« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第27回(昭和54年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第30回(昭和55年後半) »

2019年5月12日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第29回(昭和55年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第29回は、昭和55年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

前年秋の「仮面ライダー」に続いてウルトラシリーズも5年ぶりの実写新作「ウルトラマン80」が登場するも、世間の評価はイマイチ。
一方アニメでは「ヤマト」ブームが退潮して次なる主柱を模索中、そんな頃の話です。

新潟日報製本版テレビ欄の調査に基づく、昭和55年1月最終週のラインナップは下記の如し。

まず帯放送ではBSNの早朝枠で放送していた「ウルトラマンA」が前年12/31で終了し、後番組は1/7から「ウルトラマンタロウ」です(月曜~金曜06:25-54)。
前回書いたように、「タロウ」は当初「帰ってきたウルトラマン」の後番組として放送開始したものの、開始後約一ヶ月で「A」に変わっています。
今回の放送は2/15までなので、おそらく編成のミスで番組の放送順を間違えた事に気づいて前年秋に一時中断して「A」を流し、1月から「タロウ」の残りを放送する段取りになったのでしょう。
NSTではまず前年10月にそれまでの土日放送から月曜~金曜06:25-30の帯放送に変わった「冒険ロックバット」が11/27に終了しています。
朝枠では「新オバケのQ太郎」の再放送が1/18に終了して、1/21から「ピコリーノの冒険」の再放送が始まっています(月曜~金曜07:00-30)。
夕方枠では「タイムボカン」の再放送に引き続いて、前年11/26から「ヤッターマン」をようやく放送開始しました(月曜~金曜16:50-17:20)。
フジ同時ネットから約二年と十ヶ月遅れで、人気アニメでここまで放送が遅れたのは「アタックNo1」と「ヤッターマン」が双璧だと思います。
「ヤッターマン」はおふざけが少々過ぎるなーといささか閉口気味ではありましたが、学校から帰宅していた日は見ていました。
「タイムボカン」ほどの面白さは無かったんですけど。
変身ヒーローギャグモノは私の感覚に合わないのかもしれません。
「破裏拳ポリマー」みたいに日常パートと戦闘パートの雰囲気をガラリと変えてる場合は良いのですが。

日曜(1/27)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 20:00-54「西遊記Ⅱ」(日本テレビ同時ネット)

「西遊記Ⅱ」は11/11スタートです。
正直、前作よりも面白くなくて、親が大河ドラマを見ると言ったらたいしてゴネずに従っていた気がします。
この年の大河ドラマ「獅子の時代」は私もかなりハマって見てましたしねぇ。
ダウンタウンブキウギバンド作の「OUR HISTORY AGAIN」がまたカッコ良くて。
生まれて初めてきっちり見た大河ってこの作品でした。
閑話休題、「西遊記Ⅱ」は猪八戒のキャストが代わって馬が人間体になれるのに拒絶反応が出たように思います。
八戒はやはり西田敏行さんじゃないとなー。
あのすぐ泣きが入るgdgdっぷりが良かったのに。

月曜(1/28)
BSN
17:30-18:00「ウルトラマンレオ」(再放送)

NST
17:20-48「サイボーグ009」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 18:30-19:00「トム・ソーヤーの冒険」(フジ、1日遅れ)

「トム・ソーヤーの冒険」は「赤毛のアン」の後番組として1/7スタート。
この作品はキャラが明朗闊達なので見てました。
中盤でインジャン・ジョーの殺しの場面を見てしまったトムとハック。
裁判でインジャンの殺人を告発したトムが、その後悪夢にうなされるところは爆笑してしまいました。
インジャンが夜中に窓からトムの部屋に侵入してきて・・・というくだり。
あれからインジャン・ジョーと聞くともうアカンのですわ、笑いがこみ上げてきて。
「よぅ、トムくん」
内海賢二さんのコワ面白いあの声が忘れられませんわ。

火曜(1/29)
BSN
17:30-18:00「一休さん」(NET、8日遅れ) 

NST
17:20-48「タンサー5」(東京12チャンネル、約二ヶ月半遅れ) 18:30-19:00「宇宙空母ブルーノア」(よみうり、10日遅れ)

水曜(1/30)
BSN
17:30-18:00「未来ロボダルタニアス」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「ザ・ウルトラマン」(TBS同時ネット)

NST
17:20-48「銀河鉄道999」(フジ、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「科学忍者隊ガッチャマンF」(フジ、17日遅れ) 24:20-「地上最強の美女たち!チャーリーズエンジェル」(日本テレビ、約一年半遅れ)

木曜(1/31)
BSN
17:30-18:00「円卓の騎士物語燃えろアーサー」(フジ、20日遅れ)

NST
17:20-48「メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行」(フジ、22日遅れ)
18:30-19:00「ベルサイユのばら」(日本テレビ、8日遅れ)

「ルパン三世」が金曜に移動した後枠でこの日にスタートしたのが「メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行」です。
私はこういうファンタジーモノが苦手なので、この作品はほとんど見ていません。

金曜(1/25)
BSN
17:30-18:00「バトルフィーバーJ」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「仮面ライダー」(TBS同時ネット)

NST
17:20-48「ドラえもん」(テレビ朝日、半年遅れ) 18:00-30「ルパン三世」(日本テレビ、約二ヶ月半遅れ) 19:00-30「花の子ルンルン」(NET同時ネット)

「ドカベン」が1/1に終了し、その後枠に今まで木曜に放送していた「ルパン三世」が移籍してきました(1/18から)。

土曜(1/26)
BSN
16:00-30「燃えろアタック」(テレビ朝日、半年遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
07:00-30「こぐまのミーシャ」(テレビ朝日、二週間遅れ) 07:30-08:00「まんが猿飛佐助」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ)

「まんが猿飛佐助」は「くじらのホセフィーナ」の後番組として11/10スタート。
この作品、私は何故か主題歌は覚えているのです。
カラオケで歌えと言われればすんなり歌えるレベルにメロディラインも覚えています。
しかし本編は全く記憶にありません、絵柄さえ覚えていない・・・。
どういう現象が働いたんでしょうかねコレって。
子供の頃は我ながら色々と理屈で説明できないウルトラゾーンが多いのです。

引き続いて昭和55年4月最終週の放送状況です。
まず帯番組ではBSNの早朝枠で「ウルトラマンタロウ」に代わって2/18から「ジムボタン」がスタート。
この作品は昭和49年にNSTで放送されているので、視聴者目線では再放送になります。
「ジムボタン」に代わって3/31から「サスケ」の通算三回目の放送がスタート(月曜~木曜06:25-54)。
私はとうとう「サスケ」は未見のままだったなぁ。
夕方枠では3/11から「あしたのジョー」の再放送が始まっています。
NSTでは朝枠の「ピコリーノの冒険」が4/1に終了し、これをもってNSTの朝アニメ枠は廃止になりました。
この頃からアニメの帯放送も次第に肩身が狭くなってくるのです。
夕方枠では「ヤッターマン」が放送続行中(月曜~金曜16:50-17:20)
また、水曜深夜枠で2/13にスタートした「地上最強の美女バイオミックジェミー」が4/8から月曜~木曜15:55-16:50の帯放送に変わっています(5/7まで)。
これで早く帰宅できればジェミータンに会える・・・のはずなのですが、私は全く記憶にございません。

日曜(4/27)
BSN
10:30-11:00「まんがはじめて物語」(TBS)

「まんがはじめて物語」はTBSでは昭和53年5月から放送している番組ですが、新潟では4/6から放送開始です。
私はこの番組というと土曜夕方にやっている印象が強く、日曜午前の放送時は見ていなかったと思います。
岡まゆみおねーさんに萌え萌えだったなぁ。
私は幼少の頃からキリッとした顔立ちの女性が好きなのです。

NST
06:15-45「こぐまのミーシャ」(テレビ朝日、二週間遅れ) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 20:00-54「西遊記Ⅱ」(日本テレビ同時ネット)

これまで土曜朝に放送していた「こぐまのミーシャ」は4月から日曜早朝に移動していてこの日が最終回です。
ビデオデッキの普及がまだこれからという時代、日曜早朝に早起きしてこの番組を見る幼児がはたしてどれだけいたことやら。
ちなみにNSTの日曜日では午後四時台に放送していた「大都会PARTⅢ」が4/6で終了しています(後番組は「探偵物語」)
かなり無茶なシチュエーションでも強引に毎回ラストに流していた「ひーぐれぇざぁかぁ~」ともお別れです。

月曜(4/28)
BSN
17:30-18:00「サンダーバード」 

「ウルトラマンレオ」再放送の後番組として3/31から「サンダーバード」がBSNでは通算三回目の放送開始です。
ちなみにBSNの月曜日では3/31に夜九時の「月曜ロードショー」で「エクソシスト」を放送しています。
私はこの時が「エクソシスト」の初見だったと思いますけど、これも前年秋の「サスペリア」に負けず劣らず怖かった・・・。
悪魔に取り付かれて変わり果てた姿で首を180度回して緑色のゲロを吐くリーガンがもう正視できない怖さでね・・・。
でもこの作品もいい歳のおっさんになって見てみると、「世の中キリスト教だけで回ってるんやないんやでふざけんなバーロー!」と暴言を吐きたくなるのでありまして。

NST
17:20-48「サイボーグ009」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 18:30-19:00「トム・ソーヤーの冒険」(フジ、1日遅れ) 24:25-「グリーンホーネット」(日本テレビ、13年遅れ)

深夜枠で若き日のブルース・リー氏がレギュラー出演していたアメリカのヒーローモノ「グリーンホーネット」が3/31放送開始しています。
月曜深夜では子供はとても見れません・・・

火曜(4/29)
BSN
17:30-18:00「一休さん」(NET、8日遅れ)


NST
17:20-48「タンサー5」(東京12チャンネル、約二ヶ月半遅れ) 18:30-19:00「宇宙空母ブルーノア」(よみうり、10日遅れ)

「宇宙空母ブルーノア」はこの日が最終回です。
しかし私はこの日、親と一緒に親戚の家に遊びに行っていて放送時間までに帰宅できませんでした・・・。
万代シティバスセンターで、帰宅時間が遅れた事をゴネて親に逆ギレされて叱られて涙目だったのを思い出しますです。

水曜(4/30)
17:30-18:00「宇宙大帝ゴッドシグマ」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「ウルトラマン80」(TBS同時ネット)

「宇宙大帝ゴッドシグマ」は「未来ロボダルタニアス」の後番組として4/16スタート。
中盤以降、主役側の博士が洗脳などではなく「本当に頭がおかしくなって」敵に寝返ったのが衝撃的でしたw
「ウルトラマン80」は「ザ・ウルトラマン」の後番組として4/2スタート。
「ウルトラマンレオ」終了後5年を経て実写ウルトラマンの復活であります。
私は「学校編」は見ていましたが、「UGM編」になってからなんだかいつものウルトラマンで新味がないなぁと思いはじめて視聴機会が減っていきました。
その「UGM編」の次の毎回子供がゲスト主役の段階に至って、「あー・・・」と天を仰ぐ状態で完全に見切ってしまいましたっけ。
だから石田えりさん演じる城野エミ隊員の殉職回も見ていません。
最終回とその前の回だけは見ましたけれど、それは「女ウルトラマン登場」に釣られての話。
ぴっちぴちのラバースーツの女ウルトラマン「ユリアン」の健気な戦いに萌え、最終回に感動して「ウルトラマン80」一巻の終わりだったのであります。

NST
17:20-48「銀河鉄道999」(フジ、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「科学忍者隊ガッチャマンF」(フジ、17日遅れ) 

深夜枠では「地上最強の美女たち!チャーリーズエンジェル」に代わって2/13から「地上最強の美女バイオミックジェミー」がスタートしましたが、前述のように4月から平日夕方の帯放送に移動しています。

木曜(4/24)
BSN
17:30-18:00「円卓の騎士物語燃えろアーサー」(フジ、20日遅れ)

調査が不徹底で恐縮なのですが、5/1には「燃えろアーサー 白馬の王子」に変わっています。

NST
17:20-48「メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行」(フジ、22日遅れ)
18:30-19:00「オタスケマン」(フジ、二ヶ月遅れ)

「オタスケマン」は「ベルサイユのばら」の後番組として4/3スタートです。
NSTでは夕方の帯枠で「ヤッターマン」を放送中ですが、新潟では「ゼンダマン」をすっ飛ばして「オタスケマン」放送と相成りました。
この番組はちょいちょい見てたなぁ。
ナナちゃん役の声優さんが気に入って「島津冴子」さんのお名前が若い大脳にしかと刻み込まれたのですよ。

金曜(4/25)
BSN
06:25-54「無敵ロボトライダーG7」 17:30-18:00「電子戦隊デンジマン」 19:00-30「仮面ライダー」(TBS同時ネット)

「無敵ロボトライダーG7」は3/28スタートです。
同時ネットでは「無敵鋼人ダイターン3」から「機動戦士ガンダム」、そして「無敵ロボトライダーG7」という枠の流れになっていますが、新潟では「ダイターン3」は既にNSTで放送済み、「ガンダム」はこの時点で新潟では未放映のまま「トライダーG7」が始まっています。
「ウルトラシリーズ」の再放送ならば、眠い目をこすりながらしっかり視聴する私ですけれど、この「トライダーG7」は主題歌さえ知らないので全く見ていません。
夕方にやっていれば見る機会もあったでしょうけれど、早朝では余程の価値を見出さないと見る気にならないのが実際のところです。
「電子戦隊デンジマン」は「バトルフィーバーJ」の後番組として3/28スタート。
ミスアメリカちゃんに萌え萌えだった私は「バトルフィーバーJ」の終了にかなりガッカリ。
しかし後番組の「デンジマン」ではデンジピンクちゃん(変身後)に目が釘付け。
「中の人は男」じゃないかと薄々は感じておりましたけれど、特に後半は女らしさ倍増の仕草と演技に相当萌えたのを告白しなければなるますまい。
この段階で「男性が女性を演じる」事のエロスに明確に目覚め始めたのであります。
また「デンジマン」は後半の組織内部の抗争劇がスリリングで、ドラマとしても中々見ごたえがありました。

NST
17:20-48「ドラえもん」(テレビ朝日、半年遅れ) 18:00-30「ルパン三世」(日本テレビ、約二ヶ月半遅れ) 19:00-30「魔法少女ララベル」(NET同時ネット)

「魔法少女ララベル」は「花の子ルンルン」の後番組として2/15スタート。
私はこの段階でこの手の番組の視聴層から外れていたこともあり、ほぼ見ていませんでした。

土曜(4/26)
BSN
16:00-30「燃えろアタック」(テレビ朝日、半年遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)


NST
07:30-08:00「まんが猿飛佐助」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ)

朝七時に放送していた「こぐまのミーシャ」は前述のように4月から日曜早朝に移動しています。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第27回(昭和54年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第30回(昭和55年後半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第27回(昭和54年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第30回(昭和55年後半) »