« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第18回(昭和49年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第20回(昭和50年後半) »

2019年4月 7日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第19回(昭和50年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第19回は、昭和50年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

昭和49年後半はこちらへ

「ウルトラマンレオ」放送終了で、第二期ウルトラシリーズは終了して怪獣モノもこれでオシマイ。
一方でSFアニメでは子供たちがまたまた究極の選択を迫られています。
「ゲッターロボ」か?はたまた「グレートマジンガー」か?
そんな頃の話です。

新潟日報縮刷版テレビ欄の調査に基づく、昭和50年1月最終週のラインナップは下記の如し。

まず帯番組では、BSNで「おんぶおばけ」の再放送(月曜~金曜16:30-17:00)と「シルバー仮面」(月曜~金曜17:00-17:30)の再放送を行っています。
「おんぶおばけ」は「リボンの騎士」の後番組として前年12/4から放送、「シルバー仮面」は「宇宙ライダーエンゼル」の後番組として1/6にスタート、1/30から「シルバー仮面ジャイアント」編に突入しています。
私が「シルバー仮面」をガッツリ見たのはこの時で、夢中で見てましたなぁ。
あの未来的なOPから渋い「故郷は地球」への流れがカッコよかった。
サントラが一切出ていないのが残念です。
レコード時代からずっと出ていないということは、マスターテープが行方不明でコピーも無いって事なんでしょうな・・・。
なお、夕方四時台前半に放送していた「コートにかける青春」の再放送は前年12/10に終了しています。
一方NSTでは、「行け!牛若小太郎」(おはよう!こどもショー内、月曜~土曜)と「アンデルセン物語」の再放送(月曜~金曜16:50-17:20)を行っています。
「行け!牛若小太郎」はこの枠での実写ヒーローモノの最終作で、前年11/21から放送しています。
「アンデルセン物語」は「侍ジャイアンツ」の後番組として1/27スタートです。
私はこの番組は全然覚えがないなぁ。
「侍ジャイアンツ」は見ていたので、後番組のタイトルを見ただけで視聴NGにしていたのかも。
私はウエットなモノ以外にも、昔から童話もキライですからね、猛毒のあるヤツは除いて。
幼少の頃、母親に読み聞かせしてもらっていたのに、全然役に立たなかったというw

日曜(1/26)
BSN
10:00-30「仮面ライダーアマゾン」(NET 約二ヶ月遅れ) 19:30-20:00「猿の軍団」(TBS同時ネット) 20:00-55「日本沈没」(TBS同時ネット)

「仮面ライダーアマゾン」は「仮面ライダーX」の後番組として12/22スタートです。
世間では異色のヒーローモノとして人気の「仮面ライダーアマゾン」ですが、私は「主人公が日本語を喋れず周りと意思の疎通が出来ない」のが見ていて辛くて、それで視聴脱落してしまいました。
立花のおやっさんが出ているとはいえ、歴代仮面ライダーたちの影が全く見えないのも言い知れぬ不安感を引き起こしたものです。

NST
19:00-30「宇宙戦艦ヤマト」(よみうり同時ネットよりも30分早い)

月曜(1/27)
BSN
17:30-18:00「ウルトラマンタロウ」(初回再放送) 18:00-30「サザエさん」(フジ、8日遅れ)

NST
17:20-50「ジムボタン」(NET、約半月遅れ) 18:00-30「フランダースの犬」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「魔女っ子メグちゃん」(NET同時ネット)

「フランダースの犬」は「アルプスの少女ハイジ」の後番組として1/6スタートです。
私はこの手の作品は辛すぎて見れません、あまりにも悲しすぎますしやりきれない・・・。
何であんなに善良な少年が酷い目にあって死ななきゃならないのかと、憤りさえ感じました。
天使に迎えられてあの世に行くとか、キリスト教なんて全然信じちゃいない私にとっては、アレは悲惨な死という現実を糊塗する為のいやらしい演出としか見えませんわ。

火曜(1/28)
BSN
17:30-18:00「ゼロテスター」(フジ、10ヶ月遅れ)

NST
17:20-50「オズの魔法使い」(日本テレビ、約二ヶ月遅れ)

「オズの魔法使い」は11月末で放送中断した「柔道賛歌」の後番組として前年12/3スタート。
アメリカ製の実写ドラマです
この作品はなんとなく覚えています。
ゆめみるどろしー!ききいっぱーーーーーーーつ!
主題歌で「魔法の国は怖い国」と脅かしていましたが、怖い感じは無かったなぁ。

水曜(1/29)
BSN
17:30-18:00「カリメロ」(NET、約一ヶ月遅れ)

「カリメロ」は「イナズマンF」の後番組として前年11/13から放送しています。
私はそもそもこういうテイストの作品がキライなところにもってきて、あのエンディング曲でトドメを刺されましたな。
あの異様に暗い曲・・・カルト教団や共産主義国の「自己批判」のようですわ。

NST
17:20-50「電人サボーガー」(フジ、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「てんとう虫の歌」(フジ、約半月遅れ)

「電人ザボーガー」は以前月曜夕方五時台に放送していましたが、前年10/14をもって一時中断、そして11/6からこの枠に移動して放送再開しています。

木曜(1/30)
BSN
17:30-18:00「グレートマジンガー」(フジ、約二ヶ月遅れ)

「グレートマジンガー」は「マジンガーZ」の後番組として前年11/14スタート。
相変わらず裏番組は「ゲッターロボ」ですが、私は「マジンガーZ」に引き続いて「グレートマジンガー」を見ていました。
そもそも幼少時からヘソ曲がりの私は万人に愛される博愛主義者の兜甲児よりもスパルタで毒舌家の剣鉄也の方が断然カッコよかったのです。
あの江戸っ子みたいな語り口と暴言の数々がもう辛抱タマランとですよ。
話も「Z」に比べてコミカルさが随分減って、ヒーローモノにはハードボイルドな雰囲気を望む私には相性バッチリでしたなぁ(「破裏拳ポリマー」はある意味ブッちぎれているので例外)

NST
17:20-50「ゲッターロボ」(フジ、約二ヶ月遅れ)

金曜(1/31)
BSN
19:00-30「ウルトラマンレオ」(TBS同時ネット)

夕方18時から放送していた「ルーシーショー」は前年11/15に終了し、後番組は「エンデバー号の冒険」です。
以前に土曜の「冒険コロボックル」の後番組として放送していました。

NST
18:00-30「小さなバイキング ビッケ」(フジ、二日遅れ) 19:00-30「まんが日本昔ばなし」(NET、三日遅れ)

「まんが日本昔ばなし」は1/10スタートです。
私は今回の調査まで、この番組がTBS系放送以前にNET発で流れていたことを知りませんでした、実に遺憾です勉強不足で申し訳ないです。
BSNの土曜夜七時の放送は見ていましたけれど、多分この枠の時は見てないなぁ。

土曜(1/25)
BSN
17:00-30「海のトリトン」(再放送) 19:00-30「はじめ人間ギャートルズ」(TBS同時ネット)

「海のトリトン」は相変わらず放送状況が不安定です。
穴埋め的にダラダラやるぐらいなら、夕方の帯放送に回してこの時間はテキトーにアメリカ産のアニメでも流しておけばいいのに。

NST
16:25-55「柔道賛歌」(日本テレビ、約三ヶ月半遅れ) 18:00-25「破裏拳ポリマー」(NET、1日遅れ)

以前火曜夕方五時台に放送していた「柔道賛歌」は1/25からこの枠に引っ越して放送再開です。
しかしこの枠は穴埋め枠で、作品の評価の程が偲ばれますな。
また、夕方6時台後半枠で放送していた「新みなしごハッチ」は前年12/28で放送終了しています。 

引き続いて昭和50年4月最終週はこういう状況です。

まず帯番組はBSNで「柔道一直線」の再放送(月曜~金曜16:00-30)と「星の子チョビン」(月曜~金曜17:00-30)の再放送です。
かつての大人気番組「柔道一直線」の再放送は3/5から。
夕方五時台前半枠は、「シルバー仮面ジャイアント」が2/11に終了して、後番組は「原始少年リュウ」を3/13まで再放送しています。
「原始少年リュウ」の後番組としてあの「アパッチ野球軍」を4/24まで再放送していて、私がこの作品をガッツリ見て唖然呆然だったのがこの時です。
「星の子チョビン」は「アパッチ野球軍」の後番組として4/25から放送していますが、野卑なアパッチから涙腺崩壊のチョビンへの流れは明らかに異様ですなw
また夕方四時台後半枠は「おんぶおばけ」が2/25に終了して後番組は「のらくろ」。
この作品はフジで昭和45年10月に放送開始したモノで、新潟では同時ネットから実に四年と五ヶ月も経っての放送です。
私はなんとなく覚えがあるのですが、以前に述べたように「主演声優」が幼児の頃からキライなので、それで視聴を切ったと思います。
「のらくろ」の漫画自体は好きで、小学校の図書館に何故か豪華仕様?の「のらくろ」全集が入った時は全巻借りて読みましたなぁ。
図書館に漫画が入るのは前代未聞で、凄い人気で競争率がメチャ高く、図書館に日参してようやくゲットしてました。
「のらくろ」は4/8で終了して、後番組は「クマとマーク少年」・・・。
昭和44年の暮れから一度放送している番組で、放映権はかなり安そう。
一方NSTでは「アンデルセン物語」(月曜~金曜16:50-17:20)を放送続行中。
朝の「行け!牛若小太郎」は4/25で終了し、「レッドマン」以来の五分実写帯枠はこれで終了です。

日曜(4/27)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

「仮面ライダーアマゾン」「猿の軍団」「日本沈没」は揃って3/30放送終了です。
「軍団」と「沈没」はTBS同時ネットなので全話放送して無事終了なのですが、「アマゾン」は第15話「出たぞ!恐怖のゼロ大帝」で打ち切りです。
所謂「ネットチェンジ」の影響なのでしょう、後番組はそれまで深夜枠で流していた「驚異の世界」です。

NST
特撮アニメ等の放送無し。

とはいえ、4月からは「すばらしい世界旅行」が「宇宙戦艦ヤマト」の後番組として夜七時台に移動して来ました。
それまではもっと遅い時間帯にやっていて、子供が見るにはキツかったのです。
この番組はよく見てたなぁ。

月曜(4/28)
BSN
17:30-18:00「ウルトラマンタロウ」(初回再放送) 18:00-30「サザエさん」(フジ、8日遅れ)

NST
17:20-50「ジムボタン」(NET、約半月遅れ) 18:00-30「フランダースの犬」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「魔女っ子メグちゃん」(NET同時ネット)

火曜(4/29)
BSN
17:30-18:00「ゼロテスター」(フジ、10ヶ月遅れ)

NST
17:20-50「スーパーロボット マッハバロン」(日本テレビ、半年遅れ) 

「スーパーロボット マッハバロン」は「オズの魔法使い」の後番組として4/8スタート。
当時としては珍しいロックな主題歌、基地の洒落たデザインが印象的。
とはいえ私はあまり熱心には見ていなかったようで、多分「ゼロテスター」との両刀使いだったのでしょう。
しかし接着剤の要らない組み立て式のマッハバロンのプラモデルは持っていました。

水曜(4/30)
BSN
17:30-18:00「カリメロ」(NET、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「はじめ人間ギャートルズ」(

「はじめ人間ギャートルズ」はこれまた「ネットチェンジ」の影響で土曜夜からこの枠に移動しています(4/9から)。
「仮面ライダーアマゾン」のように打ち切りの憂き目に遭わず、新潟の子供たちはまだ幸運でした。
他県ではネットチェンジを機に放送打ち切りになった例がそこそこあるようですので。

NST
17:20-50「電人サボーガー」(フジ、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「てんとう虫の歌」(フジ、約半月遅れ)

木曜(4/24)
BSN
17:30-18:00「グレートマジンガー」(フジ、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「ガンバの冒険」(日本テレビ、10日遅れ)

「ガンバの冒険」は4/17スタートです。
この番組は記憶が曖昧なので、私は多分見たり見なかったりだったのだと思います、
エンディング曲は寂寥感に溢れていて好きなんですけどね。

NST
17:20-50「ゲッターロボ」(フジ、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「ラ・セーヌの星」(フジ同時ネットよりも1日早い)

「ラ・セーヌの星」は4/3スタートで、幼少の頃から仮面フェチな私は「仮面を付けたおねいさんが剣を振るって悪と戦う!」という展開にズッポリとハマりこんでいそうなのですが、生憎記憶は全くありません・・・、主題歌すら覚えていないということは、多分一度も見たことが無いのでしょう。
仮面のおねいさんが主役だなんて、当時は知らなかったのですわきっと。
知っていたら「リボンの騎士」のサファイヤタン同様に夢中になっていたはずw

金曜(4/25)
BSN
18:00-30「がんばれ!!ロボコン」(NET、約半年遅れ)

「がんばれ!!ロボコン」は当時の人気番組ですが、新潟では同時ネットから半年も遅れての放送開始です。
ただ私はこの番組の底流のウエットさがあまり好みではなく、熱心には見ていませんでした。
ドラマよりは原作漫画版の方がずっと面白かったなぁ。
原作版のロボコンは頭がかなりイカレていて、居つかれた家が大変です。
あのブッ壊れっぷりは「スポンジボブ」に登場するパトリックさん並みでしょう。
善意の押し売り具合はスポンジボブさん並み。
ママがノイローゼ気味になって寝られないとボヤいているのも当然ですな。
石ノ森先生はあの時期、私のトラウマ漫画「鉄面クロス」を書いているんですよねー。
皮膚に食い込んで二度と外せない鉄面とヨロイを装着させられて、自分の顔も幸福な人生も全て失った青年の悲哀を描いた作品です。
あんなダークヒーローモノとあんな破壊的コメディを並行して書けるなんて石ノ森先生、やはり凄いです。
なお夜七時台の「ウルトラマンレオ」は3/28に終了し、第二期ウルトラシリーズもこれでオシマイ。
とはいえ我が新潟では月曜に「ウルトラマンタロウ」の再放送中、引き続いて「レオ」を再放送するのでウルトラシリーズとのお別れはまだ少し先の話です。
また特撮アニメではありませんが、子供特に男児にとって見逃せないのが夜七時半枠で4/4放送開始の「野生の王国」。
金曜七時台は後述の「勇者ライディーン」を見て、その後チャンネルを変えて「野性の王国」を見るというのが私の定番でした。

NST
18:00-30「小さなバイキング ビッケ」(フジ、二日遅れ) 19:00-30「勇者ライディーン」(NET同時ネット)

「まんが日本昔ばなし」の後番組として4/4にスタートしたのが「勇者ライディーン」。
この作品は夢中になって見ていました。
弓で敵を射る必殺技「ゴッドゴーガン」が素晴らしくカッコよかったとです。
後の新必殺技「ゴッドボイス」、アレで諸刃の剣という言葉を覚えました。
ゴッドバードに変形できる超合金も欲しくて欲しくて辛抱タマランかったのですが、結局買ってもらえず仕舞・・・。
ならばと雑誌「テレビマガジン」の懸賞に応募しましたが、結果は・・・。
懸賞に応募したのは人生初でしたなアレが。
それほどライディーンの超合金が欲しいと思い詰めておったのですよ。

土曜(4/26)
BSN
19:00-30「仮面ライダーストロンガー」(TBS同時ネット)

「ネットチェンジ」の結果、新潟では仮面ライダーシリーズを同時ネットで見られるようになりました。
「仮面ライダーストロンガー」は4/5スタートで、ストロンガーの問答無用の強さと好敵手ジェネラルシャドウの悪の美学、そして後半のデルザー軍団登場、タックルの死、そして帰国し共闘する先輩ライダーと子供にとっては瞠目の内容でした。
惜しむらくは、放送時間が週末のゴールデン枠になったことが災いし、チャンネル権を持つ親の意向で見れない事がかなりあったのです。
なお、放送状況が不安定だった夕方五時台の「海のトリトン」の再放送は3/15に終了しています。
全話放送したのなら27本、それを十ヶ月もかけて放送したのです。

NST
特撮アニメ等の放送無し。

夕方四時台に穴埋め的に放送していた「柔道賛歌」は3/21に終了しています。
また夕方6時台前半枠で放送していた「破裏拳ポリマー」は4/5に終了しています。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第18回(昭和49年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第20回(昭和50年後半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第18回(昭和49年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第20回(昭和50年後半) »