« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第17回(昭和49年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第19回(昭和50年前半) »

2019年3月24日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第18回(昭和49年後半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第18回は、昭和49年後半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

昭和49年前半はこちらへ← →昭和50年前半はこちらへ

特撮作品が急速に縮退していく一方、SFアニメでは「ゲッターロボ」そしてあの「宇宙戦艦ヤマト」が新潟でも放送開始。
特撮とSFアニメが完全に攻守所を代えた、そんな頃の話です。

新潟日報縮刷版テレビ欄の調査に基づく、昭和49年7月最終週のラインナップは下記の如し。

まず帯番組ではBSNで「謎の円盤UFO」(月曜~金曜16:00-55)を放送中です。
BSNの夕方四時台後半枠は「好き!すき!!魔女先生」が「忍風カムイ外伝」の後番組として5/7にスタート。
朝日放送の同時ネットから二年七ヶ月も遅れての放送になりました。
まぁ放送されるだけ、まだマシというものでしょうね。
「好き!すき!!魔女先生」は6/13まで放送されて、翌日からは「リボンの騎士」の再放送が始まります。
新潟では通算三回目の放送で、私が熱心に見ていたのはこの時のようです。
「リボンの騎士」は7/19で放送を中断し、夏休みプログラムとして始まったのが枠を拡大して一時間とした「謎の円盤UFO」だったのです。(8/26まで放送)
この作品、私のツボにガッツリはまりまして、毎日楽しみにしていたのをよく覚えています。
「ウルトラセブン」の地球防衛軍よりもカッコいいSAHDOの地球防衛体制、人間の肉体に自分たちの精神を移植している不気味な宇宙人、硬質で沈鬱なドラマ展開などなど。
後年、学生時代に書店でボロボロのハヤカワ刊行の小説「謎の円盤UFO」を見つけて、買おうかどうしようか迷った挙句、「こんな状態の本を定価ではちょっと買えないわな」とスルーしたのを今でも後悔しています。
あの後、古書店でもあの小説を目にした事が無いもんネ。
目にしたら多少高くても即購入するところです。
一方、NSTでは「行け!グリーンマン」(「おはよう!子供ショー内、月曜~土曜)と、夏休みプログラムとして「動物の世界」(月曜~金曜16:50-17:20)というドキュメンタリーを放送しています。
この枠では5/15まで「ムーミン」の再放送を行った後、5/16から「ハゼドン」がスタート。
フジ同時ネットから一年七ヶ月遅れです。
私はこの作品のウエットさと主演声優の声が幼児の頃からキライなので(だから「ドラえもん」も「ザンボット3」も見ていません)、見たこともないのですがキー局フジのアニメをここまで時間を空けて流すという姿勢はどうなのかと多少の理不尽さを覚えるのですよ。
「ハゼドン」は7/3までの放送で、その後は5月末から土曜夕方に放送再開していた「ドロロンえん魔くん」を7/4から7/25まで流して終了にしています。
こういうやり方もとても違和感を感じるのです。
放送曜日や時間帯が右往左往して視聴率なぞ取れるはずがないのですが、新潟の場合はそういうのはあまり関係ないので平気でこういう視聴者を軽く見たような放送をするのです。

日曜日(7/28)
BSN
10:00-30「仮面ライダーX」(NET 約二ヶ月遅れ) 

NST
特撮アニメ等の放送無し

月曜日(7/29)
BSN
17:30-18:00「ウルトラマンA」(初回再放送) 18:00-30「サザエさん」(フジ、8日遅れ)

NST
17:20-50「電人ザボーガー」(フジ、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「アルプスの少女ハイジ」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「魔女っ子メグちゃん」(NET同時ネット)

火曜日(7/30)
BSN
17:30-1800「巨人の惑星」(東京12チャンネル、3年九ヶ月遅れ)

「巨人の惑星」はこの日が最終回で、翌週8/6からは「ゼロテスター」が始まります。

NST
17:20-50「柔道賛歌」(日本テレビ、約三ヶ月半遅れ) 

夕方五時台の「ジャンボーグA」は7/2で終了し、その後番組として7/23からスタートしたのが「柔道賛歌」です。
私は今回の調査まで、この作品は名前すら聞いたことがありませんでしたスイマセン親方・・・。
また、夕方6時台で放送していた「新造人間キャシャーン」は7/2で終了し、7/9からは実写ドラマの「おらぁガン太だ」を放送しています。

水曜日(7/31)
BSN
17:30-18:00「イナズマンF」(NET 約二ヶ月遅れ)

NST
17:20-50「空手バカ一代」(NET 約二ヶ月遅れ) 18:00-30「科学忍者隊ガッチャマン」(フジ、17日遅れ)

木曜日(7/25)
BSN
17:30-18:00「マジンガーZ」(フジ、24日遅れ)

NST
17:20-50「ゲッターロボ」(フジ、約二ヶ月遅れ)

「ゲッターロボ」は「スーパーロボット レッドバロン」の後番組として6/6から放送しています。
私は「ゲッターロボ」の記憶が無くて、何故なんだろうとずっと心に引っかかっていたのですけれど、今回の調査でそれも一件落着。
私は「レッドバロン」が終わったら「マジンガーZ」の視聴に復帰していたのですなおそらく。
それにしても、フジの人気二大ロボットアニメの「マジンガーZ」と「ゲッターロボ」がモロに激突する新潟のこの不条理さは一体ナンなのでしょう!?
「マジンガーZ」対「ガッチャマン」に始まって、Zが放送曜日を変更したら今度は裏番組が「レッドバロン」、そして「ゲッターロボ」ですよ。
悪魔に魅入られているしか思えませんなこの事態は。
当時の男児たちは究極の選択を迫られっぱなしなのですわ。

金曜日(7/26)
BSN
17:30-18:00「電撃!!ストラダ5」(NET、約二ヶ月遅れ) 18:00-30「ルーシーショー」 19:00-30「ウルトラマンレオ」(TBS同時ネット) 19:30-20:00「星の子チョビン」(TBS同時ネット)

「電撃!!ストラダ5」は「ダイヤモンド・アイ」の後番組として6/7スタート。
私はこの作品は主題歌を含めて全く記憶に無いなぁ。
熱心に見ていた「ダイヤモンド・アイ」の後ですから、最初は見ていたと思うのですよ。
それが全く覚えが無いというのは、多分面白さを感じなかったんでしょうな。
変身ヒーローモノじゃないし派手さもないし。

NST
18:00-30「小さなバイキング ビッケ」(フジ、二日遅れ)

土曜日(7/27)
BSN
17:00-30「海のトリトン」(再放送) 19:00-30「ど根性ガエル」(TBS同時ネット)

「海のトリトン」の再放送は5/25スタート。
しかしこの枠はレギュラー放送には鬼門で、頻繁に特番が入って放送状況は極めて不安定なのです。
月に二回放送とか当たり前だもんね、この7月なんて一度も放送していない有様なのです。
調査していて、この番組は打ち切りになったのかと誤断したぐらいです。

NST
18:00-30「新みなしごハッチ」(NET、約二ヶ月遅れ)

「新みなしごハッチ」は6/8放送スタート。
私はこの作品はウエット過ぎて見る気が全く起きませんでした。
なお、前述の「ドロロンえん魔」くんは土曜の15:55-16:25というかなり変則的な時間帯で5/25から放送再開しましたが、結局夕方の帯枠送りになっています。
完全に穴埋め番組の形ですなこれは。

引き続いて昭和49年10月最終週です。

帯番組としてはBSNで「コートにかける青春」の再放送(月曜~金曜16:00-30)と「リボンの騎士」の放送再開(月曜~金曜16:30-55)、そして「ウリックペン救助隊」(月曜~金曜16:55-17:00、土曜はイレギュラー放送)と「宇宙ライダーエンゼル」(月曜~金曜17:00-30)を放送中です。
「コートにかける青春」再放送は9/12スタート、「リボンの騎士」は10/16から再開、「ウリックペン救助隊」は9/30スタートです。
「宇宙ライダーエンゼル」は、9/4から10/14まで放送していた「ドラえもん」の後番組として10/15スタートです。(日本テレビ同時ネットから五ヶ月遅れ)
「ドラえもん」は主題歌とエンディング曲、ドラえもんのやたら野太い声が記憶に残っています。
また作風は割と辛口だったように覚えているのですが、調べてみると特に富田耕生ヴォイスの頃はスパルタ的なドラえもんだったようです。
またカラーではなくモノクロだった気がするのですが、これまた調べるとオールカラーなんですよね、何でそういう感じがしたのか謎です。
その「ドラえもん」の後番組の「宇宙ライダーエンゼル」、私は今回の調査まで名前を聞いたこともなかったのですが、アメリカ製で口だけ人間の唇の紙芝居みたいなアニメだそうです・・・。
私は「ドラえもん」を見ていたのは確実なので、その流れでこの作品も第一話は見ていたと思うのですけれど、全く記憶にない・・・。
やはり記憶に残るほど面白くなくて視聴を止めてしまったのでしょうな。
今放送していれば、ネタとして楽しめそうな気がしますが。
一方NSTでは、「侍ジャイアンツ」(月曜~金曜16:50-17:20)を放送中。
朝の「おはよう!こどもショー」内で放送していた「行け!グリーンマン」は9/27で放送していて、次回作の「行け!牛若小太郎」(11月放送開始)までこの枠は小休止中です。
「侍ジャイアンツ」は9/2から10/24まで放送していた「エースをねらえ!」(NET同時ネットから約11ヶ月遅れ)の後番組として10/26スタートです。(よみうり同時ネットから約一年遅れ)
「エースをねらえ!」は当時から近年まで私の眼中にまるでなく、「女子向けのスポ根はきっとお涙チョーダイで・・・」と、一度も見ていないのに極度の偏見をずっと持っていたのです。
それが数年前、ディーライフで放送しているのを偶然見てハマりまくりましたわw
女子向けとは思えないテンションと咲き誇るど根性の花!
途中から録画して今でもたまに見ています。
最初の頃は未見のままなので、また放送してくれないかなぁと常々思っているのですが、ディーライフのアニメ枠はすっかりアメリカンになってしまってもう無理でしょうなぁ・・・。
子供の頃、一瞥もくれなかったのを激しく後悔したとですよ、いやまったく食わず嫌いはいけませんな。
「侍ジャイアンツ」は、放送当時見ていました。
私は「巨人の星」は根底に流れるビンボー臭さと星飛雄馬の暑苦しさがあまり好きではないのであまり見ていませんでしたが、「侍ジャイアンツ」の蛮場蛮チャンの破天荒さと暴言一直線に惹かれまくりでしたわ。
鉄拳制裁されてもイジめられても関係なく、周りにあれだけへらず口を叩けるって凄いと一時ホントに憧れていました。
富山敬さんのクソ生意気なスネ声もたまりませんでしたわ。

日曜日(10/27)
BSN
10:00-30「仮面ライダーX」(NET 約二ヶ月遅れ) 19:30-20:00「猿の軍団」(TBS同時ネット) 20:00-55「日本沈没」(TBS同時ネット)

「猿の軍団」と「日本沈没」は共に10/6スタートで、後述するNSTの「宇宙戦艦ヤマト」も同日スタートです。
つまり新潟では夜七時から「ヤマト」、七時半から「軍団」、八時から「沈没」と破滅テーマの2時間枠になっていたのです。
同時ネットですと夜七時半枠は「ヤマト」「軍団」そして「ハイジ」が競い合っていて、「ハイジ」の一人勝ちのようでしたけれど、新潟では「ハイジ」は月曜放送なのでそのような事態は起きず、三作品ともしっかり見れたのです。
本来、夜八時はウチの親が大河ドラマを見ていたのですが、「日本沈没」に関しては親と一緒に見ていましたっけ。
大河を放り出してまで見る程、親世代にとっても衝撃的なドラマだったということなのでしょう。
五木ひろし氏の歌う主題歌、アレを聞くと「この世の終わり」と鬱になるのです。

NST
19:00-30「宇宙戦艦ヤマト」(よみうり同時ネットよりも30分早い)

「宇宙戦艦ヤマト」は10/6スタートで、同時ネットよりも30分早い放送です。
「ヤマト」第一作は私にとってバイブルのような作品でありまして、初回放送から夢中で見ていました。
軍オタに片足突っ込んだのも「ヤマト」の影響大で、これをきっかけに実際の戦艦「大和」に興味を持ちそして零戦に興味を持ち・・・と連鎖反応を引き起こしていったのです。

月曜(10/28)
BSN
17:30-18:00「ウルトラマンタロウ」(初回再放送) 18:00-30「サザエさん」(フジ、8日遅れ)

「ウルトラマンタロウ」の初回再放送は、「ウルトラマンA」の後番組として8/26から行われています。

NST
17:20-50「ジムボタン」(NET、約半月遅れ) 18:00-30「アルプスの少女ハイジ」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「魔女っ子メグちゃん」(NET同時ネット)

「ジムボタン」は一時休止になった「電人ザボーガー」の後番組として10/21放送スタート。
私はこの作品、主題歌を含めてまるで覚えていませんスイマセン親方・・・。
多分「ウルトラマンタロウ」の再放送を見ていたんだろうなぁ。

火曜(10/29)
BSN
17:30-18:00「ゼロテスター」(フジ、10ヶ月遅れ)

「ゼロテスター」は主題歌や「シグマゼロビーム!」を覚えているので見ていたと思います。
ただし本編では騙されてアーマノイドに強制改造されちゃうおじさんの話が異様に印象に残っているぐらい。

17:20-50「柔道賛歌」(日本テレビ、約三ヶ月半遅れ) 

水曜(10/30)
BSN
17:30-18:00「イナズマンF」(NET 約二ヶ月遅れ)

NST
18:00-30「てんとう虫の歌」(フジ、約半月遅れ)

「てんとう虫の歌」は「科学忍者隊ガッチャマン」の後番組として10/23スタート。
しかし私はこの手のウエットな大家族人情モノが大キライなので、ほとんど見てません。
なお、夕方五時台に放送していた「空手バカ一代」は最終回を何故か10/26(土曜)の夕方四時から流しています。
私はこの作品は見ていませんでしたが、熱心に見ていた層は最終回を見逃して地団駄を踏む向きも多かったのでは?

木曜(10/31)
BSN
17:30-18:00「マジンガーZ」(フジ、24日遅れ)

NST
17:20-50「ゲッターロボ」(フジ、約二ヶ月遅れ)

金曜(10/25)
BSN
18:00-30「ルーシーショー」 19:00-30「ウルトラマンレオ」(TBS同時ネット)

夕方五時半枠の「電撃!!ストラダ5」は10/4に放送終了して、後番組は「生きている大自然」というドキュメンタリーです。
子供の情操教育上、たまにはこういう番組を見せるのも必要だと大人は思いますが、当時の幼児子供たちはどうだったんだろう。
私はひょっとしたら母親に見るのを命じられていたかもしれないw 全然覚えていないけれど。
また夜七時半枠の「星の子チョビン」は9/27に終了しています。
当時の私にとっての癒しアニメだったチョビンともお別れです。
「チョビン」の主題歌を聴くと、涙腺崩壊しそうになる私なのです。

NST
18:00-30「小さなバイキング ビッケ」(フジ、二日遅れ)

土曜(10/26)
BSN
17:00-30「海のトリトン」(再放送) 19:00-30「はじめ人間ギャートルズ」(TBS同時ネット)

「はじめ人間ギャートルズ」は「ど根性ガエル」の後番組として10/5スタート。
私はこの番組が大好きだったのですが、何故か母親があまりいい顔をしないので毎回見るというわけにはいきませんでした。
確か当時のPTAにもやはりいい顔をされていなかったんですよね。
あのアニメのどこがオバチャンたちのカンに触るのか、いまだにわかりません・・・。
どーでもいい事ですが、主題歌のフルコーラス版だとドサクサに紛れて「ポコチン」って言っていて、聞くたびに笑ってしまいます。

NST
18:00-25「破裏拳ポリマー」(NET、1日遅れ) 18:25-55「新みなしごハッチ」(NET、約二ヶ月遅れ)

「破裏拳ポリマー」は10/5放送開始で、私はバッチリ見てました。
日常パートでの武士のヘタレっぷりと、毎日がとても楽しそうな極楽トンボの車探偵長、そして戦闘パートでのポリマーさんの圧倒的な強さ。
軽い回し蹴りで鉄骨を軽くひん曲げるようなヤツが雄叫びを上げながら、武装はしていても基本的にヘンなコスプレしているだけの生身の人たちに突貫してくるのですよ。
マシンガンなんてまるて通じないポリマーさんの暴力があまりに酷いので、ボコボコにされる犯罪者やテロリストの雑魚の皆さんが可哀想に思えるレベルでしたなぁ。
仮面ライダーの戦闘員やガッチャマンのギャラクター構成員たちにはそんな事一度も思わなかったのに。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第17回(昭和49年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第19回(昭和50年前半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第17回(昭和49年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第19回(昭和50年前半) »