« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第16回(昭和48年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第18回(昭和49年後半) »

2019年3月21日 (木)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第17回(昭和49年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第17回は、昭和49年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

昭和48年後半はこちらへ← →昭和49年後半はこちらへ

前年秋のオイルショックによる物価高騰もあって、おカネのかかる怪獣モノは斜陽退潮。
片やSFアニメではまだ「マジンガー」と「ガッチャマン」の二枚看板時代で、子供向け番組は活気に欠け全体的に沈滞ムードの頃の話です。

新潟日報縮刷版テレビ欄の調査に基づく、昭和49年1月最終週のラインナップは下記の如し。

まず帯番組では、BSNは「ポパイ」(月曜~金曜16:30-17:00)を放送中です。
「ポパイ」は新潟では昭和46年以来通算三回目の放送です。
「魔法使いサリー」が前年11/6で終了して、その後番組として「ゴリラのゴンちゃんとカバのガバチョ」の再放送(放映権がまだ残っていたのでとりあえず流した気がします)、その後番組として12/24から「ポパイ」という流れになっています。
夕方五時台前半枠では「黄金バット」が11/26に終了して、後番組として「妖怪人間ベム」が新潟では通算三回目の放送、その「ベム」の後番組として所謂「ケンちゃん」シリーズの再放送が始まっています。
一方、NSTでは「行け!グリーンマン」(「おはよう!子供ショー内、月曜~土曜)が11/21スタート、夕方では「ワンサくん」(月曜~金曜16:50-17:20)を放送中。
「ワンサくん」は「ミラーマン」の後番組として12/25から放送していて、フジ同時ネットから約七ヶ月の遅れになっています。
この「ワンサくん」、ウィキペディアを見ると終盤までコミカル路線との事ですが、私が記憶しているのはワンサくんがママを探して結局ママが死んじゃって・・・というかなり辛いモノなのです。
ですので私にとっての「ワンサくん」とはひたすら「悲惨悲壮暗い」の三拍子揃った作品なのであります。
主題歌は全然覚えていないのですが、エンディング曲はなんかすごく暗かった気がしますが・・・。

日曜日(1/27)
BSN
10:00-30「仮面ライダーV3」(NET 約二ヶ月遅れ) 19:00-30「隠密剣士つっ走れ!」(TBS同時ネット) 19:30-20:00「サインはV(新)」(TBS同時ネット)

NST
特撮アニメ等の放送無し

月曜日(1/28)
BSN
17:30-18:00「ウルトラマンA」(初回再放送) 18:00-30「サザエさん」(フジ、8日遅れ)

NST
17:20-50「鉄人タイガーセブン」(フジ、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「アルプスの少女ハイジ」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「ミラクル少女リミットちゃん」(NET同時ネット)

「鉄人タイガーセブン」は前年11/5から放送しています。
ムー原人の不気味さとギル大使の仮面の美しさが異様に印象深いのです。
ギルマスクはもうなんだかドキドキしてしまって、凄く欲しかったなぁ。
「アルプスの少女ハイジ」は「山ねずみロッキーチャック」の後番組として1/7スタート。
世間で高い評価のこの作品、私は一応見てはいましたけれど、それほど熱心に見ていたわけではありませんでした。

火曜日(1/29)
BSN
17:30-1800「巨人の惑星」(東京12チャンネル、3年九ヶ月遅れ)

NST
17:20-50「ジャンボーグA」(NET、約五ヶ月遅れ) 18:00-30「新造人間キャシャーン」(フジ、一週遅れ)

水曜(1/30)
BSN
17:30-18:00「イナズマン」(NET 約二ヶ月遅れ)

「イナズマン」は「流星人間ゾーン」の後番組として前年12/12から放送しています。
ライジンゴーの超合金?を買ってもらった記憶があるので多分見てはいたのでしょうけれど、記憶は断片的です。

NST
17:20-50「空手バカ一代」(NET 約二ヶ月遅れ) 18:00-30「科学忍者隊ガッチャマン」(フジ、17日遅れ)

「空手バカ一代」は「どっこい大作」の後番組として12/5スタート。
この作品は主題歌を含めて全く記憶していないので、私は多分「イナズマン」を見ていたのだと思います(はっきり覚えてはいませんが)。
しかしマス大山の武勇伝や劇画の濃さが凄くて爆笑してしまいますわ。
バタ屋を営むと押忍の権化と化すってこの劇画を読んで初めて知りましたよ。

木曜(1/31)
BSN
17:30-18:00「マジンガーZ」(フジ、24日遅れ)

NST
17:20-50「スーパーロボット レッドバロン」(日本テレビ、約二ヶ月遅れ)

夕方6時台の「ディズニーばれーど」は12/27に終了して、後番組は公開コメディ番組の「とことんやれ大奮戦!」・・・。

金曜(1/25)
BSN
17:30-18:00「ダイヤモンド・アイ」(NET 約一ヶ月遅れ) 19:00-30「ウルトラマンタロウ」(TBS同時ネット) 19:30-20:00「走れ!ケー100」(TBS同時ネット)

「ダイヤモンド・アイ」は「レインボーマン」の後番組として前年11/9から放送しています。
この枠の流れはNET同時ネットと同一です。
「ダイヤモンド・アイ」はもうね、インパクト絶大でしたよ。
有名な「アッ!ばーれたかー!」の前世魔人たち、「オマエのよーなジャーナリストがいるか!?」な強面の主人公・ライコウタロウ、やたらエラソーな口調で常に上から目線のアイさま。
「レインボーマン」も濃かったけれど、この作品も相当に濃かったのです。
エンディング曲の「ライコウマーチ」、これは幼心にもガーンと響き渡る名曲です。
「死ね死ね団のテーマ」と並んで今でもよく聞きますなこの歌は。
勝つためぇにぃーーーーーー!
これに全てが凝縮してます、生き残って勝利の雄叫びを上げてナンボなのですのよ人間は。
閑話休題、夕方五時台前半の「サスケ」は前年11/30に終了しています。

NST
17:30-18:00「ドロロンえん魔くん」(フジ、約三ヶ月遅れ) 19:00-30「荒野の少年イサム」(フジ、二日遅れ)

「ドロロンえん魔くん」は前年12/28に終了した「ロボット刑事」の後番組として1/11スタートです。
私は「ダイヤモンドアイ」を見ていた関係上、この作品はほぼ見ていません。
主題歌がうっすら記憶にある程度です。

土曜(1/26)
BSN
17:30-18:00「冒険コロボックル」(よみうり、一週遅れ) 18:00-30「ルーシーショー」 19:00-30「ど根性ガエル」(TBS同時ネット)

「ルーシーショー」はこの日が最終回で、後番組は「ゴールデンショー」・・・。

NST
20:00-30「キカイダー01」(NET同時ネット) 20:30-21:00「キューティハニー」(NET同時ネット) 

引き続いて4月最終週はこんな感じです。

まず帯番組ではBSNは「忍風カムイ外伝」(月曜~金曜16:30-17:00)を放送中です。
私に初めて「大人の世界」を垣間見せてくれた「忍風カムイ外伝」は「ポパイ」の後番組として3/22から放送しています。
新潟では初回再放送で、私がこの作品を初めて見たのはこの時の再放送のようです。
一方NSTでは「行け!グリーンマン」(「おはよう!子供ショー内、月曜~土曜)と「ムーミン」(月曜~木曜16:50-17:20)を放送中。
「ムーミン」は「ワンサくん」の後番組として2/4から新潟では通算三回目の放送を開始しています。

日曜(4/28)
BSN
10:00-30「仮面ライダーX」(NET 約二ヶ月遅れ) 

「仮面ライダーX」は「仮面ライダーV3」の後番組として4/21スタートです。
この作品は番組の路線が当初のハードボイルドから二転三転してしまいましたけれど、それぞれ面白いシリーズで私は好きです。
「V3」だと「ライダーマン」編直前は過去の作品の焼き直しがあったりして作品のパワーダウンが否めないのですが、「X」はその二の舞を避けるためなのか色々と工夫しているのが好印象なのです。
主演の速水亮さんはイケメンだし声もドスが効いていて良し。
主題歌は歴代仮面ライダーの主題歌中一番好きです。
なお夜七時台の「隠密剣士つっ走れ!」と「サインはV(新)」は共に3/31終了です。

NST
特撮アニメ等の放送なし。

月曜(4/29)
BSN
17:30-18:00「ウルトラマンA」(初回再放送) 18:00-30「サザエさん」(フジ、8日遅れ)

NST
17:20-50「鉄人タイガーセブン」(フジ、約一ヶ月遅れ) 18:00-30「アルプスの少女ハイジ」(フジ 1日遅れ) 19:00-30「魔女っ子メグちゃん」(NET同時ネット)
 
「鉄人タイガーセブン」はこの日が最終回。
主人公が戦うたびに不幸になっていくのは「ウルトラマンネクサス」と似ていますが、後者がデュナミストたちそれぞれの最終回が物凄く前向きなハイテンションで感動の渦だったのに比べて、タイガーセブンは不幸なまま終了です・・・。
「タイガーセブン」の後番組は5/6から「電人ザボーガー」。
「タイガーセブン」とは真逆の、スーパー地球人大門豊さんが暴力の花を咲かせまくりです。
つかあの人、生身でゲルショッカーの怪人ぐらい倒しちゃうでしょ。
手から山を吹き飛ばすビームを出してもちっとも不思議ではありません。
人類のプロメテウスってあの人の事なんだろうなぁ。
「魔女っ子メグちゃん」は「ミラクル少女リミットちゃん」の後番組として4/1スタートです。
世間では人気のこの作品、私はあまり好きではなかったですなぁ・・・。
雰囲気がなんかウエットなんてすよね。
子供はそういうのを敏感に感じ取るものなのです。

火曜(4/30)
BSN
17:30-1800「巨人の惑星」(東京12チャンネル、3年九ヶ月遅れ)

NST
17:20-50「ジャンボーグA」(NET、約五ヶ月遅れ) 18:00-30「新造人間キャシャーン」(フジ、一週遅れ)

水曜(4/24)
BSN
17:30-18:00「イナズマン」(NET 約二ヶ月遅れ)

NST
17:20-50「空手バカ一代」(NET 約二ヶ月遅れ) 18:00-30「科学忍者隊ガッチャマン」(フジ、17日遅れ)

木曜(4/25)
BSN
17:30-18:00「マジンガーZ」(フジ、24日遅れ)

NST
17:20-50「スーパーロボット レッドバロン」(日本テレビ、約二ヶ月遅れ)

金曜(4/26)
BSN
17:30-18:00「ダイヤモンド・アイ」(NET 約一ヶ月遅れ) 18:00-30「ルーシーショー」 19:00-30「ウルトラマンレオ」(TBS同時ネット) 19:30-20:00「星の子チョビン」(TBS同時ネット)

「ルーシーショー」は土曜放送が1月末で終了した後、仕切り直しで3/1からこの枠で放送を再開しています。
「ウルトラマンレオ」は「ウルトラマンタロウ」の後番組として4/12スタート。
私は「タロウ」に引き続き見ていましたが、特訓にそれなりの根拠があった第一話~第四話はともかく、それ以降はダンさんが変身できない鬱憤をゲンさんへのイジメのような特訓で晴らしているように感じられて、ゲンさんが可哀想でもういたたまれなかったとですよ。
それで「レオ」からは距離を置いて、特訓路線終了後も時折見る程度になってしまいました。
「星の子チョビン」は「走れ!ケー100」の後番組として4/5スタート。
こちらはかなりウエットな作品なのですけれど、ゲンさんの過酷な特訓を見て疲弊したココロを癒してくれる、私にとっは一種のヒーリングアニメでした。
それでウエットな作風の中でこの「星の子チョビン」だけは見続けていたのです。

NST
18:00-30「小さなバイキング ビッケ」(フジ、二日遅れ)

「荒野の少年イサム」の後番組として4/5にスタートしたのが「小さなバイキングビッケ」。
私はこの作品は記憶にありません、多分「ルーシーショー」を見ていたからだと思われます。
なお夕方五時台に放送していた「ドロロンえん魔くん」は1月に始まったばかりだというのに3/29に一旦終了してしまっています。
後番組は16:55-17:50枠で「日米対抗ローラーゲーム」です。
東京12チャンネルで数年間放送していたスポーツ中継の一種だそうです。
当時はこういうのが流行りだったのですな。

土曜(4/27)
BSN
19:00-30「ど根性ガエル」(TBS同時ネット)

夕方五時台の「冒険コロボックル」は4/6で終了して、後番組は「エンデバー号の冒険」。
オーストラリア製の実写冒険モノで、NHKでかつて放送したことがあったとの事。
いやー、全然知りませんでしたまだまだ勉強不足で申し訳ないです。

NST
特撮アニメ等の放送なし。

夜八時台の「キカイダー01」と「キューティハニー」は共に3/30で放送終了しています。
怪物番組の「八時だヨ!全員集合」に果敢に挑んだNETの意欲的な試みも、結実には至らなかったのです。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第16回(昭和48年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第18回(昭和49年後半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第16回(昭和48年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第18回(昭和49年後半) »