« 昭和55年10月及び昭和60年3月改正ダイヤにおける新井駅時刻表 | トップページ | 石地駅(越後線) »

2012年2月26日 (日)

やっぱり地味な特命戦隊ゴーバスターズ

ゴーカイチェンジとOB出演で一年間楽しませてくれた海賊戦隊ゴーカイジャーに
代わって、本日からスタートした「特命戦隊ゴーバスターズ」。
放送開始前から、スーツデザインや素材に不安を抱いていたところですが・・・。

OPのブルーバスターとイエローバスター
オープニングクレジットから。
かつてヒロイン変身後を演じた人見早苗、神尾直子、橋本恵子各女史の名前がありますな。
更に次世代の戦隊ヒロイン女形のホープと注目の藤田慧さんの名前も。
今日は戦闘員の数は少なかったので、大半は逃げ惑う市民役や基地のデッキ
クルー役ですかね?

イエローバスターの初変身
イエローバスター初の変身シーン。
ゴーグルオープンはCGなのかはたまた実写か?
このシーンの直前は既にスーツ装着状態なんですが。

蜂須賀祐一さん演じるイエローバスター
イエローバスター変身後はこんな感じ。
撫肩のイエローバスターのショットもあったので、場面によっては人見さんあたりが代役に
入っていたのでは?と思わせます。
蜂須賀祐一さんはゴーカイジャー終盤とゴーバスターズ序盤は掛け持ちで忙しい
でしょうからねー。
しかし・・・リアル志向って言われればそうなんですけど、やはりデザインは地味・・・。
変身後のシーンはボウケンジャー第一話を思い起こす長さでしたけれど、
蜂須賀さんの演技もまだ手探り状態みたいですな。

さて前作のゴーカイチェンジに代わるヒロイン萌えの目玉がマスクオフ。
日常的にマスクオフの芝居パートがあるのはゴーオンジャー以来ですが、
あちらに比べてもやはり地味・・・。
変身前のヨーコは声もよく張っていて、アクションもなかなかのもの。
東映公式では蜂須賀さんが付いて練習している画像が載っています。
前作のルカ同様、この時点では言う事無しの戦うヒロインぶりですから、
スーツが地味なのは余計に残念。
スーツは蜂須賀さんと同じサイズではなさそうです。
バンクシーンだけでなく、撮影で頻繁に着るのですから本人の体型に合わせて
作るのは当然というところでしょうか。
変身前の俳優用にスーツを作っても、前作のスーツ関連の予算に比べれば
ずっと少なくて済むのでしょうし。

結論から言うと・・・視聴するのはイエローバスター主役回のみですかねぇ・・・。
マスクオフ、ゴーグルオープンでの芝居は見たいので。

|

« 昭和55年10月及び昭和60年3月改正ダイヤにおける新井駅時刻表 | トップページ | 石地駅(越後線) »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和55年10月及び昭和60年3月改正ダイヤにおける新井駅時刻表 | トップページ | 石地駅(越後線) »