« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第29回(昭和55年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第28回(昭和54年後半) »

2019年5月19日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第30回(昭和55年後半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第30回は、昭和55年後半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

特撮では「ウルトラマン80」の後が続かずに巨大ヒーローモノはこれで長い冬の時代に。
一方アニメでは「ヤマト」に代わるより大きく強固な主柱「ガンダム」と末代まで語り継がれる「イデオン」の二作品が新潟に登場。
特撮は幼児向け、SFアニメは中高生向けという区切りがいよいよ明確になったそんな頃の話です。

新潟日報製本版テレビ欄の調査に基づく、昭和55年7月最終週のラインナップは下記の如し。

まず帯放送ではBSNの早朝枠で「サスケ」に代わり「陽気なルルちゃん」を5/21から放送中です。
私は今回の調査まで、この作品の事を一切知りませんでしたスイマセン親方・・・。
ぐぐってみたら、新潟でもこの頃既に放送済みの「リトル・ルルとちっちゃい仲間」の元ネタのアメリカのアニメのようです。
戦中から戦後作られた作品のようで、何故こんな古い作品を放送する気になったものやら。
他のアメリカ製アニメとセットで放映権を買ったんですかね?
夕方五時枠では3/11から放送されていた「あしたのジョー」の再放送が7/14に終了、翌日から「忍風カムイ外伝」の新潟では通算三回目の放送が始まりました。
BSN夏の定番企画「夏休み子供劇場」(平日午前10半枠)ではあの「サンダーマスク」を7/21から8/26までまさかの再放送です。
私が「サンダーマスク」を見たのもこの時で、以前にも書きましたけれど防衛チームのスタイルが昭和30年代の作品みたいでチープ・・・。
よく聞く「ヒロインのおねいさん」の棒演技は覚えていないので、巷で酷評されるようなレベルではなかったのかはたまた私がそれほど熱心に見ていなかったからなのか。
また深夜11時半枠では「600万ドルの男」を7/2から月曜~木曜に放送しています。
SFアクション系のアメリカのドラマはNSTで度々流していますが、BSNでは珍しい事です。
ちなみに「600万ドルの男」はNSTで先行放送されている「地上最強の美女バイオミックジェミー」の前日譚に当る作品です。
NSTでは夕方四時枠(15:55-16:50)で「西遊記」の再放送を6/13から7/22まで実施、それに続く五時枠(16:50-17:20)では「ヤッターマン」に代わって5/30から7/25まで「天才バカボン」を放送しています。
この作品はBSNで二回放送していますが、NSTなら「元祖天才バカボン」を既に放送しています。
既に放送実績のある「元祖」ではなく無印を流したのは何か特段の理由があったのかどうか。
閑話休題、「天才バカボン」の後番組として7/28から「鋼鉄ジーグ」の再放送が始まっています。
この頃には既にジーグのおもちゃも捨ててしまっていたので、ジーグに再会してもおもちゃで遊ぶことは出来ませんでしたガッカリ。
今思うと、捨てずに取っておけばなぁと激しく後悔するモノが多いんですよねー。
でも親に捨てろってキツく命令されちゃったからなー。

ちなみにこの夏はモスクワ五輪が開催されていて、NSTではその関連番組放送により早朝深夜のレギュラー番組が軒並み休止しています。
この連載で上げている番組では月曜深夜の「グリーンホーネット」が五輪期間中は休止になっています。

日曜(7/27)
BSN
10:30-11:00「まんがはじめて物語」(TBS)

NST
18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 

夜八時枠の「西遊記Ⅱ」は5/4で終了しています。

月曜(7/28)
BSN
17:30-18:00「サンダーバード」 

NST
17:20-48「機動戦士ガンダム」(名古屋テレビ、約一年二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「トム・ソーヤーの冒険」(フジ、1日遅れ) 24:25-「グリーンホーネット」(日本テレビ、13年遅れ)※「モスクワ五輪」開催期間中は休止

「機動戦士ガンダム」は「サイボーグ009」の後番組として6/9スタート。
現在まで語り継がれその名を冠する作品が続々と生み出されている「ガンダム」も、新潟では同時ネットから一年以上経っての放送だったのです。
当時購読していた「アニメージュ」でこの作品の情報については知っていたので、予備知識がある状態で見てました。
まぁしかし正直なところ、前半のアムロが鬱屈しているあたりが目に付いて、周りが大騒ぎする程熱心ではなかったのは確かです。
現在ではファーストガンダムはほぼ眼中にないもんなぁ。
以前、BS11で放送していた時も一度たりとも見なかったし。
他の記事でも述べているように、私は「ガンダム」といったら「ゼータ」以外無いのですよ。
ただ所謂「ガンプラ」は買ったなぁ。
最初に買ったのは「ガンダム」の新潟初放送の夏で、同い年の従兄弟と一緒にオモチャっぽい1/100のガンダムを作った思い出があります。
その後1/144シリーズにも手を出して、学校の近くの駄菓子屋さんが問屋とコネがあるらしく頻繁に仕入れるのを目当てで日参していました。
最初のシリーズは肩が動かなかったり、脆くてすぐ折れちゃったりで困ったなぁ。
今は無き大和デパートにも日曜の早朝に行列して買ってました。
三時間辛抱強く待って買えたのが「ドダイ」や「アッガイ」という悲しさw
コネのある人が人気のあるアイテムは行列に並ばずに先に買ってたという噂もあって、ああやっぱり世の中コネのあるヤツが勝つんだなと痛感しましたわ。
最終的にファーストの300円サイズで買わなかったのはガンタンクだけだったよーな。
「Zガンダム」の頃にはガンプラに手を出す以前の軍艦や航空機のプラモに回帰していたので、その頃のガンプラは一切買っていません。

火曜(7/29)
BSN
17:30-18:00「一休さん」(NET、8日遅れ) 

NST
17:20-48「ぼくら野球探偵団」(東京12チャンネル、11日遅れ) 18:30-19:00「ムーの白鯨」(日本テレビ、一ヶ月遅れ)

「ぼくら野球探偵団」は土曜朝枠に移動した「タンサー5」の後番組として5/3スタート。
朱肉を顔に塗りたくったような赤マントさんとかやきう探偵団とか、なんかもう相当に時代遅れだなーと思っていました。
円谷プロ製作だというので初回は見た覚えがありますが、それきり二度と見ませんでした。
「ムーの白鯨」は「宇宙空母ブルーノア」の後番組として5/6スタート。
前作とは打って変わって派手さのないファンタジー作品、最初は見ていましたが話が退屈で自然と視聴フェードアウトしましたっけ。

水曜(7/30)
BSN
17:30-18:00「宇宙大帝ゴッドシグマ」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「ウルトラマン80」(TBS同時ネット)

NST
17:20-48「銀河鉄道999」(フジ、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「科学忍者隊ガッチャマンF」(フジ、17日遅れ) 

木曜(7/31)
BSN
17:30-18:00「燃えろアーサー 白馬の王子」(フジ、20日遅れ)

NST
17:20-48「メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行」(フジ、22日遅れ)
18:30-19:00「オタスケマン」(フジ、二ヶ月遅れ)

「メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行」はこの日が最終回です。

金曜(7/25)
BSN
06:25-54「無敵ロボトライダーG7」 17:30-18:00「電子戦隊デンジマン」(テレビ朝日、26日遅れ) 19:00-30「仮面ライダー」(TBS同時ネット)

NST
17:20-48「ドラえもん」(テレビ朝日、半年遅れ) 18:00-30「ルパン三世」(日本テレビ、約二ヶ月半遅れ) 19:00-30「魔法少女ララベル」(NET同時ネット)

土曜(7/26)
BSN
16:00-30「燃えろアタック」(テレビ朝日、半年遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
07:30-08:00「タンサー5」(東京12チャンネル、約二ヶ月半遅れ)

朝七時半枠で放送していた「まんが猿飛佐助」は5/3で終了して、その後番組としてそれまで火曜夕方に放送していた「タンサー5」が5/10からこの枠に移動しています。
BSNでもそうですが、夕方から朝への移動ってあんまり期待されていない番組の辿る運命なんですよね、子供向け枠の穴埋め要員・・・。

ちなみにNSTの土曜日は8/23の「土曜ワイド劇場」で「京都妖怪地図 嵯峨野に生きる900歳の新妻」を放送しています。
・・・この作品は怖かった、実に怖かった・・・。
恋しい男が帰ってくるのを待って、若い男の精を呑んで900年間生き続けていた女妖の話です。
若い男の精を頻繁に呑まないと身体がたちまち老化して凄まじいミイラのような婆の姿になってしまうのです。
婆のビジュアルの凄さと、若い男たちの命を奪って生き続けてきた女の妄執。
視覚的にも精神的にも相当に堪える作品でした。
これを見てから私は「大岡越前」を正視できなくなりました・・・。

引き続いて昭和55年10月最終週の放送状況をご紹介。
まず帯番組ではBSNの早朝枠で「陽気なルルちゃん」に代わって「ウルトラマンレオ」の新潟では通算四回目の再放送を9/29から始めています。
「ウルトラマンレオ」は新潟ではこの年の3月に毎週月曜夕方の再放送を終えたばかりで、半年を経てまたもやの放送です。
ただし今回の放送は当初月曜~木曜、後述する「おじゃまんが山田くん」の木曜早朝での放送開始に伴って月曜~水曜放送に変更されています。
しかしねぇ、たった半年後に「レオ」をまたやるのならば、TBS系の特撮モノならば「シルバー仮面」や「アイアンキング」の再放送をやってくれればいいのにと、当時を振り返って今更のように思うところなのであります。
夕方五時枠で放送していた「忍風カムイ外伝」は9/12に終了していて、後番組は「飛べ!孫悟空」の再放送です・・・。(月曜~金曜17:00-30)
私は幼少の頃、ドリフを見るのを親に禁じられていたせいもあって、このグループは好きではありません(俳優としてのいかりや長介さんは除く)。
よってこの番組も本放送再放送問わず見ていません。
クラスでは大人気だったので、見てない私は変人扱いされてました。
まぁ他でも戦艦大和やゼロ戦やアポロその他の宇宙開発本に夢中になっていて、そういう点で既に変人のレッテルを貼られてはいましたがw
月曜~木曜の深夜枠の「600万ドルの男」は放送続行中です(11/11終了)
一方NSTでは夕方五時枠(月曜~金曜16:50-17:20)で7/28から放送していた「鋼鉄ジーグ」の再放送が帯番組としては10/9(木曜)まで、残り二回を10/13と10/16に放送して終了しています。
NSTの平日夕方は枠の改編が中旬~下旬に実施されて、今まで帯放送枠だった16:50-17:20の時間帯は週イチの本放送番組枠に充てられており、これによってNSTのアニメ帯放送枠は消滅してしまいました。

日曜(10/26)
BSN
10:30-11:00「まんがはじめて物語」(TBS)

NST
18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 

月曜(10/27)
BSN
17:30-18:00「サンダーバード」 

ちなみにBSNの月曜日では、夜九時の「月曜ロードショー」で「サスペリア2」を10/6に放送しています。
「サスペリア」と違って頭のオカしいオバチャンの猟奇連続殺人の話なので、悪夢にうなされるような怖さはありませんでした。
ラスト、オバチャンが首にブラ下げているペンダントがエレベーターだったかに引っかかって首を締め上げられて口から白玉ダンゴみたいなのをオエッと吐き出して絶命する場面が強く心に残っています。

NST
16:50-17:20「ドラえもん」(テレビ朝日、半年遅れ) 17:20-48「機動戦士ガンダム」(名古屋テレビ、約一年二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「トム・ソーヤーの冒険」(フジ、1日遅れ) 24:25-「グリーンホーネット」(日本テレビ、13年遅れ)

これまで金曜夕方に放送していた「ドラえもん」は、前述の夕方放送枠改編に伴って10/20から月曜放送に変更されています。

火曜(10/28)
BSN
17:30-18:00「一休さん」(NET、8日遅れ) 

NST
16:50-17:20「ゼンダマン」(フジ、約一年八ヶ月遅れ) 17:20-48「鉄人28号」(日本テレビ、18日遅れ) 18:30-19:00「ムーの白鯨」(日本テレビ、一ヶ月遅れ)

「ゼンダマン」は10/21放送開始で、フジ同時ネットでは後番組に当たる「オタスケマン」よりも新潟では後発でのスタートになります。
仮面ライダーやウルトラマンと違って、シリーズモノといっても各作品間の世界観やストーリーの繋がりはないタイムボカンシリーズなので、こういう放送形態でも構わないのです。
しかし一年八ヶ月遅れとは・・・、何故そうだったのかは推測さえ出来ませんが、新潟ではタイムボカンシリーズの扱いは冷淡だったのです。
「鉄人28号」は「ぼくら野球探偵団」の後番組として10/21スタート。
この作品は前半は見ていました。
しかし見ていて「こんなあまり派手さのない話が幼児層にどれだけアピールできるのだろうか?」と思っていたら案の定、後半は話がいきなり大きくなって宇宙規模になってしまいました。
ああなるともうリモコン操縦で肉弾戦マンセーの鉄人の出る幕ではないと思うのですがw
そんなこんなで後半はもう見ていませんでした。
最終回も記憶に全くないので完全に見切っていたと思います。
「ムーの白鯨」はこの日が最終回で、翌週からはヤマトマニアの私が待ちに待っていた「宇宙戦艦ヤマトⅢ」が始まります。

水曜(10/29)
BSN
17:30-18:00「宇宙大帝ゴッドシグマ」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「ウルトラマン80」(TBS同時ネット)

NST
16:50-17:20「伝説巨神イデオン」(東京12チャンネル、約五ヶ月遅れ) 17:20-48「銀河鉄道999」(フジ、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「とんでも戦士ムテキング」(フジ、17日遅れ) 

「伝説巨神イデオン」は10/15スタート。
アニメージュなどでもポストガンダム作品としてかなり推していて、私もずっと見ていました。
まぁ「イデ」なる存在、無限力の概念は年齢的にちょっと難しかったのですが、何かと背伸びしたがる年頃だったゆえに難解な設定やストーリーも「こういうのをちゃんと見れるのがオトナの証」と思って一生懸命見ていました。
最終回はいきなりのイデ発動で打ち切り臭プンプンでしたが、本来の結末は映画で無事描かれていて大変よござんした。
「イデオン」はプラモデルもそこそこ買っていて、イデオンとソロシップ、バッフ・クランの重機動メカ”ジグ・マック”と”ガンガ・ルブ”を作りましたなぁ。
ソロシップはなんだかオモチャっぽい出来で、バンダイのヤマトやガンダムの艦艇シリーズに比べると明らかにイマイチ。
ガンガ・ルブはストレートに組むと隙間だらけで精度に大きく欠け、ガンダムのモビルスーツに比べるとやはりイマイチ。
当時の1/700スケールの所謂「ウォーターライン」シリーズでもすでに痛感しておったことですが、メーカー間の技術格差ってやはり大きいのネと思い知らされたのです。
なんだかんだ言いつつ、やはりバンダイの技術力はお見事ですな。
「とんでも戦士ムテキング」は「科学忍者隊ガッチャマンF」の後番組として9/24スタート。
最初は見ていましたけど、コメディ路線のヒーローモノって私はやっぱり性に合わない・・・。
黒ダコブラザーズの面々は面白かったけど、ムテキングが強すぎて面白くない・・・。
破裏拳ポリマーさんみたいに凄まじい修行で強さを増したのならいいんですけど、一種の魔法であんなに強くなられても、なんかカタルシスに大きく欠けてしまうのです。

木曜(10/30)
BSN
06:24-54「おじゃまんが山田くん」(フジ、約一ヶ月遅れ) 17:30-18:00「闘士ゴーディアン」(東京12チャンネル、2日遅れ)


「おじゃまんが山田くん」は10/23放送開始。
私がこの作品を見たのは翌年4月のテレビ新潟開局に伴って、フジ同時ネット放送になってからでこの早朝放送は始まったことさえ知らなかったと思います。
「闘士ゴーディアン」は「燃えろアーサー白馬の王子」の後番組として10/9スタート。
フジ同時ネットでは「白馬の王子」の後番組は「おじゃまんが」なので、「マジンガーZ」以来のこの枠の流れからいけば新潟でも当然「おじゃまんが」のはずなのです。
そうしなかったということは、翌年のテレビ新潟開局に伴いフジの番組はNSTに移籍させる方針がこの時点で決定されていたのでしょうな。
翌春には放送枠のメインストリームから外れるのが決まっている番組なら、穴埋め的な早朝枠で流してしまおうという判断だったのではないかと。
閑話休題、「闘士ゴーディアン」は主題歌も覚えているしプラモデルも買ったのですが、肝心の本編はほぼ覚えていません・・・。

NST
16:50-17:20「釣りキチ三平」(フジ、約四ヶ月遅れ) 17:20-50「鉄腕アトム」(日本テレビ、22日遅れ)

「釣りキチ三平」は「チルチルミチルの冒険旅行」の後番組として8/14スタートし、前述の夕方放送枠改編に伴って10/23から放送時間を30分繰り上げています。。
私は釣りには幼少の頃から全く興味がないので、原作マンガも読んでいませんしアニメも全く見ていません。
文字通り視程外でしたなぁ。
「鉄腕アトム」は「釣りキチ」の後枠に入る形で10/23スタート。
以前にも言いましたが、私は「アトム」の作品底流のウエットさが幼少の頃からキライなのでこの新作版もほぼ見ていません。

金曜(10/31)
BSN
06:25-54「無敵ロボトライダーG7」 17:30-18:00「電子戦隊デンジマン」(テレビ朝日、26日遅れ) 19:00-30「仮面ライダースーパー1」(TBS同時ネット)

「仮面ライダースーパー1」は「仮面ライダー」の後番組として10/17放送開始です。
この作品は「悪の組織が改造に一切関わっていない」「憲法の達人」「宗教団体のような敵」という設定が目新しくて、前作の後半よりも見る機会が多かったのです。
あの路線で一年貫徹すればかなりの良作になったと思うのですが、時間移動して「ジュニアライダー隊」が登場するとガッカリしてもうどうでもよくなってしまいました。
幼児たちはアレを見て面白がっていたのだろうか、ぜひ意見を拝聴したいところなのです。
私が幼児の頃は「少年仮面ライダー隊」なんて目障りで仕方なかったけどなー。

NST
16:50-17:20「怪物くん」(テレビ朝日、約一ヶ月半遅れ) 18:00-30「ルパン三世」(日本テレビ、約二ヶ月半遅れ) 19:00-30「魔法少女ララベル」(NET同時ネット)

「怪物くん」は月曜に移動した「ドラえもん」の後枠に入る形で10/17スタート。
私は再放送でモノクロの「怪物くん」をギリギリ覚えている世代なので、当時はどうしても白石冬美さん版の怪物くんと比較してしまったのです。
テレ朝版怪物くんは野沢雅子さんが演じておられますが、野沢さんの声は色んな作品で聞いていて正直なところ当時は食傷気味だったのが偽らざるところでした。
今でも怪物くんの声は白石さんの方が上から目線の世間(人間界の常識)知らずの王子さまっぽさがあってよかったかなぁと思っていますし。
それが影響していたのかこの番組は「暇なら見る」程度だったかなぁ。

土曜(10/25)
BSN
16:00-30「燃えろアタック」(テレビ朝日、半年遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

「燃えろアタック」は放送休止が実に多い番組で、月の半分は放送していません。
土曜の午後は特番がガンガン入るので、この時間帯の番組はまずまともには見れないと覚悟しておくのが肝要でした。

NST
特撮アニメ等の放送なし。
朝七時半枠で放送していた「タンサー5」は8/16に終了しています。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第29回(昭和55年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第28回(昭和54年後半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第29回(昭和55年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第28回(昭和54年後半) »