« 海賊戦隊ゴーカイジャー第48話「宿命の対決」をヒロイン目当てで見る | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー第49話「宇宙最大の宝」をヒロイン目当てで見る »

2012年2月 5日 (日)

粟生津駅(越後線)

本日の駅紹介は越後線・粟生津駅。

Aouz101

新潟県燕市に所在する無人駅で、開業は大正3年(1914年)7月10日。
開業当時は西蒲原郡粟生津村の所在で、同村の玄関駅でした。
粟生津村はその後昭和29年に周辺町村と合併して吉田町となり、平成18年3月に広域合併で燕市の一部となり今日に至ります。

JR越後線の前身である越後鉄道は、大正2年4月に白山-柏崎間の全通を見ましたけれど、その当時から沿線自治体からは「停車場が少ない」との不満の声が少なからず聞こえたようで、会社側もそれを受けて新駅を二つ新設する事を決定します。
一つは関屋-内野間に寺尾駅、もう一つが西吉田(現・吉田駅)-地蔵堂(現・分水駅)間の当駅・粟生津でした。
しかしそれは「乗客や貨物がある時のみ停車」!の「停留場」扱いで(バス停並みですなコレでは・・・)、これに大不満の粟生津村は村議会が粟生津停留場の「停車場」(列車交換設備と貨物扱いを擁する)への格上げを会社側に働き掛けます。
その甲斐あってか大正5年に目出度く停車場への昇格が実現しました。
資料には働き掛けの中身について触れられておれませんでしたが、当時の他駅の誘致状況を考えるに、駅拡張の為の土地の無償提供などはあったのでは?と推察するところですが実際は果たして?

Aouzu002
Aouzu003
粟生津駅舎の様子、上が2011年4月、下が2005年9月撮影。
建築財産票によると竣工は昭和45年9月(同年12月の別表記も有り)。
トイレは建物右側に設置されていて男女共用で水洗、しかしぶっちゃけ汚かったですな・・・。
駅前広場は相応の広さで、この辺は流石元「停車場」です。
なおこの広場には燕市が運営する路線バスの粟生津バス停が設置されていて、分水-間の「スワロー号」と吉田地区巡回の「バーベナ号」が発着します。
但しこれらの運行はいずれも平日月曜-金曜のみで、土休日の駅巡りには一切活用出来ないのが残念なところです。
・・・まぁ当駅の場合、近隣駅にはいずれも近距離なので歩いてみるのもまた一興と思いますが(私だけかこんな事思うのは!?)。
分水駅まではおよそ4.5km、南吉田駅までおよそ1.6kmで、私は2011年4月に吉田駅から南吉田駅経由で当駅まで歩いて来ましたけれど、デジカメのデータを見ると、吉田駅を出発して当駅到着まで一時間ジャスト。
日頃の運動不足を自覚されている諸氏には丁度良いウォーキングになるのではと思われますです。

Aouzu004
Aouzu005
粟生津駅駅舎内の様子、2011年4月撮影。
室内には券売機一台とベンチが一脚とゴミ箱のみで、元有人駅らしい広めの空間はただただ殺風景。
旧窓口跡は板で塞がれて掲示板になっております。

Aouzu006
ホームから見た粟生津駅駅舎、2005年9月撮影。
元島式のホームから駅舎へは構内通路で連絡。

Aouzu008
南吉田駅方から見た粟生津駅構内、2011年4月撮影。
画像左手は比較的新しい住宅街になっております。
しかし住民の方々は学生諸君以外、当駅は利用しないのでしょうなぁ・・・。

Aouzu009
ホーム端から南吉田駅方を見通す、2011年4月撮影。
線路は一直線に伸びていて線形は良いのですが、簡易電化故に電車のスピードはイマイチ。

Aouzu010
粟生津駅ホーム中央部の様子、2011年4月撮影。
ホーム上にベンチはありません。

Aouzu011
分水駅方から見た粟生津駅構内、2005年8月撮影。
越後鉄道時代は路線自体に大きな需要があったわけではなく、国鉄時代も簡易線規格で旅客貨物共に幹線のような長編成は無かったにしては、当駅のホームは意外を通り越して驚異に感じる程長大に見えます。

Aouzu012
ホーム端から分水駅方を見る、2005年8月撮影。
ホームのすぐ先の踏切を左に進むとすぐに国道116号線に出ます。

Aouzu007
Aouzu013 
撤去された線路跡の様子、2005年8月撮影。
南吉田側は既に売却されており、分水側は草木が生えたまま放置状態。
昭和57年のCTC化時、遅くとも越後線電化(昭和59年)時には粟生津駅の列車交換設備は撤去され棒線化されたものと推察する次第ですが?

Aouzu014
分水方踏切から見た粟生津駅駅構内、2011年4月撮影。
正攻法に真っ直ぐなホームの形状ゆえ、ぶっちゃけ面白味はありません。

Aouzu015
南吉田方踏切から見た駅遠景、2011年4月撮影。
駅から少々距離がある分、旧分岐跡の観察も出来るのですが確認出来ません・・・、電化工事の際に線形改修でもしたのでしょうか?

Aouzu001
粟生津駅に到着した柏崎行115系電車、2011年4月撮影。


Aouzu016
駅前通り分水方面を見る、2011年4月撮影。
駅前通り周辺は昔ながらの集落で、JAと美容院が目立つ程度です。
画像手前左に見えるのが、前述のバス停です。

Aouzu017
粟生津駅至近の国道116号線吉田方面を見る、2011年4月撮影。
この時点では画像左のセブンイレブンの他に食堂が一軒ありました。

|

« 海賊戦隊ゴーカイジャー第48話「宿命の対決」をヒロイン目当てで見る | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー第49話「宇宙最大の宝」をヒロイン目当てで見る »

R004 越後線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海賊戦隊ゴーカイジャー第48話「宿命の対決」をヒロイン目当てで見る | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー第49話「宇宙最大の宝」をヒロイン目当てで見る »