« 東三条駅(信越本線) | トップページ | 越後片貝駅(米坂線) »

2015年11月23日 (月)

北三条駅(弥彦線)

本日の駅紹介は弥彦線・北三条駅。

北三条駅の駅名標

新潟県三条市に所在する有人駅で、開業は大正14年(1925年)4月10日。
開業当時の所在については南蒲原郡三条町で、同町は昭和9年に新潟市、長岡市、高田市に次ぐ新潟県四番目の市制施行で三条市となり、その後も周辺町村を適宜合併編入して、今日では県央の中心都市として、県下でも新発田市と人口第4位を争う市として存在感を発揮しております。

北三条駅は近隣の東三条駅や三条駅と異なり三条の市街地の只中にあって、三条市役所の最寄り駅でもあって、市役所へは北東に700m程です。
また駅が開業した当時は近くに南蒲原郡役所が置かれていて、北三条駅はやはりその最寄駅として計画設置されました。
駅計画当時の郡は今日我々が認識しているそれとは異なり、府県の次に位置する地方公共団体としての位置付けで、独自の議会(郡会)を持ち今日の市に近いイメージのものだったのです。

JR東日本によると、北三条駅の2014年度一日平均乗車人員は393人で、同社新潟支社管内有人67駅中55位。
三条市の人口集積地区に立地し行政機関の最寄であるにも関わらず振るわないと言っても過言ではない利用状況で、1.2kmほど南にある信越本線三条駅と比べても、乗車人員は約1/4。
県立三条高校の最寄駅である三条駅と異なり、北三条駅周辺には高校が無い事、東三条へ市街地を歩くこと約1.5kmの近さが災いしているのが不振の原因として考えられますが果たして?

北三条駅舎の様子
北三条駅舎の様子、2012年5月撮影。
東三条-当駅間の高架化が完成した平成8年(1996年)9月に供用を開始。
傍から見るととても大きな駅だと錯覚するのです。
高架駅ならではのマジックなのですけれど。

北三条駅駅舎内の様子その一
北三条駅駅舎内の様子その二
北三条駅駅舎内の様子、2012年5月撮影。
小さいながらも待合室を有し、広めのコンコースを持つ開放感と清潔感を併せ持っています。
私的には、近年の改築駅舎の内部ではこの駅が最も好印象と言えます。

ホーム東三条方から見た北三条駅構内
高架ホームの東三条駅方から見た北三条駅構内、2012年5月撮影。
高架化前は二面三線の駅だったそうですが、私が弥彦線に初めて乗ったのは恥ずかしながら駅のリサーチを意識的に始めた2004年なので、旧駅時代は残念ながら全くの未見。
他の線区は乗り鉄時代に一度は乗っているんですけどね。

ホーム東三条方先端から先を見通す
同じ位置から東三条駅方を見る、2012年5月撮影。
背の低い建物が密集する市街地の高架なので、見るべきモノはなし。

北三条駅ホーム中央部の様子
北三条駅高架ホーム中央部の様子、2012年5月撮影。

ホーム燕三条方から見た北三条駅構内
ホームの燕三条駅方から見た北三条駅構内、2012年5月撮影。

ホーム燕三条方先端から先を見通す
同じ位置から燕三条駅方を見る、2012年5月撮影。
当駅の有効長は6両で、115系のL編成+S編成の六連が最長編成になります。

北三条駅を出発する115系電車Y編成
北三条駅を出発する115系電車Y編成吉田行、2012年5月撮影。

北三条駅を出発した115系電車のL編成+S編成
北三条駅を出発した115系電車のL編成+S編成の六連吉田行、2012年5月撮影。

北三条駅前の様子
北三条駅前の様子、2012年5月撮影。
高架下には市街地を南北に通る道路が通っています。
前述したように、当駅から三条駅までは1.2km程しか離れていないので駅撮り短絡ルートとして使えるのです。
しかし駅至近は似た風景なので自分の進む方向を見失う恐れも。
私が最初にこの駅に降り立ち三条駅まで徒歩移動を試みた際は、見事に道に迷って初夏の日差しを浴びて汗だくになりながら周辺をぐるぐる回った挙句に、いつの間にか信濃川を渡る国道289号線まで出てしまいましたw
三条駅とは真逆の方向で、橋を渡ればすぐ燕三条駅です。
それ以来、歩きの場合はルートをしっかり確認するようになりましたな。

三条の本町地区の様子
本町を走る高速バスと路線バス越後交通の路線バス
北三条駅から三条駅に向かって北に500mばかり進むと、そこは三条の本町地区。
2012年5月撮影。
タイミング良く新潟-三条間の高速バスに越後交通の路線バスが続行していたので一枚。
鉄道関連での当駅周辺のバス事情は、帯織駅と行き来出来る東三条-栄庁舎線と燕駅と行き来できる東三条-燕線、燕三条、分水と行き来できる東三条-寺泊線、燕三条、東三条、保内加茂と行き来できる地場産センター-加茂線、東三条、長岡と行き来できる
東三条-長岡線が、この画の県道を通ります。
北三条駅の最寄バス停は「本町4丁目」。
栄庁舎線はこちらへ、燕線はこちらへ、分水寺泊線はこちらへ
加茂線はこちらへ、長岡線はこちらへ
三条市の循環バスは北三条駅前から乗れますが、一日たったの一便なので地元の方以外は使いどころがありません。

あるお寺の参道入り口
あるお寺の参道入り口にて、2008年3月撮影。
道すがらのビルにはクラブやら何やらが。
こんなんでええんの?と、ちょっと物申したくもなりますなw
まぁ日本らしいと言えばそれまでですが。

|

« 東三条駅(信越本線) | トップページ | 越後片貝駅(米坂線) »

R015 弥彦線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東三条駅(信越本線) | トップページ | 越後片貝駅(米坂線) »