« 海賊戦隊ゴーカイジャー・ついに登場ミスアメリカでしたが | トップページ | さよなら日本海ときたぐに »

2011年12月25日 (日)

海賊戦隊ゴーカイジャー・「素敵な聖夜」はミスアメリカ祭り

ども。
今回の海賊戦隊ゴーカイジャー第44話「素敵な聖夜」、ミスアメリカ萌えにはもう辛抱たまらん極上のクリスマスプレゼントがついにっ!

バトルフィーバーJにゴーカイチェンジ
TV本編二回目のバトルフィーバーJへのゴーカイチェンジであります。
注目すべきは下二つのカット。
バトルケニアがミスアメリカの体に手を回していますが、これは恐らくバトルフィーバーJ本編でのバトルジャパンorバトルフランスとミスアメリカの連携攻撃の再現だったのではないかと思います。
尺の関係でカットされちゃったんでしょうなぁorz。
ゴーカイジャーはそういうのが多いようです、以前にルカとハカセの体が入れ替わった回で、ゴーカイイエローの蜂須賀祐一さんとゴーカイグリーンの竹内康博さんがかなり気合入れて入れ替わりアクションした大半が尺の都合でボツになっちゃったなんて非常に残念な事もありました。

バトルフランスと連携攻撃する白タイツのミスアメリカ
「バトルフィーバーJ」第6話でのそのシーン。
バトルフランスに担がれているミスアメリカは白タイツを穿いていることから恐らく喜多川務さんでしょうけれど、それ以前の回にバトルジャパンとミスアメリカの同様の連携攻撃で、彼女の明らかにストッキングを穿いた女性の太腿をジャパンが・・・というカットが一瞬入るんですよねぇ・・・。
なんであんな編集にしたのか謎。
一瞬でキャプもまともに出来ないぐらいなので、サービスカットにもなっていないし。

それはさておき、今回のミスアメリカは前回とは比較にならない程の露出の多さ!
ピンクのレオタードが画面に実に映えるのですわ。

ゴーカイピンクが変身したミスアメリカの戦い
某メーカーの某エロ作品などでは全く萌えないのに、このミスアメリカの一連の挙動にはもう心が鷲掴みであります。
戦う仮面ヒロインに対しては矢張り、エロ抜きで懸命に戦うその姿の中にこそ「みだら」を感じ取り昇華させていくのが、フェチ者としての奥義真髄でありましょう。

野川瑞穂さん演じるミスアメリカ
本日いやこれまでのゴーカイチェンジ中、最高のバストショット!
野川瑞穂さん演じるミスアメリカの麗姿であります。
こうして見ると、マスクは小野寺えい子さんバージョンに近い印象ですね。
しかし原型は新規造型なのかそれとも当時のブツを型取りしたものなのか?
また野川さんの被っている内面は、ゴーカイピンクと同じ白のままなのがよくわかります。
ただ一言だけ苦言を申し上げると、マフラーはもっときちんと着けてほしかったですな。
まぁこのマフラーを巻くのも少々メンドい話なのはわかるのですが。
(経験者は語る)

小牧りささん演じるミスアメリカのマスク
「バトルフィーバーJ」第4話より。
小牧りささん演じるミスアメリカの、マスクの下のピンクの内面が見えます。

本日の他のトピックスとしてはこの二点。
その一

神尾直子さん演じるゴーカイイエロー
敵のおねぇマンな魔法使いの魔法によって人形にされた人達を助けるべく、ルカとゲストの一般人のおねいさんが連携プレイ。
ルカが人形にされ敵が油断した隙を突いて、ゴーカイイエローにチェンジしたおねいさんが魔法の杖を奪取!
せっかくそういう展開になったのですから、元に戻ったルカとおねいさん変身のゴーカイイエローのツーショットが見たかったっす・・・。
ルカが戻ってくる寸前に変身解除しちゃうんだもんなぁ。
ちなみにこのシーンは神尾直子さんが演じておられるとの事。
どうりで蜂須賀祐一さんにしては身長が低いわけですな。

その二
オールイエロー揃い踏み。
蜂須賀さんのボウケンイエローは度々登場していますが、野川さんのゴセイイエロー再演は今回初。
今まではゴセイジャーにゴーカイチェンジしても、イエローは蜂須賀さんが演じていてカラースワッピングとでも言える状況でしたから。

来年一発目の放送はカクレンジャーの大いなる力をめぐっての話のようですが、カクレンジャーといったらヒロイン以上に萌えなのがご存知花のくの一組。
彼女たちを出してくれたら、これまた素晴らしいお年玉になるのですけれど・・・
流石にそこまではやらんだろうなぁ。

|

« 海賊戦隊ゴーカイジャー・ついに登場ミスアメリカでしたが | トップページ | さよなら日本海ときたぐに »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海賊戦隊ゴーカイジャー・ついに登場ミスアメリカでしたが | トップページ | さよなら日本海ときたぐに »