« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第24回(昭和52年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第26回(昭和53年後半) »

2019年5月 3日 (金)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第25回(昭和53年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第25回は、昭和53年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

特撮作品が沈滞ムードの一方で、SFアニメでは「宇宙戦艦ヤマト」再評価のムーブメントが高まりまた「ルパン三世」の新作が放送開始。
年長の子供たちの関心は特撮からアニメにほぼ移ってしまっている、そんな頃の話です。

新潟日報製本版テレビ欄の調査に基づく、昭和53年1月最終週のラインナップは下記の如し。
なお「製本版」とは当時の新聞をそのまま大型のファイルに綴じてあるもので、新潟市図書館では昭和53年4月分から製本版になっています。
製本版は縮刷版に比べて相当に大きくて重い反面、字が大きいので非常に見やすいのです。
縮刷版は白い紙に小さな文字というスタイルなので、目が疲れやすく画数の多い漢字は判別困難になってしまいます。
製本版はそういう心配が全くないのですが、手や袖は汚れるのでそれは注意が必要です。

閑話休題、ます帯番組はBSNで放送中だった「トムとジェリー」(月曜~金曜16:00-30)が1/13に終了して、子供向け番組の帯放送が無くなってしまいました。
ちなみに後番組は「河原町東入ル」という一般向けのコメディードラマです。
NSTでは朝07:25~30枠の「ミラーファイト」が1/17に終了して後番組は「星の子ポロン」、朝08:00-30枠は前年12/22に終了した「てんとう虫の歌」の後番組として「ムーミン」を12/23から放送しています。
「ムーミン」は新潟ではこれで通算四回目の放送で、ウルトラシリーズ以外はほぼ一期一会な特撮や男の子向けアニメに比べると実に恵まれた放送状況なのです。
また朝08:30-09:00枠で「奥様は魔女」を前年11/14から放送していて、こちらは新潟で通算五回目の放送になります。
一方夕方枠では前年12/27で終了した「タイムボカン」の後番組として「あしたへアタック」(フジ、約七ヶ月遅れ)が1/9スタート。
「タイムボカン」の後番組なら当然「ヤッターマン」を放送すべきなのですが、平日毎日放送の帯枠では同時ネット放送にすぐ追いついてしまうので宜しくないという判断があったのでしょうか。
ともあれ新潟で「ヤッターマン」を見れるのはもう少し先の話になります。

日曜(1/29)
BSN
07:15-45「ウッディ・ウッドペッカー」

「ウッディ・ウッドペッカー」は1/14にスタートしたアメリカ製のアニメで、皆様ご存知のけたたましく鳴き笑うキツツキのキャラクターが主役です。
ウィキペディアによると日本では昭和30年代半ばに日本テレビ系列で放送されたのが最初ということですが、この枠で放送したものがその日本テレビ放送版なのかどうかは残念ながらわかりません・・・。
日曜早朝のアメリカ製のアニメなんて、多分一度も見てないしなぁ。

NST
18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット)

月曜(1/30)
BSN
16:30-17:00「ドン・チャック物語」(再放送?) 17:00-30「超電磁マシーン ボルテスV」(NET、23日遅れ) 

NST
17:20-50「元祖天才バカボン」(日本テレビ、二ヵ月半遅れ) 18:00-30「ペリーヌ物語」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「激走ルーベンカイザー」(テレビ朝日同時ネット)

「ペリーヌ物語」は「あらいぐまラスカル」の後番組として1/2スタート。
私は「ラスカル」に引き続いてこの枠は当時全く見ていません。

火曜(1/31)
BSN
16:30-17:00「ベティちゃん」 17:00-30「ロボット110番」 17:30-18:00「若草のシャルロット」(テレビ朝日、約半月遅れ)

「若草のシャルロット」は「超合体魔術ロボギンガイザー」の後番組として前年11/15スタート。
私はこの番組は主題歌も全く知らないので一切見ていません、スイマセン親方・・・。

NST
17:20-48「恐竜大戦争アイゼンボーグ」(東京12チャンネル、約二ヶ月半遅れ) 18:00-30「新巨人の星」(よみうり、17日遅れ)

「恐竜大戦争アイゼンボーグ」は「合身戦隊メカンダーロボ」の後番組として前年12/20スタート。
同じ円谷プロ製作の「プロレスの星アステカイザー」と異なり、こちらは戦闘場面が実写になっています。
主題歌は覚えているので見てはいたのでしょうけど、内容はほぼ忘れていますw
なんかこの頃の番組って、そんな印象のモノが多いよなぁ。
子供なりに知恵がついてきて、つまらないと思ったら見ていても夕食までの時間潰しのながら見だもんなぁ。
今みたいにゲームだナンダと娯楽が多い時代じゃなかったですしね。

水曜(1/25)
BSN
16:30-17:00「とび出せ!マシーン飛竜」(東京12チャンネル、三週間遅れ) 17:00-30「ここは惑星0番地」(テレビ朝日、約三ヶ月半遅れ) 17:30-18:00「家なき子」(日本テレビ、10日遅れ) 19:30-20:00「まんが日本絵巻」(TBS同時ネット)

「ここは惑星0番地」は「氷河戦士ガイスラッガー」の後番組として前年12/21スタートです。
この番組は主題歌を全く知らないので、多分一度も見ていないと思います。

NST
17:20-48「アローエンブレムグランプリの鷹」(フジ、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「一発貫太くん」(フジ、17日遅れ)

「アローエンブレムグランプリの鷹」は土曜朝に移動した「シートン動物記・くまの子ジャッキー」の後番組として11/9スタート。
「ジャッキー」が女児向けの作品なのに、その後枠は割とリアルなカーレースモノって枠の統一性が無さすぎですがな。
「グランプリの鷹」も所謂「スーパーカーブーム」に乗って制作された作品のひとつですが、他の作品よりもリアル志向なのがウリでしたな。
ただ、以前にも書いたように先行して放送された「激走ルーベンカイザー」と記憶がごちゃまぜになっています・・・両方共にF1レースモノだからでしょうか。

木曜(1/26)
BSN
16:30-17:00「バーバパパ」(東京12チャンネル、約八ヵ月半遅れ) 17:00-17:30「惑星ロボダンガードA」(フジ、約三ヶ月遅れ) 17:30-18:00「一休さん」(NET、8日遅れ)

「バーバパパ」は12/15スタートですが、私はあの独特の主題歌は覚えていますが内容は何だか意味不明で狐につままれた感じでした。
今ならシュールと表現するところでしょう。

NST
17:20-48「ルパン三世」(日本テレビ、約二ヶ月半遅れ)

「ルバン三世」は「小さなスーパーマン ガンバロン」の後番組として1/19スタート。
私の世代のルパンはこの「赤ジャケ」版です。
中盤からはスラップステックなエピソードが増えてきて閉口しましたけれど、初期は夢中になって見ていましたなぁ。
子供だましなモノは直感的に見破る年齢になってきていましたから、そういう部分の少ない「ルパン三世」には久しぶりの獲物を見つけた餓狼のことく速攻で飛びついたのです。

金曜(1/27)
BSN
16:30-17:00「透明ドリちゃん」(テレビ朝日、13日遅れ) 17:30-18:00「まんが世界昔ばなし」(TBS、1日遅い) 19:00-30「まんが偉人物語」(TBS同時ネット)

「透明ドリちゃん」は「ジャッカー電撃隊」の後番組として1/20スタート。
私は「ジャッカー」の後半は見ていないので、その流れでこの番組も全く見ていません。
主題歌も全然知らないですし。
「まんが偉人物語」は「大鉄人ワンセブン」の後番組として前年11/18スタート。
この手の番組は親と一緒に見ていたはずなのですが、うーむとんと思い出せませんわ。

NST
17:20-48「宇宙戦艦ヤマト」(再放送) 18:00-30「ドカベン」(フジ、2日遅れ) 19:00-30「キャンディキャンディ」(NET同時ネット)

土曜(1/28)
BSN
19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
07:00-30「女王陛下のプティ・アンジェ」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ)

「女王陛下のプティ・アンジェ」は前年11月からこの枠に移動した「シートン動物記・くまの子ジャッキー」の後番組として1/7スタート。
19世紀のイギリスを舞台にした少女探偵モノのようですが、私は主題歌も知らないので多分全く見ていません、遺憾です親方・・・。

引き続いて昭和53年4月最終週の状況です。

まず帯番組はBSNで早朝のアニメ特撮枠が4月から新たに設けられて、その第一弾として「はじめ人間ギャートルズ」の再放送(月曜~金曜06:24-54)が4/3から行われています。
NSTでは朝枠の放送時間帯が一部変更になって、「ムーミン」の再放送(月曜~金曜07:30-08:00)と「奥様は魔女」(月曜~金曜08:30-09:00)、夕方枠では「あしたへアタック」の後番組として「母をたずねて三千里」の再放送(月曜~金曜16:50-17:20)が2/13から行われています。

日曜(4/30)
BSN
07:15-45「ウッディ・ウッドペッカー」

NST
18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット)

月曜(4/24)
BSN
16:30-17:00「ドン・チャック物語」(再放送?) 17:00-30「闘将ダイモス」(テレビ朝日、23日遅れ) 17:30-18:00「超スーパーカー ガッタイガー」(東京12チャンネル、約五ヶ月遅れ)

「闘将ダイモス」は「超電磁マシーン ボルテスV」の後番組としてこの日から放送開始です。
私は「ボルテスV」を第一話で見切って以後全く見ていなかったので、その流れでこの作品もほぼ見ていません。
ささきいさおさんの歌う主題歌は凄くカッコ良いんですけどねー。
「超スーパーカー ガッタイガー」は3/6スタートで、所謂「スーパーカーブーム」の産物のひとつです。
この作品は主題歌含めて全然覚えていません・・・、裏番組の「おれは鉄兵」は全く見ていなかったので、この時期学校から帰宅して私は友達と遊ぶ以外に何をしていたんだろう?

また、BSNでは5/1から夕方帯枠の大改編が実施されていて、四時台は一時間枠となり「水戸黄門」や「大岡越前」などTBS系時代劇の再放送枠になりました。
その結果、夕方の一般ドラマやアニメの帯枠は全廃されてしまい、さらにそのしわ寄せとして月曜の「ドン・チャック物語」、火曜の「ロボット110番」、水曜の「UFO大戦争戦え!レッドタイガー」、木曜の「バーバパパ」、金曜の「透明ドリちゃん」が4月で放送終了もしくは休止になっています。
月曜の「ドン・チャック物語」はこの日でひとまず終了になります。

NST
17:20-48「おれは鉄兵」(フジ、約五ヶ月遅れ) 18:00-30「ペリーヌ物語」(フジ、1日遅れ) 19:00-30「魔女っ子チックル」(テレビ朝日同時ネット)

「おれは鉄兵」は当時の人気漫画のアニメ化作品で「元祖天才バカボン」の後番組として2/20スタート。
私は前述のようにこの番組は全く見ていません・・・。
「魔女っ子チックル」は「激走ルーベンカイザー」の後番組として3/6スタート。
この作品は当時私が萌えまくっていた吉田理保子さんと麻上洋子さんのお声聞きたさに見ていました。
チックルが魔法であの家の娘として入り込む展開はかなり怖かったんですけどw
あれって洗脳というか記憶改竄ですもんね。
魔法使いサリーちゃんがああいう事をやったら魔法の国に強制召還事案になるでしょう。

火曜(4/25)
BSN
16:30-17:00「ベティちゃん」 17:30-18:00「若草のシャルロット」(テレビ朝日、約半月遅れ)

「ベティちゃん」は前述の夕方枠大改編を受けて5月から放送時間を30分繰り下げになります。
また夕方五時枠の「ロボット110番」は4/18で終了しています。

NST
17:20-48「恐竜大戦争アイゼンボーグ」(東京12チャンネル、約二ヶ月半遅れ) 18:00-30「新巨人の星」(よみうり、17日遅れ

水曜(4/26)
BSN
16:30-17:00「UFO大戦争戦え!レッドタイガー」(東京12チャンネル、11日遅れ)
17:00-30「ここは惑星0番地」(テレビ朝日、約三ヶ月半遅れ) 17:30-18:00「家なき子」(日本テレビ、10日遅れ) 19:00-30「まんが世界昔ばなし」(TBS同時ネット)
19:30-20:00「まんが日本絵巻」(TBS同時ネット)

「UFO大戦争戦え!レッドタイガー」は「とび出せ!マシーン飛竜」の後番組として4/19スタート・・・なのですが、この枠での放送は4月のみでその後は暫く放送休止、7月から仕切り直しで火曜夕方五時枠で放送再開という不遇さ。

「まんが世界昔ばなし」はこれまで金曜の夕方に放送していましたが、4/5から目出度くゴールデン枠に栄転しています。

NST
17:20-48「アローエンブレムグランプリの鷹」(フジ、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「一発貫太くん」(フジ、17日遅れ)

木曜(4/27)
BSN
16:30-17:00「バーバパパ」(東京12チャンネル、約八ヵ月半遅れ) 17:00-17:30「惑星ロボダンガードA」(フジ、約三ヶ月遅れ) 17:30-18:00「一休さん」(NET、8日遅れ) 19:00-30「スターウルフ」(TBS同時ネット)

「バーバパパ」はこの日で放送終了です。
「スターウルフ」は4/6スタートで、新潟では久しぶりにゴールデンタイムでの特撮モノの放送です。
当初は作品の雰囲気がハードタッチで、悪名高いスターウルフがその正体の新星拳を疑惑の目で見る副長、拳の正体を知っているくせにのらりくらりと腹芸のキャプテン、あのギスギスした緊迫感が快感で毎週楽しみに見ていました。
バッカス三世号もカッコ良くて、プラモデルが欲しかったんですけど結局入手出来ず仕舞だったなぁ。
中盤以降は路線変更で思いっきり子供向けになっちゃって、初期は敵のウルフアタッカーから自衛するのが精一杯だったバッカス三世号もムチャクチャ強くなっちゃいました。
それを見て何かガッカリしちゃいましてね、最後の方はもう見ていませんでした。
視聴率が悪いからって子供に阿る路線変更はロクな事がありませんなぁ。
円谷プロ作品で言えば「ファイヤーマン」もそうでした。

NST
17:20-48「ルパン三世」(日本テレビ、約二ヶ月半遅れ)

金曜(4/28)
BSN
16:30-17:00「マンガ宇宙大作戦」(東京12チャンネル、約一年遅れ) 16:30-17:00「透明ドリちゃん」(テレビ朝日、13日遅れ) 19:00-30「まんが偉人物語」(TBS同時ネット)

「マンガ宇宙大作戦」は4/14スタートで、有名な「スタートレック」のアニメ版です。
私は断片的にしか覚えていません。
「透明ドリちゃん」はこれに伴い放送時間を30分繰り下げましたが、この日で終了しています。
1/20に放送開始してまだ三ヶ月しか経っていないので、中途で放送打ち切りと思われます。
夕方五時半枠に放送していた「まんが世界昔ばなし」は水曜夜七時枠に栄転しています。

NST
17:20-48「宇宙海賊キャプテンハーロック」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「ドカベン」(フジ、2日遅れ) 19:00-30「キャンディキャンディ」(NET同時ネット)

「宇宙海賊キャプテンハーロック」は「宇宙戦艦ヤマト」再放送の後番組枠ですが、ヤマトの放送終了は2/24。
その後は春高バレーの中継やら何やらで、レギュラー番組が後枠に確定したのは一ヶ月半も経っての事でした。
閑話休題、「キャプテンハーロック」はハマリ込んで見てました。
ハーロックのあのハードボイルドな佇まいと(精神の)自由を尊ぶ言動、普段は自由気ままに過ごしているのにいざとなれば一糸乱れず行動し戦うアルカディア号の乗組員たち、死ぬと紙のように燃えるマゾーンの謎。
地球に既にマゾーンのスパイが大量に入り込んでいる潜在侵略のやり方は怖かった・・・。

土曜(4/29)
BSN
19:00-30「まんが日本昔ばなし」

NST
07:15-45「女王陛下のプティ・アンジェ」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ)

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第24回(昭和52年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第26回(昭和53年後半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第24回(昭和52年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第26回(昭和53年後半) »