« 石地駅(越後線) | トップページ | 越後寒川駅(羽越本線) »

2012年3月 4日 (日)

アキバブルーとアキバイエローに血も魂も捧げたい

海賊戦隊ゴーカイジャーが終わり特命戦隊ゴーバスターズが始まり・・・。
以前に書いたように、本日のゴーバスターズは視聴しませんでした。
ヒロイン変身後があのユニセックスなデザインでは、戦隊ヒロイン女形の至宝
であられる蜂須賀祐一さんが演じていても、たとい野川瑞穂さんが演じていても、
録画する気も起きないもんね、もう・・・。

しかし捨てる神あれば拾う神ありとでも言えましょうか、戦隊ヒロイン変身後専フェチ
の喉の渇きを一気に癒しそうな作品がっ!
これも以前にちょろっと書きましたが、

「非公認戦隊アキバレンジャー」

なのであります!

幼児向けという枷が外れているせいか、スーツデザインもなかなかにフェテ
ッシュであります。
女性のアキバブルーとアキバイエローは、ブラジャーを模したデザインで胸を
強調。
マスクは私がミスアメリカとピンクファイブで刷り込まされた、もう辛抱たまらん
エロスなくちびる付きで、アキバブルーはポニーテール、アキバイエローはツインテール!
一部で言われているように「花のくのいち組」に似たデザインで、これでブルー
の下半身がハイレグデザインだったらもう言う事ないのに・・・とそこだけが惜しいですなぁ。

ゴーカイジャーの紹介をしていて強く感じたのですが、やはり幼児向けヒーロー
番組に露骨にエロスやフェチな視線を送るというのは、何だか良心が咎める部分
があります。
一方、某AVメーカーの変身ヒロインモノだと、演技は学芸会レベルだし殺陣もアレ
だし、肝心のエロもキモい男たちがヒロイン一人に群がる構図だったり、
なんだかな~なんであります。
私がつらつら思うに、変身ヒロイン萌えの本分は、演技やアクションの中でチラリ
と見えるエロスを拡大昇華させて萌えるという一点に尽きますからね。
決してヒロインのコスプレをして男にヤラれて、ひーひーとよがっているものでは
ありません。
そんな私にとってこの手の作品は、「オトナ戦隊」ですからエロい視線を何の
はばかりも無く巡らせられて、なおかつ演技もそこそこでアクションは本格的と
いう、一口で三個も四個も美味しい甘~いキャラメルのようなものなのなのです。

PVを見て、アキバブルーの動きがちょっと男っぽく見えたので、これはもしか
して体型が女性並みに細くてアクションが出来る女形の新星登場かっ!
とドキドキワクワクだったのですけれど、番組サイトの本日更新分を見ると
ブルー、イエロー共にどうやら女性のようであります。
キャストの並びがブルー、イエローの順だとすると、アキバブルーの方は二十歳そこ
そこのおねいさん(ブログ有り)で、Zen作品でスーツアクトレスの経験があるようです。
アキバイエローの方は二十代後半で映遊作品でスーツアクトレスをされていますな。
(こちらもブログあり)。
お二人とも「撮影」に言及されているので、それは多分この「アキバレンジャー」
なんでしょう。
アキバブルーの方は脚を怪我されたとの事で、どうかご自愛くださいませ。

さてこの作品、この春からBS朝日で放送するそうで、田舎住まいの私も視聴出来て
まずは一安心。
テレビ東京あたりでやられると、ウチの県で放送する可能性は絶無ですから。
ウルトラQダークファンタジーもウルトラセブンXもライオン丸も一切放送しておりませ
んのでorz。
そしてこの展開具合では画像集も出そうな予感もして、それも期待大なのであります。
変身後専画像集ならゲットはまず確実でしょうな。

|

« 石地駅(越後線) | トップページ | 越後寒川駅(羽越本線) »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石地駅(越後線) | トップページ | 越後寒川駅(羽越本線) »