« 分水駅(越後線) | トップページ | 上越国際スキー場前駅(上越線) »

2016年6月 5日 (日)

寺泊駅(越後線)

本日の駅紹介は、越後線・寺泊駅。

桐原駅はこちらへ← →分水駅はこちらへ 

寺泊駅の駅名標

新潟県長岡市に所在する有人駅で、JRの電化路線の中でも屈指の過疎区間と思われる越後線南部区間の中間駅に三駅ある有人駅のうちの一つが当駅です。
列車交換設備を有し、当線区の運転上の要衝の一つでもあります。
開業は大正2年(1913年)4月20日で、越後鉄道の停車場としてでした。
この駅の当時の所在は三島郡大河津村でしたけれど、当地から3km程離れた海岸沿いの寺泊は古くからの港町、宿場町として栄え、鉄道開通当時はすでに「町」であり、大河津村とは自治体の格にかなりの差があったのです。
大河津村が「寺泊」のネームバリューにあやかりたかったのか、はたまた寺泊町が停車場名を自身の町名にしろと圧力をかけてきたのかは判然としませんけれど、結果的に大河津村に設けられた停車場の駅名は「寺泊」になったのです。
なお越後鉄道で駅の所在地と所在自治体が全く違う例は、他に荒浜駅石地駅があります。
そんな自治体名と駅名の捩れた関係も、停車場開設の二年後には目出度く?解消します。
大正4年10月に当時の長岡鉄道が与板駅から当駅を経由して海岸沿いの寺泊町中心部まで到達すると、その終着駅には「寺泊」の名が冠されて、当駅は村名と同様の「大河津」に改称されたのです。
当時は両者共に私鉄でしたので、こういう対応も出来たのでしょうね。
越後鉄道が国有化された後にこういう事が起きると、両者の力関係の圧倒的な差から、長岡鉄道の駅は「寺泊」を名乗れなかったでしょう。
さてこうした経緯で改称を果たした大河津駅は、昭和32年に当駅周辺地域が寺泊町に編入されます。
昭和48年4月に越後交通長岡線(旧・長岡鉄道)の大河津-寺泊間が、二年後の昭和50年4月に残りの区間が廃止されると、大河津駅は寺泊駅の玄関駅の座に就きます。
こうなると駅名も大河津分水しか連想できないものよりも、自治体の玄関駅に相応しいものに変えた方が良いのは当然の流れでありまして、JR移行直前の昭和61年11月に駅名を71年ぶりに「寺泊」と再改称して、現在に至るのです。
なお、町は平成の大合併の大号令の下、平成18年(2006年)1月1日に長岡市に編入され、それまで海岸に接していなかった新潟県第二の都市である長岡市はその威勢をついに約24km北方の日本海沿岸にまで轟かすことになったのです。

JR東日本によると、2014年度の寺泊駅一日平均乗車人員は221人。
同社新潟県内有人67駅中58位です。
東隣の分水駅の半分以下で、直営駅の出雲崎駅よりやや多いレベル。
近年は当駅と同レベルの利用実態であった上越線・五日町駅と信越本線・塚山駅が相次いで無人化されており、これら諸駅と同様にみどりの窓口が無い当駅も、近いうちに無人化されてしまうのではなかろうかと、少々心配になる状況なのであります。

寺泊駅駅舎その1
寺泊駅駅舎その2
寺泊駅駅舎の様子、2011年4月撮影。
建築財産票によると昭和37年12月の完成で、許容積雪量は150cm。
昭和30年代の国鉄標準形式の駅舎の横幅を大きく縮めたような建物です。
トイレは建物の左端で、当時は男女共用で朝顔三個と個室二つ。
私は当駅にはこの時の取材以来行っていませんが、近年の駅トイレのバリアフリー化リニューアルの流れで大きく様変わりしているかもしれまんな。
こんな田舎の駅にこんな立派なトイレが!と驚愕すること度々なのです。
駅前にはタクシーが二台待機中。
駅前バス停は寺泊-長岡線のモノで、海岸沿いの寺泊中心部と長岡駅間を一時間ほどで結んでいます。

寺泊駅駅舎内部その1
寺泊駅駅舎内部その2
駅舎内部の様子、2011年4月撮影。
仕切りの無い広い空間です。
開放感があり採光も良好でベンチも多数設置、居心地の良い空間です。

寺泊駅の1番ホームその1
1番ホームの吉田方から見た寺泊駅構内、2011年4月撮影。
列車交換の無い場合、定期列車はこの1番線に出入りします。
その出自がローカル私鉄である証の千鳥形配置の構内は、現在の駅の利用実態に似つかわしくなく広大です。

寺泊駅の1番ホームその2
跨線橋周りの様子、2011年4月撮影。
通路幅が当駅の格を暗黙の内に示しているようです。

ホームから見た駅舎
1番ホームと接する駅舎の様子、2011年4月撮影。
ホームに上屋は架かっておらず、かつては急行列車の停車駅でもあった線内の主要駅にしてはいささか貧相な風情。

寺泊駅の1番ホームその3
1番ホームの端から吉田方を望む、2011年4月撮影。

寺泊駅の跨線橋
跨線橋内部の様子、2011年4月撮影。
越後交通長岡線の駅が存在していた頃は、国鉄駅の島式ホームの向こうにある長岡線のホームまで結ぶ長大な跨線橋があったそうです。
この跨線橋は見たところ国鉄時代後半のローカル駅仕様なので、長岡線廃止後に新設されたものなのかもしれません。

跨線橋上から見た構内その1
跨線橋上から構内の柏崎方を見る、2011年4月撮影。
この先、越後線沿線の風景はより一層鄙びた古き良き田舎のそれに変わってまいります。

跨線橋上から見た構内その2
同じく構内の吉田方を望む、2011年4月撮影。
当駅構内は狭苦しさが否めない隣の分水駅と違って、無理の無い広々としたものです。
画像右側の島式ホーム上の待合室の大きさに注目。

寺泊駅の島式ホームその1
2番ホームの吉田方から見た構内の様子、2011年4月撮影。
この2番線が定期運用される機会は、この時点では朝に集中して三回。
全て下り列車(吉田方面)です。

寺泊駅の島式ホームその2
島式ホーム端から吉田方を見る、2011年4月撮影。
こういうローカルなシチュエーションの列車交換駅は、マニアとしてはたまらんモノがあります。

寺泊駅の島式ホームその3
島式ホームの3番線と、線路一本を挟んで左手にチラ見えしている越後交通長岡線の廃ホーム。
2011年4月撮影。
この3番線も定期列車の使用機会は少なく、この時点で一日三回。
朝と夕方と夜に各一回で、全て上り列車(柏崎方面)です。
当時と現在でダイヤに違いは無いので、現在もそれは同一と思われます。

越後鉄道長岡線の大河津駅廃ホーム
越後鉄道長岡線の大河津駅廃ホーム、2011年4月撮影。
冬枯れがまだ残るこの時期だからこその光景であります。
盛緑の季節になると緑に覆われて確認は困難になってしまうのです。

寺泊駅の島式ホームその4
島式ホーム端から柏崎方を見る、2011年4月撮影。

島式ホーム上の待合室
島式ホーム上の待合室の様子、2011年4月撮影。
建築財産票によると昭和37年1月の完成です。
島式ホームに定期列車が入るのが一日六回と僅少であるからなのか、内部は綺麗です。

寺泊駅に停車中の115系電車その1
夕刻の1番線に停車中の115系電車吉田行。2005年5月撮影。
3番線に入る柏崎行との交換待ちです。

寺泊駅で折り返し待機中の115系電車その1
寺泊駅で折り返し待機中の115系電車その2
1番線で折り返し待機中の115系電車、2004年6月撮影。
平日は通学用に出雲崎駅まで運行されていますが、土休日は当駅止まりになって、こうして約一時間半待機しているのです。
1番線のみが両方向にスルー運転できる当駅ならではの光景です。

寺泊駅に停車中の115系電車その2
2番線に停車中の朝の吉田行115系電車、2004年6月撮影。

寺泊駅に到着した115系電車
3番線に到着した夕刻の柏崎行115系電車、2012年6月撮影。

寺泊駅前通り
駅前通りの様子、2011年4月撮影。
何の変哲もない小集落の中に駅はあります。

寺泊駅至近の県道
国道116号線と画像奥手の寺泊中心部を結ぶ駅至近の県道、2011年4月撮影。
画像左手が駅になります。
当駅周辺で唯一の買い物処であるセーブオンの看板が見えます。

踏切から見た寺泊駅構内
吉田方の踏切から見た構内の様子、2011年4月撮影。
3番から分岐する横取線は健在です。

陸橋上から見た寺泊駅とその周辺
県道の分水方陸橋上から俯瞰で見た駅周辺の様子、2011年4月撮影。
箱庭のような風景なのですよ。

寺泊駅に進入する路線バス
駅前バス停に進入する越後交通運行の長岡発寺泊行路線バス、2011年4月撮影。

旧寺泊町の中心街
せっかくなので、バスに乗って海岸沿いの寺泊中心街に寄り道しました。
郵便局のあるここが「寺泊大町」バス停です。

バスの車中から見た寺泊港
バスの車中から見た寺泊港、2011年4月撮影。
バスは高台から中心部へ下っていくので、俯瞰で海に面した町並みを見れるのです。

寺泊港内の佐渡汽船フェリーターミナル
寺泊港内の佐渡汽船フェリーターミナル、2011年4月撮影。
寺泊と佐渡の赤泊を結ぶフェリーはゴールデンウィークから運行を開始するので、その直前の4月下旬はこのようにひっそり。
フェリーが運行される季節ならば、間もなく赤泊からの便が到着する時間帯なのです。

長岡駅前行の路線バス
一時間ほど中心街をブラブラして、路線バスで駅まで戻ります。
2011年4月撮影。
中心街は観光客向けの施設は色々ありましたけれど、町の生活に密着するスーパーやコンビニは目にしませんでしたなぁ。

|

« 分水駅(越後線) | トップページ | 上越国際スキー場前駅(上越線) »

R004 越後線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分水駅(越後線) | トップページ | 上越国際スキー場前駅(上越線) »