« 非公認戦隊アキバレンジャーは全て妄想の世界の存在だそうです | トップページ | ミスアメリカのサポチラのエロス »

2013年8月16日 (金)

順光でテカるミスアメリカのマスクの色っぽさよ

ども。
いささか旧聞に属する話で恐縮なのですが、去る6月発売の「HYPER HOBBY」
7月号において、かねてより連載中の「大人のテレビ天国 バトルフィーバーJ」
その第10回に「ミスアメリカ」の特集がありましたねぇ。
3Pに写真が30枚(ただし1枚を除き小さい、小さすぎる・・・orz)、そのうち
21枚が変身後のミスアメリカの画という、かつての「宇宙船」別冊での「ミスアメリカ
官能写真集」に次ぐ快挙だったのであります。

・・・正直、あのグッズ紹介メインの¥1,300円ナリの雑誌を買うのは少々考える
ところもあったのですけれど、過去少々のおカネをケチって、取り返しのつかない事
になって後悔してもしきれないという苦い個人史がありますからなー。
それなりに有名な官能作家の雑誌読みきりの仮面系エロ短編小説を、そのうち文庫
本に収録されるだろうからと見送っていたら、そのまま今日まで一切文庫化されませ
んでしたっ!とかね。
ですので今回は編集部への「お布施」と割り切って、その3Pの為だけに買いましたよ。
アマゾンでは品切れになっていたそうで、売れ行きも従来の号よりはよさそうとの事です。
やはり私と同じビョーキの方々が群がり買ったということなのでしょう。
保存用・観賞用・スキャン用と、おひとりさま3冊購入の方も多々おられるようですしね。

今回は初見の画も多数あって、小さいながらも鮮明で綺麗な映り。
順光で少しテカって、ピンク色も鮮やかな小野寺えい子さん版ミスアメリカのマスクの
実に色っぽいこと!
3P目の大きな写真はレオタードの切れ込みの脇のサポチラも見えて、小牧りささん
版ミスアメリカの魅力をあますところなく現しておりました。
DVDのキャプ画とはやはりレベルが違うなぁと、良質な写真媒体の威力を改めて
思い知った次第。
キャプ画だとマスクのアップは比較的容易にゲットできますけど、全身は無理です
しね。
今後の怪人特集では、ミスアメリカとの絡み写真を多数入れるようで、これもまた
楽しみ。
ただやはり写真の大きさはねぇ~・・・。
写真の掲載数が激減するのは我慢しますから、一枚当りの大きさをなんとか善処
していただきたい。
1Pに4枚ぐらいの大きさで、3P目は今回と同様大きなモノを一枚。
怪人特集では枚数を稼がなきゃならないので、無理な相談なのでしょうけれど・・・。

となると、他戦隊の変身後ヒロインと併せてぜひとも写真集を出していただきたいところ。
昔、ヒロイン写真集を多数出していた徳間さんなら出来るはずです!多分。
価格は三千円台ぐらいで。
顧客は私のよーなモノが多数派なんですから、そのぐらいのお値段ならシッポ
びゅんびゅん振って即行買いに走りますがな。
ホントにね、コレはココロの底からお願いするマジに真剣な話ですのよ。

|

« 非公認戦隊アキバレンジャーは全て妄想の世界の存在だそうです | トップページ | ミスアメリカのサポチラのエロス »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 非公認戦隊アキバレンジャーは全て妄想の世界の存在だそうです | トップページ | ミスアメリカのサポチラのエロス »