« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第15回(昭和48年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第17回(昭和49年前半) »

2019年3月17日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第16回(昭和48年後半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第16回は、昭和48年後半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

昭和48年前半はこちらへ← →昭和49年前半はこちらへ

フジテレビの人気特撮ドラマ「ミラーマン」が新潟でもようやく放送開始、一方「マジンガーZ」対「ガッチャマン」の構図は「マジンガー」が競り負けた形で曜日変更。
しかしそこには新たな強敵「レッドバロン」が待っていたのです。
子供たちがオトナの思惑に振り回されまた次なる試練を課される日々の話です。

新潟日報縮刷版テレビ欄の調査に基づく、昭和48年7月最終週のラインナップは下記の如し。

まず帯番組ではBSNが「天才バカボン」の再放送を「タイガーマスク」の後番組として6/18から放送しています(月曜~金曜17:00-30)。
また夕方四時台後半枠では「トムとジェリー」に代わって5/7から「魔法使いサリー」の再放送が始まりましたけれど、子供が夏休みに入る7/20で一時中断。
その枠では7/23から夏休み期間いっぱい「おーい!太陽っ子」という番組を流しています。
系列各局の子供たちの元気な姿を追ったドキュメンタリーらしいのですが、こんな番組を夏休みの夕方に流されても、当の子供たちはちっとも嬉しくないよね、マジな話。
意識高い系のオトナたちのマスターベーションに過ぎない気がしますが・・・
一方、NSTでは「行け!ゴッドマン」(「おはよう!子供ショー内、月曜~土曜)と「ひみつのアッコちゃん」(初回再放送、月曜~金曜16:50-17:20)です。
「ひみつのアッコちゃん」は「超人バロム1」の後番組として5/16から放送しています。
私なら「バカボン」よりは「アッコちゃん」派だなぁ。
「バカボン」はコテコテのギャグに時折ついていけなくなるので、太田淑子さんの女の子声で癒されたいどす。

日曜日(7/29)
BSN
10:00-30「仮面ライダーV3」(NET 約二ヶ月遅れ) 19:00-30「へんしん!ポンポコ玉」(TBS同時ネット) 

「へんしん!ポンポコ玉」はこの日が最終回です。
また夜七時台後半枠の「笛吹童子」は6/3に終了しています。

NST
特撮アニメ等の放送無し

月曜日(7/30)
BSN
17:30-18:00「ウルトラマンA」(初回再放送) 18:00-30「サザエさん」(フジ、8日遅れ)

夕方五時台後半枠の「帰ってきたウルトラマン」の初回再放送は7/16で終了し、7/23からは引き続き「ウルトラマンA」の初回再放送がスタートしています。
TBS系民放の無い県ではウルトラシリーズが同時ネットで見れて、終了後四ヶ月も経たずに再放送でまた見れるなどという幸運には恵まれないでしょう。
フジ系その他の番組で遅れや未放映番組が幾つかあるとはいえ、新潟県はまだ恵まれている方なのかも。 

NST
17:20-50「風雲ライオン丸」(フジ、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「山ねずみロッキーチャック」(フジ、1日遅れ) 19:00-30「バビル2世」(NET同時ネット)

夕方五時台の「風雲ライオン丸」は「快傑ライオン丸」の後番組として5/14から放送しています。
私きこの作品、ほぼ記憶に無いのですが、主題歌は渋くて良いですな。

火曜日(7/31)
BSN
17:30-1800「巨人の惑星」(東京12チャンネル、3年九ヶ月遅れ)

「巨人の惑星」は「巨人の星」と混同されるそそっかしい方がたまにおられますが、こちらはアメリカ産の特撮SFドラマです。
「フェニックス5」の後番組として7/3から放送を開始しています。 
ウィキペディアによるとこの作品は2シーズンが製作されて、日本では第一シーズン26本のみ放送との事。
新潟では昭和49年7月まで放送しているので、1エピソード一時間モノを30分ずつの前後編にして放送したものと推察されます。
なお、午前中に放送していたカルトミステリー「明智小五郎」は7/17に放送終了しています。

NST
17:20-50「ジャンボーグA」(NET、約五ヶ月遅れ) 18:00-30「けろっこデメタン」(フジ、9日遅れ)

「ファイヤーマン」「ウルトラマンタロウ」と並んで、円谷プロ創立10周年の節目の年に放送されたのが「ジャンボーグA」で新潟では「魔人ハンターミツルギ」の後番組として6/5から放送しています。
同時ネットでは同じ時期にスタートしながら打ち切りの憂き目にあった「ファイヤーマン」に比べて、こちらは作品のスタイルが最後までブレずに完投しましたが、やはり企画コンセプトが時代にマッチしていた故の事なのでしょうな。
巨大ヒーロー物にスーパーロボットモノの要素を取り入れ、さらにシリーズを通じての敵を設定したのは「仮面ライダー」シリーズの要素です。
その点、「ファイヤーマン」は「原点回帰」「神秘性」ですから、当時の子供たちの琴線に触れるかどうかはうーむ・・・ですよね。
まさか大人向けに作るというわけにもいかないし・・・。

水曜日(7/25)
BSN
17:30-18:00「流星人間ゾーン」 (日本テレビ、約一ヵ月半遅れ) 18:00-30「マジンガーZ」(フジ、24日遅れ)

夕方五時台後半枠の「流星人間ゾーン」は「ワイルド7」の後番組として5/23から放送しています。
ゾーンエンジェルの変身体が一部マニアに大人気のこの作品、私はゾーンの必殺技「流星ミサイルマイト」のド迫力とゴジラがたまに出てきたぐらいしか覚えていません・・・。

NST
17:20-50「アンデルセン物語」(フジ、約一年九ヶ月遅れ) 18:00-30「科学忍者隊ガッチャマン」(フジ、17日遅れ)

木曜日(7/26)
BSN
17:30-18:00「サスケ」(初回再放送) 18:00-30「レインボーマン」(NET、20日遅れ)

NST
17:20-50「アストロガンガー」(日本テレビ、約半年遅れ) 18:00-30「ディズニーぱれーど」 21:00-55「スパイ大作戦」

金曜日(7/27)
BSN
19:00-30「ウルトラマンタロウ」(TBS同時ネット) 19:30-18:00「走れ!ケー100」(TBS同時ネット)

NST
17:20-50「ファイヤーマン」(日本テレビ、約一ヶ月遅れ) 19:00-30「荒野の少年イサム」(フジ、二日遅れ)

土曜日(7/28)
BSN
17:30-18:00「おんぶおばけ」(よみうり、一週遅れ) 18:00-30「ルーシーショー」 19:00-30「ど根性ガエル」(TBS同時ネット)

NST
18:00-30「ロボット刑事」(フジ、約三ヶ月半遅れ) 20:00-30「キカイダー01」(NET同時ネット) 20:30-21:00「ミクロイドS」(NET同時ネット)
夕方6時枠の「ロボット刑事」はこの日から放送開始です。
私のトラウママンガ「鉄面クロス」も実写化されていたら、Kのマスクみたいな感じになっていたんだろうなぁ。
夜八時台前半の「キカイダー01」は「人造人間キカイダー」の後番組として5/12から放送しています。
シリーズ前半のダブルキカイダーとハカイダー四人衆はなんとなく覚えていますが、後半は全然覚えていない・・・、ビジンダーなんて全然記憶にないもんネ。
後半は予算不足で造形がチャチになるそうですが、それで幻滅して見なくなったのかもしれません。
幼児といえども番組を見る眼差しは大人の想像以上にキビしいものなのですよ。

引き続いて昭和48年10月最終週は下記の通りです。

まず帯番組はBSNで「魔法使いサリー」(月曜~金曜16:30-17:00)と「黄金バット」(月曜~木曜17:00-30)が放送中です。
「魔法使いサリー」は前述のように夏休み期間中は「おーい!太陽っ子」というオトナのマスターベーションのような番組の為に放送中断していて、9/4からやっと放送再開しています。
「黄金バット」は新潟県では通算三回目、二度目の再放送で、「天才バカボン」の後番組として8/21から放送しています。
私が熱心に見ていたのはこの時の放送のようです。
と言うのも、「黄金バット」の再放送は新潟ではこれが最後のようですので。
一方、NSTでは「行け!ゴッドマン」(「おはよう!子供ショー内、月曜~土曜)と「ミラーマン」(月曜~金曜16:50-17:20)を放送中。
「ミラーマン」は新潟ではこれが最初にして最後の放送で、「ひみつのアッコちゃん」の後番組として10/4から放送しています。
NSTのキー局のフジ同時ネットから2年近くの遅れなのであります。
「ミラーマン」といったら、当時のフジの看板番組のひとつだったと思うのですが、何故NSTでここまで放送が遅れたのか、謎です・・・。
NSTがグズクズしているのなら、BSNが放映権を買って放送してしまっても良さそうな番組なのに、何故かそれもない・・・。
オトナの事情が色々あったのではと邪推したくもなるのですよ。
私は「ミラーマン」に関してはテレビで見た記憶が全く無く、初めて見たのはレンタルビデオでてした。
腰砕けだった「ファイヤーマン」と違って初期のダークなドラマ運びが長続きしましたし、路線変更後も硬質な雰囲気は残っていましたし、後年に残る傑作だと個人的には思っています。
近年出た劇伴CDを買うぐらいには好きな作品であります。

日曜日(10/28)
BSN
10:00-30「仮面ライダーV3」(NET 約二ヶ月遅れ) 19:00-30「隠密剣士」(TBS同時ネット) 19:30-20:00「サインはV(新)」(TBS同時ネット)

「隠密剣士」はかつて「ウルトラQ」以前に日曜夜七時台に放送していた人気時代劇のリメイク版で、10/7放送スタートです。
しかしこの時期にこういう番組の企画というのはどうなんだろう・・・。
子供が見るには少々退屈なような気がしますが。
かつての「妖術武芸帳」の二の舞になる雰囲気プンプンですよね、番組のその後の展開を知らなくても。
「サインはV(新」はBSNでも昭和45年から45年にかけて放送していた大人気スポ根女子バレーモノの続編で、10/14放送開始。
前年夏のミュンヘン五輪終了後はスポ根モノも下火になっていく中での放送開始ですが、こちらもこの時期にこの企画はどーなのよ?と少々首を傾げたくなるところですな。
「隠密剣士」にしても「サインはV」にしても、かつての人気番組のネームバリューに縋って夢よもう一度という匂いが濃厚に漂ってくるのですよ。

NST
特撮アニメ等の放送無し

月曜日(10/29)
BSN
17:30-18:00「ウルトラマンA」(初回再放送) 18:00-30「サザエさん」(フジ、8日遅れ)

NST
17:20-50「風雲ライオン丸」(フジ、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「山ねずみロッキーチャック」(フジ、1日遅れ) 19:00-30「ミラクル少女リミットちゃん」(NET同時ネット)

夕方五時台の「風雲ライオン丸」はこの日が最終回で、翌週からは「鉄人タイガーセブン」が始まります。
この辺の枠の流れはフジの同時ネットと同じです。
夜七時台の「ミラクル少女リミットちゃん」は「バビル2世」の後番組として10/1にスタート。
この番組は主題歌を覚えているので、見ていたのは確実なのですが本編は「なんか雰囲気暗い・・・」の印象しかありません。

火曜日(10/30)
BSN
17:30-1800「巨人の惑星」(東京12チャンネル、3年九ヶ月遅れ)

NST
17:20-50「ジャンボーグA」(NET、約五ヶ月遅れ) 18:00-30「新造人間キャシャーン」(フジ、一週遅れ)

夕方6時枠の「新造人間キャシャーン」は「けろっこデメタン」の後番組として10/9から放送しています。
この作品は後年の再放送でしっかり見ていましたので実に印象深い。
作品を貫く悲壮感終末感がハンパではありませんな。
キャシャーンがメチャクチャ強いのに、爽快感が無く重苦しさの残る展開。
スワニーの中に人格転送してブライキングボスの元にいる母親とか、見ていて大変辛うございました。
最後はキャシャーンだけハッピーエンドではないというオチもなかなかキツかった・・・。

水曜日(10/31)
BSN
17:30-18:00「流星人間ゾーン」 (日本テレビ、約一ヵ月半遅れ)

夕方6時枠の「マジンガーZ」は10/4から木曜五時台後半枠に移動しています。
結果だけを見れば、NSTの「科学忍者隊ガッチャマン」に敗れた形になります。

NST
18:00-30「科学忍者隊ガッチャマン」(フジ、17日遅れ)

夕方五時台の「アンデルセン物語」は10/24で終了して、その後はプロ野球の日本シリーズ中継などを挟んでそれまで土曜に放送していた「どっこい大作」が移動してきますけれど、この作品については何の興味も無いのでこれ以上の言及は致しません。

木曜日(10/25)
BSN
17:30-18:00「マジンガーZ」(フジ、24日遅れ)

前述のように「マジンガーZ」は水曜から木曜に移動しています。
つか、「ガッチャマン」から逃れて新天地に移ったのに、そこでは既に同じスーパーロボットモノの「レッドバロン」をやっていたというのがね・・・。
BSNの編成はワザとやってるとしか思えませんわ。
当時の男児たちには新たな究極の選択を突きつけられたのですよ。
これに伴い、これまでこの枠で放送していた「サスケ」は金曜に移動、また夕方6時台の「レインボーマン」も金曜に移動しています。

NST
17:20-50「スーパーロボット レッドバロン」(日本テレビ、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「ディズニーぱれーど」

夕方五時台の「スーパーロボット レッドバロン」は「アストロガンガー」の後番組として8/30から放送しています。
この作品はそこそこ覚えているので、途中から裏番組になった「マジンガーZ」よりもこちらを優先して見ていたのかもしれません。
鉄面党の奴隷人間がひたすら怖かったです・・・
紅健の兄ちゃんやSSIの堀大作が爆死させられるところなんてもうね・・・。
アレに匹敵する悲惨な仕打ちは「惑星ロボダンガードA」のドップラー軍団のマスクマンぐらいだろうなぁ。

金曜日(10/26)
BSN
17:00-17:30「サスケ」(初回再放送) 17:30-18:00「レインボーマン」(NET、20日遅れ) 19:00-30「ウルトラマンタロウ」(TBS同時ネット) 19:30-18:00「走れ!ケー100」(TBS同時ネット)

前述のように「サスケ」「レインボーマン」共に10月から金曜に移動しています。

NST
17:20-50「ロボット刑事」(フジ、約三ヶ月半遅れ) 19:00-30「荒野の少年イサム」(フジ、二日遅れ)

「ロボット刑事」は9/14から「ファイヤーマン」の後番組としてこの枠に移動しています。

土曜日(10/27)
BSN
17:30-18:00「冒険コロボックル」(よみうり、一週遅れ) 18:00-30「ルーシーショー」 19:00-30「ど根性ガエル」(TBS同時ネット)

「冒険コロボックル」は「おんぶおばけ」の後番組として10/13から放送しています。
私は幼児の頃から毒気の無いファンタジーモノは嫌いなので、この作品は一切見ていません。

NST
20:00-30「キカイダー01」(NET同時ネット) 20:30-21:00「キューティハニー」(NET同時ネット)

夕方6時台の「ロボット刑事」は前述のように金曜に移動しています。
後番組は「新潟・群馬てんやわんや芸能大合戦」。
要するに新潟と群馬の民謡のど自慢的な番組です。
かつてのNSTはこの手の番組をよくやっていたのです。
「キューティハニー」は「ミクロイドS」の後番組として10/13に放送開始。
ハニーフラッシュ!の時に一瞬裸になるお色気シーンが一部のお父さんに人気だったそうですが、そんなにエロいかなぁアレ。
個人的には「科学忍者隊ガッチャマン」の白鳥のジュンのミニスカートの方が、幼心でもずっとエロかった印象です。
さらに「ウルトラマンタロウ」のウルトラの母(無論変身後)の方が更に遥かにモヤモヤしたものがありましたわ。
既にこの頃から、ヘンタイの気が芽吹いていたということなのでしょうなやはり。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第15回(昭和48年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第17回(昭和49年前半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第15回(昭和48年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第17回(昭和49年前半) »