« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第二回(昭和41年7月及び10月) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第四回(昭和42年後半) »

2019年1月 1日 (火)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第三回(昭和42年前半)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第三回は、昭和42年前半の新潟放送(BSN)のプログラムを紹介していきます。

第二回(昭和41年後半)はこちらへ ← →第三回(昭和42年後半)はこちらへ

新潟日報縮刷版によると、昭和42年1月最終週のラインナップは下記の通りです。

日曜日(1/29)
17:00-30「マグマ大使」(フジ遅れネット約二週間) 18:00-30「レインボー戦隊ロビン」(NET遅れネット約二ヶ月) 19:00-30「ウルトラマン」(TBS同時ネット) 19:30-20:00「オバケのQ太郎」(TBS同時ネット)

1月から3月までの「ウルトラマン」の新潟日報テレビ欄番組紹介は「怪獣殿下(前編)」「地底への挑戦」「果てしなき逆襲」「禁じられた言葉」「怪獣墓場」「射つな!アラシ」「小さな英雄」の7本で、「殿下」「射つな」が写真付きになっています。
前年に比べると掲載頻度は下がっていますが、それでもなお五割程度の掲載頻出度を誇っていて、「ウルトラマン」の田舎での人気を窺わせます。

月曜日(1/30)
18:00-30「丸出だめ夫」(日本テレビ同時ネット)

火曜日(1/31)
18:00-30「ハリスの旋風」(フジ遅れネット約一ヶ月) 19:00-30「宇宙少年ソラン」(TBS同時ネット) 21:30-22:00「奥様は魔女」

水曜日(1/25)
18:00-30「ジャングル大帝」(フジ同時ネット)

木曜日(1/26)
18:00-30「スーパージェッター」(再放送) 
前年12月まで木曜19:00-30に放送されていた「がんばれ!マリンキッド」は12/29で終了しています。

金曜日(1/27)
17:30-18:00「快獣ブースカ」(日本テレビ遅れネット約二ヶ月) 18:00-19:00「ロボタン」(フジ遅れネット約三ヶ月)
「ブースカ」は1/13から放送開始、「ロボタン」も「遊星仮面」の後番組として1/13から放送を開始しています。
ただ私は「ロボタン」を見た覚えが全くありません、スイマセン親方・・・

土曜日(1/28)
12:15-45「かわいい魔女ジェニー」(原文ママ) 19:00-30「悟空の大冒険」(フジ同時ネット)
「悟空の大冒険」は「鉄腕アトム」の後番組として1/7から放送を開始しています。
ただ私はこのアニメ、見たよーなそうでないよーな微妙なところです、申し訳ないです親方・・・

民放ではなくNHKですが、この年2/26(日)には「ゴジラ」を放送しています。
即ちその日、新潟県では16:00-17:30に「ゴジラ」、17:00から「マグマ大使」、19:00から「ウルトラマン」という夢の怪獣モノ3本立てなのであります。
惜しむらくは「ゴジラ」後半と「マグマ大使」がモロ被りだという点。
ビデオデッキなぞ一般家庭には影も形もなかったこの時代、17時からどちらを見ようかと当時の怪獣少年たちは頭を悩ませたことでしょう。

引き続いて昭和42年4月最終週のラインナップは下記の通りです。

日曜日(4/30)
17:30-18:00「マグマ大使」(フジ遅れネット約二週間)18:00-30「アタック拳」(NET遅れネット約半年) 19:00-30「キャプテンウルトラ」(TBS同時ネット) パーマン(TBS同時ネット)

日曜夕方6時台前半枠の「レインボー戦隊ロビン」は3月一杯で終了して、後番組は実写アクション物の「アタック拳」です。
しかし私はこの番組、タイトルしか聞いたことがありません遺憾です親方・・・
19時台のTBS同時ネット枠では4/2から「オバケのQ太郎」から「パーマン」へ、4/16には「ウルトラマン」から「キャプテンウルトラ」にバトンタッチです。
新潟日報テレビ欄の番組紹介欄では「キャプテンウルトラ」も頻繁に取り上げられていて、4月から6月放送分では「バンデル星人襲来す」「原始怪獣ブルコングあらわる」「「原始怪獣ブルコングの逆襲」「「二大怪獣火星都市にあらわる」「怪生物バンデルエッグあらわる」「スパイロケットワルダーあらわる!!」の6本で、「襲来す」「ブルコングあらわる」「「バンデルエッグ」は写真付きです。
第一話の見出しには゛宇宙の西部劇゛と、巨大ヒーロー「ウルトラマン」とはガラリと趣を変えた作品の要点を強調しています。
「キャプテンウルトラ」はTBSの番組ということもあって、新潟でも後年再放送されていて私もしっかり見ていました。
再放送なのでウルトラシリーズとは切り離された単独のシリーズ扱いとして受け取られる為にウルトラマンやウルトラセブンと直接比較の対象とはならず、子供の目ではそれなりに面白い印象でしたっけ。
バンデル星人や金属人間、ラジコン星人は幼心に強烈な印象に残る異形の存在です。
特にラジコン星人、アイツがウチのテレビから飛び出してくるんじゃないかと恐怖で震え上がりましたよw
しかし昨年だったか、CSの月イチ無料放送日に「キャプテンウルトラ」を久しぶりに見ての印象は「うーむこれはちょっと厳しい・・・」。
やはり昭和42年の番組だなぁと。
空想特撮シリーズと比較するとやはり粗が目立ちます。
本放送当時、「キャプテンウルトラ」を見ていた円谷のスタッフは「まぁこんなもんだな」と余裕の表情だったそうですけど、まぁそう思われても仕方ないかなと思います。
「キャプテンウルトラ」の局支給の製作予算は「ウルトラマン」と同額で、やはりウルトラマン同様にそれでは足らずに東映が身銭を切っていたそうですけれど、番組を見る限りそうは見えない・・・。
ただ「キャプテンウルトラ」の場合は未来の太陽系が舞台なゆえにオールセットで製作していた為、セットの費用に相当な金額を要したのは考慮する必要がありますけれど。

月曜日(4/24)
特撮アニメ等の放送無し。
月曜18時台前半枠で放送していた「丸出だめ夫」は2月一杯で終了し、三月からの後番組は「スパイキャッチャーJ3」(NET遅れネット五ヶ月)でした。
しかしこの「スパイキャッチャーJ3」、たった4回の放送で打ち切りです。
全26回の番組をたった4回で切るのは、何かのっびきならない問題があったのかはたまた突出して不人気だったのか。
この先、調べていってもこの番組の名前は一切出てきませんから、新潟ではこれで永久にサヨウナラの「スパイキャッチャーJ3」だったのです。

火曜日(4/25)
19:00-30「冒険ガボテン島」(TBS同時ネット)
「冒険ガボテン島」は「宇宙少年ソラン」の後番組として4/4から放送を開始しました。
しかし私はこのアニメを全く知りません、怒らないでください親方・・・
「ソラン」は見たことはないけれど主題歌は何となく知っているのに、「ガボテン」は主題歌さえ全く知りませんのですわ。

水曜日(4/26)
18:00-30「仮面の忍者赤影」(フジ先行ネット一時間)
フジ全国ネットで3月まで放送していた「ジャングル大帝」の新潟での後番組が、4/5放送開始の「赤影」です。
ここで驚くべきことは、「仮面の忍者赤影」は同時ネットでは19時からの放送という点です。
つまり新潟は他県よりも一時間早く「赤影」を視聴できたのです。
当時のBSNの水曜夕方六時枠はフジ、夜七時枠はキー局のTBSのモノなので、このような変則的な編成になったと思われますが、現在の常識では考えられないところです。
なお私は「赤影」は全く記憶がありません。
というか、新潟では「赤影」は未放映ではないかとこの調査を始めるまで思っておったところなのですよ。
アニメはともかく、紅顔の美幼児の頃から特撮大好きだった私が放送を見逃すはずはあるまいと。
内容は覚えていなくても、主題歌はばっちり覚えていたりするものなのですよ、例えば「サンダーマスク」や「魔神ハンターミツルギ」みたいに。
これを書いている時点での調査では「赤影」の新潟での再放送は一度もありませんでした。
成程それなら納得。
再放送が無いのなら見ていないのも当然なのですわ。

木曜日(4/27)
18:00-30「スーパージェッター」(再放送) 

金曜日(4/28)
17:30-18:00「快獣ブースカ」(日本テレビ遅れネット約二ヶ月) 18:00-19:00「ロボタン」(フジ遅れネット約三ヶ月)

土曜日(4/29)
12:15-45「かわいい魔女ジェニー」(原文ママ) 18:00-30「黄金バット」(よみうり遅れネット一週間) 19:00-30「悟空の大冒険」(フジ同時ネット)
「黄金バット」は4/8から放送開始で、この作品は新潟では何度か再放送しているのでそこそこ覚えています。
とにかく黄金バットが問答無用でメチャクチャ強いので、幼心にも安心して見れたのです。
高笑いしながら悪党どもをシバキ倒す異形のヒーロー!正義は常に圧倒的に完勝する勧善懲悪の展開が、子供にはウケるのですわ。
バットを演じる小林修さんの「ワハハハハハハハ」の笑い声には、後のズォーダー大帝の呵呵大笑の萌芽を見て取れます。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第二回(昭和41年7月及び10月) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第四回(昭和42年後半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第二回(昭和41年7月及び10月) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第四回(昭和42年後半) »