« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第22回(昭和51年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第24回(昭和52年後半) »

2019年4月29日 (月)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第23回(昭和52年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第23回は、昭和52年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

後々まで語り継がれることになる快作「快傑ズバット」と怪作「ジキルとハイド」が新潟でも放送開始。
片やSFアニメでは本格的な「戦うヒロイン」花月舞タンご降臨の「ガ・キーン」放送開始。
無敵に燃え、無法に呆れ、ヒロインに萌える。
そんな頃の話です。

新潟日報縮刷版テレビ欄の調査に基づく、昭和52年1月最終週のラインナップは下記の如し。

まず帯番組はBSNで「巨人の星」の再放送(月曜~金曜16:30-17:00)を前年6月から続行中です。
NSTでは朝の帯枠で「新オバケのQ太郎」の後番組として12/14から「冒険コロボックル」(月曜~金曜08:15-30)と夕方の帯枠で「科学忍者隊ガッチャマン」の後番組として1/27から「フランダースの犬」の再放送を行っています。
「冒険コロボックル」は以前BSNで土曜夕方に放送していた作品で、視聴者目線では再放送になります。
また17:50~18:00枠では「トッポジージョ小劇場」と「マンガ大作戦」の放送を始めていますが、テレビ欄ではタイトルを省略されている場合が多くて放送実態はよくわかりませんでした。

日曜(1/30)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
07:25-50「マグネロボ ガ・キーン」(NET、約四ヶ月遅れ) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット)

「マグネロボ ガ・キーン」は「鋼鉄ジーグ」の後番組として1/9スタート。
この作品はヒロイン花月舞タンとガ・キーンの凶悪な暴れ方が見どころで、私は日曜朝にも関わらずちょいちょい見ていました。
舞タンがマグネマンに変身した時のあの変わりよう!
ほがらかで優しいおねーさんが、おキツネさまの化身かはたまたSMの女王さまかっという凄い変貌ぶりに目が釘付けでした。
私が去年から復活の趣味のマスク作りでも、今後は舞タン変身後を模倣した作品を作ってみたいと新年早々抱負を抱いておるところです。
・・・しかし「スイートクロス」って何というか・・・エロいです・・・
「ウルトラマンA」のウルトラタッチよりも生々しいのです。

月曜(1/31)
BSN
17:00-30「超電磁ロボ コン・バトラーV」(NET、23日遅れ) 17:30-18:00「バトルホーク」(東京12チャンネル、約三ヶ月遅れ)
前年暮れで終了した「ウルトラマンレオ」の後番組として1/10にスタートしたのが「バトルホーク」です。
主題歌の記憶も定かでないので、私はこの作品はほぼ見ていないと思われます。

NST
17:20-50「元祖天才バカボン」(日本テレビ、二ヵ月半遅れ) 18:00-30「あらいぐまラスカル」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「5年3組魔法組」(NET同時ネット)

「あらいぐまラスカル」は「母をたずねて三千里」の後番組として1/3スタート。
私は前作から引き続いてこの枠は見ないと決めていました、「フランダースの犬」以来、悲しい物語に違いないと思っていたので・・・
この作品がきっかけで、世間の無責任な連中が気性の荒いアライグマを輸入して飼い始めて、あまりの凶暴さに耐え切れずに野に放した結果、日本各地で繁殖したアライグマによる様々な被害が生じているのは皆様ご存知の通り。
「5年3組魔法組」は実写のファンタジーコメディですが、私はこの頃は特撮実写モノから距離を置いていたのでこの作品はほぼ見ていません。

火曜(1/25)
BSN
17:00-30「がんばれ!!ロボコン」(NET、約半年遅れ) 17:30-18:00「グロイザーX」(東京12チャンネル、40日遅れ) 18:00-30「ドリトル先生」 19:00-30「ろぼっ子ビートン」(TBS同時ネット)

夕方6時台の「ドリトル先生」は1/11スタート。
ミュージカル風の主題歌が強く印象に残っています。
NHKで昭和47年に一度放送していたそうで、今回の調査まで知りませんでした迂闊です親方・・・。
私のドリトル先生のイメージってこのアニメのとっても良い人だったので、NHKBSプレミアムの「フランケンシュタインの誘惑」でナビゲーターの吉川晃司さんが「リアルドリトルセンセイ~」と独特の抑揚でモデルになった実在の医者の話をとつとつと語っていたのを聞いて、なんか幻滅しちゃったのです。
ドリトル先生の素顔って、人間の骨格標本欲しさに闇夜の墓荒らしも辞さないマッドな方だったのですわ。

NST
17:20-50「ぐるぐるメダマン」(東京12チャンネル、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「ブロッカー軍団Ⅳマシーンブラスター」(フジ、三日遅れ)

水曜(1/26)
BSN
17:00-30「忍者キャプター」(東京12チャンネル、三週間遅れ) 17:30-18:00「超神ビビューン」(NET、約二ヶ月半遅れ) 18:00-30「リトル・ルルとちっちゃい仲間」(NET、約三ヶ月遅れ)

「リトル・ルルとちっちゃい仲間」は「ゴワッパー5ゴーダム」の後番組として1/19スタートです。
主題歌は覚えています、あと太ったクラスメートに「リトルデブ、リトルデブ!」ってはやし立てる奴らがいましたなぁ。
子供って残酷よね。
はやし立ててる奴らも人様の容姿を罵れるようなもんじゃないのに、気の弱そうなヤツには徹底的にマウンティングする、子供ってけして天使じゃないw
そういうのを忘れている人の多い事。
子供の時、イジめる側にいてホルホルしていた奴らは特にそう。

NST
17:20-50「ピコリーノの冒険」(NET、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「ポールのミラクル大作戦」(フジ、約半月遅れ)

木曜(1/27)
BSN
17:30-18:00「UFOロボグレンダイザー」(フジ、約三ヶ月遅れ) 18:00-30「一休さん」(NET、8日遅れ) 23:30-「ジキルとハイド」(フジ、四年遅れ)

「ジキルとハイド」は1/13スタート。
これはビデオにもLDにもDVDにも勿論BDでも一切商品化されていない、番組自体が放送禁止に近いカルトホラーバイオレンスドラマです。
私は新聞のテレビ欄の片隅でこのタイトルを見つけてドキドキしたものです。
当時はこのドラマがとてつもなく物凄いモノだとは露も知りませんでしたが、「ジキル博士とハイド氏」は映画を見て小説も読んでいたので見たくてたまりませんでした。
しかし平日の深夜帯の番組とあっては、内容云々以前に親が許してくれるはずもなし。
せめて週末の深夜だったら、まだ見込みもあったんですけどねー。
後に教育実習でやって来た大学生のおにーさんと無駄話をしていて、「そういえばジキルとハイドっていう番組を夜中にやってましたよね」と私が何気に言ったら、おにーさんに「キミ!あの番組を知ってるの!?凄いねー」と何故かホメられました。
放送しているのを知ってるというだけで何故あんなにホメられたのかしばらく不思議なままでしたけれど、後にこの番組の「正体」を知ってあぁ成程。
おにーさんは私があのドラマの中身を知っていると勘違いしてホメたのですな。
ということは、あのおにーさんもこの番組を見ていたかなりのマニアだったということですな。
この作品についてはインディーズレーベルで発売されたサントラCDを買ったことなど昔このブログでも言及しておりますが、あの世に逝く前にぜひぜひ全話見たいのです。
でも映像商品化はなぁ・・・丹波家が絶対に許諾しないだろうしなぁ。
CSでも最後に放送したのは丹波哲郎さんが亡くなられた時です。
CSの近年の放送作品の選択傾向を見るに、「ジキルとハイド」はもうやらないでしょうしね。
抗議が殺到しそうだもの。

NST
17:20-50「円盤戦争バンキッド」(日本テレビ、約三ヶ月遅れ) 18:00-30「プロレスの星アステカイザー」(NET同時ネット)

「円盤戦争バンキッド」は「少年徳川家康」の後番組として1/6スタートです。
この当時、特撮を見る目がキビしくなっていた私は数回で視聴断念しました。
今やっていたら、バンキッドスワンの変身後見たさにひたすら見続けるのでしょうけれど。

金曜(1/28)
BSN
17:30-18:00「秘密戦隊ゴレンジャー」(NET、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「まんが世界昔ばなし」(TBS、1日遅い) 19:00-30「宇宙鉄人キョーダイン」(TBS同時ネット)

NST
17:20-50「大空魔竜ガイキング」(フジ、半月遅れ)、18:00-30「ドカベン」(フジ、2日遅れ) 19:00-30「キャンディキャンディ」(NET同時ネット)

土曜(1/29)
BSN
19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
特撮アニメ等の放送無し。

引き続いて昭和52年4月最終週はこんな感じ。

まず帯番組はBSNで前年6月から放送していた「巨人の星」の再放送(月曜~金曜16:00-16:30)が4/27に終了して、後番組は実写ドラマの「アテンションプリーズ」です。
これまでBSNの夕方四時台帯放送は前半が一般向けドラマ、後半がアニメという枠組みだったのですけれど、4月からニュースの放送枠が拡大されて夕方6時からになった関係で、従来6時台に放送していた番組を4時台後半に移動させました。
その結果、帯番組の放送枠がそれまでの一時間から30分に縮小されてしまったのです。
一方NSTでは朝の帯枠で「魔女っ子メグちゃん」の再放送(4/4スタート、月曜~金曜08:00-30)と夕方の「フランダースの犬」の再放送(4/29終了、月曜~金曜16:50-17:20)です。
朝枠では「冒険コロボックル」の後番組として「ハクション大魔王」の再放送が2/28にスタート、「魔女っ子メグちゃん」の放送開始に伴い「ハクション大魔王」は土曜07:00-30と日曜07:50-08:05の放送に変更されています。
再放送なのですから「メグちゃん」放送の代わりに打ち切りでもよさそうなものですが、土日に時間移動してまで放送を続行するのは人気が高かったからなのか、はたまたせっかく放映権を買った作品を途中で打ち切るのは勿体無いと判断したのかですな。
夕方の「フランダースの犬」はこの月限りで、5/2からは「赤胴鈴之助」の再放送が始まっています。
17:50~18:00枠での「トッポジージョ小劇場」と「マンガ大作戦」の放送は変化無しです。

日曜(4/24)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
07:25-50「マグネロボ ガ・キーン」(NET、約四ヶ月遅れ) 18:30-19:00「サザエさん」(フジ同時ネット)

月曜(4/25)
BSN
16:30-17:00「ドン・チャック物語」(再放送?) 17:00-30「超電磁ロボ コン・バトラーV」(NET、23日遅れ) 17:30-18:00「バトルホーク」(東京12チャンネル、約三ヶ月遅れ)

「ドン・チャック物語」は4/11スタートです。
この作品は前年の2月から3月にかけて帯放送していましたが、この放送は前回第一期シリーズの再放送なのかそれとも第二期シリーズの初放送なのかは判然としません。

NST
17:20-50「元祖天才バカボン」(日本テレビ、二ヵ月半遅れ) 18:00-30「あらいぐまラスカル」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「5年3組魔法組」(NET同時ネット)

火曜(4/26)
BSN
16:30-17:00「ドリトル先生」 17:00-30「がんばれ!!ロボコン」(NET、約半年遅れ) 19:00-30「ろぼっ子ビートン」(TBS同時ネット)

「ドリトル先生」は前述の夕方6時台のニュース枠拡大の影響で4月から放送時間を一時間半繰り上げています。
夕方五時台後半枠で放送していた「グロイザーX」は4/12に終了しています。

NST
17:20-48「合身戦隊メカンダーロボ」(東京12チャンネル、約一ヵ月半遅れ) 18:00-30「怪人二十面相」(フジ、三ヶ月遅れ)
「合身戦隊メカンダーロボ」は3/22に終了した「ぐるぐるメダマン」の後番組ですが、春高バレー中継の影響でやや間を置いた4/12から放送開始しています。
この作品は地球の大半が敵に占領されていたり、メカンダーロボが起動するとそれに反応して敵のミサイルが人工衛星から打ち込まれてくるという戦闘時間に制約を持たせた作劇、主人公の母親が敵に改造洗脳されて襲ってくるも、時々元の姿に戻り正気に帰るとかなかなか見ごたえがありました。
あのママが息子の事を案じていた次の瞬間、改造体に戻って凄まじい殺戮計画を推進するあのギャップが怖かったとですわ。
「怪人二十面相」は「ブロッカー軍団Ⅳマシーンブラスター」の後番組として4/5スタート。
あーるときはぁはやてのよぉーにぃ~と、上条恒彦さんが主題歌を朗々と歌っていました。
内容もBSNで日曜の午前中に放送していた「怪人二十面相の正体は俳優の団次郎だった!w」な少々荒唐無稽の「少年探偵団」と違って正統派の二十面相モノでした。
当時私は小学校の図書館にドカッと入った「少年探偵団」シリーズを貪り読んでいたので、この作品もちょいちょい見ていましたが、同時ネットでの視聴率はあまり良くなかったそうです。
うーむ、まぁ子供ウケする派手な話は無かった印象ですし無理もないのですが、当時既に特撮モノからかなり距離を置いていた私にとってはこういう実写モノの方が良かったなぁ。

水曜(4/27)
BSN
16:30-17:00「快傑ズバット」(東京12チャンネル、三週間遅れ) 17:00-30「超神ビビューン」(約二ヶ月半遅れ) 17:30-18:00「リトル・ルルとちっちゃい仲間」(NET、約三ヶ月遅れ)

「快傑ズバット」は「忍者キャプター」の後番組として2/23スタート。
当時、子供だましに思える特撮モノは見なくなっていた私ですがこの作品は見ていました。
早川健と用心棒たちの日本一を賭けたキテレツ勝負、毎回ズバットに完膚なきまでにボコボコにされる日本各地の暴力団員さんたち、ボコられて締め上げられながらアスカ氏が殺害された当時のアリバイを無理強いされて告白する組長の方々。
早川健は大門豊さんと同じ類の超地球人でメチャクチャ強いのに、さらに強化スーツを着るなんて暴力団員さんたちからすれば「なんじゃそりゃ反則やんけやめとけやボケ!」と泣きを入れたくもなるというものです。
最後はダッカーのラスボス・総統デー(本人談)をボコボコにして行方不明というラストでしたが、私はあの早川健という名前は偽名で本名は風見志郎すなわち仮面ライダーV3ではないかとずっと疑っておるところです。
デーにボコられてズバットスーツを引き裂かれて、それでも余裕の笑みで「流石だな総統デー!しかしお遊びもこれまでだ!」と仮面ライダーV3の正体を見せて、シルベール製のスーツを装着しているとはいえ生身のデーさんに情け容赦なくV3キックを叩き込んだのではあるまいか?とw

NST
17:20-50「ピコリーノの冒険」(NET、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「ポールのミラクル大作戦」(フジ、約半月遅れ)

木曜(4/28)
BSN
17:00-17:30「UFOロボグレンダイザー」(フジ、約三ヶ月遅れ) 17:30-18:00「一休さん」(NET、8日遅れ)

深夜23:30から放送していた「ジキルとハイド」は4/14で終了しています。

NST
17:20-50「円盤戦争バンキッド」(日本テレビ、約三ヶ月遅れ)

夕方6時から放送していた「ブロレスの星アステカイザー」は3/31で終了しています。

金曜(4/29)
BSN
17:00-17:30「秘密戦隊ゴレンジャー」(NET、約一ヶ月遅れ) 17:30-18:00「まんが世界昔ばなし」(TBS、1日遅い) 19:00-30「宇宙鉄人キョーダイン」(TBS同時ネット)

NST
17:20-48「ジェッターマルス」(フジ、半月遅れ) 18:00-30「ドカベン」(フジ、2日遅れ) 19:00-30「キャンディキャンディ」(NET同時ネット)

「ジェッターマルス」は「大空魔竜ガイキング」の後番組として2/18スタートです。
「鉄腕アトム」のパート2とも思えるこの作品、私はそもそも「アトム」が好きではないのでこの作品もたまに見る程度でした。

土曜(4/30)
BSN
19:00-30「まんが日本昔ばなし」(TBS同時ネット)

NST
特撮アニメ等の放送無し。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第22回(昭和51年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第24回(昭和52年後半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第22回(昭和51年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第24回(昭和52年後半) »