« イギリス海兵隊大幅削減という話 | トップページ | オッサンとアニソン »

2018年2月11日 (日)

新戦隊もやはり女形はいませんでした

本日より戦隊シリーズ第42弾「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」が放送開始しました。
去年から戦隊の放送時間帯が繰り下がって、「ドラゴンボール超」の後に引き続き見られるようになったのですが、前作「宇宙戦隊キュウレンジャー」は全くの未見。
そもそも戦隊シリーズ自体、2010年代の作品でよく見ていたのは「海賊戦隊ゴーカイジャー」と「烈車戦隊トッキュウジャー」のみ。
「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の第一話を見て、赤の人の声と発声の悪さに「なんだかなー
」と強く感じてしまって、それ以来今日に至るまで、すっかりご無沙汰の戦隊シリーズだったのであります。

さて、今回の「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」は、立場の異なる二つの戦隊の合従連衡を描くものになりそうで、お宝争奪戦でもあることから「轟轟戦隊ボウケンジャー」の敵、ネガティブシンジケートが悪役で無くなったのがルパンレンジャーという印象ですな。
またこれまでのシリーズで度々見られた「当初は立場の異なる追加戦士」枠を最初から別戦隊にして独立した存在として描いているようにも見えます。
企画意図はこれまでのマンネリ感を打破(ついでに2戦隊並立でオモチャの売り上げUP)と一石二鳥を狙ったモノで、今後の成り行きが注目されるところです。

・・・まぁしかし、こういう話だけであれば、こうしてブログに書くまでも無い事なのです。
私のようなおかしな人間の、戦隊に対する最大の関心事はそう、「女形」なのであります。
今は絶賛放置中のサイトで「戦隊ヒロイン女形の系譜」なぞというページを、十数年前にもそもそと書き殴ったコテコテのマニアとしては、それが偽らざる事なのです。
そして今作もやはり・・・情報として知ってはいたことですが、ヒロイン二人の変身後の担当は三作続けて五味涼子さんと下園愛弓さんのコンビです。
勿論、ヒロインの変身後を女子が担当するからといって、その事自体にケチを付ける気は毛頭ありません。
本日視聴していても、ルパンイエローを演じる下園さんはパイロット版にして早くも役を把握しているような演技で、パトレンジャーの登場に驚愕絶句している場面など上手いなぁと感心しましたわ。
ああいう「女子」と一目でわかってなおかつ自然な感じは、女形では難しいかもしれません。
しかしそれでもなお、「女形」には独特の色気がありアクションもキレるのです。
往年の名女形の蜂須賀祐一さんは今作では敵の女幹部を演じていて、本日もボスに挨拶する場面で出てきましたけど、あれですよね、あの色香ですよ。
「女」が匂い立つような艶っぽさです。
現代ニッポン、いや世界的に見ても歌舞伎や中国の京劇以外で「男が女を演じる」ことをあのように官能的に見せるのは、こういう子供向けのドラマでしか見られない情景で、大げさに言わせてもらえば「継承していくべき伝統芸能」に値すると個人的に日々強く思っておるところです。
しかし現実はやはり、「女形」というものは衰退死滅していく定めのようで・・・。
とにかく後継者がいませんからね。
我が県小出出身の竹田道弘さん、蜂須賀さん、中川素州さんの系譜に続く人材がいない。
以前にも書いたかもしれませんが、藤田慧さんはまさにその系譜を次ぐに値します。
戦隊ヒロインを演じてくれないかなぁ今年こそはと毎年祈願しているのですけれど、仮面ライダー班がしっかりと囲って放さない様子。
モコモコした甲冑系のライダーや怪人の女形なら多少体型がゴツくても務まりますけれど、藤田さんのようなスラリと細い体型で女形が出来る人材は稀ですよ。
この先、そういう逸材は中々出てこないですよ多分。
スーツアクトレスにしても、五味さんや下園さんだって体力的にこの先何年続けてレギュラーを張れるのかという問題があります。
また現状でも、万が一ケガでお二人が抜けた場合、代役は確保できるのだろうかと心配になります。
いつまでも野川瑞穂さんや神尾直子さんに頼るわけにはいかないのですし。
(神尾さんは今作では敵のボス役のようなので、ますます代役は難しいでしょう)
最悪の場合、変身後のヒロインを演じられる人がいないので、ヒロインは変身しないことにします!という、本末転倒且つ男女機会均等法に反する展開さえ絵空事とは申せません。
そういう先々の事も考えると、女子の後継育成に加えて、女子よりも頑丈でダイナミックなアクションも可能な女形も、しっかり芝居の出来る人を最低一人は確保しておいた方が良いのでは?などと考えてしまうのですよ。
経験値の無い人をいきなりレギュラーで使うのも中々ハードルが高いので、この先追加戦士の女子枠があるのなら、女形に適性のありそうな若い人を思い切って登用してみるとか。
女怪人を戦隊でも頻繁に出して、そこで芝居の経験を積ませるのもアリ。
そのような施策を取ってくださいますならば、毎回欠かさず視聴することをここにお誓い申し上げます。

|

« イギリス海兵隊大幅削減という話 | トップページ | オッサンとアニソン »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イギリス海兵隊大幅削減という話 | トップページ | オッサンとアニソン »