« 信越本線・土底浜、潟町、上下浜、米山、笠島、鯨波、柏崎、茨目各駅リニューアルのお知らせ | トップページ | 越後堀之内駅(上越線) »

2017年2月25日 (土)

改金剛型宇宙戦艦の陽電子衝撃砲は無砲身型なのか否か

本日から、「宇宙戦艦ヤマト」リメイクシリーズ第2弾・「宇宙戦艦ヤマト2202」の第一話と第二話が劇場公開されます。
我が街は政令指定都市なのに松竹系の映画館が無いので、リメイクヤマトの劇場公開は残念ながら見れません(トホホ)。
私は成人して以来、「マトモな」映画館に足を運んだ事が一度もないので(いわゆる「成人向け」に行って館内の生態を観察した事はありますが)、地元の映画館事情は無知に等しい有様。
昔、ガンダムを見に行った松竹系の古町の映画館は無くなってしまったのだろうなぁと、今頃になって思い出に浸る状態なのであります。

おっと閑話休題。
先日、BS11で放送した特番で第一話前半12分が放送されているのを見ました。
前作「2199」と同じく開始早々に戦闘場面でしたが、人間ドラマが無くなんだか殺伐とした印象。
オープニングナレーションもなんかヘンだなぁと思っていたら、ああ成る程。
あれは大帝ズォーダーさまの独り言でしたのね。
なんでもああして思索に耽る高尚な御方なんだとか。
旧作のようにサーベラーさんをはべらせて美味そうに酒を呑んでドヤ顔という、やり手のオヤヂ臭い面は見せないのでしょうか。
あと大帝の笑い声はどうするんでしょうかね。
旧作でズォーダーを演じた小林修さんの笑い声は、こちらまで愉快になる物凄い豪笑でしたけど、アレは再現困難ではなかろうかと。

戦闘はどこぞの浮遊大陸の成れの果て。
ひょっとして前作でヤマトが波動砲で粉砕した木星浮遊大陸のなれの果て!?
あんなとこまでガトランティス艦隊に押し込まれているのなら地球は相当ヤバいんじゃないの!?
しかしアレは太陽系外のお話のようで、まずは何より。
しかしガトランティス艦隊は強い。
旧作ではヤマトや地球艦隊の砲撃にあっさりぶち抜かれるやられメカだった「大戦艦」転じてガイゼンガン兵器群・カラクルム級戦闘艦の雷撃旋回砲。
艦首に緑色の輪を生じさせて、そこから広域にビームの雨を降らせて敵を殲滅する兵器。
火焔直撃砲もかなり危険な兵器なのに、加えてあんな凄い武器ですよ。
地球やガミラスはショックカノンや陽電子ビーム砲をバンバン撃ったぐらいじゃ、歯が立ちそうにないですよ。
これからあんなのを相手にしなきゃならないのなら、地球連邦政府がイスカンダルとの和親条約を破ってでも波動砲に執着する気持ちもわかるというものです。

ラストではアンドロメダらしき艦が、拡散波動砲の一撃でガトランティス艦隊を殲滅していました。
私は「2202」の情報が公開される以前、アンドロメダは前作で地球を訪れたユリーシャシップや火星から回収したサーシャシップの波動コアを組み込んだ、ヤマト以外では唯一の波動砲搭載艦として描くのではないかと想像を逞しくしておったところです。
しかし蓋を開けてみれば、「前衛武装宇宙艦」に類別されるアンドロメダ級は同型艦も既に完成しているそうで、波動コアの扱いは一体どうなっているのか!?なのです。
ガミラスのデスラー砲は、大型のコアを何個も使ってようやく運用できている様子でしたが、アンドロメダの全長444mから見て、デスラー砲よりもコンパクトなシステム構成なのでしょう。
となると、地球のコア開発技術はガミラスを既に凌いでいるのでしょうか。
またアンドロメダのスペックを見ると。補助機関は「ケルビンインパルスエンジン」。
従来の「コスモタービン」とは違う機関のようですが、どういう種類の機関なのか?
主砲は「収束圧縮型衝撃砲」と呼称するようで、ヤマトの主砲よりもいかにも威力が上がっていそうなネーミングであります。
現在、真田さんたちの手で近代化改修を受けているヤマトの主砲や副砲も、このタイプに変わるのかもしれませんな。

今回、私の目を最も惹いたのは「金剛改型宇宙戦艦」。
前作の金剛型宇宙戦艦の主機を波動機関に換装して、ワープが可能になり主力兵器も従来の高圧増幅光線砲から陽電子衝撃砲に更新されています。
これによって艦の戦闘能力は大幅に向上したと思われますけれど、外観は変化が無いように見えるんですよねぇ。
砲塔も従来と同じだし。
陽電子砲に砲身は必ずしも必要では無さそうなのは、ガミラス艦を見れば明らかです。
砲身型にすれば威力が上がるが、カネも保守の手間もかかるのでとりあえず無砲身型でもOKということなのか?
古代クンの指揮する「ゆうなぎ」は、かつての「ゆきかぜ」ばりの突撃雷撃戦で敵艦を仕留めていましたが、アレは古代クンも砲雷長の南部クンも、無砲身の衝撃砲をあまり評価していないということなのなんでしょうか。
無砲身36サンチショックカノンではガトランティス艦に大して効果が薄いという、かつての光線砲がガミラス艦に通じなかった悪夢の再来なのでしょうか?
また設定にある艦首46サンチ陽電子衝撃砲というのも、なんだか無駄な装備の気がします。
長砲身型なのでしょうから、一発当たりの威力はヤマトの48サンチ主砲より上なのかもしれません。
これまでとは違い、主機で生み出せるパワーも段違いですから、ある程度の連射も可能なのでしょう。
しかし艦首固定式である以上、深宇宙における機動戦では使えないシロモノなのは変わらず。
対要塞用の攻城戦用兵器としては威力不足のようにも思え、私が去年、妄想を書き散らした一連の考察で描いた、敵戦略兵器(遊星爆弾や惑星間弾道弾)迎撃用ぐらいしか使い道が無さそうに思えるのですよ。

また、設定でかなり無理があるのではと感じたのは、改磯風型突撃駆逐艦。
金剛型や村雨型巡洋艦と同様に、磯風型突撃駆逐艦の主機を波動機関に換装したフネです。
あの小型の船体に波動機関というのは、うーむどうなんだろう・・・。
12.7センチ衝撃砲なんて意味のある兵装なんでしょうかね。
それにいくら機関性能が上がってワープ可能になったとしても、あの船体では長期の作戦行動は無理でしょう。
駆逐艦は旧作「さらば」や「2」の駆逐艦をリメイクしてもよかったのではないかと、強く感じるところであります。
波動機関のもたらすパワーは機動性と間接防御力の大幅向上に充て、ショックカノンは装備せず、波動防壁の前方集中で敵弾を凌ぎつつ、艦首に集中装備した空間魚雷の一斉投射で、対ショックカノン防御力を持つ相手にも打撃を与えられる艦をです。

|

« 信越本線・土底浜、潟町、上下浜、米山、笠島、鯨波、柏崎、茨目各駅リニューアルのお知らせ | トップページ | 越後堀之内駅(上越線) »

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信越本線・土底浜、潟町、上下浜、米山、笠島、鯨波、柏崎、茨目各駅リニューアルのお知らせ | トップページ | 越後堀之内駅(上越線) »