« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第21回(昭和51年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第23回(昭和52年前半) »

2019年4月28日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第22回(昭和51年後半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第22回は、昭和51年後半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

特撮作品では「ゴレンジャー」に続く作品が中々出てこない一方、SFアニメではポストマジンガー的な作品として「コン・バトラーV」の放送が始まります。
新陳代謝がうまく行き始めたSFアニメと、うまくいかない特撮作品の明暗が分かれていく、そんな頃の話です。

新潟日報縮刷版テレビ欄の調査に基づく、昭和51年7月最終週のラインナップは下記の如し。

まず帯番組ではBSNで「巨人の星」の通算三回目の放送(月曜~金曜16:30-17:00)と、夏休み企画として「宇宙大作戦」(月曜~金曜10:30-11:00、7/26から9/3まで)を放送中です。
「巨人の星」は「ど根性ガエル」の後番組として6/15から放送していますが、7/19から暫くの間はモントリオール五輪関連番組放送の為に休止しています。
「宇宙大作戦」は新潟では初めての放送で、本来は一時間枠の話を30分ずつの前後編として流していました。
宇宙モノと言う割には派手な戦闘シーンが少なく、子供心にはちょっと拍子抜けという感じ。
一方、「光るめだま」「惑星M113の吸血獣 」は怖かったとです・・・
特に「光るめだま」、超能力を持ってしまったために次第に内面が変化してついには怪物のような心になってしまうという。
それまで見たことの無い「内なる恐怖」。
映画「盗まれた街」や「SFボディスナッチャー」を見るのはまだしばらく先の事でした。
また、カーク艦長の前任のパイク前艦長が、ランプの表示でしか意思の疎通が出来ない上に化け物のような変わり果てた姿で登場したのも凄まじく怖かった・・・。
さて、NSTに目を移すと、朝の帯枠では「ハゼドン」に代わって5/19から「新オバケのQ太郎」(月曜~金曜08:15-30)を放送しています。
夕方の帯枠は7月中旬から約半月、BSN同様にモントリオール五輪の関連番組の為に休止という状況でした。
なお、16:50-17:20に放送していた「ロケットろびんふっど」は7/16に終了しています。

日曜(7/25)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。
夕方五時から放送していた「ディズニーぱれーど」は6/27に終了しています。

NST
18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット)

月曜(7/26)
17:00-30「超電磁ロボ コン・バトラーV」(NET、23日遅れ) 17:30-18:00「ウルトラマンレオ」(初回再放送)

「超電磁ロボ コン・バトラーV」は5/10スタートで、私はガルーダが死んだあたりまでは見ていましたが、その後の記憶が全然無い・・・。
五人の意思が合体で一致すると合体シークエンスが発動するという設定や合体シーンがカッコよくてハマっていたのですが、裏番組の「鋼鉄ジーグ」と両刀使いだったのが原因なのか見なくなったなぁ。
でも「ジーグ」が日曜朝に移動した後も見ていなかったという不思議なのです。

NST
17:20-50「鋼鉄ジーグ」(NET、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「母をたずねて三千里」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「ザ・カゲスター」(NET同時ネット)

火曜(7/27)
BSN
17:00-30「がんばれ!!ロボコン」(NET、約半年遅れ) 17:30-18:00「ジャングル黒べえ」(毎日、二年十ヶ月遅れ) 19:00-30「UFO戦士ダイアポロン」(TBS同時ネット)

NST
17:20-50「ゲッターロボG」(フジ、約五ヶ月半遅れ) 18:00-30「元祖天才バカボン」(日本テレビ、二ヵ月半遅れ)

水曜(7/28)
BSN
17:00-30「忍者キャプター」(東京12チャンネル、三週間遅れ) 17:30-18:00「アクマイザー3」(NET、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「ゴワッパー5ゴーダム」(NET、24日遅れ)

NST
17:20-50「ピコリーノの冒険」(NET、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「てんとう虫の歌」(フジ、約半月遅れ)

「ピコリーノの冒険」は「みつばちマーヤの冒険」の後番組として6/23スタートです。
私はこの手のウエットなファンタジーはキライなので全く見ていません・・・。

木曜(7/29)
BSN
17:30-18:00「UFOロボグレンダイザー」(フジ、約三ヶ月遅れ) 18:00-30「一休さん」(NET、8日遅れ)

NST
18:00-30「ブロッカー軍団Ⅳマシーンブラスター」(フジ、三日遅れ)

「ブロッカー軍団Ⅳマシーンブラスター」は7/8スタートで、四体のロボが合体せずに団体戦で敵と戦うという変り種でした。
でも子供にとっては合体してスーパーロボットにチェンジした方が、視点を集中できるので見やすいのは確かでしょう。
私も序盤で主役の天平が勝手なことをして仲間とモメている頃は見てましたが、そのうち視聴フェードアウトしていきました。
ロボに魅力がない、仲間内でしょっちゅう言い争いをしていてギスギスした雰囲気というのが見なくなった要因ですな。
また休止が多くて放送状況が不安定だった夕方五時台の「ハックルベリィの冒険」は7/8で終了しています。

金曜(7/30)
BSN
17:30-18:00「秘密戦隊ゴレンジャー」(NET、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「宇宙鉄人キョーダイン」(TBS同時ネット)

NST
17:20-50「大空魔竜ガイキング」(フジ、半月遅れ)、18:00-30「アラビアンナイト シンドバットの冒険」(フジ、2日遅れ) 19:00-30「マシンハヤブサ」(NET同時ネット)

特撮アニメではありませんが、金曜深夜24:25から「スパイ大作戦」が放送されています(5/7スタート)。

土曜(7/31)
BSN
19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
特撮アニメ等の放送無し。

引き続いて昭和51年10月最終週はこのような形。

まず帯番組ではBSNが「巨人の星」の再放送(月曜~金曜16:30-17:00)を続行中。
NSTでは朝の帯枠で「新オバケのQ太郎」の再放送(月曜~金曜08:15-30)と、夕方の帯枠で「科学忍者隊ガッチャマン」の再放送(月曜~金曜16:50-17:20)を行っています。
「科学忍者隊ガッチャマン」はモントリオール五輪終了で放送体制が通常に戻った8/2から放送しています。
この再放送はガッツリ見てたなぁ。

日曜(10/31)
BSN
特撮アニメの放送無し。

NST
07:25-55「鋼鉄ジーグ」(NET、約二ヶ月遅れ) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット)

「鋼鉄ジーグ」はこれまで月曜夕方に放送していましたが、10月から日曜朝に移動しています。
でも日曜の朝って子供にとっては案外鬼門なんですよねー。
私もこの枠に移った「ジーグ」はあまり見ていなかった気がします。

月曜(10/25)
BSN
17:00-30「超電磁ロボ コン・バトラーV」(NET、23日遅れ) 17:30-18:00「ウルトラマンレオ」(初回再放送)

NST
17:20-50「元祖天才バカボン」(日本テレビ、二ヵ月半遅れ) 18:00-30「母をたずねて三千里」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「ザ・カゲスター」(NET同時ネット)

10月から日曜朝に引っ越した「鋼鉄ジーグ」の後番組として、「元祖天才バカボン」が火曜から移動してきました。

火曜(10/26)
BSN
17:00-30「がんばれ!!ロボコン」(NET、約半年遅れ) 17:30-18:00「グロイザーX」(東京12チャンネル、40日遅れ) 19:00-30「ろぼっ子ビートン」(TBS同時ネット)

「グロイザーX」は「ジャングル黒べえ」の後番組として8/10スタートです。
ロボット形態より爆撃機形態の方が出番が多いという異色のロボットモノです。
必殺武器がビームではなくフライングトーペドー(大型ミサイル)というのも他のスーパーロボとは毛色が違っています。
ストーリーはあまり覚えていませんが、あの主題歌は渋くて子供の頃から好きでした。
以前、「宇宙戦士バルディオス」の主題歌とエンディング曲欲しさに「ロボットアニメ大鑑」というCDを買ったら「グロイザーX」の主題歌も収録されていて、高音質で聴いて改めてシブカッコいい曲だなぁと再認識しましたわ。
「ろぼっ子ビートン」は「UFO戦士ダイアポロン」の後番組として10/12スタート。
この番組は何と言っても「ガキオヤジ」に尽きるでしょう。
れきとした中年のオッサンなのにガキ大将とか、野比のび太が大人になった姿のようです(確かのび太の妄想でそんなのがあったのです、今はダメでも大人になったらジャイアンみたいになってやろうという)。
それだけでもかなりアブないのに、ナチスの制服みたいなコスチュームに赤いヘルメット。
あのヘルメットの下は一体どうなっているのだろうというのが番組最大の謎でしたな。
まぁありきたりのオチだったのですが。

NST
17:20-50「ぐるぐるメダマン」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「ブロッカー軍団Ⅳマシーンブラスター」(フジ、三日遅れ)

「ぐるぐるメダマン」は実写着ぐるみコメディで、「ゲッターロボG」の後番組として8/17スタート。
私は主題歌すらおぼえていませんスイマセン親方・・・。
「グロイザーX」を見ていたせいなのでしょうなきっと。
「ブロッカー軍団Ⅳマシーンブラスター」は月曜に移動した「元祖天才バカボン」の後番組として木曜から引っ越してきました。
しかしNSTは相変わらず番組の移動が多い・・・こんな事が常態化していると移り気な子供たちの興味は他に移ってしまいますがな。

水曜(10/27)
17:00-30「忍者キャプター」(東京12チャンネル、三週間遅れ) 17:30-18:00「超神ビビューン」(NET、約二ヶ月半遅れ) 18:00-30「ゴワッパー5ゴーダム」(NET、24日遅れ)

「超神ビビューン」は「アクマイザー3」の後番組として9/22スタートです。
ビビューンたち三超神の出自上、アクマイザー3のゲスト出演の機会が多いのではと子供心に予想してそれを目当てにしばらく見ていましたけれど、アクマイザー3の事は第一話以降セリフにすら出てこない・・・。
話もなんか凡百のヒーローモノっぽくなっちゃって、中盤以降は見ていませんでした。

NST
17:20-50「ピコリーノの冒険」(NET、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「ポールのミラクル大作戦」(フジ、約半月遅れ)

「ポールのミラクル大作戦」は「てんとう虫の歌」の後番組として10/20スタートです。
この番組は横沢啓子さんと麻上洋子さんのお声聞きたさに見ていました。
当時すでに吉田理保子さんのファンだったところに、このお二人が加わったのですよ。
ちなみに横沢さんは新潟市出身で、新潟県の公立高校で今も昔も頂点に君臨する新潟高校通称県高を出ておられると聞いたことがあります。
あそこに入るって凄いですよ、私の受験の時だって、500点満点で450点取れないと合格確実ではないと言われていましたからね。
私は社会100点満点国語80点レベルでしたが、他の三教科特に数学があまりにもショボすぎて県高受験なぞおよそ考慮の外でしたわ・・・。

木曜(10/28)
BSN
17:00-30「UFO戦士ダイアポロンⅡ」(東京12チャンネル放送よりも一時間半早い)   17:30-18:00「UFOロボグレンダイザー」(フジ、約三ヶ月遅れ) 18:00-30「一休さん」(NET、8日遅れ)

「UFO戦士ダイアポロンⅡ」は10/7スタートですが、私は今回の調査までこの番組がTBSから東京12チャンネルに移籍して放送していたことをしりませんでした遺憾です・・・。
放送当時、「ダイアポロン」はTBS同時ネットでの放送終了で終わったと思っていましたから、この枠での放送は完全に視程外だったのです。

NST
17:20-48「少年徳川家康」(フジ、約四ヶ月遅れ) 18:00-30「プロレスの星アステカイザー」(NET同時ネット)

「少年徳川家康」は7/8に終了した「ハックルベリィの冒険」から一ヶ月以上間を置いた8/19スタートです。
最初の頃見ていた記憶があるのですが、「一休さん」の母上編みたいな感じで辛気臭く、見るのをすぐ止めてしまいました。
つかあの美少年竹千代がタヌキオヤジの家康になるって、イナズマンの変身の逆パターンのようですな。
「プロレスの星アステカイザー」は火曜に移動した「ブロッカー軍団Ⅳマシーンブラスター」の後番組として10/7スタート。
前にも書きましたが私はこの頃から特撮モノに対する審美眼が厳しくなっておりまして、この作品は初期で視聴切りしました。
クライマックスの戦闘場面がアニメになるんじゃなぁ。
だったら最初からアニメにすればいいジャンと当時思ってました。

金曜(10/29)
BSN
17:30-18:00「秘密戦隊ゴレンジャー」(NET、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「まんが世界昔ばなし」(TBS、1日遅い) 19:00-30「宇宙鉄人キョーダイン」(TBS同時ネット)

「まんが世界昔ばなし」は10/8スタートで、TBS系の番組でありながら新潟では1日遅れの放送です。
ウィキペディアを見てみたら、放送開始からしばらくの間はローカルセールス枠だったとの事、成程それで新潟ではこの枠が適当だったのね納得。
この作品は後に夜七時の放送に変わった後は見ていましたが、この枠の頃は見ていなかった気がします。

NST
17:20-50「大空魔竜ガイキング」(フジ、半月遅れ)、18:00-30「ドカベン」(フジ、2日遅れ) 19:00-30「キャンディキャンディ」(NET同時ネット)

「ドカベン」は「シンドバットの冒険」の後番組として10/8スタート。
「ドカベン」は見てはいましたが、ハッキリ言って画に難点があってそれが目に付いてうーむ・・・というところてした。
ただ原作はアニメが始まってから読み始めて、たちまちハマって単行本もかなり買いました。
私的に「ドカベン」のピークは山田たちが二年生の夏ですな。
山田をいとも容易く牛耳る不知火さんの逆転の発想に「なるほどっその手があったか!」と膝を打ちましたよ。
「キャンディキャンディ」は「マシンハヤブサ」の後番組として10/1スタート。
この作品は愚妹が夢中になっていたので、私も彼女に付き合う形でみてました。
この番組は「ニールとイライザ」、あのDQNどもに集約されますな。
生まれて初めて「殺意」を抱いたのがこの二人でしたよいやマジな話w
あの二人を筆頭に、あの家でいいように虐められるキャンディがそれは可哀想で・・・。
後のテリィさんとの愛、そして別れも涙を誘いました。
前々から述べておるように、私はウエットな作品はキライで本来は見ないのですが、この作品は数少ない例外でしたなぁ。

土曜(10/30)
BSN
19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
特撮アニメ等の放送無し。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第21回(昭和51年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第23回(昭和52年前半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第21回(昭和51年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第23回(昭和52年前半) »