« 古間駅(信越本線) | トップページ | 豊野駅(信越本線・飯山線) »

2016年9月18日 (日)

牟礼駅(信越本線)

本日の駅紹介は、信越本線・牟礼駅。

古間駅はこちらへ← →豊野駅はこちらへ

牟礼駅の駅名標

長野県上水内郡飯綱町に所在する有人駅で、JR在籍時代は信越本線、現在はしなの鉄道・北しなの線に所属しています。
開業は明治21年(1888年)5月1日で、開業当時の所在は上水内郡牟礼村。
牟礼村は当駅開業直後の1890年に中郷村と改称し、昭和30年4月に隣接する高岡村と合併して再度牟礼村を名乗ります。
二代目の牟礼村は平成の大合併の中、隣接する三水村と合併して町制を施行し、新自治体・飯綱町になって今日に至ります。

牟礼村史によると、牟礼停車場が置かれたのは当時の村北東端だったとの事で、北国街道の牟礼宿からはやや離れています。
宿場に当時の常であった鉄道に対する忌避感があった故の事なのかもしれませんが、関川宿(妙高高原)や柏原宿(黒姫)のように、街道そのものと鉄道が大きく離れているわけではないのでその辺の忌避感もそれほどではなかったのではないかと推察さるところです。
ともあれ鉄道開通によって当地にも外部から色々と文物が入ってくるようになり、その代表例が「魚屋」です。
牟礼村史によると、鉄道開通によって村に初めて魚屋が出来たのです!
村でそれまで魚と言えば、川で獲った川魚を自分たちで食する程度だったのでしょう。
それが鉄道によって日本海側から海魚が入ってくるようになり、商売として成立するようになったのでしょうね。
まさに消費革命であり、起業の夜明けだったのであります。

そんな牟礼駅のJR東日本所属時代の2013年度一日平均乗車人員は767人。
同社長野県内有人67駅中32位でした。
自治体の人口規模が同レベルの黒姫駅の約二倍の数字で、当駅付近に高校があるのが大きなアドバンテージになっているようです。
観光利用が廃れた現在では、やはり学生の集中無くして大きな数字は出せないのであります。
なお牟礼駅には優等列車停車の実績も僅かながらあって、国鉄末期には新潟-長野・松本間の急行「とがくし」「南越後」が上下一本ずつ停車していました。

牟礼駅駅舎その1
牟礼駅駅舎その2
牟礼駅駅舎の様子、2011年6月撮影。
なお撮影は全て同日であります。
建築財産票を見つけられなかったので完成年月は残念ながら不明。
相当に年季の入った建物ですが、色々と手は入れられています。
古い駅舎の常として、駅構内外にそれぞれトイレがあるのは来訪者にとって嬉しい限り。

牟礼駅駅舎内部その1
駅舎内部の様子。
黒姫駅駅舎と比べるとずっとコンパクトです。
往時でもそれほどの観光需要が無かった為でしょうか。

牟礼駅駅舎内部その2
待合室の様子。
壁にそってベンチが配されているのは昔の駅舎の特徴と言えます。
時計の上にツバメの巣があるのは、微笑ましいというかはた迷惑というかビミョーな感じ。

牟礼駅の1番線その1
1番線の豊野方から見た牟礼駅構内。
上下線間の中線跡が実に目立ちます。

牟礼駅の1番線その2
1番ホームに接した改札口周りの様子。

牟礼駅の1番線その3
改札口から跨線橋出入り口前には小さな上屋が置かれて風雨を凌げるのが、利用者にとって好印象なのです。

牟礼駅の1番線その4
1番線の妙高高原方から見た構内。
斜陽という言葉が頭をよぎる閑寂な風情です。

牟礼駅の1番線その5
ホーム端から妙高高原方を見る。

1番ホーム脇に立つ天狗像
1番ホーム脇に立つ牟礼駅のシンボル・天狗像。
飯綱町内にある標高1,917mの火山・飯縄山の山岳信仰に基づくという飯縄権現が天狗の姿であることから、町では天狗がシンボルのようになっています。

牟礼駅の跨線橋
跨線橋内部の様子。
昭和31年5月の完成ですが、内部の状態は良好です。
通路幅はこのクラスの駅標準サイズ。
手すりが付いているのは、エスカレーターの無い当駅にとってせめてものバリアフリー施策でしょうか。

跨線橋上から見た構内その1
跨線橋上から構内の豊野方を望む。

跨線橋上から見た構内その2
同じく構内の妙高高原方を見る。

牟礼駅の2番線その1
2番線の妙高高原方から見た構内。

牟礼駅の2番線その2
2番ホーム端から妙高高原方を望む。

牟礼駅の2番線その3
2番ホームの跨線橋出入り口と上屋、そして待合室。
構内は相応の広さですがホームの上屋は僅か。
この辺が、その出自が「村の玄関駅」であった当駅の格を表しています。

2番ホームの待合室
2番ホーム待合室内部の様子。
建築財産票を確認出来なかったのですが、室内のこのレイアウトから察して相当の経年と思われます。

牟礼駅の2番線その4
2番ホーム端から豊野方を見る。

牟礼駅を出発する189系電車「妙高」
牟礼駅2番線を出発する189系電車「妙高」長野行。

牟礼駅に到着した189系電車「妙高」
牟礼駅1番線に到着した189系電車「妙高」直江津行。

牟礼駅前通りその1
駅前通りの様子。
画像右手が駅になります。
駅前にはバス停があり、現在(2016年)は長野駅前との間に平日11往復、土休日6往復の長野電鉄運行路線バスが走っています。
ただし所要時間は一時間近くかかるので、対長野の鉄道補完とは言えません。
しかし長野電鉄の本郷駅に立ち寄るので、当駅から長野駅に出ずに電鉄に乗り換えて須坂方面に行きたい場合は使えるルートではあります。

牟礼駅前通りその2
駅前通りは豊野方に向かって高度を上げます。
そこからだと俯瞰で駅周辺をよく観察することが出来るのです。

牟礼駅に到着した115系電車
おりしも115系電車長野行が2番線に到着。

牟礼駅前通りその3
駅前通りは小規模ながら商店街を形成しています。
人通りは少ないもののクルマの往来は多いところです。

踏切から見た牟礼駅構内
妙高高原方の踏切から見た構内。

「ようこそ天狗の里へ」の看板
踏切を渡り国道18号線への道中にも、「ようこそ天狗の里へ」。

牟礼駅付近の国道18号線
駅から数分で国道18号線に出ます。

|

« 古間駅(信越本線) | トップページ | 豊野駅(信越本線・飯山線) »

R006 信越本線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古間駅(信越本線) | トップページ | 豊野駅(信越本線・飯山線) »