« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第10回(昭和45年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第12回(昭和46年後半) »

2019年2月11日 (月)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第11回(昭和46年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第11回は、昭和46年前半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

昭和45年後半はこちらへ

特撮怪獣少年たちにとって永かった冬の時代がついに終わり、全球凍結解除以後の地球で爆発的な生命進化があったように、ここ新潟でも「ウルトラマン」から「ウルトラセブン」への再放送の流れの直後に待望の新作「帰ってきたウルトラマン」が始まるのです。

新潟日報縮刷版のテレビ欄の調査に基づく、昭和46年1月最終週のラインナップは下記の如し。

日曜日(1/31)
BSN
10:00-30「魔女はホットなお年頃」(NET 約二ヶ月遅れ) 19:00-30「柔道一直線」(TBS同時ネット)

「魔女はホットなお年頃」は「奥様は魔女」の後番組としてこの日から放送開始。
私はこの番組、てっきりアメリカ産だと思っていました、新藤恵美さん主演の国産ドラマなんですねスイマセン親方・・・。

NST
特撮アニメ等の放送無し。

月曜日(1/25)
BSN
17:00-30「ポパイ」(再放送) 17:30-18:00「妖怪人間ベム」(再放送) 18:00-30「サザエさん」(フジ、8日遅れ)

NST
08:05-20「チビラくん」(日本テレビ同時ネット) 17:20-50「リボンの騎士」(視聴者目線では再放送) 18:00-30「赤き血のイレブン」(日本テレビ、約三ヶ月遅れ) 19:00-30「魔法のマコちゃん」(NET 同時ネット)

朝八時台の帯枠で「チビラくん」の後で放送されていた「丸出だめ夫」は前年12/8で放送終了しています。
夕方五時台の帯枠は、「名犬ラッシー」から前年11/26に「怪獣王ターガン」にバトンタッチ。
そして前年12/17からは以前BSNで放送していた「リボンの騎士」がNSTで再登場。
私の初恋の人・サファイヤタンに月曜から金曜までまた会えるのです。
何たる幸せ何たる僥倖でしょうか。
「魔法のマコちゃん」は「ひみつのアッコちゃん」の後番組として前年の11/2スタート。
この作品はまるで覚えがないなぁ、主題歌も含めて。
主題歌のワンフレーズさえ覚えていないということは、私は全く見てないってことなんでしょうな多分。

火曜日(1/26)
BSN
17:00-30「パーマン」(再放送) 17:30-18:00「黄金バット」(再放送)

NST
08:05-20「チビラくん」(日本テレビ同時ネット) 17:20-50「リボンの騎士」(視聴者目線では再放送) 18:00-30「もーれつア太郎」(フジ、約三ヶ月半遅れ?)

水曜日(1/27)
BSN
18:00-30「サンダーバード」(視聴者目線では再放送)
NHK総合で昭和41年4月から一年間放送されていた「サンダーバード」が新潟ではBSNで1/13から再登場です。

NST
08:05-20「チビラくん」(日本テレビ同時ネット) 17:20-50「リボンの騎士」(視聴者目線では再放送) 18:00-30「いなかっぺ大将」(フジ、一週間遅れ)

木曜日(1/28)
BSN
17:00-30「チキチキマシン猛レース」 18:00-30「タイガーマスク」(よみうり、3週間遅れ)
「チキチキマシン」は「スーパースリー」の後番組として前年11/5に放送を開始しました。

NST
08:05-20「チビラくん」(日本テレビ同時ネット) 17:20-50「リボンの騎士」(視聴者目線では再放送) 18:00-30「みなしごハッチ」(フジ、二日遅れ)

金曜日(1/29)
BSN
17:00-17:30「魔法使いサリー」(再放送?) 17:30-18:00「ウルトラマン」(二度目の再放送) 19:00-30「キックの鬼」(TBS同時ネット)

NST
08:05-20「チビラくん」(日本テレビ同時ネット) 17:20-50「リボンの騎士」(視聴者目線では再放送) 18:00-30「あしたのジョー」(フジ、16日遅れ)

土曜日(1/30)
BSN
18:00-30「巨人の星」(よみうり、一週間遅れ)

NST
特撮アニメ等の放送無し。
土曜深夜のお楽しみ「プレイガール」は前年12/5で放送終了。
全国ネットでは長寿を誇った作品ですが、新潟では根付く事なく打ち切りの憂き目に。
東京12chの番組は新潟では肩身が狭かったのです。
なお後番組は「旗本退屈男」・・・。

引き続いて昭和46年4月最終週のラインナップはこんな感じ。

日曜日(4/25)
BSN
10:00-30「魔女はホットなお年頃」(NET 約二ヶ月遅れ) 19:00-30「ガッツジュン」(TBS同時ネット) 19:30-20:00「美しきチャレンジャー」(TBS同時ネット)

「ガッツジュン」は「柔道一直線」の後番組として4/11スタート。
実写の高校野球スポ根モノですが、先達の「柔道一直線」が凄過ぎた為に存在が霞んでしまった作品であります。
私はこの作品は主題歌を含めて全く記憶にありません・・・。
「美しきチャレンジャー」は4/4スタートの女子ボウリングを題材にしたスポ根モノ。
この作品は後年の再放送でなんとなく覚えています。
モロボシダンの森次さんがコーチ役でレギュラー出演しているので、それを目当てで見ていたのかも。
作品全体の印象は手堅い造りで「いかにもTBS」という真面目な雰囲気だったのを覚えています。
ジャンルは違いますが「空想特撮シリーズ」に似た手触りなのです。

NST
特撮アニメ等の放送無し。

月曜日(4/26)
BSN
17:30-18:00「ウルトラセブン」(初回再放送) 18:00-30「サザエさん」(フジ、8日遅れ)

「空想特撮シリーズ」は「ウルトラQ」「ウルトラマン」が二度の再放送を果たしていた新潟ですが、「ウルトラセブン」はこの枠が最初の再放送です。
ちなみに「セブン」の再放送は当初金曜日で、「ウルトラマン」再放送の後番組として3/5にスタート、3/29から放送曜日を変更しています。
3月から6月までの放送は下記の如し

3/5 不明 3/12「栄光は誰のために」 3/19 不明 3/26「散歩する惑星」
3/29「侵略する死者たち」 4/5「侵略する死者たち」(原文ママ) 
4/12「月世界の戦慄」 4/19「必殺の0.1秒」 4/26「盗まれたウルトラアイ」
5/3「勇気ある戦い」 5/10 不明 5/17「セブン暗殺計画」(原文ママ)
5/24 「セブン暗殺計画」(原文ママ) 5/31 不明 6/7「第四惑星の悪夢」 
6/14「恐怖の超猿人」 6/21「円盤が来た」 6/28「ダン対セブンの決闘」

本放送順から考えて、3/5の放送は「ひとりぼっちの地球人」ではないかと推論するところですが、「ひとりぼっち」は11/1に放送しているので重複が無い限り3/5の放送予想からは外れます。
4/5は本放送順なら「蒸発都市」のはずですが、果たしてその日のサブタイトルはテレビ欄の誤植だったのかはたまた重複放送だったのか判断がつきかねるところです。

NST
08:05-20「チビラくん」(日本テレビ同時ネット) 17:20-50「ジャングル大帝」(視聴者視線では再放送) 18:00-30「赤き血のイレブン」(日本テレビ、約三ヶ月遅れ) 19:00-30「魔法のマコちゃん」(NET 同時ネット)

夕方五時台の帯枠は「リボンの騎士」に代わって「ジャングル大帝」が2/18から放送開始。
「ジャングル大帝」は以前BSNで放送していたので、視聴者目線では再放送になります。

火曜日(4/27)
BSN
17:00-30「パーマン」(再放送) 17:30-18:00「黄金バット」(再放送) 18:00-30「トムとジェリー」
「トムとジェリー」は3/2から夕方6時枠で再登場です。
私が常々念願しているのは、両手をにゅっと前方に突き出して思い切り前傾姿勢で口をとんがらせながら全力疾走する「トム走り」を習得することです。

NST
08:05-20「チビラくん」(日本テレビ同時ネット) 17:20-50「ジャングル大帝」(視聴者視線では再放送) 18:00-30「幽霊城のドボチョン一家」(NET 約三ヶ月半遅れ)

「もーれつア太郎」の後番組として3/16に放送開始したのが「幽霊城のドボチョン一家」。
私はこの作品、全く記憶にございませんスイマセン親方・・・。
しかしこのタイトル、言葉狩りが盛んな現在では某筋が即発ファビョンしてサベツだヘイトだと怒鳴り込んできそうであります、だって「バカチョンカメラ」だって公の席ではうっかり言えないんだもの、鋼鉄の神経を持つ男蛭子さん以外は。

水曜日(4/28)
BSN
18:00-30「サンダーバード」(視聴者目線では再放送)

NST
08:05-20「チビラくん」(日本テレビ同時ネット) 17:20-50「ジャングル大帝」(視聴者視線では再放送) 18:00-30「いなかっぺ大将」(フジ、一週間遅れ)

木曜日(4/29)
BSN
17:00-30「スカイキッドとブラック魔王」 18:00-30「タイガーマスク」(よみうり、3週間遅れ)
「スカイキッドとブラック魔王」は「チキチキマシン猛レース」の後番組として3/18スタートです。

NST
08:05-20「チビラくん」(日本テレビ同時ネット) 17:20-50「ジャングル大帝」(視聴者視線では再放送) 18:00-30「みなしごハッチ」(フジ、二日遅れ)

金曜日(4/30)
BSN
17:00-17:30「魔法使いサリー」(再放送?) 19:00-30「帰ってきたウルトラマン」(TBS同時ネット)

夕方五時半枠は「ウルトラマン」再放送に代わって前述のように3/5から「ウルトラセブン」初回再放送を開始。
しかし4月から月曜日に引っ越して後番組は「宇宙家族」。
これが「宇宙家族ロビンソン」のことなのか、はたまた「宇宙家族ジェットソン」というアメリカ産のアニメのことなのか?
声の出演に愛川欽也と表記されていたのですが、愛川さんは「宇宙家族ロビンソン」にも「宇宙家族」にも出演されていないようなのです、うーむ謎だ・・・。
「帰ってきたウルトラマン」は「キックの鬼」の後番組として4/2放送開始です。
あのウルトラマンが還ってくる!
当時の子供たちの興奮ぶりはいかばかりだったでしょう。
私も「帰ってきたウルトラマン」の特に前半は「ウルトラセブン」よりも好きです。
初期第一話から第六話までは素晴らしいの一言。
「二大怪獣東京を襲撃」「決戦!怪獣対マット」の前後編はテレビの怪獣ドラマとして最高の完成度だと長年思っておるところです。
しかしねぇ・・・何で「ウルトラセブン」の再放送枠を月曜に移しちゃったんですかねぇ。
同じ日に「セブン」と「帰マン」と続けて放送するのはマズいと、編成の方が判断したのでしょうか。
なおウルトラマンの新作放送は田舎でもかなりのインパクトがあったようで、新潟日報テレビ欄の番組紹介でもかつての「セブン」を上回る紹介頻度になっています。
4月から6月放送分では、「怪獣総進撃」「タッコング大逆襲」「恐怖の怪獣魔境」「必殺!流星キック」「二大怪獣東京を襲撃」「決戦!怪獣対マット」「怪獣レインボー作戦」「怪獣島SOS」「毒ガス怪獣出現」の9本で、「総進撃」と「二大怪獣」は写真付き。
第一話は゛新番組3本スタート゛と銘打って、「クイーンズボウリング」「シンフォニック歌謡曲」と並んでの紹介でした。
「クイーンズボウリング」というのは、いかにも時代を感じさせる番組ですなぁ。

NST
08:05-20「チビラくん」(日本テレビ同時ネット) 17:20-50「ジャングル大帝」(視聴者視線では再放送) 18:00-30「あしたのジョー」(フジ、16日遅れ)

土曜日(4/24)
BSN
18:00-30「巨人の星」(よみうり、一週間遅れ)

NST
08:05-20「チビラくん」(日本テレビ同時ネット)

「帰ってきたウルトラマン」放送開始で子供向け番組ブログラムに大黒柱がそそり立った感のある我が新潟。
次回では「帰マン」と共に変身ブームの初期を牽引した二大作品が新潟にも堂々降臨であります。
詳細は次号で、ではまた。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第10回(昭和45年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第12回(昭和46年後半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第10回(昭和45年後半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第12回(昭和46年後半) »