« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第26回(昭和53年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第29回(昭和55年前半) »

2019年5月 5日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第27回(昭和54年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第27回は、昭和54年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

「ヤマト」ブームがまだまだ続いている一方、新潟ではウルトラシリーズの旧作が続々再放送。
また私の性的嗜好を変えてしまったwある意味人生における決定的な作品「バトルフィーバーJ」が放送開始で、私個人としては特撮アニメの放送状況が最高に良かった頃の話です。

新潟日報製本版テレビ欄の調査に基づく、昭和54年1月最終週のラインナップは下記の如し。

まず帯放送では、BSNの早朝枠で「ど根性ガエル」の再放送(月曜~金曜06:25-54)を続行中です。
NSTでは朝七時枠で「アタックNo1」の再放送(月曜~金曜07:00-30)と朝八時半枠の「ルーシーショー」(月曜~金曜08:30-09:00)を続行中。
夕方枠では「風船少女テンプルちゃん」が前年12/1に終了して、後番組は12/4から「宇宙魔神ダイケンゴー」(テレビ朝日、約四ヶ月遅れ)ですが、同時ネットから四ヶ月遅れで週五日放送ではすぐに追いついてしまう為、「ダイケンゴー」は1/29から月曜夕方のみの放送に変わって1/23から火曜~金曜は「無敵超人ザンボット3」(名古屋テレビ、約一年三ヶ月遅れ)の放送になりました。
私は「ダイケンゴー」については全く記憶がなく、「ザンボット3」は第一話を見ましたけれど、以前にも書いたように主役の声がキライなので話の内容には関係なく視聴を切りました。

日曜(1/28)
BSN
07:15-45「ウッディ・ウッドペッカー」

NST
06:55-07:00「冒険ロックバット」(フジ、約3年一ヶ月遅れ) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 20:00-54「西遊記」(日本テレビ同時ネット)

月曜(1/29)
BSN
17:00-30「闘将ダイモス」(テレビ朝日、23日遅れ) 17:30-18:00「ウルトラセブン」(再放送) 19:30-20:00「コメットさん(新)」(TBS同時ネット)

1月から3月までの「ウルトラセブン」の放送状況は下記の通りです。
1/5(この日のみ金曜放送)不明、1/8「湖のひみつ」、1/15「マックス号応答せよ」 1/22、1/29、2/5不明、2/12「狙われた街」、2/19不明、2/26「必殺の0.1秒」、3/5「散歩する惑星」、3/12不明、3/19「蒸発都市」、3/26「月世界の戦慄」

NST
16:50-17:20「宇宙魔神ダイケンゴー」(テレビ朝日、約四ヶ月遅れ) 17:20-48「一球さん」(フジ、五ヶ月遅れ) 18:30-19:00「赤毛のアン」(フジ、1日遅れ) 19:00-30「魔女っ子チックル」(テレビ朝日同時ネット)

「宇宙魔神ダイケンゴー」は前述のようにこの日から月曜のみの放送に変わっています。
「赤毛のアン」は「ペリーヌ物語」の後番組として1/8スタート。
「フランダースの犬」があまりに辛かったせいで、以来この枠はずっと見なかった私ですが、「赤毛のアン」からボチボチ視聴を再開しました。
アンがやられたらやりかえす、自力で血路を切り開くポジティブなキャラなので安心して見ていられたのですよ。
主題歌がまた良いのですよアレは。

火曜(1/30)
BSN
17:00-30「UFO大戦争戦え!レッドタイガー」(東京12チャンネル) 17:30-18:00「はいからさんが通る」(テレビ朝日、24日遅れ)

NST
17:20-48「恐竜戦隊コセイドン」(東京12チャンネル、約二ヶ月半遅れ) 18:30-19:00「宇宙戦艦ヤマト2」(日本テレビ、17日遅れ) 24:20-「タイムトンネル」

水曜(1/25)
BSN
17:00-30「スパイダーマン」(東京12チャンネル、二週間遅れ) 17:30-18:00「宝島」(日本テレビ、10日遅れ) 19:00-30「まんが世界昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
17:20-48「銀河鉄道999」(フジ、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「科学忍者隊ガッチャマンⅡ」(フジ、17日遅れ) 24:20-「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」

「銀河鉄道999」は「アローエンブレムグランプリの鷹」の後番組として11/8スタート。
世間では非常に評価の高い作品ですが、正直なところ私はこの作品は好きではありません・・・。
これまでの連載で再三述べているように、私はウエットな作風がキライなので、テレビ版999の過度に感傷的なところが苦手なのです・・・。
劇場版第一作は気に入っているんですけどね、もっとも鉄郎やメーテルにではなく、キャプテン・ハーロックとクイーン・エメラルダスがカッコいい~なんですけど。

木曜(1/26)
BSN
17:00-30「SF西遊記スタージンガー」(フジ、約三ヶ月遅れ) 17:30-18:00「一休さん」(NET、8日遅れ) 

NST
17:20-48「ルパン三世」(日本テレビ、約二ヶ月半遅れ)

金曜(1/27)
17:00-30「宇宙からのメッセージ・銀河大戦」(テレビ朝日、約五ヶ月遅れ) 19:00-30「まんがこども文庫」(TBS同時ネット) 24:02-「スペース1999」(TBS、約一年四ヶ月遅れ)

「宇宙からのメッセージ・銀河大戦」は「マンガ宇宙大作戦」の後番組として前年12/15スタートです。
私はこの番組は全く覚えがなく、多分一度も見ていないと思います。

NST
17:20-48「宇宙海賊キャプテンハーロック」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「ドカベン」(フジ、2日遅れ) 19:00-30「キャンディキャンディ」(NET同時ネット)

土曜(1/28)
07:15-45「ウッディ・ウッドペッカー」 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

これまで日曜朝に放送していた「ウッディ・ウッドペッカー」は1月から土曜も放送しています。

NST
07:30-08:00「星の王子さま」(朝日放送、18日遅れ)

引き続いて昭和54年4月最終週はこんな感じです。

まず帯放送はBSNで早朝枠で「ど根性ガエル」の後番組として「キャプテンウルトラ」の再放送を2/28から4/25まで行っています(月曜~水曜06:25-54)。
「キャプテンウルトラ」は新潟では昭和47年以来で通算四回目の放送になります。
実は新潟において、「ウルトラシリーズ」以外の特撮番組で最も放送回数が多いのがこの作品なのです。
この時の再放送はガッチリ見ていました。
「キャプテンウルトラ」の後番組は4/30から「ウルトラマン」が新潟では昭和45年以来通算四回目の放送スタートです。
私が初めて「ウルトラマン」を見たのはこの時で、まだ眠い目をこすりながら懸命に見てました。
また夕方五時台の番組が整理されて、五時台前半に帯枠が復活し、「タイガーマスク」の再放送(2/20から月火の放送でスタート、3月から月曜~金曜放送に変更)が始まっています。
一方NSTでは朝七時枠で「アタックNo1」の後番組として「あらいぐまラスカル」の再放送が2/20にスタート、朝八時半枠では「ルーシーショー」の後番組として2/6から「かわいい魔女ジニー」の放送を行っています。
夕方枠ではまず四時台に「野球狂の詩」(フジ、約11ヶ月遅れ)を4/18から5/24まで放送(月曜~金曜15:55-16:50)、五時枠では「無敵超人ザンボット3」の後番組として「超人戦隊バラタック」(テレビ朝日、約八ヶ月遅れ)が3/7スタートです(月曜~金曜16:50-17:20)。
この作品は全く記憶にないなぁ。

日曜(4/29)
BSN
06:45-07:15「ピンクレディー物語」(東京12チャンネル、約三ヶ月半遅れ)

「ピンクレディー物語」は「ウッディ・ウッドペッカー」の後番組として2/11スタート。
この番組は土曜日の「ウッディ・ウッドペッカー」の後番組にもなっていて、土曜日曜の2日連続放送になっていましたが、土曜の放送は3月末で終わって4月からは日曜のみの放送に、また放送時間帯もこれまでよりも30分繰り上がっています。
当時はこの番組の存在すら知りませんでしたが、調べてみるとミーはワカメちゃんもしくはしずかちゃん、ケイは忍者ハットリくんなんですよね。
ミーの野村さんは想像がつきますけれど、堀さん演じるケイってどんな感じなのか全然想像できないので興味あるなぁ。

NST
06:55-07:00「冒険ロックバット」(フジ、約3年一ヶ月遅れ) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット)

夜八時台の「西遊記」は4/15に終了しています。
子供向けではありませんが、私的に絶対見逃せないのが4/8スタートの「大都会PARTⅢ」(16:15-17:10)。
私はそれまでの「大都会」シリーズは見ておらず、おそらく日曜午後にやっていた「大江戸捜査網」からの流れで偶然見て、たちまち虜になりました。
もうね、アレは勧善懲悪のヒーローモノ以外の何物でもないですよね。
犯罪者さんたちもいちいちパンチ効いてるし。
近年、BSで放送していて録画視聴しましたけど、シャブのフラッシュバックで以前黒岩さんに取調された屈辱が甦って朝メシ中の黒岩さんを襲う組長の御曹司のキケロのジョーさんとか、白昼の街中でライフルを乱射して黒岩さんをおびき出そうとするヤクザのキャプテンウルトラさんとか、ゲバメットとゲバ棒で暴れる過激派テログループのライダーマンさんとか、刑事に奪取された火炎放射器で車ごと焼かれる武器密輸団首領のハヤタさんとかね、かつて正義のヒーローを演じた俳優さんたちが怪演をみせる悪人どもが黒岩軍団に次々と情け容赦なく仕置されていくのです。

月曜(4/30)
BSN
17:30-18:00「ウルトラセブン」(再放送) 19:30-20:00「コメットさん(新)」(TBS同時ネット)

この日から早朝枠で「ウルトラマン」の再放送が始まったので、学校へ行く前に「ウルトラマン」を見て帰宅して「ウルトラセブン」を見るという、特オタ少年にとって至福の月曜日となったのです。
「ウルトラセブン」の4月から6月の放送状況は下記の通りです。
4/2「盗まれたウルトラアイ」、4/9不明、4/16「セブン暗殺計画(前編)」、4/23、4/30不明、5/7「ノンマルトの使者」、5/14「第四惑星の悪夢」、5/21「円盤が来た」、5/29(この日のみ火曜放送)「恐怖の超猿人」、6/4「ダン対セブンの決闘」、6/11「あなたはだあれ?」、6/18「明日を捜せ」、6/25「北へ還れ!」
なお、五時台に放送していた「闘将ダイモス」は2/19に終了しています。

NST
17:20-48「サイボーグ009」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 18:30-19:00「赤毛のアン」(フジ、1日遅れ) 19:00-30「赤い鳥のこころ」(テレビ朝日同時ネット)

「サイボーグ009」は「一球さん」の後番組として4/9スタート。
この番組はBSNの「ウルトラセブン」の裏番組で、私は「セブン」を見ていた為に「009」の最初の四ヶ月ほどは全く見ていませんでした。
「ウルトラセブン」の後番組は「ウルトラマンレオ」だったので、「レオ」の放送期間中は両刀使い的に見ていたようです。
だからあまり強い印象は持っていないのです。
作品の底流に流れる寂寥感は充分に感じ取れましたけれど。
今、もし再放送していたらガッツリ見たいアニメのひとつです。
主題歌「誰がために」がまた良いんですわ、なんか自衛隊員の方々に贈りたくなる一曲です。
「赤い鳥のこころ」は、私が楽しみにしていた「魔女っ子チックル」の後番組として2/5スタート。
私は今回の調査まで、この番組の事を全く知りませんでした遺憾です親方・・・。
「チックル」からの流れで最初は見ていてもおかしくないのですがね。
なお、16:50-17:20に放送していた「宇宙魔神ダイケンゴー」は3/5に終了しています。

火曜(4/24)
BSN
17:30-18:00「一休さん」(NET、8日遅れ) 

夕方五時半枠で放送していた「はいからさんが通る」が4/17で終了し、この日からは「一休さん」が木曜からこの枠に移動しています。
五時台に放送していた「UFO大戦争戦え!レッドタイガー」は3月から木曜早朝枠に移動しています。

NST
17:20-48「恐竜戦隊コセイドン」(東京12チャンネル、約二ヶ月半遅れ) 18:30-19:00「宇宙戦艦ヤマト2」(日本テレビ、17日遅れ) 24:20-「タイムトンネル」

「宇宙戦艦ヤマト2」と「タイムトンネル」はこの日が最終回です。
「ヤマト2」の終了は、ヤマトフリークの私にとってそれはそれは寂しいモノであったのです。

水曜(4/25)
BSN
17:30-18:00「未来ロボダルタニアス」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「ザ・ウルトラマン」(TBS同時ネット)

「未来ロボダルタニアス」は「宝島」の後番組として4/18スタート。
私はこの番組は主題歌すら覚えていないので、多分全く見ていません。
「ザ・ウルトラマン」は「まんが世界昔ばなし」の後番組として4/4スタート。
放送開始直前の3月に「日曜特バン」という番組で、主人公のヒカリ隊員役の富山敬さんが顔出しで番組宣伝をしていたのが印象的。
第一話のアフレコ現場からのようでした。
「ウルトラマンレオ」終了から四年でアニメとはいえ新作のウルトラマンが見れる!
しかも主人公は古代進の富山敬さんで、ウルトラマンジョーニアスはデスラー総統の伊武雅刀さん!
ウルトラマニアでヤマトマニアな私がこの番組を見逃すはずもなく、しっかり見ていました。
まあ後半で「ウルトリア」が出てきて宇宙戦争モノになったのと、画が雑なのには閉口しましたけど、ヒカリとジョーニアスの関係性は最後まで崩さずに完走しているのは高く評価できるところでしょう。
なお、夕方五時台に放送していた「スパイダーマン」は3/7に終了しています。

NST
17:20-48「銀河鉄道999」(フジ、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「科学忍者隊ガッチャマンⅡ」(フジ、17日遅れ) 24:20-「地上最強の美女たち!チャーリーズエンジェル」(日本テレビ、約一年半遅れ)

「地上最強の美女たち!チャーリーズエンジェル」は「地上最強の美女バイオミック・ジェミー」の後番組として3/14スタート。
新潟の地ではサイボーグから生身の三人に最強の美女の称号が継承されたのです。

木曜(4/26)
BSN
17:30-18:00「SF西遊記スタージンガー」(フジ、約三ヶ月遅れ)

それまで火曜夕方に放送していた「UFO大戦争戦え!レッドタイガー」は3月から早朝枠に移動して4/12に終了しています。
前年4月に放送開始するも直後に休止、7月に放送再開して今度は早朝枠へ飛ばされて、この番組はツキがありません。
五時半枠で放送していた「一休さん」は前述のように火曜に移動し、「スタージンガー」がその後枠に収まっています。

NST
17:20-48「ルパン三世」(日本テレビ、約二ヶ月半遅れ)

金曜(4/27)
BSN
06:25-54「宇宙からのメッセージ・銀河大戦」(テレビ朝日、約五ヶ月遅れ) 17:30-18:00「バトルフィーバーJ」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「まんがこども文庫」(TBS同時ネット) 24:02-「スペース1999」(TBS、約一年四ヶ月遅れ)

「宇宙からのメッセージ・銀河大戦」は前年12月に放送開始していますが、それから僅か二ヵ月半の3/2から早朝枠に移動しています。
「バトルフィーバーJ」は戦隊シリーズ第三弾で3/2放送開始。
私は当時、特撮番組とは距離を置いていたのですけれど、この番組は偶然第一話を見て、釘付けになりました。
エゴスの潜在侵略のやり方がそれまでの悪の組織とは一味違う斬新さもありましたが、ちょっとマセたガキの私にとってはバトルフィーバー隊の紅一点「ミスアメリカ」(変身後)!
もうこれに尽きますです。
ある意味私の性的嗜好を変えたといっても過言ではごさいません。
人面を模った金髪付きの柔和な表情の仮面に当時としてはかなりきわどい切れ込みのレオタード、露出した女性の脚、あらわな女体のフォルム。
本放送後、雑誌で「中の人」がモモレンジャーのおねえさんと知って、もう激萌え爆発でしたわw
雑誌「宇宙船」別冊の「ミスアメリカ官能写真集」は、それはもうね、写真を穴の開くほど凝視してね、それはもうタイヘンでしたわ(ナニが?)。
タイヘンがタイヘンを呼んで、とうとう自分でマスクを作ってコスプレするところまで行き着いてしまいましたわ、まさにヘンタイ紳士の極みに到達したのであります。

NST
17:20-48「新・エースをねらえ!」(日本テレビ、約五ヶ月遅れ) 18:00-30「ドカベン」(フジ、2日遅れ) 19:00-30「花の子ルンルン」(NET同時ネット)

「新・エースをねらえ!」は「宇宙海賊キャプテンハーロック」の後番組として3/23スタート。
当時私はミスアメリカちゃん目当てで「バトルフィーバーJ」を見ていたので、その裏番組の「新エースをねらえ!」は全く見ていませんでした。
つーか、気にも留めていなかったというのが実際のところ。
以前、「エースをねらえ」(通称旧エース)のところでも書きましたが、女の子向けのスポ根モノなんてどうせお涙頂戴なんでしょと、今から思うと実にけしからん偏見を抱いておったわけです。
そしてそれはほんの数年前まで変わっていませんでした。
それがBSのディーライフで放送していた「エースをねらえ!」の中盤を偶然見て、そのキレッキレなテンションの高さに「これは凄い!」と心底大感激して、その後続けて放送した「新・エースをねらえ!」も録画視聴したのであります。
新エースは旧エースに比べると原作に忠実ということで、旧エースではアニメ独自展開で敵役から改心して最後はとてもいい先輩に転生した音羽京子さんが、新エースではただのイヤないじめっ子のセンパイに過ぎず、いつの間にやらフェードアウトしたのはちょっと残念でした。
岡ひろみが三年生になって、かつて彼女が憧れていた一年先輩のお蝶夫人と同じ立ち位置(後輩たちから尊敬の眼差しで仰ぎ見られる)になる辺りは、なんかとても良い感じ。
今までの苦労が報われたねぇ良かったねぇと、心の底から彼女に拍手を送りたいのであります。
つかいい歳をしてあそこまでアニメの主人公に感情移入するとは思わんかったですよマジでw
閑話休題、「花の子ルンルン」は「キャンディキャンディ」の後番組として2/9スタートです。
私は「キャンディキャンディ」からの流れで最初は見ていましたけれど、「キャンディ」のようなジェットコースター的なドラマ構成ではないためにすぐに飽きてしまいました。
愚妹は見ていましたけれど、私はながら見ってところで強い印象は持っていません。

土曜(4/28)
BSN
19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

朝七時台に放送していた「ウッディ・ウッドペッカー」は2/10に終了し、後番組として「ピンクレディー物語」が始まりましたが、前述のように土曜放送は3月末で終了しています。

NST
06:55-07:00「冒険ロックバット」(フジ、約3年一ヶ月遅れ) 07:00-30「シートン動物記・りすのバナー」(テレビ朝日、一週間遅れ) 07:30-08:00「くじらのホセフィーナ」(東京12チャンネル、12日遅れ)

これまで日曜に放送していた「冒険ロックバット」は4月から土曜でも放送しています。
「シートン動物記・りすのバナー」は4/14スタート、「くじらのホセフィーナ」は「星の王子さま」の後番組としてやはり4/14スタートです。
私は両作品共全く見ていません。
まぁ年齢的にこういう番組のターゲットからは外れていましたしね。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第26回(昭和53年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第29回(昭和55年前半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第26回(昭和53年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第29回(昭和55年前半) »