« ミスアメリカ祭りは儚く終わった・・・ | トップページ | 今川駅(羽越本線) »

2013年12月 1日 (日)

さよならミスアメリカ、こんにちわピンクファイブまであと六年

昨日発売の「HYPER HOBBY」1月号はまさかの「バトルフィーバーJ」延長戦!
私はてっきり先月号で終わりだと思っていましたが、
「世界の傑作機 ノースアメリカンB-25ミッチェル」を買いに本屋へ出かけ、
棚にあった今月号を「まさか延長戦はないよなバトルフィーバー・・・」と思い
つつ、ページをパラパラとめくっていたらミスアメリカの麗姿がまたしても!
えぇ、買いましたとも、2Pの為に1300円をお布施して!

今月号は前号までのような「ミスアメリカ眼福写真集」とは銘打っておりません
ので、ミスアメリカの単独写真は喜多川務さん演じる白タイツのミスアメリカが
ちっちゃく載っている程度。
小牧りささんや小野寺えい子さんの、ミスアメリカマスクオフショットは夢と消え
散りました・・・。

喜多川務さん演じる白タイツのミスアメリカ
しかしうーむ、喜多川さん版の白タイツのミスアメリカももっと大きな鮮明な画
で見たかった。
世間では白アメと言われているほど、タイツは白くないのをじっくり見たかった。
バレエ用の厚めの肌色タイツでも撮影すると、白く映ってしまいがちなんです。
(経験者は語る)
竹田道弘さんのスタント吹き替え版ミスアメリカも大きな画で見たかった。
特に後楽園ゆうえんちのショー版の。
バイクスタントのミスアメリカも大きな画で見たかった。
ストッキングやタイツの脚でバイクに跨っているという画は、ナニか象徴的な
意味をそこに見出してしまってたまらなく萌えるんですw

バトルフィーバーJは今回でホントに終わりのようで、次回からはデンジマンが
始まるのでしょう。
バトルフィーバーで16回でしたから、デンジマンも同程度にはやるでしょう。
ミスアメリカ特集に当たるところは変身前の特集を組むのは間違いなさそう。
そうするとですよ、デンジマンの連載が終わるのは、2015年の5月号。
サンバルカンはメンバー二人減ですから14回として終わるのが2016年7月号。
ゴーグルVは16回として終わるのが2017年11月号。
ダイナマンも16回として終わるのが2019年3月号。
そうなると、私の激萌えな戦隊女形ヒロイン、竹田さん演じるピンクファイブの
華奢で可憐なお姿を見れるのは早くて2019年の秋ということに。
・・・なんかため息ついちゃう遠い遠い先の話。
その頃にはもうエロスの泉も枯れ果ててしまっているかもしれないw
ぶっちゃけ生きてるかどうかさえわからん先の話ですがな。
まだ萌えるエロごころが残っている間に、ヒロイン変身後画像集を出してくれ
ないものかなぁと、切に切に願うところなんであります。

|

« ミスアメリカ祭りは儚く終わった・・・ | トップページ | 今川駅(羽越本線) »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミスアメリカ祭りは儚く終わった・・・ | トップページ | 今川駅(羽越本線) »