« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第七回(昭和44年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第九回(昭和45年前半) »

2019年1月27日 (日)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第八回(昭和44年後半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第八回は、昭和44年後半の新潟放送(BSN)と新潟総合テレビ(NST)の番組プログラムの紹介です。

昭和44年前半はこちらへ←  →昭和45年前半はこちらへ

世間はスポ根ブームに突入し、特撮そしてSFアニメは冬の時代に突入。
とりわけ特撮大好きな子供たちにとっては辛い時期の話なのであります。

では新潟日報縮刷版テレビ欄の調査に基づく昭和44年7月最終週のラインナップを。

日曜日(7/27)
BSN
10:00-30「奥様は魔女」 19:00-30「柔道一直線」(TBS同時ネット)

視聴率不振で僅か一クールの放送に終わった「妖術武芸帳」の後番組として6月から放送を開始したのが「柔道一直線」。
近藤正臣氏の「ねこふんじゃった」やあまりにも荒唐無稽な柔道技で有名な作品です。
私はこの手のスポ根モノは好きではないので、主題歌ぐらいしか覚えていませんが・・・。
当初は穴埋め番組として一クール放送の予定が2年近いロングランになったこの作品、私が妄想するのは「妖術武芸帳」ではなく「怪奇大作戦」がもし番組延長していたら、果たしてこの番組は制作されていたのかどうか?ですな。

NST
17:00-17「冒険少年シャダー」(日本テレビ、一年四ヶ月遅れ)

元々は帯番組のこの作品、新潟では17分終了だったり20分終了だったりで腰の定まらない番組になっています。

月曜日(7/28)
BSN
18:00-30「忍風カムイ外伝」(フジ、8日遅れ)

NST
19:00-30「ひみつのアッコちゃん」(NET、全国ネット?) 21:00-55「スパイ大作戦」

月曜の夜九時枠では「スパイ大作戦」を5/5から放送開始。
BSNでこの年の4/2まで放送していましたが、放送局を変えて放送再開であります。
夜九時なら子供でも親に頼んでギリギリ見られる時間かなぁ。

火曜日(7/29)
BSN
19:00-30「ウメ星デンカ」(TBS同時ネット)

NST
特撮アニメ等の放送無し。
夕方6時枠で放送していた「あかねちゃん」は6/10で放送終了。
後番組は実写モノの「もうれつ太郎」。
長時間に渡る調査(なにしろ一年分を調べるのに休憩無しで四時間近くかかるのです)」で集中力が途切れてきた頃に「もうれつ太郎」と後述の「もーれつア太郎」のタイトルが同時に出現して、少々混乱してしまいましたなぁ。

水曜日(7/30)
BSN
19:00-30「佐武と市捕物控」(NET、三ヶ月遅れ)

NST
18:00-30「紅三四郎」(フジ、約一ヶ月遅れ)。

木曜日(7/31)
BSN
17:30-18:00「オバケのQ太郎」(再放送)

NST
18:00-30「ゲゲゲの鬼太郎」(フジ、全国ネットからの遅れは不明)

金曜日(7/25)
BSN
特撮アニメ等の放送無し。

NST
18:00-30「もーれつア太郎」(フジ、約二ヵ月半遅れ)

「ジャイアントロボ」は6/13で放送終了して、後番組は「もーれつア太郎」。
「ジャイアントロボ」が終了してしまい、遂に新潟から特撮モノの放送は消滅してしまいました。
私は「ア太郎」の記憶が主題歌を含めて全く無いのですが、この作品は事実上日本で最後のモノクロアニメだったそうです。

土曜日(7/26)
BSN
18:00-30「巨人の星」(よみうり、一週遅れ)

NST
特撮アニメ等の放送無し。

この時期、NSTの「土曜映画劇場」(土曜21:00-22:30)では「吸血蛇女の恐怖」(8月)を流しています。
蛇女のマスクに覗き穴が開いていないので、マスクをかぶった女優さんは視界ゼロでおっかなびっくり歩いているというヤツですな。

引き続き昭和44年10月最終週のラインナップはこんな感じ

日曜日(10/26)
BSN
10:00-30「奥様は魔女」 18:00-30「サイボーグ009」(NET全国ネットから約一年半遅れ) 19:00-30「柔道一直線」(TBS同時ネット) 19:30-20:00「サインはV」(TBS同時ネット)

石ノ森章太郎先生の手による不朽のそして未完の名作「サイボーグ009」のアニメ第一弾がようやく新潟でも放送を開始しました。
もっとも私の世代では「009」と言ったら、矢張り70年代末のカラー版でありますが。
「サインはV」は10/5放送開始のバレーボールを題材にしたスポ根モノで、アニメの「アタックNo1」と双璧を成すバレーボールモノであります。
ただこちらは実写、あちらはアニメ。
「アタックNo1」はフジ全国ネットでこの年の12月から放送を開始しますが、新潟で見られるのは少々先の話になります。

NST
17:00-20「冒険少年シャダー」(日本テレビ、一年四ヶ月遅れ)

ホント、NSTはシャダー好きやのぅと調査していて思わず呟くのですわ。

月曜日(10/27)
BSN
17:30-18:00「キングコング」 18:00-30「サザエさん」(フジ、8日遅れ)

「キングコング」は10/6スタートのアメリカ製アニメです。
フジの看板番組の一つである「サザエさん」は本来、一応はフジ系列ということになっているNSTで放送するのがあるべき姿なのですが、放送枠の関係からか「忍風カムイ外伝」の後番組として10/13からBSNでの放送開始です。

NST
19:00-30「ひみつのアッコちゃん」(NET、全国ネット?)

火曜日(10/28)
BSN
17:30-18:00「オバケのQ太郎」(再放送)。
「オバケのQ太郎」は9月末まで木曜17:30-18:00の放送で、10月から火曜に移動して放送しています。
また、夕方6時枠で放送していた「ウメ星デンカ」は9月で放送終了しています。

NST
特撮アニメ等の放送無し。

水曜日(10/29)
BSN
19:00-30「佐武と市捕物控」(NET、三ヶ月遅れ)

NST
18:00-30「ハクション大魔王」(フジ、17日遅れ)。

「紅三四郎」は10/15放送終了で、後番組は抱腹絶倒の「ハクション大魔王」。
これは後年再放送もされていてバッチリ見ていました。
最終回はすごく悲しくて泣いちゃいましたけどね。

木曜日(10/30)
BSN
17:30-18:00「オバケのQ太郎」(再放送) 18:00-30「タイガーマスク」(よみうり、3週間遅れ)

「意地悪ばあさん」の後番組として10/23から放送したのが「タイガーマスク」。
スポ根モノであると同時に変身ヒーローの一種でもあり、私の心を鷲掴みにした作品であります。
虎の穴の悪役レスラーとの死闘あり、当時の世相を反映した社会派の重い話もありでかつての空想特撮シリーズのようなバラエティに富んだ作品でした。
最終回のタイガーマスクvsタイガー・ザ・グレートの死闘、あれほど手に汗を握って見たアニメは他にありません。

NST
特撮アニメ等の放送無し。

夕方6時枠で放送していた「もーれつア太郎」は9月で一旦終了し、11月から火曜夕方6時枠で放送を再開しています。

金曜日(10/31)
BSN
17:30-18:00「魔法使いサリー」

「サリー」は昭和43年11月の放送終了から約十一ヶ月ぶりに、10/3から放送開始。
以前書いたように「サリー」は新潟では全国ネットと比べて放送期間が半年短かったので、それをフォローする意味もあっての再放送なのかもしれません。

NST
特撮アニメ等の放送無し。

土曜日(10/25)
BSN
18:00-30「巨人の星」(よみうり、一週遅れ)

NST
特撮アニメ等の放送無し。
NSTは特撮やアニメの放送が無い日が火曜、木曜、金曜、土曜の週四日!
まぁ子供の見る番組は特撮やアニメ以外にもあるのですけれど、NSTの場合はこの時期でも一般向けの番組が多いのです。

なお、10月からはBSNで「月曜ロードショー」がスタート(月曜21:00からの2時間枠)。
これで新潟県の民放映画番組はBSNの「月曜ロードショー」と土曜深夜の「土曜映画劇場」、NSTの土曜夜「土曜映画劇場」の3本体制になって、子供たちがSFに瞠目しホラーでオシッコをチビる機会が大幅に増えていくのです。

さて特撮好きの新潟の幼児たちにとってはまさに暗黒氷河期の昭和44年後半でしたが、翌昭和45年は第二次怪獣ブームの風が世間に吹き始めてきて、新潟でもほんのちょっぴりですが「雪解け」ムードになってまいります。
その詳細はまた次号で。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第七回(昭和44年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第九回(昭和45年前半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第七回(昭和44年前半) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第九回(昭和45年前半) »