« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第20回(昭和50年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第22回(昭和51年後半) »

2019年4月21日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第21回(昭和51年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第21回は、昭和51年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

特撮作品では「ウルトラ」「ライダー」に代わる人気作品「ゴレンジャー」に加えて異色のヒーロー仮面劇「アクマイザー3」が参入。
SFアニメでは「グレンダイザー」「ゲッターロボG」に加えてややSF色の濃い「ガイキング」が参入。
スーパーロボットモノにも創意工夫が要求されるようになった、そんな時代の話です。

新潟日報縮刷版テレビ欄の調査に基づく、昭和51年1月最終週のラインナップは下記の如し。

まず帯放送ではBSNで「スカイヤーズ5」の再放送(月曜~金曜16:30-17:00)と「ど根性ガエル」の再放送(月曜~木曜17:00-30)を行っています。
「スカイヤーズ5」は「マンガ大作戦」の後番組として11/12スタート、「ど根性ガエル」は「マッハGOGOGO」の後番組として12/10スタートです。
一方NSTでは朝の再放送枠で「魔法使いサリー」(月曜~金曜08:15-30)の放送を続行中。
BSN、NST共に帯枠は新味がありませんなぁ。

日曜(1/25)
BSN
10:30-11:00「少年探偵団」(日本テレビ、半月遅れ)

NST
18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット)

前年秋の夕方帯放送枠廃止で日曜朝に移動していた「山ねずみロッキーチャック」は前年11/30で終了しています。

月曜(1/26)
BSN
17:30-18:00「ウルトラマンレオ」(初回再放送)

NST
16:15-45「鋼鉄ジーグ」(NET、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「母をたずねて三千里」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「アンデス少年ペペロの冒険」(NET同時ネット)

「母をたずねて三千里」は「フランダースの犬」の後番組として1/4スタートです。
私は「フランダースの犬」の結末に大ショックを受けてしまって、「この枠はそういう悲しいお話ばかりなんだ」と思い込み、以後「赤毛のアン」まで見ませんでした。
「鋼鉄ジーグ」は「正義のシンボル コンドールマン」の後番組として12/8スタートです。
ジーグは司馬宙の妹と女王ヒミカさまが同じ声(磯野カツオくんの高橋和枝さん)なのに物凄い違和感を覚えつつもガッツリ見ていました。
またジーグは磁石でパーツがくっつくアクションフィギュア(と表現していいものかどうか)も買ってもらって、毎日飽きもせず遊んでましたっけ
マジンガーZ、グレートマジンガーの超合金と並べて。
パーンサロイドは買ってもらえず、あれがまた欲しくてねぇ~。

火曜(1/27)
BSN
17:30-18:00「ジャングル黒べえ」(毎日、二年十ヶ月遅れ) 19:00-30「草原の少女ローラ」(TBS同時ネット)

「ジャングル黒べえ」は「ゼロテスター地球を守れ」の後番組として1/6スタートです。
今では所謂「封印作品」になっているこの作品、子供視線では差別とか全然感じませんでしたけど。
あの頃は黒人の描写で「タラコ唇」は当たり前でしたし。
まぁ今はああいうのはダメなのはわかりますけどねぇ、ジンケン屋さんたちの言葉狩りもちょっと度が過ぎるんじゃないの。

NST
16:15-45「ゲッターロボG」(フジ、約五ヶ月半遅れ) 18:00-30「元祖天才バカボン」(日本テレビ、二ヵ月半遅れ)

「元祖天才バカボン」は「宇宙の騎士テッカマン」の後番組として1/20スタート。
悲壮感溢れるラストで終了のテッカマンの後にバカボンというのは、枠の流れの統一感を全然考えていないのがよくわかりますw
私はコテコテのギャグに時折ついていけなくなるのと、バカボン一家の底流に何か物悲しさを感じてしまってあまり見ていませんでした。
この作品で唯一好きなのは目玉のおまわりさんだけだもんなぁ。
自分は横着なくせに、些細な事でブチギレて所構わず拳銃を乱射。
自分に甘く、他人に超キビシイというあの精神構造、私は好きですw

水曜(1/28)
BSN
17:30-18:00「アクマイザー3」(NET、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「はじめ人間ギャートルズ」

「アクマイザー3」は「カリメロ」の後番組として11/12スタート。
主役三人組が基本的に人間体を持たない(後半のザビタンは除く)という異色のヒーローモノであります。
この作品は当時から何と言ってもダルニアちゃんでしょう。
全身タイツを着たナイスバディの仮面のおねいさん!
おまけに声は当時の売れっ子吉田理保子さん!
なんかもうね、ストーリーとか頭に入っていなくて、ひたすらダルニアちゃんを目で追っていましたっけ。
現在でもやはりダルニアちゃんの衝撃は色濃く残っていて、それっぽい緑色の全身タイツを調達してコスプレしたりしていました。
しかしあの最終回はダルニアちゃんどころではなく辛かったとです・・・
中ボスを倒すのと引き換えにカプセルに魂を封印されちゃうとか、戦死するよりも過酷ですがな。
ニュアンスは違うけれど、「機動戦士Zガンダム」のカミーユ・ビダンとなんか被ります。
ラスボスはまだ健在なのに、主人公は戦場からの強制退場を余儀なくされるところとかね。

NST
16:15-45「みつばちマーヤの冒険」(NET、約一ヵ月半遅れ) 18:00-30「てんとう虫の歌」(フジ、約半月遅れ)

木曜(1/28)
BSN
17:30-18:00「UFOロボグレンダイザー」(フジ、約三ヶ月遅れ) 18:00-30「一休さん」(NET、8日遅れ)

「グレートマジンガー」の後番組として、「マジンガーシリーズ」最終作の「UFOロボグレンダイザー」が1/8スタートです。
「マジンガーZ」放送開始当初は同時ネットと一ヶ月も遅れていなかったのに、徐々に遅れが大きくなっていって「グレートマジンガー」放送開始時で二ヶ月の遅れ、そして「グレンダイザー」では三ヶ月の遅れになってしまいました。
この原因は「夕方五時台にガンガン入る特番」で、特に祭り関連が大きいのです。
当時は自治体の夏祭りは概ね特番として放送していましたから。
祭り本体だけに飽き足らず、それとは別腹で「夏祭り市民民謡のど自慢」なんてのを放送するぐらい、当時のBSNは地元密着番組に熱心だったのです。
NSTではそういう番組はほとんど流さなかったので好対照なのです。
ただNSTは春のバレーや秋の日本シリーズ中継、改変期の特番(歌合戦とかナツメロとか)があるので、夕方四時五時台の番組はどうしても遅れが生じてしまうのです。
閑話休題、剣鉄也のアニキ一筋だった私は兜甲児のレギュラー出演もそれほど嬉しくは無く、デュークフリードがやたら悩むあたりはちょっとイライラしましたw
あぁ、こんな時鉄也のアニキならべらんめぇ調で毒づいて敵をボコボコにするのにと。
そんな調子なので次第に視聴から遠ざかり始めて、デュークの妹のマリアが出てきてダイザーチーム結成の頃はほとんど見ていませんでした。
しかしグレンダイザーの超合金は欲しかった!
スペイザーと合体できる豪華版です。
しかしお値段がかなり張るためかはたまたそろそろこういうモノから卒業させようという親の判断があったのか、やはり欲しくて欲しくて辛抱タマランかったライディーン同様、とうとう買ってはもらえませんでした・・・。
ポピニカのTFOは買ってもらいましたけれど、ポピニカも買ってもらうのはアレで最後だったなぁ。

NST
16:00-30「ハックルベリィの冒険」(フジ、6日遅れ)

「ハックルベリィの冒険」は「ラ・セーヌの星」の後番組として1/8スタートです。
私は今回の調査までこの作品の事を全く知りませんでした遺憾です親方・・・。
ちなみにこの番組、実に放送休止が多いのです。
マイナー作品だから編成にナメられているってわけではないのでしょーが。

金曜(1/29)
BSN
16:30-17:00「がんばれ!!ロボコン」(NET、約半年遅れ) 17:30-18:00「秘密戦隊ゴレンジャー」(NET、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「わんぱく大昔クムクム」(TBS同時ネット)

NST
18:00-30「アラビアンナイト シンドバットの冒険」(フジ、2日遅れ) 19:00-30「勇者ライディーン」(NET同時ネット)

土曜(1/30)
BSN
19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

昭和50年1月から3月までNSTで放送していたこの番組、「仮面ライダーストロンガー」の後番組として、1/3からみんながよく知っている土曜夜七時枠で仕切り直しの放送開始です。
「ストロンガー」といえば、放送終了直後のお正月に放送された「全員集合!七人の仮面ライダー」が新潟では見事にスルーされて、強い憤りを覚えたものでした。

NST
特撮アニメ等の放送無し。

ちなみに特撮アニメ系以外だと、BSNで「白い牙」を放送しています(1/6スタート、金曜14:00-55)。
悪徳刑事の汚名を着せられたた元刑事のドラマで、主演は仮面ライダー1号の藤岡弘氏。
どことなく「鉄面クロス」とイメージが重なる作品なのです。

引き続いて昭和51年4月最終週のラインナップはこんな感じ。

まず帯番組ではBSNで「ど根性ガエル」の再放送(月曜~木曜16:30-17:00を続行中です。
「ど根性ガエル」はそれまで夕方五時台前半枠での放送でしたが、「スカイヤーズ5」の後番組として2/4から3/30まで流していた「ドン・チャック物語」(東京12チャンネル、約十ヶ月遅れ)の後枠に移動しています。
「ドン・チャック物語」は新潟ではこの後度々再放送されていますが、私はあのウエット過ぎる作風がイヤで初回で視聴を断念しました。
一方NSTは、朝の帯枠で「魔法使いサリー」の後番組として「ハゼドン」の再放送(3/8スタート、月曜~金曜08:15-30)と、4月から復活した夕方帯枠の「ロケットろびんふっど」(4/1スタート、月曜~金曜16:50-17:20)を放送中です。
「ロケットろびんふっど」はカナダ製のアニメで、内容は覚えていませんがエンディング曲は何故か歌えるという不思議。
かったっくっみちからをあわせ!しょーりめざしったったかおう!
あのメロディと歌詞、子供の琴線に触れるナニかがあったのでしょうか。
ちなみに子供向けではありませんが、かなり怖い昼メロミステリー「三日月情話」を4/5から5/21に放送しています(月曜~金曜13:30-14:00)。
この作品はどういう訳かぼんやり覚えていて、「竜宮へ行く」とか「常世の国」とか怖かったです・・・。
大人になると更に怖さ倍増ですな。
「コノ先日本国憲法ツウジズ」ですもんね、言葉は通じるのに価値観がまるで違う、犯罪も犯罪と思わない連中と何の後ろ盾もない一般人が対峙するのは怖すぎますわ・・・。

日曜(4/25)
BSN
17:00-30「ティズニーぱれーど」 

「ディズニーぱれーど」は以前NSTで放送していましたが、今度はBSNに移籍して4/4スタートです。
朝10時台に放送していた「少年探偵団」は4/11に終了して、後番組は「さぁ!ごはんだよ」・・・。

NST
18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット)

月曜(4/26)
BSN
17:30-18:00「ウルトラマンレオ」(初回再放送)

NST
17:10-40「鋼鉄ジーグ」(NET、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「母をたずねて三千里」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「ザ・カゲスター」(NET同時ネット)

NSTは4月から夕方の帯枠を復活させた為、それまで夕方4時15分から放送していた番組は時間帯を繰り下げています。
「ザ・カゲスター」は「アンデス少年ペペロの冒険」の後番組として4/5スタートです。
最初の頃は見ていましたけれど、段々疎遠になっていって、後半はもう見ていませんでしたっけ。
巷のフェチ界隈では大人気のベルスターさんも、私は全然魅力を感じませんでしたし。
やはり変身ヒロインというのはフルフェイスの仮面と身体のラインが出るレオタードや全身タイツ系でないとアカンのですわ。

火曜(4/27)
BSN
17:00-30「がんばれ!!ロボコン」(NET、約半年遅れ) 17:30-18:00「ジャングル黒べえ」(毎日、二年十ヶ月遅れ) 19:00-30「UFO戦士ダイアポロン」(TBS同時ネット)

「がんばれ!!ロボコン」は4月から金曜→火曜に放送曜日を変更しています。
「UFO戦士ダイアポロン」は「草原の少女ローラ」の後番組として4/6スタート。
「主人公が巨大ロボットの内部で巨大化して着ぐるみを着た状態になる」というアイデアはなかなかインパクトが大きくて、ちょいちょい見ていました。

また、ちなみにBSNの火曜深夜では「プレイガールQ」を放送しています(4/6スタート、23:30~)

NST
17:10-40「ゲッターロボG」(フジ、約五ヶ月半遅れ) 18:00-30「元祖天才バカボン」(日本テレビ、二ヵ月半遅れ)

水曜(4/28)
BSN
17:00-30「忍者キャプター」(東京12チャンネル、三週間遅れ) 17:30-18:00「アクマイザー3」(NET、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「ゴワッパー5ゴーダム」(NET、24日遅れ)

「忍者キャプター」は4/28スタートで、一時期は戦隊シリーズのひとつに加えられていた団体ヒーローモノです。
この作品で唯一強烈に印象に残っているのは乙姫の回で、江戸時代に毒を盛られて二目と見れない顔にされたおねーさんが仮面をかぶって・・・という、幼少の頃から仮面フェチであった私にはガツンとくる話だったのです。
最期は花忍にヌンチャクで仮面を割られて死んでしまわれました。
他の敵忍者とは出自が明らかに違っていて、悲しい結末でした。
「ゴワッパー5ゴーダム」は「はじめ人間ギャートルズ」の後番組として4/28スタート。
普通は紅一点で皆に守られる立場の多いおねーちゃんがバリバリのリーダーという異色のチームそれがゴワッパーでしたな。
内容は断片的にしか覚えていませんが、あの主題歌は明朗で覚えやすく、馴染みがあります。

NST
17:10-40「みつばちマーヤの冒険」(NET、約一ヵ月半遅れ) 18:00-30「てんとう虫の歌」(フジ、約半月遅れ)

木曜(4/29)
BSN
17:30-18:00「UFOロボグレンダイザー」(フジ、約三ヶ月遅れ) 18:00-30「一休さん」(NET、8日遅れ)

NST
17:10-40「ハックルベリィの冒険」(フジ、6日遅れ)

金曜(4/30)
BSN
17:30-18:00「秘密戦隊ゴレンジャー」(NET、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「宇宙鉄人キョーダイン」(TBS同時ネット)

「宇宙鉄人キョーダイン」は「わんぱく大昔クムクム」の後番組として4/2スタート。
人間の人格と記憶をコピーしてインストールしたサイバロイドがキョーダインですが、本物の二人が地球に帰還したら所詮彼らのコピーに過ぎないキョーダインの立場はどうなってしまうのだろうと、番組開始当初から心配していましたっけ。
しかしお話はあまり面白くなくて、自然とフェードアウトしていきました。
最終回は見ていませんし。
この頃になると私の特撮モノを見る目も子供ながら厳しくなって、新作を熱心に見続ける機会は減っていきました。
「ガッチャマン」や「ヤマト」を見ちゃった後だと、どうしても特撮モノは幼稚に映ってしまうのです。

NST
17:10-40「大空魔竜ガイキング」(フジ、半月遅れ)、18:00-30「アラビアンナイト シンドバットの冒険」(フジ、2日遅れ) 19:00-30「マシンハヤブサ」(NET同時ネット)

「大空魔竜ガイキング」は4/16スタートです。
同時ネットでは「ゲッターロボG」の後番組だったこの作品、新潟では並行して放送しています。
この作品はかなりハマって見ていました。
主役ロボのガイキングではなく、大空魔竜に目が行っていたのはおそらく「ヤマト」の影響だったのでしょう。
「ブラックホール」という科学用語を覚えたのはこの作品でしたっけ。
「マシンハヤブサ」は「勇者ライディーン」の後番組として4/2スタート。
この作品、私の中ではすこし後の「アローエンブレムグランプリの鷹」と記憶がごちゃまぜになってしまっています。
主題歌はバッチリ歌えるので、一応見てはいたのでしょうけれど。

土曜(4/24)
BSN
19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
特撮アニメ等の放送無し。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第20回(昭和50年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第22回(昭和51年後半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第20回(昭和50年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第22回(昭和51年後半) »