« 海賊戦隊ゴーカイジャー第45話「慌てん坊忍者」をヒロイン目当てで見る | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー第46話「ヒーロー合格」をヒロイン目当てで見る »

2012年1月15日 (日)

保内駅(信越本線)

本日の駅紹介は信越本線・保内駅。

Honai101

新潟県央地域の中心都市で人口10万余を数える三条市の東端に所在する無人駅です。
開業は昭和24年8月1日で、当時は南蒲原郡大崎村の所在。
同村は昭和29年11月に三条市に編入され今日に至ります。
ちなみに当時の大崎村内には保内駅の他にもう一つ国鉄の駅が存在しておりまして、それは「越後大崎駅」。
昭和60年4月1日をもって廃止された弥彦線南部区間の駅で、保内駅から直線距離で西南に約3kmです。
ヨソから見ると両駅が同村内というのは今ひとつピンときませんが、それは大崎村が三条の旧市域を取り巻く形の村域だったからです。
また、越後大崎駅のそもそもの出自は私鉄の越後鉄道の駅。
それが昭和2年10月に国有化されて弥彦線となって、越後大崎駅は鉄道隆盛時代にあって村の玄関駅に。
弥彦線の東三条-越後長沢間は、大東亜戦争末期には不要不急線として休止されましたけれど、それ程の閑散ローカル線の駅が村の玄関駅である一方、堂々たる幹線である信越本線は村内に駅無し。
なんとも不条理な状態が、この保内駅が開業するまでの22年間続いていたのです。
村の重心地域が大崎地区であったから仕方が無いと言われればそうなのですけれど・・・。

なお保内駅は同じ信越線内の古津田上東光寺長鳥駅と同じく、戦時決戦輸送増強用の信号場として昭和18年9月に開設され、戦後の国鉄発足直前時期の信号場の駅への格上げ請願によって、古津、田上両駅と共に駅への昇格が成り今日に至ります。

保内駅は前回紹介の米山駅同様に近年まで有人駅で、ウィキペディアによると無人化されたのは平成16年(2004年)10月末。
JR東日本のHPを見ると、当駅が「一日平均乗車人員」表に載っていたのは2003年度が最後で、それによると保内駅の同年度一日平均乗車人員は355人。
当時のJR東日本新潟県内有人86駅中61位。
現在も有人を維持している信越線・安田駅や近年無人化された上越線・五日町駅よりもやや多いレベルで、意外な程健闘していたのです。

Honai02
Honai03
保内駅駅舎の様子、上は2007年3月、下は2005年9月撮影。
建築財産票によると竣工は平成12年2月29日。
現駅舎竣工後、有人だったのは四年半強。
駅舎改築決定時は末長く委託で有人を維持するつもりだったのでしょうけれど、現実は中々に厳しかったようです。
同様の事例は小~中規模の集落に所在する改築駅舎に間々見られるところ。

Honai04
Honai05
保内駅駅舎内部の様子、上がホーム側、下が駅舎出入り口側。
2008年5月撮影。
ベンチは西側(東三条方)の窓に沿って建物の作り付けです。
窓が大きくて採光は充分、外から見た場合の死角も少ないので防犯上の利点も多し。
室内には自動券売機一台とsuicaの簡易改札機。
「新潟鉄道管理局」と書かれた黄色の金属製ゴミ箱が目を惹きます。
四半世紀前の備品ですよ・・・物持ちが良いと褒めるべきかなんと言うかw。

Honai06
ホーム側から見た保内駅駅舎、2005年9月撮影。
トイレはここから見た駅舎左側にあって男女別です。

Honai07
上りホーム(長岡方面乗り場)東三条駅方から見た保内駅構内、2005年9月撮影。
上下のホームは千鳥型配置。

Honai08
上りホーム端から東三条駅方を見通す、2005年9月撮影。
当駅は平野部の直線上に位置していて、この地に信号場として開設されたのも成る程と頷ける立地条件。
ここなら長編成の貨物列車を収める有効長を難無く確保できますからね。
しかし撮影場所としては、個人的にあまり面白味はありませんな・・・。

Honai09
上りホームの加茂駅方から見た保内駅構内、2005年9月撮影。

Honai010
同じく加茂駅方を見る、2005年9月撮影。

Honai011
Honai012
日曜夜の深閑とした保内駅構内、2008年5月撮影。

Honai013
跨線橋上から加茂方面を望む、2007年3月撮影。
雪が消えて間もない時期ゆえ、色彩に乏しい情景です。

Honai014
同じく東三条方面を望む、2007年3月撮影。
こちら側には日が差していますが直上にはどんよりとした雲が。
ここ越後の海岸平野部の春先はこんな調子の空模様。

Honai015
下りホーム(新潟方面乗り場)の東三条駅方から見た保内駅構内、2005年9月撮影。

Honai016
下りホーム端から東三条駅方を見通す、2005年9月撮影。

Honai017
下りホームの中程から加茂駅方を見る、2005年9月撮影。

Honai018
保内駅下りホームの待合室付近、2005年9月撮影。
下りホーム至近には国道403号線が通っていますが、当駅の出入り口は反対側の保内集落側一箇所のみ。
この国道に出るには踏切を渡らなければなりませんが、両方向共に駅からはやや距離があって時間を要します。
部外者が見るに、下りホーム側に出入り口を設けてもバチは当たるまいに・・・と感じるところなのですが、カネをかけて整備するだけの必要性を自治体は認めていないんでしょうな。
ホーム至近の国道にはラーメン店がありますが、駅からあの店に行くには駅前通りを進み踏切を渡って軽く10分はかかりそう。
下りホームに出入り口があればすぐですのに。

Honai019
保内駅下りホーム待合室内部の様子、2008年5月撮影。
建築財産票によると昭和39年3月の竣工。
白一色だとその古さが一層際立ってしまいます。
そして冬は非常に寒そうですな・・・視覚的に。

Honai027
下りホームにあった昔懐かしい駅名票、2005年9月撮影。
「ほない」の字体が何とも渋い。
その前の木の柵もこれまた渋い。

Honai020
下りホームの加茂駅方から見た保内駅構内、2007年3月撮影。
くだんの柵は檻のそれのような無機質なモノに変えられちゃってました。

Honai021
下りホーム端から加茂駅方を見る、2007年3月撮影。
踏切の先で下り線路が不自然な線形になっていますが、これは単線時代の名残かはたまた側線分岐の跡?


Honai01
保内駅に到着した新潟行115系電車、2005年9月撮影。

Honai1020714
保内駅を出発する長岡行115系電車、2014年7月撮影。

Honai1030714
保内駅を通過する485系R編成の新潟行特急「北越」、2014年7月撮影。



Honai022
Honai023
保内駅を通過する485系電車T編成の新潟行特急「北越」、2005年9月撮影。

Honai024
単機回送中?のDE10型ディーゼル機関車、2005年9月撮影。

Honai025
保内駅前の様子、2007年3月撮影。
駅前通りには交番と郵便局、昔ながらの食料品店とヘアーサロンといった按配。
駅前に交番があるのは安心感があって良いですな。

Honai026
駅前から通りを進む事数分で、前述の越後大崎駅方面へ伸びる県道に。
2007年3月撮影。
この当時はこの通りに越後交通の「保内駅前」バス停があり、加茂病院及び燕駅前(東三条経由)への路線バスが走っていました。
越後交通のHPを見ると、前述の国道403号線に地場産センター-東三条駅前-加茂駅前の路線が運行されていて、その一部が保内公園経由となっているので、その便が「保内駅前」バス停を通るのかもしれません。
→ダイヤはこちら
ちなみに保内公園は当駅から直線距離で東に500mにあって、温室の熱帯植物園があります。→詳細はこちら

|

« 海賊戦隊ゴーカイジャー第45話「慌てん坊忍者」をヒロイン目当てで見る | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー第46話「ヒーロー合格」をヒロイン目当てで見る »

R006 信越本線の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海賊戦隊ゴーカイジャー第45話「慌てん坊忍者」をヒロイン目当てで見る | トップページ | 海賊戦隊ゴーカイジャー第46話「ヒーロー合格」をヒロイン目当てで見る »