« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第25回(昭和53年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第27回(昭和54年前半) »

2019年5月 4日 (土)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第26回(昭和53年後半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第26回は、昭和53年後半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

「ヤマト」待望の新シリーズ放送開始に加えて「キャプテンハーロック」と「ガッチャマン」の続編、そして「ルパン」は絶好調放送中と夢のようなラインナップのアニメ。
一方特撮では、新潟では約6年半ぶりに「ウルトラセブン」の再放送が始まって、昔日の特撮作品に再び陽が当りはじめる、そんな頃の話です。

新潟日報製本版テレビ欄の調査に基づく、昭和53年7月最終週のラインナップは下記の如し。

まず帯番組では、BSNで朝枠(月曜~金曜06:24-54)に放送していた「はじめ人間ギャートルズ」の再放送が7/7に終了、後番組として月曜の夕方四時半枠で放送していた「ドン・チャック物語」を7/10から21日までこの枠に移動させています。
さらにその後番組として7/24から「GO!わんぱく原始人」がスタート(8/3まで)。
その後は「ドン・チャック物語」が再開して8/30まで放送し、8/31から「バーバパパ」の再放送?がスタートという目まぐるしさです。
「GO!わんぱく原始人」は子供たちの野外実習番組みたいですが、こういう番組を喜んで見る子ってどれだけいたのかなぁ。
私なぞは同じ年頃のガキがきゃーきゃー言ってる番組なんてつまらな過ぎて見る気になりませんでしたけどね。
またBSN毎夏恒例の午前中枠では「ローレルとハーディ」を放送(7/24から8/31まで月曜~金曜10:30-11:15)。
オープニングテーマは覚えています、確かアニメだったように記憶しているのですが確証が持てません・・・。
一方NSTでは5月から早朝の帯枠が新たに設けられて、5/1から「魔法使いサリー」を放送しています(月曜~金曜06:18-45)。
「魔法使いサリー」は新潟ではこれで通算五回目の放送です、新潟はホンマ、サリーちゃん好きやのぅ。
朝七時台前半枠では「ムーミン」の後番組として6/13から「みなしごハッチ」の再放送を行っています。
朝八時半枠では「奥様は魔女」に代わって「宇宙戦艦ヤマト」の新潟では通算三回目の放送を行っています(7/24から8/28まで月曜~金曜)。
これはヤマトブーム真っ只中での夏休み企画と言えるもので、この五ヶ月前に再放送を終えたばかりとはいえ、一般家庭にはビデオデッキがまだ無い時代においてはヤマトの再放送は私のようなヤマトファンのお子さまには素晴らしい夏の贈り物だったのです。
BSNの「GO!わんぱく原始人」とか「ローテルとハーディ」なんて比較にならなかったのですわ。
閑話休題、朝八時半枠は8/30から「奥様は魔女」が放送再開しています。
夕方枠では「母をたずねて三千里」の後番組として「シンドバットの冒険」の再放送を5/18から行っていて、8/3からは枠の流れが一変して「勇者ライディーン」の再放送が始まります。
朝の「ヤマト」と夕方の「ライディーン」は、夏休み中の私を含む男子たちにとってとても美味しい放送状況だったのです。

日曜(7/30)
BSN
07:15-45「ウッディ・ウッドペッカー」

NST
06:40-45「冒険ロックバット」(フジ、約3年一ヶ月遅れ) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット)

「冒険ロックバット」は「スペクトルマン」や「快傑ライオン丸」で有名なピープロダクション制作の着ぐるみコメディで、新潟では3年強も遅れての放送です。
土日の放送で土曜は5/6から、日曜は5/7から放送しています。
私はこの作品が新潟で放送されている事は、今回の調査まで全く知りませんでした実に迂闊です親方・・・。
当時はこの作品の事を全く知らないので、新聞のテレビ欄を見てもこの作品が実写モノとはわからず見ようとも思わなかったでしょう。
私が「冒険ロックバット」という作品を認知したのは、後年朝日ソノラマの「ファンタスティックコレクション」のピープロ特撮本を読んでの事でした。

月曜(7/31)
BSN
17:00-30「闘将ダイモス」(テレビ朝日、23日遅れ) 17:30-18:00「超スーパーカー ガッタイガー」(東京12チャンネル、約五ヶ月遅れ) 19:30-20:00「コメットさん(新)」(TBS同時ネット)

「コメットさん(新)」は6/12スタートで、新潟ではコメットさんの旧作の再放送が無かったので私の世代のコメットさんといったら大場久美子さん主演のこの作品です。
主題歌はバッチリ記憶にあるし、内容も番組の雰囲気もなんとなく覚えているのですが、ウルトラ兄弟が客演した回はタロウ以外記憶にないです・・・。
タロウ客演回は人間体が篠田三郎さんじゃなかったので凄くガッカリした思い出がありますな。
仮面ライダーシリーズで客演した先輩ライダーの声が全然違っているのと同種のガッカリ感なのであります。
子供はそういうところにひどく敏感なモノなのですよ。

NST
17:20-48「おれは鉄兵」(フジ、約五ヶ月遅れ) 18:00-30「ペリーヌ物語」(フジ、1日遅れ) 19:00-30「魔女っ子チックル」(テレビ朝日同時ネット)

火曜(7/25)
BSN
17:00-30「UFO大戦争戦え!レッドタイガー」(東京12チャンネル) 17:30-18:00「はいからさんが通る」(テレビ朝日、24日遅れ)

「UFO大戦争戦え!レッドタイガー」は4月のスタート直後で放送枠が消滅してしまい、二ヶ月間放送休止の後に「ベティちゃん」の後番組として7/4からこの枠で放送再開しています。
「はいからさんが通る」は「若草のシャルロット」の後番組として6/27スタート。
この作品はバッチリ見てましたし、単行本も買ってもらって読んでました。
主役の紅緒の声が新潟市出身の横沢啓子さん、蘭丸の声が杉山住寿子さんといずれも私が好きな声優さんで、ストーリーと共にそちらにも激萌えしてましたわ。
しかしねー、あの終わり方はないだろうと。
原作を読んでいたので、終わった直後は「は?これで終わり・・・?」と唖然としてしまいましたわ。
少尉が記憶を取り戻して紅緒がムショにぶちこまれて牢名主さんと出会って・・・と、あれからがいよいよ面白くなるのにねぇ。

NST
17:20-48「恐竜大戦争アイゼンボーグ」(東京12チャンネル、約二ヶ月半遅れ) 18:00-30「新巨人の星」(よみうり、17日遅れ) 24:20-「新・宇宙大作戦」

深夜枠の「新・宇宙大作戦」は7/18スタート。
「新」といってもネクストジェネレーションではなく、「スタートレック」の後半をこのように呼称しているものと思われます。

ちなみにNSTの火曜日では8/29に映画「宇宙戦艦ヤマト」を06:18-08:55に放送しています。
前日に「ヤマト」の帯放送が終了していて、それを受けての新潟ヤマト祭りのフィナーレであります。
夏休み中とはいえアニメ映画を流すのにこのような枠を設けるとは、今日では考えられない話なのです。
フジ同時ネットでは8/4(金曜)に放送されていて、こちらではフジで三時間近くも枠を独占して取れていないというのがこういう変則放送になった原因だと思いますけれど。
ともあれ、民放二局の田舎らしいエピソードではあります。

水曜(7/26)
BSN
17:00-30「スパイダーマン」(東京12チャンネル、二週間遅れ) 17:30-18:00「家なき子」(日本テレビ、10日遅れ) 19:00-30「まんが世界昔ばなし」(TBS同時ネット)
 19:30-20:00「まんが日本絵巻」(TBS同時ネット)

「スパイダーマン」は「ここは惑星0番地」の後番組として5/31スタート。
この番組はちょいちょい見てました。
クライマックスで例のレオパルドンが出てくるまではハードタッチで暗い話も多く、どこか翳りの見える主人公は魅力的でした。

NST
17:20-48「アローエンブレムグランプリの鷹」(フジ、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「一発貫太くん」(フジ、17日遅れ) 24:20-「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」

「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」は6/21スタートです。
当時のNSTは深夜帯に海外ドラマを放送していて、この作品もその一環です。
平日ど真ん中の深夜とあっては、子供はとても手が出せませんわ・・・。

木曜(7/27)
BSN
17:00-30「SF西遊記スタージンガー」(フジ、約三ヶ月遅れ) 17:30-18:00「一休さん」(NET、8日遅れ) 19:00-30「スターウルフ」(TBS同時ネット)

「SF西遊記スタージンガー」は「惑星ロボダンガードA」の後番組として7/6スタート。
この作品はたまに見る程度で、あまり印象には残っていないなぁ。
17:20から裏のNSTで「ルパン三世」を欠かさず見ていたからかもしれません。

NST
17:20-48「ルパン三世」(日本テレビ、約二ヶ月半遅れ)

金曜(7/28)
BSN
17:00-30「マンガ宇宙大作戦」(東京12チャンネル、約一年遅れ) 19:00-30「まんが偉人物語」(TBS同時ネット) 24:02-「スペース1999」(TBS、約一年四ヶ月遅れ)

深夜枠の「スペース1999」はこの日からスタートです。
この番組は当時とても見たかったのですが、平日の深夜枠とあっては親が見せてくれるはずもなし・・・。
当時は土曜も小学校は半ドンで授業がありましたからね。
この作品で唯一記憶にあるのは、ムーンベースアルファのある隊員が誰かに殺意を抱くと、顔面がケロイド状のグロテスクな怪人が「チャンカチャンカチャンカチャンカ~」というヘンなBGMと共に登場して殺人を犯すという話でした。
どうやら第一シーズンの「宇宙悪霊の呪い」という話らしいです。

NST
17:20-48「宇宙海賊キャプテンハーロック」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「ドカベン」(フジ、2日遅れ) 19:00-30「キャンディキャンディ」(NET同時ネット)

土曜(7/29)
BSN
19:00-30「まんが日本昔ばなし」

NST
06:40-45「冒険ロックバット」(フジ、約3年一ヶ月遅れ) 07:30-08:00「星の王子さま」(朝日放送、18日遅れ) 08:00-30「ハクション大魔王」(再放送)

「ハクション大魔王」は7/1スタートで、新潟では通算三回目の放送です。
「星の王子さま」は「女王陛下のプティ・アンジェ」の後番組として7/22スタートです。
この番組は主題歌も知らないので、私は多分全く見ていないと思います。
ちなみにNSTの土曜日では、9/30の08:00-30に映画「グレートマジンガー対ゲッターロボG」が唐突に放送されています。
あの映画はグレートマジンガーが光波獣ピクドロンにボコられて大ピンチに颯爽と駆けつける新ゲッターチームがカッコいいのです。
ニューゲットマシン出撃から羽田空港上空でゲッタードラゴンにチェンジするまで流れる挿入歌「ぼくらのゲッターロボ」が最高に良いですな。

引き続いて昭和53年10月最終週はこのような状況です。

まず帯番組ではBSNの早朝枠で「バーバパパ」の後番組として「ど根性ガエル」の再放送が10/5スタートです(月曜~金曜06:24-54)。
「ど根性ガエル」はこれで新潟では通算三回目の放送になります。
NSTでは10月に帯枠の改編が実施され、5月に新設されたばかりの早朝枠が早くも廃止されて、アニメの放送枠は七時台前半のみになりました。
その結果、早朝枠で8/31にスタートした「アタックNo1」の再放送は9月末で一時休止し、七時台の「みなしごハッチ」の再放送の後番組として10/20から放送を再開しています(月曜~金曜07:00-30)。
朝八時半枠では「奥様は魔女」の後番組として9/28から「ルーシーショー」が放送されています。
夕方枠では「勇者ライディーン」再放送の後番組として「風船少女テンプルちゃん」(フジ、約一年一ヶ月遅れ)を10/26から放送しています。
私はこの手の番組は当時既に一切見ていないので、勿論未見であります。

日曜(10/29)
BSN
07:15-45「ウッディ・ウッドペッカー」

NST
06:55-07:00「冒険ロックバット」(フジ、約3年一ヶ月遅れ) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット) 20:00-54「西遊記」(日本テレビ同時ネット)

「冒険ロックバット」は10月から日曜のみの放送になっています。
「西遊記」は10/1スタートで、この番組は欠かさず見ていました。
夏目雅子さん演じる三蔵法師の美しさに目が釘付けでした。

月曜(10/30)
BSN
17:00-30「闘将ダイモス」(テレビ朝日、23日遅れ) 17:30-18:00「ウルトラセブン」(再放送) 19:30-20:00「コメットさん(新)」(TBS同時ネット)

「ウルトラセブン」の再放送は「超スーパーカー ガッタイガー」の後番組として10/2スタート。
新潟では通算三回目の放送になります。
前回の再放送(昭和46年3月から47年1月まで)では本放送とは放送順が全く異なるランダム放送でしかもおそらく最終回前後編は流さないという、子供をナメてるとしか思えない放送状況だったのですが、この再放送ではランダムではあるものの、初回に「姿なき挑戦者」を、終わりに「史上最大の侵略」を放送してシリーズに一応の辻褄を合わせています。
10月~12月の放送は10/2「姿なき挑戦者」、10/9不明、10/16「魔の山へ飛べ」、10/23不明、10/30「ウルトラ警備隊西へ(前編)」、11/6から11/27まで不明、12/4「プロジェクトブルー」、12/11不明、12/18「海底基地を追え」、12/25「人間牧場」です。

NST
17:20-48「一球さん」(フジ、五ヶ月遅れ) 18:30-19:00「ペリーヌ物語」(フジ、1日遅れ) 19:00-30「魔女っ子チックル」(テレビ朝日同時ネット)

「一球さん」は「おれは鉄兵」の後番組として9/11スタート。
この番組は主題歌を含めて全然覚えていません、多分一度も見ていないです。
またNSTは10月から夕方のニュース枠が6時からに30分繰り上がった為、子供向け番組の枠はそれとトレードの形で30分繰り下げになっています。

火曜(10/31)
BSN
17:00-30「UFO大戦争戦え!レッドタイガー」(東京12チャンネル) 17:30-18:00「はいからさんが通る」(テレビ朝日、24日遅れ)

NST
17:20-48「恐竜戦隊コセイドン」(東京12チャンネル、約二ヶ月半遅れ) 18:30-19:00「宇宙戦艦ヤマト2」(日本テレビ、17日遅れ) 24:20-「タイムトンネル」

「恐竜戦隊コセイドン」は「恐竜大戦争アイゼンボーグ」の後番組として9/26スタート。
「アイゼンボーグ」を見ていなかった流れで、この番組も見ていませんでした。
主題歌はバッチリ知っていますが、それは80年代半ばに買ったウルトラシリーズ以外の円谷プロヒーロー作品の主題歌LPに入っていたからです。
あの主題歌はノリがよくて好きだなぁ。
「宇宙戦艦ヤマト2」は「新巨人の星」の後番組として10/31スタート。
当時バリバリのヤマトフリークだった私がこの番組を見逃すはずがございません。
当時は昼休みに仲間内で「ぼくのかんがえたさいきょうのうちゅうせんかん」のデザインを競って書いていたものです。
当時100円のメカコレクションも買ってガンガン作ってましたわ。
でもあの当時はたたかうおとこーもえーるろーまぁんーばかりに目が行って、ヤマト生活班長森雪嬢の全身タイツ制服のエロさには気づきませんでした、その辺はまだまだウブなお子さまだったのです。
いい歳の大人になってからコスプレまでしてるとゆーのにねぇw
閑話休題、「新巨人の星」は10/17に終了しているので、ヤマト2の放送までに1週の空白があるのです。
その空白の10/24に放送したのが映画「決戦!大海獣」。
グレートマジンガー、ゲッターロボG、グレンダイザーが一堂に会して巨大怪獣と戦うという、永井豪原作スーパーロボットモノの最後のお祭り企画でした。
映画公開当時はグレンダイザーだけがテレビ放送中でしたが、この映画ではグレンダイザーは完全に脇役扱いで、ドラマの主役はグレートマジンガーと剣鉄也、敵に最後のトドメをさすのはゲッタードラゴンという過去のヒーローを最大限にリスペクトする内容。
グレートマジンガーと剣鉄也のアニキ一筋の私はもう大満足な映画だったのであります。
またまた閑話休題、深夜枠の「タイムトンネル」は「新・宇宙大作戦」の後番組で、昭和42年にNHKで放送していた作品で、NSTでは正式にレギュラー番組になる10/17以前にも、8月から9月にかけて金曜深夜に数回放送しています。

水曜(10/25)
BSN
17:00-30「スパイダーマン」(東京12チャンネル、二週間遅れ) 17:30-18:00「宝島」(日本テレビ、10日遅れ) 19:00-30「まんが世界昔ばなし」(TBS同時ネット)
「宝島」は「家なき子」の後番組として10/18スタート。
私は「家なき子」はあまりに辛すぎるので見ていなかった流れで、「宝島」も見ていませんでした。
名作劇場っぽいネタだったのも視聴を敬遠した理由だったのかもしれません。
しかし原作者は当時私が図書館で借りて何度も飽くことなく読み耽っていた「ジキル博士とハイド氏」のロバート・スティーブンソン氏なのです。
それを当時わかっていれば、間違いなく見ていたでしょうに。
今では名作のひとつに数え上げられるこの「宝島」、見ていなかったのを後悔した作品のひとつです。
また夜七時半枠で放送していた「まんが日本絵巻」は9月で終了し、後番組は「ナッキーはつむじ風」です。
この番組は見てました。
榊原郁恵さん演じるナッキーが、なんでセリフ回しがたどたどしい川崎麻世氏演じるセンパイに目をキラキラさせてのぼせ上がっているのか理解できませんでしたわ。
キラキラ場面にはいつも定番のBGMがかかるんですけど、アレを聞くと見てるこっちの背中が痒くなるのですわ。

NST
17:20-48「アローエンブレムグランプリの鷹」(フジ、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「科学忍者隊ガッチャマンⅡ」(フジ、17日遅れ) 24:20-「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」

「科学忍者隊ガッチャマンⅡ」は「一発貫太くん」の後番組として10/18スタート。
ガッチャマンファンの私は当然の事ながらこの番組は欠かさず見てました。
ただゲルサドラさまは前作のベルク・カッツェさまに比べると人でなし度が下がってパンチ不足が否めません。
この作品最大の衝撃は、ゲルサドラさまのご生母であられるパンドラ博士がカプセルに入れられてそのままロケットで宇宙に打ち上げられて死亡というところでした。
ああいう死に方は実にイヤですな・・・、打ち上げられた時は気を失っておられましたけど、宇宙で覚醒したらどうなるのでしょうか。

木曜(10/26)
BSN
17:00-30「SF西遊記スタージンガー」(フジ、約三ヶ月遅れ) 17:30-18:00「一休さん」(NET、8日遅れ) 

夜七時台に放送していた「スターウルフ」は9/28で終了しています。

NST
17:20-48「ルパン三世」(日本テレビ、約二ヶ月半遅れ)

金曜(10/27)
BSN
17:00-30「マンガ宇宙大作戦」(東京12チャンネル、約一年遅れ) 19:00-30「まんがこども文庫」(TBS同時ネット) 24:02-「スペース1999」(TBS、約一年四ヶ月遅れ)

「まんがこども文庫」は「まんが偉人物語」の後番組として10/6スタートです。
この番組は全然記憶にないなぁ。

NST
17:20-48「宇宙海賊キャプテンハーロック」(テレビ朝日、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「ドカベン」(フジ、2日遅れ) 19:00-30「キャンディキャンディ」(NET同時ネット)

土曜(10/28)
BSN
19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
07:30-08:00「星の王子さま」(朝日放送、18日遅れ)

朝八時台の「ハクション大魔王」再放送は9/23で終了しています。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第25回(昭和53年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第27回(昭和54年前半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第25回(昭和53年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第27回(昭和54年前半) »