどれだけ可愛いかツバを飛ばしながら力説していました。
私は「あぁ、そう・・・」と生返事でしたけれど、今から考えると自分の性癖に関して若くしてあれだけ熱弁を振るえる彼は偉大でしたな。
私なぞは「戦隊のピンクの変身後(中の人は大抵男)に萌えまくって・・・」などとは口が裂けても言えませんでしたもの。
閑話休題、既に魔法少女モノから卒業していた私がこの番組を見ることはありませんでしたけれど、この作品は当時私がファンだった小山さんが主演で少女と大人の声を使い分けて主題歌も歌っているんですよね。
今放送していたら多分見ると思います、小山さんのお声と演技目当てで。

NST
16:55-17:25「釣りキチ三平」」(フジ、約四ヶ月遅れ) 17:25-55「おはよう!スパンク」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 19:30-20:00「パタリロ!」(フジ、30分遅れ)

「パタリロ!」は「新竹取物語千年女王」の後番組として4/8スタート。
当時私はこの番組を完全に見過ごしていたのですが、後にあの驚愕すべき内容を知ってさらに驚愕。
私の大好きなヘンタイ要素がテンコモリじゃないですか!
男色家を堂々と見せて当時は抗議が来なかったのだろうかw

TNN
17:45-18:15「太陽の牙ダグラム」(テレビ東京、約二週間遅れ)

金曜(4/30)
BSN
06:05-35「最強ロボ ダイオージャ」(名古屋テレビ、約五ヶ月遅れ) 17:30-18:00「大戦隊ゴーグルV」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「じゃりん子チエ」(毎日放送同時ネット)

金曜早朝枠で放送していた「ずっこけナイトドンデラマンチャ」は3/26で終了して、その後番組として「ダイオージャ」が月曜夕方から移動してきています。
私は「ダイオージャ」を見ていませんでしたが、見ていた子供たちは時間移動した事で見なくなったんだろうなぁ、きっと。
「大戦隊ゴーグルV」は「太陽戦隊サンバルカン」の後番組として3/5スタート。
「ピンク変身後」萌え一直線の私はナニを差し置いても見ていました、初期はね・・・。
ゴーグルピンクは変身前も変身後も可愛くて良いのですけれど、お話はもうちょっとね・・・。
マジメに見るにはかなりの忍耐を必要としていて、とうとうそれに耐え切れなくなって視聴離脱してしまいました。
ピンク萌えよりもお話に対する忍耐力の限界が上回ってしまったのです。
今考えるとゼンタイ女のベスベラや志村忍さんが入った後期ゴーグルピンクは見ておくべきだったなぁ。
「じゃりん子チエ」はこれまで土曜夕方に放送していましたが、「ワンワン三銃士」の後番組として4月から夜七時の放送になっています。

NST
16:55-17:25「銀河旋風ブライガー」(テレビ東京、三日遅れ) 17:25-55「逆転イッパツマン」(フジ、約二ヶ月遅れ) 24:20-「地上最強の美女ワンダーウーマン」

「逆転イッパツマン」は「ヤットデタマン」の後番組として4/16スタートです。
私は「ヤットデタマン」は全く見ておらず、この作品も最初は見ていませんでした。
どうせあのマンネリでふざけた内容なんだろうと。
しかしある日偶然見て考えを全面的に改めました。
ギャグは控えめで三悪はサラリーマンでイッパツマンはとてつもなく強い!
それまでのタイムボカンシリーズよりは破裏拳ポリマーに近い感じです。
中盤でイッパツマンが倒され消滅してしまう展開には驚きました。
パターン破り続出で、なかなかに面白かったですな。
あの主題歌もノリが良くて好きです。

TNN
17:45-18:15「六神合体ゴッドマーズ」(日本テレビ同時ネット)

土曜(4/24)
BSN
17:30-18:00「まんがはじめて物語」(TBS) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

夕方に放送していた「じゃりん子チエ」は前述のように4月から金曜夜に移動しています。

NST
16:30-17:00「ロボット8ちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 17:00-30「ドン・ドラキュラ」(テレビ東京、五日遅れ) 23:35-「地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル」

「ドン・ドラキュラ」は4/10スタートです。
私はこの番組の存在は知っていましたが、一度も見ないうちに終了してしまいました。
色々と大人の事情があって打ち切られてしまったのです。
新潟では6/5に終了しているので、4話で打ち切られた同時ネット放送と異なりおそらく完成していた8本全てが放送されたと推測されます。
深夜枠の「チャーリーズエンジェル」は2月に一旦終了したのですが、4/17から再スタートしています。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第32回(昭和56年後半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第32回は、昭和56年後半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)、そしてテレビ新潟(TNN)の番組プログラムの紹介です。

この年の春から新潟県第三の民放・テレビ新潟が開局して新潟の子供たちにもいよいよ充実したテレビライフが・・・とはそう簡単にはいかない大人の事情があったりする。
そんな頃の話です。

新潟日報製本版テレビ欄の調査に基づく、昭和56年7月最終週の番組ラインナップは下記の如しです。
まず帯放送ではBSNの早朝枠で「ウルトラマンA」に代わって「ウルトラマンタロウ」が5/12より放送しています(月曜~木曜06:15-45)。
「タロウ」は新潟では通算五回目の放送になりますが、昭和54年から55年にかけての再放送では途中で何故か「ウルトラマンA」を入れて前半と後半を分ける変則放送になっていたので、実質的には四回目の放送ということになります。
夕方五時枠では「タイガーマスク」の放送を続行中です(月曜~金曜17:00-30)。
またBSNの夏休み恒例企画では、「COSMOS」を7/27から8/13まで放送(月曜~金曜10:00-55)。
高名な天文学者のカール・セーガン氏がホストを務める、宇宙の神秘や雄大さを語り尽くす番組で、BSNでは昭和55年の11月から12月にかけて平日深夜に放送されています。
私は「宇宙戦艦ヤマト」を見て以来、こういう宇宙を扱ったドキュメンタリーが好きなのでこの番組も見ているはずなのですが、うーむ思い出せない・・・。
なお「COSMOS」終了後は8/28まで「ポパイ」が放送されています。
NSTでは穴埋め番組の「マンガ大作戦」(月曜~金曜16:55-17:00)が6/16に終了して、これに伴い4月から17時開始になったばかりの夕方子供向け枠が16:55開始に変更になっています。
なんかこういうやり方って、すごく無駄に思えるのですが。
当時のNSTって放送時間枠をちょこちょこ弄るのが好きなのよねー、なんでだろ?
TNNでは新設の早朝枠で「男どアホウ甲子園」を放送開始です(月曜~土曜06:00-14)。
この作品は昭和50年にBSNで放送しているので、視聴者目線では再放送になります。
なお遺憾ながら私のリサーチ不足でこの番組の正確な放送開始日を突き止められなかったのですが、6/1時点では既に放送していました。
夕方四時台の「超人ハルク」は6/30で終了し、以後この枠は「熱中時代」などの一般ドラマの再放送枠になりました。
その枠では8/19から9/23まで「西遊記」を新潟では通算三回目の放送を行っています。
夕方五時半枠の「新巨人の星」は6/30で終了し、引き続いて「新巨人の星Ⅱ」を放送しています(月曜~金曜17:30-18:00)。
また夕方6時枠にもアニメの帯放送枠が新設されて、「家なき子」が5/18から放送されています(月曜~木曜18:00-30)。
かつてのNSTのお株を奪うような、TNNの帯放送の充実ぶりなのであります。

日曜(7/26)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
0620-45「一休さん(再放送)」 06:45-07:15「巴里のイザベル」(東京12チャンネル、約二年三ヶ月遅れ) 07:30-45「がんばれゴンベ」(東京12チャンネル、約一年遅れ) 18:00-30「とんでも戦士ムテキング」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「おじゃまんが山田くん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ふしぎな島のフローネ」(フジ同時ネット)

早朝枠では「俺はあばれはっちゃく」の後番組として「一休さん」の再放送を開始しています(7/5から06:20-45)。
「巴里のイザベル」は「野ばらのジュリー」の後番組として7/5スタート。
私はこの番組は今回の調査まで存在を知りませんでしたスイマセン親方・・・。
朝八時半枠の「ヤットデタマン」は7月から金曜夕方に移動しています。

TNN
10:30-11:00「戦国魔神ゴーショーグン」(東京12チャンネル、9日遅れ)

「戦国魔神ゴーショーグン」は7/12スタートで、この作品は気に入っていました。
なんといってもドクーガの三大幹部、彼らに尽きますな。
グッドサンダー側よりもこの三悪トリオに感情移入して見ていましたっけ。
私的には短気ですぐブチギレるカットナルさんがイチオシでした。
彼は後日アメリカ合衆国大統領にまで登り詰めたそうですが、あれだけ短気ではトランプさんどころではないのでは?
アメリカがメチャクチャになりそうですわ。

月曜(7/27)
BSN
17:25-55「最強ロボ ダイオージャ」(名古屋テレビ、約五ヶ月遅れ)

「最強ロボ ダイオージャ」は「サンダーバード」の後番組として6/22スタート。
私はこの作品は全く見ていません、申し訳ないです親方・・・。

NST
16:55-17:25「ドラえもん」(テレビ朝日、半年遅れ) 17:25-55「がんばれ!レッドビッキーズ」(テレビ朝日、約七ヶ月遅れ) 19:00-19:30「怪物くん」(テレビ朝日、約一ヵ月半遅れ) 19:30-20:00「一休さん」(テレビ朝日同時ネット)

4月から土曜夕方に放送開始した「がんばれ!レッドビッキーズ」は「機動戦士ガンダム」の後番組として、5/18からこの枠に移動しています。

TNN
19:00-30「あしたのジョー2」(日本テレビ同時ネット)

火曜(7/28)
BSN
17:25-55「仮面ライダースーパー1」(TBS)


NST
16:55-17:25「ゼンダマン」(フジ、約一年八ヶ月遅れ) 17:25-55「ほえろブンブン」(東京12チャンネル、約六ヵ月半遅れ) 19:30-20:00「サザエさん(再放送)」(フジ、30分遅れ)

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

水曜(7/29)
BSN
17:25-55「百獣王ゴライオン」(東京12チャンネル、約一ヶ月半遅れ)

NST
16:55-17:25「伝説巨神イデオン」(東京12チャンネル、約五ヶ月遅れ) 17:25-55「Drスランプ アラレちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 

「Drスランプ アラレちゃん」は「銀河鉄道999」の後番組として5/27スタート。
枠の関係で同時ネットというわけには行かず、この辺は民放三局体制の限界を示しています。
私が「Drスランプ」を見始めたのは後に同時ネット放送になってからで、放送当初の時間帯では帰宅が遅いと見れないのもあって放置状態でした。
早く帰宅してまで見たい番組とは、当時は認識していなかったのです。

TNN
19:00-30「鉄腕アトム」(日本テレビ同時ネット)

ちなみにこの年の8月の「水曜ロードショー」では、8/12に映画「宇宙戦艦ヤマト」、8/19に「ヤマトよ永遠に」を放送しています。
「ヤマト」の翌週が「さらば」ではなく「永遠に」なのは当時の関係者の思惑なんですかね。
ヤマトの最後をああいう形で描いた「さらば」を放送するのは色々と、ねぇ。
まして終戦の日の四日後となると、特攻賛美に受け取られかねませんし。

木曜(7/30)
BSN
17:30-18:00「黄金戦士ゴールドライタン」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ)

NST
16:55-17:25「釣りキチ三平」」(フジ、約四ヶ月遅れ) 17:25-55「おはよう!スパンク」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 19:30-20:00「新竹取物語 千年女王」(フジ、30分遅れ)

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

金曜(7/31)
BSN
17:25-55「太陽戦隊サンバルカン」(テレビ朝日、約一ヶ月半遅れ) 19:00-30「クオレ物語」(TBS同時ネット)

NST
16:55-17:25「がんばれ元気」(フジ、半年遅れ) 17:25-55「ヤットデタマン」(フジ、約二ヶ月遅れ) 19:00-30「ハロー!サンディベル」(テレビ朝日同時ネット)

これまで日曜朝に放送していた「ヤットデタマン」は7月から金曜のこの枠に移動しています。

TNN
18:00-30「鉄人28号」(日本テレビ、同時ネット)

土曜(7/25)
BSN
17:30-18:00「まんがはじめて物語」(TBS) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
16:30-17:00「タイガーマスク二世」(テレビ朝日、約一ヶ月半遅れ) 19:00-30「フーセンのドラ太郎」(フジ同時ネット) 24:35-「地上最強の美女たちチャーリーズ・エンジェル」

「タイガーマスク二世」は月曜夕方に移動した「がんばれ!レッドビッキーズ」の後番組として6/6スタートです。
私は「タイガーマスク」を夢中で見ていましたし、当時はBSNで夕方の帯枠で再放送していたこともあり、その続編という触れ込みのこの番組も見ていました。
でもこの作品、前作との繋がりって曖昧なんですよね。
「タイガーマスク」テレビ版よりも劇画版の続編みたいな印象。
またタイガーマスク二世が虎の穴について肯定的な発言をしているのに物凄い違和感を覚えたものです。
内容もなんだか超人バトルになっちゃって、あれでは「プロレスの星アステカイザー」と大して変わりませんがな。
・・・などなどとブツブツ文句を言いつつも、それでも最後まで見てました。
「力が正義ではない正義が力だー!」
このフレーズにシビれたゆえの継続は力なのでした。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。

ちなみにTNNの土曜日では、8/15に「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」を放送しています。
終戦の日に「ヤマト」放送となると、所謂ゴケンヘイワシンポ派の方々から苦情が殺到しそうなんですけど。
また同じ日の午後には映画「禁断の惑星」を放送しています。
なかなかシブいチョイスで感心してしまいますわ。
この後、9/11(金曜)の深夜には「宇宙水爆戦」を放送していて、これは有名なミュータントが出てくるので眠い目をこすりながら見た覚えがあります。
今と違って土曜もガッコは半ドンながら行かなきゃならないのに。
またまたちなみにですが、TNNの土曜深夜枠では6/6から9/5まで「警視K」を放送しています。
勝新太郎御大の手による、セリフがアドリブという俳優さんにとっては恐怖のドラマであります。
何年か前にCSの無料放送で第一話と第二話を見る機会があったのですが、ストーリーが大雑把にあってそのライン上をごにょごにょと会話しながら話を進めていく特異なモノでした。
勝新演じるKとの会話場面では、俳優さんたちの目が泳いじゃってるんですよね。
Kにボソッと話しかけられた時の、部下たちのリアクションがなんかもうね。
上司に話しかけられてあれだけシドロモドロな部下ってちょっといないぞと。
答えがわからないので先生に指されませんようにと祈っていた生徒が、指されて進退窮まっている感じ。
犯人役でゲスト出演した石橋蓮司さんも明らかに挙動不審でしたからね。
あれは凄いドラマですな、見ていて爆笑してしまいましたよ。

引き続いて昭和56年10月最終週の放送状況はこんな感じ。
まず帯放送ではBSNの早朝枠で「ウルトラマンタロウ」に代わって8/19から「ど根性ガエル」を放送しています(新潟では通算四回目の放送)。
ただこの再放送は一気に全編放送するのではなく、9/24に一旦終了(休止)して9/28から「ポパイ」が始まります(月曜~木曜06:15-45)。
夕方五時台では「タイガーマスク」の後番組として「トムとジェリー」が昭和41年以降では新潟で通算五回目の放送を8/26から行っています。
「トムとジェリー」はホントに面白いのです。
ジェリーの番犬として小さく凶暴なチビ犬がトムをズタボロにする話や真冬のアルプス?でトムが湖に落ちて凍死寸前のところをウィスキーのストレートイッキ呑みをさせられて凍死転じて急性アルコール中毒になる話とか何度見ても笑えますわ。
NSTではアニメの帯放送は完全に無くなっています。
TNNでは早朝枠で「男どアホウ!甲子園」の後番組として8/31から「夕焼け番長」を放送しています(月曜~土曜06:00-14)
この作品は昭和46年にNSTが放送しているので、視聴者目線では後番組になります。
・・・しかしこの番組、日本テレビでの本放送は昭和43年なんですよね。
この時点でも既に13年前の作品で、当時の他の新作と比べると古めかしさは否めません。
まぁ早朝の穴埋め的な枠ですし、15分で一エピソードの構成で放映権が格安となるとこういう番組に行き着いたのかなぁ。
夕方五時半枠では、「新巨人の星Ⅱ」に代わって8/12から「宇宙空母ブルーノア」を放送しています。
この番組はNSTで放送していたので視聴者目線では再放送になりますが、この当時はまだ記憶に新しいもので、本放送時に最終回を見られなかった私は喜んだ覚えがあります。
「ブルーノア」は9/29で放送終了して、後番組は9/30から「ハクション大魔王」です(月曜~木曜17:30-18:00)。
「ハクション大魔王」はNSTで三回放送していて、新潟での放送はこの放送で通算四回目になります。
夕方6時台では「家なき子」の後番組として「宝島」が8/17に放送開始しましたが、「ブルーノア」と同じく9/29に放送終了。
TNNの夕方6時帯枠はこれで終了し、10月からは日替わりで新作が放送される編成に変わります。

日曜(10/25)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

ちなみにBSNの日曜ではこの頃、昼間にホラー映画を放送していました。
12/6「サスペリア」 12/13「サスペリア2」 12/20「リーインカーネーション」 12/27「キャリー」といった具合で、特に「サスペリア」は以前書いた悪夢の記憶がまだ生々しかった頃で相当に腰が引けながらもそれでも好奇心が勝ってしまって見てしまいました。
流石に二度目となると、初回視聴時の凄まじい恐怖は感じませんでしたがそれでもやっぱり怖かった・・・。

NST
06:10-35「がんばれゴンベ」(東京12チャンネル、約一年遅れ) 06:35-07:00「金髪のジェニー」(東京12チャンネル、約二年三ヶ月遅れ) 18:00-30「ダッシュ勝平」(フジ同時ネット) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 19:00-30「おじゃまんが山田くん」(フジ同時ネット) 19:30-20:00「ふしぎな島のフローネ」(フジ同時ネット)

早朝枠の「一休さん」再放送は9/27で終了し、後枠には「がんばれゴンベ」が朝八時台から移動しています。
「金髪のジェニー」は「巴里のイザベル」の後番組として10/4スタート。
私は「イザベル」同様に今回の調査までこの作品の存在を知りませんでした、申し訳ないです親方・・・。
「ダッシュ勝平」は「とんでも戦士ムテキング」の後番組として10/4スタート。
しかし私はこの手のギャグスポーツアニメが生理的にイヤなので、この作品は一切見ていません。
スポーツモノはやはり気合と根性のスパルタ式でないと。

TNN
特撮アニメの放送無し。
午前10時台に放送していた「戦国魔神ゴーショーグン」は10月から月曜夕方に移動しています。

月曜(10/26)
BSN
17:30-18:00「最強ロボ ダイオージャ」(名古屋テレビ、約五ヶ月遅れ)

ちなみにこの月の「月曜ロードショー」では10/26に「ファンタズム」を放送しています。
たいへん美味しそうに冷気を吸う悪いノッポさんのトールマンさんご降臨であります。
どこまでが夢なのか現実なのか不安感を持たせる異様な映画でしたっけ。
ラストの「来るんだぁーーー!」に心臓が止まりそうになりましたよいやマジで。
死んだはずだよおトミさんだったのでしたわ。
また11/9の月曜ロードショーでは「エクソシスト2」を放送。
「エクソシスト」で恐怖のドン底に叩き込まれたヘナチョコな私は、それでも怖いモノ見たさで恐る恐る見ていましたっけ。
でもなんかねー、リーガンタンがラストで悪魔を撥ね付ける超人になっちゃって面白くなかった・・・。

NST
16:55-17:25「ゼンダマン」(フジ、約一年八ヶ月遅れ) 17:25-55「がんばれ!レッドビッキーズ」(テレビ朝日、約七ヶ月遅れ) 19:00-19:30「ドラえもん」(テレビ朝日、半年遅れ) 19:30-20:00「一休さん」(テレビ朝日同時ネット)

これまで火曜に放送していた「ゼンダマン」が10月からこの枠に移動して、「ドラえもん」が押し出されて「怪物くん」を放送していた夜七時に移動、「怪物くん」は火曜夜に移動しています。
いわゆるトコロテンの三重奏というヤツですな、そういえばトコロテンってとっても気持ちの良いものなのよと小説で読んだことがありますわ。

TNN
18:00-30「戦国魔神ゴーショーグン」(東京12チャンネル、9日遅れ) 19:00-30「新・ど根性ガエル」(日本テレビ同時ネット)

これまで日曜に放送していた「戦国魔神ゴーショーグン」は10月からこの枠に移動しています。
「新・ど根性ガエル」は「あしたのジョー2」の後番組として9/7スタート。
私は初代「ど根性ガエル」が苦手だった関係上、この作品は最初から視聴の考慮外でした。
ちなみにTNNの水曜では、「水曜ロードショー」で12/30に「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」を放送しています。
私が「さらば」を初めて見たのは多分この放送です。
内容は勿論知っていますが、それでも後半はもう涙が止まりませんでした。
真田さんの「いけー古代!いけ!いかんかぁー!」と、古代と沖田の会話の場面は特に。
人間の命だけが邪悪な暴力を止められる最後の武器という沖田艦長のお言葉、自分の小乗のいのちを大乗のいのちに換えにいくからこれは死ではないと言う古代。
あれほど壮烈なアニメは他に例を見ません。
今の若い人たちはせせら笑いそうな話なんでしょうけど、私は今見ても泣けてしまいますよ。

火曜(10/27)
BSN
17:30-18:00「ハニーハニーのすてきな冒険」(フジ、10日遅れ)

「ハニーハニーのすてきな冒険」は「仮面ライダースーパー1」の後番組として10/27スタートです。
民放三局体制になってからフジテレビの新作アニメをBSNで放送するのは珍しい話で、放映権を巡ってどんなやりとりがBSNとNSTの間であったのか興味の湧くところです。
ただし私は今回の調査までこの作品の存在さえ知りませんでした、迂闊です親方・・・。
以前にも述べたように、私はこういう女の子向けアニメは「魔女っ子チックル」を最後に卒業してしまったので、当時こういう番組タイトルを見てこれはもう視聴の考慮外と判断していたのでしょうなきっと。

NST
16:55-17:25「ハロー!サンディベル」(テレビ朝日) 17:25-55「ほえろブンブン」(東京12チャンネル、約六ヵ月半遅れ) 19:00-30「怪物くん」(テレビ朝日) 19:30-20:00「サザエさん(再放送)」(フジ、30分遅れ)

それまで金曜夜七時にテレビ朝日同時ネットで放送されていた「ハロー!サンディベル」は、10月から同時ネットの放送時間が夜七時半に変更されましたが、新潟の金曜夜七時半枠はテレビ朝日用ではない為に同時ネットで放送継続は出来ず、火曜の夕方に移動を余儀なくされています。
民放三局体制ゆえの難しい話なのであります。
また「怪物くん」は10月から火曜夜七時に移動していますが、この枠はテレビ朝日同時ネットなので「怪物くん」はこの時点で新潟も同時ネット放送になったのかもしれません。

TNN
18:00-30「まんが日本絵巻」(再放送)

「まんが日本絵巻」はかつてBSNでTBS同時ネット放送していた作品で、視聴者目線では再放送になります(10/6スタート)。

水曜(10/28)
BSN
17:30-50「百獣王ゴライオン」(東京12チャンネル、約一ヶ月半遅れ)

NST
16:55-17:25「タイガーマスク二世」(テレビ朝日、約一ヶ月半遅れ) 17:25-55「Drスランプ アラレちゃん」(フジ、約一ヶ月半遅れ) 

これまで土曜夕方に放送していた「タイガーマスク二世」は「伝説巨神イデオン」の後番組として、8/26からこの枠で放送しています。

TNN
18:00-30「ウッディ・ウッドペッカー」(再放送) 19:00-30「鉄腕アトム」(日本テレビ同時ネット)

「ウッディ・ウッドペッカー」は昭和53年から54年にかけてBSNで放送していたアメリカ産のアニメで、視聴者目線では再放送になります(10/7スタート)。

木曜(10/29)
BSN
17:30-18:00「黄金戦士ゴールドライタン」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ)

NST
16:55-17:25「釣りキチ三平」」(フジ、約四ヶ月遅れ) 17:25-55「おはよう!スパンク」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 19:30-20:00「新竹取物語 千年女王」(フジ、30分遅れ)

TNN
18:00-30「まんがふるさと昔ばなし」(東京12チャンネル、5年二ヶ月遅れ)

「まんがふるさと昔ばなし」は10/8スタートです。
この番組は全く覚えがありません・・・。

金曜(10/30)
BSN
06:15-45「ずっこけナイトドンデラマンチャ」(東京12チャンネル、約一年四ヶ月遅れ)
 17:25-55「太陽戦隊サンバルカン」(テレビ朝日、約一ヶ月半遅れ) 19:00-30「ワンワン三銃士」(TBS同時ネット)

「ずっこけナイトドンデラマンチャ」は8/28スタートです。
この番組はタイトルが面白いので存在自体は当時から知っていましたが、平日の早朝ということもあって視聴機会はありませんでした。
初期ウルトラシリーズやヤマトならば眠い目をこすってでも見るところですが、この手の番組だとそういう気にはならないのが実際のところ。
昔から低血圧で朝が弱い私は一分一秒でも長くおフトンの中にいたかったのです。
「ワンワン三銃士」は「クオレ物語」の後番組として10/9スタートです。
私はこの手の「どうぶつの擬人化」が苦手なので、この作品は意図的に見ていませんでした。
「猿の惑星」を連想しちゃうんですよね、こういう番組って。

NST
16:55-17:25「銀河旋風ブライガー」(テレビ東京、三日遅れ) 17:25-55「ヤットデタマン」(フジ、約二ヶ月遅れ)

「銀河旋風ブライガー」は「がんばれ元気」の後番組として10/9スタートです。
しかし「がんばれ元気」の最終回は9/18なので、「ブライガー」放送開始までのつなぎは「ドラえもん」を二週続けて放送という妙な事をしています。
閑話休題、「ブライガー」はほぼ記憶に無いのですが、今考えると何故見ていなかったのだろうと当時の自分に対して激しく疑問を抱くわけです。
設定やストーリーを見ると中々に魅力的ですしね。
早く帰宅した日は見ておくべきだったなぁと、いい歳をしたオッサンになつてから悔やんでいるのです。
また前述の通り、夜七時から同時ネットで放送していた「ハロー!サンディベル」は大人の事情で火曜夕方に移動しています。

TNN
18:00-30「六神合体ゴッドマーズ」(日本テレビ同時ネット)

「六神合体ゴッドマーズ」は「鉄人28号」の後番組として10/2スタート。
所謂「マーグさんのお葬式」が世の腐女子の方々の力の結晶で実現したことで高名な作品であります。
私は初期は見ていましたけれど、次第にマーズとマーグの関係が鼻に付き始めて「兄さんはオレのモノだ!」に至ってしばらく見るのを止めましたw
まぁ世間の腐女子の皆さんはあのセリフで「キターーーーーーー!」とお股を濡らしてしまうほどに歓喜興奮なされたのでしょうけれど、当時の私はまだそういう概念を理解する域には到達していなかったので・・・今なら彼女たちのお気持ちはよく理解できますです、ハイ。
そんなこんなで冷却期間を置いてから視聴を再開したら、今度はマーズがデビルリングを腕にハメられて、超能力を使うと苦痛に襲われて命を削りながら戦うという悲壮な展開に。
見ていて「これはハッピーエンドにはならないな」と思い、終盤は見るのをやめてしまいましたっけ。

土曜(10/31)
BSN
17:30-18:00「まんがはじめて物語」(TBS) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
24:35-「地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル」

夜七時に放送していた「フーセンのドラ太郎」は8/1に終了しています。
夕方に放送していた「タイガーマスク二世」は前述のように8月末から水曜夕方に移動しています。

TNN
帯番組以外の特撮アニメの放送無し。
しかし深夜枠では、「警視K」の後番組として、最早団体ヒーローモノと言っても過言ではない「大都会PARTⅢ」が9/12から新潟では二度目の放送を果たしているのです。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ