« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第一回(昭和41年4月) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第三回(昭和42年前半) »

2018年12月24日 (月)

新潟県民放子供向け番組放送の推移第二回(昭和41年7月及び10月)

新潟県民放子供向け番組放送の推移その二は、昭和41年7月、10月と三カ月おきに番組プログラムを紹介していきます。

昭和41年4月はこちらへ← →昭和42年前半はこちらへ

新潟日報縮刷版によると、昭和41年7月最終週の新潟放送(BSN)各曜日放送ラインナップは下記の如し。

日曜日(7/31)
10:30-11:00「狼少年ケン」 11:00-30「トムとジェリー」 17:00-30「マグマ大使」(フジ遅れネット約二週間) 18:00-30「レインボー戦隊ロビン」(NET遅れネット二ヶ月強) 19:00-30「ウルトラマン」(TBS同時ネット) 19:30-20:00「オバケのQ太郎」(TBS同時ネット) 23:00-15「仙人部落」(7/2放送開始)

「マグマ大使」は「ワンダースリー」の後番組として、フジテレビ系同時ネットから約二週間遅れで7/17から放送を開始しています。
「ウルトラマン」は「ウルトラQ」に引き続きTBS系の同時ネットです。
オールカラーの巨大ヒーロー特撮物の先駆者である「マグマ大使」と「ウルトラマン」は、新潟においては日曜日に揃って放送という豪華ラインナップであります。
これは他県いや東京にお住まいの方でも垂涎のプログラムと申せましょう。 
ただ私は「マグマ大使」は見たことがありません、スイマセン親方・・・。
「マグマ大使」の初回放送は新潟日報テレビ欄の番組紹介でも写真付きで取り上げられており、「ウルトラQ」「ウルトラマン」も紹介頻度はまだ高い状態。
7月から12月放送分を見ると、「ウルトラQ」は最終回の「206便消滅す」が、「ウルトラマン」は「ウルトラマン前夜祭」「ウルトラ作戦第一号」「侵略者を撃て」「科特隊出撃せよ」「怪獣無法地帯」「謎の恐竜基地」「宇宙から来た暴れん坊」「ミイラの叫び」「真珠貝防衛指令」「科特隊宇宙へ」「遊星から来た兄弟」「故郷は地球」が記事になっています。
「前夜祭」「侵略者」「無法」「暴れん坊」「ミイラ」「宇宙へ」は写真付きです。
ちなみに「ウルトラQ」の「206便」は゛できばえはシリーズ中最もすぐれているので゛と激賞されていて、一般人の目にはあの作品が傑作に映るのか!?と驚きましたわ。
アニメの「レインボー戦隊ロビン」は7/3から放送開始で、NET系同時ネットから二ヶ月強の遅れであります。
こちらも私は見たことがありません、申し訳ないです親方・・・。
カラー化直前の時期に放送されたモノクロ作品は、どうしても再放送の機会に恵まれず不運な感が強いのです。

月曜日(7/25)
18:00-30「丸出だめ夫」(日本テレビ同時ネット)

月曜から土曜まで朝の帯番組として流していた「エイトマン」は7/1で放送終了しています。

火曜日(7/26)
18:00-30「ハリスの旋風」(フジ遅れネット約一ヶ月) 19:00-30「宇宙少年ソラン」(TBS同時ネット)

「ハリスの旋風」は「宇宙エース」の後番組として6/7から放送を開始。
フジテレビ系同時ネットから約一ヶ月の遅れです。
「ハリスの旋風」も私は見たことがないです、遺憾です親方・・・。
なお火曜日には「奥様は魔女」が5/3から21:30-22:00の枠で放送を開始しています。
当時の子供が見るにはかなり遅い時間帯ですけれど、何度も再放送されたこの番組を私は幼児の頃から大好きでしたw
サマンサの母エンドラの根性曲がりっぷりがもう辛抱たまらんとですよ。
彼女からみれば劣等種族のニンゲンのダーリンの名前なんて絶対に正しく呼称してやらないぞという老魔女の意気地と気合をビンビンに感じるのですわ。

水曜日(7/27)
18:00-30「ジャングル大帝」(フジ、同時ネット)

木曜日(7/28)
18:00-30「スーパージェッター」

4/14で一旦放送を打ち切った「スーパージェッター」が同じ枠で7/28から放送を再開しました。
再開第一回は「二人の亡命者」(第32話)で、以前と同様にランダム放送のようです。

金曜日(7/29)
18:00-30「遊星仮面」(フジ遅れネット一週間)

「遊星少年パピィ」の後番組として6/10から放送を開始したのが「遊星仮面」です。
フジテレビ系同時ネットから一週遅れでのオンエアであります。
なお17時台に流していた「おそ松くん」は6/24で放送を終えています。
同時ネットでは昭和42年3月まで放送しているので、新潟では打ち切りということです。
越後では人気が無かったんですかねぇ。

土曜日(7/30)
19:00-30「鉄腕アトム」(フジ同時ネット)

追記すると、後年BSNが夏休み期間中の午前中に「夏休み子供劇場」として流していた子供向けプログラムは、この頃にはまだ存在していませんでした。

続いて昭和41年10月最終週の番組ラインナップは下記の通り。

日曜日(10/30)
17:00-30「マグマ大使」(フジ遅れネット約二週間) 18:00-30「レインボー戦隊ロビン」(NET遅れネット二ヶ月強) 19:00-30「ウルトラマン」(TBS同時ネット) 19:30-20:00「オバケのQ太郎」(TBS同時ネット)

午前中に放送していた「狼少年ケン」と「トムとジェリー」は9月末で放送終了しています。
「狼少年ケン」の後番組に「ジャングル・ジム」という番組を流していて、ひょっとしてアメリカのアニメかな?とぐぐってみたら、ジャングルモノの映画の再編集ドラマだそうです。

この月は木曜日以外、三ヶ月前と変化無しです。

月曜日(10/31)
18:00-30「丸出だめ夫」(日本テレビ同時ネット)

火曜日(10/25)
18:00-30「ハリスの旋風」(フジ遅れネット約一ヶ月)  19:00-30「宇宙少年ソラン」(TBS同時ネット)

水曜日(10/26)
18:00-30「ジャングル大帝」(フジ同時ネット)

木曜日(10/27)
18:00-30「スーパージェッター」 19:00-30「がんばれ!マリンキッド」(フジ同時ネット)

10/6から放送開始の「がんばれ!マリンキッド」は後の「海底少年マリン」のパイロット版のような作品で、ウィキペディアによると現在はフィルムの所在も不明との事。
そんなマイナーかつレアな番組が、もっとメジャーな作品を差し置いて我が新潟で同時ネット視聴できたというのは、幸運な話と言えるとかどうか判断に苦しむところであります。
「おそ松くん」が打ち切られてこの番組を流すっていうのもなんだかなぁ。
まぁこの枠はフジのものなので、ナニが流されようと田舎は文句を言えないのです。

金曜日(10/28)
18:00-30「遊星仮面」(フジ遅れネット一週間)

土曜日(10/29)
19:00-30「鉄腕アトム」(フジ同時ネット)

この後、11月からは土曜の昼12時台に「かわいい魔女ジェニー」(原文ママ)が放送を開始(11/26から)。
その他、私の目を惹く番組としては木曜22:30から「特別機動捜査隊」、金曜21:30から「ザ・ガードマン」があります。
海外ドラマでは前回に引き続き、「コンバット」(水曜20:00)と「逃亡者」(土曜22:00、12月で終了)、「サンセット77」(日曜22:00)、「0011ナポレオン・ソロ」(日曜23:15)が放送中。
そして12月には大晦日に「鉄腕アトム」がついに放送終了して、昭和42年の元日を「ウルトラマン」の第25話「怪彗星ツイフォン」で子供たちは迎えることになるのです。

|

« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第一回(昭和41年4月) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第三回(昭和42年前半) »

新潟県民放テレビ欄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟県民放子供向け番組放送の推移第一回(昭和41年4月) | トップページ | 新潟県民放子供向け番組放送の推移第三回(昭和42年前半) »