« 上条駅(只見線) | トップページ | 燕三条駅(上越新幹線・弥彦線) »

2017年4月29日 (土)

寺尾駅(越後線)

本日の駅紹介は、越後線・寺尾駅。

Terao0010905

新潟県新潟市西区に所在する有人駅で、人口約16万3000人を擁する西区の区役所の最寄り駅はここ寺尾駅。
故に西区の代表駅は越後線頻発運行区間の終点である内野駅ではなく、当駅と申せましょうか。
駅開業は1914年(大正3年)10月20日で、当時のローカル私鉄である越後鉄道の停車場としての出発でした。
開業当時の所在は西蒲原郡坂井輪村で、同村の玄関駅でした。
坂井輪村は戦後の昭和29年に新潟市に編入されて今日に至ります。

寺尾駅周辺は今でこそ新潟市旧市街地西部の人口集積地域になっていまけれど、駅開業からしばらくの間は人家もまばらな寒村だったそうで、駅設置が越後鉄道開業から約2年後というのもその辺の事情によるもののようです。
周辺地域に人口が集積し始め、駅に活気が出てくるのは坂井輪村が新潟市に編入される頃からだったのです。

JR東日本によると、寺尾駅の2015年度1日平均乗車人員は2,187人。
同社新潟県内有人67駅中17位で、見附駅と同レベル、直江津駅よりも少し下という利用実績です。
当駅の狭さ小ささを考えると、驚嘆に値する高水準の乗車人員ですけれど、越後線の新潟-吉田間では有人10駅(新潟駅を除く)中6位に過ぎず、越後北線と称されるこの区間の利用の多さの裏付けにもなっているのです。
それなのに線区の格付けは国鉄末期に貼られた「地方交通線」のまま。
信越、白新両線に比べて運賃も割高で、利用客にとっては不条理この上無い状況がずっと続いているのですよ。

Terao0021106
Terao0031215
寺尾駅橋上駅舎南口の様子、上は2006年11月、下は2015年12月撮影。
上の画の時点ではまだエレベーターが未設置でバリアフリー化されていませんでした。
その前身がローカル私鉄の小駅であったからか、駅前広場はご覧のように狭隘。
その為に路線バスも駅前には乗り入れていません。
代わりにタクシーが最低一台常駐しています。

Terao0150312
Terao0160312
寺尾駅南口駅前の様子、2012年3月撮影。
ご覧のように道路の道幅も狭く、車には優しくないところです。

Terao0130312
寺尾駅北口の様子、2012年3月撮影。
橋上駅舎化に伴って開設された出入り口で、歩道なのか駐輪場なのか判然としないカオスさがあります。

Terao0040312
寺尾駅橋上駅舎の自由通路内部の様子、2012年3月撮影。
建築財産票を確認できなかったので駅舎の竣工年月は不明ですが、ウィキペディアによると1986年完成という記述があります。
新潟県内在来線のみの橋上駅舎としては、青海駅、荻川駅に続く三番目になります。
ただ形状から見てこの通路はかつての跨線橋なのでしょう。
その竣工は建築財産票によると昭和48年3月。
跨線橋出入り口の構内側に橋上駅舎を増築したように思われます。

Terao0050312
橋上駅舎への出入り口付近の様子、2012年3月撮影。
窓口及び自動改札機は画像左側になります。

Terao0061215
Terao0230312
構内側から見た寺尾駅橋上駅舎内部の様子、2015年12月撮影。
駅舎内の待合空間は下の画のところ(自動改札機とホーム出入り口の間の通路)しかありません。
なおトイレはホーム上にしか無いのでご注意ください。

Terao0071215
自由通路上から見た寺尾駅構内新潟方の様子、2015年12月撮影。

Terao0240905
自由通路上から見た寺尾駅構内内野方の様子、2005年9月撮影。
画像左側の駅前の狭隘さがよくわかります。

Terao0080312
島式ホームの新潟大学前駅方から見た寺尾駅構内の様子、2012年3月撮影。
駅構内は一面2線のごくシンプルなもの。
この形態のホームは平板な印象が強くて、個人的にはあまり好みではないのです。
しかも中途半端な植え込みで見通しも悪し。
正直、訪問や撮影の触手が伸びない駅なのであります。

Terao0090312
島式ホーム端から新潟大学前駅方を見る、2012年3月撮影。

Terao0101215
島式ホーム上屋下の様子、2015年12月撮影。
ホーム上に待合室はありません。
橋上駅舎内の待合空間の小ささといい、ホームの上屋下にベンチが並ぶ様子といい、実用本位に徹した「乗り降りするだけの駅」な印象の強い寺尾駅です。
よく言えば都会的と言えなくもない?

Terao0110312
島式ホームの小針駅方から見た寺尾駅構内、2012年3月撮影。
画像左側の国鉄様式の跨線橋部分と、右側の新たに設けられた北口への連絡通路の違いがよくわかります。
なおトイレとエレベーターは連絡通路の柱の後方にあります。

Terao0120312
島式ホーム端から小針駅方を見る、2012年3月撮影。

Terao0140312
新潟大学前駅方の踏切から見た寺尾駅構内の様子、2012年3月撮影。


Terao0180312
寺尾駅に停車中の115系電車新潟行、2012年3月撮影。

Terao0190312
寺尾駅で列車交換する新潟行115系電車と内野行E127系電車、2012年3月撮影。
データイム毎時3本の単線頻発運行区間である越後線の新潟-内野間の列車交換駅(白山、関屋、小針、寺尾の各駅)では、列車交換が頻繁に行われています。

Terao0200312Terao0210312
列車交換を終えて寺尾駅を出発するE127系電車内野行、2012年3月撮影。

Terao0221215
E127系に代わる線区の新たな顔のE129系電車新潟行と115系電車吉田行が寺尾駅で列車交換中、2015年12月撮影。

|

« 上条駅(只見線) | トップページ | 燕三条駅(上越新幹線・弥彦線) »

R004 越後線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上条駅(只見線) | トップページ | 燕三条駅(上越新幹線・弥彦線) »