« 人面型マスクこそミスアメリカの真髄 | トップページ | さよならミスアメリカ、こんにちわピンクファイブまであと六年 »

2013年11月10日 (日)

ミスアメリカ祭りは儚く終わった・・・

HYPER HOBBYの「ミスアメリカ眼福写真集」も、今12月号で
全三回の幕を閉じました。
三回目は2Pで写真も小さめ、うーむ・・・と黙り込むばかり也。
ともかくミスアメリカ祭りはこれで儚く終わった・・・。
vsドクロキノコ怪人やゴロンゴ怪人のキック画像は、大きな画で見たかったですなぁ、vsドクロキノコはかつての宇宙船「ミスアメリカ官能写真集」に一枚ありましたけれど、アレも小さめでしたし・・・
次回は「デンジマン」第一回になるのか、はたまたバトルフィーバーJの「倉出し」になるのか未定だそう。
仮に倉出しになっても、間違っても
「名乗りリハーサル中の小牧りささんのマスクオフ」
とか、
「撮影合間の小牧さんと喜多川務さんのWミスアメリカツーショット」
とか、
「アクションリハーサル中の小野寺えい子さんのマスクオフ」
とか、
「撮影合間の萩奈穂美さんと小野寺さんのツーショット」
とか、
「バイクに乗るミス(オス)アメリカ」
とか、
そういうスクープモノの画は無理でしょうしねぇ・・・

デンジマンでは、デンジピンクは変身前が圧倒的に多いでしょうから、私のような変身後専のおヘンタイはスルー確実。
デンジピンク自体、スーツのデザインも材質もイマイチで、竹田道弘さんの演技もまだくねくね過剰でこれも正直イマイチ。
ゴーグルピンクやピンクファイブの眼福写真集なら断固として買いなんですけど、それは早くても三年後五年後の話。
五年後なんて言ったら、わたしのようなおやぢはもう涸れ果ててしまっていそうで怖いのですw

|

« 人面型マスクこそミスアメリカの真髄 | トップページ | さよならミスアメリカ、こんにちわピンクファイブまであと六年 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人面型マスクこそミスアメリカの真髄 | トップページ | さよならミスアメリカ、こんにちわピンクファイブまであと六年 »