« 薮神駅(只見線) | トップページ | 大白川駅(只見線) »

2015年8月30日 (日)

東新津駅(磐越西線)

本日の駅紹介は磐越西線・東新津駅。

新関駅はこちらへ← →新津駅はこちらへ

東新津駅の駅名標

新潟県新潟市秋葉区に所在する無人駅で、開業は昭和27年(1952年)2月20日。
当時の所在は新潟県新津市で、新津市は平成の大合併により2005年(平成17年)3月に新潟市に編入されて、旧新津市は小須戸町と共に秋葉区を形成し今日に至ります。
磐越西線・新津-五泉間には開業以来永らく中間駅が存在しておりませんでしたが、「新津市史」によると戦後の昭和25年に至って、新潟地区で産出される天然ガスを燃料にした「ガスカー」導入(翌26年4月から新潟-新津-馬下-新発田間で運行開始)に伴い、その停留所として設置の請願が成されたのが東新津駅のルーツであるそうです。
短編成のガスカー専用の停留所としての開業なので、ホーム長はすこぶる短くてたったの一両分!
ガスカーは機械式気動車なので単行が原則、ゆえにこれで一向に構わなかったのでしょうけれど、「鉄道ピクトリアル」2008年3月号掲載の1970年当時の当駅の写真を見ると、比較的大きな木造の待合室と短すぎるホームの組み合わせが異様で、軍艦に例えますとかつての低喫水の河用砲艦を連想させるのであります。
その出自とホームの短さゆえか、往年の磐越西線の主役であった機関車牽引の客車列車は当駅を通過していて、国鉄時代は区間運転の気動車列車がひっそりと停車していくだけの極めて地味な存在だったのであります。
平成21年度の新潟市統計書によると、平成20年度の東新津駅年間乗車人員は八万人。
一日当たりでは200人強ということになります。
利用状況は概ね微増と言えるようです。

東新津駅駅舎
東新津駅駅舎の様子。2006年11月撮影。
建築財産票によると、竣工は2001年1月24日。

東新津駅駅舎内部
待合室の様子。2008年12月撮影。
駅舎内は待合室のみの機能で小奇麗な室内には自動券売機を一台設置。

ホームから見た駅舎その1
ホームから見た駅舎の様子。2008年12月撮影。
トイレは建物の向かって右側(新津方)にあって、新しい建物の常として水洗です。

東新津駅のホームその1
新津方から見た東新津駅構内。2004年7月撮影。
ホームを大幅延長した様子がはっきりわかります。

Higashiniitsu006
新津方に延びるホーム延長部分の中ほどにある出入り口、2008年12月撮影。
この時点で簡易Suika改札機が設置済み。

東新津駅のホームその2
ホームの延長部分から新津方を見る、2004年7月撮影。
線路の両側共に宅地になっていて、家並みを縫うように進む気動車は大都市の下町を走っているような風情です。

ホームから見た駅舎その2
新津市所在時代の駅名票と駅舎、2004年7月撮影。
駅前には日帰り温泉の「秋葉温泉 花水」があるので、沿線で蒸機など撮影の折には、こちらで一汗流していくのも良いでしょう。

東新津駅に接近するキハ110系気動車
ホームに接近する新津行キハ110系気動車、2006年7月撮影。

東新津駅に到着するキハ110系気動車
到着する新津行キハ110系気動車、2006年7月撮影。

東新津駅に停車中のキハ40系気動車
停車中のキハ40系気動車、2005年7月撮影。
会津若松直通便はキハ40系、五泉・馬下区間便はキハ110系がメインになります。

東新津駅を通過する「磐越・只見ぐるり一周号」
キハ52を先頭とした「磐越・只見ぐるり一周号」が通過中、2006年11月撮影。
レアなこの列車をこんな地味な駅で朝から待ち構えておったのは、何を隠そう私だけでしたw

東新津駅至近の県道その1
駅正面から温泉を横目に見ながら進むとこの道に出ます。
この道には新潟交通観光バス運行の路線バス五泉発新津行が通っています。
なおバスは当駅周辺では上下それぞれ別の道を通るので、利用の際はご注意ください。
2006年11月撮影。

東新津駅至近の県道その2
こちらは駅の裏手に当たる道、2006年11月撮影。
この道には路線バス新津発五泉行が通ります。
東新津駅の最寄バス停は「滝谷」になります。
→バスダイヤについてはこちらへ。

秋葉公園その1
当駅周辺唯一?の観光地「秋葉公園」、2008年12月撮影。
地図で見ると駅からすぐのように見えたので行ってみたのですけれど、道に案内表示板が無く且つ道が入り組んでいて、辿り着くのに一時間以上かかってしまいました。

秋葉公園その2
公園には展望台があります、2008年12月撮影。
展望台自体は大した高さではないのですけれど、公園自体が高台にあるために、眺望はなかなかのものです。
窓が開閉式でないのが残念ですが。
画像は羽越本線の阿賀野川鉄橋と国道460号線の阿賀浦橋(手前の薄緑の橋)。

新津秋葉山平和塔
公園内でひときわ目を惹くのが、この「新津秋葉山平和塔」、2008年12月撮影。
平和塔を含む公園の案内はこちらへ。

|

« 薮神駅(只見線) | トップページ | 大白川駅(只見線) »

R010 磐越西線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薮神駅(只見線) | トップページ | 大白川駅(只見線) »